血尿 原因 不明。 無症狀蛋白尿及血尿

特発性腎出血(とくはつせいじんしゅっけつ)とは

血尿 原因 不明

更新: 2020-03-01 4:24 AM 標籤: tags: , , , , , 張媽媽是標準的家庭主婦,平常相夫教子,準備東、準備西,忙進忙出地也不覺得累。 今天一大早起來,準備去菜市場買菜之前先上個廁所,赫然發現,馬桶內怎麼會是血紅色的?都更年期了難道還有月經?莫非是()?張媽媽一時不知如何是好。 未必都能看得出 血尿就是在我們的中排出不正常數目的紅血球。 可分為明顯看得見的血尿,與肉眼看不出、需要用顯微鏡檢查才能看得出來的顯微血尿(通常是指離心尿液分析中,每個高倍視野可以看到3個以上的紅血球,才稱為血尿)。 血尿只是臨床上的一個徵兆而已,沒有辦法依據血尿的多寡來直接判斷該疾病的嚴重性。 和伴隨症狀 及可能伴隨的症狀: 血尿原因 可能伴隨的症狀 尿路感染 頻尿、解尿有疼痛的感覺等,甚至有發燒等現象 急性腎盂腎炎 腰痛、畏寒、發燒等 泌尿道結石 嚴重的腰酸背痛現象 輸尿管結石 劇烈的腰酸背痛,甚至是下腹痛等 細菌感染 發燒 輸尿管長瘤或癌症 一般不會有疼痛或發燒的現象,只有無痛性血尿 膀胱結石 下腹部痠痛與頻尿等 膀胱發炎 發燒與頻尿等 膀胱癌 通常不會發燒或有腹部痠痛等症狀,也只有無痛性血尿 攝護腺肥大或是攝護腺發炎 解尿困難、尿柱減小,有滴尿或夜尿等 攝護腺癌 攝護腺分泌液或精液帶有血絲等 一、本身的病變 包括內微血管內皮到腎絲球上皮細胞的屏障,如果遭受破壞,就有可能造成血尿。 如果腎臟有外傷、腫瘤、發炎等情況,就會造成紅血球可以穿出腎絲球過濾器或腎小管,直接進入之中。 紅血球經由微血管腔滲出,通過腎絲球的基底膜與表皮細胞之後進入尿液中。 含鈣結晶體直接傷害到腎小管,也會造成血尿。 由於運動、發燒、高代謝狀態等,造成腎臟的血流量增加,腎絲球過濾出來的紅血球也會隨之增加,因而也可能造成血尿。 像是副甲狀腺功能亢進,會因分泌太多副甲狀腺激素,造成血鈣增加,因而造成腎結石,而有血尿出現。 二、輸尿管、膀胱、尿道的病變 輸尿管、膀胱、尿道的這段路線上,有發炎、結石、腫瘤、先天畸型或其他原因等,造成路線上的表皮遭受破壞,也會有血尿發生。 三、藥物刺激 例如使用磺胺劑,誤食汞、鉛、砷等,及大量輸注甘露醇。 小便紅色不等於血尿,怎樣判別? 小便紅色不一定是血尿,可以使用尿液試紙來檢查看看有沒有潛血反應。 Shutterstock 在懷疑有血尿出現時,可以使用尿液試紙來檢查看看有沒有潛血反應,再經由尿液鏡檢以確定是否真的有血尿。 必要時可以再進行腎臟超音波檢查、攝護腺超音波檢查,以及腎盂攝影檢查、膀胱鏡檢查等以確定診斷,必要時也會進行血液檢查。 但是,我們不宜因為看到尿是紅色的就立刻懷疑是血尿。 例如有些人在吃了紅肉的火龍果之後,會發現小便中好像帶有血一般的絲狀物,但其實這是正常的現象,只要不吃它,「血尿」就不見了。 此外有一些藥物,例如抗結核病藥物,使用之後會有小便呈紅黃色的現象,這也不是真正的血尿,不必過於恐慌。

次の

血尿、蛋白尿的核保處理

血尿 原因 不明

血尿是泌尿器官疾病的重要警訊,有時輕微得無法察覺(顯微血尿),有時卻殷紅如注令人恐懼(巨觀血尿);有時伴隨腰痛、腹痛或排尿疼痛,有時卻毫無徵兆(無痛性血尿);有時整泡小便像西瓜汁一般,有時則只在剛解小便時才出血。 這些變化莫測的血尿是否都需要檢查治療?哪些急病才會造成血尿呢?出血的地方又在哪裡?是不是都能找到原因呢? 血尿當然是泌尿道有問題,但根據出血來源則粗分為腎絲球性血尿和非腎絲球性血尿。 前者多發生在小孩子,如各種腎絲球腎炎;成人如末期的高血壓、糖尿病腎病變。 這類腎絲球性血尿通常無痛,但常伴隨蛋白尿,同時因為血液是通過腎絲球才滲出,所以在相位顯微鏡下可看到破損或變形的紅血球,這特點可用來和非腎絲球性血尿做鑑別。 成人血尿多是非腎絲球性血尿,最常見的原因依次是尿路感染、尿路結石和尿路腫瘤。 尿路感染通常伴隨排尿疼痛、尿道灼熱和頻尿等急性症狀,尿液檢查除了有紅血球外,一定會有白寫球或細菌,但對藥物治療效果迅速有效,只有反覆感染或療效不佳的病人才需進一步檢查。 若感染往上漫延到腎臟則造成腎盂腎炎,還會有腰痛和發冷發熱,必需儘速治療,療程也較長。 尿路結石的血尿則因為結石表面多猙獰粗糙,易磨破泌尿上皮造成出血,也易附著細菌而感染,若結石阻塞集尿系統更會有腎絞痛和腎功能傷害。 至於泌尿腫瘤,常見的是膀胱癌和腎癌,早期都是無痛性間歇性的顯微血尿,一旦有疼痛或巨觀血尿多已是晚期,早期診斷的唯一方法是定期尿液檢查。 其他少見的血尿原因還有血液凝固異常、動靜脈畸瘤、外傷、子宮內膜異位症….. ,當然還有老年男性最常見的攝護腺肥大,不過攝護腺肥大其實不常造成出血,由於泌尿腫瘤以老年人居多,所以老人血尿一定要詳細檢查以排除腫瘤的可能,決不可來做檢查就將血尿歸咎於攝護腺肥大。 另有少數病人一直有間斷性或持續性血尿,雖經過詳細檢查仍查不出原因,稱為不明原因血尿,其中部份有家族傾向,可能是腎絲球有輕度病變(必需做腎切片才能確定),所幸這類不明原因血尿預後良好,不會使腎臟變壞或導至惡性變化。 最後強調:血尿的程度(顯微或巨觀血尿)和疾病的輕重無關,常見的女性尿道膀胱炎常來勢洶洶,排尿疼痛且大量血尿,卻只要服藥數天便完全治癒,而早期的膀胱癌卻毫無症狀,只有間歇性地出現顯微血尿。 所以一旦發現血尿,一定要徹底檢查,絕不可暐疾忌醫或駝鳥心態,延誤病情,最是不值得。

次の

019

血尿 原因 不明

血尿について 泌尿器科外来に受診される方のもっとも多い症状のひとつが血尿です。 今回は血尿について解説してみたいと思います。 血尿の種類 血尿とは、尿の中に赤血球が混ざった状態のことをいいます。 尿中に混ざる赤血球の程度によって、多ければ目で見て赤い尿(肉眼的血尿)となり、少なければ見た目は正常の尿の色だけれども血が混ざっているいわゆる尿潜血陽性(または顕微鏡的血尿)の状態になります。 どのくらい血液が混入すると肉眼的血尿になるかというと、100mlの尿に0. 1ml以上の血液が混入すると見た目が赤くなり、肉眼的血尿といいます。 血尿の原因 血尿は尿路といわれる尿の通り道のいずれの場所で出血していても、血尿の原因になりえます。 尿路とは具体的に腎臓、尿管、膀胱、尿道の4つをいいます。 原因として多いのは感染症、結石、腫瘍です。 その他に腎臓では糸球体腎炎といわれる糸球体 腎臓の中の尿を作る装置 の炎症も重要な原因になります。 また交通事故などの外傷で尿路が損傷されれば血尿が出現します。 以下にそれぞれの尿路の出血となる主な原因をあげてみました。 感染:腎盂腎炎• 結石:腎結石• 腫瘍:腎癌、腎盂癌• 糸球体腎炎:急性糸球体腎炎、IgA腎症、膜性腎症、急速進行性腎炎、巣状糸球体硬化症• 外傷:腎外傷• その他:腎血管異常(ナットクラッカー症候群、腎動脈瘤) 尿管• 結石:尿管結石• 腫瘍:尿管癌 膀胱• 感染:膀胱炎• 結石:膀胱結石• 腫瘍:膀胱癌 尿道 男性の場合、前立腺の中を尿道が走っているので前立腺疾患でも血尿になる。 感染:尿道炎、前立腺炎• 結石:尿道結石• 腫瘍:尿道腫瘍、前立腺癌• 外傷:尿道損傷 血尿の診断 血尿を診断するためには尿検査を行います。 その検査法には一般的に以下の尿試験紙法と尿沈渣検査法の2通りがあります。 尿試験紙法(定性試験) 尿に試験紙を浸すことによって検査します。 尿の中に赤血球がある場合、試験紙が変色します。 簡便に検査できるので、尿潜血の一次検査に用いられます。 試験紙さえあればご家庭でも検査ができます。 尿沈渣検査法(定量試験) 尿沈渣とは、遠心機で尿中の成分を沈殿させた後に顕微鏡で観察する検査方法です。 400倍に拡大した顕微鏡で見える範囲 1視野 に赤血球が何個あるかで数値を示します。 1視野に5個以上の赤血球がある場合を、血尿としています。 検査がやや面倒になりますので、試験紙法で尿潜血が陽性であった場合の2次検査として用いられます。 血尿と診断された場合の検査 肉眼的血尿が出現したり健康診断で尿潜血が陽性の場合は、必ず泌尿器科を受診していただき検査を受けるようにしましょう。 血尿の原因は前述したように多くの原因が考えられます。 その中でも生命を脅かす可能性のある尿路の悪性腫瘍 癌 は、初期の段階では特別な症状が出ることは少ないため、早期発見のためには血尿が唯一の手がかりになります。 そこで症状のない血尿 無症候性血尿 で検査をする場合、特に悪性腫瘍の有無を念頭において検査を進めます。 以下に血尿と診断された場合の主な検査について挙げました。 ・検尿:尿タンパクを認める場合、糸球体腎炎を疑う。 尿沈渣で変形赤血球を認める場合は糸球体性の血尿を疑う。 ・尿培養:尿中に存在する細菌を同定する。 ・尿細胞診:尿中の悪性細胞の有無を診断する。 ・画像診断 超音波検査、静脈性尿路造影、CT検査 :尿路の形態を各種画像検査で検査し、悪性腫瘍、尿路結石、血管の異常などの有無を診断する。 ・血液検査:血液生化学検査で内科的腎疾患の精査を行う。 50歳以上の男性はPSA 前立腺特異抗原 検査を行い前立腺癌の有無を検査する。 以上の検査で尿路の悪性腫瘍などが疑われた場合、さらに必要に応じて以下の検査を行います。 ・膀胱鏡:膀胱内を直接観察することによって膀胱腫瘍の診断を行う。 ・逆行性腎盂造影:腎盂から尿管内に造影剤を注入することによりの腫瘍の有無を診断する。 ・分腎尿細胞診:左右の尿管からの尿を直接採取し、それぞれの尿中の悪性細胞の有無を検査することによって、悪性腫瘍の左右の局在を同定する。 ・腎盂尿管鏡検査:腎盂から尿管内の腫瘍の診断を行う。 原因不明の血尿 健康診断などで尿潜血が陽性と診断された場合に、そのなかで腎尿路疾患である割合は2. 3%、その中でも尿路悪性腫瘍だった割合は0. 5%とされています Mariani AJら。 つまり無症候性顕微鏡的血尿では精査を行ってもその多くは原因が特定できません。 多くは腎臓からの血尿と考えられています。 その一部には糸球体の膜が薄くなり血液が尿中に漏れやすくなっている状態の菲薄基底膜症候群といった疾患があり、人口の約1%程度にみられると考えられています。 また肉眼的血尿の中にも画像診断等では原因が特定できないものが時々認められます。 また肉眼的血尿と間違えやすいのが、激しい運動の後などに認める褐色の尿でミオグロビン尿というものがあります。 これは激しい運動のため筋肉が崩壊するよって筋肉中のミオグロビンが血中に溶け出し最終的に尿中に入ったものですので、正確には血尿とは異なります。 ナットクラッカー症候群 肉眼的血尿の原因として稀に見られるもののひとつに、ナットクラッカー くるみ割り 症候群というものがあります。 これは左腎静脈が腹部大動脈と上腸間膜動脈の間に挟まれることにより、腎静脈圧が亢進することによって腎出血を起こす疾患です。 体の横から見ると、腎静脈がくるみで腹部大動脈と上腸間膜動脈がはさんであたかもくるみ割りのようなのでナットクラッカー症候群といいます。 超音波検査や造影CTで診断されます。 ナットクラッカー症候群の多くは時間の経過とともに側副血行路といわれる血液の別ルートが発達しますので、自然に治ることがほとんどです。 血尿の治療 血尿の治療はそれぞれの原因別に最適な治療が行われます。 そのため原因が特定できない血尿の場合は、血尿そのものを治療することはできず多くは経過観察します。 ・糸球体腎炎:内科治療• ・尿路感染症:抗生剤投与• ・尿路結石:体外衝撃波破砕術や経尿道的破砕術による結石除去。 ・尿路悪性腫瘍:手術 血尿と貧血 血尿が続く場合よく貧血にならないかと質問されます。 一般的に顕微鏡的血尿の場合は、出血量は極少量ですので貧血になることはありません。 肉眼的血尿の場合は、血尿の程度と期間によっては貧血になる場合があります。 稀にですが腎臓や前立腺の腫瘍からの出血の場合では、強い血尿が出る場合もあり相当の貧血となる事もあります。 血尿は尿路系疾患の存在を疑わせるサインのひとつです。 顕微鏡的血尿の多くは原因が特定されませんが、一方、顕微鏡的血尿と診断されて3年以内の間に1〜3%の方に悪性腫瘍が見つかったという報告もあります Murakami Sら。 顕微鏡的血尿の程度と疾患の有無は相関しないともいわれています。 尿路悪性腫瘍の早期発見のためにも健康診断で尿潜血を指摘されたら必ず泌尿器科を受診するようにしてください。 またメールでのご相談も随時受け付けております。 <コラム担当> 医師 新村浩明.

次の