日本 一 の マンモス 校 高校。 THE名門校 日本全国すごい学校名鑑:BSテレ東

日本の高校ベスト100 (12月12日発売)

日本 一 の マンモス 校 高校

これからマイホームの購入を考えていて、その土地の小中学校がマンモスらしいのです。 もうその地域に住んでいるとなったら仕方ない事なのですがマンモス校のメリットがあまりない為その土地を迷っています。 9年間の事だけかもしれません。 私は極端ですが、全校でも100人もいない田舎の学校だったので、全く想像がつきません。 クラスが何クラスもあるというだけでも未知の世界です。 運動会、学芸会は場所取りに親は力使わなくてもいいし、いくつもの種目に出ていたので、とても楽しめてました。 ちょっと多いではなく、マンモスまでなってしまうとどうなるのだろうか?子供にとって色んな意味で環境がいいのか?と思ってしまいました。 ただ本当に未知なので独断と偏見になってしまっているので、教えてください。 仕事では、3クラス、4クラス、5クラス、6クラス の経験があります。 学校に一つしかない施設・・・パソコン室とか、図書室とか、 一週間に使える時数に差が出ますね。 当然学級数が多いと割り振りが少ない。 下手をすると週一回ってこないことも。 (全校で27学級を超えると、物理的に回せません) 体育などでも校庭は広く使えません。 3学年くらいいっぺんに出ることも。 学校予算の割り振りって、すべてが人数割りというわけではないので、 例えば、図書室の蔵書も、一人あたりの数は、小規模の学校の方が多いです。 でも、絶対数は大規模校の方が多いので、種類多く蔵書されています。 一学年80人だと40人2学級ですが、81人だと27人3学級。 一学年200人だと40人5学級ですが、201人だと33~34人6学級。 その辺の振れ幅は、人数が多い方が、ダメージは少ないです。 毎年クラス替えもできますし。 それでも6年間で同じクラスにならない人もいる。 いろんな個性とふれあえる点では、大規模校の方がメリットあります。 運動会、1000人越えの学校では、立ち見基本ですね。 シートなど、敷けるはずもなく。 でも、譲り合う風潮はできますね。 種目数は、そんなに関係ないかな。 19クラスの時の学校で、一学年2種目の時もあったし、 31クラスの時の学校で、一学年3種目の時もありました。 ほかにも、入学式や卒業式。 小規模校では参加できる学年が多いですが、 大規模校では該当学年+1学年がやっとです。 6クラスの6年生をやったときには、 社会科見学で、最高裁判所、門前払いでした。 200人以上は受け入れませんとのこと。 1学年の人数が多いと、こういった行事でも、小回りがきかずに苦労しました。 コンスタントに人数が多いのであれば、施設設備面ではそれなりに備わってくるのですが、 急激に人口が増えているような地域だと、 児童増に対応できず、プレハブの校舎利用なんて時もありました。 これは、どんな規模のところでも、ありえますけれど。 1学年3クラスくらいの学校の地域の畑が、軒並みマンションになり・・・。 ということで、プレハブ校舎でした。 授業についてですが、 学級数が増えても、担任以外の教員の人数は、配置があまり増えないので、 一人の先生の持ち時数は、大きな学校ほど多く、 要するに、きめ細やかではなくなります。 持ち時数が多いと言うことは、ノートを見るなどの評価や授業の準備に掛けられる時間が、 減ってしまうと言うことです。 一方で、学年にいろいろな先生がいるということは、 良い点もあります。 教員も男女両性いた方が当然いろんな意味でいいですし、 学年で何かやるときには、いろんな先生から指導が受けられることになります。 思いつくままにつらつらと書き連ねてしまってわかりにくいかもしれませんが、 経験から書いてみました。 具体的な質問も、そこそこ答えられると思いますので、 気になることがあるようでしたら、補足ででもどうぞ。 仕事では、3クラス、4クラス、5クラス、6クラス の経験があります。 学校に一つしかない施設・・・パソコン室とか、図書室とか、 一週間に使える時数に差が出ますね。 当然学級数が多いと割り振りが少ない。 下手をする... A ベストアンサー 明大OBです。 友人に明学を中退した明大時代の友がいっていたことを書きます。 明治大学と明治学院大学は系列も違うし、カラーも違います。 明大ははっきりいって男臭いです(笑)。 文学部は通常女性の割合が高い学部ですが、明学は通常通り男2:8女でしょうが、明大は男5:5女です。 文学部といえども男の数が多いのです。 でも明学は女性の方が多い大学だと思います。 あとは皆さんも書かれていますが、明大の方が偏差値が高いです。 一応「東京六大学」ですから。 明学の場合はそれよりも落ちます。 よく「MARCH」、「坊ちゃん四大」、「日東駒専」、「大東亜帝国」と大学のレベルを指す表現がありますが、明大はMARCH(明治・青山学院・立教・中央・法政大学)のレベルに属します。 明学は坊ちゃん四大(学習院・成城・成蹊・武蔵大学)のレベルに入るでしょう。 それと明大は無宗教ですが、明学は宗教色が強いキリスト教のプロテスタントの教えを基盤とした学校です。 以上まとめると、 1. 男臭い(明大)か女臭い(明学)かの違い 2. 無宗教(明大)かキリスト教(明学)かの違い 3. 偏差値の高(明大)低(明学)の違い 4. キャンパスが三箇所(駿河台・和泉・生田)の明大と横浜市戸塚区のキャンパスの明学 この四点が上げられます。 明大OBです。 友人に明学を中退した明大時代の友がいっていたことを書きます。 明治大学と明治学院大学は系列も違うし、カラーも違います。 明大ははっきりいって男臭いです(笑)。 文学部は通常女性の割合が高い学部ですが、明学は通常通り男2:8女でしょうが、明大は男5:5女です。 文学部といえども男の数が多いのです。 でも明学は女性の方が多い大学だと思います。 あとは皆さんも書かれていますが、明大の方が偏差値が高いです。 一応「東京六大学」ですから。 明学の場合はそれよりも落ちます。 よく「M... A ベストアンサー 企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。 借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。 しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。 儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。 (TOBなどの危険もありますが・・・) 一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。 株を売るには買う人がいなければなりません。 このような株の売り買いをするところが株式市場です。 株式市場はできるだけ大きな市場の方が売りたい人、買いたい人が多く集まるので、取引が成立しやすくなります。 逆に株を売りたいときに株式市場で取引できないと買い手が見つからないので、株式を持つ意味が半減します。 日本で一番大きな株式市場が東京証券取引所(東証)です。 東証にも一部や二部などがあり、一部が最も活発に取引されます。 そこで、株を売りたい人や買いたい人は東証の一部に行けば、売り買いが成立しやすくなります。 ところがどんな会社の株でもここで取引ができるわけではありません。 上場基準と呼ばれる厳しい基準に合格した企業の株だけが、東証の一部で売り買いできるのです。 この東証一部で株式の取引ができる企業が一部上場企業とよばれる企業です。 東証一部に株式を上場できると、株を持っている人は取引が成立しやすくなるので、株に魅力が出て株価が上がります。 また、一部上場企業は財務状況の公開が求められるので、粉飾やごまかしをしにくくなり、その結果、会社の信用が増します。 色々な株式市場がありますが、日本の企業のうち、市場で株を売り買いできる企業は一部にすぎません。 その中でも東証一部で株を取引できる企業はごく限られたほんの一握りの大企業だけ。 つまり東証一部上場企業は企業の中のエリートと考えられるのです。 >今までどんな勉強をしてきたのでしょうか? >そんな事も分からないような人を企業が採用するとは思えませんが? ひどいことを言う人もいるものです。 私も就職するときは、大学が理科系だったので一部上場企業とか資本金とかまったく意味が分かりませんでした。 今でも私の周りには一部上場企業の意味を正確に知らない人がたくさんいますが、ボーア半径とか熱力学の第二法則とかは良く知っています。 それでいいのです。 就活がんばってください。 企業が資金を集める方法には借金する方法と株式を発行する方法とがあります。 借金すると、企業は儲かろうが、損をしようが、期限が来たら利息をつけて返済しなければなりません。 しかし、株式を発行して得た資金は基本的に返す必要のないお金です。 儲かったときだけ配当を支払えばいいのですから、株式の発行は企業にとって都合のよい資金獲得方法なのです。 (TOBなどの危険もありますが・・・) 一方、株を買った人は配当がもらえるほかに、必要なときに株を売って資金を回収することができます。 株を売るには買... A ベストアンサー 私は1学年に10クラスあるマンモス校に通いました。 人数が多いのがデメリットと感じたことは特にありませんでした。 今振り返ってみれば、むしろ人数が多いので、いろいろな人と友達になれたり、いろいろなクラブの中から参加したいクラブを選べるという点で魅力的だったと思います。 私的には、1学年に何人いるというより、1クラスに何人いるという事の方が重要かなと思います。 やはり、1クラスにいる人数が多ければ多いほど、先生が一人一人に向けられる関心も少なくなるように思います。 もし機会があれば、お子さんをつれて両方の学校に見学に行って、雰囲気を見てみるのもいいんじゃないでしょうか?お子さんの意見も取り入れられますしね。 Q 今日受験が終わり、とりあえず上智大学(外国語学部英語)に合格している者です。 他には早稲田や千葉大(どちらも文学部)を受けましたが、まだ結果待ちです。 そこで、もしほかの大学にも受かった場合を考えてここの質問で皆さんのいろいろな意見を いくつか見させていただいたのですが、 その中で上智大学のあまり良くない評判というか、行くのが不安になってしまう情報が いくつかあったので質問させていただきました。 例えば、 ・帰国子女に甘い ・外国語ができれば入れてしまう ・実際学生や卒業生も英語だけできるという人が多い ・早慶とは区別されて下に位置する(これは一般的なようですが) などです。 特に『外国語だけ』という意見が目立って気になります。 この評判は本当なのでしょうか? できるだけ詳しい方、上智大学に近い方などに答えていただけると嬉しいです。 卒業生でしたら個人的な意見でも良いので。 上智以外受からなければどのみち仕方ないのですがどうぞよろしくお願いします。 今日受験が終わり、とりあえず上智大学(外国語学部英語)に合格している者です。 他には早稲田や千葉大(どちらも文学部)を受けましたが、まだ結果待ちです。 そこで、もしほかの大学にも受かった場合を考えてここの質問で皆さんのいろいろな意見を いくつか見させていただいたのですが、 その中で上智大学のあまり良くない評判というか、行くのが不安になってしまう情報が いくつかあったので質問させていただきました。 例えば、 ・帰国子女に甘い ・外国語ができれば入れてしまう ・実際学生や卒業生も英語... A ベストアンサー 元塾講師です。 帰国子女に甘いというのは事実です。 今年の経済学部経営学科の大問8をご覧いただければわかりますが(2012年2月7日実施)圧倒的に帰国子女有利です。 帰国子女はまず間違えません。 勿論英語を一生懸命勉強した非帰国子女でも解答はできますが満点は難しいです。 その分だけ帰国子女に下駄をはかせているといえます(大学側がそれを望んでいれば問題はありません) 外国語ができれば合格してしまうというのも半分は正解ですが半分は違うと思います。 特に国語はよくできた問題が多く(全然だめなものも一部ありますが)過去問は論理力を養成するには言い教材になります。 ただそれらをしっかり教えられる高校・予備校教師が少ないのが現状で上智の問題の良さを世間が認識していないのが現状です。 理由は早慶より少し下のレベルで入学者が少ないため扱われることが少ないためです。 ただ、マーチとは一線を画す理由もここにあると思ってます。 マーチは論理力がなくても暗記一辺倒で合格できますから。 知っている人からすれば「上智の外語学部出身者」は一目置く存在のはずです。 大学としては確かに早慶に次ぐ順位という扱いですが外国語学部に関して言うと早慶と差はありません。 上智、もしくはそれ以上の大学の人はそうではないことは十分知っています。 上智大学は素晴らしい大学と思いますが、早慶と比べると「キャンパスが小さい」、「学生・卒業生数が少ない」、「専門的な勉強はできるが一般教養や幅が広い交流がしにくい」等のデメリットはあるかもしれません。 内部進学がある早慶などの大学では彼らからその大学の雰囲気を勉強しながら生活するのが楽ですが上智にはそれがありません(勿論国立大学もですが)。 ただそうしたことがない方がいい場合もあるので何とも言えません。 英文を勉強するには非常にいい環境です。 ただOB・OGが少ないことなどで就職活動で早稲田より若干落ちることはあります。 ただ、大学名で落とされることはまずありません。 最終面接で「幹部に早稲田が多いから」というレベルで落ちるだけです。 しかし面接でも勉強した内容はよく聞かれるので、上智で一生懸命勉強した方が印象は良くなるのは言うまでもありません。 乱文・長文で申し訳ないですが参考になれば幸いです。 元塾講師です。 帰国子女に甘いというのは事実です。 今年の経済学部経営学科の大問8をご覧いただければわかりますが(2012年2月7日実施)圧倒的に帰国子女有利です。 帰国子女はまず間違えません。 勿論英語を一生懸命勉強した非帰国子女でも解答はできますが満点は難しいです。 その分だけ帰国子女に下駄をはかせているといえます(大学側がそれを望んでいれば問題はありません) 外国語ができれば合格してしまうというのも半分は正解ですが半分は違うと思います。 特に国語はよくできた問題が多く(全... Q 以前どなたかの質問の回答を読んでいたときに目に入ってきた文なのですが。 死別は別とし離婚・未婚で片親に育てられた子供は幼稚園、小学校、、、などで他の子達(両親揃っている家庭で育った子達)とくらべ何が違うのでしょうか? 最近ではたとえ両親がいる家庭にいても家に帰らない子や親を殺す子、燃やす子、、沢山の事件で子供を持つ親は色々な情報に迷わされてしまう世の中です。 「この子育てが1番正しい!」というのは無いと思います。 接する時間が短くても子に愛情が無い親も居ません(虐待する人は論外ですが)大人の都合で親が1人・・・子供には何の責任もありません。 何があっても守ってやりますが、「何か違う」という感覚は何、と思い質問しました。 私自身シングルマザーです。 きっとシングルM/Fの人の参考になると思います。 こちらが良い気がしないご返答でも結構なのでお聞かせください。 A ベストアンサー 難しいご質問だと思います。 ひとことでいうなら人それぞれ・・・なのですが、私の周りにいる片親の子供のことについて書きます。 非常に申し訳ないのですが、周り(ママ連中や年配の方)からこう思われているのはいたしかたないということだけご了承ください。 片親の子供というのは思わぬ常識が通用しないことがあります。 親が子供を育てるために必死に働いているので、その分子供に対するしつけがしっかりできないです。 (叱りつけるのだけがしつけではなく、じっくり時間をかけて教えてあげるということが難しいようですね。 働いているのでどうしても時間が足りず、叱りつけるだけのしつけ+おとなしくさせるために、おやつやおもちゃなどのモノで釣るなどの傾向があります。 ) 例えば、両親がそろっている子の家は夕方6時ごろ夕食としますよね。 それならばその家に遊びに来ている子供は普通は5時くらいには家に帰ります。 休みの日の朝は通常なら7~8時ごろ朝ごはんですよね。 そうすると友達は早くとも10時くらいに遊びに来ますよね。 が、片親の子供たちは、人の家で夕飯が始まろうとも帰らないし、朝は9時前から遊びに来たり。 他には、友達の家に遊びに行くと、友達の親に対して、自分のことばかり見て!!というような態度で接し、子供同士で遊ばずに友達の親にばかり話しかけてきたりと、いまいち子供同士で遊んでいられない感じでした。 最近体験したものを2つほどかきました。 で、本題なのですが、世の中にはこの子みたいな子ばかりではなく、ほんといいこもたくさんいます。 でもなぜか、一つでもその子供やその親に落ち度があるとすぐに「やっぱり片親だから」と言われてしまうのです。 似た事例で連れ子の場合もそうです。 「あの子は釣れ子だし」「親が離婚しているし」とか言われてしまいます。 人間って不思議なもので、差別の対象を見つけて差別しないと気が済まないというか生きていけなというかコミュニケーションが取れないというか・・・。 差別なんてしてない!とお思いの方でも、どこかでなにかしらを差別しているんです。 片親の子供というのは格好の的になってしまいます、気の毒ですが・・・。 そしてそういうのを知った片親の方はどういう行動に出るかというと、そういうことを言われていると知っている親は、「子供にみじめな思いをさせたくない」や「不自由なんてさせてない」と周りに主張したいがために、必要以上にものを与えたり、甘やかしたり、子供同士でいざこざがあった場合、親がしゃしゃり出て「うちの子がいったい何をしたの!」と言わんばかりに必要以上にかばう・・。 もちろんそうでない方もいらっしゃいます。 なので、最初に書いた人それぞれ・・に戻ってしまうのですが。 いろいろ書きましたが、何が違うかというと、やはり周りからの印象でしょうね。 勝手に周りから枠に入れられてしまい、決めつけられてしまうのだと思います。 残念なことですが、世間的信用も両親がそろっているところより低いと思います。 とても気に障ることをズケズケと書いて申し訳ございません。 正直な話、私も差別しなければ気が済まない一人の人間だと思っています。 もちろんそういう気持を極力周りに知られないように努力してはいますが、敏感な子にはわかるかもしれませんね。 あ、そうだ。 片親の子は敏感な感情の持ち主が多いですよ。 時々かわいそうだな・・と思うくらい気を使ってくれる子がいます。 そういう子を見ると気の毒だなと思います(ぬ;これも差別しているのかも) 難しいご質問だと思います。 ひとことでいうなら人それぞれ・・・なのですが、私の周りにいる片親の子供のことについて書きます。 非常に申し訳ないのですが、周り(ママ連中や年配の方)からこう思われているのはいたしかたないということだけご了承ください。 片親の子供というのは思わぬ常識が通用しないことがあります。 親が子供を育てるために必死に働いているので、その分子供に対するしつけがしっかりできないです。 (叱りつけるのだけがしつけではなく、じっくり時間をかけて教えてあげるという...

次の

全国のマンモス校

日本 一 の マンモス 校 高校

日本の高校ベスト100 (12月12日発売) 2018. 07 激化する名門校と新勢力 全国の名門高校100校を選び、その歴史や教育方針、 最近における新しい試み、進学実績なども紹介。 番外として13 校を加え、さらに、各校の紹介のなかで、 その主たるライバル校と見なされている学校についても解説。 全国の名門高校100校を選び、その歴史や教育方針、 最近における新しい試み、進学実績なども紹介。 番外として13 校を加え、さらに、各校の紹介のなかで、 その主たるライバル校と見なされている学校についても解説。 本書は、ここに選ばれた高校の生徒や卒業生はもちろん、 これから受験期を迎える子や孫を持つ親や祖父母のみなさんが、 自分たちの時代と現在の状況の違いを理解していただくための本です。 目次 第1章 東京・神奈川の名門高校 日比谷高校…輝かしい歴史を誇る東京の旧一中 西高校…東京西部を代表する都立のナンバーツー 戸山高校…追いつき追い越せのスパルタ教育、日比谷をライバルに 筑波大学附属高校…東京高等師範附属だった国立大学附属高校の[老舗] 筑波大学附属駒場高校…開成や麻布に合格しても国立の「筑駒」を選ぶ理由とは 麻布高校…私立御三家のひとつで自由な校風が多彩な人材を輩出 開成高校…東大合格者数全国ナンバーワンを40年間キープ 早稲田大学高等学院…校歌は大学と同じ「都の西北」 【番外】学習院高等科…もとは華族の子弟向け教育機関で天皇陛下も同窓生 桜蔭高校…お茶ノ水女子大学の分家的存在で、東大合格者数もベストテン内 田園調布双葉高校・雙葉高校…カトリック系で究極の「お嬢様学校」といわれるが 女子学院高校…東京の「女子御三家」の一つで校風は自由闊達 創価高校…日本最大の宗教団体をバックボーンにするが宗教色は薄い 湘南高校…甲子園でも優勝した神奈川県公立ナンバーワン進学校 栄光学園高校…イエズス会が設立した鎌倉市の名門私立高校 聖光学院高校…東京大学合格者を増やすために特化した努力が成功 フェリス女学院高校…日本女子教育の草分けで横浜を代表する女子高校 慶應義塾高校…卒業生のほとんどが慶應義塾大学に進学、有名人のジュニアが多く 日本女子大学附属高校…卒業生の多くは日本女子大学へ。 各地にある校名だがここが元祖 智辯学園和歌山高校…進学でも高校野球でも実績を上げる新興勢力 【番外】鴨沂高校…戦前の日本を代表する女学校だった伝統校 第3章中部の名門高校 岡崎高校…。 トヨタのお膝元で躍進。 公立で全国有数の東大合格者を出す 旭丘高校…かつての「一中御三家」の名に恥じない公立高校の雄 東海高校…愛知県の私立ナンバーワンの浄土宗系名門進学校 金城学院高校…セーラー服を日本で最初に採用した名古屋のお嬢様学校 静岡高校…受験でもスポーツでも実績を残す静岡の名門 浜松北高校…県庁所在地のライバル校をしのぐ進学実績……049 【番外】浜松工業高校…ベンチャーの町・浜松を支えるインフラ的な名門校 岐阜高校…「自彊不息」「百折不撓」という校訓の意味は 四日市高校…県経済と人口集積の中心である県北を代表する 高田高校…浄土真宗の高田派本山が経営する津を代表する進学校 新潟高校…公立高校としては珍しく「医歯薬コース」を設ける 富山中部高校…ノーベル賞田中耕一の母校で富山県のナンバーワン 高岡高校…富山市へのライバル心をエネルギーに全国一の高校をめざす 金沢泉丘高校…学問が盛んだった加賀の伝統を受け継ぎ、進学実績も良好 金沢大学附属高校…金沢大学医学部の合格者を多数出す・北陸の名門 藤島高校…同窓会は輝かしい歴史を持つ旧藩校「明新館」の名を冠する 甲府南高校…歴史は浅いが理数科を設けてからは一人勝ち状態に 松本深志高校…教育熱心な土地柄で育まれた映画「さよなら、クロ」の舞台校 長野高校…初期の情操教育に生かされた「神聖なるピアノ」が現存 第4章東日本の名門高校 札幌南高校…北海道大学合格者1位など道内一の名門 北嶺高校…卒業生の半数が医学部に進学する北海道の私立の頂点 弘前高校…八戸高校、青森高校と並び三強鼎立のひとつで旧一中 盛岡第一高校…校歌のメロディーは「軍艦マーチ」。 先輩には宮沢賢治など 仙台第一高校…『言海』の編集者大槻文彦が初代校長 仙台第二高校…難関大学の合格実績ではライバルの仙台第一を上回る 福島高校…「清らかであれ、勉励せよ、世のためたれ」を校是に掲げる 【番外】会津高校…東北大学に安定して卒業生を輩出。 新潟大学も多いのが特徴 秋田高校…第1回夏の甲子園での準優勝が金足農の活躍で話題に 山形東高校…県の積極的バックアップで東北有数の進学実績 【番外】米沢興譲館高校…藩校の系譜を途切れることなく受け継いだ稀有な高校 水戸第一高校…水戸光圀に発するの「至誠一貫」の精神がいまも息づく 土浦第一高校…全国の公立高校の東大合格者数がトップに立ったことも 宇都宮高校…日本初の修学旅行を行ったとされる伝統校 【番外】作新学院高校…約4000名の在校生を擁する日本一のマンモス高校 前橋高校…前高・高高定期戦で高崎高校と雌雄を決する 高崎高校…福田赳夫・中曽根康弘という二人の首相を輩出 浦和高校…サッカーとクイズ選手権で3度ずつ全国制覇 【番外】浦和第一女子高校…関東・東北に多い公立女子高のなかでも代表的存在 千葉高校…私立高に対抗して中高一貫制を導入した公立トップ校 渋谷教育学園幕張高校…開成を抜くとすればここといわれる国際レベルの新興校 第5章西日本の名門高校 【番外】鳥取西高等学校…米子東、倉吉北の各校とは三つどもえのライバル関係 松江北高校…小泉八雲が英語教師だったこともある城下町の名門 岡山朝日高校…学区細分で群雄割拠だったが、公立ナンバーワンの伝統復活へ 【番外】広島中等教育学校…公立復権の期待を背に新設された中高完全一貫校 広島大学附属福山高校・広島大学附属高校…歴史はまったく別だが自由な校風の姉妹校 修道高校…最後の藩主の肝いりで誕生したスポーツも盛んな私立伝統進学校 広島学院高校…戦後創立でカトリック系だが中国・四国地方きっての受験校に 山口高校…兄弟で首相になった岸伸介・佐藤栄作の母校 高松高校…教育県香川の頂点にある地方公立校の名門 【番外】城南高校…多彩な人物を輩出したが、名門復活へは道半ば 徳島文理高校…医学部に強いことで定評がある四国有数の私立進学校 【番外】高知追手前高校…圧倒的に私立優位の高知県で、唯一健闘している公立校 土佐高校…甲子園の全力疾走が印象深い文武両道の私立校 松山東高校…『坊っちゃん』の舞台になった名門校で松山藩校の伝統を受け継ぐ 愛光高校…四国の私立で最強の進学校で遠方からの入学者も多い 小倉高校…小倉藩主の家紋を校章に使う北九州市の代表校 修猷館高校…黒田家の名声を保持するために旧藩校の名称を復活 久留米大学附設高校…ブリヂストンのお膝元にあり孫正義、堀江貴文も卒業生 長崎西高校…旧制長崎中学は東西分割されたが、校地を引き継いだここが本家 佐賀西高校…雅子妃殿下の高祖父が本校の用務員、曾祖父は卒業生 熊本高校…バンカラの済々黌に対して「士君子」たらんとする 240 済々黌高校…藩校風の名前だが、明治になって設立された私立学校 大分上野丘高校…二人の日本銀行総裁を輩出したことで知られる 宮崎大宮高校…福島瑞穂や花田景子など元気な女性の卒業生が目立つ 鶴丸高校…甲南高校と藩校造士館の伝統を争う歴史事情 ラ・サール高校…東京大学や医学部を目指して九州全域から生徒が集まる 【番外】首里高校…沖縄戦で多くの生徒が犠牲になった歴史が語り継がれる.

次の

学校に関する日本一の一覧

日本 一 の マンモス 校 高校

マンモス校という単語を、誰しも一度は聞いたことあるのではないでしょうか。 マンモス校とは規模や生徒数が非常に多い学校に使われますが、どれぐらいの敷地を持っていたら、何人以上いたらという明確な定義はありません。 強いてマンモス校の特徴を挙げるとしたら、全校生徒が1,000人を越える学校、または一学年につき300人を超えたり、10クラス以上を超えるなどがあります。 今回は全国にある小学校から大学までのマンモス校の紹介、またたくさんの生徒に囲まれる学校生活のメリット、デメリットなどを見てマンモス校についてより詳しく見ていきましょう。 小学校 例えば、マンモス校で非常に有名な日本の小学校は、北海道千歳市にある北陽小学校です。 この北陽小学校には驚くことに、40クラスがあり児童数がおよそ1500人です。 人学年に300人を遥かに超えているのが現実です。 また、北陽小学校は、文部科学省が毎年実施している学校基本調査の昨年分で、全国有数になったマンモス校です。 もどと北陽小学校の通学区域では、大規模な住宅地の建設が相次いでいて、それによる人口の増加が続いています。 さらに、市長が1500人もの児童に対して質の良い教育を提供するために、分離新設校を建設する計画を進めると表明しました。 つまり、今後も北海道千歳市では人口拡大が望めるので、マンモス校としての小学校が増えるでしょう。 高校 次に日本の有数マンモス校として有名な高校は、栃木県宇都宮市にある作新学院高校です。 こちらの高校生の全校生徒は約3700人に上ります。 また、生徒個人個人の実力に合わせて大学受験の勉強をする「総合進学部」は特別進学クラス・進学クラスで構成されていて、四年制大学への進学をゴールとしています。 そのため、一学年当たり500人に近い生徒が在籍しているマンモス校です。 さらに、大学入学のみを目標にしているコースだけではなく、特定の分野に抜きに出るスペシャリストを育成する学部が多くあります。 産業システム科、電気、電子システム科、自動車整備士養成科、美術デザイン科、ライフデザイン科からなり、ほかの高校では学べない分野の知識を深められます。 大学 ここでは、学校別マンモス校の特徴をご紹介していきます。 マンモス小学校の特徴 小学校では、まだまだ親の手助けが学校でも必要で、PTAや行事の役員が決められる機会もあるでしょう。 普通の小学校だとクラス委員、学年委員、部活動の保護者係など、何かの役職が回ってきてとても大変です。 マンモス学校の特徴の一つとして、生徒数が多いので保護者の数も多く、役職に就かなければいけない回数が少なくなるということが挙げられます。 しかし、保護者の人数が多い分、行事の時にはかなり混雑します。 例えば、運動会の時に会場に保護者をすべて収容することができない、など人数の多さに十分な場所を確保するのが難しいケースも多々あります。 マンモス中学校の特徴 中学生になると、部活動に入る子が多くなってきます。 自分の興味がある部活に入って、仲間と切磋琢磨したり、興味がある分野をより追求したりと、部活動を通して充実した生活が期待できます。 マンモス校の中学校は一般的に部活動の種類が豊富ということです。 規模が小さめの中学校は部活動のバリエーションが少なく「サッカー」「バスケットボール」「バレーボール」などの、メジャーなスポーツに選択肢が限られてしまいます。 ですが、このようなメジャーな部活だけではなく、文化系の部活も充実しています。 マンモス校は生徒数が多い分、部活動が盛んな傾向にあるので、スポーツ系の部活、文化系の部活共に強豪校が多い傾向にあります。 それに伴い実力のある生徒も集まるのが中学校の特徴です。 マンモス高校の特徴 マンモス校の高校の魅力は何と言っても、カリキュラムの柔軟さではないでしょうか。 生徒の多様性を尊重できるように多様なプログラムを組んでいるマンモス校は多いです。 マンモス校には国立早慶MARCHクラスの大学を狙って勉強している生徒、進学せずに就職する生徒、スポーツ推薦で入学してきます。 その方々は、大学もスポーツ推薦を狙っている生徒などがいて、それぞれに合わせたカリキュラムを選択することができます。 例えば、難関大学へ進学を目指す「特別進学クラス」、アスリート、もしくはスポーツ推薦での大学進学を目指す「スポーツクラス」、理数系の科目に重点を置いた「理数科」、理数科目の授業を省いた「私立文系」、医療系の勉強に特化した「看護学科」などがあります。 また、マンモス校の中には単位制を採用しているところもあり、そこでは個人で授業の選択をすることが可能なので、一般的な高校に比べて自由です。 人数が多いマンモス校3つ それでは、日本全国の中で人数が多いマンモス校を3つご紹介します。 立命館大学 日本有数のマンモス学校は立命館大学です。 約32000人の学生を擁しています。 立命館大学の本拠地は京都府にあり、関西のマンモス校の中で有数のクラスの生徒の多さです。 学部によっては、大学院に進み先端技術の開発に携われることとして有名な大学です。 さらに、スポーツ活動も活発に行われており多種多様な生徒が揃うマンモス校です。 早稲田大学 早稲田大学は、東京都、埼玉県、福岡県に9つのキャンパスを持っており、13もの学部、21研究科の設置をしている、人数だけではなく、規模も大きな学校です。 芸能人の出身校として有名な大学で色々な知識や技術を学べる学校です。 もちろん、スポーツ活動も充実しており、人数が多い大学です。 日本大学 さきほどお伝えしたとおり、日本で有数のマンモス校は日本大学です。 法学部などの文化系や医学部などの理系がある大学で、色々な知識を学べる大学です。 日本大学は、カリキュラムが多い分、寮で暮らす人も多いです。 マンモス校として、これからも人数が増えていくでしょう。 マンモス校あるある一覧 まずは、先生が生徒全員の顔と名前を覚えられないのが特徴です。 例えば、あ行からわ行まで出席番号順に席が配置されていれば、すぐに名前と顔を覚えられます。 しかし、席が変わって配置順が異なってくると、人数が多いマンモス校では名前を覚えることも一苦労です。 たとえ出席番号順で一つのクラスを覚えたとしても、学年の生徒を覚えるのには無理があります。 生徒の人数が多い分、先生の苦労は絶えないというのが現実です。 逆に、卒業式て初めて先生の顔を覚える人もいます。 それほど、人数が多いマンモス校では一部の人間としか関わり会えないのが現実です。 マンモス校のメリット・デメリット 次に、都道府県別に生徒の多い学校を見ていきましょう。 今回は、2つのマンモス校をご紹介して、特徴などを比較していきます。 大阪 大阪と言えば、近畿大学が有名です。 近畿大学は、大阪府に本部がある私立のマンモス大学です。 本部キャンパスに法学部、経済学部、経営学部、文学部、総合社会学部、理学部、建築学部、薬学部が設置されています。 また、本部キャンパス以外にも奈良県に農学部キャンパス、和歌山県に生物理工学キャンパス、広島に工学部キャンパス、福岡に産業理工学部キャンパスなど、関西を中心に大規模に展開しています。 そのため、近畿大学に在籍する生徒の人数がとても多く、大阪では唯一のマンモス大学です。 もちろん、学生たちが勉学に励まれるように環境設備も整っているのが特徴です。 沖縄 沖縄のマンモス校と言えば、浦添一の当山小学校です。 当山小学校は、人数が多くなってきたちめ、市内に分離校を建設する法案が出ています。 2017年の在籍人口は、1091人で人学年ごとに100人を超えています。 沖縄の中では、2番目に人数の多いマンモス校の小学校のため、周辺の環境設備も整っています。 お子さまが安全に通えられるようになっているのが特徴です。 人数の多さから、大阪の大学と比較すると少ないと思われがちですが、やはり環境の良い地域に多くの人口が集まると分かります。 マンモス校でも充実した学校生活を送ろう!.

次の