エクセルでグラフの作り方。 【最新版】エクセルでグラフの作り方を解説!これを読めば誰でもマスターできる|エクセルドクター

標準偏差をエクセルで求める方法と完璧なグラフの作…|Udemy メディア

エクセルでグラフの作り方

円グラフの作り方 作成時の表選択のポイント 円グラフのポイントは、 項目に対して系列を1つしか選択しないところです。 例えば、このような表があった場合、 それぞれの商品の売上げ構成比を知るために、下のグラフを作成したい場合は、 下の赤枠の場所を選択します。 また、先月と今月の数量割合を知るために下のようなグラフが欲しい場合は、 下の赤枠の場所を選択します。 どちらも、 2列か2行しか選択していませんね。 その際、離れた場所を選択することも多いですが、選択場所がきれいに 四角形になるように選択しましょう。 下の明るい場所が、先ほど2つのグラフで選択した場所ですが、そのセルを含むようにピンクの四角で囲んでみました。 それぞれ長方形になっていますね。 このように離れた場所であっても、 縦位置と横位置が揃った状態で選択しましょう。 では、例えば2行や2列ではなく、広い範囲を選択した場合はどうなるか・・・。 この場合は、左端の商品名と、その右隣のD列だけが使用され、ほかのE列、F列のデータは無視されます。 2行か2列だけ選択する• その際、四角形になるように縦横揃えて選択する• 離れた場所の選択は「Ctrl」キーを使用する これらを守って作成すれば、きれいな円グラフがすぐに作成できます。 作成方法 では、下のグラフを作成してみます。 選択場所は下の図の赤枠の場所。 離れた2か所目は 「Ctrl」を押しながら選択する必要があります。 まず、項目となるセル範囲を選択して、 次に「Ctrl」キーを押しながら、データ範囲のセルを選択します。 いくつか種類がありますが、今回は1番ノーマルな [円]を選びます。 選択するとすぐに完成します。 もし、 この時点で形がおかしい場合は、選択範囲を見直しましょう。 さすがにこれだけだと、何のグラフかも分かりません。 幾つか設定が必要ですね。 まず、タイトルです。 最初に入力されている「グラフタイトル」の 文字を消して、自分でタイトルを入力します。 今回は「猫ご飯 売上構成比」にしました。 次は、凡例の位置を「下」から「右」に変更してみましょう。 「凡例」とは、下の赤枠で囲んだ、系列の名前が表示されている場所のことです。 右に移動しました。 デザインに合わせて位置を変更したいですね。 文字が小さいので大きくします。 普段使用する文字サイズの調整を使います。 見易くなりました。 最後にデータラベルを表示してみます。 データラベルとは、そのままデータのラベルのことです。 表の数値をラベルとしてグラフに追加する機能です。 これだけで、データラベルが表示されます。 データラベルをパーセント表示にする方法 円グラフといえば、構成比。 構成比といえばパーセントですね。 ということで、先ほど表示したデータラベルをパーセントに変更する方法です。 画面右側に、作業ウィンドウが表示されます。 その作業ウィンドウの[ラベル オプション]の場所で、 [パーセンテージ]にチェックを入れて、[値]のチェックを外します。 これで、値のラベルから、パーセンテージのデータラベルへ変更されます。 自動で構成比を計算してくれるので楽ですね。 分割する(切り離す)方法 円グラフならではの機能として、それぞれの系列を切り離すことができます。 まず、どこでもいいので 系列(円の場所)を選択します。 すると 全ての系列が選択されます。 その後に 切り離したい系列の場所を、もう一回クリックします。 すると、 その系列だけが選択されます。 今回は黄色の場所をクリックしました。 そのまま 引っ張ると、 切り離しができます。 注意事項として、全ての系列を選択した状態で引っ張らないようにしましょう。 あわてて作業すると 、全てが分割されてしまいます。 ゆっくり操作してあげると、簡単に切り離せます。 また、 複数切り離すことも可能ですよ。 回転する方法 円グラフは回転できます。 相手に1番見せたい場所を手前に移動したい時などに便利ですよ。 作業ウィンドウで設定します。 [データ系列の書式設定]作業ウィンドウの[系列のオプション]で、[グラフの基線位置]が回転の場所です。 黄色の部分が左になるように回転してみました。 まとめ 円グラフは、他のグラフよりも設定の特徴が多いグラフです。 良く使用するグラフなので、相手にとって見やすいグラフを素早く作成できるようになりたいですね。

次の

Excelグラフの作り方[これだけで縦棒・横棒・折れ線もOK!]

エクセルでグラフの作り方

レーダーチャートの作り方:エクセル2010基本講座• レーダーチャートの作り方• このページではExcel2010でのレーダーチャートの作成方法について書いています。 Excel2013での操作方法は をご覧ください。 スポンサードリンク テータリストの作成• 下表のようなデータを例にレーダーチャートを作成してみます。 B C D 2 今野 内田 3 国語 50. 7 61. 5 4 数学 65. 3 49. 1 5 理科 60. 2 47. 3 6 社会 48. 5 53. 2 7 英語 55. 7 61. 2 レーダーチャートの作成• データリスト内の1つのセルをアクティブにします。 Excelがデータ範囲を自動で認識できるときは、データリスト内の1つのセルがアクティブであればよい。 自動で認識できないケース、リストの周囲のセルが使用されているようなときは、グラフ化する範囲を選択しておきます。 マーカー付きレーダーチャートが作成されました。 グラフツール リボンの[レイアウト]タブでグラフ要素を「レーダー 値 軸」を選択し、[選択対象の書式設定]をクリックします。 [軸のオプション]を選択し、最小値、最大値、目盛間隔を下図のように設定しました。 2つのデータの違いが明確になりました。 塗りつぶしレーダーに変更する• グラフツール リボンの[デザイン]タブで「グラフの種類の変更]をクリックします。 「レーダー」を選択し[塗りつぶしレーダー]を選択します。 [OK]ボタンをクリックします。 塗りつぶしレーダーが作成されました。 重なっている部分の下が見えていませんので、塗りつぶしの色を変更したいと思います。 赤色の部分をダブルクリックします。 または、グラフツール リボンの[レイアウト]タブでグラフ要素を「系列"内田"」を選択し、[選択対象の書式設定]をクリックします。 もう片方の系列も同様に変更します。 重なっている部分もデータがわかるようになりました。 目盛線が見えないときは塗りつぶしの色の透過性の値を調整してください。 目盛線が透けて見えるようになりました。 目盛線の色を濃くしたり、軸の色を濃い色にすることも有効です。 スポンサードリンク |||レーダーチャートの作り方.

次の

【Excel】エクセルで片対数グラフを作成する方法(方対数ではない)

エクセルでグラフの作り方

照会があったので作成します。 ごく基本的な作成方法です。 Excelで作成しますが、Power Pointで作成する場合も同様です。 まず下図のように必要なデータを用意し、その範囲「A1:B9」を選択します。 挿入タブから折れ線グラフをクリックします。 ここでは通常のカクカクした折れ線が挿入されます。 折れ線部分を右クリックして「データ系列の書式設定」を開きます。 「線のスタイル」から「スムージング」にチェック入れてOKします。 すると下図のように曲線の折れ線グラフとなります。 グラフタイトルを書いたり、データの数値を表示したい場合は、 グラフ内をクリックするとグラフツールリボンが表示されますので、 その中の「レイアウト」タブから設定できます。 グラフ上にテキストボックスを追加して何か記入したい場合、 グラフをクリックした状態で、テキストボックスを作成してください。 グラフ以外の部分をクリックした状態でテキストボックスを作成すると、 グラフと一体化しないので、移動するときや別のアプリケーションへコピーするときに、テキストボックスが置き去りになってしまいます。 軸の目盛り数値を変更したい場合、 上記のグラフでいうと縦軸のところが0~90ではなくて、0~100に変更したい。 数値の上でダブルクリックすると「軸の書式設定」が開きます。 「軸のオプション」から、自動で設定されているものを「固定」に変更して数値を修正します。 以上の方法で基本的な曲線の折れ線グラフが作成できます。 カテゴリー: タグ: 投稿ナビゲーション.

次の