安倍 晋三 星野 源。 安倍晋三首相が星野源とコラボ動画公開し大炎上。『うちで踊ろう』で自粛呼び掛けも失敗、利用するなと批判殺到の事態に…

安倍首相は「JASRAC」に許諾をもらう必要があった? 星野源さん「うちで踊ろう」コラボ動画

安倍 晋三 星野 源

新型コロナが感染拡大する中、外出自粛を呼びかけようと、安倍晋三首相が4月12日に公式SNS上で公開した動画が炎上した。 官邸側は「ツイッター上で、過去最大の『いいね』が付くなど、大きな反響があった」と評価しているが、一部で「著作権侵害だ」という声もあがっている。 ミュージシャンの星野源さんが歌う「うちで踊ろう」の動画にあわせて、安倍首相が自宅で愛犬を抱いたり、ソファーに座って、茶や読書したりする様子など、くつろいで過ごしているところが映っている。 安倍首相は「友達と会えない。 飲み会もできない。 ただ、皆さんのこうした行動によって、多くの命が確実に救われています。 そして、今この瞬間も、過酷を極める現場で奮闘して下さっている、医療従事者の皆さんの負担の軽減につながります」とつづっている。 新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言を受けて、政府が呼びかけている「外出自粛」をアピールする意図があったとみられる。 ところが、この動画に対して、インターネット上で「政治利用だ」といった批判が殺到した。 「家でじっとしていたらこんな曲ができました」「誰か、この動画に楽器の伴奏やコーラスやダンスを重ねてくれないかな」と呼びかけた。 これに応じて、さまざまな著名人たちがコラボ動画を投稿していた。 しかし、安倍首相の動画が大炎上したことを受けて、星野さんは12日深夜、インスタグラムのストーリーを更新した。 「ひとつだけ。 菅義偉官房長官は「星野さんがSNS上で『うちにおいでよ』を公開してことに総理が共感をして、今般の配信に至ったものであります」と回答。 次のように続けた。 「最近、20代を中心に若者の感染者が増えていることから、外出を控えてもらえたい旨を発信するために、SNSでの発信は極めて有効であると考えております」 「ツイッターでは、確認できる範囲では、過去最大の反響をいただいており、多くのみなさんにメッセージが伝わることを期待しています」 内閣官房広報室は、弁護士ドットコムニュースの取材に対して「批判は把握している」「星野さん側に連絡はしていないのはたしかだ」と回答した。 はたして、本当なのだろうか。 著作権法にくわしい高木啓成弁護士が解説する。 「作詞・作曲した星野源さん自身が許諾をしている以上、誰もが自由に利用することができて、安倍総理の動画に対しても星野さんは異議を述べていないことからすれば、法的には何ら問題ないように思えます。 しかし、音楽の権利処理上は、少しハードルがあります。 JASRACのデータベースによると、星野源さんは、JASRACと信託契約を締結して、信託者(信託会員)になっています。 信託契約上、星野源さんが作ったすべての楽曲は、JASRACに著作権が移転して、JASRACが著作権を管理することになります。 ですので、いくら星野源さんが『自由に利用してもいいですよ』と許諾しても、原則として、利用者は、JASRACに申請して著作権使用料を支払わなければならないのです。 「YouTubeやニコニコ動画などでは、JASRAC楽曲を利用できるということはご存知の方も多いと思います。 包括契約というのは、YouTubeやニコニコ動画の運営会社が、JASRACにお金を支払っているので、そのユーザーはJASRACに申請しないで済むという仕組みです。 インスタグラムも最近、JASRACと包括契約をしたので、インスタグラム上でユーザーが『うちで踊ろう』を利用することは問題ありません。 一方、ツイッターはJASRACと包括契約していません。 ですので、ツイッター上で『うちで踊ろう』を利用する場合、JASRACへの手続きが必要なのです。 そこで、星野さん側としては、以下のような方法を取ることが考えられます。 先ほど、『星野さんが作った楽曲は、すべてJASRACに著作権が移転する』と言いましたが、実は、星野さんから直接JASRACに移転させるのではなく、音楽出版社(楽曲のプロモーションをしたり、著作権管理をする企業)を経由させて著作権譲渡することができます。 むしろ、音楽ビジネス上は100%そうなっています。 そして、音楽出版社(またはその一部の事業部)によっては、JASRACとの信託契約上、たとえば、『楽曲の著作権のうち、コンサートで演奏する権利(演奏権)はJASRACに預けるけど、インターネット上で利用する権利(インタラクティブ配信)はJASRACには預けずに自分で管理する』というかたちで、楽曲の著作権の一部をJASRACの管理から除外していることがあります。 星野さんは、インターネット上で利用する権利(インタラクティブ配信)をJASRAC管理から除外している音楽出版社に『うちで踊ろう』の著作権を譲渡すれば、ツイッターでユーザーが『うちで踊ろう』を利用しても、JASRACに申請する必要はありません(正確に言うと『ビデオグラム録音』という区分も除外している必要があると思います)。 音楽出版社は、楽曲の利用方法やプロモーションなどの戦略を考えて、JASRACに管理委託する区分、NexToneに管理委託する区分、自己管理する区分を決めており、とても興味深いですよ」.

次の

星野源、安倍首相の「うちで踊ろう」動画に言及

安倍 晋三 星野 源

今、大きな話題になっている歌手・による楽曲『』。 そして4月12日に首相が、自宅でくつろぐ姿でコラボしたところ瞬く間に大騒ぎに。 世間からさまざまな意見や感想が上がっていた。 すると星野側は《1つだけ。 さらに、14日放送のラジオ番組『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)では、「人をバカにしたりとか、人を嫌な気持ちにさせてやろうとか、全く無視したことをやろうだとか、そういう動画は僕は全く好きじゃない」とNG事項を告白。 9日にインタビューを受け、16日に配信されたウェブメディア『Rolling Stone Japan』でのインタビュー記事でも、《そもそもの発祥が「ご自由にどうぞ」なので、「全員が自由に楽しむ」というのが条件になってる。 見た人を嫌な気分にさせたり怒りをあおったりするようなものは論外》と、ラジオと同様のことを述べている。 アンチから総攻撃を受ける事態に… するとこの発言が、安倍首相に対する嫌味だと受け取った人が多いようで、 《見て嫌になるかどうかは個人の主観の問題なのに、特定の1人を排除するような言い方はどうなの?》 《確かに安倍さんのセンスは悪いかもしれない。 でも、それ以上に星野源の意地悪さが嫌い》 《名指しせず、間接的にネチネチと嫌味ばかり言う人間だね あまりいい性格ではなさそう》 などと、批判の声が続出して大炎上。 さらには、 《声も曲も顔も性格も悪くて良いとこないのに、何で人気あるのか不思議だった》 《この人の歌どれも大したことない。 全然心に響かない。 ついでに顔もキモい》 《もともと人気あるのが不明だったよ。 顔もキモいし》 など、声を潜めていたアンチがワラワラと声を上がている状態だ。 「そもそも、今回のコラボ動画に対しては『ノリが気持ち悪い』『押し付けがましい』という層も一定数いました。

次の

(画像)星野源インスタで安倍晋三Twitterにブチ切れ!「連絡一切なし」総理を「さん」呼ばわり 拡散歓迎

安倍 晋三 星野 源

(C)まいじつ 今、大きな話題になっている歌手・星野源による楽曲『うちで踊ろう』。 〝光が強ければ影もまた濃くなる〟とはよく言ったもので、星野の〝ある発言〟をもとに、ネット上ではアンチが活性化しているようだ。 星野が〝コラボ用〟としてインスタグラムに投稿した「うちで踊ろう」には、幾人かの芸能人がコラボし、一部の層から熱狂的な支持を集めていた。 そして4月12日に安倍晋三首相が、自宅でくつろぐ姿でコラボしたところ瞬く間に大騒ぎに。 世間からさまざまな意見や感想が上がっていた。 すると星野側は《1つだけ。 安倍晋三さんが上げられた〝うちで踊ろう〟の動画ですが、これまでさまざまな動画をアップしてくださっているたくさんの皆さんと同じように、僕自身にも所属事務所にも事前連絡や確認は、事後も含めて一切ありません》と〝無関係〟であることを淡々と説明。 他の芸能人のコラボとは打って変わって、〝表情が消えた〟ようなコメントが物議を醸していた。 さらに、14日放送のラジオ番組『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)では、「人をバカにしたりとか、人を嫌な気持ちにさせてやろうとか、全く無視したことをやろうだとか、そういう動画は僕は全く好きじゃない」とNG事項を告白。 9日にインタビューを受け、16日に配信されたウェブメディア『Rolling Stone Japan』でのインタビュー記事でも、《そもそもの発祥が「ご自由にどうぞ」なので、「全員が自由に楽しむ」というのが条件になってる。 見た人を嫌な気分にさせたり怒りをあおったりするようなものは論外》と、ラジオと同様のことを述べている。 アンチから総攻撃を受ける事態に… するとこの発言が、安倍首相に対する嫌味だと受け取った人が多いようで、 《見て嫌になるかどうかは個人の主観の問題なのに、特定の1人を排除するような言い方はどうなの?》 《確かに安倍さんのセンスは悪いかもしれない。 でも、それ以上に星野源の意地悪さが嫌い》 《名指しせず、間接的にネチネチと嫌味ばかり言う人間だね あまりいい性格ではなさそう》 などと、批判の声が続出して大炎上。 さらには、 《声も曲も顔も性格も悪くて良いとこないのに、何で人気あるのか不思議だった》 《この人の歌どれも大したことない。 全然心に響かない。 ついでに顔もキモい》 《もともと人気あるのが不明だったよ。 顔もキモいし》 など、声を潜めていたアンチがワラワラと声を上がている状態だ。 「そもそも、今回のコラボ動画に対しては『ノリが気持ち悪い』『押し付けがましい』という層も一定数いました。 そのため安倍首相批判はあくまできっかけにすぎず、炎上は溜まっていた燃料が一気に燃えている感じですね」(芸能ライター) 一方的に絡まれ、〝被害〟を受けたように思える星野だったが、一部の層から嫌われていることが判明してしまったようだ。

次の