宮崎大学 学生支援課。 宮崎大学の学生を支える? お知らせ通知サービス 「宮大支援課お知らせBot」

「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』について

宮崎大学 学生支援課

学生・留学生向け情報• 現在のページ 学生・留学生向け情報 海外へ留学したい学生へ 留学形態 本学における留学制度の取り扱い 本学から海外へ留学する方法はいくつかあります。 自分に合った留学方法を選びましょう。 留学の種類• への留学• による留学• 民間団体の奨学金による留学• 以外の大学へ私費 自己負担 で行く休学留学 募集について• 1: 大学会館・各学部の掲示板でお知らせします。 大学間交流協定校への留学については国際連携課、部局間交流協定校への留学については教務・学生支援係 医学部は学生支援課教務係 にお問い合わせください。 2, 3: 随時、大学会館1階に掲示します。 詳細は、国際連携課までお問い合わせください。 4: 大学からの募集は行いません。 個人での応募となります。 留学時の身分・授業料について 留学する際の本学における身分は、[留学] と [休学] の2つがあります。 渡航前・帰国後の諸手続や授業料等の金銭面が大きく左右されます。 留学時の身分と授業料 留学 の場合 留学期間が終了し、帰国後の本学における学年進行が可能です。 原則として、本学及び派遣先の大学双方で授業料を納付します。 ただし、授業料等相互不徴収の協定を締結している大学へ留学する場合は、本学へ授業料を納付する必要がありますが、派遣先大学へ授業料を納付する必要はありません。 協定により、授業料不徴収の人数が制限されています。 休学 の場合 留学期間が終了し、帰国後の本学における学年進行が不可能です。 休学した期間の分だけ留年することになります。 本学へ授業料を納付する必要はありませんが、派遣先大学へ授業料を納付する必要があります。 留学の種類 1 の留学の場合は原則として [留学] の身分で留学することになります。 交流協定校へ留学する場合の選考及び単位の取り扱い 選考 英語圏への留学はTOEFL成績 Paper 500点 ・ Computer 173点 以上 が必要ですので必ず受験しておいてください。 なお、エヴァーグリーン州立大学は Paper 520点 ・ Computer190点 以上 が必要です。 単位認定 留学 の場合 留学先の大学で取得した単位は、所属学部・研究科の審議を経て、一定の単位数を卒業 修了 単位に認定できます。 学部60単位、研究科10単位 ただし、単位互換の協定を締結している大学に留学した場合に限ります。 また、留学期間は本学の修学年限に換算できます。 休学 の場合 休学して留学先で取得した単位を、本学の授業科目として単位の認定を受けることが出来る場合があります。 ただし、事前に本学と外国の大学等と協議された場合に限られるため、単位として認定されるのは非常に限られた場合になります。 また、海外の語学学校での研修等の単位は認められません。 これらの詳細は、国際連携課または所属学部の教務・学生支援係 医学部は学生支援課教務係 へ問い合わせてください。 宮崎大学国際連携センター TEL: 0985-58-7104 FAX: 0985-58-7782 〒889-2192 宮崎市学園木花台西1丁目1番地.

次の

地図から検索|宮崎大学/学生支援部/基礎教育支援課基礎教育支援係(大学)

宮崎大学 学生支援課

学生・留学生向け情報• 現在のページ 学生・留学生向け情報 海外へ留学したい学生へ 留学するためには 外国留学にあたっては、目的意識をはっきり持ち、希望の学校や渡航先の教育・生活事情等の情報を収集し、綿密な計画を立てることが必要です。 一方、留学先での環境不適応及び語学力不足等によるトラブル等の発生もあることを十分留意しておかなければなりません。 相手国を知る 海外に渡航する際には、かならず渡航先の事情を調べて理解を深めておきましょう。 では世界各国の治安情勢や海外での安全対策に関する情報を提供しています。 からも情報を得ることが出来ます。 また、最新の渡航情報について、無料のメールサービスも行われています。 資金計画・留学計画 卒業するには、卒業に必要な期間、本学に在籍する必要があります。 そのため、休学身分で留学し、留学先で取得した単位が本学で認定されて卒業に必要な単位数を満たしても、卒業することは出来ません。 留学期間中の費用だけではなく、留学期間終了後の卒業・就職までの時間や費用も含めて留学の計画を立てましょう。 留学するための奨学金制度もありますが、申請しても必ずしも採用されるとは限りません。 ご家族や指導教員の先生ともよく相談して計画を立ててください。 その他、海外留学に関する一般的な情報については、やで得ることが出来ます。 なお、海外留学を目的とする方を対象とした、もあります。 貸与型を希望される方は330会館、学生生活支援課 TEL 0985-58-7140 へ、給付型を希望される方は国際連携課へお問い合わせください。 海外留学保険に入る 留学などの理由で海外に長期滞在する場合、国によっては、現地の公的医療制度や民間の医療保険に加入できる場合もあります。 しかし、日本で海外旅行保険に加入してくことの方が一般的で、簡単な手続きで加入できること、病気や怪我の治療費以外にも幅広い補償がセットされていること、日本語受付の海外サービスが利用できることなどのメリットがあります。 派遣先での病気や怪我に備えて、海外留学保険に入りましょう。 手続は渡航する前に済ませておいてください。 留学斡旋業者の利用について、ご注意ください。 今般、海外留学あっせん事業者の経営破綻により、海外留学の希望者が被害を受けるという問題が発生しました。 海外留学あっせん事業者を利用する学生については、日本学生支援機構の海外留学支援サイト「」等をよく読み、被害に遭わないよう注意して下さい。 資料の貸出 国際連携課では、留学希望の方へ本やビデオなど資料の貸出を行っています。 興味のある方は、国際連携課までお問い合わせください。 その他、留学に関する情報は 木花キャンパス国際連携センター国際連携課 TEL 0985-58-7134 email へお問い合わせください。 宮崎大学国際連携センター TEL: 0985-58-7104 FAX: 0985-58-7782 〒889-2192 宮崎市学園木花台西1丁目1番地.

次の

各部局(学部・大学院など)の学生担当窓口

宮崎大学 学生支援課

宮崎のために多様な人材を輩出したい 宮崎県には、宮崎大学しか医師養成機関がないのですが、医学生のサポートは大学の総務や学生支援課、初期研修医は卒後臨床研修センター、後期研修医となると各医療機関の診療科や教授単位で、それぞれ教育方針もバラバラになりがちでした。 これを構造の問題と捉え、卒前・卒後・専門医に至るまで、教育者側の意思統一を図るというのが、センター設立の目的です。 第一の目標は、「地域医療の充実」です。 家庭を診る総合診療医も、高度医療を担う医師もどちらも必要ですが、医師会・自治体・医療機関の連携を大学がスーパーバイズすることで、地域で働く医師の確保や育成強化、指導医となる教育人材の育成を推進します。 医学部が一つしかないことが幸いして、医師会とも、行政とも関係性が良いのが、大きなアドバンテージです。 すでに、日南では後期研修のためのサテライトセンターを立ち上げており、これから県内全域でも実績を積み上げていこうという段階です。 第二に、附属病院を持つ大学ならではの看護教育を推進したいというのが、大きな挑戦です。 10年前に看護学科ができてからは看護教育の一端を担っていますが、育てるシステムが医師の養成よりも複雑です。 さらに産休や育休などの休職があっても、キャリアが分断されないような復職支援体制を構築する必要があります。 卒前・卒後の一貫した看護師養成のための看護教育専属の教員を置くというのは、全国でも類のない取組みです。 日本の医学界全体の問題なのですが、教育は研究や臨床の傍らで、人材もコストもかけないという風潮を変えていきたい。 教育に携わる医療人に投資しなければ、未来はないと思っています。 このセンターから、宮崎のために多様な人材を輩出したい。 医療人としての人間性の教育は当然として、多職種の関わるチーム医療のリーダーとなれる人材の育成が、使命だと考えています。 地域医療や教育や高度専門医療、スーパードクターや赤ひげ先生、いろいろな分野に秀でた個性のある人材がそろっていることが地域のためであり、そこに序列は必要ありません。 教育と実践は表裏一体のものなので、教育者側も現場から離れてはダメです。 大学病院は、教育と実践に最も適したフィールドであることは確かですが、各拠点の病院でも得意な専門分野の研修を分担することで、都市部の大病院に引けを取らない医療人教育ができるはずです。 そのコーディネーターの役割が、このセンター設立の基本構想となっています。 知識と仁術のバランスの取れた医療人を育てたい もともと医学教育には興味があって、内科教員として、病棟実習を行う学生と接してきました。 医学生を副主治医と位置付け、臨床参加型実習を実践すべく取り組み、卒後臨床研修センター教員を兼務するようになってからは、卒後教育にもかかわっています。 当センターは、卒前・卒後の教育を担当する部署であり、今までの経験を生かせるのではないかと思っています。 また、当センターの前任の林教授が養成された「安息の会」という模擬患者さんのグループに協力していただき実施している医療面接実習にも参加しています。 今後、さらに模擬患者さんが必要とされる機会も増えてくるので、その養成にも関わっていきたいです。 知識や技能だけでなく、仁術を大切にするバランスの取れた医療人を育てるお手伝いができたらなと思っています。 女性医師の復職支援を強化したい 医学生・看護学生は、医師・看護師になるべく臨床実習を通して、医学・医療について知識技術を磨きますが、国家試験合格後、どのようにキャリアを積み上げていくかまでは想像がつかないようです。 特に、女性では出産や育児といったライフステージによって、休職、離職を余儀なくされることが現実的な問題としてありますので、女性医師・看護師のキャリアサポートは、当センターのテーマの一つとして考えています。 具体的な取組みとして、実臨床から離れていた女性医師・看護師を対象に、一次救急や採血、気管挿管などのシミュレータを使用した実技を多く取り入れた復職支援プログラムを行っています。 また、医学生は他の学部学生よりも、身近に自分の将来像の参考となる先輩がいることが、自身のキャリアを考える上で有利です。 そこで、医学生のうちから医師としてのキャリアを具体的に考えてもらうため、「教育・指導」という関係から少し離れて「人生の先輩」として、現役医師の先生方と交流できる時間が作れないかという仕組みづくりを進めています。 必要な時に適切な指導をコーディネート 初期研修医の2年間を苦労しないように、卒前教育で、知識や技能だけでなく、社会性や人間性も身に付けてほしいと思っています。 初期臨床研修に関しては、今の臨床研修制度になってから12年がたち、卒後臨床研修センターの体制もほぼ出来上がってきました。 当センターでは、さらに専門分野に進んだ医師たちが生涯の職業としてまい進できるよう、それぞれの段階で興味や実力を引き上げることが、私の仕事ですね。 大学病院にいると、医学生や研修医と接する機会が多く、教える側と教えられる側の関係性というのをすごく意識するようになります。 必要な時に適切な指導ができる、そんな指導医と研修医のコーディネートの役割をセンターは担っています。 人間性豊かな医療人を育てたい 医療シミュレーション教育を担当しています。 小松先生が立ち上げられた卒後臨床研修センターの1期生でもあり、教育に興味があるならと、当センターの立ち上げの際に、お声掛けいただいたのがきっかけです。 救命救急の分野は、早くからシミュレータを使ったトレーニングが発達していて、私も長年インストラクターを続けてきました。 当センターは、コモンな手技から専門的な技術まで練習できる設備が整っているので、医学生から専門医までが有効活用できるよう、アクセスしやすい場所にしたいです。 これから宮崎大学全体で、人間性豊かな医療人を育てたいという理想像を掲げ、一貫した目標で教育ができるように、それぞれの段階での教育プランを組み立てたいと思っています。 お互いに顔の見える関係をつくっていきたい 3年前に宮崎へUターンして、地域包括支援センターで働き始めました。 入院患者の退院促進の全国ワースト3が10年も続いていると聞いて、衝撃を受け、がん患者の退院支援や独居高齢者の看取りなどの困難事例に携わる中で、在宅医療をいかに推進するかということを考えるようになりました。 今回、このセンターの公募に応募したのも、人材育成はもちろんですが、医療安全を目指したシミュレーション教育、在宅医療問題といった、私の看護師人生を通じて考えてきたことが、実証できるかもという思いがきっかけでした。 これからの医療現場で活躍できる人材は、最先端の医療を担う看護師や、専門知識を有する認定看護師などの人材が必要です。 逆に訪問看護の現場では、復職を希望する看護師が、今までの経験を生かせる可能性が十分にあります。 そのためにも、フットワーク軽く動き回って、お互いに顔の見える関係をつくっていきたいと思っています。 専門看護の臨床実践と教育を両立したい 看護師時代にプリセプターやチームリーダーとして、新人教育を担当した経験から、看護学生から実際の看護師になるときに、大きなギャップがあることに気が付きました。 このギャップを少しでも縮めたいと思って、看護学科の精神看護の教員になりました。 結婚を契機に東京に引っ越し、教職は離れましたが、専門看護師の資格を得るために大学院で勉強していたところ、センター設立の話を聞きました。 ここなら、自分自身が専門看護の臨床実践と教育の両立を図りながら、教育と臨床の架け橋になれると思い、宮崎に帰ってきました。 当センターは、大学の看護学科と附属病院の看護部との中間的な位置付けで、両方に協力しやすくなっています。 看護学生の臨床実習では、現場の看護師との橋渡し役になれますし、逆に臨床現場のニーズを学科の教育に反映できるというのも、大きな特長になるのではと考えています。 私自身が臨床と教育を同時に経験しているので、いろいろな視点から学生の進路の相談にも乗れますし、精神看護を得意としていることもあって、医療者のメンタルヘルス対策なども取り組んでみたい分野ですね。 情報交換しやすい環境づくりをしたい センターは4つの部門に分かれていますが、教員全員が一つの部屋に机を並べており、お互いに情報交換をしやすい環境です。 私は、先生方の講義準備やセンターの事務作業をしていますが、メインはシミュレータの管理です。 実習や研修、試験などでシミュレータを準備し、スムーズに利用できるように配慮するのが管理人の役目ですね。 このシミュレータ準備と片付けを利用者が行うことが面倒で、使用頻度の低い施設もあると聞いています。 また当センターでは、医学生だけではなく、研修医や医師・看護師も24時間体制で利用できるようになっています。 オペ前日の夜中に手技のトレーニングに見える先生もいらっしゃいますね。 10年前はシミュレータ自体も少なかったですから、年間100人ぐらいしか利用者がいませんでしたが、現在は診療科へのシミュレータPRや操作説明会を年に7~8回実施したことで、年間4500人ぐらいの方に利用していただいています。 医学生や研修医の成長を目の当たりにできる楽しい仕事です。

次の