親元 等 生計 を ともに する 別 住所。 「生計を一にする」「同一生計」とは?定義・意味 [税金] All About

NHK受信料、家族割り引、同一生計が確認できる書類

親元 等 生計 を ともに する 別 住所

ごちゃごちゃにはしてませんよ。 水道は本籍地、現住所のある店舗では会社名義で支払っています。 そして個々に住んで居る住宅ではこれも個人名でしっかり払ってますので。 もっと簡単に書きますと 私たち夫婦、弟夫婦、両親の本籍地、現住所は会社となっている店舗で登録。 もちろん水道メーターは各一軒ずつにあり水道、電気などもそれぞれの個人の名義で支払っています。 ただしこれらの建物はすべて会社名義、父の名義となっています。 要は会社の寮という取り扱いですね。 現住所、戸籍がある所しか水道や電気は使用できないという物では有りません。 現に、水道局、東電ともに契約しておりきちんと生活しているわけですから このような形態の場合でも問題無く水道や電気は使用できるのは明白ですよね。 こちらは真剣に疑問に思っているわけですから ご存じなければアドバイスする資格もないかとおもいます。 同一世帯のことを仰っているのでしょうか? 同じ住所に複数人で住民登録されている場合、原則世帯主は一名(健康保険証等で確認なさってみて下さい)となります。 それぞれに収入があり、実質的には生計を分けている場合でも、行政上は『同一世帯』=親・兄弟の親族同士が家計を同じくしていることとなります。 これを家庭全体の経済状態として捉えられ、奨学金の賃与希望者対象外扱いとなってしまうことをご懸念なのでしたら、同一の住所に住民登録しているが各々収入と生活は別であるという届け出を役所に対して行い、『別世帯』とすることも可能かと存じます。 詳しくは、行政地域よって異なりますので、お住まいの役所、また奨学金の支援機関へのお問い合わせをお勧め致します。 以上、お役に立てれば幸いです。 この回答への補足 それでは今日の出来事ですが奨学金とは別に国の教育ローンを申請しようと思い 提出書類のなかに「世帯全員ののっている住民票」というものがあり 役場に行ってきました。 その時にもちろん「世帯全員が乗っている住民票」をほしいことをつげて頂いたのですが 私、主人、子ども2名の名前しか載っていませんでした。 >>行政上は『同一世帯』=親・兄弟の親族同士が家計を同じくしていることとなります。 ということは今回頂いた世帯全員の記載のある住民票には同じ住所、戸籍にしてある 両親、弟夫婦の名前も載っていなければならない事になりますよね_? 因みに先日弟が同じ住民票を鳥に行った時にはそこには両親、私たちの名前の記載はありませんでした。 ということはもうすでに別世帯という登録されているということになるのでしょうか? 今の住所に移動したのがもう15年も前になり当時別世帯で登録したのか思えていないのですが。 (同じ住所で、両親は父が世帯主、私は私自身が世帯主) 両親はすでに退職し年金受給しています。 私は生活費として収入の一部を家に入れている他、ちょっとした食料品の買い物なんかは、その時買いに行った人が払っている状態ですので完全に財布が分かれているわけではありません。 こういった場合は生計を一とする家族、といえるのでしょうか? どの辺で同居でも別生計だと判断されるんでしょう?ちなみに光熱水費も別メーターをつけたりしていませんし、一軒に世帯主が2人いるっていうだけで、ほんとに普通に同居しています。 どなたかお詳しい方、わかりやすくお願いします! A ベストアンサー 長いですがよろしければご覧ください。 >こういった場合は生計を一とする家族、といえるのでしょうか? 「生計を一(いつ)にする」は【税金の制度】の考え方で、「市町村に登録する住民票」とは【無関係】です。 また、「生計をともにする」と似ていますが、違うものと考えて下さい。 nta. つまり、「判別が難しいケース」は、「税務署の判断による」ということになります。 「税務署の決定」に納得がいかない場合は、最終的には「裁判」により決着させます。 nta. htm ----- 一方、「生計をともにする」は「保険の適用範囲」などで問題になることがありますが、結局、「明確な線引」というものはありませんので、「保険契約」を結ぶならば、「その保険会社の判断による」ということになります。 html 保険会社の判断に納得がいかなければ、やはり、「裁判」までい行き着くことになります。 (備考) 「世帯」と言った場合は、多くの人は「住民票」をイメージしますが、必ずしも「世帯」=「住民票」というわけではないので、誤解が生じることがあります。 必ず、「どういう意味で『世帯』という言葉使っているのか?」が重要になりますので、ご注意下さい。 weblio. nta. nta. ioka-youji. jcom. home. upp. so-net. >こういった場合は生計を一とする家族、といえるのでしょうか? 「生計を一(いつ)にする」は【税金の制度】の考え方で、「市町村に登録する住民票」とは【無関係】です。 また、「生計をともにする」と似ていますが、違うものと考えて下さい。 nta. A ベストアンサー 基本的に、保証人は親兄弟でよいはずです。 私の場合(5年ほど前になりますが)同居している親に保証人になってもらいました。 保証人が複数必要だったかは覚えていませんが、必要だとしてもせいぜい親の所得証明書と親の実印程度だったと思います。 卒業し別居になれば自動的に別生計になることもあり、それほど厳しくチェックされないと思いますが。 奨学金の未返還が問題になったこともあるので最近は書類関係の提出が厳しくチェックされるかもしれませんね。 大学生でしたら、困ったときは大学の学生課・厚生課?といった窓口が必ずあるはずですので、そちらに問い合わせてみるのもよいかと思います。 親切に答えてもらえると思いますよ、同様の質問はよく受けているはずですので。 ちなみに、恥ずかしながら私は奨学金の口座引き落としに入金が間に合わず引き落としされなかったことが1度あるのですが、きっちり親元(保証人)に連絡が行っていました(--; 自宅の電話では、仕事もあり一人暮らしでもあったせいで私が取れなかったためだと思うのですが親から「来月に2ヶ月分まとめて引き落とされるらしいよ」と連絡をもらいました。 これがクレジットカードの引き落としだったら大変なことになるところでした。 お気をつけ下さい 基本的に、保証人は親兄弟でよいはずです。 私の場合(5年ほど前になりますが)同居している親に保証人になってもらいました。 保証人が複数必要だったかは覚えていませんが、必要だとしてもせいぜい親の所得証明書と親の実印程度だったと思います。 卒業し別居になれば自動的に別生計になることもあり、それほど厳しくチェックされないと思いますが。 奨学金の未返還が問題になったこともあるので最近は書類関係の提出が厳しくチェックされるかもしれませんね。 大学生でしたら、困ったときは大学の学生課・... ごめんなさい。 お財布=財源 というより。 生計を支える財力と考えてください。 もし同じ口座、同じ収入源の財源で 同じお住まいに住んでいたとしても、 それで2つの生計分を支えられる力が あるならばいいことなんです。 それはご自身の判断です。 ですけど、No. 4さんが仰るように 同一世帯にする事で生じるデメリットもあり、 別世帯にする事で生じるデメリットもあります。 どちらが比べてみて不利になるかも 含めて当事者の判断に委ねられます。 これは以前にも様々に記載があると思いますが、 経済状況等を調査して別世帯かどうかという 判断まで自治体では行いません。 ちなみに健保ということは社会保険と 考えて宜しいですか? でしたら、世帯が別でもあまり デメリットはないと思います。 地方税が別世帯割りになるかもしれない ですけど、No. 4さんの仰る通りですね。 もっと心配なのは、親御さんと所得を 合算することで手当金の対象から外れる 可能性の方だと思いますよ。 逆に、税額計算上親御さんが同世帯だと、 扶養控除が出るかもしれませんし…。 本当に有利か不利かはケースバイケースです。 ごめんなさい。 お財布=財源 というより。 生計を支える財力と考えてください。 もし同じ口座、同じ収入源の財源で 同じお住まいに住んでいたとしても、 それで2つの生計分を支えられる力が あるならばいいことなんです。 それはご自身の判断です。 ですけど、No. 4さんが仰るように 同一世帯にする事で生じるデメリットもあり、 別世帯にする事で生じるデメリットもあります。 どちらが比べてみて不利になるかも 含めて当事者の判断に委ね... A ベストアンサー 1・世帯分離は夫婦でもできます。 「世帯」とは、居住と生計を「とも」にする社会生活上の単位をいう(住民基本台帳事務処理要綱)。 生計を「とも」にすると生計を「一に」するは意味が違います。 「生計をともにする」=住民票の世帯のこと。 「生計を一にする」=所得税・住民税の扶養控除のこと。 「生計を一にする」については「所得税法基本通達2-47」に 「法に規定する「生計を一にする」とは、必ずしも同一の家屋に起居していることをいうものではないから~」という文があります(そのあとに「生計を一にするもの」について書かれています)。 世帯分離の解釈としては、 「新版 地方自治問題解決事例集 第1巻 行政編(H20.6.10発行 株 ぎょうせい)」という事例集に、従来の見解では、「民法752条には、「夫婦は同居し、互に協力し扶助しなければならない」と夫婦間の協力扶助義務が定められており、同一住所地の夫婦は同一世帯として取り扱うべき」とされていたのですが、 「2. 見解の変更 従来の見解は次のように変更されている。 民法752条により、夫婦間には協力扶助義務があることから、一般的には同一世帯と考えられるが、夫婦間であっても、生計を別にしている実態があれば、世帯を分離することも可能である(平成12年3月24日自治省行政局振興課から神奈川県企画部市町村課あて電話回答)」という見解が示されていますので、生計が別であるなら世帯分離は可能です。 世帯主に住宅手当を支給する規定があるのなら、当然支給しなければなりません、支給しないと労基法違反に問われます(夫婦の世帯分離は変というのは不支給の理由になりませんし、先に書いた通り世帯分離は可能です)。 不都合は生じないとおもいます。 選挙の投票用紙が同一住所に世帯分送られてくるとかですね。 ちなみに、親子でも世帯分離できます(当然親子が生計を別にしている場合)。 1・世帯分離は夫婦でもできます。 「世帯」とは、居住と生計を「とも」にする社会生活上の単位をいう(住民基本台帳事務処理要綱)。 生計を「とも」にすると生計を「一に」するは意味が違います。 「生計をともにする」=住民票の世帯のこと。 「生計を一にする」=所得税・住民税の扶養控除のこと。 「生計を一にする」については「所得税法基本通達2-47」に 「法に規定する「生計を一にする」とは、必ずしも同一の家屋に起居していることをいうものではないから~」という文があります(そのあとに「生... Q 保証人の条件、「独立の生計を立てている人…」は無職でもいいんですか? 皆さん、こんにちは! 高校生になる子供の在学保証書で保証人を二人立てるのですが、一つ目の欄は「保護者兼保証人」となっていて、二つ目の欄は「保証人」となっていました。 そして、備考欄に、「保護者である保証人以外の保証人は、本人と同一世帯でない成年者で、独立の生計を立てている者で、かつ前記事項に責任を負うことが出来る方」と書かれていました。 始めは、主人と私が保証人になるつもりでしたが、保証人は「同一世帯でない成年者」となっていたので、条件を満たさない事に気が付きました。 それなら、主人の父になって貰おうと思ったのですが、定年退職し、年金受給していて無職です。 確かに別々に暮らし「独立の生計」は立ててはいますが、無職でも大丈夫でしょうか? 回答の方、宜しくお願いします。 A ベストアンサー >国民健康保険料金の支払いを、世帯主である父親と別にしたい… 国保に関してのみ言えば、それは損です。 トータルした保険税は高くなります。 国保税の算定は、「所得割」「資産割」「均等割」「平等割」「資産割」の 4つからなっています。 このうち、人数に応じて課せられる「均等割」だけは、世帯分離しても結果としては一緒になりますが、「平等割」は完全に 2倍になります。 「所得割」「資産割」についても、2倍になるわけではありませんが、今までどおりということでもありません。 保険税の支払いを分けたい理由まで詮索しませんが、家族として高くなることをじゅうぶん念頭に置いてご判断ください。 >例えば税金が変わるとか… 税法上の「生計を一にしている」と言えなくなるおそれがあり、親御さんを扶養家族にすることができなくなります。 結果としてあなたの所得税が高くなります。 何歳ぐらいの方か存じませんが、現在は関係なくても、いずれは親御さんを扶養しなければならないわけで、そのあたりのデメリットも出てきます。 kokuho. トータルした保険税は高くなります。 国保税の算定は、「所得割」「資産割」「均等割」「平等割」「資産割」の 4つからなっています。 このうち、人数に応じて課せられる「均等割」だけは、世帯分離しても結果としては一緒になりますが、「平等割」は完全に 2倍になります。 「所得割」「資産割」についても、2倍になるわけではありませんが、今までどおりということでもありません。 保険税の支...

次の

生計を共にする、とは?

親元 等 生計 を ともに する 別 住所

同一生計は、必ずしも同居を要件としない これは、必ずしも「同居」が「同一生計」の要件ではないことを指ししめしています。 つまり、一般的には、「同居」より「同一生計」のほうが範囲が広いと解釈できるでしょう。 扶養控除には「生計を一にする」と所得要件がある 実際の税法において「生計を一にする」は、どのように登場するのでしょうか? ここからは、扶養親族を例にとってみましょう。 年齢が70歳以上の扶養親族は「老人扶養親族」と呼ばれ、所得控除が上積みできます。 このとき、同居かそうでないかで、次のように控除額に差があります。 (仕送り等だけの)通常の老人扶養親族:所得控除額48万円• (同居している)老人扶養親族:所得控除額58万円 この他に、扶養親族の適用には「 合計所得金額38万円以下」という要件があります。 これは収入ではなく所得ベースの基準なので、年収で考えるなら次のようになります。 なお令和2年(2020年)以降の扶養親族の適用は、上記の「合計所得金額38万円以下」から「合計所得金額48万円以下」に引き上がります。 ただし「所得要件が引き上がり、扶養控除の対象者が増える」ということではありません。 給与所得控除の最低額が65万円から55万円に引き下がる税制改正も同時に実施されるので、年収ベースで判断したときの下記の基準に変更はありません。 具体的には• 給与だけだったら 年収103万円以下• 公的年金の受給だけだったら、 年齢65歳以上で年収158万円以下、年齢65歳未満で年収108万円以下 つまり「生計を一にしているかどうか」という要件の他に、「合計所得金額38万円以下」(令和2年以降は合計所得金額48万円以下)という要件を満たしているかどうか、という2段階のチェックポイントがあるのです。 国外に住んでいても扶養控除は受けられる? 逆にいえば、この「同一生計要件」および「所得金額要件」がクリアであれば、国外に住んでいる親族であっても扶養控除を受けることが可能です。 ただし、親族であることをしめすための親族関係書類、同一生計であることを示す送金関係書類を、年末調整時や確定申告時に添付または提示する必要があります。 具体的に親族関係書類とは• 戸籍の附票の写しや及び国外居住親族のパスポートの写し• 国外居住親族の氏名、生年月日及び住所又は居所の記載がある外国政府又は外国の地方公共団体が発行した書類 のいずれかが必要であり 送金関係書類とは• 金融機関の書類又はその写しで、国外居住親族に支払をしたことを明らかにする書類• 国外居住親族がそのクレジットカードを利用し、その商品等の購入等の代金に相当する額の金銭の受領を明らかにする書類 とされています。 今後、日本国内に在住する親族についても、同居でない場合には何らかの書類の提示または提出がもとめられる時代になるかもしれません。

次の

「生計を一にする」「同一生計」とは?定義・意味 [税金] All About

親元 等 生計 を ともに する 別 住所

目次・読みたい個所へジャンプ• 「生計を一にする」は重要な税法用語 確定申告をしていて、はたまた年末調整の用紙を書いていて、「生計を一にする」という表現は、しばしば耳にする言葉です。 それだけでなく、税の実務に携わっていても、「生計を一にする」はしばしば出くわすワードです。 というのも、所得税法、法人税法、相続税法など、多数の税法の主要な法令の中にたびたび登場する言葉だからです。 特に所得税では、私たちの生活に深くかかわる規定で「生計を一にする」という用語が出てきます。 例えば、配偶者控除、配偶者特別控除や扶養控除の規定にも 「納税者と生計を一にしていること」という要件があります。 ですから、判断が難しいんです。 まず、基本的には、同じ屋根の下に暮らし、同じ釜の飯を食べていれば、「同一生計」と言えます。 ところがその他のケースについては、わずかに所得税基本通達などに、 単身赴任者や、 生活費・学費の仕送りを受けている者は同一の家屋に起居していなくも「生計を一にする」として取扱うなどと、例示がされているので、それを頼りに実務では「生計を一にする」に当てはまるかどうかの判断をしています。 仕送りを受けている場合や単身赴任は「生計を一にする」に該当 子どもがこの春から大学に進み、親元を離れて暮らしているのだけど。 そうなると、「生計を一にする」には当てはまらないから、扶養から外さないといけないのかしら? この場合は 生活費・学費の仕送りを受けている者に該当するので、そのお子さんは「生計を一にする親族(子)」ということになり、アルバイト収入を年間103万円以内に留めているならば、扶養控除の対象にすることができます。 お財布が一緒かどうかが決め手 では、同一の家屋に起居している場合は、無条件に「生計を一にする」に該当するのでしょうか? それについては判例も出ていて、 日常生活の糧を共通にしていること、すなわち、消費段階で同一の財布のもとで生活していることがポイント。 明らかに互いに独立した生活を営んでいない限りは、大概、「生計一」と判断しても良さそうです。 「家庭内別居」の場合はどうなる? うちは夫婦仲も冷え切っていて、まさに家庭内別居状態なんだけど。 そういう場合はどうなるんだろう? 確かに、朝起きてから寝るまで顔も合わせないし会話もしない。 寝るのも別々なんて夫婦も、最近はいらっしゃるみたいですね。 「明らかに互いに独立した生活を営んでいる」かどうかは、不動産登記の状況(区分所有の場合、独立性が高いかどうか)、家賃等の支払いの有無、生活費の負担の状況、電気・ガス等のメーター設置状況、電話の使用状況など、経済的側面と物理的側面の双方から総合的な見地で判断することになります。 「家庭内別居」でも、たいていの場合は、 同一の家屋で起居している親族が「明らかに互いに独立した生活を営んでいる」という状況証拠が出てこない限りは、「同じお財布で生活している」ものとされます。 例えば、 個人事業主が親族に給与や報酬などを支払い、それを経費にする場合には、同一生計でないことが原則です(同一生計の親族に払う場合には、青色事業専従者給与等にしなくてはなりません)。 まとめ 配偶者控除・配偶者特別控除・扶養控除等の判断の時に、重要な要件である 「生計を一にする」。 これは、同居しているかどうかでは必ずしも要件ではなく、単身赴任や修学、療養等の都合で別居している場合でも、生活費、学費、療養費等の送金が行われていれば、「生計を一にする」ものとして取り扱われます。 「家庭内別居」でも、「明らかに互いに独立した生活を営んでいる」という状況証拠が出てこない限りは、「同じお財布で生活している」ものとされるので、たいていの場合は「生計を一にする」ものとして取り扱われます。

次の