楽天 link 0120。 楽天Linkアプリでの0AB0番号・1XY番号の挙動

Pixel3で楽天モバイル(MNO)の接続、通話ができた話。

楽天 link 0120

注意点が1つ、STEP2の転入手続きが完了するとにログインできなくなります。 楽天メールなども利用できなくなるはずなので、必要に応じて事前に手続きしましょう。 ドキドキ、ワクワクの瞬間ですね。 ちなみに自分は「」を購入しました。 5000mAhの大容量バッテリーに惹かれたのすが、ちょっとサイズが大きいかも。 女性や子供だと、なおさら大きく感じるかもしれません。 もし迷っている人がいたらワンランク上の「」の方が満足度は高いかもしれません。 利用していたスマートフォンが利用できなくなったら転入手続きは完了です。 注意点が1つ、手続き時間によって転入完了時間が変わります。 楽天モバイルで端末を購入している場合は、nanoSIMサイズ 1番小さいサイズ に切り離しましょう。 元々使っている端末にセットする場合は、サイズを合わせてくださいね。 SIMピンを使ってスマートフォンのカードスロットを取り出します。 SIMピンはスマートフォンに付属しているので、探してみてください。 銀色のピンです 画像のようにSIMカードとMicroSDカードをセットします。 OPPO A5は、デュアルSIMに対応しているので2枚SIMカードをセットできます。 あとはカードスロットをセットして、端末の電源をオンにし初期設定を済ませましょう。 楽天モバイルで購入した端末であれば、自動で開通手続きが完了します。 とくに設定をすることなく、ネットに繋がったり電話が使えます。 スーパーホーダイ・組み合わせプランで使っていた 古いSIMカードは、楽天モバイルに返却する必要があります。 捨てないように注意ですね。 返却方法は封筒にSIMカードを入れて84円切手を貼りポスト投函すれば完了なのですが、普通郵便は追跡番号がありません。 返却したことを確実に知りたい場合は、追跡番号のある 198円 や 370円 を利用しましょう。 月額料金は2980円 楽天モバイルで契約できるプランは 月額2980円の「UN-LIMIT」のみです。 迷うことは無いので分かりやすいですね。 「Rakuten Linkアプリ」を利用すると、国内通話かけ放題なので、電話をよく利用する人にも良いですね。 オプションに加入する必要なく、月額料金のみでOKです。 ただし日本から海外の通話、海外から海外の通話の場合、従量課金制なので使いすぎないように注意です。 オプションで月額980円の「国際通話かけ放題」もあるので、検討してみください。 最低利用期間 最低利用期間はなく、解約料もかかりません。 MNP転出手数料は3000円です。 自動更新は解約月を確認するのが大変ですね。 楽天モバイルはいつ解約しても、MNPしても解約料はかかりません。 楽天回線のみデータ使い放題 UN-LIMITでは、通信している場所によって「楽天回線」と「パートナー回線」を自動で切り替えます。 楽天回線に繋がっているときはデータ使い放題です。 もちろん、テザリングも使い放題です。 ただし楽天回線に繋がるエリアは、まだ一部のみです。 5GBを使い切った後は、制限モードで最大1Mbpsの通信速度でネットが使えます。 自分が住んでいる場所が「楽天回線エリア」か「パートナー回線エリア」かが大事なので、申し込む前に確認しましょう。 海外66の国と地域で使える 海外66の国と地域で追加料金なしでデータ通信が使えます。 ただし使い放題というわけではなく、月2GBまでです。 2GBを超えた後は、最大128kbpsに制限されます。 国際通話従量課金なので、かけすぎ注意ですね。 オンライン契約で3000ポイントプレゼント• 申し込み時の手数料3300円相当分のポイントプレゼント• 対象製品+プランセット購入で最大15000ポイントプレゼント• 友達紹介キャンペーン 以上のキャンペーンは、新規申し込みでも移行でも対象になります。 現在、楽天モバイル契約中で最低利用期間が残っていても、解除料は発生しません。 かなりお得なのですが、楽天回線が使えるエリアがまだ少ないので確認してみてください。 薄いピンクはパートナー回線が使える地域です。 2020年3月21日時点で、東京・名古屋・大阪などの都市部のみが対象ですね。 2021年3月には全国をカバーする予定みたいですが、どうなるかは分かりません。 楽天モバイル・UN-LIMITは最低利用期間、解除料は無いので1年間のみお試しで契約してみるのもいいかも。 キャンペーン期間 :お申し込みが300万名に達し次第終了 オンライン契約で3000ポイントプレゼント 楽天モバイル・UN-LIMITをWebで契約し、 お申し込み月の3カ月後末日までに「Rakuten Link」を用いた電話の発信とメッセージ送信をそれぞれ1回以上利用で楽天ポイント3000ポイントプレゼントです。 Rakuten Linkは電話やメッセージ機能が使えるアプリです。 楽天モバイル・UN-LIMITを契約した人なら、「Rakuten Link」は必須アプリですね。 キャンペーン期間:2020年7月10日(金)9:00~終了日未定 申し込み時の手数料3300円相当分のポイントプレゼント 楽天モバイル・UN-LIMITを契約し、 お申し込み月の3カ月後末日までに「Rakuten Link」を用いた電話の発信とメッセージ送信をそれぞれ1回以上利用で楽天ポイント3300ポイントプレゼントです。 こちらも契約後に、「Rakuten Link」の初回アクティベーションが条件です。 こちらのキャンペーンは、店舗で契約した場合も対象です。 キャンペーン期間:2020年7月10日(金)9:00~終了日未定 Rakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーン 楽天モバイル・UN-LIMIT契約+対象製品購入で楽天ポイントプレゼントです。 Galaxy S10、Galaxy A7、Xperia Aceのいずれかをご購入の場合 楽天ポイント 15000ポイントをプレゼント• Galaxy Note10+、AQUOS sense3 plus、AQUOS sense3 lite、arrows RX、HUAWEI nova 5T、OPPO A5 2020、OPPO Reno A 128GBのいずれかをご購入の場合 楽天ポイント 10000ポイントをプレゼント• AQUOS R5Gをご購入の場合 楽天ポイント 5000ポイントをプレゼント エントリーが必要です 個人的に欲しいスマホは「」です。 価格は42000円ほどですが、有機ELパネル搭載で高価格帯にも負けていないスマホです。 楽天回線に対応していない機種だと使えない可能性があるので、持っていない場合は一緒に購入しておくと良いですね。 キャンペーン期間 :2020年5月1日 金 0:00~終了日未定 追記:紹介者がすでに5人紹介している場合、以降紹介された方にはポイント付与されません。 楽天ポイントの付与は、紹介された方の開通月の翌々月下旬頃までなので、現在の紹介者数が分かりません。 僕の楽天モバイルIDを入力しても紹介ポイントが付与されない可能性があるのでご注意ください。 UN-LIMITが2. 0にバージョンアップ 【通信サービスアップグレードのお知らせ】 プラン料金「Rakuten UN-LIMIT」が2. 0にバージョンアップしました。

次の

楽天モバイルで110などの緊急通報や0800、0570へ電話はかけられる?

楽天 link 0120

楽天モバイルはMNOとしての先行サービス「無料サポータープログラム」を一部地域で提供していますが、1月23日に第2弾として2万人の追加募集が行われました。 第1弾で参加できなかった人もこれでようやく試せる……というだけでなく、すでに無料サポータープログラムを使っている人にも嬉しいニュースがあります。 第2弾の開始とあわせて、以前から予告されていた楽天モバイルの独自機能「楽天Link」もベータ版としてスタートしました。 この説明だけ見ると「電話とSMSのアプリがくっついただけでしょ?」「それって意味ある?」と一瞬思ってしまいますが、実は、この一見よく分からないアプリに国内初のサービスが隠れているのです。 あまり技術的なことを表に出さない楽天らしい見せ方が裏目に出て本質が見えにくいパターンというか、こればかりはちょっと損してるんじゃないかな、アピールしないともったいなくない?と柄にもなく思ってしまいました。 何が画期的なのかというと、楽天Linkでは「携帯電話番号を使ったWi-Fi経由の音声通話」ができてしまうのです。 これは楽天LinkのベースになっているRCSという標準規格に含まれている機能で、国内キャリアでは初の導入となります。 (画像提供:) 上のスクリーンショットは、無料サポータープログラムに参加されている「ガジェットショット」のキリカさんからご提供いただきました。 ステータスバーをよく見ると、機内モードでWi-Fiだけ有効、つまりモバイルネットワークには繋がっていない状態にもかかわらず通話できているという見慣れない状態であることが分かります。 RCSと聞いて「おや?」と気が付いた鋭い人もいるかもしれません。 そう、RCSといえばドコモ・au・ソフトバンクが共同で提供している「+メッセージ」にも採用されている規格です。 +メッセージにも楽天Linkにもまだ実装されていない機能としては、ビデオ通話などもRCSの規格上は実現可能です。 その点では楽天Linkは素晴らしいサービスだと思う一方、同じ日本国内のRCSベースのサービスでありながら、「+メッセージ」との間でテキストメッセージの相互接続に向けた動きが見られないのは少々残念。 今後に期待したいところです。 Source:.

次の

楽天モバイルの「楽天Link」は単なるダイヤルアプリではない、Wi

楽天 link 0120

このところ、掲示板が 楽天UnLimitプラン開始で楽しく賑わっているのを見て、当方も手持ちの Reno-A 64GB と Nova2 sim free で、音声通話とSMSについて、その実力検証を試みました。 283chanさんのスレにコメントさせて頂いた内容の最新版です [ 検証・その1 ] Reno-A 64GB に楽天UnLimit-simを挿入し、Rakuten-Linkを起動させた後、音声通話とSMS 発着信をテストしてみました。 相手先条件によって着信が異なる場合があるようです。 楽天simと Rakuten-Linkは常に別居 分離 です まず、準備として、 ・ 楽天Unlimit simは OPPO Reno A 64GB に残したまま、 ・ Rakuten-Linkを Huawei Nova2にインストールし、 ・ 認証コードを要求。 ・ 送信されてきた認証コードを Reno-Aで受信後、 ・ そのコードを Nova2 に入力して Nova2 で Rakuten-Linkをアクティブにしました。 別居しているので、これはちょっと困りました。 以上から、Nova2 Rakuten-Linkを 楽天Unlimit simと分離して使用する場合、相手先スマホの状況によって、返信通話、返信SMSが、Nova2 Rakuten-Linkに着信しないので、現実的な使い方としては不都合かと思います。 最後に、 予想していたより現時点でとても良い出来だと感じました。 複数回テストの結果ですが、短時間の限られたテストなので、確認の間違いなどあるかもしれませんので、その旨、ご了解ください。 またお気付きの点などありましたら、お知らせ頂けると有難いです。 幾つかのケースを見た結果、発信元の違いで、着信するアプリが、「標準通話アプリ」と、「Rakuten-Linkアプリ」に分かれるケースが見られました。 機種依存や、通信環境の違いの影響があるかもしれませんが、「楽天UnLimit-SIM」と「Rakuten-Linkアプリ」を別スマホで分離使用した場合には、通話が予想外の端末 アプリ に着信してしまうケースが発生することがありそうです。 いやぁ、自分もずっと前にeSIM化してiPhoneに入れちゃってて、久しぶりに元のAndroid端末からRakuten Linkログイン出来ず、まぁ良いッかwと諦めていました。 eSIMのiPhoneでは通話は出来てもSMSの送受信は出来なかったので..... まぁ、メイン回線がキャリアのフルカケホなので使う事はまず無いですけどね 笑 って、無料サポータープログラムの内は0570番号通話も無料ぽいので最終期限の5月末まではこのまま継続です👍 投稿者 楽天UnLimit の特番通話 対応が書かれてました。 「有料」「無料」と色々ありますが、一通り網羅しているようです。 下記の番号におかけいただくことで、特番通話を利用できます。 番号によっては、通話料が発生します。

次の