ゆうぎおう あんてな。 遊戯王 (ゆうぎおう)とは【ピクシブ百科事典】

遊戯王あんてな

ゆうぎおう あんてな

これは、光の中に完結する物語。 概要 内気な高校生のは、を解いたことにより闇の人格を手に入れ、闇のゲームの番人()となる。 危険で過激なで敵と勝負し、倒した敵に罰ゲームを与え成敗する、というのが当初のストーリー。 色々なゲームが登場し、実在のアナログゲームを元にした物も多く、そうしたゲームの数々を紹介するという側面もあったと言えるだろう。 また「」()は動画サイトなど、ネット上での知名度・人気が高く、特にニコニコ動画の開設初期の人気が高かった。 シリーズ一覧 『』・『』をそれぞれ参照。 登場人物 DMのキャラのみ。 他は個別リンクへ。 主要人物• ()()• 決闘者• 古代人• アニメオリジナル• その他• モンスターカード 主なもののみ。 その他はを参照。 主題歌 オープニングテーマ• 「渇いた叫び」 歌: 作詞・作曲:小松未歩 編曲:小澤正澄 エンディングテーマ• 「明日もし君が壊れても」 歌: 作詞:坂井泉水 作曲:大野愛果 編曲:WANDS 関連イラスト.

次の

遊戯王VRAINS (ゆうぎおうゔれいんず)とは【ピクシブ百科事典】

ゆうぎおう あんてな

からまで放送された。 全120話。 遊戯王シリーズとしては始めてでもあり、同時に本作で、十数年続いてきたシリーズは一旦の終わりを迎える事となった。 また、から制作を手掛けてきたも本作を最後に撤退し、半年間の休止を置いて始まった次回作の制作はに移行している。 タイトルの「VRAINS」とは「VR ヴァーチャル・リアリティ 」「AI アーティフィシャル・インテリジェンス 」「NS ネットワークシステム 」を合わせた造語とのこと。 放送時間帯は『』の 日曜午後5時30分から 水曜午後6時25分に変更された。 水曜の夕方放送に戻るのは『』以来7年ぶりである。 ニコニコ動画でも毎週配信されていた。 今作の監督は氏 14話からは降板し、氏が担当している で、シリーズ構成は以来3年ぶりに氏が担当。 キャラクターデザイン担当にテレビ東京版遊戯王全シリーズに参加した氏 キャラクターデザインはドーマ編以降で担当している 、音楽は以来13年ぶりに氏が担当している。 これまでの遊戯王シリーズ 特に を担ってきたスタッフが数多く抜擢されている。 なお、原作の氏は今作も関わっておらず、 本作ではOCGの様に、通常のデュエルの名称は 「マスターデュエル」とされているが、特殊なスケートボードに乗ってのデュエルの方は 「」とされている。 実は既に、スケートボードでのデュエルは『』で似たようなものが登場している。 ただしこちらは、一人を除いてに乗れないキャラクターが「」を体感する為に乗っていた。 作品のメインテーマは「 一歩を踏み出し、トライしよう! 情報過多により、実際に経験する前に諦めてしまう子供達に対して、自分の好きなことや興味がある事に対して、一歩を踏み出しトライして欲しい。 そんな想いから生まれた作品だった。 最先端技術で構築された電脳空間で、主人公・ がVRデュエルを繰り広げる。 「VR空間」でVRデュエルという事なので、今までにないデュエルが期待された。 普段の姿でもデュエルはできるが、VR空間では専用のコスチュームに変身する者もいた。 このシリーズから新たな召喚法「 」が登場する。 そして遊戯王OCGでのマスタールール3から新マスタールールへの変更もあり、作中はこちら寄りのルールや召喚が主なデュエルとなる。 第47話からは第2部「Chapter2」へと突入。 新キャラクターの登場に加え、以外にも、・・・を交えるようになった。 アニメ『遊戯王』シリーズでは唯一展開が行われていない(およびは漫画の方が原作)。 ストーリー ネットワークシステムが発達した都市「Den City デンシティ 」。 そこでは大企業『』が作り上げた高度なネットワーク技術により、 『LINK VRAINS リンク ヴレインズ 』と呼ばれるVR空間が構築され、人々はそのVR空間での新たなデュエル体験に熱狂していた。 ところが、その『LINK VRAINS』に、デュエルによるハッキングを仕掛ける謎のハッカー集団『』が現れる。 しかしそんな『LINK VRAINS』の脅威に立ちはだかる1人のデュエリストがいた。 彼の名は「 プレイメーカー 」。 圧倒的なデュエルでハノイの騎士を倒し、何も語らずに去っていく彼の名は、ネットワーク世界で一躍有名になる。 主要人物• CV:、幼少期: 本作の主人公。 高校1年生の16歳。 今までの歴代主人公の中では珍しく目立つのが苦手な性格。 過去の因縁を清算するためにを追っている。 CV: SOL社とハノイの騎士の双方から狙われる謎のAIプログラムで、「」と呼ばれている。 遊作がに捕獲してからは共に行動し、「Ai アイ 」という名前を付けられる。 CV: 普段はホットドッグ屋だが、実は凄腕のハッカー。 遊作が信頼する唯一の男で、彼と同じ境遇を持つがいる。 CV: Chapter2から登場した。 炎のイグニス「」と共に遊作達に協力している。 CV: Soulburnerと共に行動するイグニス。 関係者• CV: 遊作の同級生であり今作のヒロイン。 遊作と同じく目立つのが苦手な性格だが、『LINK VRAINS』ではアイドルさながらの人気の高さを誇るカリスマデュエリストである。 Chapter2では、兄からの密命時には「」、さらにアクアと共闘してからは「」へとアバターを変更している。 CV: パワフルなデュエルで観客を沸かせるカリスマデュエリスト。 Playmakerをライバル視しており、Chapter2ではSOLテクノロジー社にバウンティハンターとして雇われる。 CV: 葵の兄。 街やVR空間のセキュリティを一任するエリート社員。 上層部の命令を受け、「イグニス」の行方を追っている。 CV: 晃の元上司。 新たに後任となったセキュリティ部長。 野心家であり、成果を得るためなら手段を選ばない。 CV: 様々な企業から依頼を受ける電脳トレジャーハンター。 情報収集が得意。 CV: Chapter2から登場。 SOLテクノロジー社にバウンティハンターとして雇われたデュエリスト。 晃曰く「プロ中のプロだが危険な男」。 過去の出来事からAIを敵視している。 CV: 晃の部下。 Chapter2からは晃の秘書を務めている。 CV:、幼少期: ハッカー集団「」のリーダー。 「サイバース世界」の行き方を知り、を抹殺せんと目論んでいる。 CV: リボルバーの補佐官。 他の幹部とは異なり、唯一マスクを付けていない。 CV: 「イグニス」の生みの親である科学者。 リボルバーからは「父さん」と呼ばれている。 現実世界では7年前に死亡しているが…?• CV: ハノイの騎士の幹部の一人。 DNAの研究をしている科学者。 CV: ハノイの騎士の幹部の一人。 リボルバーとは彼が幼い頃から面識がある。 CV: ハノイの騎士の幹部の一人。 女医として病院に潜伏している。 ファウストと同じくリボルバーとは面識があり、彼の身を案じている。 その他• CV: 遊作と同じクラスの少年。 デュエル部に所属している。 顔が前作に登場したに似ている。 最新のデュエルディスクをいち早く入手したり、『LINK VRAINS』の観戦を欠かさないなど今作のミーハー枠。 & CV: 『LINK VRAINS』の様子を報道している記者の二人。 カエルはリポーターで鳩はカメラマン。 CV: 遊作の部屋にいるお手伝いロボット。 ひょんなことからAiの子分 ? となり、「秘密のお世話」をしている。 遊作を「ご主人様」、Aiのことを「兄貴」と呼ぶ。 CV: 草薙翔一の弟。 過去にとある事件に巻き込まれ、暗闇で過ごす日々を送っている。 CV: Chapter2から登場。 記憶を失くしている謎の大柄の男。 の意識を奪って『LINK VRAINS』へ逃亡する。 CV: Chapter2から登場。 ボーマンの弟を名乗る少年。 「With The Wind」 TURN1-TURN46、TURN120ではエンディングテーマとして使用 作詞・作曲・編曲:Yocke 歌:富永TOMMY弘明• 「go forward」 TURN47-102 作詞・歌:Kimeru 作曲・編曲:Yocke• 「calling」 TURN103-120 作詞・歌:Kimeru 作曲・編曲:Yocke ED• 「Believe In Magic」 TURN1-TURN24 作詞:MICRO、Bobby Conscious 作曲:藤本和則 編曲:Kazunori Fujimoto for D. C 歌:龍雅-Ryoga-• 「Writing Life」 TURN25-TURN46 作詞:福山匠 作曲:児玉一真 編曲・歌:Goodbye holiday• 「BOY」 TURN47-TURN70 作詞・作曲・編曲:K 歌:uchuu;• 「glory」 TURN71-95 作詞:Miku Kobato 作曲・編曲・歌:BAND-MAID•

次の

【サイバネット・マイニングの高騰理由】斬機・マリンセス・サラマングレイトetc、世は大サイバース時代!

ゆうぎおう あんてな

からまで放送された。 全120話。 遊戯王シリーズとしては始めてでもあり、同時に本作で、十数年続いてきたシリーズは一旦の終わりを迎える事となった。 また、から制作を手掛けてきたも本作を最後に撤退し、半年間の休止を置いて始まった次回作の制作はに移行している。 タイトルの「VRAINS」とは「VR ヴァーチャル・リアリティ 」「AI アーティフィシャル・インテリジェンス 」「NS ネットワークシステム 」を合わせた造語とのこと。 放送時間帯は『』の 日曜午後5時30分から 水曜午後6時25分に変更された。 水曜の夕方放送に戻るのは『』以来7年ぶりである。 ニコニコ動画でも毎週配信されていた。 今作の監督は氏 14話からは降板し、氏が担当している で、シリーズ構成は以来3年ぶりに氏が担当。 キャラクターデザイン担当にテレビ東京版遊戯王全シリーズに参加した氏 キャラクターデザインはドーマ編以降で担当している 、音楽は以来13年ぶりに氏が担当している。 これまでの遊戯王シリーズ 特に を担ってきたスタッフが数多く抜擢されている。 なお、原作の氏は今作も関わっておらず、 本作ではOCGの様に、通常のデュエルの名称は 「マスターデュエル」とされているが、特殊なスケートボードに乗ってのデュエルの方は 「」とされている。 実は既に、スケートボードでのデュエルは『』で似たようなものが登場している。 ただしこちらは、一人を除いてに乗れないキャラクターが「」を体感する為に乗っていた。 作品のメインテーマは「 一歩を踏み出し、トライしよう! 情報過多により、実際に経験する前に諦めてしまう子供達に対して、自分の好きなことや興味がある事に対して、一歩を踏み出しトライして欲しい。 そんな想いから生まれた作品だった。 最先端技術で構築された電脳空間で、主人公・ がVRデュエルを繰り広げる。 「VR空間」でVRデュエルという事なので、今までにないデュエルが期待された。 普段の姿でもデュエルはできるが、VR空間では専用のコスチュームに変身する者もいた。 このシリーズから新たな召喚法「 」が登場する。 そして遊戯王OCGでのマスタールール3から新マスタールールへの変更もあり、作中はこちら寄りのルールや召喚が主なデュエルとなる。 第47話からは第2部「Chapter2」へと突入。 新キャラクターの登場に加え、以外にも、・・・を交えるようになった。 アニメ『遊戯王』シリーズでは唯一展開が行われていない(およびは漫画の方が原作)。 ストーリー ネットワークシステムが発達した都市「Den City デンシティ 」。 そこでは大企業『』が作り上げた高度なネットワーク技術により、 『LINK VRAINS リンク ヴレインズ 』と呼ばれるVR空間が構築され、人々はそのVR空間での新たなデュエル体験に熱狂していた。 ところが、その『LINK VRAINS』に、デュエルによるハッキングを仕掛ける謎のハッカー集団『』が現れる。 しかしそんな『LINK VRAINS』の脅威に立ちはだかる1人のデュエリストがいた。 彼の名は「 プレイメーカー 」。 圧倒的なデュエルでハノイの騎士を倒し、何も語らずに去っていく彼の名は、ネットワーク世界で一躍有名になる。 主要人物• CV:、幼少期: 本作の主人公。 高校1年生の16歳。 今までの歴代主人公の中では珍しく目立つのが苦手な性格。 過去の因縁を清算するためにを追っている。 CV: SOL社とハノイの騎士の双方から狙われる謎のAIプログラムで、「」と呼ばれている。 遊作がに捕獲してからは共に行動し、「Ai アイ 」という名前を付けられる。 CV: 普段はホットドッグ屋だが、実は凄腕のハッカー。 遊作が信頼する唯一の男で、彼と同じ境遇を持つがいる。 CV: Chapter2から登場した。 炎のイグニス「」と共に遊作達に協力している。 CV: Soulburnerと共に行動するイグニス。 関係者• CV: 遊作の同級生であり今作のヒロイン。 遊作と同じく目立つのが苦手な性格だが、『LINK VRAINS』ではアイドルさながらの人気の高さを誇るカリスマデュエリストである。 Chapter2では、兄からの密命時には「」、さらにアクアと共闘してからは「」へとアバターを変更している。 CV: パワフルなデュエルで観客を沸かせるカリスマデュエリスト。 Playmakerをライバル視しており、Chapter2ではSOLテクノロジー社にバウンティハンターとして雇われる。 CV: 葵の兄。 街やVR空間のセキュリティを一任するエリート社員。 上層部の命令を受け、「イグニス」の行方を追っている。 CV: 晃の元上司。 新たに後任となったセキュリティ部長。 野心家であり、成果を得るためなら手段を選ばない。 CV: 様々な企業から依頼を受ける電脳トレジャーハンター。 情報収集が得意。 CV: Chapter2から登場。 SOLテクノロジー社にバウンティハンターとして雇われたデュエリスト。 晃曰く「プロ中のプロだが危険な男」。 過去の出来事からAIを敵視している。 CV: 晃の部下。 Chapter2からは晃の秘書を務めている。 CV:、幼少期: ハッカー集団「」のリーダー。 「サイバース世界」の行き方を知り、を抹殺せんと目論んでいる。 CV: リボルバーの補佐官。 他の幹部とは異なり、唯一マスクを付けていない。 CV: 「イグニス」の生みの親である科学者。 リボルバーからは「父さん」と呼ばれている。 現実世界では7年前に死亡しているが…?• CV: ハノイの騎士の幹部の一人。 DNAの研究をしている科学者。 CV: ハノイの騎士の幹部の一人。 リボルバーとは彼が幼い頃から面識がある。 CV: ハノイの騎士の幹部の一人。 女医として病院に潜伏している。 ファウストと同じくリボルバーとは面識があり、彼の身を案じている。 その他• CV: 遊作と同じクラスの少年。 デュエル部に所属している。 顔が前作に登場したに似ている。 最新のデュエルディスクをいち早く入手したり、『LINK VRAINS』の観戦を欠かさないなど今作のミーハー枠。 & CV: 『LINK VRAINS』の様子を報道している記者の二人。 カエルはリポーターで鳩はカメラマン。 CV: 遊作の部屋にいるお手伝いロボット。 ひょんなことからAiの子分 ? となり、「秘密のお世話」をしている。 遊作を「ご主人様」、Aiのことを「兄貴」と呼ぶ。 CV: 草薙翔一の弟。 過去にとある事件に巻き込まれ、暗闇で過ごす日々を送っている。 CV: Chapter2から登場。 記憶を失くしている謎の大柄の男。 の意識を奪って『LINK VRAINS』へ逃亡する。 CV: Chapter2から登場。 ボーマンの弟を名乗る少年。 「With The Wind」 TURN1-TURN46、TURN120ではエンディングテーマとして使用 作詞・作曲・編曲:Yocke 歌:富永TOMMY弘明• 「go forward」 TURN47-102 作詞・歌:Kimeru 作曲・編曲:Yocke• 「calling」 TURN103-120 作詞・歌:Kimeru 作曲・編曲:Yocke ED• 「Believe In Magic」 TURN1-TURN24 作詞:MICRO、Bobby Conscious 作曲:藤本和則 編曲:Kazunori Fujimoto for D. C 歌:龍雅-Ryoga-• 「Writing Life」 TURN25-TURN46 作詞:福山匠 作曲:児玉一真 編曲・歌:Goodbye holiday• 「BOY」 TURN47-TURN70 作詞・作曲・編曲:K 歌:uchuu;• 「glory」 TURN71-95 作詞:Miku Kobato 作曲・編曲・歌:BAND-MAID•

次の