ボイメン 研究生。 BOYS AND MEN

BOYS AND MEN

ボイメン 研究生

まさか移動中のDESEOでトドメを刺されるとは思わなかった。 ブログ納めって言ってましたねそうですね、あれもしかして新年ですか?あけましておめ…でとうじゃないですね、こんばんは。 すいません、もう一つどうしても書かねばいけないことが出てきてしまいました。 大好きなフォロワーさんのブログなんですけども。 これ、私がリクトしたら本当に書いてくれたんですね。 とてもいい記事なんでみなさんもぜひ。 ボイメン研究生オタクの私がボイメンにハマりかけてる(まだハマった訳ではない、決してハマってる訳ではない…!)話。 お友達曰く、「ボイメンから研究生や祭のオタクになることはあっても、一期生を知らずに研究生や祭のオタクになって一期生のオタクになるケースはあまり見たことがない」らしい。 ちなみに、ボイメン研究生オタクに今年アンケートを取りまして、一期生からのが多かったデータはあるので、の高いグループからのが主流だとすると、確かに主流ではないのかもしれない。 でもみんな一個だけ聞いて、とにかく DESEOの本田さんはヤバい。 (ハマりかけ度数20) まず2017年の1月。 米谷くん推しになったのが2016年11月なので、その2ヶ月後くらいに「吉原さん」というワードを覚え、吉原さんが何色かを気になりだしてます。 挙げ句平松さんとごっちゃになってるwwwツタトラの吉原さんがハイパー可愛いと言ってます。 ツタトラみたいなバラエティが好きなので、結構見てたんですよね。 で、武道館のライブをスカパーで観てたのがこの頃。 まだ可愛いカッコいい言ってる程度。 で、しばらく一期生のことつぶやくなくなってるのは、研究生の方がいっぱいいっぱいになったからっていうねw選抜発表、米谷くんの学校卒業とかがあってそれどころではなかったっていうわかりやすい空白期間が生まれます。 米谷くん第七初登場からのボイザニアで吉原さん初特典会!(ハマりかけ度数50) 「はじめましてー。 あの!ラジオが大好きで!」 💚「えー?なんのー?」 「あの!第七が好きで!」 💚「えー?聴いてくれてるのー?」 「はい!吉原さんの回し大好きです!」 💚「ありがとー。 この時のボイザニアで既に吉原さん行くか本田さん行くか悩んでるんですよね。 今でも録音した回のやつ聞き返したりするくらい好き。 特に「彼女ボイメンのライブ行ってばっかりで自分との時間を大事にしてくれない」っていう彼氏からのクレームに「(彼女がお土産として買ってきたパーカーは)まだ在庫があるのでもう少し時期を待ってもらうことで代くらいの値打ちにはなると思います!」って返すやつ。 本当天才かよ。 でも結局、米谷くんを第七ですんごい上手に押してくれて「俺は米谷推してるから」って言ってくれた吉原さんに感謝の気持ちも込めてボイザニア申し込んだんですよね。 もうカッコ良すぎて気圧されて距離が全然詰められず、気を使って身体が曲がりまくってる吉原さん優しすぎるし申し訳ない気持ちしか無い。 田中さんが毎回手をクイって呼び込むの破壊力がヤバいし本田さんはかなりデッカい声で「今日のスカート短くねぇかー!?」とか叫んでるしすごい一期生すごい。 超余談ですけどもw マコライで本田さんに初特典会!(ハマりかけ50) 東京のマコライに初参戦。 柱の前しか空いてなかったので全然見れなかったんですが、楽しかった。 マコライ決めたのは勇翔さんのツタトラ編なのは間違いないんだけど、LIVEまで行こうと決めたのは本田さんが勇翔さんを見つめるワイプの表情があまりにも責任感に溢れてて、カッコよかったからそんな心意気で支える誠を生で見てみたいと思ったってことが大きいです、実は。 リーダーシップのお手本みたいな顔してるの。 で、特典会、前回は吉原さんいったし、本田さん行こうって決めて。 しかも本田さんに行くならやってみたかった本田さんの推し当てゲーム。 まぁ私米谷くん推しなんで超ズルなんですけど、なんて言ってもらえるかなーっていうのもあって。 いや今思うと超絶失礼だなって思うんですけど、たしかそれ本田さん楽しそうにラジオで話してたから、行ってみました。 本田さんが第七で得意と言っていた推し当てゲームしてもったら「俊くん!」って言われて「米谷くんです!」って言ったら「研究生かっ!」って言われました。 …本田さん可愛いカッコいい。 そして誠は箱推しです。 マコライの時本田さんがクリスマスのマコライ来て欲しいって話してるくだりで「交通費が掛かることも知ってる、そのお金でマコライTシャツよりも良い物買えることも知ってる、それでも生 ライブ に敵うものはないと思うんだ ニュアンス 」って言ってくれたの感動したなー。 でもみんな好き、箱推しって感じなんですよね、この時は。 しばらく低迷期(ハマりかけ15) 私が唯一定期的に見たり聴いたりしていたのが第七なんですけど、なんか第七で米谷くんが出ても一期生の当たりが強いように感じたり、ザコメンバーに結構キツいこと言われたりするのが結構しんどくて第七もあんまり聴かなくなってぜんぜん一期生の情報追えてない状況が続いてましたね。 ナゴドに向けて一期生と研究生の関わりが大きくなる(ハマりかけ65) 水泳大会での米谷くんの所信表明があって、一期生推しのブログも楽しいし、ナゴドには行こうと決めてチケットを取りました。 で、そこからいい感じで一期生が研究生と絡み始めます。 それに伴い私の一期生への思いも再上昇(単純)。 推しが嬉しそうなのはやっぱり嬉しい。 だから米谷くんが嬉しそうな姿を見せてくれる一期生すべからく好き、みたいな感じでした。 ゆとりの二人は研究生のライブにも出てくれるし、水泳大会の時平松さんにお礼も兼ねて握手に行ったら超可愛かったしカッコよかった。 研究生の3人(そーたくん、せつらくん、米谷くん)と本田さん、吉原さんのインスタライブがそれはそれはもう楽しくて面白くて。 「はーやっぱり本田さん素敵ー!」となる訳ですね(知らんがな)。 このギャップになぜ私は堕ちないのだ…?!と自分が自分でわからないみたいなカオスに。 でも完全にちょっと前の低迷期よりも一期生好きになってるしナゴドも楽しみー!みたいな感じでコンディションとしては上々ですね(なにが)。 ついにDESEOに出会ってしまう(ハマりかけ75) ナゴドの予習にも良いと言われていたので、とりあえずボイメン・ザ・ベストの通常版は入手。 移動中、ちょっとウトウトしてたんですが(遠征民なんでね)、すっごく好きなメロディラインで、好きな感じで流れてきたのですっごい目が覚めて。 その歌い出しが本当に素敵でついツイートを。 パニックですよーーーー。 なんか平松さんがあの歌い出し歌ってるなら納得できるというか、本田さんがあの歌い出しを歌ってるって夢にも思ってなかったのに加え、それがまさかの他でもない本田さんだったもんだから。 決して下手だと思ってる訳じゃないんです。 でも、あんな目が醒めるような歌い出しを本田さんが…?!えっ?!?!みたいな。 この積もり積もったタイミングでそんな出会い方したら、それはもう…ねぇ?!?! 自分がアホだからか、とにかく賢い人に惹かれてしまう私。 もうこれ本当にナゴドで歌われちゃったらどうしよう…!でも2019年こそはオタ活卒業を掲げている私、これ以上推しが増えたりするのは勘弁して…!!と思ってる所にバカスカと投下される本田さんの素敵な動画達…。 嗚呼…こういう時本当に動画でできるのいいよね…。 ついにはキスのカタチという短編ドラマにDESEOが使われてるからって秒でレンタルして観たし、買わない買わないって決めてたのにベストの誠版まで入手しちゃった(イマココ)っていう…。 2016年に米谷くんにハマったのもびっくりだったけど、まさか2018年の年末には一期生にハマりかけてるとも思わなんだ…。 本当、人生って何があるかわかんないですね…。 とりあえずナゴドでDESEOかかった瞬間、私死ぬと思うんで、その時はみなさん骨を拾ってやってくださいね…。 え、今ですか…?もちろん幸せです…(ズブズブズブズブ…) moatjiang88.

次の

ボイメンのメンバー&研究生の人気順は?年齢&身長やプロフィールも

ボイメン 研究生

【『F. ENT OFFICIAL PHOTO BOOK「季刊 ボイメン祭」VOL. 2・2020春』セブンネットショッピング「BOYS AND MENメンバー直筆サイン入りポストカード付き販売」、予約開始日時変更のご案内】 『F. ENT OFFICIAL PHOTO BOOK「季刊 ボイメン祭」VOL. 2・2020春』セブンネットショッピング購入特典BOYS AND MENメンバー直筆サイン入りポストカード付き販売に関しまして、下記予約開始日時にて確定いたしました。 予約開始 また、対象商品のセブンネットショッピングでの販売ページについて、当初の販売ページURLより変更となります。 この度は多大なるご迷惑をおかけしておりますこと、深くお詫び申し上げます。 お問い合わせ先:セブンネットショッピング() 「TVガイド」や「月刊TVガイド」などの雑誌を発行する株式会社東京ニュース通信社は、芸能事務所フォーチュンエンターテイメントに所属する東海エリア発のボーイズユニット・BOYS AND MEN、祭nine. 、BOYS AND MEN 研究生が登場する季刊誌「F. ENT OFFICIAL PHOTO BOOK『季刊 ボイメン祭』VOL. 2・2020春」を5月28日(木)発売。 全国の書店、ネット書店でご予約いただけます。 東海エリア発のエンターテインメント集団・BOYS AND MEN、祭nine. 、BOYS AND MEN 研究生が総登場する季刊誌第2弾! 彼らの魅力を余すことなくお届けします。 VOL. 1でも大好評だった豪華コラボグラビアを、VOL. 2でも2本立てで掲載。 寺坂が「すごくタメになるお話です。 お金払わないと…!」と思わず言ってしまうほど、この場だからこそ聞けるディープな話が次々と飛び出します。 本田は「この3人で何をしていいか分からない」と言っていたものの、話すと共通点がいくつか見つかり…。 また、BOYS AND MENは「青春」、祭nine. は「バーベキュー」、BOYS AND MEN 研究生は「温泉」をテーマにグラビアを撮影。 学ラン以外の姿を見られるのも、この季刊誌ならではの楽しみです。 さらに、ライブやステージのリポートなど、今回も読みごたえ十分な一冊が完成しました! <直筆サイン入りポストカード特典決定!> 下記対象法人にて、「F. ENT OFFICIAL PHOTO BOOK『季刊 ボイメン祭』VOL. omni7. メンバー1名の直筆サイン入りポストカード 1枚 ローソンエンタテインメントでのご購入については下記HPをご覧ください。 hmv. 詳しくは各社HP等にてご確認ください。 <生写真特典、決定!> タワーレコード オンラインにて『F. ENT OFFICIAL PHOTO BOOK「季刊 ボイメン祭」VOL. 2・2020春』をご購入の方に特典生写真を全21種類の絵柄よりランダムで1枚プレゼント! タワーレコード オンラインでの購入については下記HPをご覧ください。 詳しくは各社HP等にてご確認ください。 <商品情報> F. ENT OFFICIAL PHOTO BOOK「季刊 ボイメン祭」VOL.

次の

stwww.kayakfishmag.com OFFICIAL PHOTO BOOK「季刊 ボイメン祭」VOL.3・2020夏<松岡拳紀介(BOYS AND MEN 研究生) 直筆サイン入りポストカード1枚付き>

ボイメン 研究生

糸井重里が主宰するウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」の人気連載を実写化し、笠原桃奈、伊勢鈴蘭ら新・旧ハロプロメンバー9人が主演を務めるドラマ「ほぼ日の怪談。 」の追加キャストが発表。 新たに出演が決まったのは、都丸紗也華、小池里奈、橘ひと美、森田亜紀、さらに、男性キャストとして、染谷俊之とBOYS AND MEN 研究生の松岡拳紀介と佐藤匠も参加することが分かった。 ドラマは8月23日午後7:00からひかりTV、dTVチャンネルで配信がスタートし、tvkでは8月26日(水曜午後11:00)から放送が開始する。 「あの人はどこにいるの?」に出演する都丸は、「平波亘監督とご一緒させていただくのは今回で3回目。 いつもだと現場で人見知りしてしまうのですが、今回はアットホームな雰囲気で、優しいスタッフさんに囲まれて、楽しく演じることができました。 監督が金髪になっていたのは驚きましたが(笑)」と撮影を振り返る。 さらに「そして、そして、姉妹役で共演させていただいた、西田汐里ちゃんがとにかくかわいいんです! ホラーなのでもちろん恐怖シーンにも期待していただきたいですが、姉妹でふざけ合ってるシーンにも注目していただけたらうれしいです。 皆さんぜひ見てください!」とアピール。 「思い出した回答」に出演する染谷は、「こっくりさんをやるのは小学生の時以来で、25年ぶりくらいでしたが、この年でやるのはなかなか恥ずかしく、しかも撮影では何度もこっくりさんをするため、一生分のこっくりさんをやった気がします。 もともとホラー系は怖くて苦手だったという松岡は「残された想い」に出演。 「初めて演じる側として参加させていただき、『怖い』気持ちを少し克服ができたと思います! なのでこの作品に感謝していますし、恐怖だけではなくいろんな角度からドキドキできる作品だと思うので、怖いのが苦手な方にも楽しんでいただけると思います!」と見どころを伝える。 「思い出した回答」に出演する佐藤は「本格的に映像のお芝居をするのが初めてで緊張しましたが、山嵜晋平監督、須藤さん、染谷さんという大船に乗らせていただけて本当に幸せに思いました。 ホラーなのに幸せって矛盾していますかね(笑)。 『思い出した回答』は過去の記憶って誰しも曖昧になっていくと思うのですが、そこがとてもキーになってきます。 みなさんの曖昧な記憶の中にも、もしかしたら思いがけない恐怖があるかもしれません…」と見どころを紹介する。 「見てはいけない者」に出演する小池は、「私はホラーが苦手なので、まず台本を読むまでにとっても勇気と時間がいりました(笑)。 ですが撮影現場は対照的に和気あいあいとしていて、監督さんに丁寧に演技指導していただけたのが印象的でした。 今回のお話は、いたって普通の日常で起こる怪奇現象(?)なので…、本当に後に引く怖さです。 皆さん覚悟してご覧くださいませ(笑)」と期待感をあおった。 「知らない友人」でドラマに初挑戦した橘は、「監督さんやスタッフさんがとても優しく安心して撮影に臨めました。 また、キャストの皆さんとも和やかな空間で楽しくお芝居することができました。 ホラーですが、どこか切なく胸がぎゅっと締め付けられるような作品です。 今回この作品に関われたことで、多くのことを学べ成長できたと思います」と手応えを明かす。 森田は「『ほぼ日の怪談』。 原作も拝見しましたが、どの話も短いながら怖くて震えながら読みました(笑)」とし、「(出演作の『持たされた人形』で)主演を務める清水佐紀さんとは初めてご一緒させていただきましたが、自然と物語の中の関係性に入れてとてもやりやすかったです。 永江二朗監督にはこの作品に対して並々ならぬこだわりがあって、監督のイメージする役に少しでも近づけていたらいいなと思っております」と振り返っている。

次の