電気 比較。 【徹底比較】電気圧力鍋のおすすめランキング15選【2020年最新版】

電気料金シミュレーション|楽天エナジー

電気 比較

時短や省手間を叶えてくれる電気圧力鍋。 働く女性が増えたりと忙しい人たちのサポート調理器具として注目を集めています。 注目されてるのは知ってるけど 「使い方が難しそう」 「料理が苦手だけど大丈夫かな」と、少しハードルの高さを私は感じていました。 しかし実際に使ってみると、内蔵レシピ通りに具材と調味料を電気圧力鍋に入れて、ボタンを押せばいいだけなので非常に簡単! 忙しい方、料理があまり得意でないという方にも、ぜひ使って欲しいと感じました。 でも、 「どうやって選べばいいのか?」「何がいいの?」など購入前に気になることが山ほどあると思います。 そんな疑問を解決できるような内容を今回まとめましたので紹介していきます。 そもそも電気圧力鍋はなぜ人気なのか? 電気圧力鍋が人気の理由は、 「料理の苦手な人でも簡単に早く安全に美味しい料理を作れる」からです。 それを変えたのが電気圧力鍋。 電気圧力鍋に内臓されているレシピ通りに食材を準備して入れれば、後は待つだけで料理が完成します。 センスも必要ありません。 また、今までの調理で使用するよりも高温で加熱するので、料理が完成するまでのスピードも大きく短縮されました。 調理には、火ではなく電気を使用するので火傷や火事の心配もありません。 そのため、共働き世帯や一人暮らしの方を中心に人気が出てきています。 電気圧力鍋の選び方【購入前にチェックしたい8つのこと】 電気圧力鍋は、調べると種類の多さに驚きます。 意外と多くの製品が発売されていて選ぶのも一苦労。 何を基準に選ベばいいのか購入する際にチェックしたい内容を紹介します。 調理できる容量はどのくらい? まず電気圧力鍋を選ぶ際には、容量が合っているかが重要です。 作ってみたけど量が足りないとならないように最初にチェックしたいポイントです。 容量を選ぶポイントは、 人数+1Lを目安に選ぶと良いでしょう。 一人暮らしなら2L、4人家族なら5Lというのが一般的な目安となっているようです。 このポイントで自分に合う容量で製品を絞り込んだ上で、次に調理モードなどの機能を選んでいきましょう。 せっかく電気圧力鍋を購入するなら、普段の料理を賄える調理機能がある電気圧力鍋を選ぶと満足度が高くなるはずです。 どんな調理ができるかというと、 「食材の水分だけで調理する無水調理」「沸騰直前の温度で煮込む調理」「蒸す」「炊飯」「保温」「温め直し」など基本機能以外にも調理できる製品が多くあります。 普段作っている料理ややりたい料理を考えながら、欲しい調理機能を選ぶと良いでしょう。 ちなみに、調理できる種類が増えるにつれて価格は高くなり操作が複雑になるので欲張りすぎないように。 使ってみて個人的におすすめな10個の電気圧力鍋を紹介します。 パナソニック 電気圧力鍋「SR-MP300」【レンタル可能】 容量 メニュー数 加熱方式 予約機能 調理容量:2. 6kg 圧力調理、煮込み、無水調理、低温調理、保温 スライド式 レンタル価格 1日285円 (14泊15日からレンタル可能:合計4,280円) むずかしい火加減の調節もこの一台におまかせ!圧力調理で小魚は骨までやわらかに調理してくれます。 キッチンに馴染むコンパクトサイズです。 シャープ ヘルシオ ホットクック「KN-HW24E」【レンタル可能】 容量 メニュー数 加熱方式 予約機能 調理容量:2. 便利な予約調理で、帰宅後すぐにごはんが食べられるような設定も可能です。 コンロで鍋を使う感覚で、火力、まぜ方、加熱時間をお好みで設定できたり、フタを開けて中の食材の様子を確認しながら加熱ができます。 パーツの取り外しがカンタンにでき、食洗機でも洗えます。 こちらの記事で、ホットクック体験談を紹介しています。 7kg 圧力調理、無水調理、蒸し調理、炊飯、スロー調理 スロークッカー 、温め直し スライド式 価格 13,800円 他の電気圧力鍋と同じく、材料を入れてボタンを押せば後は自動で調理してくれます。 シロカはレシピブック付きだから料理をしたことがない方でも簡単においしい料理が作れますよ。 キッチンに置きやすいコンパクト設計な電気圧力鍋です。 ティファール「クックフォーミー エクスプレス CY8521JP」【レンタル可能】 容量 メニュー数 加熱方式 予約機能 調理容量:約6. 5kg 圧力調理、炒め物、煮込み、蒸し、炊飯、保温、再加熱 プッシュ式 レンタル価格 1日332円 (14泊15日からレンタル可能:合計4,980円) 前菜、メインディッシュ、デザートなど内蔵レシピは210種類と電気圧力鍋の中でも最多! 7人分が一度に作れる6Lの大容量は他の製品にない強みだと思います。 内側はこびりつきにくいセラミックコーティングで、なべ自体も軽いので扱いやすい造りになっており、食洗機にも対応しています。 電気圧力鍋 比較表!【個人的に使ってよかった電気圧力鍋をまとめました】 個人的におすすめな電気圧力鍋を紹介してきました。 ここでは紹介した電気圧力鍋を比較しやすいように表にまとめたので検討に使ってみてください。 製品名 価格 容量 メニュー数 加熱方式 予約機能 大きさ 重さ 調理モード ふたの形 13,800円 調理容量:1. 7kg 圧力調理、無水調理、蒸し調理、炊飯、スロー調理 スロークッカー 、温め直し スライド式 【レンタル可能】 1日285円 (14泊15日からレンタル可能:合計4,280円) 調理容量:2. 6kg 圧力調理、煮込み、無水調理、低温調理、保温 スライド式 16,800円 調理容量:約1. 6kg 圧力調理、温度調理、低温・発酵調理、なべモード、無水調理、蒸し調理 スライド式 10,000円 調理容量:約2. 9kg 圧力調理、煮込み、保温 スライド式 13,399円 調理容量:約2. 7kg 圧力調理、スロークッカー、蒸し調理、温め直し、保温 プッシュ式 1日332円 (14泊15日からレンタル可能:合計4,980円) 調理容量:約6. 5kg 圧力調理、炒め物、煮込み、蒸し、炊飯、保温、再加熱 プッシュ式 26,280円 調理容量:1. 0kg 一定圧力・可変圧力・無水調理・温度調理・保温・再加熱 プッシュ式 14,700円 調理容量:2. 6kg 圧力調理、蒸し、スロー調理、煮込み、無水調理、炒め、温め直し、炊飯 スライド式 【レンタル可能】 1日452円 (14泊15日からレンタル可能:合計6,780円) 調理容量:2. 5kg 無水調理 プッシュ式 14,289円 調理容量:1. 8kg 煮込み、炊飯 スライド式 電気圧力鍋は購入前にレンタルしたほうがいいかも 今回、自分にあった電気圧力鍋を購入したいと思い10種類の電気圧力鍋を使ってみました。 感想として、「使ってみないと分からない」というのが正直な気持ちです。 サイズが合ってそうと思ってた電気圧力鍋が以外に大きく置く場所に困ったり、作りたい料理に対応してたけど作ってみたらいまいちだったりと家電量販店で見るだけでは自分に合うものを見つけれないと勉強になりました。 これから電気圧力鍋の購入を考えている人は、一回使ってから購入することをおすすめします。 今は、電気圧力鍋だってレンタルできる時代なので使って買わないと損ですよ。

次の

電気料金シミュレーション|楽天エナジー

電気 比較

事業所用には、壁掛型直圧式で複数台連結設置ができるものもあります。 壁掛け式等は配管含め比較的省スペースなのに対し、タンク付のものは一日分を超える水容量を貯水するため、一般的に大型となっており、スペースも耐荷重も確保が必須です。 また、給湯器は、「特定保守製品」とよばれる、長期使用製品安全点検制度の対象製品です。 この制度は平成21年から始まった制度で、「経年劣化により火災や死亡事故を起こすおそれのある製品について、所有者がメーカーや輸入業者の安全点検を有料で受ける責務を負う制度」のことを指します。 この制度に当てはまるため、給湯器には設計標準試用期間という試用期間の目安が定めれられています。 給湯器の設計標準試用期間は家庭用10年ですが、この期間よりも若干長く使うご家庭が多いようです。 なお、事業所用は長くて3年前後といわれます。 (リフォーム産業新聞 2014年) 石油給湯器は一般的には燃料として「灯油だけ」を用いた製品のことを指します。 多くのメーカーでは「灯油ボイラー・灯油給湯器と同義語」として用いています。 灯油以外の液体燃料のうち、粘度が比較的近いものとしてA重油(科学組成的には軽油の一種)がありますが、燃料の共用は推奨されません。 そのため、家庭用の石油給湯器においては、燃料としては灯油以外は使用しないのが一般的です。 なお、業務用の給湯製品でA重油やB重油、C重油(いずれも重油の一種)などを使用するものも存在しますが、こちらは「油焚きボイラー」「重油ボイラー」などと製品名が区別されています。 B重油とC重油を使うときは、粘度が高く不純物が多いことから燃料の余熱が必要となるので、大型施設などで使うボイラー以外では、高い機材代など含め、高コストです。 石油給湯器の設置方法には、床置き型のほか壁組込型、壁貫通タイプ、壁掛け型などがあり、通常は屋外か室内の大型灯油タンクに接続して利用します。 電気温水器の多くは電気の給湯器内部に貯めた水を電気ヒーターで加熱・保温し、必要に応じて給湯するものです。 家全体の蛇口から出るお湯を作るタンクを内蔵した「貯湯式」の物のほか、これらに別系統の暖房用不凍液、ロードヒーティングや融雪用系統、風呂桶の湯の再加温の系統の管をプラスしたものが一般的です。 設置方法には、床置型、壁組込型、壁掛け型などがあります。 自然冷媒ヒートポンプ給湯機は、ヒートポンプという技術を用いてCO2を電気のエネルギーで圧縮して高温にし、その熱で水を温める仕組みになっています。 関西電力により「エコキュート」という登録商標がつけられており、日本全体でその名称が愛称として使われているので、正式名称よりもそちらの単語のほうが有名かもしれません。 夜間になる前にタンク内に水道水を補充し、深夜電力で水を沸かした後保温、加温や水を混ぜながら給湯します。 電力会社の多くは、エコキュート使用世帯について特別料金プランを設けており、そちらを選択すると深夜電力が通常より安くなり、光熱費を節約できます。 しかし、夜間に貯めたお湯の量以上のお湯を日中に使用するとお湯が出なくなったり、日中にも水の加熱を行ったりするため、使用する水量をしっかり把握しておかなければ光熱費が高くなる可能性があります。 電気給湯機は特定保守製品ではありませんが、各部品の保有期限があります。 これは、生産終了からエコキュートで9年、温水器で7年となっています。 生産終了時期をよく確認し、専門業者による点検やパーツ交換を受けるのが良いでしょう。 電気温水器のメーカーとしては、三菱電機、パナソニック、日立製作所、長府製作所、コロナ、タカラスタンダードなどが挙げられます。 リフォーム産業新聞 2014 ガス給湯器は、石油給湯器と比較すると全国的に導入されており、数多くの台数が出ています。 そんなこともあり、本体価格が非常にお得なのが特徴です。 一方石油給湯器は、その熱量の高さなどから、寒冷地・豪雪地帯などで多く導入されています。 標準的なポット式のほか、灯油をより効率よく燃やすことのできる気化式・噴霧式などの種類もあり、こうしたタイプでは本体価格も高めで、灯油タンク設置場所を屋外や地下にべた基礎で取る必要があります。 また、石油給湯器の貯湯式は、タンクが大きく内部金属が丈夫ということもあり、重量も大き目。 設置場所には丈夫な基礎や床面が必要になります。 このような点から、ガス給湯器と石油給湯器では、本体価格は石油給湯器の方が高額になります。 ガス給湯器VS電気給湯器 ガス給湯器は直圧式のタンクを持たないものを中心に、実売5万円前後から購入できます。 機種が豊富なので、コストや機能にあわせてかなり価格幅があります。 一方、低電力で保温できるほど気密性の高いタンクを持つ電気温水器は高額です。 基本的には深夜電力を使わない直圧式の壁掛けもしくは据え置き型で、20L内外のタンクをもつ電気給湯器を家庭用に使う場合、使用都度の加温となるためランニングコストが高めにかかります。 家族の人数によっては元が取れなくなる可能性もあるので、工事費や点検修理などの諸経費とランニングコストの双方を、しっかりと意識して検討しましょう。 給湯器を入浴やシャワーで使う場合、1人使用や不在がちの世帯では貯湯式ではガス・電気とも不向きです。 単純な本体価格だけの比較だと、ガス給湯器の方が電気給湯機よりもオトクに取り付けることができるといえるでしょう。 石油給湯器(灯油ボイラー)VS電気給湯器 一般の灯油を使用する給湯器は、大型タンクの電気温水器に比べれば割安です。 電気温水器の中でも特にエコキュートは、深夜電力利用を念頭に入れた設計のためタンクが大きく、設置場所も多く必要となります。 イニシャルコストは総じて高いです。 対して石油給湯器は、もともと本体に丈夫な金属を使っているため重量はありますが、どの時間帯でも使えるため、タンクサイズの縛りはあまりなく、大きめのものから小さめのものまでラインナップは幅広いです。 なかでも直圧式には非常にコンパクトかつ給湯能力の高いものなどもあります。 物を長く大切に使う方であれば、点検清掃などをこまめに受けておけば長く使える石油給湯器がお勧めです。 ちなみに、灯油に近い形状やエネルギーのA重油や、粘度が高く火力も強いため発電所や工場などを中心に使われているB重油、C重油は、灯油でもどちらでも使える汎用タイプでない限り、同じ本体で使用することはできません。 特に単価がリーズナブルなBC重油タイプは、機材も数十~百万円近くと非常に高価で、設備も複雑なため、一般家庭では調達すること自体が難しいでしょう。 石油給湯器と電気給湯機の本体価格の比較では、石油給湯器のほうに軍配が上がります。 【徹底比較】設置費用 取り付け工事 編 煙突などからの吹きこみや凍結の恐れが無ければ、比較的手入れがいらないといわれるガス給湯器。 ガス器具の点検が定期的に訪れますが、その際に不具合のおそれなども併せて指摘されるため、頻繁なパーツ交換などでメンテナンスコストがかかります。 しかし設置時には、ガス業者がお得なメンテナンスと取り付けの一体型パックなどを用意していることもあり、比較的割安です。 プロパンガスでガス給湯器を使用する場合、では設置場所・配管の提供をガス業者が行ってくれる場合があるほか、本体の費用と設置工事を併せてガス会社が負担してくれるケースもあります。 都市ガスでガス給湯器を利用する場合には、道路にあるガス管から先の配管を行う必要があり、通常は建主負担のため、この部分の工事費がやや高額となります。 本体価格がガス給湯器よりも高い石油給湯器は、燃料特性のためにススが溜まってしまうことが多くあります。 さらに噴霧や気化燃焼を行うものでは、周辺パーツが頻繁に壊れるほか、汚れで不具合を起こしがちです。 このような事情から、点検や分解掃除費用は比較的安く設定されています。 ガス給湯器と石油給湯器の設置費用は、プロパンガス仕様の場合、前者のほうが安く上がることが多いです。 都市ガスの場合には配管の設置にかかる費用によっては石油給湯器よりも設置にかかる総額が高くなる可能性があります。 なお、上述の「本体の費用と設置工事を併せてガス会社が負担してくれるケース」は、プロパンガス会社の用意している「無償貸与」という制度を利用した場合です。 詳しい説明は当記事下部に掲載しているほか、以下の記事でも読むことができます。 電気温水器では、タンク容量を超える使用で非常にランニングコストがかかることから、人数に最適なタンク容量を見極めることが大切です。 工事費の中に、設置場所の排水などの配管や、床面補強が必要なのは、電気給湯器の方。 およそ一畳程度の広さが必要です。 小型タンクを備えた、一般的には給湯室用や洗面台用といわれる電気給湯器は、非常にコンパクトで、シンク下に収納できるクラスのものも存在します。 工事は暖房便座並の短時間低予算で済むタイプもありますが、一般家庭の一日の風呂や台所全てを賄える貯湯量のものはあまり見かけません。 また寒冷地など比較的温度低下が激しいエリアで使用するには、ぎりぎりの低温となってしまうことから、屋内の凍結のないスペースを確保する必要があり、建物全体のスペース効率がコスト面に大きく跳ね返ることもあります。 またこの場合、建物各部の配管と本体設置場所にも、断熱材や地域によっては電熱線を多く巡らせる必要があり、その分コストがかさみます。 ガス給湯器では、直圧式はもちろん、小さなタンクのものも豊富なため、既存の室内の状態にあわせたサイズや給湯能力のものも選べます。 ガスでも電気でも貯湯式の場合、また直圧式でも暖房系統をつけた場合や、ボイラーのある位置よりも高いフロアに給湯する場合では、ポンプを各所に取り付ける必要があります。 さらに、追い炊きや暖房などの系統・サーモスタットや・暖房機などの設置に伴うポンプなどを各所につけることで、配管自体が高額になり、設置工事の費用は上がります。 基本的にはガス給湯器の方が電気給湯器よりも設置費用は安いですが、ポンプの取り付けの数などによっては逆転する可能性もあります。 石油給湯器(灯油ボイラー)VS電気給湯器 寒冷地以外の設置工事費では、圧倒的に電気温水器のほうが安く済みます。 石油給湯器などでは屋外配管やタンク設置、煙突などの確保が必要ですが、壁掛けタイプやバランス釜などでは、壁面に穴を開けて設置するだけです。 地下や屋内設置の貯湯式や給湯能力の石油給湯器の場合、燃料配管以外の配管部分に手間がかかることが有ります。 既に家屋に煙突が無い場合、壁掛や屋外型を選択すれば工事費は安価です。 ですが寒冷地では、落雪による排気不完全などもあるため、こうした部分もあわせて、使用箇所の条件で決定されてしまいます。 また寒冷地の場合、日中に低温となることもあり、配管全体を温めるための工事が必要となることが有ります。 寒冷地向けの保温能力等の特に高いタイプではない電気温水器を寒冷地の気密性の低い住宅に設置する場合、住宅配管の各使用箇所に向けて、断熱や加温昇温機材を追加するケースも。 灯油ボイラーと電気給湯機では、実際の湯の利用時の温度が異なることが一般的です。 結論としては、 暖地では排気のない電気温水器の方が経済的といえるでしょう。 寒冷地では、そのお宅で使用する時間帯や、一日に使う湯量によって、そして住宅の気密性能や、電気温水器のタンク容量、凍結防止や湯冷め防止のための電気代と機材、設置設備費を合わせて考えれば、石油給湯器が経済的です。 地域の気候や温度帯によって、最適な給湯器の種類は違ってきます。 【徹底比較】ランニングコスト編 プロパンガスの場合にも、実はガス給湯器がおすすめです。 「プロパンガスは都市ガスより高いし、ガス給湯器よりも石油や電気の給湯器の方が光熱費は安いんじゃないの?」と思われる方も多いかと思います。 確かに、単純な計算をするとプロパンガスでガス給湯器を利用するのは最も費用がかさむといえます。 しかし、プロパンガスの料金を安くし、「無償貸与」を受けてイニシャルコストをガス会社負担にしてもらうことで、都市ガスとさほど変わらない光熱費で給湯器を使うことができます。 正直、いくら安くても定期的に給油の必要な石油給湯器は大変ですし、電気給湯器はイニシャルコストが高い上にお湯切れの可能性があります。 世帯人数によってはもとがとれないことも珍しくないのが実情です。 それらを加味すると、多少光熱費が高くなっても、手間がかからずスタンダートなガス給湯器をセレクトする意味は大いにあると言えます。 以下の項目では、プロパンガスを都市ガス並みに安くする方法をお伝えします。 プロパンガス給湯器を安く利用する方法 プロパンガスのもとの料金を安くする ここでご自宅のガス料金が一万円以上節約できる見込みがある場合には、enepiを使ってWEB上で複数のプロパンガス会社の料金プランを比較しましょう。 実はプロパンガスは自由料金の商品なので、設定されているガス料金はすべてプロパンガス会社の言い値です。 プロパンガス会社のなかには、消費者が知らないことをいいことに、原価に対して高すぎるガス料金の設定をしたり、頻繁に値上げをしたりする会社もいます。 このようなガス会社を使っている場合、適正な価格でプロパンガスを提供してくれるガス会社に変更するだけで月々数千円〜一万円の光熱費節約ができます。 enepiの利用にもプロパンガス会社の切り替えにもお金は一切かからないので、ライフスタイルを変えることなく自由に使えるお金を増やしたい方はぜひ一度下記から料金プランの比較をしてみて下さい。 プロパンガス会社を切り替える、あるいは現在とは違うガス会社さんのお話を聞いてみる時に併せて検討して頂きたいのが、この「無償貸与」の制度です。 上述のとおり、この制度を使えば、イニシャルコストをかけずして給湯器をとりつけることができます。 この制度は具体的にどのようなものなのかというと、「とりつける機器の代金・工事費用をガス会社が負担する代わりに、毎月のガス請求料金にその費用の分割支払い分が上乗せされる」というものです。 無償貸与の制度を使う場合、費用を払い終わるまでの一定期間、ガス会社を継続して利用することが義務付けられます。 一般的には10年ほどの期間が最低契約期間としておかれます。 これは、自社のプロパンガスを少しでも長く使い続けてほしいというプロパンガス会社と、イニシャルコストを一括で支払いたくない消費者の双方のニーズを満たす制度として考案され、ほとんどのガス会社で導入されています。 契約期間が置かれる、ということで「契約期間内に法外な金額に値上げされるのではないか」という懸念がありますが、誠実な対応をしてくれるガス会社を選べば、初期投資・デメリット共になしで、最新型の機能の充実した給湯器やガスコンロを取り付けることができます。 プロパンガス会社を切り替える方法 プロパンガス会社の切り替えにメリットがあることはご理解頂けたかと思いますが、では実際にガス会社を変更する場合には、どのような手続きをふめばよいのでしょうか? 実は、プロパンガスの切り替えはとても簡単です。 自宅の住所にプロパンガスを供給できる候補のガス会社を探し、一番オトクな料金を提案してくれるガス会社に「切り替えます」と連絡するだけです。 複数のガス会社の料金を比較して、切り替えたいガス会社が決まったら、そのあとの手続きはすべて切り替え先のガス会社さんがやってくれます。 現在使用中のガス会社への解約の連絡なども、すべて代行してくれるので、やることは切り替え先のガス会社さんの契約書類にサインするのみです。 切り替えの工事も30分ほどで終わるので、「ガスが使えなくて困る」なんてこともありません。 enepiを使えば、郵便番号と必要事項を入力するだけで、「不当な値上げをしない、適正価格での料金を提示してくれるガス会社」を自動で探し、WEB上で各社の料金を見ることができます。 まとめ 現在、ガス・電気・石油などの各種エネルギー取り扱い業者は、それぞれに非常にお得な機材とサービスプランを多数提供しています。 たとえばガにおいても単価や割引プランは様々です。 同じ燃料でも、直接燃焼させるタイプとヒートポンプタイプでは、燃料消費量にはかなりの差が生まれます。 一方で、その作動音や振動になじめないという方もいます。 また、寒冷地などでは、故障の都度、即座に対応できる機材でなければ水道凍結などの低温による事故などの問題にもつながりかねないため、エネルギーバランスや復旧対応力が優先となります。 独り暮らしや夫婦だけの世帯などで、あまりお湯や暖房を使わない地域のケースでは、 直圧式が燃料代ともにお得といえます。 暖房と兼ねる場合、以下の点を考慮して選ぶのがおすすめです。 ・地域の寒さや住宅の保温性能 ・暖房面積や時間帯 ・確保したい温度帯 ・冬季間の温度差 そして、 現在プロパンガスをお使いの方でその料金の高さに悩んでいる方は、プロパンガス会社の切り替えを検討してみるべきです。 プロパンガスは会社によって料金が違うため、今の料金が適正とは限りません。 むしろ適正な可能性のほうが低いといっていいでしょう。 enepiを利用することで手軽にガス会社の料金比較ができるので、ぜひ一度、下のボタンから無料見積もりをしてみてください。

次の

価格.com

電気 比較

電気とプロパンガスのコスト比較をしたら、一体どちらがお得なのか。 料金の基準となる単位が、m3(立方メートル)とkWh(キロワット時)とで異なるため、分かりにくいと思ったことはありませんか。 実際にどちらがお得か解明します。 結局電気とプロパンガスでは、どちらがお得なのか? 家庭のエネルギー需要の大半はお風呂 電気とプロパンガスとどちらがお得か、という議論の際比較のポイントはお風呂代がテーマになると思います。 エネルギーの用途としては、お風呂の他に食事調理用のコンロ、エアコンや暖房用ストーブなどがありますが、ここではお風呂代をメインに分析してみたいと思います。 電気とプロパンガスのコスト比較 お湯をつくるための機器としてはプロパンガスなら、電気はが代表的ですが、ここでは機器代のことは触れずに純粋にお湯をつくるエネルギーコストの比較をしてみたいと思います。 機器代を含めた全体的な比較については「」をご覧ください。 とはいえ、電気とプロパンガスをいきなりコスト比較することはできません。 料金の基になる単位が違うからです。 プロパンガスはm 3(立方メートル)で、電気はkWh(キロワット時)で示されます。 これを比較するために、両者をcal(カロリー)に変換します。 まず、プロパンガス1m 3は24,000kcalで、電気1kWhは860kcalです。 プロパンガスは電気の約28倍のカロリーがあります。 次に、電気のカロリーをプロパンと同じ24,000kcalにするため、電気代を28倍すると同じエネルギーを得るためのコストが計算できます。 ちなみにプロパンガス代は、「エネ研・石油情報センター」の東京都の平均価格を参照し、電気代は、「東京電力エナジーパートナー」の、家庭のための料金体系である「スマートライフプラン」を参照しました。 しかし、話はこれで終わりではなく、ここからが本題です。 実はプロパンガスには、「エネ研・石油情報センター」が発表している「平均価格」と当協会が独自に設定している「」との違いがあるのです。 つまり、プロパンガスの価格は一律ではないということです。 プロパンガス会社を適正価格の会社に変更すると? プロパンガスの平均価格で比較すると電気のほうが有利だということがわかりましたが、今度はプロパンガスを「」にした場合での比較です。 すると彼らは自信満々こう答えるでしょう。 「をお奨めします!」 なぜだと思いますか?あなたの家庭環境(家族人数や年齢、生活パターン)などから総合的に判断して、ベストと思われる提案である可能性もゼロではないと思いますが、多くの場合はハウスメーカーや工務店の利益で判断されてしまいます。 一般的にプロパンガスを施主に紹介しても、ハウスメーカーや工務店には数万円の紹介料しか入ってこないようですが、を販売代理店から仕入れて施主に販売する場合は桁違いの利益になるようです。 仮に定価80万円の商品を40%で仕入れ(32万円)、30%値引きして56万円で販売すれば、24万円も会社に残ります。 30%も値引きしなければもっと儲かります。 さらに、住宅設計に携わる方の情報では、オール電化住宅を受注すれば電力会社からバックマージン(奨励金?)を受け取ることができるそうです。 もう1つ見逃せないのが、オール電化住宅の場合は施工が簡単なのだそうです。 プロパンガス会社との工事に関する絡みがなく、電気工事業者に丸投げするだけで済むので工期も短く済み、施工側にとってもメリットは大きいそうです。 これだけ差があったら、プロパンガスのほうが向いていると思ってもを奨めるでしょうね。 やむを得ないと思います。 あと、電力会社の宣伝力はすごいです。 東日本大震災のあとTVコマーシャルを自粛していますが、一般消費者の頭の中には「」のイメージは完全にすり込まれてしまいました。 奥様方から見ても、見栄えしないボンベよりも一見スマートなオール電化のほうが魅力的に見えるかも知れませんが、操作された情報に迷わされず賢い選択をされることを願ってやみません。

次の