腰痛 原因。 腰痛の原因は骨ではなく筋肉だった!腰痛のメカニズムを詳しく解説

腰痛の症状・原因|くすりと健康の情報局

腰痛 原因

腰痛の原因が ヘルニアである場合などに手術が行われることがある• 神経の圧迫を取り除く• 薬物療法• 鎮痛薬を中心に処方される• 非 ステロイド性抗 炎症薬( NSAIDs)• 筋弛緩薬• アセトアミノフェン• 弱オピオイド• セロトニンノル アドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)• ワクシニア ウイルス摂取家兎炎症皮膚抽出液• 他にも内臓の問題がある場合はその状況にあった薬が処方される• リハビリテーション• 腰の手術後、早期からリハビリテーションを行うことが多い• 保存療法• 筋力をつけたり、腰の痛みが出ないような動き方を覚えるために行う• 普段の姿勢を改善することも大事 腰痛症に関連する治療薬.

次の

【しっかり治す腰痛】

腰痛 原因

「腰痛」は、国民生活基礎調査で、「自覚症状のある病気やけが」として、常に1位、2位に挙げられています。 腰が重い、腰が痛いなどの腰痛の症状は、厚生労働省の統計によると日本人の約80%の人が経験しているといいます。 だれでも経験する、といっていいほど、わたしたちを悩ませる腰痛の原因は、どこにあるのでしょうか? はげしい運動や体に負担のかかる仕事のあとに、数日、腰が重く感じられたり痛くなることは、だれでも経験することです。 こういう症状は一時的なもので、2~3日、あるいは1週間ぐらいで疲労がとれれば回復します。 また、重い物をかがんで持ち上げようとして腰がギクッとしたり、上体をひねったときに腰に激痛を感じることがあります。 このような急性の腰痛でも、数日、安静にしていれば治ることがあります。 しかし、激痛に耐えられないときは、病院に行って治療を受ける必要があります。 2本の足で立つ人間は、背骨を軸として、体を支えています。 背骨は、ただまっすぐに背中を貫いているわけではなく、2本足で立つのに最も通した「自然なカーブ」をつくっています。 しかし、ごく穏やかな自然なカーブは、容易に崩れやすいものでもあります。 背骨の腰の部分は、程よい前反りになっていますが、習慣的に悪い姿勢をとっていると、反り方が大きくなってしまいます。 また、太り過ぎると、余分な体重で腰への負担が増加し、同時にそれを支えるために、姿勢が悪くなって、程よい前反りを保つことができなくなります。 運動不足でも、腹筋や背筋など、背骨をサポートしている筋肉が衰えるため、姿勢の悪さを招きます。 老化による骨の変形 さらに、誰もが避けて通れないのが、老化による骨の変形です。 背骨は、丸い積み木に、手足や羽をつけたような、変わった形の骨がいくつも積み重なってできています。 これらは複雑な構造で、上下がつながっています。 しかし、年をとるにつれて、一部に老化による変形が生じます。 すると、他の部分へも影響が及び、若いころはしっかりしていた構造も、歪んだりガタついてしまいます。 しかも、背骨の後ろのまん中には、脊髄(せきずい)や神経の束が通り、そこから神経が枝分れして、体全体に分布していますが、その背骨からの出口で、ちょっとした歪みやガタつきによって刺激され、痛みが生じます。 軽い腰痛も徐々に慢性化 腰痛も、初めのうちはまだ軽いもので、たまに起こっても、ゆっくりおふろに入り、ひと晩寝れば解消するでしょう。 しかし、軽い腰痛も徐々に慢性化します。 悪い姿勢や肥満、運動不足などで、無理な負担を強いられ続けた腰椎は、「重い荷物を持ち上げた」などのきっかけで損傷を受け、ぎっくり腰の激しい痛みに襲われたり、 椎間板ヘルニアを起こして、強い腰痛が生じることもあります。 さらに、年をとるにつれて骨が徐々に変形してくると、人によっては、 変形性脊椎症、 変性すべり症、 腰部脊柱管狭窄症など、腰椎の病気で腰痛が起こり、日常生活が不自由になってくることもあります。 このように、腰痛は、さまざまな原因が重なって起きます。 内臓の病気が原因の腰痛もある 腰痛にも、痛みの程度や起こり方などにより、いろいろなものがあります。 痛みの起こり方では、急激に起こる急性症状と、いつからか常に感じるようになった慢性症状があります。 痛みの程度では、激痛のこともあれば、鈍痛のこともあります。 痛みの性質で分けると、「 連動痛」と「 安静痛」があり、運動痛は動いたときに痛むもので、安静痛はじっとしていても痛むものです。 症状がどのようなものであるかによって、原因をある程度推定でき、すぐに受診が必要かどうかを判断する目安になります。 じっとしていても痛む腰痛は、しばしば内臓に関係する病気が原因であることが多く、背骨の病気が原因の運動器の腰痛は、普通、じっとしていれば痛みません。 例えばぎっくり腰など、初めて急性の強い腰痛が起きたときは、たいていの人はあわててしまうものです。 しかし、急に腰痛が起きたときでも、あわてずにまず横になり、安静にして様子を見てください。 急性の腰痛で、安静にしていても症状が続く場合 急に始まった腰痛で、安静にしていても症状がおさまらない場合は、内臓の病気が疑われるので早めに内科を受診したほうがよいでしょう。 特に、急性の激しい安静痛は、できるだけ早いうちに受診する必要があります。 また、発熱、嘔吐、下痢、頻尿など腰痛以外の随伴症状がある場合も、受診が必要です。 安静にしていれば、痛みが和らぐ、あるいは動かそうとすると痛むのであれば、 ぎっくり腰など運動器の痛みと考えられるので、すぐに受診する必要はありません。 安静を保ち、ある程度痛みが軽くなってから、受診すればよいでしょう。 運動痛の場合でも、足がしびれるなどの麻痺症状や、尿が出ない、あるいは失禁するなどの排尿や便通の異常( 膀胱直腸障害)がある場合は、すぐに整形外科を受診する必要があります。 特に、膀胱直腸障害がある場合は、すぐ入院治療となります。 また、安静にしていても、動いたときの痛みが3~4日しても軽くならない場合は、受診するようにします。 2本の足で立つ人間は、背骨を軸として、体を支えています。 背骨は、ただまっすぐに背中を貫いているわけではなく、2本足で立つのに最も通した「自然なカーブ」をつくっています。 しかし、ごく穏やかな自然なカーブは、容易に崩れやすいものでもあります。 背骨の腰の部分は、程よい前反りになっていますが、習慣的に悪い姿勢をとっていると、反り方が大きくなってしまいます。 また、太り過ぎると、余分な体重で腰への負担が増加し、同時にそれを支えるために、姿勢が悪くなって、程よい前反りを保つことができなくなります。 運動不足でも、腹筋や背筋など、背骨をサポートしている筋肉が衰えるため、姿勢の悪さを招きます。 老化による骨の変形 さらに、誰もが避けて通れないのが、老化による骨の変形です。 背骨は、丸い積み木に、手足や羽をつけたような、変わった形の骨がいくつも積み重なってできています。 これらは複雑な構造で、上下がつながっています。 しかし、年をとるにつれて、一部に老化による変形が生じます。 すると、他の部分へも影響が及び、若いころはしっかりしていた構造も、歪んだりガタついてしまいます。 しかも、背骨の後ろのまん中には、脊髄(せきずい)や神経の束が通り、そこから神経が枝分れして、体全体に分布していますが、その背骨からの出口で、ちょっとした歪みやガタつきによって刺激され、痛みが生じます。 軽い腰痛も徐々に慢性化 腰痛も、初めのうちはまだ軽いもので、たまに起こっても、ゆっくりおふろに入り、ひと晩寝れば解消するでしょう。 しかし、軽い腰痛も徐々に慢性化します。 悪い姿勢や肥満、運動不足などで、無理な負担を強いられ続けた腰椎は、「重い荷物を持ち上げた」などのきっかけで損傷を受け、ぎっくり腰の激しい痛みに襲われたり、 椎間板ヘルニアを起こして、強い腰痛が生じることもあります。 さらに、年をとるにつれて骨が徐々に変形してくると、人によっては、 変形性脊椎症、 変性すべり症、 腰部脊柱管狭窄症など、腰椎の病気で腰痛が起こり、日常生活が不自由になってくることもあります。 このように、腰痛は、さまざまな原因が重なって起きます。 内臓の病気が原因の腰痛もある 腰痛にも、痛みの程度や起こり方などにより、いろいろなものがあります。 痛みの起こり方では、急激に起こる急性症状と、いつからか常に感じるようになった慢性症状があります。 痛みの程度では、激痛のこともあれば、鈍痛のこともあります。 痛みの性質で分けると、「 連動痛」と「 安静痛」があり、運動痛は動いたときに痛むもので、安静痛はじっとしていても痛むものです。 症状がどのようなものであるかによって、原因をある程度推定でき、すぐに受診が必要かどうかを判断する目安になります。 じっとしていても痛む腰痛は、しばしば内臓に関係する病気が原因であることが多く、背骨の病気が原因の運動器の腰痛は、普通、じっとしていれば痛みません。 例えばぎっくり腰など、初めて急性の強い腰痛が起きたときは、たいていの人はあわててしまうものです。 しかし、急に腰痛が起きたときでも、あわてずにまず横になり、安静にして様子を見てください。 急性の腰痛で、安静にしていても症状が続く場合 急に始まった腰痛で、安静にしていても症状がおさまらない場合は、内臓の病気が疑われるので早めに内科を受診したほうがよいでしょう。 特に、急性の激しい安静痛は、できるだけ早いうちに受診する必要があります。 また、発熱、嘔吐、下痢、頻尿など腰痛以外の随伴症状がある場合も、受診が必要です。 安静にしていれば、痛みが和らぐ、あるいは動かそうとすると痛むのであれば、 ぎっくり腰など運動器の痛みと考えられるので、すぐに受診する必要はありません。 安静を保ち、ある程度痛みが軽くなってから、受診すればよいでしょう。 運動痛の場合でも、足がしびれるなどの麻痺症状や、尿が出ない、あるいは失禁するなどの排尿や便通の異常( 膀胱直腸障害)がある場合は、すぐに整形外科を受診する必要があります。 特に、膀胱直腸障害がある場合は、すぐ入院治療となります。 また、安静にしていても、動いたときの痛みが3~4日しても軽くならない場合は、受診するようにします。

次の

【腰痛編】あなたの腰痛はどれ? タイプ別の対処法で、不安な腰痛から抜け出そう!|ハレバレ

腰痛 原因

この記事はこのような方にオススメ• 腰痛を抱えている人。 腰痛の原因を知りたい人。 自分の腰痛の種類が知りたい人。 整体院を営んでいると腰痛になってしまった方のお話を聞く機会が非常に多いです。 そして、そのような方々で多くの共通点があるという事に気づきます。 それは、ほとんどの人が• 腰痛=ヘルニア• 腰痛=腰全体の痛み と勘違いしているという事です。 もちろんヘルニアによる腰痛もありますし、腰の筋挫傷による腰痛もございます。 しかし、すべてがそうではありません。 腰にはたくさんの筋肉や靭帯、関節が存在しており問題点が非常に多くあり、腰痛も多種多様なものがあるのです。 今回はそんな腰痛の原因で多い3種類の腰痛である「椎間関節性腰痛」「腰椎椎間板ヘルニア」「急性腰痛症・ぎっくり腰」の症状を簡単に解説していきます。 この記事の流れとしては• 腰の解剖学を簡単解説。 腰痛の原因である3種類の腰痛のご紹介。 3種類の腰痛の症状を簡単解説。 という順で解説していきますのでよろしくお願いいたします。 またYouTubeでは柔YAWARAによく寄せられるお身体のトラブルについて、それを解消するためのエクササイズを定期的に配信しておりますので、是非チャンネル登録もよろしくお願いします。 この記事の目次• 一般の方でもわかる腰椎の解剖学 まず腰周囲にある骨や筋肉などの簡単な解剖学を皆様に解説していきます。 解剖学と聞くと少し抵抗がある方がいらっしゃるのですが、非常にシンプルに解説していきますのでご安心ください。 大原則として、解剖学は身体の構造を学ぶ学問です。 この項で知って頂きたいPOINTは5つあります。 椎間板 この5つです。 この腰骨のことを腰椎と呼びます。 腰椎は積み木のように重なっており、合計で5個の腰椎が存在しています。 関節は腰椎が動く為の通り道となる部分です。 腰椎の関節は左右2対あり一つの腰椎で上下で4つの関節を持っていることになります。 腰椎の関節の事を椎間関節と呼びます。 しかし、これに関しては関節が正常でなければ、しっかり腰椎を動かす事が難しくなります。 神経は腰椎の中や腰椎と腰椎の間から足に向かって走っています。 脳からの電気信号を筋肉に伝えたり、色々な感覚を感じる為に存在しています。 椎間板は腰椎と腰椎の間に存在しているクッションの役割をするものとなります。 それに加えて腰椎の安定性にも関わる存在とも言われております。 専門家でなければ、一般の方はこれだけ知っておくだけでだいたいの構造が把握できると思います。 腰痛はこの腰椎やその周囲の組織(筋肉や靭帯、関節)に痛みが出ていることを指します。 その為、一概に腰が痛いからと言って全ての人が同じ原因であるとは限りません。 数多の原因が腰痛には存在しているということになります。 次に腰痛の原因である3種類の腰痛をご紹介していきます。 腰痛の原因で多い3種類の腰痛とは? 「腰が痛いな」とおっしゃる方の腰痛で最も多い原因がこちらの3種類の腰痛になります。 椎間関節性腰痛。 腰椎椎間板ヘルニア。 急性腰痛症いわゆるぎっくり腰。 これら3つの腰痛が特に多いので概要に関して簡単に解説していきます。 椎間関節性腰痛とは? 椎間関節性腰痛とは、前述した解剖学の中で骨が動く為に存在している関節部分で痛みが生じてしまう腰痛のことです。 現場で働いていると、この腰痛にかかっている人が非常に多いように見受けられます。 また無症状でも実はこの腰痛になっている人もいます。 へルニアとは本来脱出・飛び出るという意味で使われます。 ヘルニア(hernia)または脱腸(だっちょう)とは、体内の臓器などが、本来あるべき部位から「脱出・突出」した状態を指す。 引用: つまり腰椎椎間板ヘルニアというものは、椎間板が脱出つまり正常な位置から飛び出てしまっている状態の事を言います。 飛び出たからといって必ずしも症状が出るわけでなく、無症状の方も沢山いらっしゃるので、ヘルニアがあるから悪いというわけではないという事だけは覚えておきましょう。 急性腰痛症・ぎっくり腰とは? 急性腰痛症、一般的にはぎっくり腰という俗称が非常に有名な症状です。 このぎっくり腰は急激にかつ強烈な痛みを出すのが特徴で、特に椎間関節性腰痛に似たようなトラブルを急激に出す事が多いです。 もちろんヘルニアの急激な悪化でもこの状態になってしまわれる方がいらっしゃいます。 その他にも腰椎を支える靭帯にトラブルが出てしまう前縦靭帯骨化症や腰椎自体にトラブルが出てしまう圧迫骨折や椎間関節が折れてしまい腰椎が前方に滑って移動してしまう腰椎スベリ症などもございますが、今回はこれらに関しての解説は割愛させていただきます。 3種類の腰痛の症状解説 腰痛は全て同じ症状だと勘違いされている方がいらっしゃいます。 しかし、痛みが出ている部分によって症状の発生の仕方は変わってしまいます。 この項では前述した3種類の腰痛の症状の特徴について、一般の方にも分かりやすいように簡単に解説していきます。 椎間関節性腰痛の症状について まずはじめに椎間関節性腰痛の特徴としては以下の3つのPOINTがございます。 片側の腰痛。 ピンポイントに痛い。 腰痛と同じ側のお尻が痛くなる。 という特徴があります。 これは関節部分に痛みが出ているだけなので、片側でピンポイントな痛みが出てしまいます。 そして、関節の傷は神経を介して関連痛と呼ばれる痛みを引き起こしてしまいます。 それが腰痛と同側のお尻の痛みです。 お尻の痛みが出ている時は高確率で下位の椎間関節にトラブルが生じています。 参考: 腰椎椎間板ヘルニアの症状について 次に腰椎椎間板ヘルニアの特徴としては• 症状が軽ければ、椎間関節性腰痛のような特徴の腰痛が出る。 ヘルニア部分が神経に触れているようなら、片側もしくは両側にしびれや痛みが生じる。 重症の場合は、足に麻痺が生じてしまう。 などの特徴があります。 実は腰椎椎間板ヘルニアと椎間関節性腰痛は同時に出現する事がございます。 理由としては非常に簡単で、ヘルニアが存在していれば上の腰椎と下の腰椎の距離が縮まります。 つまり、相対的に関節の距離が近くなるのです。 近くなれば必然と関節同士が擦れやすくなり、傷つきやすくなります。 腰椎椎間板ヘルニアがあるという事は椎間関節性腰痛の症状を引き起こしやすくなるリスクがあると認識していただいた方が良いかもしれません。 この説明に関しては、動画内にて解説しておりますのでぜひそちらでご確認ください。 また椎間板ヘルニアの症状で1番困るのが、ヘルニアによって圧迫された神経のトラブルです。 神経のトラブルが生じて仕舞えば、神経が支配している部位に痛みや痺れを引き起こす原因となってしまいます。 そして、重症な場合は神経が支配している領域の筋肉で麻痺が生じてしまいます。 椎間板ヘルニアは自然に消退されると言われておりますが、麻痺が出てしまった場合は神経のダメージを最小限にする為に、即手術が選択される事が非常に多いので覚えておきましょう。 是非ご確認ください。 サッカーをしていたら足にしびれが出てきた。 立つ事が多い仕事をしていて太ももの外側に痛みが出るようになった。 デスクワー... 急性腰痛症・ぎっくり腰の症状について 最後に急性腰痛症・ぎっくり腰の特徴としては、• 突然、強烈な腰痛が生じる。 椎間関節性腰痛の症状が急激にかつ強烈に出現したような症状が生じる。 腰だけでなく殿部にも痛みが出る人が多い。 痛みが強い為、寝返りや立ち上がり、歩くなどの日常生活動作が困難となる。 ぎっくり腰を経験されている方は高確率で再発を繰り返す。 などの特徴があります。 急性腰痛症いわゆるぎっくり腰は固まっている時から突然動き出した時に好発します。 また、高負荷がかかった時に痛みが生じてしまいます。 つまり、一種の怪我と考えても良いです。 その部分の好発部位としては前述したように「椎間関節」が多いです。 もちろん椎間板の破損に神経のトラブルの場合もあります。 そして、このぎっくり腰は厄介な事に再発を繰り返してしまう人が多いと言う事です。 理由としては、損傷部位が改善しても生活パターンを直さない為、同じような負担が腰へかかってしまいまた再発するという現象が起こります。 一度何処かを痛めてしまったら、治ったとしても生活パターンを変えなければ同じ事を繰り返してしまうという事になります。 腰痛でお悩みの方は是非一度当店にて施術を! 予約受付システムからのご予約なら一切の手間は不要! まとめ 今回は腰痛の原因で多い3種類の腰痛の症状について簡単に解説しました。 POINT• 腰痛の原因で多いのが「椎間関節性腰痛」「腰椎椎間板ヘルニア」「急性腰痛症・ぎっくり腰」である。 たかが腰痛だと鷹を括っている人が非常に多いのですが、そのような方は症状を悪化させてしまう人が非常に多いので要注意です。 少しでも痛みが出ているという事はそれだけ腰へ負担をかけている証拠となります。 痛みは我慢するものではありません。 自分の身体と向き合う機会なので、軽視しないようにしてください。 今後これらの3種類の腰痛について原因から検査方法そして改善方法まで詳しく解説する記事も記載していきますのでよろしくお願いいたします。 愛知県岡崎市在住。 整体院柔YAWARAを設立した理学療法士。 柔YAWARAにて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。 「一生懸命運動やストレッチをしているのに改善しない。 どうしてなんだろう?」 その様なお悩みを抱えた方やお仕事によるお身体のトラブルを抱えている方々を中心に皆様のその問題を解決する「お身体の健康アドバイザー」として日々奮闘中です。 またその傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。 僕の想いはただ一つ。 【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。 】 その事によって、仕事の能率が向上したり、快適な生活が送れるようになれば『社会』に貢献できるのでは無いかと考えています。 またそのような技術を後進に伝えていく事も僕の使命であり、社会貢献だと思っております。 【長尾のちょっとした情報】 お身体のケアが好き。 ラグビーをするのが好き。 ランニングしたり、山を登るのが好き。 実家のタヌキみたいなチワワが好き。 嫁が一番大好き。

次の