勘のいい。 勘がいい人の特徴をチェック!勘がいい人に向いてる仕事と勘を良くする方法

勘がいい人の9つの特徴と勘のよさを磨く方法|feely(フィーリー)

勘のいい

事前にリスクを察知できる• 周りの人に関心を持って観察している• 普通の人より集中力が高い• 騙されにくい• 人生経験が豊か• 先入観で物事を判断しない• 少ない情報から答えを導き出せる• 自分の判断や考え方に自信がある 事前にリスクを察知できる 勘が良い人は、何となく嫌な予感がするという理由で行動を変えたり、別の選択肢を考えたりすることがあります。 これは、今後起こり得るトラブルやリスクを直感的に察知しているためです。 結果として 勘が良い人ほどトラブルに巻き込まれたり、大きなミスをしたりするリスクを回避したりできます。 周りの人に関心を持って観察している 勘がいい人は、周りの人の些細な変化にもよく気が付きます。 言葉にしなくても調子が悪いのを察したり、嘘を見破ったりするのも得意です。 勘の良い人は積極的に他人に興味を持ち、表情や態度、行動のクセなどをよく観察しています。 そのため、普段と違う態度や表情が見られれば、すぐに気が付いてしまうのです。 普通の人より集中力が高い 勘が良い人ほど他人の変化によく気が付く理由は、観察力があるからというだけではありません。 普段から集中して相手を観察しているかこそ、何気ない仕草や表情から感情を読み取ることができるのです。 騙されにくい 勘がいい人は嘘を見抜くのが得意な分、騙されることも滅多にありません。 少しでも不審な仕草や挙動不審な様子が見られれば、何か嘘をついているとすぐに気が付くため、警戒心をもって相手の話に耳を傾けることができます。 人生経験が豊か 人生経験が豊富なのも、勘がいい人の特徴です。 過去の体験から、人の気持ちや本音を読み取り、相手が何をしてほしいのか察知したうえで行動できます。 先入観で物事を判断しない 勘がいい人は先入観にとらわれず、自身の体験や観察力、洞察力をもとに物事を考えます。 そのため、多角的な視点から物事を判断し、正しい判断を下すことができるのです。 少ない情報から答えを導き出せる 勘のいい人は膨大なデータの中から、必要な情報や信頼できる情報だけをピックアップして、自分がとるべき行動を判断することができます。 頭の回転が早く、少ないデータから今後の展開を即座に予測できるため、間違った情報に踊らされたり、チャンスを逃してしまったりすることはほとんどありません。 自分の判断や考え方に自信がある 勘がいい人は、自分の考え方に自信を持っているため、判断や決断を下すのが早いです。 不確かな情報よりも自身の経験をもとに答えを導き出すため、その後にどのような出来事が起きても、素直に受け入れることができます。 場合によっては判断が間違っていることもありますが、反省して今後に生かすことで、ますます勘がよくなっていくのです。 男性より女性の方が勘がいいって本当? 性別に関係なく勘がいい人はいるものの、男性よりも女性の方が勘が鋭い人が多いというイメージを持っている人もいるでしょう。 女性の方が勘がいいとされているのは、いくつかの根拠があります。 女性の方が脳梁が大きい• 本能的な危機察知能力が高い• 興味や関心を惹かれる対象が多い 女性の方が脳梁が大きい 脳梁とは右脳と左脳を繋ぐ束のことで、主に視覚や聴覚から得た情報を処理しています。 女性の脳梁は男性よりも細胞が1. 5倍ほど多く、太さも異なるのです。 そのため、 女性の方が右脳と左脳の情報を処理する速度が速く、直観力にも優れているといわれています。 本能的な危機察知能力が高い 女性は自分を大切にしてくれる男性を見極め、優秀な子孫を残すという本能が備わっています。 さらに、生まれた子どもをあらゆる危険から守らなければいけません。 そのため、生まれつき危険を予知したり、必要な情報を見極めたりする能力が高いといわれています。 興味や関心を惹かれる対象が多い 女性は子どもの頃から友達に相談したり、他人の感情に接したりする機会が多いです。 そのため、自然と周りの人の行動や言動に敏感になり、態度や表情から人の気持ちを読み取る能力が高くなるといわれています。 勘がいい人と頭がいい人は違う?頭が良くても鈍感な人も 勘がいい人の中には頭がいい人も多いですが、頭がいい人が必ずしも勘が鋭いとは限りません。 頭がいい人とは、勉強ができるというだけではなく、物事を素早く理解できる人です。 自身の感情を切り離し、理性だけを働かせて決断を下すことができます。 一方、勘が良い人は洞察力や観察力に優れ、普段から周りの人の動向に敏感です。 経験や観察をもとに、直感で良い方向へと導く決断ができるため、意図的に感情を切り離す必要がありません。 たとえ頭が良くても、想像力に欠けていたり、周囲に関心がなかったりすると、勘は鈍くなってしまうでしょう。 勘のいい人によくあるエピソード3選 ここで、勘がいい人によくある代表的なエピソードを3つ紹介します。 社内恋愛がバレた!• 海外旅行に行ったことがバレた!• 直感で妊娠が分かった! 社内恋愛がバレた! 「勘がいい人は、観察眼が人並み以上に鋭いからか、社内恋愛など隠しているつもりのこともバレてしまうんですね。 社内では接点が薄い部署にいた先輩に、突然「あの人と付き合ってるの?」と聞かれたときはギクっとしました。 ほとんど会話をしたこともなかったのに、どうしてそう思ったのか聞いてみたら、目線の動きなど何気ない仕草で分かってしまったそうです。 」 海外旅行に行ったことがバレた! 「彼女に内緒で友達と旅行に行ったとき、彼女から電話がかかってきたことがありました。 疑われたくなかったのでとりあえず電話には出ましたが、少し話しただけで旅行に行っていることや、同行者が友達ということまで当てられてしまいました。 周囲の音や声色でピンときたとのことですが、おそるべきは女の勘です。 」 直感で妊娠が分かった! 「第一子を妊娠したとき、いつものように生活をしていたのに、突然「妊娠した」と分かった瞬間がありました。 そのときは検査をしても反応はなかったのですが、あとから病院で詳しく検査を受けたときに、妊娠していたことがわかりました。 妊娠に気付かないまま安定期に入る人もいるそうなので、早めに気付けてよかったと思います。 」 勘が鋭くて困ることもある? 勘がいいと事前にトラブルを察知したり、危険を回避できたりなどメリットばかりで、悪い事などないように感じられます。 しかし、実際に勘が鋭すぎる人は、損をしていると感じる場面も多いです。 たとえば、相手の浮気に気付いてしまったり、サプライズパーティーの計画を見抜いてしまったりなど、知らない方が良かったことまで察知してしまうケースも少なくなりません。 些細な出来事なら良いものの、場合によっては立ち直れないほど深く傷付くこともあるでしょう。 あなたの勘の鋭さを診断! ここまでは勘が鋭い人の特徴やエピソードについて紹介してきました。 しかし、自分の勘がいいのか悪いのか分からないという人もいるでしょう。 そこで、簡単に勘の鋭さを診断する方法を紹介します。 下の質問の中から、当てはまるものがいくつあるかをチェックしてみましょう。 チェックポイント• 人間観察が好き• 映画鑑賞や読書が趣味• 会った人の体調が良いのか悪いのか何となく分かる• 嘘や隠し事をよく見抜いてしまう• 記憶力には自信がある• 集中力が高い方だと思う• 人生経験が豊富だという自覚がある• 物事を考えるときはまず相手の立場に立ってみる• すぐに決断してしまう方だ• 自分の直感には自信をもって従う 当てはまった数が1~3個 あまり勘が鋭い方とは言えないようです。 しかし、トレーニング次第では、勘をよくすることもできます。 当てはまった数が4~6個 勘の鋭さは平均的です。 ただし、地道にトレーニングを行えば、人並み以上に感が鋭くなる可能性もあります。 当てはまった数が7~9個 かなり勘が鋭い人です。 普段から周りの人をよく観察したり、想像力を働かせながら物事を考えたりする習慣がついています。 さらに勘を磨きたいのであれば、トレーニングを始めてみるのも良いでしょう。 当てはまった数が10個 何事も直感で判断できるほど勘が鋭い人です。 無意識のうちに人の嘘を見抜いたり、危険を察知したりすることも多いでしょう。 人の気持ちを予測して、先回りした行動をとるのも得意です。 勘がいい人になりたい!今からできるトレーニング 勘がいいといわれている人も、生まれつき勘が鋭かったとは限りません。 人生経験を重ねるうちに、後天的に勘が鋭くなったという人もいます。 勘をよくしたいと考えている人は、これから紹介する方法を生活に取り入れて、勘を鋭くするためのトレーニングをしてみましょう。 先入観にとらわれない• 集中力を高める訓練をする• 直感で決断するクセをつける• 周りを観察する習慣をつける• 必ずうまくいくという自己暗示も大切! 先入観にとらわれない 物事を考える際に先入観があると、最初から決めつけてしまったり、余計な悩みが生じたりして、結果的に間違った決断を下してしまうおそれがあります。 先入観にとらわれないためにも、 日頃からさまざまな考え方や価値観を持った人と話したり、新しい事にチャレンジしたりする習慣をつけましょう。 視野が広がれば、先入観も自ずとなくなり、多様な選択肢が見えてくるようになります。 集中力を高める訓練をする 勘を鋭くするには、集中力を高めることも重要です。 そもそも集中力がなければ、些細な変化から違和感を覚えたり、一瞬で危機を察知したりすることもないでしょう。 まずは仕事や勉強に取り組む際、始める時間と終わらせる時間をあらかじめ設定したうえで行います。 集中すると決めた時間は、できるだけ他の事は考えないようにしましょう。 一つのことに集中するクセをつければ、他人を観察したり、物事を判断したりするときに、意識しなくてもそのことに集中できるようになります。 直感で決断するクセをつける 勘がいい人は、具体的な根拠や理由がなくても、自分の直感を信じて決断を下してしまいます。 物事を素早く判断できないという場合は、試行錯誤する前に直感で決断する訓練をしてみましょう。 もちろん、直感を頼りに下した決断が、必ずしも正しいとは限りません。 場合によっては間違ったり、失敗したりすることもあるでしょう。 しかし、時間をかけて悩みながら決断を下した場合も、直感を信じて決断した場合と同様、失敗するリスクがあることに違いはありません。 周りを観察する習慣をつける 勘がいい人は、日頃から周囲をよく観察しているため、わずかな変化にも気付くことができます。 逆に、鈍感な人は自分のことに集中しすぎてしまい、周囲を観察する余裕がないことが多いです。 そのため、周りの人に変化があっても気付けなかったり、予想外のトラブルに見舞われてパニックを起こしてしまったりします。 勘を鋭くしたいのであれば、常に一点に集中するばかりではなく、周りの人の表情や置かれている状況をよく観察してみましょう。 視野を広くすることで、見落としていた事実に気が付くと同時に、これから起こる可能性がある出来事を予想しながら行動することもできます。 必ずうまくいくという自己暗示も大切! 勘がいい人は、自分の直感や考え方を信じているだけではなく、「全てがうまくいく」という自信を持ったうえで行動しています。 気持ちに迷いがないからこそ、直感で決断を下せるのです。 自分に自信がないと、理由や根拠もなく決断を下すのが不安で、瞬間的な判断ができなくなってしまいます。 自分の勘に自信を持つためにも、日頃から「全てがうまくいく」と自己暗示をかけて、どのような状況においてもポジティブに考える習慣を身につけましょう。 勘がいいのまとめ• 勘の良い人は集中力が高く、常に周囲を観察しているため、些細な変化にも気付くことができる。 脳の構造や生活習慣の違いから男性よりも女性の方が勘が鋭い人が多い。 頭が良くても想像力に欠けている人や、周囲に関心がない人は勘は鈍い。 勘が鋭すぎると、知らない方が良かったことにも気が付いてしまい傷つくことも。 勘が鋭くなるような習慣をつければ、後天的に勘がいい人になることもできる。 日常生活の過ごし方次第で、勘を鋭くすることもできれば、ますます鈍くなってしまうこともあります。 勘を鋭くしたいという人は、ここで紹介した情報を参考に、勘がいい人になる習慣をつけてみましょう。

次の

君のような勘のいいガキは嫌いだよ

勘のいい

勘がいい人の特徴 では、勘がいい人の特徴をみていきましょう。 リスクを察知する能力に長けている• 他人をよく観察している• 集中力がある• 嘘を見抜くのが上手い• 人生経験が豊富• 先入観にとらわれない• 頭の回転が速い• 自分の考えに自信を持っている 続いて、勘がいい人の特徴を、それぞれ詳しくみていきます。 そして、「何となく嫌な予感がするな」と感じた時には、他の選択肢を考えて別の行動をとることができます。 このように、事前にリスクを察知することによって、大きなミスをしてしまったり、トラブルに巻き込まれてしまうのを回避することができるのです。 これにより、周りの人の普段の表情や態度、その人のクセなどをよく知っているので、他人のちょっとした変化に気が付いたり、嘘を見破ることができるのです。 例えば、いつもとは違う表情や態度をしていると、「今日は何かあったのかな」と心配したり、「体調が悪そうだけど大丈夫?」といって積極的に声をかけに行くことができるのです。 また、彼氏が浮気をしていたり、浮気をしていると疑われるような行動をとっていると、普段とは様子が違うことを直感で気付くことができます。 そして、実際に彼氏のスマホを調べると浮気相手とのやり取りが見つかったと実際に勘が当たることも少なくないのです。 そもそも、勘を働かせて正しい判断を下すためには、ひとつの事柄に集中して考えることが必要になります。 例えば、相手のちょっとした変化を察知するためには、まずは相手の普段の表情や態度、クセなどの相手の情報を知ることが大切になります。 そして、ちょっとした表情や動作から感情を読み取る訓練をしなければならないので、相手を観察することに集中する必要があるのです。 勘がいい人の場合は、これらのちょっとした不審な動きも瞬時に察知することができるので、 「この人は何か嘘をついているのでは」と疑いの心を持ちつつ、相手の話を聞くことができるので、相手の嘘に騙されてしまうことはほとんどありません。 人生経験が豊富なほど、たくさんの過去の実体験に基づいて物事を考えることができます。 そのため、彼氏がキョロキョロと目が動いていたら、今までの彼氏も嘘をついていたことが多かったから、彼氏も嘘をついている可能性が高いだろうと予測を立てることができます。 また、相手がこんな言動をとっていたら、こんな気持ちなんだろうなと、人の心を読み取ることができるので、相手が何をしてほしいのか考えた上で行動に起こすことができます。 勘がいい人というのは、そういった先入観にとらわれることがなく、自分の実体験から得たことや推察力を活かして物事を考えることができます。 そのため、色々な視点から物事を考えることができ、その中から正しい答えを導き出すことができるのです。 そのため、インターネット上の間違った情報に惑わされて、間違った答えを導き出してしまったりすることはありません。 また、少ない情報の中から勘を働かせて、この後に自分がどういう行動を取るべきか決断を下すことができます。 そのため、株式投資のように、保有している株の会社のデータや株の値動きを見て、今後はどのような値動きをするのか即座に判断することができます。 その結果、大きな利益を得られるチャンスを逃したり、逆に損失を被ってしまうこともほとんどないのです。 自分に自信が持てないと、どの選択肢を選べば良いのか、この決断は間違っていないのだろうかと迷いが生じて、決断を下すまでに時間がかかってしまいます。 しかし、勘がいい人というのは、 人生経験が豊富でそこから得た情報は確かなものですので、自分の直感に自信を持って決断して答えを導き出すことができます。 また、自分が決断したことで起きた出来事は素直に受け入れることができ、自分の判断が間違っていればきちんと反省して今後に活かすことができます。 このように成功と失敗を繰り返していくことで、自分の直感が磨かれていくのです。 勘がいい人と鈍感な人の違い では、勘がいい人と鈍感な人の違いをみていきましょう。 想像力があるかどうか• 周囲を見ているかどうか• 理解力があるかどうか 続いて、勘がいい人と鈍感な人の違いを、それぞれ詳しくみていきます。 勘がいい人というのは、この後にどんなことが起こり得るだろうかと予測を立てることができたり、その場の雰囲気や相手の気持ちを読み取ることができたりと、想像力が非常に豊かです。 そのため、自分に降りかかってくるであろうリスクを避けて行動に起こすことができたり、 相手がしてほしいことを相手から言われる前に行動に起こすことができます。 その結果、ビジネスでも成功する可能性が高まりますし、良好な人間関係を築いていくことができます。 一方で、鈍感な人というのは、想像力が乏しくて 現実に起こった物事をありのままでしか受け取ることができません。 そのため、相手が本心とは違うことを言っていても、その言葉の裏を読み取ろうとせずに「分かった」と言って鵜呑みにしてしまったり、計画性もなしに場当たり的な行動を起こしてしまった結果、大きな失敗をして周りの人に迷惑をかけてしまうことも少なくないのです。 勘がいい人というのは、自分の周囲の状況をよく見ているので、他人のちょっとした変化に瞬時に気が付くことができたり、周りの人に気を遣った行動を心掛けることができます。 また、車の運転をしている時では、前だけではなく、周囲を見渡しながら運転に集中することができます。 これにより、この後対向車がこちら側の車線にはみ出してくるかもしれない、路駐している車の陰から人が飛び出してくるかもしれないという予測を立てながら運転することができます。 このように、周囲をよく見ていることで、 予測を立てながら行動することができるので、周りの人に迷惑をかけるような行動をしたり、自分が不利益を被るリスクを最小限に抑えることができると言えます。 一方で、鈍感な人というのは、自分の周囲の状況を見ないで自分のやるべきことだけに集中してしまいます。 そのため、他人のちょっとした変化に気が付くことができなかったり、 無意識のうちに自分勝手な振る舞いをしてしまうことも少なくありません。 また、車を運転している時の例を挙げてみても、こういった人は前方しか注視していないので、対向車が突然こちら側の車線にはみ出してきたり、人がいきなり飛び出してきても咄嗟の判断で対応することができないのです。 勘がいい人というのは、頭の回転が良く、大量の情報の中から正しい情報を見極めたり、逆に少ない情報から本質を見極める力に長けています。 そのため、相手から1から10まで細かく説明されなくても、相手が言いたいことをすぐに理解して行動に起こしたり、質問されたことに対して的確に返答することができるのです。 一方、鈍感な人というのは、1から10まで細かく説明されないと、 話の内容を理解するまでに時間がかかってしまいます。 そのため、同じことを何度も説明されても、相手が何を言いたいのか理解できなかったり、行動に起こすまでにワンテンポ遅れてしまったりと、俊敏に対応するのが難しくなってしまうのです。 勘がいい人になる方法 では、勘がいい人になる方法をみていきましょう。 先入観にとらわれないようにする• 集中力を高める• 直感で決断を下すようにする• 周囲をよく観察する• 全て上手くいくと自己暗示をかける 続いて、勘がいい人になる方法を、それぞれ詳しくみていきます。 物事を考える時に、先入観にとらわれて「こうではないか」と最初から決めつけてしまうと、あれこれと悩みが生じて決断力が鈍ってしまう恐れがあります。 そのため、先入観にとらわれないようにするためには、色々な考え方を持った人と会話するようにしたり、今までやってこなかった新しいことにチャレンジするなどして、色々な人の考え方を知って、たくさんのことに触れるようにしましょう。 そもそも、勘というのは一瞬で降りかかってくるものなので、集中力がなければちょっとした変化から違和感を覚えたりと、勘が働くことはありません。 そのため、集中力を高めるためには、「〇時までやる」と時間を決めて、 「〇〇まで終わらせる」と目標を持った上で物事に取り組んで、その他のことは何も考えないようにしましょう。 そうすることで、何か物事を決断したり、相手を観察する時には、無意識のうちにそのことだけに集中できるようになるので、結果的に勘が働きやすくなって、自分の直感を信じて正しい答えに導き出すことができるようになります。 目標も何もなく、ダラダラと毎日を過ごしているようでは、ここぞという時に集中することなどできません。 勘がいい人というのは、具体的な理由もなく、ビビッときた直感を信じて決断を下すことが多いです。 そのため、何か決断を下す際には、色々と試行錯誤して決断を下すのではなく、「これだ!」という直感を信じて決断を下すようにしましょう。 しかし、色々と試行錯誤して決断を下すことと、直感を信じて決断を下すことのどちらにしても失敗する可能性があることには変わりありません。 鈍感な人というのは、周囲をよく観察することなく、自分のやるべきことだけに集中しすぎてしまいます。 その結果、他人のちょっとした変化に気が付くことができなかったり、予測していなかった出来事に直面してパニックになってしまうこともあります。 そのため、一点に集中するのではなく、 全体を見渡すように周囲の状況や他人の表情をよく観察してみると良いでしょう。 そうすることで、今まで見えてこなかった事実も見えるようになり、この後起こるであろう出来事を考えながら行動に起こすことができたり、他人のちょっとした変化に気が付いて積極的に声をかけられるようになり、良好な人間関係を築いていけるようになるかもしれません。 そもそも、直感で決断を下すためには、あれもこれもと自分の気持ちに迷いがあってはいけません。 自分に自信が持てないと、「本当に大丈夫だろうか」「失敗しないだろうか」と不安を抱いてしまい、具体的な理由もなく決断を下すのが難しくなります。 そのため、どんな状況に直面してもポジティブに考えて。 「全て上手くいく」と自己暗示をかけ続けましょう。 勘がいい人に向いている仕事 では、勘がいい人に向いている仕事をみていきましょう。 研究者• 警察官• アーティスト• デザイナー 続いて、勘がいい人に向いている仕事を、それぞれ詳しくみていきます。 研究者の仕事というのは、結果を証明するために長年積み重ねてきた知識や経験を活かして、 様々な予測を立てて実験を繰り返して、研究を重ねていく仕事です。 研究者とは、不確かなものを確かなものにするために長い道のりを歩み続けていかなければならないので、忍耐力ももちろんそうですが、先入観にとらわれずに自分の直感を信じて研究を続けていく必要があります。 例えば、風邪のような症状でも、実は重大な病気にかかっていたというケースも少なくありません。 しかし、先入観にとらわれて病名を判断してしまうと、後で取り返しのつかない事態に直面してしまう可能性も十分にあります。 勘がいい人であれば、そのような先入観にとらわれず、周りの人の意見に流されずに正しい病名を診断することができるので、病状が悪化する前に治療に取り組んで患者の命を助けることができます。 探偵の仕事というのは、依頼人の要望を疑惑の段階から様々な調査を積み重ね、 決定的な証拠を集めて確信に変えていくのが仕事です。 調査対象の人を観察し続けて行動パターンを把握しなければならないので観察力が必要になりますし、ほとんど手掛かりがない状態で人探しをする場合は、長年の経験に基づいた勘を頼りにして答えを導き出してかなければなりません。 警察官の仕事というのは、犯罪を未然に防いで街の治安を守ったり、犯罪者を捕まえるのが主な仕事ですが、 そこで長年の経験に基づいた勘が活かされて犯罪者の逮捕に結びつくことがあります。 例えば、薬物をやっていたり、刃物を持っている人というのは後ろめたい気持ちがあるものです。 そのため、警察官を見かけると不自然に視線を逸らしたり、歩く方向を急に変えるなどの不審な行動をとる傾向にあります。 こういった人を捕まえるためには、街中にいる大勢の人をよく観察して、その中から不審な動きをした人を瞬時に察知する必要があります。 勘がいい人であれば、少しでも不審な動きをした人に職務質問しに行って捕まえることができるので、結果的に犯罪を未然に防いだり、薬物犯の逮捕へと貢献することができるのです。 アーティストの仕事というのは、 独自の発想を活かしてゼロから作品を作り上げていく仕事です。 そのため、「この作品なら売れるな」という直感や、毎日の生活の中からヒントを得て「これだ!」というひらめきがなければ、世間から認められるような良い作品を作り上げるのは難しいといえるでしょう。 そして、そのデザイナーしか表現できないような唯一無二のデザインを考えなければならないので、 独創的な発想や直感が求められることになります。 デザイナーはアーティストと同じようにマニュアル通りには上手くいかないですし、個性が重視される仕事なので、勘がいい人には最適な仕事であると言えるでしょう。 勘がいい人になって、物事を直感で決断できるようになりましょう! 直感とは、人間なら誰もが持っている感覚なのですが、 勘がいい人というのはその直感を敏感に感じ取ることができます。 勘がいい人になることで、「何かが起こるのではないか」と先のことまで読めるようになったり、先入観を持たずに決断を下すことができます。 そのため、不運なトラブルに巻き込まれるのを防ぐことができたり、 自分にとって不利益にならないような正しい選択ができるようになります。 なお、普段の生活の中でトレーニングを積み重ねることで勘を鋭くさせることができるので、周囲をよく観察したり、何かを決断する時には自分の直感を信じて決断を下すようにして見て下さい。

次の

勘がいい人の特徴や鈍感な人との違い!鋭い勘を身につける方法とは

勘のいい

記事の目次• 勘がいいとはどんなこと? 勘がいいとは、事前にリスクを察知して回避できる、新しいことをすぐマスターする、他人の気持ちを察することができるなどです。 ここではそれぞれを詳しくまとめてみたので、ぜひ目を通してください。 事前に危険を察知して回避できる 勘がいい人は、 自分に降りかかるリスクを察知できます。 何となく嫌な予感がする、肌がぞわっとするなど、人によってどのような形で勘の良さが発揮されるかは異なります。 事前にリスクを察知できるため、降りかかるトラブルを避けることも可能です。 新しいこともすぐにマスターしてしまう 要点を押さえることに長けているため、初めて挑戦することでも比較的短い期間でマスターしてしまいます。 勘がいい=センスがいい、と置き換えてもいいかもしれません。 初めてのことでも自分なりの方法でコツを見つけてしまい、あっという間に上達します。 他人の気持ちを察するのが得意 勘がいい人は、 人の心の動きを察するスキルにも長けています。 女性同士が「あの人は絶対〇〇さんのことが好きだよね」といった普段の行動から判断することができる点も勘のいい女性といえます。 人の気持ちが分かるため、常に適切な対応もできます。 あなたは当てはまる?勘がいい人の9つの特徴 勘がいい人には共通する特徴があります。 ここでは、勘がいい人に当てはまる特徴を9つご紹介します。 自分が該当するかどうかチェックしてください。 気づいていないだけで、あなたも勘がいい人なのかもしれません。 記憶力がいい 記憶力が良いため、かなり昔のことでも覚えていることが多いです。 その記憶力の良さから、過去の経験を活かすことができ、それが勘の良さにつながっています。 過去にこんなことがあったから、今回活かせるのではないかと 経験から推測することも得意かもしれません。 人の表情から感情を読み取るのが得意 人の感情は、なかなか読み取れるものではありません。 他人の心にどのような感情が渦巻いているかは分からないものですが、勘のいい人は違います。 表情一つからあらゆる感情を読み取ることができるため、相手がどのようなことを考えているかを察知することができます。 集中力がある 集中力があるため、相手のちょっとした動作や仕草から感情を読み取ることもできます。 集中して相手を観察することで、何を考えているかを把握でき、次にどのようなことが起きるかを予想しているのです。 これから起こりえることを予想できれば、対処もスムーズに行うことができるでしょう。 日頃から色々と観察している 勘がいい人は観察力も良いです。 物事をしっかりと観ているため、ほんの些細な変化にも気づくのです。 勘がいい女性だと、恋人のわずかな見た目や仕草の変化を察知し、浮気しているのではないかと疑うこともあります。 勘の良さに観察力は欠かせない要素といえるでしょう。 嘘を見抜くのが上手 人は嘘をつくときに目が泳いだり、挙動が不自然になったりします。 このようなちょっとした変化を見逃さない人は、嘘を見抜くことにも長けており、勘がいいといえるでしょう。 目の動きや言動から本当のことを言っているかどうかを見抜くことができます。 経験豊富 勘がいい人は、人生経験が豊富なことが多いです。 過去の経験に基づいて考えるため、人の考えを読み取ることができ、相手が何をしてほしいのかも分かることあります。 自分の中でさまざまな選択肢を用意できるため、対応力が高いともいえるでしょう。 判断力がある 判断力がある人は、 直感的に物事の本質を見抜く力があるといっても過言ではありません。 どちらが正しいのか、今するべきは何かということを判断できますし、正しい行動をとることができます。 判断力は持って生まれたものもありますが、経験によって培われることもあります。 頭の回転が速い 頭の回転が速いとたくさんの情報を素早く処理できます。 いろいろな情報の中から本当に正しい情報を直感的に抜きだし、行動に移せる人が勘のいい人となります。 勘がいい人がチャンスを掴めるのは、瞬時にして正しい情報を抜きだしているからです。 物事を論理的にとらえている 論理的に物事をとらえる方は、 常にロジカルな思考を巡らせることができます。 論理的に考えることができるため、この後どんなことが起きるのかを想定して行動することができます。 論理的に考えることができるため、実際に行動に移すこときも時間をかけず、スムーズに進めることができるのです。 勘がいい人が持っているスキル 勘がいい人と良くない人とでは持っているスキルも違います。 勘がいい人は観察力や推理力、推察力を持っており、先入観を持たずに考えることができます。 ここでは、勘がいい人のスキルについて詳しく見てみましょう。 観察力が長けている 観察力に長けているため、些細な変化を機敏に察知します。 いつもとわずかに違う、これまでと状況が異なるといったことを瞬時に判断でき、本質を見破ることができます。 相手の表情や言動からも感情を読み取ることができてしまいます。 推理力がある 勘がいい人は推理力もあります。 論理的に考えを進めることで推理ができるようになり、これから起こりえることを導き出せるようになるでしょう。 これから起こることをある程度推理できるため、それに応じた行動をとることができるのです。 推察力がある 相手の心の奥底まで読み取る推察力を持つ方もいます。 相手の心が今どのような状態にあるかを考え、そのうえで何を考えているのか、何をしようとしているのかを推察できます。 表情や動きを見ながら想像力を働かせ、表には出ていない相手の感情を読み取ることもできるでしょう。 先入観を持たない 先入観を持ってしまうと、間違った答えを導き出してしまうことがあります。 勘がいい人は客観的に物事を見ることができ、先入観を持っていません。 そのため、迷いも生じにくくスピーディな決断もできます。 先入観を持たずに答えを導けることは、大きな強みといえるでしょう。 勘を良くするためにできること 勘を良くすることができれば、今後の人生のさまざまなシーンで役立ちそうですよね。 常に正しい判断や行動ができそうなので、勘のよさを磨きたい方もいるでしょう。 ここでは、勘を良くするためにできることをまとめてみました。 人の表情を注目して生活する 人の表情から読み取れる情報は、たくさんあります。 表情が乏しいと言われる方でも、些細な変化が起きています。 その表情の変化から相手が何を考えているか、何をしようとしているか 読み取る努力をしてみましょう。 そのうえで、相手との意思疎通を図るようにしてみてください。 細部まで注目する あまり人が注目しないような部分、細かいところまで注目する癖をつけましょう。 こうした習慣をつけることでちょっとした変化を見抜くことも可能になります。 大きな塊で物事をとらえてしまうと、細かい部分を見落としがちです。 なるべく細かく見るようにしてください。 推理映画などを観る 推理ものの映画を鑑賞することで推理力を養えます。 ストーリーをそのまま楽しむだけでなく、 自分ならこう思う、こう考えると推理しながら観るのがポイントです。 映画だけでなく推理小説やマンガなどでも問題ありません。 楽しみながらトレーニングしてみましょう。 新しいことに興味を持つ 今まで経験したことのない新しいことを始めてみましょう。 何にでも好奇心や興味を持つようになれば、新しい発見をすることができ、観察力も養われていきます。 経験を増やすこともできるので、引き出しも増えます。 ちょっとでも興味を持ったことは、深掘りしてみたり、取り組んでみたりすると良いでしょう。 自分の強みを知る まずはグッドポイント診断で自分の強みを知りましょう。 強みを知ることで、 どの部分を「勘を強くする」ために強化すれば良いのかを明確にすることができます。 勘の強い方だと、「感受性」や「冷静沈着」と出た方は、既にかなり高めの勘の持ち主だと言えるかもしれません。 以下の、具体的にグッドポイント診断について紹介している記事もチェックしてみてくださいね。

次の