ゆで 太郎。 ゆで太郎 南砂店

ゆで太郎、富士そば、小諸そばの「かつ丼」食べ比べ 値段と量の違いは?

ゆで 太郎

概要 [ ] 創業会社である「信越食品」と FC 展開を目的とする「ゆで太郎システム」の2社が、同一屋号同一サービスで運営している。 2019年3月現在、1都1道14県に店舗展開しており 、東京都内の店舗以外は、すべてゆで太郎システムと同社傘下のFCが運営する。 歴史 [ ] 「信越食品」社長の水信春夫と、「ゆで太郎システム」社長の池田智昭は元々は共に持ち帰り弁当店「」のFCオーナーであった。 元蕎麦職人だった水信は4店舗まで展開した「ほっかほっか亭」の経営を止めて念願だったというそば店を創業 、一方の池田は共同経営者との意見の相違からFC経営から独立の後、26歳の時にに引き抜かれ、最終的には取締役にまで上り詰めた人物である。 池田がほっかほっか亭を退職し、次のビジネスを模索する中で、本部社員とFCオーナーとして面識のあった水信の店で働かせてもらい、職人店長が一人で店舗を切り盛りする「ゆで太郎」のオペレーションに問題点を見いだし、職人の技をマニュアル化してFC展開する事を提案。 これを水信が了承して池田は「ほっかほっか亭」時代のノウハウを生かしたマニュアル化・FC展開を実施し、本格的に店舗展開が進むこととなる。 その一方で、水信は池田と経営ノウハウの統一化は行いながらも独自に直営店の店舗展開を行ったという経緯もあり、現在も信越食品とゆで太郎システムとの間に資本関係は無く「マスターフランチャイズ契約」による関係である。 特徴 [ ] 一般に都心部への立地の多い立ち食いそば店だが、信越食品では本社がある大田区の大森を中心とした周辺区への直営店のみの開発、ゆで太郎システムではゆっくり座って食べることができる店舗コンセプトをベースにの開発を進めており 、後発ながらもそば業界で「」「」を超える出店規模を展開している。 最大の特徴として、蕎麦の「三たて」(挽きたて、打ち立て、茹でたて)を徹底するため、店舗で粉から製麺していることが挙げられる。 また、ゆで太郎システムの店舗では、茹で置きをせずに注文後に茹でたてを提供している。 沿革 [ ]• (54年)9月 - 水信春夫が前に弁当屋を開店。 (昭和57年)5月 - 信越食品株式会社を設立して法人化。 (6年)10月 - ゆで太郎1号店(店)開店。 (平成16年)8月 - 株式会社ゆで太郎システム設立、信越食品とマスターフランチャイズ契約を締結。 2004年(平成16年)12月 - ゆで太郎システム直営1号店(本店)開店。 (平成17年)8月 - FC店舗1号店(2丁目店)を開店。 (平成19年)2月 - 信越食品とゆで太郎システムの間で食材・包材・什器などの仕入れ業務の集約により商品の統一化を実施。 2007年(平成19年)10月 - ゆで太郎システムが千葉県に初の郊外型店舗(白金通店)を開店。 (平成22年)7月 - に出店。 (平成24年)12月 - のに出店。 (平成25年)3月 - に出店。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈・出典 [ ]• ゆで太郎システム. 2019年3月14日閲覧。 ゆで太郎システム. 2019年3月14日閲覧。 2019年4月29日閲覧。 2019年4月29日閲覧。 信越食品. 2019年3月14日閲覧。 ビジネスオンライン 2018年3月13日. 2019年4月29日閲覧。 日経電子版. 2019年11月16日閲覧。 ゆで太郎システム. 2019年4月29日閲覧。 ゆで太郎システム. 2013年3月23日時点のよりアーカイブ。 2019年3月14日閲覧。 日経メッセ フランチャイズ・ショー() 2012年10月12日. 2019年3月14日閲覧。 フードスタジアム アジア(株式会社ダーウィン) 2013年8月9日. 2019年3月14日閲覧。 外部リンク [ ]• (日本語) - 信越食品• (日本語) - ゆで太郎システム この項目は、・に関連した です。 などしてくださる()。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

ゆで太郎 錦糸公園前店

ゆで 太郎

新型コロナウイルスの影響は、外食産業にどんな影響を与えているのか(写真:まちゃー/PIXTA) 新型コロナウイルスの感染拡大の影響を大きく受けている外食業界。 立ち食いそばもその例外ではないが、厳しい状況の中にも希望とも取れる変化が出てきているという。 業界2大チェーンである「江戸切りそば 」を運営するゆで太郎システムの池田智昭社長と、「名代」を運営するダイタンホールディングスの丹有樹社長が、コロナ下での立ち食いそばの現在と未来を語り合った。 前編: そばは「テイクアウト」に合わない 人が減った中で、多くの飲食店がテイクアウトやデリバリーなど、店外でメニューを提供できるサービスを始めた。 「ゆで太郎」「富士そば」も同様に始めたのだが。 池田:テイクアウトも、温かいそば以外のメニューで、この機会に始めたんですよ。 1店舗あたりだいたい5万円ぐらいの売り上げと、思っていたよりよかったですね。 丹:うちはコロナの前から出前館さんと話を進めていて、ちょうどコロナのタイミングでデリバリーを始めたんですが、そこまで大きく売り上げに貢献しているかというと、そうではないですね。 テイクアウトやデリバリーは、ふだん行けない人気店や高級店とか、常連さんがサポートしてあげたいと思うようなお店はいいかもしれませんが、うちがそういうお店と張り合ってもしょうがないかなというのはあります。 池田:おそばはもともとテイクアウトに向いていないですよ。 お店でできたてを食べるものですから。 あとはお店でできるキャパがありますから、昼どきにテイクアウトの注文が入ると、どうしても厨房が止まっちゃいますからね。 郊外店はお客様の来るタイミングはバラけているので、そこまでの影響はないんですが。 丹:数がこなせなくなっちゃうんですよね。 うちもピークが濃い店舗は、デリバリーをやらせていません。 予防ワクチンや治療薬が開発されない限り、我々は今後もコロナウイルスの感染を意識しながら、生活していかなければならない。 池田:店側ができるのは、従業員がマスクをつけて手指を消毒する。 あとは店内のアルコール消毒をまめにする。 それしかないですよね。 丹:そんなに新たにできることってないんですよね。 池田:ただ、それだけやっても、嫌な人は来ませんから。 来てくれる人は前と変わらず来てくれています。 来ない人がいるだけなんですよ。 それはもう、どうしようもないんです。 うちもゆで太郎ファンクラブというのがあって、メンバーが1000人以上いるんですが、「もうひと月も行っていない」って、SNSに投稿していますよ。 外食を自粛している人は、ずっとしているんです。 新たに人を呼び込もうとする時ではない 丹:今、動いていない人たちは、動きたくない人たちなんですよ。 ですから、新たに人を呼び込んで売り上げを戻そうと、セールをしたり値下げをしたりするのは、今の流れでは違うと思いますね。 もし、新たな人たちを動かそうとするなら、もっと知恵を絞らないといけないなと思いますね。 今までの安易なセールの仕方で、お客様が動くとは思えません。 ダイタンホールディングスの丹社長(写真左)と、ゆで太郎システムの池田社長(写真右)(撮影:梅谷秀司) 池田:常連さんはカタイんですけど、その方たちの来店頻度が飛躍的に上がるかというと、それも難しいでしょう。 では、牛丼チェーンがやっているように、300円台の主力商品にの中に、700円台の商品を混ぜたとして、どこまで売れるのかですよね。 一巡目は売れるかもしれませんが、売れ続けるかとなると難しいと思います。 丹:500円台と、うちとしては多少、高めの新メニューを継続して出していく予定なんですが、それがどう動くか見てからじゃないと、今後の判断はしづらいですね。 東京オリンピックに向けて、財布のひもがゆるんでいったという感覚があったんですけど、今回のコロナでそれがすっかりなくなっちゃいましたね。 池田:富士そばさんは、以前はインバウンド需要がかなりあったんじゃないですか? 丹:はい。 ですから、東京オリンピックまでに売り上げを伸ばして、その後はしぼむでしょうから、そこから店舗を整理していこうと考えていました。 それが早まってしまった感じですね。 今後は粛々とお店の選別作業を、やっていかなければならないでしょう。 池田:店舗の見直しというのは、やらざるをえないでしょう。 うちはこの2年、タイミングが良かったというか、店舗の整理をしてきていたんです。 間引きとか移転とか。 今年度は閉店のための予算は組んでいないんですが、人が戻ってきていないエリアの店舗は赤字で続けていても、しょうがないですからね。 候補として、いくつか出るかもしれません。 丹:底を1回見たんだと思うんですよね。 ほんとにこの3、4、5月で底をガツンと見せられて。 その中でやっていける店、やっていけない店というのをはっきり見せつけられてしまいました。 あとはもうダメなところは残念ながら閉じて、またやれる場所を探してコツコツ店舗を出して、会社を強くしていくことしかできないので。 池田:立ち食いそば店だけでなく、ほかの飲食店も閉店が続くと思いますよ。 テナントの解約は6か月前ですから、9月、10月、11月と、年内いっぱい、大量閉店しますよ。 もともと都心はオーバーストアでしたから。 チェーン店だけでなく、個人店も多いでしょうね。 昭和30、40年代の高度経済成長期に始めたお店が、高齢化でもうそろそろと思っていたときに、コロナで「もうやめるか」ってなっちゃうんですね。 飽和状態だった都心部の良物件も、コロナ禍の影響で閉店が続くと予想する池田社長。 いい立地の物件が空くことはチャンスなのではないだろうか。 池田:それは絶対にチャンスですよ。 ただ、すぐに飛びつくほど根性があるかというと、そこは危ないかなって。 丹:このまま人は戻ってこないのか、あるいはある程度、時間はかかるけど前のように戻ってくるのかは、非常に注目しています。 最終的には戻ってくると思うんですけど、それがいつになるのかというのが、問題ですね。 池田:結局、気持ちの問題だから怖いんですよ。 気持ちだから特効薬がないんで。 大丈夫って安心できるまでは、相当かかるんじゃないですかね。 そういう意味では、なかなか戻らないと思いますが。 いつか落ち着くとは、思うんですけどね。 女性客が増えてきている コロナで、従来の商売のやり方が大きく変わってしまった。 ただ、その変化の中にも、いい変化が見られるという。 池田:このところ、少ないながらも女性のお客様が増えているんですよ。 なぜかというと、グループではなく1人で食べるようになったから。 そういうのも変わってきていますね。 丹:昔は女性が1人で飲食店に入ること自体、抵抗があったんでしょうけど、今は連れ立って食事に行く状況ではないですからね。 池田:立ち食いそばは基本1人だし、ワイワイするわけじゃないので、不安は少ないんですよ。 その点、居酒屋やファミリーレストランのような、レジャー系の外食は厳しいでしょうね。 ラーメン店も飲むお客さんの多かった日高屋は大きく落としていますから。 それに比べると、立ち食いそばは日常食ですから、まだチャンスはあるかなと思いますね。 丹:飲食店というくくりの中では、立ち食いそばというのはまだ影響が少ないほうだと思いますよ。 池田:いろいろ変わりましたが、閉店が続いたことで、人材に関しては買い手市場に変わりました。 今はいい人を採用するチャンスだと思います。 先日も研修センターのトレーナーを募集して、2名、すごくいい人を採用できました。 飲食店も閉店するところが増えてくるでしょうから、まだまだいい人材は出てくると思いますよ。 丹:人材不足はオリンピックまで続くんだろうなと思っていましたが、大きく解消されると思いますね。 レジャー性低い点が「プラス」に働いた 池田:この状況でも、超有名な飲食店はけっこう、人が入っているんですよ。 ちょい高いような、なかなか予約が取れなかったようなところはそれなりに。 ただ、居酒屋さんはしんどいままですね。 丹:そういうところから戻っていっているので、居酒屋のような大衆店は、厳しいですよね。 ただ、そういう中で同じような大衆を相手にしている商売では、立ち食いそばは戻りのいいほうだと思います。 池田:お客様はグループでなく、個人ですからね。 あと日常食。 外食というより、レジャー性が極端に少ない、インフラみたいな感じですから。 生活から外すことは、なかなか難しいんですよ。 丹:やりよう、生き残りようは、考えれば出てくるんじゃないかなって、希望の糸は垂れている感じは持っていますね。 池田:人がいて、国や自治体の支援でお金も借りられて、空き店舗があるから出店できて。 チャンスといえばチャンスですけど、見極めるのには、まだまだ時間がかかりますね。 ただ、事実に対して現場は対応していくしかありません。 今の状況がいきなり戻るわけはないので、その中で生き残るしかない。 生き残るしかないでしょ。 丹:結局、できることは、普通の売り上げに対してどの店舗を残していけるのか。 どれだけの人を雇いながら会社が成り立つのかというのを。 見ていくことだけですね。 大きい変化がありましたが、今後、それ以上に変わってくる可能性もありますから。 池田:そういうところは、チャンスなのかもしれませんね。 外部サイト.

次の

『ゆで太郎』で楽天ペイ(R Pay)は支払い・決済に使える?使えない?

ゆで 太郎

ゆで太郎は実は2種類あった ゆで太郎は、関東を中心に店舗数を拡大中の蕎麦屋。 挽きたて、打ちたて、茹でたての3たてをテーマに、他のチェーン店に比べてクオリティが高い蕎麦を出すことで知られています。 そんなゆで太郎に通っていたとき、とある事実に気づきました。 それは、 「同じ店名なのにメニューが全く違う店舗がある」ということ。 これはどういうことだろうと調べてみました。 実は、ゆで太郎には2種類あるんです!!! 運営会社が2つあって、 「信越食品株式会社」と「株式会社ゆで太郎システム」の2種類のゆで太郎が存在しています。 信越食品株式会社 創業は1979年。 ゆで太郎1号店湊店が1994年に開店しました。 代表取締役は創業者の水信春夫氏です。 株式会社ゆで太郎システム 株式会社ゆで太郎システムは、FCチェーン展開を目的に2004年に設立されました。 創業会社が「信越食品株式会社」となります。 なので、「信越食品株式会社」のホームページにある「フランチャイズ」をクリックすると、「株式会社ゆで太郎システム」のページに飛びます。 代表取締役は池田智昭氏。 もともとはほっかほっか亭のFCオーナーだったところから、本部取締役となり、そのときに、信越食品株式会社の水信春夫氏と出会ったそうです。 その後ほっかほっか亭を退職、水信氏に再会します。 池田氏のFC化の提案に対し、水信氏は「あんたがやっていいよ」と一言。 そこからゆで太郎のFCを専門にやっていく株式会社ゆで太郎システムが生まれました。 なるほど、こうやって、2種類のゆで太郎が生まれたんですね。 なんか、「ほっともっと」と「ほっかほっか亭」の違いみたいですね。 理由は全然異なりますが、なんかそのへんにおもしろさを感じます。 ゆで太郎の違いと見分け方 ホームページが違う それぞれのホームページのアドレスを見ると。 信越食品株式会社のゆで太郎は、「yudetarou. com」 株式会社ゆで太郎システムのゆで太郎は、「yudetaro. jp」 です。 tarouなのかtaroなのかも微妙に違うんですよね。 メニューが違う お蕎麦やセットメニューなど差がはっきりしています。 基本的なかけ蕎麦など、料金も同じものも多々ありますが、結構違います。 是非ホームページをチェックしてみてください。 日替わりマル得セットやワンコインセットがあるのは、株式会社ゆで太郎システムです。 ちなみにオトクなクーポンの配布がたまにありますが、あのクーポンは共通のようですね。 この前両方の店舗でもらいましたが、まったく同じものでした。 (ただ、もしかしたら違うこともあることなのでここは要確認です) 蕎麦の味が違う そば粉比率が若干違います。 株式会社ゆで太郎システムの蕎麦の方が、そば粉比率が若干高いそうです。 店舗の外観が違う なんとなーく歴史を感じる店舗が信越食品株式会社で、垢抜けている方が株式会社ゆで太郎システムとなります。 看板で見分けると、信越食品株式会社の方は、ブルーの背景に白文字で「ゆで太郎」と書かれ、白のアンダーラインが引かれています。 株式会社ゆで太郎システムの方は、ブルーの背景に白文字で「ゆで太郎」と書かれるのは同一で、アンダーラインが白と赤になっています。 また、自家製麺の文字の背景も赤になっています。 赤の色が目に入ったら、株式会社ゆで太郎システムのゆで太郎となります。 どちらの店舗なのかよくわからないという方は、ホームページの店舗情報を見ると、どちらか丸わかりです。 ゆで太郎は現金決済のみ ゆで太郎は 完全に現金決済のみとなっています。 電子マネーが使えたら便利なのにな〜と思うところですが、電子マネー導入にはコストがかかるのでしょうね。 名代富士そば PASMOが使える店舗が多い や小諸そばでは交通系の電子マネーが使える店舗も出てきているようなので、今後の導入が期待されます。 500円玉を握りしめてゆで太郎へ行きましょう。 このゆで太郎のかき揚げがうまい 僕の主観ですが、 揚げ物は信越食品株式会社の方がうまいです。 特に新橋赤レンガ通り店のゆで太郎は特にうまいです!!!全店舗行ってるわけではないですが、数十店舗食べ歩いた限りではNO. 1でした。 まとめ 今回はゆで太郎の種類について考察しました。 2つの会社が運営しているからメニューや外観が違っていたんですね。 でも正直どっちもおいしいので、これからも両方応援していきたいと思います。

次の