前髪 なし ボブ。 黒髪ボブの前髪なしスタイルが大人かわいい!ヘアアレンジも【必見】

ミニボブとはどんな髪型?前髪ありなしの違い&ヘアアレンジ方法を徹底解説♡

前髪 なし ボブ

《目次》• 似ている言葉でショートボブがありますが、意味合いはほぼ一緒なんだとか。 ショートヘア<ミニボブ(ショートボブ)<ボブ<ロブの順番に長くなると覚えておきましょう。 ミニボブのヘアスタイル&髪型【前髪あり・なし編】 ミニボブにする時に迷うのは、前髪ありかそれとも前髪なしか。 ぱっつん前髪って大人女子には媚びてる感がありそうだけど、潔くカットしたミニボブとなら前髪ありの髪型でも甘すぎない。 前髪ありのミニボブをもう少しナチュラルに見せるなら、前髪を薄めにカットしたシースルーバングで透け感をだしてみて。 ミニボブ自体にもレイヤーを入れて軽やかに仕上げれば、ヘルシーで健康的な女性に見えそう。 顎から後ろ髪まで一直線に繋がった美シルエットがよく映えるので、シンプルな服装をさらっと着るだけでおしゃれにキマるんです。 ゆったりとした長い前髪は、コテやパーマでゆる〜く巻くと柔らかい印象のミニボブに変化します。 ミニボブのヘアスタイル&髪型【髪色・ヘアカラー編】 前髪や切り方のイメージが掴めてきたところで、ミニボブに似合う髪色もチェックしておきましょう。 ミニボブは髪の毛が短くコンパクトなので、印象的な髪色でも簡単にモノにしてしまうんです。 肌に馴染むニュアンスカラーの髪色で、ミニボブにやわらかい抜け感をプラスして。 かぶりたくない、でも強く見られたいわけじゃない。 ミニボブのヘアスタイル&髪型【スタイリング・巻き方編】 ミニボブはスタイリングや巻き方をアレンジすればさらに楽しみが広がります。 毎朝のスタイリングや、ちょっと気分を変えたい日におすすめの巻き方を紹介しますね。 これもストレートアイロンを使ってできる巻き方なのでデイリーアレンジにおすすめですよ! この記事もチェック• 質感を変えると束感が際立つようになるので、ストレートのミニボブでも動きのあるおしゃれ髪に見えるんです。 ざっくり結べてるくらいでいいので、キレイに結ぼうとしなくて全然OK。 コンサバ感が出ないように、手ぐしでラフにざっくりがポイントですよ。 顔まわりが寂しく見えないように、おお振りのピアスを添えてあげると小洒落感アップ。

次の

前髪なしのボブの髪型まとめ!丸顔さんも面長さんも、大人っぽい小顔ボブにチャレンジ

前髪 なし ボブ

可愛らしい印象と大人っぽい印象、どちらの印象に見られたいかです。 最終的な理想のイメージで変わってきます。 女性らしく柔らかいイメージにしたいのであれば、前髪ありがおすすめです。 また、前髪ありは、目元が強調されるので愛らしいイメージになります。 前髪なしだと、顔の丸い可愛さより縦ラインが強調され、クールな印象になります。 知的で落ち着いた印象を与えてくれるので、大人っぽさを演出できます。 顔の縦と横の比率が理想的な卵型の人は、基本的にはどんな髪型も似合うと言われています。 おでこを出すと、縦ラインが強調されるため、少し面長に見せたい場合は、前髪なしの方が良いでしょう。 逆に、顔を丸く可愛らしく見せたいのであれば、前髪ありの方がおすすめです。 卵型の人は、その時見せたい印象によって自由に髪型が変えられるので、どの髪型にも一番万能な顔の形です。 丸顔の人は、頬がふっくらしており、丸いため幼く見られてしまうことが多いです。 幼く見られたい場合は、前髪ありでも良いかと思いますが、縦ラインを強調し、大人っぽく見られたい場合は、前髪なしがおすすめです。 普段着ている服装や、その時の年齢や、気分によって髪型を変えてオシャレを楽しむのも良いかもしれません。 面長の場合、前髪なしだと縦ラインが強調されすぎてキツく見えてしまう場合があります。 柔らかい雰囲気を出すためにも、前髪ありにして縦ラインをカバーすることで、可愛らしい印象になります。 また、どうしても前髪なしがいい場合は、顔まわりにボリュームを作ってあげると良いです。 縦ラインを強調しないようにすれば前髪なしでも似合います。 ベース型は、エラやハチが張っていることが特徴です。 長めの前髪や、サイドの髪を使ってフェイスラインをカバーすることで、エラやハチをぼかします。 そうすることで、柔らかく愛らしくキュートな印象を作ることができるので、前髪なしがオススメです。 また、前髪の幅は、あまり広くせずに、少し狭めにすることをおすすめします。 これも、理由は同じで、フェイスラインをうまくカバーするためです。 診断でもありましたが、おでこが狭い人は、おでこの狭さを隠し、バランスを取るために前髪がある方が良いです。 重めの幅広の前髪にすることで、おでこの狭さをうまくカバーできます。 また、逆におでこの広い人は、前髪なしの方が良いです。 コンプレックスに思う人もいるかもしれませんが、おでこが広いとバランスが取りやすいです。 おでこが狭い人は、前髪でうまく黄金比を作りましょう。 先ほどの診断でありましたが、面長の人は縦ラインが強調されてしまうので、前髪ありの方が良いです。 顔のバランスが取りやすくなり、小顔効果が期待できます。 また、面長の人は、縦ラインをぼかすことで卵型に近づけることができます。 卵型は、どんな髪型でも似合う一番理想の形ですよね。 前髪を作ることで面長の人でも卵型に近づくことができます。 前髪を作ればショートでもボブでもロングでも自由にオシャレを楽しむことができます。 理由は、前髪があることで目を強調できるからです。 パッチリとしたくりくりした目を強調すると可愛らしく見えます。 逆に目が可愛いからこそ、ちょっとかっこよく大人っぽく見られたいという方は、前髪なしをおすすめします。 前髪ありは、童顔に見えやすいため、どっちが良いかは、どう見られたいかで決めると良いでしょう。 先ほども少しありましたが、童顔の人は、前髪があるとどうしても幼く見られます。 前髪なしにすることで、印象がガラッと変わって一気に大人っぽいクールな印象を与えることができます。 また、目鼻立ちのはっきりしている人は、前髪なしにすることでさらに目鼻立ちをはっきりすることができるので、外国人風に見えることがあります。 ハーフ顔っぽく見せたい目鼻立ちがはっきりしている人にとてもおすすめです。 顎が尖っているような輪郭の人は、クールな印象になりやすいです。 さらに前髪なしにして大人っぽさを強調することで、顔と髪の毛で統一感を出し、かっこいい印象を与えることができます。 また、逆にかっこいい印象ではなく、可愛らしく見せたいのであれば、前髪ありのようが良いでしょう。 どっちが良いかは好みになりますが、一般的には、前髪なしでかっこいい雰囲気の方が合うようです。 もともと雰囲気が大人っぽい美人顔さんですが、前髪なしにして、顔をはっきり見せることでさらに美人顔を強調することができるんです。 せっかくの美人顔なので、前髪なしにして強調し、さらに大人っぽい雰囲気を作ると良いでしょう。 また、美人顔の人が前髪なしにすると、少し落ち着いた雰囲気にもなりますので、迷われている方は、ぜひ前髪なしにチャレンジしてください。 ぱっつんは、基本的に幼く見えるのが特徴です。 目鼻立ちがはっきりしている人が、これをしてしまうときつい印象になってしまいます。 そのため、前髪なしが似合う人には、ぱっつん前髪が似合わないため、あまりおすすめできません。 それでもぱっつん前髪にしたいという方は、最近流行りのシースルーバングなどがおすすめです。 少しぬけ感のある前髪になるので、オシャレに似合わせることができます。 気になる方は、シースルーバングについての詳しい記事がありますので、合わせてご覧ください。 これは、分け目がポイントになります。 輪郭に合わせてひし形になるように少し厚めにすることで、綺麗なバランスを取ることができ、小顔効果が期待できます。 サイドの髪をミディアムにすることで、よりバランスが取りやすく、小顔効果をUPできます。 ミディアムでしたら、少し巻いたりパーマをかけゆるふわにすると良いでしょう。 斜めに流す際には、先ほどのひし形をイメージするとなお良いです。 サイドの髪は、少しふわふわにすることで、縦ラインをぼかし、横ラインを足すことができるため、小顔に見せることができます。 また、片方耳にかけることですっきりと見えたりと少しでも印象が変わるので、どれが自分に似合うか研究してみてください。 前髪を、目の上ギリギリの長さにすることで、目力がUPできるため、可愛らしく華やかで優しい印象を与えることができます。 また、サイドの髪は、ストレートにすると少し落ち着いた雰囲気を演出できますが、髪を巻いてフワフワ感を出すとデート向きの可愛い印象に仕上がります。 好きな洋服に合わせてアレンジを楽しむのも良いかもしれません。 似合う前髪でオシャレを楽しもう 前髪あり、前髪なし、それぞれ似合う形や、似合う雰囲気などいろいろありました。 みなさんは、自分に似合う髪型がみつかったでしょうか?その時の気分や、その時に着たい服装で髪型を変えてオシャレを楽しむのも楽しいかもしれません。 また、最近では、前髪なし風にアレンジができたり、前髪あり風のアレンジや、前髪のみのウィッグなどもあるので、気になるけどイメージが決まらない場合は、お試しでやってみるのもありかもしれません。 楽しくオシャレをしましょう。

次の

【丸顔さん】前髪はあり、前髪なしどっちが似合う?おでこ別前髪の選び方♡

前髪 なし ボブ

今回の特集は丸顔さん。 おでこが狭い人も、広い人もわかりやすい前髪の選び方のポイントを紹介していきます! 是非参考にしてくださいね! 丸顔さんは前髪をなしにしている人が多いですね。 どうせ髪型を選ぶなら、自分の顔の悩みも解決してくれて更に自分が好きな髪型を選びたいものですよね。 この記事では、 「おでこの広さ別に似合う髪型の見つけ方」というテーマで前髪あり、前髪なしのスタイルを紹介してきますね。 Contents• 丸顔さんの顔型の特徴 この記事では丸顔さんに似合う前髪の選び方について紹介しています。 丸顔さんといえば、• 痩せているのに、ぽっちゃりに見られがち• どんな髪型を試してもどうしても幼く見られてしまう• 顔が大きく見られてしまう こんな特徴があります。 特にぽっちゃりして見られてしまうところは悩みの種になっているのでは?と思います。 丸顔さんの判別ポイントは、 顔の縦ラインと横ラインが同じくらいの長さなこと。 面長さんの顔は縦ラインが長過ぎることに対して、丸顔さんの顔は縦ラインが短め。 エラも張っていない、顎が丸い・・・ 一つ一つの箇所だけ上げていくと、一見バランスが良さそうに聞こえますが、全体のバランスは丸くなってしまいます。 まずは自分の顔型が本当に丸顔なのか、見ていきましょう。 そもそも、顔型が違えば、どんなに前髪を顔型似合わせて選んでも、効果は望めないからなんです。 丸顔さんの前髪、どうしよう・・・? 丸顔さんはどうしても幼い顔立ちに見えがち。 似合う髪型を選ぶポイントは、頬やおでこ、目尻を隠して全体のシルエットをひし形に近づけること。 丸顔さんに似合う前髪のポイント 丸顔さんは通常、前髪は作らず、縦のラインを強調していきます。 ただ、丸顔さんでもおでこが広かったりすると、前髪を作りたい!というお客様がいるのもたしかです。 そんなときは、前髪を作っても縦ラインが強調できる、前髪をおすすめしています。 ポイントは3つ。 前髪の幅を狭く取る• 前髪に隙間を作る• 前髪を厚く取らない、奥行きを狭くする。 丸顔さんは特に顔のラインを隠したりしなくても、縦ラインを強調するだけでバランスが取れて見えるのが嬉しいですよね。 目標にしたいのは、卵型のシルエット。 前髪を作るときはこの3つのポイントをしっかり抑えてくださいね。 丸顔さん【前髪あり】 斜めバング とにかく縦のラインを強調してくれる前髪。 斜めバングは理想の縦ラインを作ることができます。 作り方のポイントは、おでこの生え際から三角のラインを作ること。 目線が上に行き、顔型をぼかしてくれます。 ショートバング 面長さんには絶対タブーなショートバングも、丸顔さんなら美シルエットが作れます。 おでこを出すことで、縦ラインを強調し、キレイな卵型に見せることができるんです。 更にボブをチョイスしてサイドに膨らみをもたせることで、キレイなひし形シルエットができるので、おすすめです。 ただ、このスタイルは大人っぽくはならないので、幼く見えることを悩んでいるという人にはおすすめできません。 ぱっつん前髪 ぱっつん前髪は丸顔を強調すると言いましたが、実は前髪に束感、隙間を作るなら、丸顔さんでもぱっつん前髪にできるんです。 宮崎あおいさんも丸顔ですが、前髪の三角ラインと隙間で縦ラインを強調するスタイルを取り入れているので、丸顔が全然気になりませんよね。 丸顔さんの前髪ありも可愛いですが、私は面長なので、やっぱり前髪なしにあこがれてしまいます。 伸ばしてサイドに流すスタイルはスッキリして見えますし、大人っぽい印象になります。 分け目はセンターにするとフェイスラインに髪がかかりやすくなり、ぽっちゃり見える原因になりがちな頬のラインをカバーしやすくなります。 前髪選びのポイントで紹介してきたのはほとんどボブ。 ボブは丸顔さんでもひし形シルエットを作りやすいので一番オススメしていますが、ロングでも、ショートでもポイントさえ押さえれば、自分の好みの髪型をチョイスすることだってできるんです。 丸顔さんに似合う髪型 ショートボブ ショートボブで前髪を斜めに流すこのショートボブは男ウケ抜群。 顎のラインに合わせて自然に内巻きにできる長さにカットすることで顎ラインをスッキリ見せてくれます。 サイドをフェイスラインに沿わせるようにするとスッキリ透明感のあるスタイルに。 小顔効果バツグンのショートです。 丸顔さんでショートヘアを選ぶ時は前髪の作り方に注意してくださいね。 ミディアム このミディアムヘアは抜け感と女性らしい柔らかいフォルムが人気。 ポイントは毛先を内巻きにセットすること。 ワンカールのパーマをかけてしまえば、朝の忙しい時間でも簡単にセットできるのでおすすめです。 ロング 丸顔さんがロングヘアにするときは、顔とのバランスを一番に考えましょう。 顔と髪のバランスをひし形に近づけることで、ふっくらした頬から視線を他に移すことができます。 頬の下あたりからウェーブをかけることでサイドに膨らみをもたせ、抜群のバランスに。

次の