硝酸銀。 硝酸銀:特性と用途。

国連番号1493|UN1493|硝酸銀|危険品の航空輸送

硝酸銀

Key: GRYLNZFGIOXLOG-UHFFFAOYAO 特性 HNO 3 精密質量 62. 995642903 g mol -1 外観 無色の液体 1. 5129 g cm -3 -41. 4 n D 1. 397 16. 任意の割合で水に溶け、通常「硝酸」という場合には水溶液を指す。 360 g cm -3, 13. 406 g cm -3, 15. 濃硝酸と濃硫酸の混合物であるを用いたの合成などから爆薬が作られ、他にも染料、などの製造に用いる。 化学的性質 [ ] で、の粉末とともに熱すれば木炭はされてとなる。 有機系の燃料と混合するだけで点火する。 硝酸に触れるとによって皮膚が黄変する。 光に弱く、長時間光を浴び続けると分解し黄色を帯びる。 金属に対する反応 [ ] とは異なり、酸化作用により希硝酸であっても水素よりの小さい金属を溶かすことが可能である。 、を溶かすことはできないが、濃硝酸とを混ぜてを作ることにより、これらの金属も溶かすことが可能になる。 また、、およびなどは濃硝酸中で表面に酸化皮膜を形成しが形成されるため反応が進行しない。 極めて薄い硝酸水溶液の場合、は初期においてガスを発生する。 濃硝酸と濃硫酸を混合した中では以下のようなが成立している。 3 であり純硫酸などに比べるとかなり酸性度は低い。 硝酸の水和 [ ] 硝酸の第一変化および溶解エンタルピー変化は以下の通りであり、および硫酸などより発熱量は少ない。 8 とする推定値もある。 44である。 にはいってがこれを改良し、と硝石との混合物を蒸留し、純粋な硝酸を作っている。 銅・銀などをも溶かし金属に対する作用は硫酸よりも強いということから、強い水という意味のをとり aqua fortis と呼ばれた。 イギリスでは硝石の精という意味の spirit of nitre ともいわれていた。 硝酸という言葉はにによってで acide nitrique と命名されて以来用いられるようになった。 考案の オストワルト法(アンモニア酸化法とも )による生産が一般的である。 この反応においては触媒とアンモニアの接触時間が重要であり、接触時間が長いとアンモニアと一酸化窒素とが反応して窒素が生成されてしまう。 そのほかに粘土によっても酸化に成功した事例もあるが、収率は半分以下である。 ただし僅かなレベルであればの栄養源となる。 7 — 126. 5 である。 硝酸は強いであり、多くの金属と反応するため多種のを生成する。 また一般に、金属の硝酸塩は水に溶解しやすい。 希薄水溶液中におけるは以下の通りである。 硝酸塩 [ ] 詳細は「」を参照 により 硝酸塩類はに分類される。 硝酸イオンは本来であるが、イオンを含むものは有色であることが多い。 主に、肥料、()などに用いられる。 KNO 3• NaNO 3• NH 4NO 3• UO 2 NO 3 2• Ca NO 3 2• AgNO 3• Fe NO 3 2• Fe NO 3 3• Cu NO 3 2• Pb NO 3 2• Ba NO 3 2 硝酸塩鉱物 [ ] 水溶性であるための多い日本国内での産出は確認されていないが、が主な原産国である。 , Niter(KNO 3)• , Nitratine(NaNO 3) 生態系における硝酸 [ ] 硝酸はによっての等から、を経てされる。 さらにによって等にされ中等に放出されていく。 なお、の生態系において嫌気性菌のは困難であり、中に硝酸が分解されないまま溜まっていくので、高となる以前の適度な水換えが必要となる。 ただし一般的に、アクアリストにとって硝酸はアンモニアや亜硝酸との比較において性の低いとされている。 アンモニウム塩、亜硝酸塩、硝酸塩は溶存無機態窒素(DIN)であり、水域の植物プランクトンや藻類等の窒素源として重要な栄養塩の1つである。 硝酸にまつわるエピソード [ ]• はにより投獄されたが火事により脱獄、そのときに硝酸で顔を焼き人相を分からなくした。 率いるは硝酸を得る際、尿が土にしみこみそれらが硝酸になることを知っていたため、家の床下を掘ったという。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ウィルキンソン著, 中原 勝儼訳 『コットン・ウィルキンソン無機化学』 培風館、1987年,原書:F. ALBERT COTTON and GEOFFREY WILKINSON, Cotton and Wilkinson ADVANCED INORGANIC CHEMISTRY A COMPREHENSIVE TEXT Fourth Edition, INTERSCIENCE, 1980. SHRIVER, P. ATKINS, INORGANIC CHEMISTRY Third Edition, 1999. シャロー 『溶液内の化学反応と平衡』 藤永太一郎、佐藤昌憲訳、丸善、1975年• Wagman, W. Evans, V. Parker, R. Schumm, I. Halow, S. Bailey, K. Churney, R. Nuttal, K. Churney and R. Nuttal, The NBS tables of chemical thermodynamics properties, J. Phys. Chem. Ref. Data 11 Suppl. 2 1982• 山崎一雄他 『無機溶液化学』 南江堂、1968年• 化学大辞典編集委員会 『化学大辞典』 共立出版、1993年• 田中元治 『基礎化学選書8 酸と塩基』 裳華房、1971年• 参考文献 [ ]• 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

伝染性軟属腫(水いぼ)治療の40%硝酸銀ペースト法とは?(薬局)公益社団法人 福岡県薬剤師会 |質疑応答

硝酸銀

伝染性軟属腫(水いぼ)は幼少児に多くみられ、治療はピンセットでつまんで取る摘除法が基本だが、痛みや出血の苦痛を伴う。 40%硝酸銀ペースト法は苦痛を伴わない治療法である。 40%硝酸銀ペーストの調製法) 硝酸銀粒4gに蒸留水6mLを加えて40%硝酸銀液とする(水道水で溶解すると塩化銀を生じ白濁するので不可)。 40%硝酸銀液0. 2mLに小麦粉0. 05g(耳かき1杯程度)を混ぜ撹拌する(竹串で行う。 金属棒は腐食されるので不可)。 瞬時に半透明ペースト状になる。 処置法) 先を鋭く削って細くした竹串の先端に直接ペーストをつけ、水いぼの頂点に1回のみ塗付し、完全に乾燥させる。 処置後は直ちに黒色痂皮化が進み、約2週間で脱落する。

次の

硝酸銀(I)

硝酸銀

硝酸銀とは? (硝酸銀 出典:) 硝酸銀とは純銀を硝酸に溶かしたもので、銀メッキや医薬品の製造に多く使われます。 そんな硝酸塩は日本の法律では 劇物の1つに認定される有毒な物質でもあります。 硝酸銀が肌に付着したまま放置した場合、皮膚が腐食し抉れて傷が残るということもあります。 硝酸銀は一度手に付着すると触れた箇所が 黒くなってしまいます。 これは手についた 硝酸銀が酸化して黒くなるとともに、汗の塩分と反応して銀粒子となり皮膚の細部に入り込むからです。 そして、この黒い部分は1度手を洗うと消えますが、数日経つとまた皮膚が黒く変色し斑点が出る場合があります。 これは、硝酸銀と皮膚が反応して皮膚が腐食し、反応した皮膚中の成分がさらに皮膚の成分と反応して変色するからです。 しかし、すぐに手を洗えばこの反応は止まります。 そのため、 黒い斑点が出ても新陳代謝とともに消えていくので心配はありません。 手についた硝酸銀の落とし方 硝酸銀は少量なら皮膚への影響はあまりありませんが、多量に付着した場合皮膚の発赤や痛み、熱傷、水疱などができる場合があります。 そのため、 手に付着した場合は速やかに応急処置が必要になります。 また、硝酸銀には液体や粉末がありますが、応急処置の方法は同じです。 硝酸銀が手についた直後は顔や服などを触らないようにして、すぐに手洗いに向かう。 大量の流水で手をすすぐ。 手洗い用石鹸でよく手を洗う。 流水で手をすすぐ。 手に発赤や痛みなどがある場合は医師に連絡、相談をして必要であれば病院へ受診する。 硝酸銀は有毒物質なので、異常を感じた場合はすぐに医師に連絡をして助けを求めましょう。 また、硝酸銀は服に付着すると酸化した銀はなかなか取れず黒いシミになりますので、手に硝酸銀が付着したらなるべくほかの場所を触るのは避けましょう。 特に異常が見られない場合は特別な処置は必要なく、 手洗いだけで十分です。 強硬手段としては軽石やブラシで黒い部分を擦って皮膚を剥がすという方法もありますが、無理矢理皮膚を剥がすので痛いのはもちろんのこと、お肌にも良くありません。 そのため、硝酸銀が手に付着した後皮膚が黒くなったら、 お肌のターンオーバーで自然と目立たなくなるまで待つしかありません。 なるべく早く消したいと思う方も多いでしょう。 そんな場合には即効性はありませんが、 皮膚の代謝を少しでも早めるという方法もあります。 肌のターンオーバーは28日ごとに新しい皮膚ができて古い角質がなくなるのが理想的と言われています。 つまり、皮膚が新しく生まれ変わるには 最低でも28日前後かかるということです。 このターンオーバーを強制的に起こす方法として 「 ピーリング 」というものがあります。 女性の美容法としても有名ですが、このピーリングは薬剤を肌に塗ることで肌表面にある古い角質を強制的に剥がして肌のターンオーバーを促進するというものです。 市販品でもできるので試してみてはいかがでしょうか?• 乾いた手にピーリングジェルを取り、変色した皮膚の部分になじませます。 古い角質が取れてきたら、流水で手を洗い流します。 手洗い用石鹸で手を洗います。 ピーリングジェルの中には手足専用のものもあるのでそちらを使うと効果的です。 ピーリングは古い角質を溶かして剥がすため、 刺激が強い場合が多いで すので 肌に発赤などの異常がある場合は使用しないようにしましょう。 また、変色部分が消えないからといって短時間に何回もピーリングを行なったり、強くこすると皮膚を傷つけるので注意が必要です。 この方法はあくまで肌の新陳代謝を促進するだけですので、変色の度合いや新陳代謝のペースなどにより効果には個人差があります。 必ずしもすぐに硝酸銀による皮膚の変色が消えるというわけではないですので、根気強く待ちましょう。 早めに対応する 硝酸銀は手に付着しても最初は異常が感じられない場合がほとんどです。 しかし、硝酸銀が手に付着すると放置している間にもどんどん皮膚の腐食は進みます。 付着したまま放置すると結果的に傷跡が残ってしまうこともあるので、なるべく早く対応しましょう。 硝酸銀が手に付着したらなるべく他のものを触らないようにする 人間は無意識に身の回りのものや自分の身体を触ってしまいがちです。 そのため、手に硝酸銀が付着した場合は意識して他のものを触らないようにしましょう。 特に目など擦らないように注意しましょう。 硝酸銀が目に入った場合発赤や痛みだけでなく最悪の場合失明してしまうこともあります。 そのため、細心の注意が必要です。 もし、目に入った場合には15分以上注意深く目を洗い、病院へ受診しましょう。 硝酸銀を扱う時は白衣、マスク、手袋、ゴーグルを忘れずに 硝酸銀は皮膚や目の影響だけでなく、粉末の場合吸い込んでしまうとチアノーゼや痙攣、意識の喪失などの症状を引き起こすこともあります。 服に付着するとほとんどの場合洗っても取れません。 硝酸銀を扱うことで現れる様々なトラブルを防ぐためにも、実験などで硝酸銀を使う場合は白衣やマスク、手袋、ゴーグルを忘れずに着用しましょう。 また、作業後に手袋を外す時は、外す前に一度手袋をはめたまま手洗いをし、手袋を外してからもう一度手洗いをすると手に硝酸銀が付着する心配がありません。 以上のように、硝酸銀は危険な物質ですので取り扱いには十分注意しましょう。 まとめ.

次の