インクジェット複合機ビジネス。 【レビュー】コスト削減の鍵は「スポンジ」にあり?……ってどういうこと!? A3ビジネスインクジェット「MFC

ブラザー、A3対応ビジネスインクジェット複合機3機種を発表

インクジェット複合機ビジネス

POP、ポスター、ラベルなど、さまざまなシーンで活用されるツールを、特殊用紙を活用して手軽にオンデマンド印刷できるエプソンのビジネスプリンター。 選べる機種と選べるプラン。 あらゆるオフィスに応えるために、新たな進化を。 エプソンのスマートチャージをご紹介します。 エプソンのスマートチャージで実現する、環境貢献と働き方改革を両立できる新しい環境配慮型オフィスへ。 熱を使わない、エプソン独自のインク吐出技術で、環境を配慮した未来をつくります。 新しい働き方は、コスト削減から!店舗や小規模オフィス、学校などで快適に使えるエコタンク搭載モデルPX-M791FTが新登場!• プリンターを使いこなす、さまざまな事例をご紹介します。 進化したインクジェット技術が、オフィスのプリンターを革新する。 Epson Connectで、さまざまなビジネスシーンをさらにスマートに• 業務効率やコスト削減など、医療現場の課題解決につながる情報を掲載します。 エプソンのモバイル・クラウドサービス• ビジネスインクジェットプリンターのセキュリティーに対する取り組みのご紹介• エプソンビジネスシリーズの最新TVCMをご覧いただけます• アンケートにお答えいただいたお客様にお得なクーポンをプレゼント!.

次の

ブラザー、A3対応ビジネスインクジェット複合機3機種を発表

インクジェット複合機ビジネス

注釈について 注1 注2 注3 耐久性の数値は参考値。 印刷可能ページ数は、印刷環境や印刷の仕方(用紙サイズ、電源の頻繁な入切などによって変動し、この数値より少なくなることがあります。 注4 自動両面印刷可能な用紙は、ビジネス普通紙、両面上質普通紙〈再生紙〉は、A4のみ。 コピー用紙、事務用普通紙は、A4、B5、レター、ユーザー定義サイズ(幅182~215. 9mm、長さ257~297mm以内)。 注5 プリンタードライバーのみ。 注7 注8 出荷時の初期設定はG3。 PX-M650Fページに記載の商標について 注 : Microsoft、Excel、Windows、Windows Server、Windows Vistaは、米国 Microsoft Corporation の、米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。 注 : Wi-Fi、Wi-Fi Directは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。 注 : Wi-Fi CERTIFIEDロゴ、Wi-Fi Protected Setupロゴは、Wi-Fi Allianceの認定マークです。 注 : Android、Google Cloud Print、Google Cloud Print のロゴ、Google Driveは、Google Inc. の商標です。 注 : Adobe、Readerは、Adobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。 注 : AirPrint、AirPrintのロゴ、Mac OS、iPad、iPhone、iPod touchは、Apple Inc. の商標です。

次の

ビジネスプリンター PX

インクジェット複合機ビジネス

レーザー方式とはトナーを熱や静電気を使って用紙に定着させるもの。 また、用紙の表面にトナーが定着するので印字がはっきりして綺麗です。 しかし、レーザー方式の複合機というのは1台100万円前後はします。 本体サイズも小型冷蔵庫並みと、置き場所を確保する必要も。 今回は、ビジネスインクジェット複合機のおすすめ機種を比較しましょう。 では、ビジネスインクジェット複合機とはどんなものかから詳しくご説明しましょう。 インクジェット方式は家庭向けだった インクジェット方式とはインクを用紙に噴霧し、染み込ませることで定着させるもの。 複数のインクを組み合わせることで、細かな色合いまで表現できるのが魅力。 写真やイラストなど、色合いの再現度を求められる印刷物に向いている方式です。 しかし、インクを染み込ませる、乾かす必要があるので印刷速度は遅めに。 レーザー方式と比較して、インクの消費量が多いのでコストも大きくなります。 仮にオフィスでインクジェット方式を採用していても、レーザー方式との併用でしょう。 従来のインクジェット方式をビジネス向け、オフィス向けに改良したもののこと。 従来のインクジェット方式では、染料インクを使っていたため用紙に染み込ませる必要が。 染料インクは色彩豊かな反面、染み込むまでに時間がかかり印刷速度が遅かったのです。 印刷速度が速くなっただけでなく、黒色が浮き出るので印字を綺麗に印刷できます。 それでも従来の複合機と比較して、ビジネスインクジェット複合機は本体価格がお得。 本体サイズもコンパクトなので場所を取らず、消費電力も低いのでコスト削減できます。 正直、一般的な規模のオフィスであれば、従来の複合機を主力に導入するのがいいです。 対して、小規模オフィスや自宅兼オフィスなどは、ビジネスインクジェット複合機がおすすめ。 ビジネスインクジェット複合機であれば導入費用を抑え、余った予算は他の設備に回せます。 2.ビジネスインクジェット複合機を比較 ビジネスインクジェット複合機は従来のインクジェット方式とレーザー方式を合わせたようなもの。 では、ビジネスインクジェット複合機の人気機種3選の特徴について徹底比較していきましょう。 公式サイト上ではオープン価格ですが、販売店によっては2万円前後。 超低価格ながらも印刷にコピー、スキャンにファックスと機能的には十分です。 本体内部のタンクに充填することで、インクの交換頻度も抑えられて便利です。 大量印刷してもあまりうるさくなく、小規模オフィスにも設置しやすいと言えます。 本体価格は9万円ほどとお高めですが、約15万枚の高耐久を実現しています。 また、使用するインクをビジネス向けに改良することで、印字やグラフをより鮮明に。 A3用紙まで対応しているので、一般的なオフィスでも十分に導入できるレベルです。 3.まとめ 今回は、ビジネスインクジェット複合機のおすすめ機種を比較してみました。 ビジネスインクジェット複合機の魅力は主に3つ。 従来のインクジェット方式と比較し、印刷速度が速くなった• 従来の複合機と比較し、色彩が豊かで印字が綺麗になった• 従来の複合機と比較し、インク代や電気代の削減になる つまり、 従来のインクジェット方式とレーザー方式を合わせたようなものということ。 まだ一般的なオフィスには不向きですが、小規模や自宅兼オフィスには最適です。 ぜひ紹介した内容を参考に、導入する複合機を比較検討してみてください。

次の