ドル ウォン 相場 money1。 【ウォニャス】ドルウォン 1,193.34 [7/6] [動物園φ★]

韓国「国策銀行」がサムスンにドルを借りる恥ずかしい事態 そりゃ「通貨スワップ」を連呼するわけだ

ドル ウォン 相場 money1

三度目の通貨危機に近づくと思います。 一応、韓国は四千億ドルの外貨 米ドル を持っているから心配無用だと豪語していますが、現ナマで四千億ドルを持っているわけではないと言われています。 ウォンは信用がない通貨なので、韓国の経済が揺らいでくると売られていきます。 しかも、今ペルシア湾でキナ臭い動きがあり、日本と同じく原油や食料を輸入に頼っている韓国はウォン安によりエネルギーや食糧の調達にも苦労します。 つまり、ウォン安になっても輸出は伸びず不景気なまま、原油や食料品の輸入価格が上昇するので物価が上がります。 韓国はこの先、不景気にもかかわらず物価が上昇するスタグフレーションに見舞われる可能性が高いと思います。 そして、その極限状態が三度目の通貨危機です。 韓国がデフォルトまでいくかどうかはわかりませんが、悲惨な状況に追い込まれるでしょう。 日本につまらないケンカを売って、自爆しているのが韓国経済の実態です。 北朝鮮にいくらラブコールを送っても、北朝鮮は無視するばかりです。 米国、日本、中国の三大国から無視され、肝心の北朝鮮からも無視されているのが現在の韓国の外交的状況。 そうゆう状況の国に世界の投資家たちは、資金を引き揚げようとするのは当然の成り行きです。 このまま座して文政権とともに韓国国民は心中する気なのでしょうか? ちょっと日本人にはわからない感覚です。 損得勘定ができないようです。 厳しいです。 本当にアメリカという国は私益の追求に躊躇いがありません。 同盟国であるにも係わらず、自らの利益と衝突する時には手心を加える事がありません。 中東に対する無関心、パレスチナへの不介入、クルドへの掌返し。 よくまぁそんな残酷な切り離しが出来るものだと軽蔑する反面、その徹底さや貪欲さには畏怖の念を抱きます。 アメリカにとって従順でない韓国は無価値な犬なのです。 ご主人様である自分以外の隣人の中国に尻尾を振るのであれば餌を取り上げるどころか、水に落とし上から棒で叩くのがアメリカです。 私の認識では、アメリカは韓国の半導体を叩き潰すつもりです。 液晶やら自動車には猶予を与えますし、状況の変化によってはその他の産業はお目こぼしを貰えるかもしれませんが、半導体だけは徹底して攻撃すると予測します。 アメリカは、文政権を退陣させたい訳でも親米政権を擁立したい訳でも無く、韓国は潜在的に従順さを失う可能性がある国家だと結論し、であるならば戦略物資である半導体の生産拠点に相応しくないと答えを確定させたように見えます。 だから、日本に韓国を干すような諸々の策を指示しているのですが、恐ろしいのは韓国への改善や要求が全く示されていない事です。 それはつまり、韓国が従順な姿勢を示したとしても、半導体を取り上げるのは確定事項だし、その結果韓国経済が未曽有の惨事に陥っても構わないという事を示唆しています。 対話や互恵的関係の構築に頼る事無く、とことん叩き、トラウマを刻み、力による支配をアメリカは選んだのです。 仮想敵国に対する対応以上の熾烈な姿勢、これは既に攻撃というレヴェルにありますから焼け野原になるまで手を緩めないと私は考えます。 現状韓国に対して投資案件は持ちませんが、もし持っていたら私なら全て撤退します。 韓国の取引に対して私はバイヤー側なのでそれ程与信管理に深刻ではありませんが、決済の建値をウォン建てにして貰えたら大儲けだと思いますね。 韓国との取引経験は長いので、97年のIMFも間近で見ましたが、あれより破綻速度は速くなると確信しています。 何故ならこの破綻を監督・演出しながらもアメリカは必ず富を更に肥大させる事に逞しいからです。 その富の最大化は急激な衰退と混乱が望ましいので、アメリカがそう演出する事に何の疑問もありません。

次の

アメリカドル 韓国ウォン(USD KRW)口コミ

ドル ウォン 相場 money1

2020年05月22日 金 が(ほぼほぼ)締まりました。 06:12現在、 ドルウォンチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing. com』より引用:以下同)。 22日は ウォン売り・ドル買い圧力が非常に強く、「1ドル=1,240ウォン」を突破し 確定させました。 これで……。 上掲のとおり、03月末から続いてきた レンジを22日のローソク足がついに破りました。 株式や FXの取引をされる方なら熟知していらっしゃるでしょうが、ヒゲではなく、 実体線で破ったことの意味は大きいです。 上昇(ウォン安方向への)トレンドの強さを示唆するからです。 22日のプライスアクション全体を、ローソク足1本が1分間の値動きを示す「1分足」で見ると以下のようになります。 見どころはたくさんあるのですが、下値を切り上げながら上昇(ウォン安進行)する中で、およそ「1ドル= 1,236ウォン」がよくもちました。 また「1ドル= 1,244. 15ウォン」の 天井からの下落では、 最後の落下でおよそ「1ドル= 1,242ウォン」が破られたのですが、およそ「1ドル= 1,240. 4ウォン」の水平線が支えて、ウォン高の進行を阻止しました。 なぜここで止まるかというと、上掲の図のとおり、19:20ごろからの攻防でウォン高を阻止した水平線だからです。 チャートを見るときは「 左を見ろ」といわれます。 22日も止まるべきところできちんと止まりました。 この 抵抗線(ホントは支持線といわないといけませんけれども)のおかげもあって、22日は「1ドル=1,240. 66ウォン」で終幕となったのです。 これで2020年05月 第4週目が締まりましたので「 週足」でチャートを見てみます。 ローソク足1本が1週間の値動きを示します。 第4週は下に長い 下ヒゲが出た陽線となりました。 そこまで下がった(ウォン高が進行した)のに戻したわけです。 なかなか頑張っでウォン安を進行させたといえるでしょう。 ただし、まだ03月第3週のローソク足の支配から出られてはいません(いわゆる「 ハラミ足」状態と見えます)。 これを破るにはあと 15ウォンほどのウォン安進行が必要です。 韓国通貨当局は青ざめているかもしれませんが、2020年05月22日 金 はすごいプライスアクションを見せてもらいました。 リングサイドで生でご覧になった皆さんはお疲れ様でございました! さて次週はどんな値動きになりますでしょうか。 追記 2020年05月25日 月 の市場が開きました。 10:15現在のドルウォンチャートの状況を以下の記事にまとめましたので本記事と併せてお読み頂ければ幸いです。 柏ケミカル@dcp.

次の

KJCLUB

ドル ウォン 相場 money1

旧正月の祝日で韓国の株式市場が4日ぶりに開きましたが、世界に遅れて「 」を喰らった格好となり、KOSPI(韓国総合株価指数)は以下のように急落です(チャートは『Investing. com』より引用)。 テクニカル的にはおよそ「 2,164」に引ける サポートライン(支持線)が機能したか?という感じで、そこまでの大暴落とはいえません。 「相場はファンダメンタルで動いてもテニクニカルで止まる」とよくいわれますが、この言葉から逸脱してはいませんね。 また、先にお伝えしてきたとおり、韓国では「 株安・ウォン安」「 株高・ウォン高」はペアです。 韓国が祝日で(韓国の)株式市場が休みでも、外為市場に韓国の祝日はありません。 ウォン安が進行しましたので株安に向かうのは当然のこと。 問題はどこまでトレンドが続くのか、です。 好事家は本日28日の深夜(日本時間)、いわゆるアメリカ時間に注目しています。 なぜかというと28日のドルウォンチャートでウォン安への強い抵抗を示すプライスアクションが出ており、当然これが翌29日の株価の行方にも影響するからです。 柏ケミカル@dcp.

次の