エール フランス 447 便 墜落 事故。 エールフランス1611便火災墜落事故

ハンス・ウルリッヒ・ルッツとは (ハンスウルリッヒルッツとは) [単語記事]

エール フランス 447 便 墜落 事故

追悼碑 事故当時に行われた調査では、事故の経過としてまず右のとギャレー近辺から出火したとされた。 出火原因としては、の故障で電気火災が発生したか、便所のに乗客が火を充分に消していないタバコの吸殻を捨てたことのいずれかだろうと推定されたが、断定できなかった。 また、急角度で海面に激突する直前に操縦不能に陥っていたことが判明した。 その原因として操縦席に火災から逃れようとした乗客が殺到して操縦が妨げられたか、操縦士が煙を吸い込んで意識を失ったかのいずれかだとされた。 しかし事故から43年後の、元秘書官ミシェル・ラティがフランスのの番組に出演し、「あの事故はフランス軍が誤ってエールフランス機を撃墜したのが真相だ」と 証言した。 彼は「当時フランス軍は ()のミサイルテストセンターでの発射実験を行っていて、古い軍用機をテスト用標的として発射されるようにプログラムされていたが、レーダー探知範囲に入ったエールフランス機に誤って発射された」「弾頭はテスト用のダミーだったので、命中しても空中で大爆発を起こすことなくあのような墜落に至った」と語った。 これに対しは同年12月5日時点でコメントをしていない。 参考文献 [ ]• デビッド・ゲロー「航空事故」(増改訂版) 1997年 85-86頁• 外部リンク [ ]• (フランス語) 公式事故調査報告書.

次の

ボナンとは (ボナンとは) [単語記事]

エール フランス 447 便 墜落 事故

追悼碑 事故当時に行われた調査では、事故の経過としてまず右のとギャレー近辺から出火したとされた。 出火原因としては、の故障で電気火災が発生したか、便所のに乗客が火を充分に消していないタバコの吸殻を捨てたことのいずれかだろうと推定されたが、断定できなかった。 また、急角度で海面に激突する直前に操縦不能に陥っていたことが判明した。 その原因として操縦席に火災から逃れようとした乗客が殺到して操縦が妨げられたか、操縦士が煙を吸い込んで意識を失ったかのいずれかだとされた。 しかし事故から43年後の、元秘書官ミシェル・ラティがフランスのの番組に出演し、「あの事故はフランス軍が誤ってエールフランス機を撃墜したのが真相だ」と 証言した。 彼は「当時フランス軍は ()のミサイルテストセンターでの発射実験を行っていて、古い軍用機をテスト用標的として発射されるようにプログラムされていたが、レーダー探知範囲に入ったエールフランス機に誤って発射された」「弾頭はテスト用のダミーだったので、命中しても空中で大爆発を起こすことなくあのような墜落に至った」と語った。 これに対しは同年12月5日時点でコメントをしていない。 参考文献 [ ]• デビッド・ゲロー「航空事故」(増改訂版) 1997年 85-86頁• 外部リンク [ ]• (フランス語) 公式事故調査報告書.

次の

Category:Air France Flight 447

エール フランス 447 便 墜落 事故

【PR】 メーデー10:航空機事故の真実と真相 シーズン10でも、事故とともに向上する航空機の安全性。 「メーデー!」シリーズでは引き続き、ボイスレコーダーや事故報告書、目撃情報を元に、インタビューや最先端CG、真に迫る再現映像を交えて、歴史に残る飛行機事故に迫り、事故原因の解明に挑む。 メーデー10:航空機事故の真実と真相 番組内容 メーデー10:航空機事故の真実と真相 は、ナショナルジオグラフィックチャンネルの検証!アンビリーバブルのジャンルです。 なぜ飛行機事故は起きるのか?その原因を徹底解明する人気のメーデー、事故究明ドキュメンタリーシリーズ第10弾。 事故が起きれば航空機の安全性が向上するという現実。 「メーデー!」シリーズでは引き続き、ボイスレコーダーや事故報告書、目撃情報を元に、インタビューや最先端CG、真に迫る再現映像を交えて、歴史に残る飛行機事故に迫り、事故原因の解明に挑む。 (引用元:) 本シーズン注目は、まず第2話「バリュージェット航空592便」。 新興の航空会社バリュージェット社、その急成長にアメリカ政府からお墨付き貰うほどの勢いで成長し、その絶頂でおきた事故。 危険物の検査、確認を怠っただけで起き、その語この航空会社は倒産する。 そして、第6話 「グランドキャニオン空中衝突事故 」では、1956年で起きた、グランドキャニオン上空で2機の航空機が空中衝突事故を扱う。 乗客乗員128人全員が死亡した。 当時1956年は、まだ航空機には現在の様な事故原因を追究出来る装置や方法も搭載されてはおらず、民間航空委員会の調査官たちは、原始的なツールで衝突原因を解明に頭を抱える。 し かし、これが航空機事故の原因究明捜査の手法の始まりである。

次の