ジャンガリアン ハムスター 種類。 ハムスターの種類と特徴

「ハム太郎」種類

ジャンガリアン ハムスター 種類

スポンサードリンク スノーホワイト 全身真っ白に近い毛色を持っている種類で、一番色が白に近いジャンガリアンハムスターになります。 見た目がとてもきれいな種類ですので人気が高く、ジャンガリアンハムスターの中でも特に高価な値段が付けられている傾向があります。 スノーホワイトはブルーサファイアの色が突然変異で白くなったものを指すようです。 プディング イエロージャンガリアンという名前で販売されていることも多い、色が黄色がかっているジャンガリアンハムスターになります。 アグーチイエローと呼ばれることもあり、突然変異の優性遺伝子を持っています。 この種のハムスターは遺伝的に太りやすい体質であるのが特徴だそうです。 クリーミーサファイア プディングに似ていますが、微妙に色合いが違うようです。 ブルーサファイアにやや黄色がかっているような色尾をしているのが特徴です。 その他にも細かく分けられている さらに深堀りすれば、ジャンガリアンハムスターはさらに細かい色や柄に細分化されています。 本当に奥が深くて面白いものがあるジャンガリアンハムスターの毛色ですが、 遺伝によって兄弟でも全く違う色や柄の仔が生まれてくることも多々あるのです。 ブルーサファイアは劣性遺伝 ブルーサファイア系の色はノーマル系に対しては劣性遺伝になりますので、サファイアの遺伝子を持ったハムスターであっても、実際の見た目はノーマルである場合もあります。 また両親ともにサファイア系であれば、子供も必ずサファイアになります。 両親がサファイアの遺伝子を持ったノーマルであれば、4分の1の確率でサファイアが誕生すると言った具合ですね。 黒い色のジャンガリアンハムスターがいる!? 稀にペットショップで見かけるものに、色が真っ黒な「ブラックジャンガリアン」という名前で販売されているハムスターがいる事があります。 しかし ジャンガリアンハムスターには黒色のものは存在しません。 つまりこのブラックジャンガリアンは、ジャンガリアンハムスターではない、という事になります。 実はペットショップでは、キャンベルハムスターというジャンガリアンハムスターとは別の種類のハムスターを、ジャンガリアンハムスターの色違いのような形で販売していることがあるのです。 ブラックジャンガリアンの他にも、「パンダジャンガリアン」や「シナモンジャンガリアン」などといった名前で販売されているハムスターがいます。 これらはジャンガリアンハムスターではなく、キャンベルハムスターであると思ってください。 スポンサードリンク 混血のハイブリッドハムスターもいる!? 近年では、純血のジャンガリアンハムスターだけではなく、キャンベルハムスターとジャンガリアンハムスターを交配させた「 ハイブリッドハムスター」が出回っているとも言われています。 これは全く別の種類の動物を掛け合わせたようなものですから、本来あってはならない事なのです。 言い換えれば、似て非なるもの同士を掛け合わせた、つまりウマとロバであったり、サルとチンパンジーを掛け合わせるなどと同じことなのです。 近年では珍しい毛色であれば高く売れたりと、ペット業界も商売ありきになってきている傾向にあります。 売れるから新種を作る、という悪質な販売業者もいるようですので、こういったハイブリッドハムスターを購入する事はおススメしません。 ウィンターホワイトハムスターとは? ウィンターホワイトハムスターという名前を耳にすることもあるかと思います。 これは「 冬に毛が白く生え代わるハムスター」の事です。 しかしそれだけの事、というように一言でで解決できるものでもないようです。 実はジャンガリアンハムスターの中には、冬になると毛が白く生え代わるものもいる、という事がポイントなのです。 ブルーサファイアとホワイトから産まれたサファイアの仔の中には、冬には真っ白な色になる仔がいるといいます。 つまり冬に真っ白なスノーホワイトを買ったつもりが、春になるとサファイアになってしまった、という事例が結構あるらしいのです。 これはペットショップからすればあまり好ましい事ではなく、購入した飼い主からクレームが来ることもしばしばあるそうです。 また逆に、必ず色が変わる(毛が生え代わる)とは断言できないのも特徴的です。 色が変わるという前提で購入したのに、一向に生え変わらない、というクレームもあると言いますからちょっと困りますよね。 こういった特徴は遺伝的に固定はできないようで、冬にスノーホワイトなどのホワイト系のジャンガリアンハムスターを購入する場合はちょっと注意が必要ですね。 ちなみに外国では、ジャンガリアンハムスターをウィンターホワイトハムスターとして販売しているところも多くあり、広くウィンターホワイトハムスターという名前で流通しているようです。 毛が生え代わるには日照時間が関係している 毛が生え代わり、色が変わる条件には「日照時間の変化」が大きく影響していると言われています。 冬の日照時間が極端に短く、気温も低いヨーロッパやアメリカなどでは、日本よりは色が変わることが多いのでウィンターホワイトハムスターと呼ばれるのが普通なのかもしれませんね。 まとめ ジャンガリアンハムスターにはいくつかの種類の毛色が存在しますが、大きく分けてノーマル、サファイア、プディングが主な毛色でしょうか。 またジャンガリアンハムスターでないけれども、色が黒い他の種類のハムスターを「ブラックジャンガリアン」などという名前で販売されていることもありますので注意しましょう。 ジャンガリアンハムスターの中には、冬に色が白くなるものがいますので、冬にホワイト系のジャンガリアンハムスターを購入する場合には少し注意が必要です。 ジャンガリアンハムスターは遺伝から色々なカラーのハムスターが産まれますので、繁殖が楽しいです。 しかし繁殖力が強い動物ですので、繁殖させる場合は計画的に行いましょう。 なお、ジャンガリアンハムスターに関しては以下の記事でも詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。 スポンサードリンク こちらの記事もあわせてどうぞ.

次の

ハムスターで人気の10種類を紹介!飼いやすい種類や値段、性格を知ろう!

ジャンガリアン ハムスター 種類

ハムスター好きは「Happy HAMSTER ハッピーハムスター 」がおすすめ 「ハッピーハムスター」というハムスターが主人公のアナログカードゲームを知っていますか? 「ハッピーハムスター」はこれまでに第3弾ものシリーズが出ている、ハムスター好きに人気のアナログカードゲームです。 クラウドファンディングにも成功し、ファンの間でも愛され続けています。 また3弾それぞれで遊び方も異なるので、楽しみ方も様々です。 事情があってハムスターを飼えない方は、ぜひこちらの「ハッピーハムスター」で遊んでみてはいかがでしょうか。 ハムスターを飼いたくても飼えない子供へのプレゼントにも最適です。 <公式:> 「ゴールデンハムスター」と「ジャンガリアンハムスター」の見た目を比較 見た目の違いを比較していきましょう。 「ゴールデンハムスター」は種類が豊富• 「ジャンガリアンハムスター」は小さいドワーフハムスター 大きさや毛色を詳しく見ていきます。 「ゴールデンハムスター」は種類が豊富 「ゴールデンハムスター」は、体長14cm〜17cmで体重は約100〜200g。 「ゴールデンハムスター」は他のハムスターと比べると、ペットとしての歴史が長いので毛色の種類は豊富です。 よくアニメや漫画で見る白とオレンジのハム太郎のような柄は、ゴールデンハムスターでも野生色がモデルとなっているそうな。 近年人気のあるクリーム色の「キンクマ」と呼ばれている種類もゴールデンハムスターです。 その他シルバーやブラック、イエローなど様々な毛色があります。 「ゴールデンハムスター」は毛質の種類も豊富で縮毛や長毛、サテン、無毛など様々です。 「ジャンガリアンハムスター」は小さいドワーフハムスター 「ジャンガリアンハムスター」は体長7cm~13cm、体重は約30~40gでゴールデンハムスターの半分くらいの大きさです。 小さいのでドワーフハムスターと呼ばれています。 毛色はノーマル、サファイア、プディング、パール、インペリアル、パイドなど。 ノーマルの個体は、野生色で背中の黒いストライプがはっきりとしています。 サファイアはノーマルよりも背中のストライプと全体の色が薄めです。 プディングは体毛が全体的に明るく、イエロージャンガリアンと呼ばれることもあります。 パールはペットショップによってはスノーホワイトという名前で売られていることもあり、毛色の分け方はショップによって異なるでしょう。 「ジャンガリアンハムスター」は「ゴールデンハムスター」と比べると、毛色や毛質の種類は少ないです。 「ゴールデンハムスター」と「ジャンガリアンハムスター」の性格と飼いやすさを比較 続いて性格を比較していきましょう!• 「ゴールデンハムスター」は人懐っこいので飼いやすい• 「ジャンガリアンハムスター」は個体差が大きい それぞれの性格を見ていきます。 「ゴールデンハムスター」は人懐っこいので飼いやすい ゴールデンハムスターは、ハムスターの中でも人懐っこく飼いやすいでしょう。 私はゴールデンハムスターを3匹飼ったことがありますが、どの子もうちに来てから2週間ほどで手のりハムになりました。 人間を怖がることはなく、ゲージに人間が近づくと出して欲しくて近寄ってきます。 ゲージから出して散歩をさせていたら、いつの間にか自分でゲージに帰って寝ていた子もいて頭の良さも伺えました。 名前を呼べば顔を出すようにもなります。 自分の名前を覚えていると言うよりは、「お!人間の声だ!!開けろー!出してくれー」って感じでしょうか。 「ジャンガリアンハムスター」は個体差が大きいので飼いにくいことも 「ジャンガリアンハムスター」もこれまでに3匹飼ったことがあり、繁殖をしたため10匹ほど世話をしましたが性格は個体によってバラバラでした。 「ゴールデンハムスター」よりは喜怒哀楽がはっきりしており、様々な表情を見せてくれるでしょう。 嫌な時は「チチッ」って鳴いたり、驚くとひっくり返ったりします。 1匹は警戒心が強く手を噛む子もいました。 「ジャンガリアンハムスター」は一般的に噛み癖が比較的多い種類とされており、メスよりもオスの方が温厚な場合が多いです。 ゴールデンハムスターよりは慎重に性格を見極めて、ちょっとずつ慣らしていく必要があるでしょう。 初めてハムスターを飼うのなら、ゴールデンハムスターの方がおすすめです。 ハムスターを複数飼いするならどっち? 続いては、複数飼いに向いているのはどちらなのか見ていきます。 1匹では寂しかろうと、複数飼いを考えている方もいるでしょう。 結論から言うと、• 「ゴールデンハムスター」は複数飼いに向いてない• 「ジャンガリアンハムスター」は相性による といった感じです。 「ゴールデンハムスター」は複数飼いに向いてない ゴールデンハムスターは、同種同士の縄張り意識が強いらしく複数飼いには向いていません。 生まれながらに同居飼育した姉妹の場合には喧嘩せずに暮らしてくれることが稀にあるようですが、ほどんどの場合は大人になると縄張り争いの喧嘩をしてしまいます。 相手を殺傷したり捕食してしまうこともあるので、一般的には1匹ずつ分けて飼った方が良いでしょう。 ちなみに私の飼っていたゴールデンハムスターは、友達のハムスターと姉妹だったのでたまに会わせてみましたが喧嘩せず仲良く一緒に寝たり遊んだりしていました。 離れ離れにすると相手の方に寄っていきたがるような動きもしていたので、結局は相性や性格によるのではないでしょうか。 「ジャンガリアンハムスター」は相性による 一方「ジャンガリアンハムスター」は、一般的には相性が良ければ複数飼いができるとされています。 ただ性格が合わない同士だと頻繁に喧嘩をしてしまい、場合によっては相手を殺傷したり捕食してしまうこともあるので注意が必要です。 「ジャンガリアンハムスター」は個性の差が顕著なので、やはり一匹ずつ分けて飼うのが無難でしょう。 また「ジャンガリアンハムスター」の幼獣は、メス・オスの区別がつきにくいです。 我が家のジャンガリアンハムスターは姉妹だと思っていたのに、実は兄妹だったために繁殖をしてしまいました。 ペットショップにメス同士だと言われたにも関わらず違ったので、複数飼いする場合はちょっと成長してからメス・オスを自分でもしっかり確認した方が良いでしょう。 ハムスターを繁殖させるならどっちがおすすめ? 素人が安易に繁殖させるのはあまり良くないと言う意見があります。 が、子供の頃に動物の繁殖を経験するのは命の不思議と大切さが分かって良い勉強になりますね。 私は小学生の頃にハムスターの繁殖に立ち会えてよかったと思っています。 繁殖をさせてみたいのなら、どちらかと言えば「ジャンガリアンハムスター」の方がおすすめです。 子供が生まれた後は、オスを別のゲージに分ける必要があります。 ゴールデンとジャンガリアンとでは、個体の大きさが倍ほど違うのでまわし車やゲージの大きさがスペース的に小さいジャンガリアンの方が楽です。 またゴールデンはジャンガリアンよりも多産なので、里親を探すとなると大変でしょう。 生まれた子供を里親に出さずに飼う場合にも比較的多数飼いがしやすいと言う点で、ジャンガリアンはおすすめです。 ハムスターの原産地と歴史を比較 飼育する上ではあまり関係ありませんが知識として、「ゴールデンハムスター」と「ジャンガリアンハムスター」の原産地と歴史を比較していきましょう。 「ゴールデンハムスター」は幻の動物と言われていた• 「ジャンガリアンハムスター」はシベリアから中国北部に分布 それぞれの野生下での生態も見ていきます。 「ゴールデンハムスター」は幻の動物と言われていた 「ゴールデンハムスター」の分布域はシリアとトルコの国境付近と言われており、生息密度が少なく限定的です。 農地開発によって生息域が破壊され、害獣として駆除されたことで生息数減少してしまいました。 1930年にシリアで捕獲されたメスと幼獣12匹が実験動物として飼育されます。 飼育下での繁殖に成功して、ペットとしての飼育が始まりました。 1930年に捕獲し繁殖されるまでは「幻の動物」と呼ばれており、野生のハムスターはほとんどいないようです。 「ジャンガリアンハムスター」はシベリアから中国北部に分布 「ジャンガリアンハムスター」の原産地は、カザフスタン共和国とシベリアから中国北部です。 中国のジュンガル盆地(ジャンガリア)に生息しているから「ジャンガリアン」という名前になったのだとか。 しかし、実際にはシベリアに多く分布しているため「シベリアンハムスターと呼ぶのが妥当だ!」とする学者もいます。 冬になると毛が白く変化するので、欧米ではウィンターホワイトハムスターと呼ぶこともあるようです。 野生では1日に3km以上もの距離を走るので、飼う場合にはまわし車が必須ですね。 「ゴールデンハムスター」と「ジャンガリアンハムスター」の寿命を比較 ハムスターを飼うと必ずお別れもやってきます。 飼う前に寿命のことも知っておかなければならないでしょう。 平均寿命 ゴールデンハムスター 2-3年 ジャンガリアンハムスター 1-3年 ハムスターの平均寿命はおよそ3年ほどです。 特に野生のジャンガリアンハムスターは1年で寿命がやってくると言われています。 しかし、室内で適切な環境で飼えば寿命が3年まで伸びるということです。 個体差も大きいですが、食事・温度管理・衛生管理・運動など欠かさなければ、より長生きさせることも可能でしょう。 いずれにしてもハムスターは比較的寿命が短めの生き物です。 その他、人気のハムスターをご紹介! 「ゴールデンハムスター」と「ジャンガリアンハムスター」以外の珍しいハムスターを飼いたい方に向けて軽く他のハムスターもご紹介しましょう。 ペットショップには、以下のようなハムスターも売っています。 ロボロフスキーハムスター• キャンベルハムスター• チャイニーズハムスター• トリトンハムスター 「ロボロフスキーハムスター」は、もっとも小型のハムスターで動きがすばしっこいハムスターです。 人間には懐きにくいですが、複数飼いには比較的向いています。 「キャンベルハムスター」は、外見が「ジャンガリアンハムスター」に似ていますが最も野性味が強いハムスターです。 ワイルドなハムスターを飼いたいという方にオススメできます。 「チャイニーズハムスター」は、他のハムスターより尾が長いのが特徴です。 おとなしい性格で頭が良く、人にも懐きやすいでしょう。 「トリトンハムスター」は、珍しい種類のハムスターです。 実験動物として飼われていましたが、人懐っこいのでペットとしても飼育しやすいでしょう。 種類だけでなく個体の個性もある為、実際にペットショップで触れ合ってから迎えることをおすすめします。

次の

ハムスターがなつく方法!種類・行動・サインと4つの期間!

ジャンガリアン ハムスター 種類

ハムスターはたくさんの種類があり、とても人気のあるペットです。 どのハムスターを飼おうか、迷う方も多いのではないでしょうか? twitterやyoutubeチャンネルで、たくさんの人から「おすすめのハムスターはどの種類ですか?」という質問を頂戴します。 そこで、代表的なハムスターの種類と色、値段、体格、寿命、性格、飼い方などを記事にまとめていきたいと思います。 ハムスターの種類を解説するにあたってまず紹介したいのは ジャンガリアンハムスターです。 ハムスターと言われた時に、皆さんがイメージされるのは「ゴールデンハムスター」か「ジャンガリアンハムスター」が多いです。 個人的にも一番好きなハムスターの種類です。 それでは、ジャンガリアンハムスターについて詳しくみていきましょう! ( 2018年2月8日追記:文章を大幅に加筆修正しました!) 目次• ジャンガリアンハムスターの種類と色 ジャンガリアンハムスターには複数の種類が存在します。 種類ごとに色が大きく異なるということがジャンガリアンハムスターの特徴です。 画像付きで詳しく見ていきましょう。 ノーマル 濃い茶色、黒い線が特徴の一般的なカラーです。 (テグーなどでも多い アグーチカラーです。 )店頭で見かける機会が一番多い種類になります。 パール、パールホワイト 真っ白ですが、背中にうっすら 灰色の線が入ったジャンガリアンです。 ノーマルと同じく、店頭でもよく見かける人気種です。 スノーホワイト 背中に線が入らない、 全身真っ白なジャンガリアンです。 スノーホワイトだと思って購入したら、実はパールホワイトだった!ということもよくあります。 ブルーサファイア 体の色は 青みがかかった灰色です。 サファイアブルーとも呼称しますが、呼び方はどちらでも問題ありません。 イエロー、プディング 全身黄色です。 真っ黄色というよりも、落ち着いた黄土色、 ベージュに近い色になっています。 イエロー又はプディングと呼称されますが、どちらも同一種です。 クリーミーライン、クリーミーサファイア 白い体がベースですが、 黄色・薄い茶色のラインが背中に入っています。 イエローやパールと間違えられやすいですが、別種類です。 パイド 白い体ですが、手足と顔がノーマルカラーのジャンガリアンです。 上半身と下半身で色が異なることからパイドと呼ばれています。 キャンベルハムスターでよく見かける色ですが、そちらとは別種とされています。 店頭でもほぼ目かけないレアな種類です。 どの種類が皆さん気に入りましたか? 私はパールホワイト、スノーホワイトが大好きで、10年以上ずっと飼っています。 ジャンガリアンは種類が豊富ですが、種類によってお値段がやや異なります。 次はジャンガリアンハムスターの値段について見ていきましょう。 ジャンガリアンハムスターの値段 ジャンガリアンは店頭でも多く取り扱いがあるため、他種のハムスターよりもお値段は 安いです。 ただし、ジャンガリアンの中でも、珍しい色のジャンガリアンは値段が 高めです。 ノーマル・ブルーサファイア・パール・スノーホワイトの値段 値段は 1000円前後が多いです。 安いお店では1000円以下で販売しているところもあります。 流通量も多く、お店に行けばすぐ見つけることができるでしょう。 ただし、スノーホワイトは取り扱っていないお店もあります。 イエロー・プディングの値段 ノーマルなどに比べやや高め、 1500円前後くらいが目安です。 お店に置いていない場合もあります。 クリーミーライン・クリーミーサファイアの値段 2000円前後が目安です。 探さないと見つけられない可能性が高いですが、最近は取り扱い店舗も徐々に増えてきました。 パイドの値段 2000円以上が目安です。 ほとんどお店でも見かけず、見かけたとしてもキャンベルハムスターのパイド種が多いです。 上記の値段はあくまで目安です。 地域や年齢により値段は前後します。 また、お店でたまに値段がとても安い子がいますが、性格に難があるか、怪我をしている(していた)か、すでに大きくなってしまっている子が多いです。 非常に値段が安いハムスターを飼う場合は、店員に問題点を確認した上購入するようにしましょう。 では、種類と値段を確認した上で、ジャンガリアンハムスターに共通の特徴を見ていきましょう。 飼い方を確認する上で非常に重要です。 ジャンガリアンハムスターの体格・寿命 ジャンガリアンハムスターの体格と寿命は、 各種類共通です。 体長 6cm~13cm。 大きくなっても手乗りサイズです。 体重 30g~45g。 なつくと手や体によじ登ってきますが、重量はほとんど感じません。 寿命 2~2年半。 どんなに長生きしたとしても3年弱です。 個体差がありますが、男の子の方が若干大きめになります。 寿命は別種に比べやや短めです。 他の種類の寿命についてはをご覧下さい。 ゴールデンハムスターと比べて半分ほどのサイズなので、餌や水の量も半分程度、力もゴールデンほどありません。 おしっこの量もゴールデンより少ないので、トイレ掃除も楽です(地味ですが大きなメリットです)。 ケージがそこまで大きなサイズを必要としないのも嬉しいポイントです。 次に、ジャンガリアンハムスターの性格を見てみましょう。 ジャンガリアンハムスターの性格 人気のあるジャンガリアンハムスターですが、性格は個体差が激しく、大人しい子もいれば元気な子もいます。 他種のハムスターと比べると、性格は以下のような特徴があります。 なつきやすい 人になつきやすい性格です。 なついた後は、手に乗せて一緒に遊ぶ事もできます。 トイレを覚えやすい トイレを覚えることもできます。 性格によってはなかなか覚えてくれない固体もいます。 噛み癖がある場合がある 他の種類に比べ、ケージや人の手を噛むクセがある場合があります。 餌の選り好みをしやすい 基本的にハムスターは雑食ですが、甘やかして育てると、餌の選り好みをする傾向があるので注意してください。 餌や噛み癖についてよく相談を受けます。 餌や紙癖については別記事でまとめたいと思います。 補足ですが、ゴールデンハムスターに比べれば、ケージの外に出たがらない子が多いです。 ゴールデンはすぐ外に出たがります。 とはいえ、 性格の個体差が激しい種類のため、上記の特徴はあくまで傾向としてとらえてください。 ジャンガリアンハムスターの飼い方・飼いやすさ ジャンガリアンハムスターの具体的な飼い方は数回に分けてこれから記事にまとめたいと思いますが(でご覧ください。 )、今回はジャンガリアンを飼うにあたってのメリットを他種と比べて見ていきたいと思います。 飼育グッズが豊富 「初めて飼う方でも飼育グッズに困らない」というのが大きな特徴でしょう。 amazonやペットショップで売っているケージなどは、大抵ジャンガリアン向けのサイズになっています。 よく知らない人は、ゴールデンハムスターと一緒にジャンガリアンサイズのケージを買って、サイズが合わなくなり後ほど買い直したりするようです。 飼っている人が多い 人気のある種類のため、飼っている人が多く、相談しやすいのも嬉しい特徴です。 飼育情報が多い 私を含め、twitterやyoutubeでよくジャンガリアンの子を見かけます。 飼育法の情報が多いこともメリットでしょう。 ここまで書いた特徴を踏まえて、ジャンガリアンハムスターは 飼いやすい種類だと思います。 固体によって噛み癖が気になるくらいですね。 しっかりとお世話すれば、飼い主にきちんとなつき、手の上で寝ることもあります。 最初にどのハムスターにするか迷っている方は、ジャンガリアンかゴールデンが良いのではないでしょうか? ハムスターを飼い始める時の参考にしてみてください。 まとめ いかがだったでしょうか?今回はジャンガリアンハムスターについて見てきました! 今回のまとめです!! 1:ジャンガリアンハムスターは種類が豊富で様々な色がある。 2:種類によって値段が変わる 3:体長・体重・寿命は共通 4:性格は個体差が激しい 5:飼いやすい種類である 良いね!と思った方は、ぜひブックマークしていただけると嬉しいです! ジャンガリアン可愛いですよ!繰り返しになりますが、私は一番大好きです!! 次の記事では、について見ていきたいと思います!•

次の