ロング ブレス ダイエット 効果。 本当は痩せない!?ロングブレスダイエットの口コミ・効果まとめ

ロングブレスダイエットは効果が凄い!正しいやり方や応用法を紹介

ロング ブレス ダイエット 効果

ロングブレスダイエットとは? ロングブレスダイエットは、強く長く息を吐き出すことによってインナーマッスルを鍛え、筋肉量を増やすことを目的としたダイエットです。 ロングブレスダイエットの生みの親、美木良介さんの著書によれば、効率よく筋肉を鍛えることによって、内臓脂肪や体脂肪を燃焼しやすい、痩せやすい体を作ることができると言われています。 そうした体質を改善する効果も期待できるため、リバウンドの防止にも役立ちます。 出典: やり方にはちょっとしたコツがあるものの、非常に簡単です。 背筋を伸ばしてまっすぐに立ちます。 お腹に力を入れ、お尻をきゅっと引き締めるように意識します。 右足をやや後ろに引いて重心をかけます。 両腕を振り上げながら3秒かけて息を吸います。 腕が頭上に来た時に、息を目一杯吸い込んだ状態にします。 腕を下ろしながら3秒かけて勢い良く一気に息を吐き、お腹に力を入れ、凹ませたままその後4秒間で残りの息を全て吐き出す。 基本のやり方はたったこれだけです。 これを1分間に6回、1日に1回行います。 本当に痩せる?ロングブレスダイエットの効果 ロングブレスダイエットの効果として最も期待できることは、 お腹まわりとヒップラインの引き締めです。 数日間続けるとわかるのですが、まずお腹にくびれのようなものが見え始め、たるんでいたお尻が上がってきます。 これは、腹横筋というお腹の周りの筋肉が鍛えられることによる効果と考えられます。 そして、お尻の筋肉も意識して引き締めながら呼吸を繰り返すことによって、ヒップアップ効果も実感できてきます。 また、インナーマッスルが鍛えられて筋肉の温度が上がることによって代謝がよくなり、血行改善や便秘の解消にもつながると考えられます。 体重が劇的に減るという効果は期待できませんが、徐々に体質が改善され、代謝がアップすることで痩せやすい体を作ることができると言えるでしょう。 さらには、腰痛、肩こり改善や小顔効果、生活習慣病の予防など、単なるダイエットにとどまらず、健康維持にも役立つことが知られています。 横浜東邦病院の梅田嘉明院長も、ロングブレスダイエットに関しては「理想的なエクササイズ」であると評価しています。 スポンサーリンク ロングブレスダイエットの口コミでの評価は? ロングブレスダイエットの口コミには賛否両論があります。 効果を実感した人の多くが「お腹まわりが引き締まった」という口コミしています。 ウエストが引き締まり、履けなかったスカートが履けるようになったなど、喜びの声もありました。 体重が減ったという人はそれほど多くはないものの、中には1ヶ月に8kgも減ったという人もいるようです。 反対に効果がなかった人は、体重が減らない、呼吸だけなので単調で飽きてしまったと口コミを寄せています。 ロングブレスダイエットは、 大幅に体重を減少させるようなダイエット方法ではないため、過度な期待を寄せているとガッカリしてしまうのかもしれません。 ロングブレスダイエットに関しては、実践して成功した芸能人の森公美子さんが、自身のブログで「呼吸で痩せたらノーベル賞もの」といったことを書き込んで注目されたこともありましたね。 森さんの場合は、ロングブレスダイエットと同時に食事制限やそのほかの運動を行っていたことがダイエットに成功した大きな理由だったため、ロングブレスダイエットに関しては懐疑的に見ているようです。 口コミから考えると、ロングブレスダイエットはお腹まわりの引き締めには効果的なものの、体重を減らすような効果を求めるためには食事制限などを合わせて実践する必要があると言えそうです。 ロングブレスダイエットの体験談 私がロングブレスダイエットを実践した時は、 1分間で6回行う基本の呼吸法を、1日に2回ほどしていました。 また、気がついた時にもロングブレスを意識し、お腹をへこませて深く息を吐くようにしていました。 真剣に取り組んでいた期間は1ヶ月ほどでしたが、まず始めの数日だけでもウエストのラインがほっそりとして、夫にも「ちょっとお腹凹んだ?」と聞かれました。 時間もかからず取り組めるロングブレスダイエットは続けやすく、私には合っていたようです。 ロングブレスダイエットをする前は身長158cm、体重52kg。 2週間では体重はさほど変わりませんでしたが、1ヶ月たった頃には2kg減って50kgになりました。 ウエストは、67cmから3cm減って64cmに。 ヒップも89cmから86cmになっていました。 体重が減ったこともそうですが、なにより下腹部のぽっこりが目に見えて改善されたのが嬉しかったです。 また、インナーマッスルを鍛えることで代謝がよくなったのか、冷えを感じにくくなりました。 常に体がポカポカして、体質が変わったのかと思うほどでした。 そして、意外な効果として感じたのが、便秘の解消です。 お腹の周りの筋肉が鍛えられることと、代謝がアップしたことで腸の動きも活発になり、便通が良くなりました。 ロングブレスダイエットのメリット・デメリット ロングブレスダイエットを実践して、私が感じたメリットとデメリットは次のとおりです。 ロングブレスダイエットのメリット• 簡単で手軽にできる 必要な機器などは一切なく、呼吸だけという手軽さで、コツさえつかめば簡単に行えます。 基本の方法なら1分間に6回という短さもメリットです。 引き締め効果が実感しやすい ロングブレスダイエットは、引き締め効果が目に見えやすいことが大きなメリットです。 早ければ数日続けるだけでも、お腹の周りの変化がわかります。 それがダイエットを続けるモチベーションにもなるでしょう。 体質改善につながる 冷えや便秘の解消などの解消にも効果的で、体質改善、健康維持にもつながります。 ロングブレスダイエットのデメリット• 家でしかできない 呼吸だけなのでどこでも簡単にできると思いがちですが、ロングブレスダイエット特有の「ぶーっ」と大きく吐く息の音が気になり、自宅以外で行うことはオススメできません。 飽きてしまう 呼吸をするだけという簡単さが逆にデメリットとなり、単純すぎて続かないこともあります。 意外に疲れる ロングブレスダイエットは単純な呼吸ではなく、全身運動としての呼吸法です。 普段使わない筋肉を使って呼吸するため、なれないうちはほんの数回でもぐったり疲れてしまうこともあるでしょう。 腰や肩に負担がかかることもある 正しい方法で実践できないと、呼吸をする時に重心を後ろにかけすぎて腰を痛めてしまったり、腕を振り上げる時に力を入れすぎて肩を傷めてしまったりすることも考えられます。 ロングブレスダイエットを成功させるポイント ロングブレスダイエットで痩せるために必要なのは、次の3つのポイントです。 正しいやり方で行うこと• しっかりと継続すること• 無理をしないこと 単純なダイエット方法だけに、やり方をきちんと理解し、自分の無理のない範囲で続けていくことが大切です。 参考動画:美木良介「ロングブレス」.

次の

本当は痩せない!?ロングブレスダイエットの口コミ・効果まとめ

ロング ブレス ダイエット 効果

「楽して痩せたい・・・・」 このように考えたことがある人もいるのでなないでしょうか? しかしながら、ダイエットというと 食事制限やハードな運動など苦しいものを想像しますよね・・・・ 続ければ痩せるとわかっていても苦しい分なかなか継続するのが難しいですよね。 今回は、ダイエットに対してそのようなお悩みをお持ちの方向けの効果的なダイエット方法を紹介していきたいと思います。 今回ご紹介するダイエット方法は ロングブレスダイエットになります。 ロングブレスダイエットの正しいやり方を学んで 効果的にダイエットに取り組みきれいな体を手に入れましょう。 ロングブレスダイエットて何? まず、ロングブレスダイエットとはどのようなダイエット方法なのでしょうか? ロングは日本語で 「長い」を意味し、ブレスは 「呼吸」を意味します。 つまり、 長く息をはくことによるダイエット方法なのです。 体重 ウエスト ・Aさん 4. 6kg減 6. 0㎝減 ・Bさん 2. 3㎏減 2. 6㎝減 ・Cさん 1. 0㎏減 3. 2㎝減 と一週間で すべての人に効果が現れています。 特にAさんに関しては元の体重が重かったこともありますが、 1週間で-4. 6㎏と驚異的な効果を発揮していますよね。 消費カロリーは? それほど体重に変化があるロングブレスダイエットではありますが、どれぐらいの消費カロリーが気になりますよね。 実は、ロングブレスダイエットによる消費カロリーは通常の呼吸と比べるとカロリーは消費するものの ランニングや水泳などのように多くのカロリーを消費するわけではありません。 そのため、長く息を吸ってはく動作自体には それほど消費カロリーは期待できないのです。 それではなぜロングブレスダイエットで痩せやすくなるの? 通常のダイエットといえば食べる量を減らしたり、運動量を増やしたりして 消費カロリー>摂取カロリーにすることで脂肪を落としていきますよね。 カロリー消費がそこまで多くないロングブレスダイエットを行って なぜ痩せていくことができるのでしょうか? 実はロングブレスダイエットには、呼吸によるカロリー消費量は少ないもののカロリーをたくさん消費できるようになる、ある効果が備わっているのです。 ・酸素の供給量を増やすことができ脂肪を燃焼しやすくする 人が脂肪を燃焼するためには、酸素が必要になります。 逆を返せば、 酸素をたくさん供給できれば脂肪を燃焼しやすくなるのです。 南カルフォルニア大学で行われた研究結果によると大きな深呼吸を行って体内の酸素量を満たしてからエアロバイクを漕いだ結果、 普通にエアロバイクを漕いだ時よりも140%多くカロリーを消費することが明らかとなりました。 つまりロングブレスそのもののカロリー消費は少ないものの、 その後の日常生活でのカロリー消費量を増やして脂肪を燃焼し痩せやすくなるのです。 ・腹横筋が鍛えられて下っ腹を引っ込められる 人のお腹の周りには 腹横筋と呼ばれるお腹周りの 臓器を支えるインナーマッスルがあります。 ロングブレスを行い深く息をすったりはいたりすることで、この腹横筋を鍛えることができます。 腹横筋が鍛えられると臓器を支える力が強くなるため、 下っ腹が出ることを防ぐことができるのです。 脂肪の燃焼以外にもお腹周りもすっきりさせることができるのです。 ・内臓が刺激され代謝の向上 またロングブレスを行うことで、肺やお腹の動きに刺激され 腸や胃などの内臓も活発に活動するようになります。 便の排出を早めるなどの効果もあり、 体の代謝を高めることができます。 さらにお腹周りの 体温を高めることができ基礎代謝も上げ、脂肪を燃焼しやすい体になるのです。 ロングブレスにはその他のメリットも! ロングブレスダイエットは脂肪を燃焼しやすい体になるため高いダイエット効果をもたらすことはお分かりただけましたか? そして、ロングブレスダイエットにはダイエット効果以外にも多くのメリットを得ることができるのです。 そのメリットは 冷え性の改善・腰痛の防止と改善・声量アップなどのメリットも得ることができるのです。 ・冷え性の改善 ロングブレスはお腹の腹横筋を使うため、 お腹周りを温めることができます。 そのため、普から体が温まり、 冷え性の改善につながるのです。 ダイエット目的でなくてもロングブレスは冷え性に悩む人にもおすすめです。 ・腰痛の防止・改善 ロングブレスを行うことで、 腹横筋に加えて腹直筋や脊柱起立筋など体のインナーマッスルも同時に鍛えていくことができます。 腰痛の原因は、腰やお腹周りの筋肉の衰えが原因となるため、ロングブレスによってインナーマッスルを鍛えることによって 腰痛の予防・改善にもつながるのです。 ・声量アップ ロングブレスは声量のアップにもつながります。 ロングブレスで息を長く吸うことで 肺活量を増やすことができます。 そのため、大きく息を吐くことができるようになるため、声量アップにつながるのです。 ロングブレスダイエットのやり方 それでは、ロングブレスダイエットをやり方を紹介していきたいと思います。 ロングブレスダイエットの 基本的なやり方や応用的なやり方を覚えて正しくロングブレスを行っていきましょう。 今回は基本のやり方に以下の加えて4つの応用法を紹介していきます。 より効果を高めるためには! ロングブレスダイエットの効果をより高めていくためには、 食事の摂取方法も気をつけることでその効果を高めていくことができます。 ・食事前に行う ロングブレスは食事の前に前に行うようにしましょう。 食事を摂取して胃が膨れた状態でロングブレスを行うと 腹横筋などの筋肉を上手く収縮できなくなるばかりか、 胃や腸に負荷がかかりすぎてしまい、逆流性食道炎などの他の病気を併発する恐れも高まります。 ・たんぱく質を多めに摂取する たんぱく質は筋肉の発達のもととなります。 そのため、たんぱく質も多めに摂取することを心掛けましょう。 ロングブレスによってインナーマッスルに刺激を入れたのに筋肉のもととなるたんぱく質が不足していては効果が薄まります。 具体的には、 自身の体重1kあたり2gのたんぱく質を摂取するようにしましょう。 ・ロングブレスピロピロ ・パワーブリーズ ・インターバルタイマーforトレーニング です。 ・ロングブレスピロピロ ロングブレスはただ息をはいているだけでは、しっかりと息をはけているんかわからなくなってきますよね。 ロングピロピロは息をはくことでピロピロという音と共に長く伸びます。 息の吐き具合が可視化されてみることができるサポート器具になります。 ・パワーブリーズ パワーブリーズは、イギリスで開発された 横隔膜や腹横筋を鍛える呼吸サポート器具になります。 吸気の時に圧をかけることのよって筋肉に刺激を入れることができます。 ロングブレスダイエットの際に使用することで、より お腹や背中回りの筋肉を鍛えていくことができます。 また、 お年寄り向けからトップアスリート向けまで負荷が3種類選べ自分に合ったサポート器具を使用することができます。 ・インターバルタイマーforトレーニング ロングブレスダイエットは3秒吸って7秒拍トレーニングになります。 その際のタイマーとして 「インターバルタイマーforトレーニング」を使用することで設定した秒数に達すると音で知らせてくれるため正しく秒数をカウントできロングブレスダイエットを助けてくれます。 このアプリを使用することで時計を見ることなく 呼吸のみに集中することができます。 高血圧の人は注意が必要 ロングブレスダイエットは 高血圧の人は医師の了承をえてからに行うようにしましょう。 ロングブレスは、大きく息を吸い込むため 心拍数が高まり血圧が上昇します。 そのため、ただでさえ高い血圧がさらに高まりその他の弊害を発生する危険性が高まります。 もし、ロングブレスを取り入れる場合でも、いきなり大きく息を吸い込むのではなく 徐々に吸い込む量をふやし、息をはく時間を長くしていくようにしましょう。 ロングブレスダイエットを取り入れて効果的に痩せていこう! ロングブレスダイエットをとりいれることで 苦しい食事制限やハードな運動がなくとも脂肪の燃焼を助けて痩せやすい体を手に入れることができます。 家にいながらでも簡単に行うことができるため、普段運動をしないひとでも正しいやり方を取り入れて 自身の求める体を手に入れることができます。 また、慣れてきたらロングブレスと同時に様々なエクササイズを取り入れてさらに効果を高めていきましょう。 継続的にロングブレスダイエットを実施していきましょう。

次の

ロングブレスダイエットの効果とは?驚くべき3つの効果とは?

ロング ブレス ダイエット 効果

私は、産後7か月の主婦です。 妊娠する前は、お腹にもしっかりくびれがあったのですが、出産後はお腹がぽっこりしたままなので、産後の体型戻しのためにロングブレスダイエットを始めました。 元々運動嫌いでしたから、ロングブレスダイエット程度の運動量なら簡単にできるし、毎日続けられると思ったのです。 しかし、現実はそう甘くはありませんでした。 今、生後7か月の赤ちゃんは、昼間は離乳食で、夜中はまだお腹が空くみたいで夜泣きするので、母乳を飲ませています。 そのため、私自身の食べる量が減らせないのと、夜泣きする度に起きるので、ロングブレスダイエットを毎日続ける気力や体力がなくなってきたからです。 そんな時に、ネットを見てたら、あるダイエットサプリを見つけました。 ロングブレスダイエットだけやるよりも、そのダイエットサプリを飲んでからやる方法に変えたら、みるみる内にお腹にくびれが戻ってきましたよ。 ロングブレスダイエット方法の基本のやり方とは? ロングブレスダイエットとは、美木良介さんが考案した呼吸法を使ったエクササイズによるダイエット方法です。 ロングブレスでは、強くて長い呼吸を繰り返すことで、深層筋というインナーマッスルを鍛えることができ、それによって筋肉量を効率的に増やして脂肪燃焼効果を高め、リバウンドしにくい体にしていくという効果が期待できます。 ちなみに、美木良介さんがロングブレスダイエットを考案したきっかけとなったのは、腰痛の解消のためでした。 彼は20年以上にも渡って腰痛に悩まされていたそうで、長時間椅子に座っていることができず、仕事に行くこともできない状態が続いていたそうです。 そんな時に、腰痛のリハビリの1つとして、インナーマッスル鍛える腹式呼吸によるリハビリ方法を知り、試してみると思いのほか効果があったので、その腹式呼吸に独自の工夫を凝らして誕生したのがロングブレスでした。 そんなロングブレスを使ったダイエットは、背筋を真っ直ぐ伸ばして立ち、お腹を凹ませ、おへその下にある丹田という部分に力を入れます。 この丹田は、体のバランスを保つために重要な部分で、こことその周囲を鍛えることで、深層筋のインナーマッスルも鍛えることができます。 そして、そのお腹周りを中心としたインナーマッスルが引き締まることで筋肉量も増え、体にたまった内臓脂肪や皮下脂肪などを効率よく燃焼させることができるため、ダイエットに良いと言われています。 ちなみに、人間が1日に消費するカロリーは、筋肉量に比例する約6割の基礎代謝であるそうです。 つまり、 体重が同じでも筋肉量が多い人と少ない人では、筋肉量の多い人の方がカロリーを消費しやすいのです。 このロングブレスは、誰にでも簡単に出来るエクササイズだけで身体そのものの基礎代謝量がアップし、消費カロリーが増えるので、決して激しい特別な運動などをする必要はなく、自然と体重が減っていくため、のダイエットにもなる方法です。 実際に、このロングブレスダイエットを考案された美木良介さんは、腰痛持ちだったために運動も出来ず、肥満だったそうです。 しかし、ロングブレスを始めるようになってから、約2か月ぐらいで体重が一気に13キロも減少し、あれだけ長年悩んでいた 腰痛も解消できたそうです。 そして、ロングブレスの効果はお腹周りのインナーマッスルを鍛えることで、 ウエストも引き締まり腹筋も強くなりました。 さらに、ロングブレスで息を一気に吐き出す時に、顔周りの筋肉も使うので、フェイスラインもすっきりしてくるそうですから、 小顔効果もあるようですね。 ロングブレスダイエットはいつやると1番効果的か? 人間は寝ているときが身体の代謝が高まっているため、朝起きてからすぐの時間帯に代謝を上げるような運動するのが1番効果的だそうです。 なので、 ロングブレスダイエット方法も朝起きてすぐにやるようにしましょう。 朝起きてすぐにロングブレスをやれば、顔のむくみも取れ、内臓の働きも活発になりますので、食後のお通じもよくなります。 また、朝一番に体の隅々まで血液の巡りが良くなると、新陳代謝も良くなりますので、カロリーを消費しやすくなり、さらに冷え性にも効果があるようです。 でも・・・ 思ったほど、痩せなかったです。 そこで私は、 ファンケルの大人のカロリミットを飲んでから、ロングブレスダイエットをすることにしました。 普通のカロリミットと比べて、大人のカロリミットには食事の糖分や脂肪の吸収を抑えて、食後の血糖値と血中中性脂肪値の上昇を抑える機能があります。 また、このサプリを飲んでいる方が育児疲れをあまり感じませんでした。

次の