以後このようなことがないよう。 ビジネスの文例 顧客へのお詫び 製品・商品の不備に関して

「以後気をつけます」の意味と使いビジネスにおける敬語/例文/類語

以後このようなことがないよう

私は日本語を勉強中の中国人です。 お礼を書くときに困った表現があります。 私の拙い質問文を親切に添削していただいた皆様に、このような間違いを今後しないようと伝えたいときに、普通どのように書くべきでしょうか。 謙譲語を使いたいのですが、「心がけます」と「気をつけます」の謙譲語は何だろうか、と一瞬戸惑ってしまいました。 「お心がけします」と「お気をつけします」は普通使うでしょうか。 また、私の下記の言い方を添削していただいた上に、ネイティブ同士で使われる自然な書き方も教えていただければ大変嬉しいです。 1.今後同じような間違いをしないように気をつけます。 2.これから同じような間違いをしないことを心がけます。 3.同じ間違いをしないよう心がけます。 4.今後こんな失礼な表現をぜひとも避けたいと思います。 よろしければ、質問文の不自然な部分の添削もお願い致します。 「お心がけします」も「お気をつけします」も存在しません。 絶対に使いません。 いま用いてらっしゃる表現で十分でしょう。 あえて謙譲語を入れるなら、たとえば「これからは確と心がけて同じ誤りを繰り返さぬようにいたします。 」なんてこともできますけどね。 「確と」は「しかと」と読みます。 この副詞はこの際なくても構いませんが「しかとこころがける」は一塊りのようなもんです。 「しかとは分かりませんが」というのも頻用されますが、もしかすると老人語かもしれない。 新明解はそうしてないけど。 1は「よう」が至近で反復されるのが気になります。 それがなくとも「同じような」は「同じ」のほうが良いでしょう。 「しないように」は「に」を省いて「しないよう」でもよい。 どちらかと言えば省いたほうがいいかも。 「今後同じ間違いをしないよう(に)気をつけます。 」 2はどうかなあ。 3の言い方のほうが良いのは確かでしょう。 「しないことを」よりも「しないよう」のほうが「心がける」としっくり噛み合うと思います。 「心がける」と言うとき、いったい何を心に懸けておくのでしょう。 「間違えないこと」でしょうか。 そうかもしれない。 だけど、「正を取り誤を退けるべく与えられた新知識」と考えたほうがいいような気もするんですが、どうですか。 どうも「心がける」のは、というか「心がけられる」のはポジディブなものではないかと思うんですが。 否定形で表現されるものを心がけることができるかどうか、疑わしいような気がします。 例えば「遅れないことを心がける」なんて言えないんじゃないかな。 「遅れないよう心がける」はセーフ。 「心がけて遅れないようにする」ならどこからも文句は来ないでしょう。 3は何の問題もなし。 4は「表現を」を「表現は」とするべきです。 「こんな」はこの場合は「このような」よりもむしろ適切じゃないですか。 なにしろ次に来るのが「失礼な」なんだから。 例えば「こんな馬鹿なことがあっていいものか」を「このような馬鹿なことがあってもいいものでしょうか」に変えたらいかにも間延びして聞こえませんか。 質問文の添削を少々。 >お礼を書くときに困った表現があります。 「お礼を書くときに困る表現があります。 」毎度のことであればこうでしょう。 「お礼を書きながらいつも悩む表現があります。 」でもよし。 >私の拙い質問文を親切に添削していただいた皆様に、このような間違いを今後しないようと伝えたいときに、普通どのように書くべきでしょうか。 「質問文を添削してくだすったかたに、お教えを銘記して同じ間違いを二度とするまいと思う心入れをお伝えするにはどう書けばよいのでしょう。 」 「心入れ」も老人語くさいので「気持ち」のほうが無難かも。 「くだすった」は「くださった」の東京方言(だと思う)。 こっちのほうがそこはかとなくかっこいいと感ぜられます。 >と一瞬戸惑ってしまいました。 この「一瞬」はいただけませんな。 確かに若い人たちはこういう言い方をするようですが。 >また、私の下記の言い方を添削していただいた上に、ネイティブ同士で使われる自然な書き方も教えていただければ大変嬉しいです。 「下の四つは私がこれまで実地に使った文です。 不備の点をご指摘ください。 加えて別の発想による言い回しもお教えください。 「気をつけます」「心がけます」は、これだけで「指導して頂いたことをきちんと守るように、自分の気持を切替えていきますよ」という心を現していますので、これ以上手を加える必要は無いと思います。 それよりも、教えて頂いたことや指導して頂いたことに対する言葉遣いに気を配ることをお勧めします。 次の例文添削です。 1.今後同じような間違いをしないように気をつけます。 とはっきり言う方が良いでしょうね。 2.これから同じような間違いをしないことを心がけます。 3.同じ間違いをしないよう心がけます。 4.今後こんな失礼な表現をぜひとも避けたいと思います。 これからも頑張って下さい。 #5です。 「お礼」文を添削してみましょう。 (ちょっと丁寧度を落としてみます。 ) >いつもお世話になっております。 毎度お世話になります。 >ご親切に教えていただき誠にありがとうございます。 いつも変わらぬ懇篤なお教えに感謝します。 >「お心がけします」も「お気をつけします」も存在しないんですね。 確認してくださり、安心できました。 「お心がけします」も「お気をつけします」も存在しませんでしたか。 変かもとは思わないでもありませんでしたがこれですっかり安心できました。 >私がこれまで実地に使った文を一つ一つ説明していただき、本当に感謝しております。 「よう」、「ように」、「こと」などがまさにすっきりしていない、説明していただきたい箇所です。 実地に使用したところを踏まえて説明していただいたこと、まことに有り難く存じます。 「よう」、「ように」、「こと」など、どうもすっきりしない、なにか説明が欲しい箇所でした。 これだけは絶対にこうじゃなきゃ駄目なところです。 今回の添削の中での眼目です。 くどいようだがここは絶対、「でした」でなきゃいけない。 ) >また、拙い質問文への添削にも感謝いたします。 例文として繰り返して読みます。 また、つたない質問文への叱正に感謝いたします。 お手本として繰り返し巻き返し読みます。 (「また」を頭に使うなら「添削にも」の「も」は不要、というより「にも」とするのは可ながら不可としたいという感じ。 「も」はないほうがよいってことです。 ) >いろいろと本当にありがとうございました。 ありがとうございました。 「心がける」「気をつける」は、そのままで使います。 他の回答者さまの言うように、これ以上謙譲する形は特にありません。 これは知っておいた方が便利だと思うので紹介いたしますが、「お~する」「ご~なる」の形は、謙譲ではなく尊敬の形です。 ですから、自分が「今後気をつけよう」と思っているときに「これからはお気をつけします」と言ってしまうと、自分に尊敬語を使っていることになり、大変失礼な言葉遣いになります。 本来の使い方の例として、たとえば「気をつける」に「お」をつけるなら、 (夜、お客様が帰られるときに) 「暗いですから、足元にお気をつけて」 などのように使います。 尊敬語ですので、必ず相手の動作に対して使います。 自分が気をつけるときには決して「お」を付けません。 「ご~なる」は、「見る」の尊敬語「ご覧になる」などがあります。 1.今後同じような間違いをしないように気をつけます。 2.これから同じような間違いをしないことを心がけます。 「しないように」が正解。 3.同じ間違いをしないよう心がけます。 4.今後こんな失礼な表現をぜひとも避けたいと思います。 ある程度改まった言い方で、畏まりすぎない表現なら、 「今後こんな失礼な表現をしないように気をつけます。 」 のような言い方が自然でしょう。 もっと丁寧で改まった言い方が良いなら、 「今後このような失礼がないよう、充分に気をつけてまいり(たいと思い)ます。 」 などでしょうか。 「(たいと思い)」は、あっても無くても通じますが、「思います」が入ると「まだ間違うかもしれない」という不安があることを意味しますし、それが無ければ毅然とした意思を感じさせる文章になりますね。 あとは、「今後」の代わりに「以後」、「心がける」などの代わりに「注意する」も使えると思いますよ。 「お心がけする」「お気をつけする」のように、「気をつける」「心がける」を直接謙譲表現することはありません。 そんな場合は敬語表現可能な他の表現を下にくっつければよいでしょう。 たとえば、軽い敬語表現ですむ場合なら、以下のようなパターンです。 …心がけたいと思います。 …心がけようと思います。 …気をつけようと思います。 …気をつけていこうと思います。 すこし重くなって、 …心がけたいと思っております。 …心がけようと思っております。 …気をつけようと思っております。 …気をつけていこうと思っております。 かなり重い敬語表現として、 …心がけたいと存じます。 …心がけようと存じます。 …気をつけようと存じます。 …気をつけていこうと存じます。 どの程度の敬語表現を使うかは状況しだいです。 重ければいいというものでもありませんから。 もちろん、No5の方の「…いたします」を上手に使うのも正解です。 A ベストアンサー 「気をつけます」と「注意します」はほとんど同じです。 「注意します」のほうが少しだけ堅苦しいですね。 「心がけます」は「気をつけます」や「注意します」と同じように使えますが「心がけます」しか使えない場合があります。 どれも「失敗や事故などの悪いことが起きないように意識する」という否定のニュアンスで使います。 なので 「仕事で失敗しないように気をつけます(注意します)(心がけます)」 というように使います。 一方「心がけます」だけは「何かをする」という肯定のニュアンスにも使えます。 「安全運転を心がけます」とは言いますが 「安全運転を気をつけます」や「安全運転を注意します」とは言いません。 つまり 「(事故や失敗などを)しないように意識する」と言いたい場合は3つとも使えます。 しかし 「(良いことを)するように意識する」場合は「心がけます」を使います。 ただ、ややこしいですが次の場合は「気をつけます」や「注意します」も使えます。 「安全運転で気をつけます(注意します)」 なぜかというと、この文章は「安全運転(をすること)で(事故を起こさないように)気をつけます」という文章を縮めたものだからです。 「気をつけます」と「注意します」はほとんど同じです。 「注意します」のほうが少しだけ堅苦しいですね。 「心がけます」は「気をつけます」や「注意します」と同じように使えますが「心がけます」しか使えない場合があります。 どれも「失敗や事故などの悪いことが起きないように意識する」という否定のニュアンスで使います。 なので 「仕事で失敗しないように気をつけます(注意します)(心がけます)」 というように使います。 一方「心がけます」だけは「何かをする」という肯定のニュアンスにも使えま... Q クライアントから、かなり難しい案件を任されました。 しかし、今後につながる大切な仕事なので、良い結果を出すために全力を尽くしたいと思います。 そこで、その旨を伝えるべく、返信のメールを出す段になって、はたと困りました。 ビジネス文書なので、もちろん「精一杯がんばります」とは書けません。 「鋭意努力します」なども考えたのですが、仕事はそもそも一生懸命するのが当たり前なので、「がんばる」とか「努力する」とかいう言葉は使わない方がいいですよね。 「尽力」などは、自分のことにはあまり使わないし、傲慢な感じ(押し付けがましい感じ)がすると思います。 そこで、質問です。 謙虚な感じは残しつつ、全力で取り組むことをアピールするのに、ぴったりな表現はないでしょうか。 皆様のアドバイスをお願いいたします。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。 ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、 もしかしたら出ていないかもしれません・・・。 と思い、教えて欲しいです。 宜しくお願いします。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 A ベストアンサー 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 見積もり依頼書 下記条件で見積もりをお願いします。 ~~の見積もりを取って欲しい。 ~~して欲しい。 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 そう言われると、B社... A ベストアンサー 昔の学校文法では、「です」は活用のない語に接続し、 形容詞や動詞には付かないとされていました。 (ただし推量の「でしょう」は例外的に許容) しかし現在では、「~い・です」は、平明・簡素な丁寧形 として認められています。 その根拠は、昭和27年4月の 国語審議会建議「これからの敬語」にある下記の一節です。 -------------------------- これ以降、学校文法でも「形容詞+です」を正しい形とし て認めているはずです。 半世紀以上も前のことです。 ただし、過去形についてはどうなのか? という話ですね。 なお、「動詞+です」は、今でも正しくないとされています。 (ただし推量の「でしょう」は例...

次の

今後は気をつけます|#話術.com

以後このようなことがないよう

その ような ことも踏まえ、たまたま18日に発表させていただいた合意の相手方となっている業態というのは明示させていただいていますけれども、これ以外の業態についても必要があれば 今後コミュニケーションを図っていくという ことでしょうし、だいぶ異なる性格を持っているので必ずしも この ようなプリンシプルについて共有するという ことに馴染ま ないという部分もございますので、その ようなものについて無理に一律にその ような結果を追い求めるという ことは必ずしも適当では ないと思っています。 which have the with , will necessary. Since they are and the , have them a us. - 金融庁 少し話が横にいきましたけれども、これは臨時の措置でございまして、私は何度も申しました ように、中小企業等の資金需要が高まる年末、年度末の2回ずつ含める ことができる ように、来年3月末までの時限法としているところでございますが、同法の期間を延長するかどうかについては、 今後、我が国経済及び中小企業との資金繰りの改善状況や来年度以降の見通し、金融機関の金融円滑化に向けた取り組みの進捗状況などを総合的に勘案し、色々なところからヒアリング、今お話がございました、ご指摘があった ようにさせていただきまして、延長を視野に入れつつ、 今後検討していきたいと、 この前の答弁どおりでございます。 今、円高でございまして、非常に中小企業は特に厳しいわけでございますから、先般も申し上げました ように、大体2年ぐらい経ったら経済が結構回復するのでは ないかという予測のもとで、中小企業金融円滑化法案をつくらせていただきましたが、そういった ことも視野に入れつつ、延長を視野に入れつつ、 今後検討してまいりたいというふうに思っています。 , 's : a , that 2011 and the when SMEs. the , will into , the and and the for , and the ' , with , and the the its , previously. the , for SMEs. , the was that the should about , , will the its possibility. - 金融庁 それから、当面の問題でいいますと、やはり内閣人事局につきまして、来年の通常国会に法案を出すとしますと、相当いろいろな具体的な詰めも進めていかなければいけ ないと思っておりまして、1回目がどこまで議論できるかという ことにつきましては、 今後会議までに詰めたいと思っておりますが、まずは、大きな流れについてご意見をいただく、それからもう一つは当面の大きな課題について議論させていただくと、 この ような ことになるのでは ないかと思います。 , our , will a 's session. will the such into consideration. , will their and have them tasks. way. - 金融庁 我々(の世界)は自由主義経済ですから、統制経済ではございませんから、そういったところの根幹に関する ことで、やはり証券取引等監視委員会が独立性を保っているという ことは、皆さん方はよくご存じですけれども、公権力が即経済に介入するというのは、自由主義経済(にとって)、あまり好ましく ないという基本的な思想がありまして、私はこういった独立性を保っていると認識いたしておりますが、現在、(事実)関係の解明を待つ必要があるために、 今後の行政対応について、今の時点では申し上げる ことはでき ないと思っております。 , economy. , the the SESC , that, , the , the the SESC maintained. until are , I this time. - 金融庁 金融庁といたしましても、これらの意見を踏まえつつ、 今後も中小企業等の金融の円滑化に取り組んでまいる所存でございます。 特に、金融(機関)の方も、 この金融円滑化法案で助かっているけれども、やっぱり仕事が ないという こと、あるいは仕事が出ても非常にコストも当然ですが、中小企業は下請、孫請けが多いわけですから、非常にはっきり言えばコストを削られると、利益も減るというふうな、悲鳴にも近い ような ことを中小企業団体の方々から色々お聞きいたしましたが、私はそういった印象を持たせていただきました。 The will their and into the future. , I from about the but , , has the are and subcontractors. That was the I got. - 金融庁.

次の

「今後はこのようなことがないよう」に関連した英語例文の一覧と使い方

以後このようなことがないよう

今後気を付けますは、何も対策しないこと 未来社会:世間の常識にアナタはだまされている! 今後気を付けますは、何も対策しないこと 今後気を付けますは、改善効果をほとんど生まない 電車の事故などが起きると、事故原因の究明が行われ、釈明会見などで原因を公表する。 同時に、今後の対策も表明することがある。 対策の発表でよく聞くのが、「こんな事故が発生しないように、今後気を付けます」というものだ。 このような釈明は、社内で発生するトラブルでもよく耳にする。 似たような表現に「厳重に注意します」というのもある。 「今後気を付けます」といった対策は、今まで以上に注意しながら作業を進めるということなのだろう。 それなら、これまでは注意深く作業していなかったのだろうか。 そうではないはずだ。 人間の集中力には限界があり、1日中神経を張りつめ続けることは不可能である。 だからこそ事故が起きるのであって、注意するといっても長続きはしない。 たしかに、事故が発生した直後は、そのことが頭にあるため、通常の状態よりは注意深く作業できる。 しかし、1カ月も経つと、前と同じ状態に戻ってしまう。 つまり、「今後は気を付けます」は、何の対策にもならないのだ。 ハッキリ言えば、まったく対策を打たないことに等しい。 対策は大きく3つに分類可能 「今後は気を付けます」と聞いたとき、なんとなくだが、ほとんど改善されそうもないと思う人が多いのではないだろうか。 きちんと対策していないことは、たいていの人が直感的に気付くせいかもしれない。 にもかかわらず「今後は気を付けます」がなくならないのは、それが無対策だと明言されないためだろう。 では、どのような内容が対策したと言えるのだろうか。 マトモな対策は大きく3つに分けられる。 「チェック機能」と「プレッシャー」と「教育と訓練」で、複数を併用することも可能だ。 問題の発生を抑える対策 ・チェック機能:作業の流れにチェック機能を組み込んで、問題の発生を防止 ・プレッシャー:問題を起こしにくいように、良や悪の圧力を作業者に加える ・教育と訓練 :教育と訓練を実施して、意識や技能を向上させる 順番に、内容と特徴を解説しよう。 チェック機能の組み込みで、仕組みとして間違いを発見 「チェック機能」は、事故などが発生しないようなチェック機能を、作業の流れの中に組み込むことである。 ただ注意しろといっても忘れやすいので、作業の流れの中に確認機能を取り入れる。 電車の運転手で用いられるのは、声を出して指差し確認をする方法で、実際の行動として取り入れると効果が上がる。 チェックする内容を最初にルール化し、その順番まで含めて決めておくのが基本だ。 作業者がルールに従ってチェック作業を進めることで、トラブルを防止できる。 銀行のような事務処理の場合は、上司の承認といった形でチェック機能を組み込む。 役立たない物を間違って購入するとか、無意味なプロジェクトを始めないようにとか、誤った作業内容を見付けるのに効果がある。 チェック機能を組み込む方法には、作業効率を低下させるという大きな欠点が伴う。 いろいろな問題が発生すると、必要となるチェック作業も途中に増えるだろう。 チェック作業が増えると、その分だけ余分な作業が間に入ることになり、結果として作業効率が低下する。 意思決定などの速度が求められる現代において、素早く作業できないことは致命的だ。 重要な問題にだけチェック機能を組み込み、あとは別な方法で対処するのが賢い方法といえる。 プレッシャーは自己変革を求める方法 2番目の対策であるプレッシャーは、精神的に圧力をかけることで、作業者自身の自己変革を生み出す方法だ。 失敗したら罰を与えるとか、成功したら報酬を与えるとか、作業結果によって差が付くような仕組みを用意する。 電車の運転で、無事故の連続日数に応じて特別ボーナスをもらえるなら、運転手自身が工夫して事故を起こさないようにするだろう。 役所の接待費の無駄遣い防止では、あとで無駄だと判明したら、使用した金額の半分を本人に負担させるような仕組みが効果的だ。 バレたら請求されると知っていれば、無駄遣いする人は極端に減るだろう。 これらの方法では、報酬や罰が大きいほど、得られる効果も大きい。 ただし、圧力をかける対象によっては、組織の活性化を妨げることもある。 新しい研究が失敗したときに大きな責任を取らされるなら、冒険的な研究をする人はいなくなるだろう。 それでは研究部門と正反対の状況になってしまう。 プレッシャーによる対策は、その効果と副作用をきちんと見極めたうえで、決めなければならない。 教育と訓練は、意識と体を改善する方法 3番目の対策である教育と訓練は、作業者に教育や訓練を実施することで、問題の発生を防ぐ方法だ。 教育は頭に知識を与え、訓練は体に慣れや技能を与える。 たいていの場合は、教育と訓練の両方を実施する。 とくに重要なのが、教育による意識改革だ。 教育前なら「まあいいや」と作業するところを、「もっと良いものを作らなくては」とか「より安全で乗り心地の良い運転を追求する」とか、前向きな意識を持つように生まれ変わらせる。 それが成功すれば、どんな作業に対してでも良い効果が得られる。 また、「社会に貢献している重要な仕事だ」といった責任感や満足感を与えることも意味がある。 教育する内容にかかわらず、より前向きな意識を持つようにすることが大切だ。 訓練は、教育した内容を体に覚え込ませるために実施する。 また、作業の一部としてチェック機能を組み込んだ場合も、訓練によってチェック機能を覚えさせる。 指差し確認といったチェック作業こそ、訓練と組合せて、より完全な作業を目指す。 このように、教育と訓練は、前述の2つの対策と併用することが多い。 また、前述の2つの対策が実施できない場合に、採用されることもある。 すでに教育を実施していて事故が発生した場合は、教育内容や方法を改善することもある。 きちんと対策する社会への脱皮を 組織というものは、外部から監視や指摘がないと悪い体質のまま続くし、より悪くなることも多い。 変革しないまま続くことは、社会的に影響の大きな組織の場合、とくに問題がある。 トラブルが発生したらきちんと対策を打つように、社会として圧力をかけるべきだ。 そのためにも、対策を実施しているとはいえない状況に対して、何もしてないと伝えることが必須である。 対策を評価する側でもっとも変革が求められるのは、ジャーナリストだろう。 また、ニュース番組のキャスターも大きな影響力を持つだけに、意識を変えてほしい。 事故の原因や対策を発表したとき、まともな対策であるかどうかを評価し、きちんとしたコメントを出すべきだ。 「今後発生しないように注意するだけですか。 これは何も対策しないということですね」などと。 そのうえで、本当に対策とは何なのかを教える必要がある。 そうすれば、「今後は気を付けます」などと言わなくなり、きちんと対策を実施する組織が増えるはずだ。 (1995年8月27日) 今後気を付けますは、何も対策しないこと.

次の