日本 対 香港。 日本占領時期の香港

香港による日本産食品の輸出に係る原発関連の規制について:農林水産省

日本 対 香港

この項目「 日本占領時期の香港」は途中まで翻訳されたものです。 (原文:) 翻訳作業に協力して下さる方を求めています。 や、も参照してください。 をお忘れなく。 ( 2008年12月) 香港占領地 - (国旗) 、、 大日本帝国天皇 1941年 - 1945年 1941年 - 1942年 1942年 - 1944年 1944年 - 1945年 人口 1941年 1,600,000人 1945年 600,000人 変遷 占領 降伏(香港重光) この記事はの一部です。 でイギリスのが日本に降伏したから、の受諾による降伏後、イギリス軍が香港に再上陸するまでである。 この3年8ヶ月間にわたる日本統治時期を香港では「 三年零八個月」と呼んでいる。 香港に入城する日本軍 の勃発以来、日本とは全面戦争に突入した()。 日本軍は及びのの大部分を占領し、でもの補給路を遮断すべくなどを占領した。 しかし、香港は当時日本とは交戦状態になかったイギリスの植民地として中立地帯であり、日本軍が進出し戦闘状態におかれることはなかった。 そのため、香港の人口はに100万人だったものが、中国各地から戦闘を避ける避難民が殺到しには160万人にまで膨張していた。 その後日本軍の占領下の香港から70万人前後の中国人住民が中国本土に退去させられ、占領前に160万人の人口を抱えていた香港は、1945年(民国34年)8月の終戦時には人口が60万人程度にまで減少した。 その後、イギリスの植民地に復帰した香港では、この3年8か月間にわたる日本統治時期を「 三年八個月」と呼んでいる。 、により()が勃発すると、ややなどに植民地を持つ国々に宣戦布告した日本は、イギリス軍の極東の要衝であったを実行した。 指揮下のによる十八日戦争である。 日本軍はの要塞地帯ジン・ドリンカーズ・ラインを突破し、には九龍半島を制圧した。 地の利を生かしたゲリラ戦法をとる軍の内での抵抗に当初日本軍は苦戦したものの、、イギリス軍は降伏し( ブラッククリスマス)、香港は日本軍の軍政下に入った。 政治 [ ] 香港を占領した日本軍は、イギリスのに代わる 香港軍政庁をに設置した。 その後、陸軍中将がとして任命され、 香港占領地総督部をに設置し大本営直隷下の軍政を実施した。 日本から多くの高級官僚が送られ、総督部の主要ポストの多くは日本人が占めた。 磯谷廉介総督は「以華制華」(華を持って華を制する)方針を打ち出し、諮問機関として華民代表会と華民各界協議会の2つの華人の組織が設置された。 占領地総督部が置かれた日本占領時期の香港上海銀行ビル 歴代香港統治者 [ ] 任期 肖像 総督 任期開始 任期終了 香港軍政庁長官 陸軍中将 1941年12月25日 1942年2月20日 海軍中将 1 香港占領地総督 陸軍中将 1942年2月20日 1944年12月24日 2 香港占領地総督 陸軍中将 1945年2月1日 1945年8月15日 行政区画 [ ]• :、西區、水城區、藏前區、山王區、、春日區、青葉區、、、、• :、、香取區、、、、、啓德區、• :、、上水區、新田區、沙頭角區、、 地名改称 [ ] 地名については、「 」のようなイギリスの人名を使用していた道路や、「 」、「 」などの地名を、それぞれ「 香取通り」や、「 元香港」、「 綠ヶ濱」のような日本式の地名に改称した。 は、「 青葉峽競馬場」と改称されている。 さらに、イギリス資本の会社は日本軍に接収され、閉店したイギリス系の「 レーンクロフォード」には「 」が開店した。 「 」(当時は「重慶市場」)も、「 中興市場」に変更されている。 経済 [ ] 香港は、大規模な工業や農業が無く、中国とアジア各地のイギリスの植民地、また同じくイギリス連邦の構成国であるなどとの間の交易をその経済活動の中心としていた。 日本による占領後に中国本土との貿易が減少し、さらに同時期、多くが日本軍の占領下におかれたアジア各地のイギリスの植民地との貿易も減少した。 イギリスと同じく日本との交戦状態に入ったオーストラリアとの貿易は完全に停止し、香港は経済的苦境に立たされた。 特に大部分を中国やオーストラリアなどからの輸入に頼っていた食糧の不足は深刻で餓死者を出すまでに至った。 日本軍による統治期間中、日本軍はを乱発行してを起こし、香港経済を疲弊させた。 発行された軍票は日本の敗戦後、イギリス軍が使用を禁じたため、現在も日本政府に経済的補償を要求する香港人が存在する。 駱克道にはが設置されたという。 住民政策 [ ] 香港に建設予定だったの完成予想図 従来のイギリス香港政庁による影響力の払拭を望んだ日本軍は、イギリスが香港の公用語として定めていたの使用を禁止して、を新たな公用語として制定した。 学校では、日本語教育を1週間に4時間実施させたほか、教科書も日本文化を紹介する内容に変更された。 また日本語の習熟度に応じて、香港に進出した日本企業への就職や、食料配給量の優遇を与える政策も実施した。 さらには、本格的な香港統治に向けて、日本語に精通した香港人公務員を育成する為に「 香港東亞学院」を設立したが、生徒は少なかった。 一方、当時香港唯一の大学であったは、イギリス人教員が、俘虜となるか香港を脱出した事から人材不足に陥り、日本軍の降伏まで閉校状態となっていた。 また、の中腹に香港神社を建造しようとしたが、造営主任の政所善澄前樺太神社宮司が香港赴任間もなく腸チフスで死亡したことや、資材不足、中国人労働者の反感などもあり、完成しなかった。 抗日活動 [ ] 日本と中華民国の戦争が続いていた上に、親英的な住民も多かったこともあり、日本軍の香港占領に抵抗した香港住民は少なくなく、占領期間中、反日活動は絶えなかった。 また、香港を脱出したイギリス軍や、の支援による軍事活動も行われた。 英軍服務団(British Army Aid Group)は、中国内地に逃れたイギリス軍や香港政府関係者によって7月に設立された部隊で、本部をに置き、香港における日本軍の情報収集やイギリス軍の脱走幇助、医薬品類の捕虜収容所への搬送などを支援した。 港九大隊は、の配下で広東地方で活動していた「 広東抗日遊撃隊」の協力の下、香港・新界のやによって2月に成立した抗日部隊で、香港のみならず、を含めた抗日活動を展開した。 港九大隊は、イギリス軍が撤退・降伏の際に遺棄した武器を入手し、香港・九龍の日本軍施設や警察署、への攻撃を行ったほか、捕虜の救出や、爆撃中に乗機が打ち落とされた連合軍のや、香港に留まっていた連合国側の外国人の香港脱出を支援した。 9月からは、中華民国内やイギリス領インド方面から飛来するのによる空襲が開始された。 主に日本軍の施設を目標としたが、誤爆も度々発生した。 このうち最も被害の大きかったのは、1月の市街への誤爆で、香港住民の死者は約1000人、負傷者約3000人に達したという。 また同年4月の爆撃では、にあった付近に爆弾が落ち、約490名の死者を出した。 このほか、にも誤爆があった。 終結 [ ] 降伏文書 、日本はイギリスと中華民国を含む連合国に対し降伏し戦争は終結した。 これにより日本の統治が終わった香港の帰属問題が生じた。 中国人がその殆どを占める当時の香港の世論は、「」という過去の不当な戦争によりから強引に主権を奪ったイギリスへ主権を戻さず、清国を継いで中国を統治している率いるに返還すべきであるというものであった。 しかしイギリスは返還を拒否する強硬な態度に出た。 これは戦勝国間の大戦後の、中華民国とソ連との利害関係の対立が生じつつあったためである。 中国系住民の声を無視する形で、イギリスは日本が降伏した8月15日に香港統治の回復を宣言した。 これに対し中華民国は抗議したが、同じ連合国であるアメリカ合衆国政府の調停により、中華民国側も最終的に了承した。 にイギリス海軍のハーコート少将は香港に到着し、正式にイギリスによる香港の主権回復となった。 この日は「重光紀念日」として、イギリスの植民地支配が終結するまで、8月の最終月曜日が香港の祝日に指定され、休日であった。 返還後は休日ではなくなったが、香港特別行政区政府は中国中央政府に倣い、2015年のみ9月3日を抗日戦争勝利70周年紀念日とし、休日にした。 なお、1945年に、中華民国、イギリスと日本の代表は香港総督府で香港の主権を返還する文章に調印している。 1948年8月は香港統治期の俘虜および民間人殺害・強姦の罪で中将・香港軍政庁初代長官に死刑判決を言い渡し、9月30日に処刑された。 影響 [ ] 日本風屋根の 日本の占領時期を物語る建築物にがある。 この建物は英国総督の本館とダンスホールであったが、日本軍の接収後にによって、ふたつの建物を繋ぎ合わせた上に、日本風の瓦屋根や塔のある和洋折衷的な建物に改築された。 この建物は、香港が英国統治下に戻った後はの住居として使用され、1997年に香港がに返還・譲渡された後は、の官舎として使用されている。 日本占領時期に行われた「帰郷政策」は、香港住民の権利を失わせる事となった。 1950年代、香港人が英国本土に移民するには、香港の永久居留権を持つ必要があったが、永久居留権を取得するには、香港での出生証明が必要だった。 日本軍の帰郷政策によって多くの児童が中国内地へ移住し、戦後香港に戻ってきたが、各種原因(記録文書の散逸・破棄など)によって、これらの児童の香港での出生証明が紛失しており、中国での出生とされた結果、移民権利を失う事となった。 関連項目 [ ]• 参考文献 [ ]• 「」駒沢大学経済学論集26,1994• 関礼雄 著 、・ [ ]訳『日本占領下の香港』御茶の水書房 1995• 山田美香「」人間文化研究 12, 113-125, 2009-12-23,名古屋市立大学• 和仁廉夫・編著『旅行ガイドにないアジアを歩く・香港』梨の木舎1996年9月刊( C3026 P1854E)• 和仁廉夫・著『歳月無聲』花千樹出版2013年7月(香港・中国語繁体字) 脚注 [ ]• Fung, Chi Ming. [2005] 2005. Reluctant heroes: rickshaw pullers in Hong Kong and Canton, 1874-1954. Hong Kong University Press. , 9789622097346. 130, 135. Courtauld, Caroline. Holdsworth, May. [1997] 1997. The Hong Kong Story. Oxford university press. 54 - 58. Stanford, David. [2006] 2006. Roses in December. Lulu press. 2006年2月14日時点の [ ]よりアーカイブ。 2006年2月14日閲覧。 湯開建 蕭國健 陳佳榮. 《香港6000年(遠古-1997)》. 麒麟書業有限公司. 1998年: 頁524. 香港里斯本丸協會 2009 《戰地軍魂.香港英軍服務團絕密戰記》,畫素社• 城山英巳「」ソシオサイエンス Vol. 20 2014年3月早稲田大学大学院社会科学研究科• 人民法院报2015年9月3日[第39・40版] 外部リンク [ ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキソースに の原文があります。

次の

日本占領時期の香港

日本 対 香港

この項目「 日本占領時期の香港」は途中まで翻訳されたものです。 (原文:) 翻訳作業に協力して下さる方を求めています。 や、も参照してください。 をお忘れなく。 ( 2008年12月) 香港占領地 - (国旗) 、、 大日本帝国天皇 1941年 - 1945年 1941年 - 1942年 1942年 - 1944年 1944年 - 1945年 人口 1941年 1,600,000人 1945年 600,000人 変遷 占領 降伏(香港重光) この記事はの一部です。 でイギリスのが日本に降伏したから、の受諾による降伏後、イギリス軍が香港に再上陸するまでである。 この3年8ヶ月間にわたる日本統治時期を香港では「 三年零八個月」と呼んでいる。 香港に入城する日本軍 の勃発以来、日本とは全面戦争に突入した()。 日本軍は及びのの大部分を占領し、でもの補給路を遮断すべくなどを占領した。 しかし、香港は当時日本とは交戦状態になかったイギリスの植民地として中立地帯であり、日本軍が進出し戦闘状態におかれることはなかった。 そのため、香港の人口はに100万人だったものが、中国各地から戦闘を避ける避難民が殺到しには160万人にまで膨張していた。 その後日本軍の占領下の香港から70万人前後の中国人住民が中国本土に退去させられ、占領前に160万人の人口を抱えていた香港は、1945年(民国34年)8月の終戦時には人口が60万人程度にまで減少した。 その後、イギリスの植民地に復帰した香港では、この3年8か月間にわたる日本統治時期を「 三年八個月」と呼んでいる。 、により()が勃発すると、ややなどに植民地を持つ国々に宣戦布告した日本は、イギリス軍の極東の要衝であったを実行した。 指揮下のによる十八日戦争である。 日本軍はの要塞地帯ジン・ドリンカーズ・ラインを突破し、には九龍半島を制圧した。 地の利を生かしたゲリラ戦法をとる軍の内での抵抗に当初日本軍は苦戦したものの、、イギリス軍は降伏し( ブラッククリスマス)、香港は日本軍の軍政下に入った。 政治 [ ] 香港を占領した日本軍は、イギリスのに代わる 香港軍政庁をに設置した。 その後、陸軍中将がとして任命され、 香港占領地総督部をに設置し大本営直隷下の軍政を実施した。 日本から多くの高級官僚が送られ、総督部の主要ポストの多くは日本人が占めた。 磯谷廉介総督は「以華制華」(華を持って華を制する)方針を打ち出し、諮問機関として華民代表会と華民各界協議会の2つの華人の組織が設置された。 占領地総督部が置かれた日本占領時期の香港上海銀行ビル 歴代香港統治者 [ ] 任期 肖像 総督 任期開始 任期終了 香港軍政庁長官 陸軍中将 1941年12月25日 1942年2月20日 海軍中将 1 香港占領地総督 陸軍中将 1942年2月20日 1944年12月24日 2 香港占領地総督 陸軍中将 1945年2月1日 1945年8月15日 行政区画 [ ]• :、西區、水城區、藏前區、山王區、、春日區、青葉區、、、、• :、、香取區、、、、、啓德區、• :、、上水區、新田區、沙頭角區、、 地名改称 [ ] 地名については、「 」のようなイギリスの人名を使用していた道路や、「 」、「 」などの地名を、それぞれ「 香取通り」や、「 元香港」、「 綠ヶ濱」のような日本式の地名に改称した。 は、「 青葉峽競馬場」と改称されている。 さらに、イギリス資本の会社は日本軍に接収され、閉店したイギリス系の「 レーンクロフォード」には「 」が開店した。 「 」(当時は「重慶市場」)も、「 中興市場」に変更されている。 経済 [ ] 香港は、大規模な工業や農業が無く、中国とアジア各地のイギリスの植民地、また同じくイギリス連邦の構成国であるなどとの間の交易をその経済活動の中心としていた。 日本による占領後に中国本土との貿易が減少し、さらに同時期、多くが日本軍の占領下におかれたアジア各地のイギリスの植民地との貿易も減少した。 イギリスと同じく日本との交戦状態に入ったオーストラリアとの貿易は完全に停止し、香港は経済的苦境に立たされた。 特に大部分を中国やオーストラリアなどからの輸入に頼っていた食糧の不足は深刻で餓死者を出すまでに至った。 日本軍による統治期間中、日本軍はを乱発行してを起こし、香港経済を疲弊させた。 発行された軍票は日本の敗戦後、イギリス軍が使用を禁じたため、現在も日本政府に経済的補償を要求する香港人が存在する。 駱克道にはが設置されたという。 住民政策 [ ] 香港に建設予定だったの完成予想図 従来のイギリス香港政庁による影響力の払拭を望んだ日本軍は、イギリスが香港の公用語として定めていたの使用を禁止して、を新たな公用語として制定した。 学校では、日本語教育を1週間に4時間実施させたほか、教科書も日本文化を紹介する内容に変更された。 また日本語の習熟度に応じて、香港に進出した日本企業への就職や、食料配給量の優遇を与える政策も実施した。 さらには、本格的な香港統治に向けて、日本語に精通した香港人公務員を育成する為に「 香港東亞学院」を設立したが、生徒は少なかった。 一方、当時香港唯一の大学であったは、イギリス人教員が、俘虜となるか香港を脱出した事から人材不足に陥り、日本軍の降伏まで閉校状態となっていた。 また、の中腹に香港神社を建造しようとしたが、造営主任の政所善澄前樺太神社宮司が香港赴任間もなく腸チフスで死亡したことや、資材不足、中国人労働者の反感などもあり、完成しなかった。 抗日活動 [ ] 日本と中華民国の戦争が続いていた上に、親英的な住民も多かったこともあり、日本軍の香港占領に抵抗した香港住民は少なくなく、占領期間中、反日活動は絶えなかった。 また、香港を脱出したイギリス軍や、の支援による軍事活動も行われた。 英軍服務団(British Army Aid Group)は、中国内地に逃れたイギリス軍や香港政府関係者によって7月に設立された部隊で、本部をに置き、香港における日本軍の情報収集やイギリス軍の脱走幇助、医薬品類の捕虜収容所への搬送などを支援した。 港九大隊は、の配下で広東地方で活動していた「 広東抗日遊撃隊」の協力の下、香港・新界のやによって2月に成立した抗日部隊で、香港のみならず、を含めた抗日活動を展開した。 港九大隊は、イギリス軍が撤退・降伏の際に遺棄した武器を入手し、香港・九龍の日本軍施設や警察署、への攻撃を行ったほか、捕虜の救出や、爆撃中に乗機が打ち落とされた連合軍のや、香港に留まっていた連合国側の外国人の香港脱出を支援した。 9月からは、中華民国内やイギリス領インド方面から飛来するのによる空襲が開始された。 主に日本軍の施設を目標としたが、誤爆も度々発生した。 このうち最も被害の大きかったのは、1月の市街への誤爆で、香港住民の死者は約1000人、負傷者約3000人に達したという。 また同年4月の爆撃では、にあった付近に爆弾が落ち、約490名の死者を出した。 このほか、にも誤爆があった。 終結 [ ] 降伏文書 、日本はイギリスと中華民国を含む連合国に対し降伏し戦争は終結した。 これにより日本の統治が終わった香港の帰属問題が生じた。 中国人がその殆どを占める当時の香港の世論は、「」という過去の不当な戦争によりから強引に主権を奪ったイギリスへ主権を戻さず、清国を継いで中国を統治している率いるに返還すべきであるというものであった。 しかしイギリスは返還を拒否する強硬な態度に出た。 これは戦勝国間の大戦後の、中華民国とソ連との利害関係の対立が生じつつあったためである。 中国系住民の声を無視する形で、イギリスは日本が降伏した8月15日に香港統治の回復を宣言した。 これに対し中華民国は抗議したが、同じ連合国であるアメリカ合衆国政府の調停により、中華民国側も最終的に了承した。 にイギリス海軍のハーコート少将は香港に到着し、正式にイギリスによる香港の主権回復となった。 この日は「重光紀念日」として、イギリスの植民地支配が終結するまで、8月の最終月曜日が香港の祝日に指定され、休日であった。 返還後は休日ではなくなったが、香港特別行政区政府は中国中央政府に倣い、2015年のみ9月3日を抗日戦争勝利70周年紀念日とし、休日にした。 なお、1945年に、中華民国、イギリスと日本の代表は香港総督府で香港の主権を返還する文章に調印している。 1948年8月は香港統治期の俘虜および民間人殺害・強姦の罪で中将・香港軍政庁初代長官に死刑判決を言い渡し、9月30日に処刑された。 影響 [ ] 日本風屋根の 日本の占領時期を物語る建築物にがある。 この建物は英国総督の本館とダンスホールであったが、日本軍の接収後にによって、ふたつの建物を繋ぎ合わせた上に、日本風の瓦屋根や塔のある和洋折衷的な建物に改築された。 この建物は、香港が英国統治下に戻った後はの住居として使用され、1997年に香港がに返還・譲渡された後は、の官舎として使用されている。 日本占領時期に行われた「帰郷政策」は、香港住民の権利を失わせる事となった。 1950年代、香港人が英国本土に移民するには、香港の永久居留権を持つ必要があったが、永久居留権を取得するには、香港での出生証明が必要だった。 日本軍の帰郷政策によって多くの児童が中国内地へ移住し、戦後香港に戻ってきたが、各種原因(記録文書の散逸・破棄など)によって、これらの児童の香港での出生証明が紛失しており、中国での出生とされた結果、移民権利を失う事となった。 関連項目 [ ]• 参考文献 [ ]• 「」駒沢大学経済学論集26,1994• 関礼雄 著 、・ [ ]訳『日本占領下の香港』御茶の水書房 1995• 山田美香「」人間文化研究 12, 113-125, 2009-12-23,名古屋市立大学• 和仁廉夫・編著『旅行ガイドにないアジアを歩く・香港』梨の木舎1996年9月刊( C3026 P1854E)• 和仁廉夫・著『歳月無聲』花千樹出版2013年7月(香港・中国語繁体字) 脚注 [ ]• Fung, Chi Ming. [2005] 2005. Reluctant heroes: rickshaw pullers in Hong Kong and Canton, 1874-1954. Hong Kong University Press. , 9789622097346. 130, 135. Courtauld, Caroline. Holdsworth, May. [1997] 1997. The Hong Kong Story. Oxford university press. 54 - 58. Stanford, David. [2006] 2006. Roses in December. Lulu press. 2006年2月14日時点の [ ]よりアーカイブ。 2006年2月14日閲覧。 湯開建 蕭國健 陳佳榮. 《香港6000年(遠古-1997)》. 麒麟書業有限公司. 1998年: 頁524. 香港里斯本丸協會 2009 《戰地軍魂.香港英軍服務團絕密戰記》,畫素社• 城山英巳「」ソシオサイエンス Vol. 20 2014年3月早稲田大学大学院社会科学研究科• 人民法院报2015年9月3日[第39・40版] 外部リンク [ ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキソースに の原文があります。

次の

香港島攻略戦

日本 対 香港

背景 [ ] 英領香港は、1841年のの際にが占領し、にとの間で結ばれたの結果、を領有したことに始まる。 1898年の北京条約で対岸の九龍城と昂船洲(ストーンカッター島)を永久領有、(の残部)を99か年間のとした。 すなわち深圳湾から大鵬湾を結ぶ以南の土地ならびに周辺の島嶼四十余および海面を含めて香港植民地とした。 香港は英極東政策の根拠地として発展を遂げ、世界有数の大国際港になった。 1931年秋のを契機にイギリスは香港の防備の強化を決定し、1936年に九龍半島中央部一帯の線(イギリス名:ジン・ドリンカーズ・ライン)が完成した。 1937年に()が勃発すると、率いるは政府を重慶に移し、イギリスがに持つ唯一のである香港は中華民国が諸外国との連絡を維持するための窓口となり、物資の中継基地あるいは宣伝、謀略の基地として重要な地位を占めた。 英領香港の開戦時の人口は約175万、うちイギリス人を中心とした西洋人は2万。 さらに中国大陸からの避難民も流入していた。 香港島は水の供給が最大の弱点であった。 降雨量が安定せず水不足になりがちで、通常時でも水の半分は九龍側に依存していた。 1938年秋の日本軍の攻略により、イギリスは九龍高地要塞設備を放棄し、できるだけ長く日本軍の香港港湾の利用を拒否することをもって香港防衛の唯一の軍事理由とし、これが香港防衛計画の基本構想として最後まで変わらなかった。 1940年6月、日本軍はを攻略しイギリスと中華民国との国境を完全に封鎖、強力な要塞を擁する香港攻略を視野に入れてを動員、7月15日にはそれら重砲を主力とする直轄のたる第1砲兵司令部(司令官:中将)を設置、最大の重砲兵団であるを編成し、また担当師団としてはが予定され、国境封鎖と訓練にあたった。 1941年11月6日、対イギリス軍との戦闘を念頭に置いた準備発令とともに香港攻略準備が発せられた。 南方作戦におけるは、陸海軍中央協定で作戦目的を「敵を撃破して香港を攻略するに在り」と定められた。 経過 [ ] 九龍半島攻略 [ ] 香港の戦い 1941年12月8日朝、と同時刻に第23軍飛行隊は啓徳飛行場のイギリス軍機に対して航空第一撃を加えた。 イギリス軍は対応が遅れ、空軍機と使用の民間機あわせて12機が炎上、2機が大破し全飛行機を失ってしまった。 同日、第23軍各部隊も順次国境を突破して前進した。 酒井軍司令官は九龍要塞ジン・ドリンカーズ・ライン主陣地への組織的攻撃を意図し、各部隊に準備を命じた。 攻撃発起までの準備期間としては1週間程度が予定されていた。 ところが9日夜、第38師団戦闘指揮所へ、歩兵第228連隊から「標高二五五ニ拠リ頑強ニ抵抗スル敵ニ対シ夜襲シ奮戦約三時間ニシテ二三三〇之ヲ占領セリ」という内容を含む電報が届いた。 歩兵第228連隊長土井定七大佐は後方で敵情地形を偵察していたが、城門貯水池南側高地に対する夜襲を考えた。 南側地区は自己連隊の責任外地域であったが、土井連隊長は、イギリス軍に隙があるのならば、をもって敵陣地を奪取したいとの願望を密かに抱いていた。 9日夜、土井連隊長は第3大隊に夜襲の決行を命じた。 20時30分、中尉の率いる第10中隊は255高地のイギリス軍陣地に突入し、3時間の戦闘の末これを奪取した。 土井連隊長の独断専行を知った佐野師団長以下師団司令部は激しく動揺し後退を命じたものの、土井連隊長は司令部からの電話を切ってしまった。 若林中隊はさらに前進し、10日1時には341高地まで占領した。 酒井軍司令官は急報を聞き激怒したが、この際、この機に乗じて所定の準備期間を待つことなく攻撃を開始しようと決断した。 第1砲兵隊は準備未了の状態であったが10日午後から砲撃を開始しイギリス軍の主要な砲兵陣地を制圧、右翼の歩兵第230連隊も11日未明から攻撃前進を始め、同日昼までにジン・ドリンカーズ・ライン西側の主防衛線である366高地と256高地を占領した。 11日12時、イギリス軍は香港島へのを発令した。 九龍半島での掃討戦は13日までに終了した。 開戦前に日本軍では九龍半島の攻略に数週間を見込んでいたが、実際に要した日数は開戦後わずか6日であった。 日本軍の戦死22名、戦傷121名。 イギリス軍は遺棄死体165、捕虜49名を数えた。 軍司令部では、土井連隊長の独断専行について軍法会議に付すべきとの声もあがったが、「若林中尉が、前線を偵察中に偶然敵兵力配備の欠陥と警戒の虚を発見し、挺進敵陣地に突入しこれを奪取した」とすることで収拾が図られ、総司令部およびに報告された。 若林中尉には後にが授与され、「斥候中の挺進奪取」という話は流布した。 若林中尉は1943年1月にで戦死した。 香港島攻略 [ ] 日本軍に誘導される香港の西洋人 九龍半島を占領した日本軍に対して、イギリス軍は香港島と洋上の艦船から砲撃を浴びせた。 日本軍では九龍要塞の攻略で戦闘は終わると予想し、香港島攻略の具体的な計画は考えていなかったので、イギリス軍の抵抗は意外なものであった。 第23軍には選手の少尉や少尉がいたので、決死隊を編成しヴィクトリア港を泳いで渡らせようと思いついたが、試してみたところ重装備ではろくに進みもせず、思いつきは断念された。 13日、九龍半島の貯水池から香港島への給水が断たれた。 同日、日本軍は軍参謀の多田督知中佐と道案内のイギリス婦人を降伏勧告の軍使として派遣した。 ヤング総督は降伏勧告を一蹴したが、日本軍では、会話の中でのやりとりから、香港島の一角に上陸しさえすればこれを契機としてイギリス軍は降伏するのではないかという希望的観測が広まった。 14日から日本軍は香港島へ向けて砲爆撃を開始し、第1砲兵隊は九龍半島対岸の海岸要塞に向けて3日間で2,000発を打ち込んだ。 しかし島の南側の要塞はほとんど手付かずであった。 17日、再度多田中佐を派遣し第2回目の降伏勧告が行われたが、回答は変わらなかった。 渡海作戦は、歩兵団長の指揮する右翼隊(歩兵第228、第230連隊各主力基幹)が九龍及び大全湾付近より香港島北角付近へ、左翼隊(歩兵第229連隊基幹)が鯉魚門方面から同島北東部へ上陸する作戦であった。 18日20時準備射撃を開始。 20時40分第1波が離岸し、21時45分奇襲上陸に成功した。 第2波は一転して激しい防御射撃を受けたが19日払暁までに渡海を完了し、香港島北東部を確保した。 イギリス軍は、在香港重慶軍事使節団長である陳策提督の「中国軍6万が国境に集結して日本軍を背後から攻撃せんとしている」との言葉を信じていた。 19日から20日にかけて戦闘は混戦状態を呈した。 イギリス軍は頑強な抵抗を続け、日本軍は複雑な地形と堅固なトーチカ群に遭遇して前進を阻まれた。 20日、ニコルソン山の要塞を攻撃した日本軍右翼隊は同日夜にこれを占領したものの死傷者は600名に及んだ。 左翼隊も山麓の香港ホテルに陣取るイギリス軍の猛射を受け前進できなくなった。 赤柱半島でも激戦となった。 赤柱半島は付け根の正面がわずかに250メートル、縦深3キロに及ぶ半島で、海岸砲台や高射砲陣地を備えを張り巡らせ、約1,500名が守備する要塞地帯であった。 日本軍は2個大隊と砲兵をもって攻撃をかけたがどうしても攻略することができなかった。 英軍の降伏後 [ ] 21日、日本軍はニコルソン山中において貯水池を発見した。 数人の中国人が給水施設を動かしていたが直ちに停止させ、たちまち香港市街は全面となった。 同日、ようやく日本軍はニコルソン山の南北の線に沿って戦線を構築し、22日には香港ホテルを奪取してイギリス軍を東西に分断した。 さらに数日激戦が続き、第23軍将兵が前途なお多難の戦闘を覚悟しつつあった25日17時50分、香港島西部の陣地にあったヤング総督とマルトビイ少将が遂にを掲げた。 19時30分、日本陸海軍司令官は停戦を命じ、ここに香港の戦いは終わった。 この日は香港人に「黒いクリスマス」と呼ばれている。 降伏の交渉は日本軍が司令部を置いていた「」の3階で行われた。 香港島内における戦いで、日本軍は戦死683名、戦傷1,413名を出した。 イギリス軍の戦死は1,555名、捕虜は戦闘間1,452名、戦闘後9,495名であった。 影響 [ ] 香港陥落1周年を祝う日本軍による行事 香港攻略戦で捕虜となったイギリス軍は11,000名。 内訳はイギリス人が5,000名、インド人が4,000名、カナダ人が2,000名であった。 捕虜の証言によれば、イギリス軍は半年間は持ちこたえる構えで食糧弾薬等を準備していたという。 だが香港はわずか18日間で日本軍によって攻略された。 香港の戦いで捕虜となった将兵は香港内に設置された捕虜収容所へ抑留されたが、それらの中から数多くが日本、台湾の捕虜収容所へ移送され、各地の産業に従事した。 これは国家総動員法によって日本中の若者が徴兵対象となり戦地に送られた結果、国内や台湾など軍需産業に携わる人員の不足をきたしたため、それを補うための一環とされたものである。 日本などの捕虜収容所に送られた捕虜は戦後になって記録を残しているが、イギリス軍の兵卒でウェールズ出身のの『大江山の点呼 - 捕虜は思い出す』はそうした例の一つである。 詳細は「」を参照 日本軍による陥落直後にイギリス植民地政府の警察力が停止した香港市内は、それまで潜んでいた中国人のや犯罪組織が闊歩し、略奪や強奪などを行い、一時的に治安が悪化したが、日本軍による軍政が整備されるにつれて治安は回復した。 日本軍はイギリスの植民地下にあった香港に対しては、中国本土とは区別してを施行した。 当初、酒井軍司令官を長官とする軍政庁を設置し、後に大本営陸軍部直轄の香港占領地総督を置いた。 1942年1月19日、陸軍中将が香港総督に任命された。 占領下、貿易に依存していた香港経済は停滞し、さらに日本軍はを発行したためにを誘発した。 1945年の終戦に至るまで日本軍によるは維持された。 参加兵力 [ ] 日本軍• 陸軍(総兵力 39,700名)• - 司令官:中将、参謀長:少将、参謀副長:少将• - 師団長:中将• 歩兵第228連隊 - 連隊長:土井定七大佐、歩兵第229連隊 - 連隊長:田中良三郎大佐、 - 連隊長:大佐、山砲兵第38連隊(36門)、工兵第38連隊、輜重兵第38連隊、師団配属部隊は独立山砲兵第10連隊(四一式山砲24門)、独立山砲兵第20大隊(9門)、独立工兵第19連隊、独立工兵第20連隊など(兵力 23,228名)• 第1砲兵隊 - 司令官:中将• 重砲兵第1連隊(8門)、独立重砲兵第2大隊(8門)、独立重砲兵第3大隊(八九式十五糎加農8門)、野戦重砲兵第14連隊(6門)、独立臼砲第2大隊(鋼製十五糎12門)、砲兵情報第5連隊、第3牽引自動車隊(32輌)(兵力 5,892名)• 荒木支隊 - 連隊長:荒木勝利大佐、の一部(基幹)(兵力 6,000名)• 軍飛行隊 - 作戦機56機(34機、13機、3機、6機)(兵力 1,300名)• - :中将、「」、3隻基幹 イギリス軍 1940年11月18日、航空元帥ロバート・ポッファム大将の統率下にイギリス極東総司令部が設置され、もその指揮下に入った。 1941年9月10日、が香港総督及び全軍総指揮官として着任した。 香港駐屯軍はイギリス本国軍、、によって構成され、現地住民からなるが参加していた。 香港駐屯軍 - 総司令官:クリストファー・マルトビイ少将(総兵力 13,000名)• 香港歩兵旅団 - 旅団長:C. ワリス准将• ロイヤル・スコッツ連隊第2大隊(イギリス本国軍)、ミドルセックス連隊第1大隊(イギリス本国軍)、ラージプト第7連隊第5大隊(英印軍)、パンジャブ第14連隊第2大隊(英印軍)• カナダ旅団 - 旅団長:J. ロウソン准将• ロイヤル・ライフル連隊第1大隊、ウィニペグ擲弾兵連隊第2大隊• ロイヤル砲兵団 - 砲兵団長:マックロード准将• 第8沿岸砲兵連隊、第12沿岸砲兵連隊他、29門(は不足していた)• 香港義勇軍 - 司令官:H. ローズ大佐、現地イギリス人、ポルトガル人、香港人からなる義勇軍(兵力 1,720名)• 海軍 - 司令官:A. コリンソン代将、駆逐艦1隻、4隻(兵力 780名)• 空軍 - 作戦機5機( 3機、 2機)(兵力 100名) 主題にした作品 [ ] 映画• 『』 監督、、1942年• 『』 監督、、1984年• 『』 監督、香港映画、1984年• 『』 チン・マンイー監督、香港映画、1994年 脚注 [ ]• 戦史叢書47 香港・長沙作戦 3-6頁• 戦史叢書47 香港・長沙作戦 10頁• 戦史叢書47 香港・長沙作戦 6-7頁• 戦史叢書76 大本営陸軍部 大東亜戦争開戦経緯<5> 304頁• 戦史叢書47 香港・長沙作戦 142頁• 戦史叢書47 香港・長沙作戦 146頁• 『戦史叢書 香港・長沙作戦』, p. 179• | 戦争証言アーカイブス(「香港総攻撃」日本ニュース、1941年 昭和16年 12月30日公開、2分21秒) 参考文献 [ ]• (著)『大東亜戦争全史』、1953年• 防衛庁防衛研修所戦史室(編)『 香港・長沙作戦』、1971年 関連項目 [ ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の