新盆 お金。 初盆香典 相場金額》新盆/親戚/会社/親/知人/兄弟/近所/叔父/叔母/孫/親族

初盆 お布施・新盆 お布施】相場・金額・書き方・封筒・袋・表書き・渡し方

新盆 お金

スポンサーリンク 新盆でお布施の封筒の書き方で表書きはなんて書くの? 新盆の時にお寺さんにお布施をあげるときですが、これも宗派や地域によって様々です。 一般的には、市販の無地の封筒を用意してそれに現金をいれてお渡しするものです。 表書きについては、そのまま「お布施」です。 封筒の書き方ですが名前を書く場合には、封筒の表の中央上側に「お布施」、下に「名前(フルネーム)」で書くようにしましょう。 今は、市販の物でも封筒に「お布施」と書かれて売っているものもあるので、それを準備して使ってもいいですね。 記入ないときは裏に名前とかを書くようにするところもあります。 もし、お布施と自分で書く場合には、黒墨で書くようにしましょう。 ここは薄墨で書く必要はありません。 それと、新盆でもお寺で法要を合同で行われるときにお布施を渡すときなどは、大体は受付ができているのでそこで受付する時に渡す場合もあります。 中には、受付時にお財布からおもむろにお札をだして渡すところもあるようですね。 まあ、ある意味で無駄もなく良いとは思いますが! でも、できれば白い封筒に入れていった方が初めてですしスムーズじゃないかなと思います。 その場であたふたする方が嫌ですからね。 そのほかにも、が家までお盆にお経をあげに来てくれるときにお布施を渡す場合はですが、その時も封筒に入れてお礼の気持ちとして準備しておくといいですね。 スポンサーリンク 新盆でお布施の包み方は?お札の向きは? お布施 ただ、白い封筒にお金を入れるだけと言っても、お札の向きはどうしたらいいの?と心配になりますよね。 お布施を用意するときのお札の向きは「肖像画がある方が手前で上側」になります。 諭吉さんで例えると、封筒を開けたときに諭吉さんの顔が上にくるように入れるんです。 よくお葬式やお通夜では古いお札で新札はさけるものとかっても聞きますし、私もそうしてきたけれど調べてみたら特に決まりとかもないんですね、これ。 お布施の封筒の裏に書くのは?金額の書き方は? お布施を入れる封筒の表書きは書いても書かなくても大丈夫と言いましたが、表書きにお布施と書かない場合には、封筒の裏には自分の場合も(ご主人の場合でも)住所とフルネームで名前を書いておかれるとお寺さんで把握しやすいようです お布施として包んだお金の金額も書いておくといいでしょう。 細かいことを聞くと、数字も漢字で書いた方がいいみたいで、金額も「金壱萬円」とか「金弐萬円」とかって書くみたいですけれど、一般的には数字で金額を書いてあることが多いみたいですね。 表書きに「お布施」と「名前」を書いて、裏に包んだ金額だけを書く。 表に何も書かないときは、裏に名前と住所、金額をかいてあげると親切だと思います。 こういった事も、分からなくて判断に迷うときは思い切ってお寺さんに聞いてもいいかもしれません。 「こんなことを……」と思うようなことでも聞かれている人はおおいみたいです。 さいごに お布施をひとつ見ても、地域や宗派によってちがってくるので一概に「これが正解です!」とは言えませんが、気持ちのこもった対応をされることが一番ではないかと思います。 この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。

次の

初盆・新盆のお供え物 時期、のし、相場などのマナーまとめ

新盆 お金

スポンサードリンク 新盆に香典でお金を包む意味とは? お盆は、亡くなった人や先祖を供養する行事です。 そのお盆のなかでも、 新盆(初盆)は、大切な人が亡くなってしまってから四十九日を過ぎて迎える初めてのお盆。 新盆は親族はもちろん、親しかった人なども招かれますが、親族であっても香典を出すのが一般的です。 新盆では、普段のお盆とは違って、より念入りに供養が行われます。 お盆には故人や先祖の霊が帰ってくるといわれ、一般的には自宅でお供えや提灯を置いてお迎えしたり、お墓参りをするなどの供養をしますが、 新盆ではそれらに加え、お坊さんや親族、故人と親交の深かった人などを招いて 法要を行います。 この法要では、お墓や仏前でお経を読んでもらい、その後会食を行うのが一般的です。 なぜ新盆にお金を包むの? 本来の香典は、仏式等の葬儀で故人の霊前等に供える金品を指し、「香料」とも言います。 香典に「香」の字が用いられるのは、香・線香の代わりに供えるという意味で、「典」とは霊前に供える金品の意味です。 新盆の香典はお供えの意味だけではなく、 「 お料理をふるまわれること」 も前提にしています。 前述のように新盆では会食があります。 お坊さんの読経や、参列者の焼香、法話などが一通り行われると、施主が別室や会場を設けてお膳を用意しているのが一般的です。 新盆の香典には、用意していただいたお膳に対してのお礼の意味もあります。 また、法要のあとに引き出物を渡される場合も多くあります。 なので、こういった施主の心遣いに対してのお礼の意味も、新盆の香典には含まれているのです。 新盆初盆の香典の相場で親族の場合は? 新盆の法要の時には親族も香典を持参するのがマナーです。 親族の場合の一般的なお香典の相場としては、10000円から20000円ぐらいです。 前述のように法要の後に食事の席もありますし、引き出物を出される場合もあるので、近しい親族の場合は、30000円から50000円ぐらい包む場合もあります。 ただ、 新盆の香典に包む金額の相場については、地域や家によって実に様々です。 相手との関係性(お付き合いの深さ)によっても変わります 親族の場合は、金額が固定で決まっているところもありますし、地方によっては新盆の香典をもらわないというならわしがあったりします。 新盆で香典を包む際は、ご家族やご親戚に相談してから金額を決めるのが良いですね。 ちなみに、親戚でも故人とそれほど付き合いがなく、新盆にご焼香だけで御伺いするのであれば5000円程度でも問題ありません。 金額について迷った時、弔事の場合には、少ない額よりも多い額を包む方が後悔がないとされています。 ただ、あまり大きな金額をお供えすると、先方のお返しに手間をかけさせることになってしまいますので注意が必要です。 スポンサードリンク 新盆初盆の香典の表書きはどうするの? のし袋の水引は双銀・黒白、藍銀、関西では黄銀・黄白を用いるのが一般的です。 新盆の際の香典の表書きですが、 宗旨宗派に関係なく用いられるのは「御供物(おくもつ)料」です。 仏式では「御佛前」「御仏前」、 神式では「御玉串料」「御神前」と書きます。 お供えの品には 「御供」「御供物」 と書きます。 新盆の際の提灯代としてお金を包むときの表書きは「御提灯代 御提灯料 」と書きます。 表書きの下には、お供え物を送った人物の名前をフルネームで書きます。 親戚などが集うと同じ姓が集まることになるので、管理する側のためにもフルネームで書きましょう。 夫婦の場合は夫のフルネームの左側に夫の名前に合わせて妻の名前を書きます。 薄墨を使う必要はありません。 薄墨を使う由縁は、昔は市販の墨汁が無くて固形の墨をすずりですっていた経緯から「急な訃報で、墨を充分する時間もなく駆けつけました」という演出もあるといいます。 なので、現代では必ずしも薄墨ではなくても問題ないのです。 特に、新盆・初盆や一周忌など、あらかじめ日にちが分かっているわけですから、普通に黒で構いません。 新盆初盆の香典袋はいつ渡すの? 新盆法要への参列の仕方に特に指定がない場合は、式場に訪問したらまずは施主に挨拶をします。 その時に香典・御提灯料を渡します。 それからお仏壇の前に行き、お線香をあげ、施主の案内に従います。 なので、式に入る前、伺ってすぐに施主に渡すのがベストです。 新盆初盆に香典でお金を包む意味と金額の相場親族の場合と表書きの書き方 まとめ 新盆・初盆の法要で食事が用意されている場合は、香典はその分も考慮して包みましょう。 新盆の法要の時には香典を持参するのがマナーですが、その金額は、故人との関係性によっても違ってきますし、地域の慣習などによっても異なる場合が多々あります。 上述の目安はあくまでも一例と考えてくださいね。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の

新盆とはいくら包むのが相場、金額や服装、欠席時のマナー

新盆 お金

浄土真宗や神道の方はこのお盆という習慣はありません。 手間がかからないと言えば、楽ですが…… Q:四十九日の忌明けより前にお盆を迎える場合、新盆・初盆はいつですか? A:住まわれている地域の習慣もありますが、一般的に新盆・初盆は翌年になります。 Q:身内を亡くし、初めてのお盆です。 親戚・知人・友人を招くべきですか? A:基本的には普段迎えるお盆と大きく変わりません。 しかし、亡くなった人が初めて家に戻ってきますので、丁寧に行いたいものです。 新盆・初盆にかぎっては、親戚や知人・友人たちを招いて法要を行います。 Q:新盆・初盆の法要はどのように行いますか? A:仏壇、仏具を清めておきます。 そして、お盆の入りには精霊棚(しょうりょうだな)を作り、供物をお供えします。 僧侶にお経(棚経:精進棚の前で読経してもらうので棚経といいます)をあげてもらい、その後、参会者で食事をします。 準備の仕方は、宗派によって違います。 菩提寺の僧侶の方に聞かれたほうがよいでしょう。 ただ、お盆の時期、僧侶の方は忙しいので、連絡は早めにしてくださいね。 Q:新盆・初盆には、白い無地の提灯を飾りますか? A:正式には白張りで家紋入りのものとされています。 しかし新盆・初盆の時だけしか使えないので、最近では絵柄のついた提灯を始めから用意する場合が多くなっています。 これだと毎年お盆にお飾りできます。 新盆・初盆のポイント:服装は招かれた側よりも地味な恰好で 提灯の明かりを目印に故人の霊が帰ってきます。 そしてその華やかな明るさで、慰めてあげる意味もあります Q:主催者の服装は? A:主催者として、招かれた側よりも軽い服装をしてはいけないルールがあります。 一般的に三回忌まで葬儀の時と同じようにブラックアンサンブル、ワンピースなどのきちんとした喪服を着ます。 ですが暑い時期ですので、年配の方などは体調を考え、ゆったりしたものや体温調整のしやすい地味目な服装でもよいでしょう。 招かれた場合も葬儀の時と同じ喪服を着たほうがよいですが、暑い時期ですので、濃いネイビー、グレー、ダークグレーなど落ち着いたスーツやワンピースなどの略式礼装でもかまいません。 Q:僧侶へのお布施はどれくらいするのですか? A:新盆・初盆の場合は、1万円から3万円です(普段のお盆の場合は3千円から1万円ぐらい)。 地方や宗派によってさまざまですので、詳しい方に聞いてくださいね。 表書きは[御布施」。 Q:お寺で供養してもらってもいいのですか? A:菩提寺と自宅が離れている場合は、お寺で供養してもらっても大丈夫です。 Q:白い提灯は新盆・初盆が終わったらどうすればいいのですか? A:送り火で燃やしたり、菩提寺に納めてください。 新盆・初盆のポイント:御仏前の金額と供物はどうすればいい? お参りする時期は、できればお盆の期間内がよいですが、それにこだわらず、先方の都合を聞いてからにしてください Q:親戚として何をしてあげればよいでしょう? A:亡くなった方の近い親族は、新盆・初盆には盆提灯を送るしきたりがあります。 しかし最近は住宅事情などから飾らないところも増えていますので、先方に聞いてから贈るとよいでしょう。 不祝儀袋に「御提灯代」の表書きでお金を包むこともあります。 Q:親戚ではなく、故人と親しかった友人として、何をしてあげればよいでしょう? A:法要に招かれた場合は、「御仏前」「御供物料」として、現金をお供えします。 また故人の好物だったお菓子や季節の果物、贈答用のお線香を「供物」としてもよいでしょう。 御仏前の金額の目安は、故人との関係によりますが、だいたい5千円から1万円です。 Q:施餓鬼会(せがきえ)の法要の案内をもらいましたが、どういうことですか? A:お寺のお盆行事のひとつで、飢えに苦しんでいる餓鬼や供養に恵まれない、いろいろな霊を供養するものです。 お寺に施餓鬼壇(せがきだん)をつくり、位牌を安置した前で、檀家の方がご飯、野菜、果物、お菓子などを持ち寄ってお供えします。 新盆・初盆を迎える家庭は、菩提寺から案内が来るのが一般的です。 いかがでしたでしょうか? 故人となって初めて里帰りする新盆・初盆は、家族全員が顔をそろえて、亡くなった方だけのためにより丁寧に供養してあげてください。 【関連記事】•

次の