読書感想文 書き方 高学年。 小学生低学年 読書感想文の書き方は?例文や簡単に書けるコツを紹介!

小学校高学年の読書感想文の書き方♪おすすめ本とマネしやすい構成まとめ

読書感想文 書き方 高学年

小学生の夏休みの宿題で最後まで残ってしまう物と言えば「読書感想文」ですよね。 正直、7~8歳の小学校1年生、2年生だと本を読むのも難しい年齢ですし、まして長文の感想文なんてなかなか書けるものではありません。 しかも学校で「読書感想文の書き方」を教えてくれている事もあまりなく、ママとしては 「どうやって子供に読書感想文の書き方を教えればいいの!? 」 と悩んじゃいますよね。 そこで今回は「 小学生低学年の読書感想文の書き方」を紹介しますよ。 小学校1年生や2年生でも簡単に読書感想文を書けるコツから具体的な例文・見本までまとめていますので、「子供の読書感想文の書き方」で悩んでいるママはぜひ参考にしてくださいね。 【目次】 1、 2、 3、• 小学校低学年での読書感想文の書き方 簡単に書くコツは? 小学生低学年の読書感想文 ママはどこまで手伝う? 小学生1年生、2年生だとまだまだ本を読むのも、感想を書くのも難しい年齢です。 本嫌いな子供も多く「読書感想文を早く書いて!」といっても中々自分では書けないですよね。 で、ママとしては「夏休みの読書感想文はどこまで手伝って良いんだろうか?あまり手伝い過ぎると子供にとってダメなんじゃないか?」と悩むものですが、 ・小学校1年生・・・一緒に本を読み、書き方も誘導してあげる ・小学校2年生・・・本は子供に読ませて、書き方で困るようなら手伝ってあげる くらいのスタンスで良いのかなぁと思います。 とはいえ、ここら辺は子供によって「得意、不得意」がありますし、お母さんも共働き等で「子供と一緒に本を読む時間がない!」という人もいるでしょう。 家庭によって「教育方針」も異なります。 ですので、「絶対に手伝わないといけない!」という事もないですし、逆に「手伝ったら子供の自主性が育たないからダメ」って事もないです。 ですので、 自由に書いてしまって大丈夫です! あまり難しく考えずに「小学校中学年、高学年の時の練習」と思って楽な気持ちで感想文を書きましょう。 それで書き方ですが、子供が「自分で本の感想を言える」なら、 1、読書感想文にその本を選んだ理由(なくてもOK) 2、本のあらすじ(なくてもOK) 3、特に気になった場面とその理由 4、本を読んでこれからどのように生活に活かしていくか ここら辺を「自分の生活」と重ね合わせて書いていくのがコツです。 が、その際100点満点の感想文なんて子供にはまだ書けないので、多少おかしな文章になっていても大丈夫です。 子供が答えたことはそのままノートにメモを取らせておくと良いですね。 これなら原稿用紙1~2枚分の感想があっという間に書けてしまいますよ。 ちなみに「小学校低学年といえどもキチンとした感想文を書かせたい!」もしくは「兄弟(小学校高学年)向けの読書感想文の書き方も知りたい」という人はこちらの記事を参考にどうぞです。 ジイジは天国にも行かず、土にもならず、夜になったら孫のエリックの部屋におばけになってやって来る。 どうやらジイジがお化けになったのは「この世に忘れ物があるから」らしい。 その日からジイジとエリックの「忘れ物探し」が始まります。 ジイジの家にいったり、街に遊びに行ったりして「忘れ物」を探す2人。 その中でジイジの思い出をいっぱいいっぱい聞く事ができたエリック。 そしてついに「ジイジの忘れ物」が何だったのか明らかになります。 はたして「ジイジが忘れていた物」とは・・・ 「小学校1年生、2年生には早いかな?」と思われるかもですが、意外に大丈夫ですよ。 というか、むしろ「ジイジがお化けになって出てくる」というストーリーが子供には大うけで集中して読む事ができます。 だからジイジが死んだら嫌です。 死んだらジイジと会えなくなって寂しいからです。 でも、この「おじいちゃんがおばけになったわけ」では死んだジイジがお化けになってエリックの部屋にやってきました。 僕はお化けは怖いと思ってたけど、このお化けは怖くなかったです。 きっと大好きなジイジのお化けだから怖くなかったんだと思います。 ジイジのお化けは最後に忘れ物を思い出してお別れになってしまいます。 僕はジイジと別れるのが嫌だけど、エリックは平気そうでした。 たぶんジイジとの思い出がいっぱいあったからだと思います。 僕もジイジとの思い出がいっぱいあるけど、これからもっとジイジと遊んで思い出を増やしていこうと思います。 小学校1年生、2年生ならこんな感じの自由な感想文で大丈夫ですよ。 あと「読書感想文の質はどうでも良いから、とにかく早く終わらせてしまいたい」という場合は、前半にあらすじを書いて、最後に少~しだけ感想を書いてしまえばそれでOKです。 これだと高評価は得られませんが、1日もかからずに読書感想文を終わらせる事ができます。

次の

読書感想文の小学生の書き方!高学年と低学年のポイント・コツを紹介!

読書感想文 書き方 高学年

reviewtide. com 小学生低学年までなら、児童書や絵本でも良いですが、高学年になると、まず読書感想文を書く前に、 どういった本を選ぶか?が、とても重要になってきます。 例えば、自宅で犬を飼っているなら、• 犬をテーマにした本• 犬が主人公の本 など、 身近にある物がテーマだと、とても書きやすいですよ。 また、本の主人公が、 自分の年齢と同じような本だと、リンクする事が多く、想像力が掻き立てられ易いですよ。 もしくは、本を読む事が苦手な場合は、 ページ数が少なめのストーリーで、分かり易い本を選びましょう。 まとめると、小学生高学年の読書感想文で 読む本を選ぶポイントは、• 興味、関心があるジャンル スポーツ、動物など• 主人公と自分に共通点がある本• 読みやすいストーリーの本 このような本を中心に、可能なら親御さんと選んで下さいね。 小学生高学年が読み易い本は、下記の記事を参考にして下さいね。 mamari. jp 読書感想文を書く為に、 付箋 ふせん とメモを用意します。 選んだ本をただ読むのではなく、• 面白いなと思った事• すごいなと思った事• 疑問に思った事 自分が心動いた箇所に、付箋を貼っていきましょう。 そして、付箋と一緒に、• 自分が感じた事• 自分だったらこうする など、 思ったことをメモに書きます。 メモに書きとめておく事で、自分の頭の中に、本のワンシーンがインプットされ、いざ読書感想文を書く時に、記憶を呼び起こしやすくなります。 com 小学生高学年の読書感想文の タイトルの付け方は、• 「本のタイトル」を読んで感じた事• 「本のタイトル」を読んで などが一般的ですよね。 少し応用するなら、• 「本の主人公」と僕• 感謝の大切さ• 仲間とのつながり など本の内容や感想を、 タイトルにそのまま活用すると、他の生徒とは違う感じを出せますよ。 原稿用紙に記入する時は、1行目に2マスないし3マス空けて、タイトルを書きましょう。 そして2行目には、名前を忘れずに書きましょう。 mamari. jp 小学生高学年の 読書感想文の書き始めは、• 本を選んだ理由• 本のあらすじ 書いていきましょう。 例えば、 動物がテーマの本なら、「この本は、動物が仲間の死を通じて、成長していくお話です。 この本を読もうと思った理由は、僕 私 は、自宅で犬を飼っているので、動物の本が身近に感じて、一度読んでみたいと思ったからです。 」 このように、簡単な あらすじと本を選んだ理由を書いていきましょう。 読書感想文のタイトルだけでは、読み手である学校の先生も、さすがに分からないので、ざっくりでも どういったストーリーの本であるか?と伝えた方が良いですよ。 また、 うまく書き始めれない場合は、• 実際に読んだ人の感想• webで掲載されている紹介文• ユーザーのレビュー などを、参考にして、小学生高学年らしい言葉使いでまとめてみるのも良いですね。 ytimg. com いよいよ小学生高学年の 読書感想文の本文について、書いていきます。 本を読んだ中で、付箋を貼り付け、メモ書きをしたシーンで、 印象に残っている1~2つを選びます。 印象に残ったシーンに対して、• なぜ印象に残ったのか?• 自分だったらこうしていた。 という流れで書きます。 また、自分が同じような経験をしたことがある場合は、その 経験談を内容に入れると、感想文の幅が広がって、読み応えがさらに出てきますよ。 シンプルな感想である、• 「感動した」• 「驚いた」• 「怖かった」 などを沢山用いると、どうしても幼稚っぽさが出てしまいます。 自分の考え、経験、夢など、あくまでも自分が主体で、読書感想文を書く事をおすすめします。 本を読んだ感想• 本から得た学び• 取り入れたい考え などを書いていきましょう。 上記の事を意識しながら読むと、付箋も貼り易いかも知れません。 まとめの印象が良ければ、読み手である先生も「この子は、しっかりと読書感想文が書けてる」と評価に繋がります。 小学生高学年の読書感想文の まとめのポイントは、「~と思った。 」を連発すると、単調な文章になってしまうので、主人公の言葉を引用したり、疑問文を投げかけてみたり、少し工夫してみましょう。 例えば、本の物語のように、• 僕の旅はまだ終わらない• 先生はどう感じるだろうか?• 友達とは何より大切である などで、文章を締めてみましょう。 まだまだ小学生なので、完璧な文章でなくても良いので、 一所懸命考えて書いている事が、先生に伝わる事が大切です。 com こちらの記事を読まれた方は、下記も参考にされています。 com 読書感想文に限らず、何をするにも準備が大切ですよね。 読書感想文も同じです。 本を選ぶところから、全ては始まっています。 夏休みの宿題の一環ですが、 読書感想文の一番の目的は、「 良い本と出会い、読書を通じてお子さんの人生が少しでも人間的に豊かになっていく為」です。 出来れば親御さんが、お子さんにヒントをあげたり、意見を引き出させる質問をしたり、お子さんの成長に繋げて下さいね。 今回は、 小学生高学年の 読書感想文の書き方について、• 本の選び方• 付箋とメモの準備• タイトルの付け方• 書き始め方• 本文の書き方• まとめ方 6項目に分けて紹介しました。

次の

小学校高学年向け 読書感想文の書き方のコツ!順番や形式などを紹介

読書感想文 書き方 高学年

まなぶてらす事務局です。 今日は「読書感想文の書き方」 についての記事をお送りしたいと思います。 執筆は、こみや先生です。 現役の塾講師であり、子ども向けの本にも とてもくわしい先生です。 最後に重要な告知もあります。 まなぶてらす講師のこみやです。 今日は、私がメルマガを担当します。 どうぞよろしくお願い致します。 今日のメルマガでは 読書感想文の書き方、保護者のサポートのコツ についてお伝えします。 夏休みも中盤にさしかかり、子どもたちの間でも 「宿題なにがおわったー?」 とお互い聞き合う声が聞こえてきます。 話を聞いていると、やはり後回しにして最後に残るのは、 読書感想文のようです。 読書感想文といえば、親子そろって悩みの種となる宿題ですね。 いったい何を書けばよいのだろう? そもそも何の本を読もう? と悩んでいるうちにあっという間に夏休が過ぎていく・・・。 タイムリミットが迫れば迫るほどあせり、 親も子どももイライラしてきます。 私自身、読書感想文をめぐって母とけんかをしたことがあります。 私はこうやって書きたいのに、母はこうしたほうがいいと言ってきて 口げんかになってしまいました。 (結果わたしは拗(す)ねて、 柿ピーをもって自分の部屋にたてこもったことを覚えています。 笑) 今思うと母も忙しい中、私のためによく考えてくれたなと思います。 今となれば感謝の思い出です。 そんな私の実体験や今までの読書感想文指導を踏まえて・・・ 今回のメルマガでは、親も子どもも一緒に楽しく 読書感想文を書くためのアイディアを共有したいと思います。 基本的に人は、考えることを好みます。 考えるとは、つまり「自己表現」です。 人は常に「自己表現」をしています。 そして、自己を発信したがります。 毎日の会話はもちろん、現代ではネット世界 (ツイッター、インスタグラムなど)も自己表現の場となっています。 しかし、「自己表現の力」つまり「考える力」は 訓練しないと成長していきません。 なので私は、ぜひ読書感想文を書くこの機会に 「考える」練習をたくさんしてほしいと思います。 そこで有効なのは、親子のコミュニケーションです。 原稿用紙に向かう前に、まず親子で話し合いながら 子どもの「考え」を引き出してあげましょう。 書いた後にアドバイスするのではなく、 初めにある程度の見通しを立ててあげると書きやすくなります。 では具体的に、どのように会話を進めていけば、 子どもの「考え」を引き出せるかをお伝えしていきます。 なにより大事なのは、子どもの気に入った本を選ぶこと。 面白いと思える本でなければ「考える」ことはできません。 おすすめは、図書館を利用することです。 じっくり中身を確認して本を選べますし、 司書さんに本選びの相談もできます。 図書館で本を決めてから、 本屋さんやインターネットで購入するのもいいでしょう。 読書感想文を書くのが苦手な子なら、 伝記やノンフィクション、あるいは 自分の身近なテーマをとりあげた本を選ぶと良いでしょう。 一方で、昔から読み継がれてきた名作とよばれる本は、 読書感想文を書くのには難易度が高いです。 時代、考え方、文化などが、子どもたちの実生活とは かけ離れているので、イメージするのが難しいのです。 もちろん「考える」ことが好きな子にとってそうした本は、 想像力をふくらませて作文を書くのにうってつけです。 内容は、大人が読んでも深く考えられるので、 親子で話し合うにはぴったりです。 ずっと大切にしていたくなるような本です。 親を介護するヤングケアラーの主人公が友達との交流を通して、 本当の「強い心」について考えます。 扱っているテーマは深く重みがありますが、主人公のキラキラした 想像力の世界観のおかげで、読み終わりはタイトルのレモンのように 爽やかです。 読書感想文にはぴったりの、一人ひとりが違う観点で 考えさせられる一冊です。 ネコ好きにはたまらない、 ネコだらけの本です。 深く考えられるテーマばかりなので、 じっくり読んでほしい一冊です。 連作短編集になっているので、一話だけ読んでも感想が書けます。 NHKでドラマ化もされているので、そちらを見てイメージを 膨らませるのも良いかもしれませんね。 本を読むにあたって、ぜひやっていただきたいことがあります。 それは、気になったところに付箋(ふせん)を貼ることです。 さらに、どうしてそこが良かったのかの理由も簡単にメモしておくと、 後で思い出しやすくなります。 気になったところを選ぶポイントは・・・ ギモンに思ったところ、びっくりしたところ、笑ってしまったところ、 悲しい気持ちになったところ、心に残ったところ、共感できるところ ・・・などです。 この作業をしておくことで、書きたいテーマを絞りやすくなります。 おやつを食べながらリラックスした雰囲気を作ると良いです。 子どもが話しやすい時や場を選んでください。 まずは、「この本はどんなお話だった?」と聞いてみましょう。 そこから次に、どこが面白かったのか、なぜ面白かったのかを聞きます。 子どもは、「面白かった。 」しか言わないこともあるので、 「なぜ」面白かったのかを、子どもの考えを引き出すために 色々質問してあげましょう。 たとえばこのような質問をします。 「登場人物の中で誰が自分に似ていると思う?」 「主人公はどうしてこんなことをしたのだろう?」 「あなただったら、このとき、どうする?」 「この子があなたの友達だったら、どうする?」 このように、 子どもが本の内容を 身近に感じられるような質問をしていくのです。 この質問で、子どもの感想文が魅力的になっていきます。 また、この時に話したことをメモしておくと良いです。 子どもが低学年なら親が書いてもいいですし、 絵が好きな子であればカラフルに色を付けたり、 本の内容をイメージする絵を描いてもいいでしょう。 時に子どもは自分の言いたいことがまとまらず、 長々と話してしまうことがあるかもしれません。 そんな時、それを聞いている親には辛抱強く話を聞く姿勢が必要です。 忙しい中、時間をとって子どもの話を聞いていると、 だんだんもどかしい気持ちになってしまうかもしれません。 それでつい、話に割って入ってしまったり、 親の意見を押し付けてしまいます。 しかし、誰でも初めから上手に説明したり、 気持ちを話したりすることができるわけではありません。 練習が必要なのです。 そのことを思いに留めて、ぜひ見守りましょう。 読書感想文でありがちな例として、 ・長々とあらすじを説明して、 最後に道徳的な努力目標を書いて終わる作文。 ・色々なテーマを扱いすぎて、 結局何が言いたいのかわからない作文。 などがあります。 特に2番目の例は、本が好きな子によくあります。 書きたいことがありすぎて、それを全部書こうとしてしまうのです。 そうなると広く浅い内容になってしまいます。 これを防ぐためにも、テーマを一つに絞りましょう。 そして、自分の「考え」を書きましょう。 本の内容や作者の意見をまとめるだけでは感想文とは言いません。 それでは、みんなが同じ内容になってしまいます。 ぜひ、自分にしか書けない、 自分らしさを表現した作文を書いてみましょう! テーマが絞れたら作文を書く前に、 メモを見ながら作文の構成を考えます。 どういう順番で書くと、 まとまりのある内容になるかを事前に考えておくと、 見通しが立てられて、後がぐっと楽になります。 「でも、作文の構成を考えるって 慣れていないと大人でも難しいのでは・・・?」 と思われた方! 今回は、作文の構成を考えるときに役立つ 「ワークシート」(小学生向き)を配信いたします! ぜひ、ワークシートをダウンロードして、書き込んでみてください。 話し合ったことをメモするときにも活用できます。 (ご自分でのご利用目的のみにお使い下さい。 子ども一人で書けそうなら、まずは自分で書かせてみましょう。 そして、書いたものをみて、調整してあげます。 主語と述語のつながりがおかしくないか、 漢字が間違っていないか、文と文のつなぎは自然か、 などに注意してみてあげましょう。 もし、文字数が足りないようなら、 「くわしくする言葉 比喩 」を入れると良いです。 たとえば、 「きれい」は「ダイヤモンドがピカピカ光っているみたいにきれい」 とすると、文字数も増えますし、読み手にイメージが伝えやすくなり、 生き生きとした表現になります。 こうした表現を考えるのは、子どもはとても上手です。 以前、「岩」を表現するのに「抹茶シュークリームのような岩」 と表現した子がいました。 「岩なのにシュークリーム?」と思いましたが、 その子なりに考えがあったようです。 今でもとても印象に残っています。 「なんかこの表現、変だぞ?」と思っても、 まずはどうしてそう書いたのか聞いてみるといいですね。 思ってもみなかった答えが返ってくるかもしれません。 作文が書けたら、最後に題(タイトル)を考えましょう。 テーマに関係するキーワードを選んで、組み合わせると良いでしょう。 きっと、今年の夏の読書感想文は特別な思い出になると思います。 中学生以上であれば、この流れを一人でやってみましょう。 自分で自問自答しながら、内容を深めていってください。 ある程度、内容がまとまったら、親に読んでもらいましょう。 他の人に読んでもらうと、自分では考えなかった点に気づかされるかもしれません。 「プロの視点からのアドバイスをもらいたい」 「今までで最高の読書感想文がつくりたい」 「本選びから親身になって教えて欲しい」 そんな方は、まなぶてらす講師のレッスンを ぜひご利用ください。 読書感想文の指導が可能な先生をご紹介します。 ・レイ先生 国語指導のプロフェショナル!現役ライターをされているレイ先生。 子どものもつ発想力を最大限に引き出してくださいます。 「思考力・表現力」を伸ばすだけでなく、文書を書くことの楽しさ、 素晴らしさも味わいたいお子さんにオススメです。 ・こみや先生 今回のメルマガを担当してくれた こみや先生。 小さな頃から(今でも)図書館に通っているほどの本好き。 児童書にもくわしいので読書感想文の本選びから相談できます。 ・ひらい先生 効率的なレッスンをしてくださる国語専門のプロ講師、ひらい先生。 感想文をとおして自己表現力を磨きたいという向上心をもっている お子さんにオススメです。 ・reina先生 現在、東大向け進学塾Z会の小論文添削講座の指導もされています。 「自己表現力」を鍛え、論理だった作文を書きたいお子さんにオススメです。 一人一人と向き合いながら、優しく指導してくださいます。 どの先生も、それぞれの個性をお持ちの、素晴らしい先生です! ぜひ今年の夏は読書感想文を 「考える力」を成長させる機会としましょう。 わたしたちも全力でサポートいたします!!.

次の