こちら 葛飾 区 亀有 公園 前 派出所 歌。 こちら葛飾区亀有公園前派出所の名言・セリフ集│名言格言.NET

こちら葛飾区亀有公園前派出所 (テレビドラマ)

こちら 葛飾 区 亀有 公園 前 派出所 歌

目が透き通らないメガネ姿なのが特徴。 専門は機械工学。 東京都港区出身。 数々の発明はどれも失敗作(いつも両津勘吉を実験台として利用)となっていたが、警視庁に配属されているハイテクノロジー車「EZAKI・Z1(エザキ・ズィーワン)」は成功となった。 自動車が好きだが車に関する知識はほとんどなく、運転はかなり下手だが、本人はそれを気にしていない。 に試乗した際には追突・スピン・転落事故などを起こした他、暴力団の施設やファーストフードに突っ込むなど無茶がたたり、挙句の果てには炎上させてしまった。 フランスでは足下を見られて、珍車を売りつけられた。 スキーやハンティングも得意なふりをしていたが、実は大の苦手。 その一方で心理学も得意で催眠術にも詳しく、本田の祭り嫌いを克服させるために催眠術をかけたこともある。 漫画愛好家でもあり、漫画を嫌う大原に漫画論を展開して認識を改めるよう説得したこともある。 教鞭を執る国を変えるたびにその国の風土にすぐ馴染むので、「スイッチ先生」のあだ名がある。 自作した電動リフトの操作ミスによりジャガーを大破させた後も、すぐに立ち直っていた。 4人の娘(春子、夏子、秋子、冬子)がおり、それぞれ欧米の大学に留学している。 妻は通訳の仕事で中国に滞在。 推定年齢は64歳。 両津からは発明品の実験台に使われていることもあって迷惑がられているが、本田とは上記の催眠術の件以外にも、スキー旅行から共に逃走を図ろうとしたり、世界の美術館の見学に連れて行ったりと仲がよい。 また、両津のに協力したこともあった。 ビールの泡を生かす注ぎ方をマスターしているなど、顔に似合わず繊細な技術も持っている。 当初は両津を「両津君」と呼んでいたが、終盤になると「両津」と呼び捨てになり、話し方も対等なものに変化している。 原作とアニメでは若干設定が異なる。 アニメでは原作以上の変人で喋り方もコミカルであり、ほとんどマッドサイエンティスト化し、怪しげな発明品(変身マシーン、透明化薬、百面相マスク、巨大化まんじゅうなど)を次々発明しては両津を実験台にし、さまざまな物のうんちくを熱く語ったり(ただし、曖昧な知識で間違えることも多い) 、さらにはコスプレをする。 どんな所でもお茶を飲む癖があり、紅茶・中国茶・日本茶などさまざまである。 原作ではビール工場で「亀有ビール」や「」を作るほどだが、アニメでは全く飲めない。 アニメでの両津の呼び方は「ゴリラ君」まれに「ミスター・ゴリラ君」。 両津からは「トンデモ教授」と呼ばれているが、途中から「絵崎」や「コロ助」に変わっている。 アニメオリジナルエピソードではたびたび登場するほか、絵崎が登場前の原作を改変したエピソードにも登場する。 自身の発明でひどい目に逢うことも多く、アニメ「とんでもボディジャック」では入れ替わった両津と中川を元に戻す(本当は入れ替わっていない)装置の自爆スイッチを野良猫が押してしまい派出所員(両津・大原・中川・麗子・寺井・野良猫)と共に入れ替わってしまった(絵崎の体には麗子の魂が入り絵崎の魂は寺井の体に入っていた)。 原作85-5もしくはアニメ「トンデモ教授登場!」でメガネがはずれ、素顔を確認できるシーンがある。 最終回でも1コマのみ顔出ししているが、この時は電極スパークと対面する形での出演となった。 また、アニメに比べ原作では出番は少ないものの、第200巻の表紙に登場している。 絵崎 春子(えざき はるこ) 声:栗田ひづる 絵崎家の長女。 アメリカの大学に留学。 父とは逆に車の運転がうまく、父と両津が訪ねた際にも愛車でボーイフレンドを乗せてドライブをしていた。 アニメ版ではアフリカのジャングルで密漁者の取締官をしている。 絵崎 夏子(えざき なつこ) 声:湯浅香織 絵崎家の次女。 フランスの大学に留学。 外見や仕草が華やかで、父と両津が訪ねた際には豪華客船で船上パーティーをしていて、潜水艦で現れた姿に驚いていた。 アニメ版ではで地質調査をしている。 絵崎 秋子(えざき あきこ) 声:鈴木裕美子 絵崎家の三女。 イタリアの大学に留学。 活動的で、父と両津が訪ねた際には自らドライバーとしてアフリカ横断ラリーに参加していた。 アニメ版では北極での犬ぞり単独横断をしていた。 絵崎 冬子(えざき ふゆこ) 声:松浦有希子 絵崎家の四女。 ドイツの大学に留学。 父と両津が訪ねた際には南極旅行ツアーに参加しており、その時に探していた父の学会用ビデオは間違って彼女宛に送られていた。 アニメ版ではスペースシャトルに搭乗する宇宙飛行士になっていた。 松井 貴代(まつい きよ) 声・佐藤太 87-9より登場。 絵崎の家の。 いつも着物を着ている。 料理の腕も良く、コンピューターの扱いに長けており、絵崎のスケジュールの管理なども行なっている。 また、犬の訓練士、繁殖家の資格をもっており、絵崎の犬の猟犬の世話も行なっている。 アニメには第113話「48時間世界一周! 」に登場するが、原作とは大幅に設定が違う。 を着ており、原作の物腰の柔らかい人物とはだいぶ性格も違う。 絵崎の失敗をうまくフォロー、両津の悪巧みを簡単に見破り、絵崎に華を持たせ、大事なテープを取り返すため、両津をこき使ったりと、原作とはにても似つかない人物として描かれている。 ライオンをひとにらみで追い返し、密猟者を捕らえるため、ライオンを乗り回したりと、腕っ節も強い。 また、アニメでは名前はキヨとなっており、絵崎家に代々仕えている家柄ということになっている。 藤田 尾出男(ふじた びでお) 声:佐藤誓 両津の友人で、茶の販売店「藤田園」を経営する。 やおげれつ写真を多数所持し、両津からを依頼されるほどである。 妻子がいる手前、手持ちのコレクションは巧妙にカモフラージュをしている。 娘の 亜美も父同様、特に中国茶に詳しい。 昔は「勝田」という名前だった (アニメ版では「勝田」である)。 また、大原が藤田園の常連であり、高級銘柄のお茶をよく買いに来る。 89-2「8ミリフィルム上映会! の巻」では両津が起こしたトラブルが原因で大原からのお仕置きを巻き添えで食らっている。 貌丹邑 ヤークト・パンテル(ばくにゅう ヤークト・パンテル) 通称「爆乳大佐」。 航空母艦に乗艦するの指導教官を務める女性の大佐で、カール・ヴィンソンに乗艦していた頃、ジョディーの上官であった人物。 (SOCOM)の元教官(どの特殊部隊なのかは不明)でもあり、日系四世。 誕生日は、身長180cm、体重65kg、スリーサイズは120・65・90、血液型はAB型。 作中屈指の巨乳の持ち主だが、鞭を常に携帯し、ちょっとしたことでもすぐ部下に容赦なく鞭を振るう、まさに鬼のような教官である(なお、両津の抗議でハリセンに持ち替えたこともあるが、威力は減少するどころか、両津を吹き飛ばした)。 巨大な胸の抵抗をものともせず泳ぎが物凄く速い。 ジョディー曰く、が唯一の弱点で見ると悲鳴を上げるという。 それを聞いた両津はネズミの着ぐるみを着て逆襲に出るが、部下の前では平静を保つタイプだったので銃を乱射するという結果が引き起こされた。 佐々木 小春(ささき こはる) 声: 佐々木洋子の祖母。 タバコ屋を営んでおり両津とは顔見知り。 名前はアニメのみ設定。 原作では第143巻でひさびさに登場したが、その時の台詞によると81歳。 戸塚曰く、若い頃から老け顔。 アニメ版で洋子が登場した回では二人の絆が描写されており、結婚式当日には「なにがあっても今の亭主を信じて離れるんじゃないよ」と洋子を応援していた。 それから月日は流れ、タバコ屋は取り潰すことになってしまいビルが建つことになった。 しかし施工主は小春で、ビルの一階はしっかりとタバコ屋になっていた。 ひ孫が結婚するまではまだまだ続けると快活に笑っていた。 西郷 小金丸(さいごう こがねまる) 声: ボルボの祖父で、忍者の末裔。 鹿児島の実家では忍者資料館を営んでいる。 両津なみの商売根性もあり、空母「カール・ヴィンソン」で手裏剣やなどを叩き売りしたことがある。 ()、、など危険な小動物を飼い、うっかり逃がしたりしてトラブルを引き起こす。 体術面では巨大手裏剣でヘリを落とすなどかなりのものだが、知識面では江戸時代以前の変装パターン(虚無僧姿)で却って目立ったり、先述の小動物や薬草毒草の識別を頻繁に誤ったりと危なっかしい。 アニメ第93話「これが私の好きな人」では「声移しの術」という忍法で他人の声の真似ができて、小町に中川の声でだましていた。 誕生日は。 血液型はA型。 身長170cm。 原作では出身大学は慶王大学、アニメ版ではおうけい大学。 麗子に一目ぼれし、以後つきまとっている。 性格は極めて傲岸不遜で常に他者を見下し、自分の引き立て役にしてしまう。 麗子に好意を抱き、麗子に「他に好きな人がいる」といわれたり、周囲に「麗子は白鳥が嫌い」と言われても「障害は多いほうが燃える」とめげずにアプローチする。 しかし浮気性で麗子がいなくなった後はマリアに目を付け、デートに誘っている(後にマリアの性別が知れてショックを受けている)。 彼が登場した回では、毎回自分の金持ちぶりをひけらかす(身に着けたものの値段を自慢したり、カラーコピーやガリ版刷りの紙幣(偽札)をばらまいたりする)。 アニメ版では原作以上に両津・寺井などの庶民を見下す態度で麗子を激怒させている。 自称「スーパー金持ち」だが、麗子や中川を白鳥以上の大金持ちで白鳥鉄工の建て直しに協力した恩人だと知らず、貧乏人として見下していたことが父親にバレて(しかも往復ビンタをされた後強制的に土下座させられ、床に頭を打ち付けられたりもする)勘当され、貧乏人(スーパー貧乏)に転落する。 父親との仲は悪くない模様で、お互いに車を買い換えて乗り回すのが趣味。 両津から借金をしている。 次回登場の際は再び大金持ちに戻っている。 その後も大金持ちとして何度か登場するが、その度に会社の経営が傾き、オチで貧乏人になって派出所に現れる。 愛車のポルシェは、停車中に子供に落書きされたり、10円硬貨で傷つけられたり、つぶされたりと散々な目にあっている。 貧乏になった時の愛車はのだったが、フロントにのエンブレムを付けるなどフェラーリへの執着は相当なものである。 愛車は(ごくまれに)だが、運転は相当下手であり、坂道発進や走行中のギアチェンジが苦手。 そのため、をに改造したり、車幅ポールを取り付けている。 見栄っ張りな性格であるため、高級料理店で食事することが多く、自分以上の大金持ちである中川が外食以外では普段は質素な食生活を送っていることにカルチャーショックを受けていた。 ドラマ版では、麗子の婚約者として登場。 原作やアニメに比べてナルシストさが増したが、両津達を「貧乏人」と侮辱しておらず、原作やアニメと異なり庶民に対する態度は比較的軟化している模様。 アニメ版第193話「目覚めよ! まじめ人間両津」では普段と違い、本物の札をばらまいてトラックに載せられた本物の札束のプールで泳ぐなど必要以上に両津を挑発したため、それにより絵崎教授の発明で左脳が働いた両津を右脳だけ働く両津に戻してしまった。 アニメ版第312話「両津VS白鳥バイト大暴走」では会社の経営を少しでも立て直すため、商店街の連中に借金を返すために強制的にアルバイトをやらされた両津と共に商品の宣伝・工場の整理・ビルの窓拭き・車の整備点検といったアルバイトに励むが、今まで金持ち生活が続いたために耐えられず何度も挫折する。 金持ちというアドバンテージを失った自分の無力さを嘆き悲しむが、両津に支えられて立ち直り、仕事を続けるうちに自信を取り戻していく。 両津は自身の借金を完済できなかったどころか借金の額が元の額の10倍ほどに増えたものの、白鳥に友情を感じたが、結局オチで白鳥鉄工にが注入され、また金持ちとして復活し成金ぶりを披露しに派出所へやってきた。 また、この話ではデリケートで几帳面であり、箱の隙間を見て鳥肌をたてることと不安定な場所が苦手でシーソーやブランコが大嫌いという設定がある。 またこの話では紙幣と同じ大きさに切った新聞紙の束をばらまいていた。 TVSP11弾「ヨーロッパ横断! 麗子救出大作戦」では誘拐された麗子を奪還するためにポケットマネーでの隣人のマイク・ニセコビッチ、の又従兄弟のアンディ・アーツ、のそっくりさん・ガマガエル・シューマッハ、の、(ゴルゴ、レッドは本人役 )ら助っ人に雇って 現れ、麗子が乗る列車の前に立ちはだかるが、あっさりと吹き飛ばされてしまった。 岩田 岩吉(いわた がんきち) 声:西村仁 亀有の町会長。 両津に一目置いており、町会の問題をたびたび彼に解決してもらっている。 ただし、最後は行き過ぎた利益向上で破局する末路を辿るため、その点に関して彼も頭を悩ませている。 尾崎 網彦(おざき あみひこ) 声:、(第43話のみ) 亀有商店街で尾崎模型店を経営している男性(アニメでは亀有商店街連合会会長も兼務)。 下の名前はアニメのみの設定。 年齢は55歳(当初のアニメ設定、後の作品で上がっていった)。 鳩のことに関しては30年のベテラン。 原作では借金を取り立てる件以外ではあまり登場しないが、アニメではそれ以外でも多く登場(アニメオリジナルである商店街の仲間と一緒に出ることが多い)している。 原作では最初「山田」という名だったが後に変更された。 商店街でツケで買い物をしまくる両津から、料金を支払わせるべく活動する商店街グループのリーダー。 長年の経験から大原や両津勘兵衛に劣らないほどに両津勘吉の心理を読んだり、街中のビデオカメラや発信機、アニメでは借金取り用のロボット「シャッキングX」などを駆使して両津から月給やボーナスを奪う(ときどき奪取に失敗し、紙幣が使用不可能な状態になったり、周囲一帯に空からばらまかれたりしてしまう)。 あまりに強引な行動を取るため、時にはボーナス争奪戦の会議のメンバーにすら反発や諫言をされるが 、本人は「あくまで借金を返してもらうためだ」と意に介していない。 しかし、借金を返さないことで尾崎たちのことを悪く思い反省した両津が超神田寿司のボーナスできちんと借金を返そうとしていたことを知った時は、商店街の人々と共に大いに反省した。 借金のことを抜きにすれば平時は友人のような存在として気さくに接している。 アニメ第160話「人生をやり直せ! 」では中川のテレビゲーム会社が開発した人生シミュレーションゲームによると、もし尾崎が両津と出会っていなければかなりの高確率で、大型玩具チェーン店の社長になっていたことが分かっている。 また、「借金チャラ(あるいは減額)」を条件に、両津に商店街活性化のアイデアを出してもらったりもする。 その他、「藤田園」とともに商店街のイベントや葛飾署新聞などのにもなっている。 原作後期によれば両津が新人警察官として公園前派出所に着任した頃からの知り合い。 当時、周囲の者たちは両津の経歴を「いい大学を出た優秀な青年」と勘違いしていたため、尾崎からツケでの買い物を勧めたということが描かれた。 チャーリー 小林(チャーリー こばやし) 声: 原作とアニメでは設定が異なる。 原作 初期準レギュラーのアイドル歌手。 安全バンドというバンドと共に「チャーリー小林と安全バンド」(実在したロックバンド「安全バンド」とは無関係)として活動していた。 に出場したり、を受賞したり、CMソングを大ヒットさせたり一躍人気歌手になるが、実際にはほとんど「」であり、しばらくして消えた。 68巻で再登場した時にはどん底まで落ちていて、両津の演出により変態的な格好でテレビのバンドオーディション番組「勝ちぬきエレキ天国」に出たりしていた。 出演した際、ガソリンのプールに火をつけて火の海に飛び込むということをしたが、それが原因でテレビ局が大火事になった。 その後は登場が無かったが、連載30周年記念企画の、読者による復活希望キャラクター投票で上位に選ばれ、155-1でわずかに登場したほか、160-3でもわずかに登場している。 性格はとても弱気で、両津のちょっとした発言により落ち込むことも多々あった。 落ち込んだ時には「自分の作る曲はほとんど盗作」「自伝の内容もほぼパクリ」「ギターのコードも3つしか知らない」などと暴露する癖がある。 麗子に一目惚れしてデートをしたこともある。 20年前に「東京ハッスル男」一曲のヒットで消えた一発屋歌手だったが、メイクを施し、経歴を全て造ってバンド「チャーリー小林withナルシスト」として再デビューした。 しかしロックイベントの際、両津に誤って「フォーク大行進」の会場に送られてしまい、小林一夫として出演することになる。 そこで自分の居場所を見つけた彼は、小林一夫として生きていく決心をする。 両津を懲らしめるために天国からやってきたが、女のような名前を馬鹿にされる。 名前の由来は彼の親が今度は女の子が生まれると思っており女の名前しか考えていなかったため、そのまま「理香」となった。 そのため「」と自ら名乗ることもある。 一度、両津を天国に行かせると称して生きたまま地獄送りにしたこともある。 原作では、マリアを魔法で女性にしたりもしている。 アニメでは「婦警の水着ショットを1週間以内に100枚撮らないと天罰がある」と両津に「呪いのカメラ」を送りつけて、両津がマリアの水着姿を撮ったところで、雷を両津に落としたこともある。 魔法の根源は魔法の杖。 一度両津によって折られた際、新しく作るのに1カ月ほどかかった。 アニメでは両津に「天罰ジジイ」と呼ばれている(第295話「ご先祖様こんにちは」のみ「花山」と呼ばれていた)。 162-2で再登場したが、「昔よく出た魔法使い」と紹介され、名前すら記載されなかったが、末期もたびたび登場している。 両津のエロ本を読むなど、かなりのスケベである。 基本的に偉そうな人物だが仕事面ではへこへこしていることを、両津に突っ込まれた。 「パパやママには内緒だよ」と言ってお小遣いを渡すなど、孫娘の小梅をとてもかわいがっており、両津からは「出演するたびにどんどん人間臭くなってくる」と言われている。 アニメ初登場の際、魔法で子供に戻した両津にナメられ、魔法で両津を小さくした後にズボンを脱いでおしりペンペンするようなお下劣な描写や、原作では常に両津に勝つ花山だが、小さくなった両津の前で自分も小さい状態で現れた時に、魔法で両津を元に戻す際に杖を奪われ元に戻った両津に踏み潰されそうになる描写など、原作では基本的に見られないような描写が見られた。 いつも両津に魔法でお仕置きをするものの、下界に来たときに東京見物に来たら三つの願いを叶えさせるという、懐の深い面も見せている。 『』では、孫の小梅と共に渋谷に訪れており、ミサイルに乗っている両津のニュースを渋谷の大画面テレビで見ていた。 花山 小梅(はなやま こうめ) 声: 花山理香の孫娘。 理香のことを「おじいちゃま」と呼ぶ。 年齢は16歳。 天国の学校では魔法を習い、魔法の杖なしでタイムスリップや瞬間移動の能力が使える。 登場時は忍者のような格好をしていた。 口うるさい祖父と天国での生活が嫌になり、下界に両津を頼って家出をしたことがある。 性格は今時の女子高生のような感じである。 結構、口が軽いほうなので理香の秘密を両津に聞かれて、簡単にしゃべってしまうなど、軽い面もある。 両津を慕っており、祖父の理香が自分の弱みを握って脅迫した両津をお仕置きのために地獄に置き去りにした時に、小梅は泣いて両津を連れ戻すように懇願した(理香はそれにより両津を連れ戻そうとした)。 『こち亀THE MOVIE』では祖父と一緒に渋谷に来ていた。 フータロー 演:(1977年実写映画版) 30年近く亀有公園に住んでいる。 初登場時は両津を騙して金を巻き上げるという小悪党だったが、その時激怒した両津に銃を向けられて乱射された以後はおとなしくなり、両津と親しくなる。 両津に恩を感じてクリマスイヴに競馬で取った酒を持って訪ねてきた。 初期には何度か登場していたが、まったく登場しなくなり83-3を最後にしばらく姿を消す。 だが、143-7で再登場を果たした。 ホームレスであるが、両津に金を貸したことがある。 亀有公園には彼の他にも、元自衛隊員、元漫画家、元大学教授、元力士など様々なホームレス仲間がいる。 初登場時のフータローとは矛盾するが、金に縛られず自由に生きるためにあえてホームレスの道を選んだらしい。 放浪画家を介抱した際に、お礼として100万円の現金とダイヤの詰め合わせをプレゼントされるが、フータローもホームレス仲間も皆「いまさらこういうものには縛られたくないんです」と丁重に断った。 旧名は御所河原大五郎だったが、姓名判断で改名した。 『』、『』、『』などの刺青をするほどのアニメ好き(カードを買い占めるために、コンビニに暴力団総出でやって来たこともある。 また両津によると『アルプスの少女ハイジ』放映当時にで録画したものを所持しているという)であり、また「極道ランド」という遊園地を経営している(組の抵当に入った「埼玉レジャーランド」を改装したもの)。 コスプレ姿でバイクを乗り回したり、原宿で組員を募集したりもした(そのとき両津・本田が加入)。 暴力団組長の割りには妙な意味で庶民的な面があり、ご近所・町内に愛される組造りを目指している。 また抗争などは行っておらず、せいぜい桜の木を盗んだ程度で、暴力団組長というよりも「無邪気な中年」の一面をうかがわせる。 愛用している和服の紋は、トランプの。 後期はほとんど登場しなかったが、196巻で再登場した。 アニメ版では放送上の都合で暴力団組長の設定は除かれ、日本有数の大会社「御所川原グループ」の社長となっている。 のに乗っている。 「ブウェーのビヤビヤ」ではダメ太郎、炎之助同様にアニメで先行登場している。 テレビドラマ版では両津銀次の幼馴染という設定(コミック版で五所川原組とは別の金子組組長・金子野武郎と幼馴染で、銀次に頭が上がらない)になっており、夏子という娘がいる。 規律に厳しく、極道として誇りを高く持っており、御所河原の身体が猫舌だと知らず温泉に入れてしまった組員の指を切ろうとしたり、ぶつかってきた車の男性の指を切ろうとした。 大抵は御所河原の「これ、政。 よいではないか」と歯止めがかけられる。 御所河原がオリジナル俳句を披露した際、聴衆から拍手がなかったり無言だったりした時は拳銃を乱射しながら「拍手しろ! 」と怒鳴り散らす(政本人も御所河原の俳句の意味がわからないが、組の示しをつけるために盛り上げようとしている)。 どこまでも組長のために尽くす忠臣的な人物で、他の組員とは別色のスーツを着ている。 アニメでは「政木」という名前になっており、五所川原の秘書的な人物となっている。 3人の娘がいる。 本口 リカ(もとぐち リカ) 声: 大手バイク輸入会社「モトグチ・モータース」の社長令嬢。 初登場時は17歳の交通機動隊隊員だった。 飼い犬の元五郎を愛車・モトグッチのサイドカーに乗せ、本田と肩を並べるほどのテクニックで交通違反を取り締まっていた。 その後交通機動隊を辞めてしばらく登場が無かったが、22歳になって再登場。 本田が彼女に惚れたが、彼女は恋よりもバイクの方が夢中だったため、やバイク世界一周の旅に出るなどして本田の気持ちに応えることはなかった。 その後麗子の新年会に呼ばれて登場した時には、本田のことをすっかり忘れてしまっていた。 それ以来は登場がなくなっていたが、連載30周年企画の読者による復活キャラクター投票で18位に選ばれ、155-1で再登場を果たした。 アニメでは第62話「走れ!失恋ライダー」にて登場。 本田は両津のアドバイスを元に下町をデートして彼女にプロポーズしようとするが、向こうのペースに乗せられてプロポーズする機会を逃した挙句、ライダーとしての修行のためヨーロッパへ旅立ってしまった(ただし、本人は帰国したらまたデートする気であったらしく、本田もまた彼女が旅立ったことを知らずにテストドライブを受け続けていた)。 苗字はバイクメーカー「」と「」の掛け合わせ。 本口 総一郎(もとぐち そういちろう) 声:小村哲生 本口リカの父親で「モトグチ・モータース」の社長。 元レーサー。 自社製の大型バイクを売り出すことを夢見ている。 たびたび娘を訪ねにくる本田を、テストドライバーとして半ば強制的に過酷な走行テストをやらせ、さらに自身が開発した怪しげな新型バイクのモニターにしようとする(アニメでは本田をリカと結婚させることよりも養子縁組にすることを考えていた)。 娘が表舞台から姿を消すのと同様に登場しなくなった。 下素良 平八(げすら へいはち) 110-1「体を張ったアルバイト!! の巻」で登場。 「バラエティーの鬼」と呼ばれるの兼。 中川や麗子にを強要する。 視聴率至上主義で、両津とは密かに意気投合する。 竜千士 氷(りゅうせんし ひょう) 声: 少女漫画雑誌「月刊サファイア」の編集者。 誕生日は。 身長177cm、体重55kg。 血液型はO型。 愛野神女(乙姫)のデビュー当時からの担当者であり、強い信頼関係にあるが、両津や本田には厳しい。 このため、本田にとっては二人の関係が気が気でない。 の担当でもある。 また、作者に対しての気配りもすごく、副編集者に抜擢されたときは作者を落ち込ませた。 過去にツッパリ漫画の作者やアダルト漫画の作者の担当をしていた時期があり、その際、服装を彼らのライフスタイルに合わせるなどの徹底振りである。 学生時代は野球部で、肩が強い。 名前の「竜千士氷」は原作では本名であるが、アニメ版では担当雑誌が変わるたびに名と格好を変えており、「竜千士」は「サファイア」用の名前で、「ヤングダンディー」在籍時にはリーゼント姿で「馬里馬里黄金愚(バリバリキング)」、「週刊エロス天国」在籍時には上半身裸でパンツを被り、蝋燭を頭部に立てた姿で「鞭出四爆朗(ムチデシバクロウ)」と名乗っていた。 原作では両津を手玉に取っているイメージが強いが、アニメ版では逆に両津に振り回されている印象で、常に敬語で接する。 ネズミが大の苦手で、見ると悲鳴をあげるほどである。 インチョキ堂の主人 声:岩城和男 40-10「コレクションの巻」から時折登場している古美術品店の主人。 何回か登場しているが、本名は不明。 「インチョキ堂」に掲げている看板の小さい「ョ」の字がよく落ちて「インチキ堂」となる。 本人が気付いて「ョ」の文字を元の状態に戻して修正した40-10の他、181-2の最初の1コマ目で「ョ」の文字が外れて道路に落ちていた状態であったが、この回では結局修正されず、都合5コマ登場した「インチョキ堂」の看板はこの回に限り最後まで「インチキ堂」のままであった。 美術品に関する話に登場し、推定100万円以上の価値の小判を300円〜50万円で買い取ろうとしたり、贋作のを作ったり、オリジナルの作品が存在しない贋作の掛軸を扱っていたり(ただし、これは本人も4000万円の価値がある本物だと信じていたが、鑑定で贋作と判定される)と看板通りインチキな人物である。 第87巻では表紙にも登場した経歴がある。 その後両津とともに擬宝珠宅の床下に侵入し埋蔵されていた小判を一緒に見つけたりもしていた 120-4。 169-6で再登場し、両津とともにのへを取りに行っていた。 最終回でも1コマのみ顔出ししている。 松戸 半次(まつど はんじ) 両津の幼馴染。 の作業現場で働いていたが、交通事故で入院したため代わりに作業経験のある両津が代役で現場に行ったこともある。 現在は浅草の実家で母親と住んでいる。 退院後は両津の依頼で早矢と彦兵衛のスカイツリー案内をした。 母親は初登場時は病気だったが、後に回復して両津たちと共に完成したスカイツリーを訪れた。 田宮 不二実(たみや ふじみ) 両津の友人の。 本職は軍事ライター。 両津同様遊び人であるが、モデラーとしてもプロであるうえに軍事ライターとしても著書を何冊か出しており執筆業で十分生活できるらしい。 独身であったが、第184巻で両津が主催したコレクター同士のお見合いで長谷川亜里衣と電撃結婚した。 結婚式はミリタリーマニアを集めて実物大戦車の上で行った。 結婚後の夢は夫婦でマイナーな車両を商品化してネット販売するプラモ会社を作ることで、子供が生まれたら戦車を理解させてコレクションの大切さを分かるようにしたいらしい。 チャラオ 両津のインド人の友人。 にほど近いのアパートに住んでいる。 ネットゲームで両津と知り合い、元々書道に興味があったこともあり、そのまま会社を辞めて日本へ移住する。 現在は書道教室の講師の助手をしている。 両津曰く「4年かけて江戸っ子にした」らしいが、御堂春ら通天閣署のメンバーと過ごしたことで一夜にして関西人のような性格になってしまう。 好きな食べ物はと(関西人化した後はと)。 両津の影響でアニメ・ゲーム・フィギュアにもはまっており、「」「」「」「」「」などを視聴している。 キンケイ インドの大富豪。 両津の知人で、彼がプロデューサーを務めたのスポンサーとなる。 世界的な大富豪だが、両津とは非常に仲が良く、彼から公衆の面前でカンチョーをされても怒るどころか談笑するほどである。 大三元(だいさんげん) 両津の知人で「アジアの大富豪」と呼ばれる中国の大富豪。 キンケイと共に両津がプロデューサーを務めたハリウッド映画のスポンサーとなる。 カツラを着用しており両津と同レベルの下ネタを行うこともある。 キンケイと同様両津とは仲が良く、彼に大勢の人の前でカツラを取られたあげく頭を叩かれたにもかかわらず、下ネタで仕返しをするほどである。 金髪のオールバックにサングラス、首から腕にかけて彫られた派手な入れ墨が特徴。 や車の運転、水泳はプロ級であり、特にドライブテクニックに関してはヨットハーバーの桟橋から飛び出して海上を走行するヨットの上に着地できるほどであり、泳ぎも両津より速い。 自称アメリカ西海岸生まれの独身だが、正体は有栖川京香の父親で大学教授。 テレビに出演するほどの有名人だが、その時は黒髪のカツラに眼鏡という普段と全く違う雰囲気となっている。 大学教授であるため、様々な分野に精通しているが、大学が休みの間は遊び人として過ごしているなど娘以上に二重人格となっている。 の巻」より。 第3巻「射殺命令!? の巻」より。 ただし、現在のコミックスでは修正されている。 第5巻「大追撃! の巻」より。 そのため、37-6における中川と麗子の発言では「戸塚金次の方がまともで両津の方が戸塚よりも勤務態度が悪い」と言われている。 第6巻「モデル・チェンジの巻」より。 行方不明になったオス犬を捜索してこいと両津に言われた際には全くやる気がなかったが、美人のメス犬だと訂正された途端にやる気を出している。 第4巻「お犬様の巻」より。 第12巻「さすらいのワンちゃんの巻」より。 64-5「ネコネコ福招き!? の巻」• 第71話「追跡! 名犬リョーツ」• アニメ第11話では両津を称える表彰状に名前のみ登場している。 アニメ第78話「欲望の人間クレーン」とアニメ第139話「夜空に咲いた贈り物」• アニメ第160話「七色の声をもつ男」より。 この話では大原の声が出せるようになった両津が屯田に電話で暴言を吐いたことで屯田が激怒して大原を海の果て署に左遷しようとしたが、両津が犯人であることが発覚したために左遷の対象を両津にした。 アニメ第63話「熱写! 新聞大戦争」では小町と奈緒子が自分たちのパンチラを両津に撮られた挙句「葛飾新聞」に載せられ男子署員に追い回されたので、「警察の機関紙として相応しくないので、即刻廃刊してください! 」と、その新聞を屯田に廃刊するように懇願したが、屯田は両津を叱るどころかその新聞を持っていた。 このとき彼は拾ったと弁明した。 また、アニメ第47話「激流!屋形船パニック」で旅行で両津が手配した屋形船が低気圧で流されて船が揺れた時に奈緒子と一緒に倒れたり、屯田の体に小町と奈緒子が倒れた時には、いやらしい顔をし、アニメ第175話「激闘!チャリティーバザー」では両津と小町が野球拳をしていた時に屯田も野球拳を盛り上がって小町が勝った時も小町に脱げコールを叫んでいた。 81-1「忘れて!日暮くん…の巻」• 16」参照。 ただし、アニメ第86話「両津死す! ナニィ!? 」で制服を着用していた。 第54話「闘魂ゲーマー左近寺」• 第71話「禁断の美少女人形」• 第146話「ボーナス争奪戦4」• アニメ第93話「これが私の好きな人」で両津と中川と麗子が小町の田舎に行って小町と中川のパノラマ写真を小町が写真に写っていた両津を細工して切り取っていたが、小町は両津も一緒だった事を婦警達に秘密にしていたため、両津に頼んで婦警達に言わないよう秘密にする代わりに新聞記事を取り消しにして、繰り上げ当選した。 第98巻の巻末コメントより• 『カメダス2』による。 ただし、日本国内で毎年数千名ほど採用される新人警察官のうち、国家公務員として採用されるは年にわずか10〜15名程度であり、東京大学の卒業生といえどもキャリア組に入ることは非常に困難である。 彼自身も葛飾署を破壊してしまったのは自分のせいだと主張するが大原達には信用されず、拘留された両津に必死に謝罪をしていたが、無実の罪を着せられた挙げ句周囲から信じてもらえなかった両津はすっかり暗い影を落としてしまい、中川も両津や法条に対して同情心を見せていた。 第8巻「ひな祭りロック! の巻」より。 第2巻「タバコ屋の洋子ちゃん…の巻」• 第5巻「身も心も軽く!? の巻」より。 第6巻「恋のカウンタックの巻」より• の巻」より。 後に梅干しの価値を知った両津が大急ぎで駆けつけたのを石頭に見られ、罰として夜中のゴミ出しの返却を強いられている。 第282話「両津vs忍者軍団! 裏江戸城黄金伝説」• 初登場は第9巻-9「屋根の上の休日…の巻」である• 第14巻-2「ねんころりん!? の巻」• 第28巻-6「両さんの商才!? の巻」• 単行本92巻• 第17巻「ハーレーのち曇り!? の巻」より• 犬や猫の他にニワトリ・ウサギ・鳥・猿・リスなどもいる。 この小林義永という少年は、のちに『週刊少年ジャンプ』1986年42号掲載の「彼女が家に来た日」で漫画家としてデビュー、1990年に単行本『瀬戸際少年野球団』()を出している。 178巻「女子プラモ部の巻」より。 第184巻「コレクターお見合いの巻」より。 電気・ガス・水道は大阪から引っ張ってきている。 家賃は月1万5千円で、トイレと台所と風呂は共用。 テレビは大阪からケーブルを引いて関西の番組しか見られないようにしている。 両津曰く、作者が当時の絵はもう描けないため、今描くとこんな感じになったとのこと。 実際は麗子の花婿を決めるために彼女の父・秋本飛飛丸の自作自演。 登場当初、犯人の飛び出し鎖鎌の刃物を木刀で叩き割るほど。 彼ら曰く「を使ってここにきた」とのこと。 火災による母親の死、父親の酒による暴力によるもの。 子供時代の話をした。 第185巻にて。 1998年では登場するたびに外国かぶれになっており、イギリス・フランス・中国・ロシア文化かぶれになっていた。 「Kamedas」第1巻など• アニメ第27話「超金持ち、白鳥麗次」で、麗子が上品大学出身と聞いて白鳥は「勝った」とささやいていた。 さらに右脳が復活した両津は白鳥の札束プールのトラックを自宅まで動かし、絵崎の焼き芋屋台の「おさつ」を「お札」と勘違いし、それをもらうためトラックをユーターンして絵崎の焼き芋屋台と衝突し、焼き芋屋台が札束のプールに入って引火し、そのままガソリンスタンドに衝突して爆発。 白鳥は両津や絵崎と入院しただけでなく、全財産を燃やしたためスーパー貧乏に逆戻りに。 この時字幕で「声の出演:TIM(本人)」と表記されていた。 本人曰く、スーパーカーをレンタルしたら金が足りなくなったとのこと。 アニメでは両津だけでなくボーナス争奪戦の会議のメンバーをも騙した芝居を演じたこともある。 それが知ったメンバー全員が憤慨したが、本人は「騙される方が悪い」「敵を欺くためにはまず味方からだ」と平然と言い放った。 現実では警察官採用試験を受験する段階で少なくとも18歳になっている必要があり、17歳で交通機動隊隊員となることは不可能。 「本田」の漢字表記を捩って「本口」とし、それに「モトグッツィ」の読みを「モトグチ」として当てはめたもの。 第241話「恋の大沈没! アニメ第70話「バカンスは激しいのがお好き!? 」では逆に両津が行った無理な取引きを羽生にバラされたこともある。 羽生は無理な取り引きの仕返しとして満潮になると海に半分以上沈む離島に両津と本田を宿泊させるように仕向けたことで、両津の復讐の発端となる。 両津にサングラスをかけてアゴに濃いジョリジョリヒゲを足した感じ。 宇野が東京スタジアム時代に監督を務めていたのは1962年のみであることから、82-4「光の球場!の巻」の時代設定は開場した1962年であることが検証できる。 196-1にて。 最終話「さよなら両さん大作戦」にて。 第215話「一億円争奪!巨大アスレチック」での巨大卓球対決やTVSP10弾「湯けむりポロリ 2001年京都の旅」での野球拳や第242話「街角サッカー2002」でのサッカー対決では両津の卑怯な戦術で負けたこともある。 左近司は両津から「こんな言われ方で喜ぶな」と突っ込まれた。 第285話「両津と小町がゴールイン? ただし第198話「悲惨さんざん誕生日」では、両津の回想シーンで両津が「小町と共に葛飾署に入社した」と言って両津のことを知っていることから矛盾が見られる。 ただし第22話「両津メチャモテ宣言」では一度だけ第2位に順位が下がった事がある。 ただし第18話「激写!京都旅行再現」では奈緒子が6年、第127話「萌えろ!恋のえらぶ島」では両津が10年、TVSP10弾「湯けむりポロリ 2001年京都の旅」では奈緒子が12年連続と言っていたが、TVSP10弾では両津の子孫の実直に言っており、小町と奈緒子は実直の事を両津と勘違いしていた。 後者は左近寺が第1位に繰り上げ当選した。 第93話「これが私の好きな人」。 実際第86話「両津死す! ナニィ! 」では両津が幽体離脱した時、葬儀の席でハンカチで涙を拭いていたり、劇場版第2作では両津が巨大UFOに立ち向かう両津のことを心配して止めようとしていた。 ただしSP21弾「走れ! 両津式チンチン電車〜思い出の大次郎号」では両津にミニパトとチンチン電車と比べられた時は、小町と共に競争して対抗した事もあった。 第86話「両津死す! ナニィ!? このとき彼は自分の新聞には見向きもしていなかった。 写真雑誌の懸賞金目当てに、麗子の着替えを盗撮したため。 でのことだった。 マリアを含む婦警にスポーツモデルの撮影を拒否され、さらにその穴埋めで始めた競馬予想がその時に限って運悪く、外れ続きだったことから。 カメラを破壊されたうえ窓から熱湯を浴びせられ、無数の桶を投げられた。 本田はこの時「バイクのローンが残ってるのにどうしてくれるんすか!」と言っていた。 この時本田と剣寄茂は両津に泣きつくが、両津は「もう編集長はこりごりだー!」と言っていた。 燃やされる前、両津の好きだったプラモなどがに入れられていた。 当初「1万部刷ろう」と提案したが、両津曰く「少なすぎる。 売れてる漫画雑誌は平気で100万部以上刷ってる。 ワシの漫画だって載せてるからそれぐらい売れるだろう」とのこと。 ロボ刑事番長が巻頭カラーを占め、中の漫画が両津が素人の受講生を考え原作をあげたものの全て盗作ものだったことから。 この時本田ではなく、彼に頼まれた両津が手錠をかけた。 小町と奈緒子は当初、真琴に対して悪口や無礼なことを言っていた。 麗子、本田、小町、奈緒子は両津が真琴にフラれたと勘違いしていた。 実際は晩が道着のほころびを治すのに使用した針が服に付いたままになっており、その針が胸に刺さって痛みが生じていただけであった。 この時、が両津を押さえつけた。 屯田もこの時「友好のためだ。 潔く散るがいい。 」と言った。 仕掛けは、「巨大な扇風機」、「鉄格子に高圧電流」、「ピラニアの池がある落とし穴」、「パワーショベルを地上にせり出す」。 本人いわく「の話を知っているはずだからきっと大丈夫だろう」とのこと。 女性の入浴の覗き、ゴミ捨て場荒らし、ピザのつまみ食いなど。 この時ダチョウたちの会話は字幕で表示された。 322話「檸檬、くノ一忍者になる」では自身の代わりとして由利鎌子が登場しており、自身がその後にどうなったかは語られていない。 この大会では警察官1人につき2人まで助っ人の投入が認められており、両津は本田と日暮(オリンピックの年ではなかったために寝ている所を連れてきた)、中川は左近寺とボルボ、海パン刑事はドルフィン刑事と月光刑事(助っ人の規定人数を超えるために美茄子刑事は休みとなっていた)を助っ人に連れてきていた。 日本に入り込む以前にが身に着けていたや「不可能」という文字がないの、ののを盗んでいた。 目には黒ダイヤ、メガネにはカラットの高いダイヤを使用• レーザーグリッドと、胸像を取ったときに作動する50F分の高さの落とし穴• エルドラドはインカ帝国の遺跡ではなく、全く異なる民族の遺跡であったらしい。 檸檬曰く「包丁の切れ味が良ければ切ったばかりの切り口がそのままくっ付くと言われている」とのことである。 、アニマックス。 - 2018年10月24日閲覧。 変身グッズ、イメージソングの販売など。 1970年代にが開発し、アラン・ドロンがCMモデルだったメンズ服のブランドの名前• 第204話「視聴率を盗んだ男」• (初出は『宝島』1997年1月8日号).

次の

こちら葛飾区亀有公園前派出所とONE PIECEについて

こちら 葛飾 区 亀有 公園 前 派出所 歌

東京は下町葛飾・亀有公園前の派出所。 両さんが行く所にトラブルが絶えることはなかった。 同じ派出所の後輩・秋本カトリーヌ麗子 香里奈 や 中川圭一 速水もこみち をヒヤヒヤさせたり、上司である 大原部長 伊武雅刀 にカミナリを落とされる毎日を送りながら、日々怖いもの知らずのパワーを爆発させ続けている。 警官だがギャンブル好きで、金遣いは荒く無茶苦茶の上、借金だらけ。 儲け話には目がなく、遊びと金儲けのために対し異常なまでの欲望と知識を持つ両さん。 そんなある日、両さんのもとへおいしい話が舞い込んでくる。 今日も一般市民をも巻き込んで、警察官にあるまじき行動で大暴れする!! 30年以上における連載で一度も休載せず、「少年誌の最長連載記録」のギネス記録を保持。 また、2008年11月8日には、両津勘吉の少年時代をかたどった「少年両さん像」が商店街に設立。 除幕式には、麻生太郎内閣総理大臣が出席! アリオ亀有内には子供たちに大人気の「こち亀ゲームぱ? これまで「慎吾ママ」「忍者ハットリくん」「西遊記」と数々のキャラクターを演じてきた香取慎吾が、『こち亀』主人公・両津勘吉 りょうつかんきち に扮して、派手で豪快な人情喜劇に挑む。 『こち亀』は下町風情が今も残る土地、葛飾・亀有を舞台に、警視庁・葛飾警察署の亀有公園前派出所に勤務する両津勘吉 りょうつかんきち 巡査長と、その同僚や周辺の人物が繰り広げるドタバタ喜劇。 家族みんなで笑って観られる王道の娯楽作品として、世代を超えて愛され、心温まる笑いを提供できるスタンダード・コメディドラマ! また、どこか懐かしい世界観を構築し、親世代には懐かしく、子供たちには新鮮な古き良き日本の庶民文化を描き、このドラマが親子の会話、団欒のキッカケになること間違いなし! おおいに笑って、ジーンと泣ける。 世代を超えて愛され続ける日本のスタンダード・コメディが誕生。

次の

こちら葛飾区亀有公園前派出所の歌 おいでよ亀有 で「偉そうな顔した政治...

こちら 葛飾 区 亀有 公園 前 派出所 歌

大分県出身のものです。 葛飾区亀有公園前派出所もONE PIECEも以前は違う時間帯に放送されていました。 それぞれ曜日は違いますが時間帯は午後4~5時の間に放送されていました。 しかし、数年前の春の番組編成時に半分以上のアニメは強制的に放送終了しました。 それ以降、こち亀とONE PIECEも放送されていません。 高校の時に友達から「ONE PIECEを放送していないのは数県しかない」と聞いて やっぱり田舎だなぁと再確認したこともありました。 あと上記の時間帯以外にたまに深夜に放送しているのもあります。 現在もアニメの放送数は東京と比べると圧倒的に少なく一週間に十本程度だと思います。 しかし、ブースターとアンテナを使えば海に面しているせいか比較的楽に他県 山口、広島、愛媛 の局の番組が見れます。 またその方法が使えなくてもある程度大きな街にはケーブルテレビもあるので そちらで見ることも可能です。 上記の方法が可能な地域はかなり限られているのでやはり見れない地域の方が圧倒的に多いです。 どうしても見たい場合はレンタル待ちです。 あと長崎の大学に通ってる友達に聞いたのですが あまりの番組 アニメに限らず の少なさに驚愕したと言っていました。

次の