モザイク 除去。 [TecoGAN]AIによるモザイク除去技術について解説してみる

AVの外せるモザイク

モザイク 除去

Part1. モザイクを消す方法は? 写真や動画などに写っている個人情報、肖像権、知的財産権などに、モザイクをかけることは良くあります。 モザイクをかけるアプリやソフトは数多く存在しますが、モザイク消しをするものは多く存在しません。 よく、モザイク除去するにはどうしたらよいかと言うことを耳にします。 更に、 モザイク除去機などの販売も目にすることがありますが、モザイクは消せるのでしょうか。 結論から言うと、モザイクを消すことは不可能で、モザイク除去機なども、本当に消せるものは存在しません。 モザイクには非可逆変換と可逆変換という処理方法があります。 まずは非可逆変換ですが、この処理方法は、一定の範囲の色情報を読み込み、その平均値を算出し、導き出た結果を基に画像処理をする方法や、一定の範囲での代表値を基に、全体を画像処理するといった方法などがあります。 非可逆変換は、特定の領域の解像度を下げる方法で、甘い処理のものなら、ある程度の復元は可能ということですが、完全には復元できなく、実質は復元不可能と言うことになります。 次に可逆変換ですが、この処理方法は、処理する範囲を縦横に分割し、その分割したものをランダムに並べ替えるという方法です。 この処理方法でモザイクを消す場合には、並べ替えたものを元に戻せば処理する前のものに戻りますが、この処理方法は大昔には使われていたようですが、現在ではほとんど使われていません。 何故かというと、可逆変換ソフトのモザイクを消す方法で事件が発生し、「復元可能な処理方法によりモザイクをかけたものは、復元が可能となってしまうので、合法化したものとはいえない」という方的判断が出されたからです。 このソフトは、JPEGやBMPといった画像のモザイクを除去できるソフトでしたが、法的判断により現在は販売していないと言うことです。 この法的判断により、現在では非可逆変換のモザイク処理が主流となっており、 モザイクを消す方法は無いと言うことになるのです。 なので、現在販売されているもざいく消し機などで モザイクが消えることはありません。 Part2. モザイクを入れる方法は? その結果、モザイクソフトと言えば 「モザイク加工をするもの」との認識が広まり、現在では数多くのものが出ています。 しかし、あまりにも多く出ているので、ソフトを探す際に迷ってしまうことも多く、自分に合ったものをなかなか探し出すことができません。 では、総合的に観てどのソフトが良いのかということですが、Wondershareのなら簡単かつ安全にモザイクをかけることができます。 Part3. 「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を使って動画にモザイクをかける方法 ステップ1:「新しいプロジェクト」を選択してください。 まず、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を立ち上げて縦横比を決め、「新しいプロジェクト」を選択します。 ステップ2:ファイルを開き、タイムラインビューにドラッグしてください。 「インポート」や「ここにメディアファイルをインポートする」からファイルを開き、タイムラインビューにドラッグします。 ステップ3:モザイクをかけることが完了。 タイムライン内の [モザイク] エフェクトをダブルクリックするとコントロール パネルが表示されるので、スライダーをドラッグして調整してみてください。 たったこれだけのステップで、簡単に モザイクをかけることができるので、初心者にも安心して使うことができます。 更に、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」はモザイクをかけるだけではなく、様々な字体でのテキストの挿入、お気に入りの音楽の追加、バリエーション豊富なトランジッションやフィルターを使っての編集など、様々な機能が備わっています。 編集した動画は、PCに保存することやDVDに入れることもでき、更にはYouTubeやVimeoにアップロードして共有することも可能です。 モザイクをかけたい時、思い出の作品を作成したい時、DVDを作成したい時などは、Wondershareのを使ってみてください。 あなたの思い通りのものに仕上げられるでしょう。

次の

台湾企業がGoogleをしのぐ高性能「モザイク除去ソフト」をリリースも、実力は“マユツバ”? (2019年12月18日)

モザイク 除去

モザイクを除去する「JavLens」(より) ITをはじめとする技術革新は私たちの生活に大きな利便性をもたらせてきたが、それはエロの世界とて例外ではない。 AR(拡張現実)を取り入れたAVがその最たるものだが、台湾では先日、モザイク除去ソフトがリリースされ、話題となっている。 モザイク除去装置といえば、かつては成人誌の通販広告に必ず入っていたインチキ商品だが、やがてそんなものにだまされる者もいなくなり、いつしかその名を聞くこともなくなった。 ところが2017年には、あのGoogleがモザイク除去機を発表し、話題になった。 AI(人工知能)の判断により元画像を再現するというものだが、それでも再現性が高いとはいえなかった。 しかし今回、台湾の「JavLens」が開発したモザイク除去ソフトは、かなりの再現性を誇っているという。 「三立新聞網」(12月10日付)によれば、サンプルではモザイク処理されたアワビやイチジクのオリジナル画像が見事に再現されている。 もっとも、これがヤラセでなければだが……。 動画の処理も可能で、サイトのアドレスを入力すれば処理される。 ポイント制になっており、500ポイント(約720円)から購入が可能。 写真1点の処理には50ポイントが必要で、動画の場合は1分ごとに10ポイント。 動画に字幕翻訳を入れることも可能で、それも1分ごとに10ポイントが加算される。 同サイトによると、ユーザー数は7,300を超え、これまで処理した件数は3万6,000を超える。 英語はもちろん、日本語や韓国語にも対応しており、世界中のユーザーを狙う野心がうかがえる。 ユーザーからは、「たかだか2分の動画を処理し始めてすでに1日がたつ」とのコメントもある。 確かに同サイトには、3回まで無料で試せると記されているものの、実際に動画のアドレスを入力してもなぜだかうまく処理されない。 ポイントを購入しないとダメということだろうか? 興味のある方はぜひ試してみてほしいが、くれぐれも自己責任で。 あわせて読みたい•

次の

台湾企業がGoogleをしのぐ高性能「モザイク除去ソフト」をリリースも、実力は“マユツバ”? (2019年12月18日)

モザイク 除去

見えていいものと、悪いものがある…。 SNSで一番大事なのはプライバシーの保護ですから、シェアされる画像や動画に映りこむ人の顔を隠すのは、もはや常識です。 ところが、デューク大学の研究者が、モザイク処理で隠された顔をほぼ完全に復元できる新しいツールを開発してしまいました。 究極の画像処理ツールがあるとすれば、そのひとつはディテールや鮮明さを失わず、「いかにも人工的」っぽい感じも出さずに、 デジタル画像の解像度を高めることができるツールになるでしょう。 今はスマートフォンでも20メガピクセルをはるかに超える画像が撮れる時代。 振り返ればデジカメの誕生以来、膨大な数のデジタル画像のアーカイブが蓄積されてきました。 とはいえ当時のデジカメは何千ドルもする高級品で、画質や解像度も今と比べるとずいぶん粗かったのですが。 今やTVやモバイルデバイス画面のピクセル数は8Kを超え、画像を効果的にスケールアップできるツールのニーズが高まっています。 しかし、解像度の低い画像ではかなりのディテールが欠落している場合があるので、解像度を上げる作業の結果、ぼんやりのっぺりした外観になりがちです。 デューク大学のPulseチームによる実験。 上段が元画像、中段が解像度を落としたもの、下段がPulseで再度解像度を上げた画像。 実は、Pulseというのは「画質の低い画像の解像度を上げ、真実の姿に近づける」という処理をするツールではありません。 データから特徴を学習し、存在しないデータを生成する「敵対的ネットワーク」をもとにしたAIを使い、本物っぽい顔をランダムに作り出すものなのです。 以前にも、「実在しないけど、実在しそうな顔が何千種類も生成されるツール」という動画をご紹介しましたが、Pulseはそれとも少し違います。 AIがオリジナル画像をもとに生成した高解像度画像の中から、「低解像度化した時にオリジナルもっとも近い画像を探し出す」のです。 しかもちょっとずつ手を加えて微調整し、さらに元画像に近づけてくれるんです。 結果的に、低解像度同士を比べるとそっくり、という画像ができあがるのです。 10年前には、こんな機能はありませんでしたし、アプローチとしてはちょっと邪道っぽい感じもします。 でも、ディープフェイク動画が最近とてもリアルで巧妙になっていることを考えると、まったく新しいアングルで既存の問題と闘うことも必要でしょう。 それこそまさに、科学者の力。 オリジナル写真の高解像度版と、Pulseがオリジナル写真をもとに作った高解像度画像を比較すると、 やはり明らかな違いがあります(上の写真参照)。 ですので、現状このツールの使用は制限されています。 でもツールがもっと改良されれば、今はまだぼんやりとしか見えない宇宙の秘密の解き明かしたり、原子のような極小世界も解明できるようになるかもしれないと、 さまざまな分野での応用が期待されています。 ただ、これが一般ユーザに普及すると、あんなものやこんなものまで、モザイク処理が外されちゃうことになるので、ちょっと危険かもですね…。 当サイト内に転載されている動画、画像等の著作権は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的は一切御座いません。 何か問題がございましたら、お手数ですが、メールにてご連絡下さい。 確認次第、適切な処置を致します。 当サイト及びリンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損害及びトラブルに関して当方では一切の責任と義務を負いかねますので予めご了承下さい。 また当サイトに掲載されている情報は、教育や娯楽のための一般的な市場情報としてのみ提供されており、投資アドバイスではありません。 そのような情報の使用または引用、利用から発生する直接的または間接的な損失・利益に対して、一切責任を負うことはありません。

次の