アメブロ seo 弱い。 アメブロで集客できない理由とは?WordPressがおすすめ?

【最新】アメブロで集客できない!効果的な集客方法と時短ツール

アメブロ seo 弱い

アメブロをはじめとする無料ブログサービスを使っている人の中で、Wordpressに乗り換える人や、無料ブログとWordpressブログを併用する人が最近は多くなってきた気がします。 その理由のひとつとして、 無料ブログはSEOに弱い WordPressはSEOに強い という話を聞いたことありませんか? わたし自身も、よく聞かれる質問です。 WordPress制作を生業にしているWebデザイナーのセールスレターを読むとだいたい 「WordpressはSEOに強いからおすすめです」といった内容がでてきます。 これはある意味正解なんですが、ただどんな場合においても無料ブログが100%SEOに弱いわけではありません。 ここを正しく理解している人が少ないように感じるので、今日は 「無料ブログって本当にSEOに弱いの?」ということについて考えたいと思います。 [ad co-1] 目次 無料ブログがSEOに弱いと言われる一番の理由 まず、無料ブログサービスのブログがSEOに弱いと言われる理由について。 一番大きな理由は、 同じドメインを共有しているからです。 アメブロを例に書いていきますね。 jp」の部分。 で、GoogleやYahoo! といった検索エンジンは、 あるキーワードに対して検索結果を表示する時に、一つのドメインにおける表示件数を制限しています。 キーワード検索をしたときに、アメブロのページばかりが表示されることってないですよね。 例えば、Googleで「アメブロ アクセスアップ」というキーワードで検索をすると、検索結果の1ページ目は下記のように表示されました。 この中でアメブロのページは2つ。 それ以外は独自ドメインのサイトだったり、FC2ブログだったりします。 いろんなドメインのサイトが表示されるのは、検索結果に表示する情報に多様性をもたせるため。 その方が情報を探しているユーザーにとって親切だからです。 検索エンジンは、ひとつのドメインに対して、検索キーワードと関連性が高いと判断した2〜4ページくらいを選んで表示させているわけです。 検索結果に表示されるためには無料ブログ内でのイス取りゲームに勝たなければいけない 検索結果の上位に表示されるためには、あるキーワードに対して、「ユーザーにとって有益である」と検索エンジンから評価してもらい、数多あるWebサイトに総合力で勝つ必要があります。 ご存知のように、それだけでもすごーく大変ですよね。 ビックキーワードを狙うなら尚更です。 そして、それに加えて、無料ブログを使っている人は、同一ドメイン内での競争があります。 ライバルブログが多ければ多いほど、そのイス取りゲームに勝たなければいけません。 アメブロであれば、同じアメブロ内の同じカテゴリーのブログに勝ち、さらにアメブロ以外のWebサイトにも勝たなければいけないわけです。 地域の予選から勝ち上がって決勝トーナメントに出場するのと、シード権で決勝トーナメントから出場するのとではどちらが大変かは分かりますよね? 無料ブログの人は地域の大会から勝ち上がっていくイメージ、 独自ドメインのWebサイトを持っている人は、シード権で決勝トーナメントに出場できる、みたいなイメージです。 アメブロのような無料ブログがSEOに弱いとされる理由は理解いただけたでしょうか? 競合がいなければ無料ブログでもSEO効果はある! では、本当に無料ブログはSEOに弱いのか? というと、 例えばアメブロで集客できている人は確かにいるんですよね。 つながりからではなく、純粋に検索エンジンから。 だから一概にSEOに弱いと言い切ってしまうのは誤解を招く場合もあると思います。 狙ったキーワードに対して、どの程度強豪サイトがあるのか、によります。 ・無料ブログ歴が長く、コンテンツが多い。 ・更新頻度が高い。 ・検索キーワードにマッチした内容が書かれている。 ・競合がいない。 上記の条件を満たす場合には、無料ブログでも上位表示されています。 アメブロはSEOに弱いのか? わたしの場合 わたしはアメブロを持っています。 月に数回しか更新していないですが、検索に強いページもあり、そういったページから日々一定数の流入がページ毎にあります。 そして、記事を公開してから結構たっていますが、今でもコメントをいただくこともあります。 検索からの流入を狙ってタイトルをつけるといったSEO対策はしていますが。 条件によっては、検索エンジンからの流入も十分見込めるということです。 無料ブログはSEOに弱いのか。 は、「 条件による」。 というのがわたしの考えです。 特に、強豪がいなければ、検索上位に表示させることは可能。 無料ブログでも、はてなブログは検索に強いと言われたりもしています。 ただ、「強豪がいなければ」という条件付きなので、同じマーケットで同じような記事をWordpressで書く人がいて、 コンテンツの内容が良ければ、検索順位が落ちてしまう可能性はあります。 独自ドメインのサイトの方が専門性が高くなりますし、検索上位に入りやすいという側面は確かにあります。 また、既にそのキーワードで上位表示されている、同一ドメインのブログが複数ある場合には、上位に食い込むのは難しくなります。 無料ブログは、あなたの置かれている状況、競合を分析した上で、活用してください。

次の

AmebaOwnd(アメーバオウンド)の評判は?SEOには強い?

アメブロ seo 弱い

をリリース(2016年3月)してから順位チェックのために、自分の興味ない分野も含めてさまざまなキーワードで検索したので、 SEOに強そうなブログとか、なんとなくわかってきました。 「SEOに強い無料ブログ(レンタルブログ)!」みたいな記事がありますけど、被リンクとかインデックス数とか比較しても机上の空論になってしまうので、実際に検索して見かけたブログで考察していきます。 Googleのサイト評価もドメイン単位からページ単位になっているので、記事の書き方のほうが影響が大きいのは明らかですよね。 このページでは、さまざまなジャンルのキーワードで検索したときに、どの無料ブログをよく見かけたのか、また、 どのような記事が上位表示されていたのかをまとめました。 もくじ• というか独自ドメインのブログ(主にWordPress)にも匹敵する順位でヒットしています。 記事の書き方は 数千文字以上のボリュームで網羅性があるものが多く、たまに1万文字以上のものもある。 やりすぎ。 1記事ごとの気合いが尋常じゃない。 網羅性の高さが頭一つ抜けている。 はてなドメインが強いというよりは・・・ なんではてなブログがこんなに強く感じるのかというと、 ドメインが強いからではなく、• 網羅性が高くて詳細に解説しているから• 検索キーワードに対して関連性が高く、答えを返しているから という印象。 ターゲットを意識している 検索上位に表示されているはてなブログに共通しているのは、「 誰に、どうなって欲しいのか」ターゲットがはっきりしている記事が多いこと。 ほかの無料ブログだとこの視点がぼやけていることが多いけど、 はてなブログだけはターゲットを意識して書かれた記事が多い。 具体的なキーワードがわからなくても、ターゲットが読むことを意識して書くだけで、検索キーワードに対しての「返答性」が良くなります。 拡散されやすい はてなブログは、システム・ユーザー・読者の特性上、 はてブやTwitterで拡散されやすいというメリットがあり、それをうまく使って外部評価を獲得しているブロガーが多いです。 昔と比べて、はてブ自体のSEO効果は弱まりましたが、はてブ経由で拡散されることによりSEOに良い影響があることは考えられます。 結局はその人の努力の結果 上位に表示されるはてなブログは、 お金を稼ぎたいというモチベーションが非常に高い。 だからそのためのリサーチ・勉強にも余念がない。 1ページの情報量も充実する。 極端な人になるとGoogleアナリティクス、ABテスト、CSSカスタマイズ、ヒートマップ、Googleタグマネージャ、サーチコンソール分析してリライト、などなど、笑えるレベル。 さらに 記事タイトルもよく練られていて、キーワードとか文字数とか、あとで変更したりとか、検索からアクセスしてもらうための努力を欠かさない。 独自ドメインにしたりWordPressに引っ越そうかどうか悩むのもはてなブロガー特有の話題といえます。 それだけブログに対する意識が高い。 ということで繰り返しになりますが、はてなブログのドメインが強いんじゃなく、 SEO対策を意識したブロガーが多いから、はてなブログが強いだけだと思います。 残念ながら、 はてなドメインの強さだけでは上位表示されません。 はてなブログのSEO対策 ちなみにこの記事を見ると、はてなブログはかなりSEO対策に力を入れていて、スパムの取り締まりも厳しいようです。 参考: さっきは「ドメインの強さだけでは上位表示されない」と書きましたが、無料ブログサービスの中ではマシだと思います。 はてなブログとアフィリエイト 2019年10月から営利利用が許諾されるようになりました。 (ただし運用するにあたってのルールは厳密になった) 詳しくは後述のリンクより。 はてなブログではアフィリエイトをしても、雑記ブログくらいならお咎めをくらうことはないと思いますが、一応、公式ヘルプでは以下のように記載されているので注意が必要です。 商用サイトへの誘導や収益を得ることを主目的とした、はてなブログの利用を認めません。 ただし、お勧めしたい商品(またはそのリンク)を 自身の言葉でレビューし、読者に勧める目的で掲載される広告についてはその限りではありません。 広告の掲載方法や内容に関しては、別途定める「 広告における禁止事項」で制限されます。 禁止事項に反さない限り、アフィリエイトプログラムの制限はありません。 すべてのアフィリエイトを利用できます。 参考: 禁止事項はありますが、今まで線引きがあいまいだった営利利用についてハッキリしたので、 グレーなまま運営する心配が取り除かれました。 そのぶんルールが厳しくなったみたいですが。 割と骨太な記事が多く、 執筆意欲が高めの人が多いように見えます。 自分が検索している限りでも、noteを見かけることは結構ありました。 ただ、 致命的なのがアクセス解析。 Googleアナリティクスもサーチコンソールも設置できず、note本家のアクセス解析は記事ごとのPVが見れる程度なので、記事を改善する手がかりがかなり少なくなります。 特にサーチコンソールが使えない=検索流入のキーワードが見れない、ということなので、加筆修正の決定的なヒントが見れず、記事を育てていくストック型コンテンツの運用には向いていません。 はによるとGoogleアナリティクスを使用可能ですが、法人向け、基本料金が月額5万、Googleアナリティクスオプションが月額1万円なので、個人のブログとは関係がなさそう。 とはいえ、を見る限り、 サービスは非常に順調に伸びているようなので、キーワードなど難しいことを意識せず、多くの人に見てもらうチャンスを増やしたいという人なら相性が良さそうではあります。 これもドメインが強いんじゃなく、 ちゃんと書かれた記事がヒットするだけ。 SEOの意識よりも純粋な情報提供 ライブドアブログでは、はてなブログみたいにSEO対策を意識した記事よりも、 本当にその分野に詳しい人が、純粋に「誰かの役に立ったらいいな」という雰囲気。 そのため、レビューや使い方の検索では、初心者向けの長文解説記事よりも、 すでに知っている人向けの掘り下げた情報を見かけることが多かったです。 そのぶん1記事ごとの情報量や網羅性は低くなりがちで、SEO対策では、はてなブロガーに負けやすいような気がします。 方向転換は難しそう ライブドアブロガーは、特定のジャンルに詳しい人が結構いるので、 初心者向けの網羅性の高い記事を書いたら強いと思います。 記事タイトルを意識して、h見出しを使ってちゃんとキーワード入れるだけで違いそう。 特に記事タイトルを内容に合わせて、ターゲットが検索しそうなキーワードを考えてみるのが一番効果的と思ったりします。 でもそれはいわゆる「ブロガー脳」なので、そう簡単には切り替えができないし、心理的に抵抗がある人も多そう。 個人的には、そういう コアな記事はエキスパートにしか書けない情報も多く、キュレーションやまとめサイトが乱立する時代では貴重だから、無くならないでほしいと思ってます。 検索エンジンスパムへの対応について ちなみにライブドアブログでは公式でスパムサイト作成を禁止しており、報告フォームも用意しています。 公式: ただし、ライブドアブログにはいわゆる「まとめサイト」(5ch転載)が多く、残念ながらSEOにも強い。 を見ても一目瞭然で、まとめサイトは取り締まりの対象にはなっていません。 パッと見ではわかりませんが、 BloggerはGoogleが運営しています。 ITの技術的な記事が多い。 商品レビュー系は少ない。 役に立つ記事は結構多い。 ブロガーのITリテラシーがかなり高い。 また、 広告が少なくデザインがシンプルで洗練されている。 余計なブログパーツ・特等席を占領する広告・ブログサービス内の交流が必要ない人なら相性が良さそう。 著作権違反の動画サイト、アダルトサイト、アフィリベタベタ貼っただけのスパムサイト、まとめサイトなど、 グレーなブログが多い。 会社自体もグレー。 参考: また、過去にFC2ブログがGoogleインデックスから削除されるという騒動もありました。 参考: そのため、SEOには強いかもしれないけど、なんだか危なっかしい。 でもたまに特定の分野の専門家がいます。 情報が充実している記事でもGoogle検索では3ページ目以降だったりするので、 もしかしたらドメイン自体が弱いのかな?と感じることはありました。 アメブロは2008年頃だったか、非常にアクティブユーザーの数が多くてバブルっぽい時期があり、専門家や実店舗がビジネスのために開設する例が多く、また、それをサポートするビジネスもよく見かけました。 でも今となってはそのメリットもほぼ無くなっているし、ブログの見た目が安っぽいので、ブログサービスとしては一歩劣る、という印象。 営利目的の活動には少し気を使う必要あり。 参考: さらに追記:「」の中に書かれていた、記事の品質とインデックスされるかどうかについてが興味深いです。 検索したときに邪魔だと感じたことが何度もありました。 普通のブログはほぼヒットしません。 いくらなんでも運営がスパムサイトを放置しすぎです。 それだけスパム的なSEO対策としては使いやすいのかもしれませんが、 人の気配がしません。 ドメインそのものがペナルティを受けるんじゃないかと思う汚染度。 ユーザビリティがひどかったので追記しました。 表示スピードが非常に遅いブログが多く、画像なし1000文字程度の記事で、5回計測したファーストビューまでの秒数が、30秒、28秒、11秒、11秒、11秒、というふうに、 速くても10秒以上かかっている状態でした。 (計測環境はiPhone 7、Safari、Wi-Fiで50Mbps、ネットが混まない15:00) 特定のブログだけかもしれないので、念のため無作為に Google検索からSeesaaブログを30個ほど開いてみましたが、すべて10秒~30秒くらいでした。 ただ、 上位のまとめサイトは1~3秒前後でページが表示されるので、何かしらの最適化をすれば高速化は可能かもしれません。 一般人ができる難易度かどうかはわかりませんが。 それと、スマホ表示の広告が大きく、「記事タイトル上」「記事タイトル下」「画面下オーバーレイ」の3つで ファーストビューが広告で埋まっていて、スクロールしないと本文が見えません。 さらに、ときどきページ移動の際に インタースティシャル広告(全画面広告)が表示されます。 インタースティシャルは2016年8月の時点ででもユーザビリティを下げる要因として言及され、順位を下げる可能性があると書かれています。 参考: このように、表示速度と広告によるユーザビリティ低下を考慮すると、普通の人にSeesaaブログの開設はおすすめできません。 gooブログ・exciteブログ・ココログ これらは、今まで紹介したブログよりもさらに検索でヒットすることが少なく、明らかにSEOに弱いもしくはしっかり書かれたブログが少ない印象。 ブログ初期の雰囲気が残っているものが多く、検索からアクセスというよりは、知っている者同士で交流しているブログがちらほら。 記事タイトルにはキーワードが含まれていないことが多く、アクセス数的にも、検索ユーザーの利便性から考えてももったいないと思うことがありました。 Google検索でヒットするとしたら、3ページ目以降でたまに見かける程度。 そもそもアクセス数が目的じゃなさそうなブログが多いから、当然っちゃ当然だけど。 ブログのSEOが弱いのか、単にユーザーが少ないだけなのかわかりませんが、見かける機会はほとんどありませんでした。 検索結果の5ページ目くらいまで掘っていけばヒットすることもありますが、その順位まで掘ると検索キーワードとの関連性が低くなるし、文字数は少なく、網羅性もほとんどありません。 無料ブログがサービス終了するリスク 無料ブログの注意点として、運営会社の勢いが落ちる可能性があります。 邪魔な広告が強制的に追加されたり、ブログサービス全体が順位低下するかもしれません。 無料ブログを利用する限り、そのような、自分の力の及ばない影響を受ける覚悟が必要です。 運営会社の業績が落ちれば、ブログサービスの質が良くても終了なんてことも十分にありえます。 もっともインパクトが大きかったのは、でしょう。 他社ブログへの移行ツールが提供されましたが、ドメインに蓄積されたGoogle検索の評価は引き継がれないし、はてブ数もリセットされてしまいます。 無料ブログに記事を書くなら、 すべてがゼロになるリスクが常にあります。 Googleアドセンスは独自ドメイン必須 本気でブログを運営して収益化したい人はすでに知っていると思いますが、 独自ドメインじゃないと、Googleアドセンスは申請すらできません。 hatenablog. livedoor. 無料ブログサービスでGoogleアドセンスを貼りたい場合は、はてなブログProのように、独自ドメインを適用できるオプションを使う必要があります。 収益化まで視野に入れている人は、無料で運営すると逆に損をする可能性があるので気をつけてください。 まとめ やっぱり無料ブログを新しく始めるとしたら はてなブログがもっとも環境が良いのかなと思います。 でも、そこまで気合いがあるなら独自ドメイン取って WordPressで運営するのもありかもしれません。 無料ブログサービスは運営会社の規約に違反すると警告なしに削除または非公開にされることがあり、アダルト・商用利用・アフィリエイトについては事前にルールを把握しておくことが重要です。 また、収益化を意識したときに、アドセンスだと独自ドメインが必要になるなど、結局は何かしらのランニングコストはかかってきます。 逆にWordPressは、無料ブログのように運営会社の影響を受けることがありませんが、言い換えると「自己責任」になるので、自分の設定ミスによってブログが見れなくなるなんてこともあります。 CSSやHTMLなど、多少プログラミング的な文字も理解できないと、WordPressの強みを最大限に発揮できないし、負担を感じてしまうでしょう。 どちらを選べば良いのか難しいですが、• 何でも自分で調べて解決する癖がついていて収益化も長期的にとことんやりたいならWordPress• ブログのカスタマイズよりも記事を書くことに集中したい人ははてなブログ って感じでしょうか。 ここらへんのバランスを書き始めると無限に書いてしまいそうです。 ブログ選び、難しいですね。 ーーー 関連: 関連: 参考: 関連:.

次の

アメブロはSEOに強い?それとも弱い?アメブロのメリットとデメリット|GoogleSEO対策・検索エンジン上位表示でアクセスアップ

アメブロ seo 弱い

アメブロでは信用と信頼をされる記事を書こう まず、導入文にも述べたとうり、アメブロではファンを獲得することが非常に大事になります。 なのであなたがすべきことはファンをどうやって獲得できるのかということになります。 結論から言うと、それはあなたが信用できると思われることです。 これができていないとあなたの記事は今後読まれにくいです。 なので信用と信頼をされる記事を書きましょう。 では、どういう記事が信頼と信用を生むのかということを解説していきます。 体験談 体験談を書きましょう。 あなたにしか体験できなかった経験はとても貴重な価値になります。 例えば、子供の子育て術もそうでしょう。 これからお母さんになる妊婦さんにとってはとても有益な情報になるのは間違いないです。 他にもあなたにしか経験できないことがあると思います。 それを書きましょう。 また、自分から目新しい経験をしにいくのも1つの手でしょう。 読者が知りたいこと 読者が知りたいことを書きましょう。 よくあるのは、日記を書いている人がいますが、正直あなたの日記は誰も必要としていないですし、有益な情報ではありません。 自己満足の情報でしかないのです。 なのであなたがやるべきことは読者が知りたい情報を出来る限り届けることもあります。 レビュー レビューをしましょう。 レビューとは商品だけではありません。 例えば、遊びに行った公園についてもレビューできます。 よくあるのは大手のECサイトでこの商品のレビューについてよく書かれていることがありますよね。 そのレビューを見ることによってさまざまな人が参考にして購入します。 つまり、誰かの役に立つ有益な情報になっているわけでもあります。 見られやすい記事にするための工夫 アイキャッチ画像を見やすく加工する アイキャッチ画像とはブログのタイトルの下に来る画像のことをいいます。 このアイキャッチ画像は記事を要約したところでも見られるのでできるのであれば、他の人が見て目に付くアイキャッチ画像にするといいでしょう。 Canvaという無料でできるデザインツールがあるのでそれを使用してみるのもいいでしょう。 タイトルを興味を引き立たせるように工夫する タイトルに興味を引き立たせるような文章を作りましょう。 よくあるのは、 今日は仕事でいいことを知れた、、、みたいなどうでもいいタイトルにする人がいますが、それでは誰も興味を引き付けられません。 なので、やるのであれば、 仕事に役立つ基本術10選のように興味のあるような文にしましょう。 特に数字や必見、初心者のような言葉を入れるとなおいいと思います。 まとめ ということで今回はアメブロで集客するために書くべき記事の内容について書きました。 よくあるのは日記になっていて誰も得をしない文章になっていることです。 やっぱり誰かに見られたいのであれば、あなたは有益な情報を届ける必要があります。 なので、出来る限り事細かな詳細を加えつつ、記事を写真などで分かりやすく加工するといいでしょう。

次の