日ハム 巨人 トレード。 日ハム藤岡、昨季に続くトレードで巨人へ「力になれずに申し訳ない気持ち」

藤浪晋太郎はなぜトレード・移籍の噂の理由!候補は巨人・日ハム・西武!

日ハム 巨人 トレード

デラロサに続く中継ぎの補強 交流戦を終え、リーグ戦再開を前にして巨人が緊急トレードを行った。 吉川、宇佐見と交換で獲得したのは、中継ぎ要員の藤岡と鍵谷。 中継ぎの補強が課題だった巨人と、捕手と投手の補強を目指していた日ハムの思惑が合致したことで、今回の1投手1捕手に対する2投手のトレードが成立したとみられる。 今回のトレードは補強第2弾となる。 巨人は中継ぎの補強としてダイヤモンドバックス3Aのルビー・デラロサ投手(30)を獲得。 6月22日にデラロサと合意に至ったことを発表した。 今回はこれに続く中継ぎの補強となり、5年ぶりの優勝に向ける原辰徳監督(60)の「本気度」がうかがえる。 エース菅野智之投手(29)の不振により、先発陣のコマ不足にあえぐ巨人だが、その一方で開幕から続く中継ぎ陣の不安定さは相変わらず。 6月21日のソフトバンク戦では、森福允彦投手(32)が満塁弾を浴び、この日マウンドに上がった宮国椋丞投手(27)、ライアン・クック投手(31)らも失点を記録。 22日には3人そろって出場選手登録を抹消され2軍降格となった。 「今の巨人で余裕があるのはキャッチャー陣... 」 右の宮国と左の森福、そしてクックの2軍落ち。 デラロサの獲得と右の鍵谷、左の藤岡の獲得は、補強というよりも降格した3人の補填のようなものだろう。 3投手の加入は確かに心強いものになるかもしれないが、補強という点においてはまだ完全ではないだろう。 在京球団の関係者は巨人の投手補強に関して「その次があるかもしれません」と指摘した上で次のように続けた。 「今回、3人の投手を獲得しましたが、デラロサに関しては肘のこともあり力は未知数です。 藤岡、鍵谷についても絶対的セットアッパーとは言えません。 優勝するためにはもう一つ上のクラスの投手が必要になってくる。 次にトレードがあるとすれば、ワンランク上の選手のトレードになるでしょう。 今の巨人で余裕があるのはキャッチャー陣。 炭谷、小林、大城がいて、宇佐見が抜けても若手の岸田がいます。 オリックスのようにキャッチャーをほしがっているチームはある。 条件さえ合えば可能性は十分あるでしょう」 リーグ首位の巨人は、交流戦最下位に終わった広島が調子を上げてくる前に首位固めに入りたいところ。 トレード締め切りまであと約1か月。 原巨人の補強第3弾はあるのか。 6月29日のヤクルト戦からリーグ戦が再開される。

次の

日ハム、巨人とのトレード成立を発表 1年で2度目のトレードとなった藤岡「力になれず申し訳ない」

日ハム 巨人 トレード

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] 時代は、のやに出場している。 この時のには、後にプロでチームメイトになる、がいた。 高校通算39本塁打を放ち、高校屈指の捕手と呼ばれた。 1998年ので、監督時代のからの外れ1位指名を受けて入団。 現時点まで(東映や日拓時代含め)日本ハム球団史上ただ一人の高卒ドラフト1位捕手である。 日本ハム時代 [ ] (1年目)は一軍出場なし。 監督1年目のに一軍昇格し、にも出場。 は課題の打撃向上へバットを少し寝かせるフォームに改造し、8月3日の戦にてプロ初本塁打を放つと、この3連戦中で4本のを打った。 同年は62試合に出場し、それまで捕手のレギュラーだったは閉幕前には外野を守るようになった。 は前年の活躍もあり開幕スタメンを果たし、野口は引き続き外野で起用された。 しかし打撃で結果を残せなかったためシーズン途中からは野口が捕手に戻り、實松との併用となった。 結局自己最多の82試合に出場したが、打率は. 129、1本塁打に留まった。 はキャンプ中に左手首を骨折し出遅れ、正捕手の座をに奪われた。 この年は前年にも増して打てず、92打数(102打席)で51三振を記録し、5月15日の対戦ではチームが19安打19得点を記録したにもかかわらず、實松は5打数0安打4三振、フィールドに唯一飛んだ打球は犠打失敗併殺打という有様であった。 しかし、この年打ったヒット9本中3本がホームランであり、「当たれば飛ぶ」長打力を秘めていた。 この頃はに挑戦するなど試行錯誤していた。 は高橋が規定打席に到達するなど成長したため、前年より出場機会が減少した。 この年のオフに結婚。 妻との間には男児2人と女児が1人いる。 は高橋が故障で長期離脱してとの併用という形で起用された。 、開幕直前の3月24日に、とのでとともにに移籍。 巨人時代 [ ] 2006年は、控え捕手として、同い年で同期のらとの競争となり、6月10日、正捕手のの故障による登録抹消をうけ、移籍後初の一軍登録。 即先発出場を果たし、阿部の故障中は加藤と日替わりでスタメン起用された。 シーズンは、一軍出場は4試合に留まった。 は、6月10日にからが移籍したこともあり、7試合の出場に留まった。 は正捕手の阿部や鶴岡が安定した活躍を見せたこともあり、リーグ3連覇と日本一を果たしたチームにあってルーキーイヤー以来10年ぶりの一軍出場なしに終わった。 は阿部の故障もあり久々の一軍出場とスタメン出場を果たしたが、2試合の出場に留まった。 打撃力不足から守備要員として第3もしくは第4捕手となり、ファームでも正捕手にはなどが起用され厳しい立場となった。 はから阿部が長期離脱し、さらに星がに金銭トレードで移籍したこともあって4月下旬に一軍登録されると、5月4日の対戦で途中出場し。 同点の9回裏に同学年のから自身初となるサヨナラ打(適時打)を放ち 、巨人移籍後初めてお立ち台に上がった。 8月6日の戦でから6年ぶり、移籍後初となる本塁打を打っている。 少ない打席ながら、移籍後では最高の打撃成績を記録した。 オフに背番号を 27に変更。 は鶴岡がFAでの古巣横浜への復帰、阿部の一塁起用などもあり、移籍後では最多となる58試合92打席に出場。 では負傷の阿部に代わって3試合中2試合でスタメン出場。 決勝戦では本塁打を放ち優勝に貢献した。 はの加入やの成長など競争が熾烈になり、はの加入により競争がさらに熾烈になり、14試合の出場にとどまった。 は、それまで正捕手だった阿部慎之助が一塁手転向したが、の加入や、小林の積極的な起用により22試合の出場にとどまった。 も出場は19試合にとどまる。 には小林の正捕手起用との打撃面での活躍もあって、守備固めもしくは代打での起用が中心となる。 出場は14試合にとどまった。 10月30日に戦力外通告を受けた。 日本ハム復帰 [ ] 2017年12月4日に北海道日本ハムファイターズに二軍育成コーチ兼捕手として復帰することが発表された。 年俸は1100万円(推定) で、背番号は 90。 7月6日に一軍登録され、翌7日にコーチ登録を抹消された これはベンチ入り出来るコーチが8人のため、実松がベンチに入ることにより一人押し出されるのを防ぐ措置。 は二軍育成コーチ兼捕手ということもあり、一軍出場は1試合にとどまった。 9月17日に現役引退を表明した。 9月23日、鎌ヶ谷でのイースタンリーグ巨人戦にて引退試合が行われた。 12月2日、自由契約公示された。 巨人復帰 [ ] 2019年10月29日に2020年から巨人へ復帰し、2軍バッテリーコーチに就任することが発表された。 2軍監督の阿部慎之助は2019年12月8日に行われた、札幌市内のチャリティートークショーにゲスト出演した際「實松だけは俺が監督に言って呼び寄せました」と述べている。 選手としての特徴 [ ] 配球への熱心な研究と投手の特徴を最大限に生かしたリードでチームを支える控え捕手。 人物 [ ] この選手の人物像に関する文献やが必要です。 ためにご協力をお願いします。 ( 2012年4月) 遠縁にがいる。 實松の日本ハム時代の背番号 40は入団前年まで山下がつけていた。 本拠地のデーゲームでは午前7時ごろに球場入りし、データ収集や準備を行うなど野球に取り組む姿勢もまじめで、若手からの相談も受けている。 詳細情報 [ ] 年度別打撃成績 [ ] 10 9 8 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 1 0 0 0 4 0. 125. 111. 125. 236 62 167 149 16 29 4 0 6 51 19 0 0 8 1 6 0 3 53 4. 195. 239. 342. 581 82 200 170 8 22 5 0 1 30 2 0 2 15 0 14 0 1 64 1. 129. 200. 176. 376 44 102 92 6 9 2 0 3 20 8 0 1 3 0 3 0 4 51 3. 098. 162. 217. 379 36 25 20 6 3 1 0 1 7 2 0 1 1 0 3 0 1 11 0. 150. 292. 350. 642 64 119 108 12 19 4 0 2 29 4 2 0 2 0 8 1 1 41 1. 176. 239. 269. 508 11 15 14 0 1 1 0 0 2 3 0 0 1 0 0 0 0 6 1. 071. 071. 143. 214 4 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0. 000. 000. 000. 000 7 6 5 0 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 3 0. 200. 200. 200. 400 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0. 000. 000. 000. 000 20 24 22 3 6 0 0 2 12 3 0 0 2 0 0 0 0 10 0. 273. 273. 545. 818 58 92 74 6 14 3 0 2 23 5 0 0 6 0 9 2 3 26 0. 189. 302. 311. 613 41 73 65 6 16 5 0 1 24 6 0 0 1 0 6 0 1 20 1. 246. 319. 369. 689 14 27 22 1 3 0 0 0 3 1 1 0 2 0 3 0 0 8 2. 136. 240. 136. 376 22 39 33 5 6 0 0 1 9 3 1 0 2 0 2 0 2 9 0. 182. 270. 273. 543 19 33 28 3 7 1 0 1 11 1 0 0 1 0 4 1 0 7 0. 250. 344. 393. 737 14 13 8 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 2 1 2 6 0. 000. 333. 000. 333 日本ハム 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ---- 5 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 000. 000. 000. 000 通算:19年 516 951 825 73 137 26 0 20 223 58 4 4 46 2 60 5 18 322 13. 166. 238. 270. 508• 2019年度シーズン終了時 年度別守備成績 [ ] 年 度 球 団 試 合 企 図 数 許 盗 塁 2000 日本ハム 8 19 0 0 1 1 1. 000 2 2 0. 000 2001 61 318 18 2 5 2. 994 21 14 7. 333 2002 82 415 36 5 5 3. 989 48 33 15. 313 2003 44 185 13 2 1 3. 990 16 9 7. 438 2004 34 83 8 0 1 3 1. 000 12 9 3. 250 2005 64 236 15 2 3 2. 992 29 20 9. 310 2006 巨人 11 32 2 0 1 0 1. 000 5 4 1. 200 2007 4 10 1 0 0 0 1. 000 1 0 1 1. 000 2008 6 19 2 0 0 0 1. 000 1 1 0. 000 2011 18 65 6 0 0 1 1. 000 2 2 0. 000 2012 53 199 25 2 2 1. 991 18 13 5. 278 2013 32 135 13 0 0 2 1. 000 16 9 7. 438 2014 13 60 3 2 0 0. 969 5 5 0. 000 2015 21 90 5 0 0 5 1. 000 8 7 1. 125 2016 19 75 10 0 1 0 1. 000 7 6 1. 143 2017 11 34 4 0 0 0 1. 000 2 2 0. 000 2018 日本ハム 1 0 0 0 0 0. --- 0 0 0. --- 2019 5 4 1 0 0 0 1. 000 2 1 1. 500 通算 487 1979 162 15 20 23. 993 195 137 58. 297• 2019年度シーズン終了時 記録 [ ]• 初出場:2000年5月20日、対7回戦()、9回裏にの代打で出場• 初打席:同上、9回裏にから三振• 初打点:2000年5月23日、対9回戦(東京ドーム)、8回裏にから左犠飛• 初安打:2000年8月6日、対21回戦()、4回裏にから右前安打• 初先発出場:2001年4月14日、対4回戦()、8番・で先発出場• 初本塁打:2001年8月3日、対福岡ダイエーホークス19回戦(東京ドーム)、4回裏にから右越2ラン• 初盗塁:2005年4月24日、対オリックス・バファローズ5回戦(東京ドーム)、3回表に二盗(投手:、捕手:) 背番号 [ ]• 40 (1999年 - 2005年)• 69 (2006年)• 53 (2007年 - 2011年)• 27 (2012年 - 2017年)• 90 (2018年 - 2019年)• 82 (2020年 - ) 登場曲 [ ]• 「道」EXILE(2011年)• 「Troublemaker」嵐(2012年)• 「合言葉~シャララ~」THEイナズマ戦隊(2013年)• 「CUT SOLO feat. HI-D」AK-69(2014年 - 2015年)• 「」(2016年)• 「ライオン」(2017年) 代表歴 [ ]• 脚注 [ ] [].

次の

日ハムと巨人のトレードって巨人が吉川が欲しいから日ハムに申し入れたんで...

日ハム 巨人 トレード

よく使えない太田とのトレードを日ハムが承知しました。 どう考えても巨人の得でしょう。 太田の悪いのは何でもくそボールでも振る。 それで三振です。 太田はこれが治らなければ終わりでしょう。 守備力を買われた訳ではないでしょう。 良く知りませんが太田は原の後輩です。 見る目が無いです。 よくよく見ればそういうバッターは普通はパスでしょう。 ご丁寧に55番まで与えてアホと違うか?これでは松井に失礼です。 今までどれだけいましたか。 長嶋2世,王2世. 本当の長嶋ニセです。 最近の長野を見ていると くそボールを振って三振するケースが増えてきています。 だから私からの提案 バッターボックスでは絶対打つな。 そういう監督からの指示です。 どちらが多いでしょう。 四球,死球と三振です。 こういうくそボール打つ選手にはそういう指示も必要なのではないでしょうか。 投手も相手が何を考えているか分からないので ビビります。 投げずらいでしょね。 まともに打てればこのような事はしないでしょう。 一番嫌な事は誰でもそうでしょうがくそボールを振って三振です。 それも1球だけでなく二球もです。 これはアホと言わずなんていうのでしょう。 見逃しの三振でもいいじゃないですか?野村さんがよく言われています。 頭を使え。 全くその通りです。

次の