昭和 温泉。 天然温泉 昭和温泉郷『湯楽里』

昭和時代、白浜温泉で最大級のホテルだった白浜御苑の昔 ユーカイリゾート

昭和 温泉

travel. rakuten. rakuten. travel. rakuten. travel. rakuten. main? rakuten. r10s. jpg• 基本情報• 住所 〒409-3864山梨県中巨摩郡昭和町押越2223• TEL 055-275-7755• FAX 055-275-7757• 交通アクセス JR身延線 国母駅より徒歩にて15分・タクシーにて5分/中央高速道路 甲府昭和I.Cより約10分• 駐車場 有り 40台 無料 予約不要• チェックイン 15:00 (最終チェックイン:24:00)• チェックアウト 10:00• 総部屋数 22室• 館内設備• 宴会場• コインランドリー 有料• 部屋設備・備品• テレビ• 冷蔵庫• 個別空調• 石鹸(固形)• ボディーソープ• ハミガキセット• タオル• バスタオル• 浴衣 その他設備・サービス• 食事場所• [朝食]• 食事処• [夕食]• 食事処• [種類] 大浴場 サウナ 天然温泉 水風呂• [泉質] ナトリウム炭酸水素塩泉 塩化物泉• [効能] 打ち身 関節痛 神経痛• カード• VISA• JCB• American Express• Diner's Club• NICOS• UFJ Card• Master Card• 楽天カード• デビットカード• 条件・注意事項• 入湯税が別途必要です。 (お一人様150円)• 和室ご予約3名様以上の場合は予約完了後、必ず施設にお電話にて予約確認いただきますようお願いいたします。 お部屋は全室禁煙となります。 (喫煙場所は、1階喫煙コーナーとなります)• キャンセルポリシー キャンセル料は以下の通り頂戴いたします。 当日 :宿泊料金の80% 前日 :宿泊料金の20%• 連絡なしの不泊について 不泊については以下の通り頂戴いたします。 その他• ご予約時にその人数をお知らせください。 (例:朝食希望 大人2人、子供1人)• (喫煙場所は、1階喫煙コーナーとなります).

次の

温泉法の概要 [温泉の保護と利用]

昭和 温泉

近隣の玉梨温泉に宿泊した時、温泉サイトでここの評価を見て、立ち寄り湯をしました。 入浴料金は500円でした。 現地は国道に面した入口から一段上がったところにあります。 大きな駐車場があり、周囲は森で囲まれています。 最近リニューアルされたばかりで、想像していたよりもずっときれいで立派な施設でした。 客室数は10室ですが、比較的安価で宿泊できるそうです。 浴室の大きさは10~12畳くらい。 浴槽は仕切りで大小2つに分けられていて、小さい方の浴槽に湯口が設けられています。 熱めの源泉(泉質名 ナトリウム-塩化物泉)は、オーバーフローと仕切り下の穴を通じて大きい浴槽に流れ込み、最後に外に掛け流されていました。 小さい方の浴槽の中には、茶色い湯の花が結構目立っていました。 成分分析表を見ると成分中にヒ素が含まれるため、飲泉許可は出ていないようです。 しかし、湯口から湧き出ている源泉は如何にも新鮮そうな感じだったので、あくまで自己責任で、少しだけ口に含んで味見してみました。 塩味と多少のえぐみがあって、冬場はよく暖まりそうな感じのお湯でした。 外の露天風呂は屋根付き。 サイズは小ぶりですが、こちらも完全掛け流しでした。 お湯の温度は内湯と比べるとややぬるめです。 周囲を塀で囲まれていますが、塀の上からは周辺の森を眺めることができます。 訪れたのが平日の午前中だったせいか、最初から最後まで貸切状態でした。 施設自体は新し過ぎて若干風情に欠けるきらいはありますが、お湯の方は利用状態も含めて極めて良好でした。 派手さは全く無くて存在も地味ですが、温泉好きの方がこの地を訪れたなら、ここを訪れない手は無いと思いました。

次の

【昭和温泉】アクセス・営業時間・料金情報

昭和 温泉

温泉法の概要 昭和23年法律第125号 最終改正:平成19年11月30日法律第121号 温泉を保護し、温泉の採取等に伴い発生する可燃性天然ガスによる災害を防止し、及び温泉の利用の適正を図り、もって公共の福祉の増進に寄与することを目的としています。 温泉の保護等 温泉の掘削等の許可制 温泉の掘削・増掘、動力の装置は、都道府県知事の許可が必要です。 (温泉のゆう出量・温度・成分に影響を及ぼすと認める場合、掘削等の方法が可燃性天然ガスによる災害の防止に関する技術基準に適合しない場合等は、不許可となります。 ) 温泉源保護の措置 都道府県知事は、必要があるときは温泉採取制限命令、他目的掘削の影響防止措置命令を行うことができます。 温泉の採取に伴う災害の防止 温泉の採取の許可制 温泉の採取は、都道府県知事の許可が必要です(可燃性天然ガスの濃度が災害防止措置を必要としないものとして都道府県知事の確認を受けた場合を除きます。 (温泉の採取のための施設の位置・構造・設備等が可燃性天然ガスによる災害の防止に関する技術基準に適合しない場合等は、不許可となります。 ) 温泉の利用 温泉の公共的利用の許可制 温泉を公共の浴用・飲用に供しようとする場合は、都道府県知事又は保健所設置市 区 長の許可が必要です。 (温泉の成分が衛生上有害であると認める場合等は、不許可となります。 ) 温泉の成分、禁忌症等の掲示 利用の許可を得た施設では、温泉の成分・禁忌症等の掲示が必要です(掲示は、登録分析機関の行う温泉成分分析の結果(10年に一度の定期的な分析を要する)に基づくことが必要です。 国民保養温泉地の指定 環境大臣は、温泉の公共的利用増進のための地域を指定することができます。 (*その他、都道府県知事等による許可の際の条件付与、報告徴収及び立入検査並びに罰則等の規定あり。

次の