シェフィールド u 対 アーセナル。 シェフィールドU対アーセナル

アーセナル対シェフィールドU

シェフィールド u 対 アーセナル

レポートを急いで書いてマッチレビューを書く時間を何とかして作れました 笑 あと、ひらがなにすると伸びるらしいからの名前ひらがなにしてみました 笑 というわけで(以下ブレイズ)戦の分析やっていきましょう。 ・試合概要 H 1-1 ・得点 45分マルティネッリ1-0 83分1-1フレック ・途中交代 74分エンケティアinラカゼットout ブレイズ 56分シャープinムセout 67分ロビンソンinランドストラムout 76分ベシッチinバシャムout ・ブレイズの狙い ブレイズは守備時は5-3-2で守り、特に前の3-2が中央を封鎖していました。 この3-2で中央に蓋をされたはビルドアップを阻害されてショートパスで前へ運べず長いボールを蹴らされたり無理な縦パスを通そうとしてひっかけてしまいそこからカウンターを浴びる展開でかなり苦しい前半を過ごしました。 ブレイズの攻めはシンプルで奪ったらサイドを駆け上がってクロスを入れるという形でした。 その証拠にこの試合のクロス本数上位3選手はいずれもブレイズの選手でした。 ですが、の2CBは空中戦の強さには定評があり、ここ弾き返していました。 ・ボール保持時3-3-4 いつもの攻め込んだ際3-2-5ではなく3-3-4 そこではボールを持ち、攻め込んだ際にはいつものようにジャカが左CBの位置に落ち、3バック化する手法を用います。 ですが今節は少しメズムが異なりました。 普段はコラシナツが相手の最終ラインやライン間(MFとDFラインの間)に位置取り3-2-5のような形で5レーンを埋める形でダビドルイスやジャカからのを引き出していました。 ですが、この試合サカは7そこまで大胆なポジショニングではなくサイドに張ってもMFの手前に位置取り3-3-4のような形を取っていました。 これがアルテタの指示なのかサカがコラシナツほど高い位置を取る勇気がなかったのかはわかりませんが、後方で数的優位を保てるようになりました。 また、マルティネッリ都の縦関係には可能性を感じるものがありました。 また、この日はが頻繁に左のハーフスペースに顔を出しサカ、マルティネッリとトライアングルを形成し、逆にラカゼットがビルドアップ時右よりで低い位置まで降りてくるシーンが目立ちました。 12分の右サイドでラカゼットが下りてきてペペが裏に飛び出してチャンスになったシーンのように機能していたのは評価できます しかし、やはりサカがライン間で受けてくれればという感じだったところで先制点が良い形で生まれます。 ・先制点 先制点のシーンはサカが高い位置で持ったところからに預けとラカゼットのワンツーでのスルーを受けたサカのクロスがディフレクションをしたところにマルティネッリが上手く詰めてゴール。 戦もそうですがこれは天性の嗅覚というべきでしょうか。 しかし、その前のとラカゼットのワンツーのように近い距離で連携を取れるとよりのアイディアが生かせますね。 しかし注目すべきはその前段階。 なかなかショートパスの連携で崩せない中、先制点の少し前あたりからブロックの外で回しながらやラカゼットへの楔のパスを狙い、ロストしても即時奪回し、ボール保持に繋げていました。 ブロックの外で回してるだけじゃ意味ないじゃんと思う方もいるかもしれませんがサカがMFの手前で受けるだけではその通りかもしれません。 ですが、そこからドリブルで仕掛けたりライン間で受けるようになったことで中盤3枚の間が空くようになり、5-3-2のブロックの中にパスを通しやすくなりました。 その後の即時奪回はの今のモチベーションを表しているような感じです。 ・後半になり改善した点と課題 前半も後半もブレイズは5-3-2でしっかり守り、特に後半はジャカとダビドルイスがボールを持つとプレッシャーが増しました。 一方ムスタフィがボールを持った際はある程度の持ち上がりを許したことからチームの約束事としてジャカ、ルイスは自由にさせないということがあったのでしょう。 のボールの供給源を理解した良い作戦だったと言えます。 結果は5-3-2で中央を封鎖されビルドアップを阻害され、効果鉄器な縦パスの供給源も封じられたことで苦し紛れのパスを出し、され危険なシーンが見受けられました。 しかし、この日はムスタフィが一味違いました。 空中戦では安定した強さを披露し、ミスも前半に1回あった位かなというくらいに安定しており、なによりえぐいくらいにきれいなサイドチェンジや縦パスを披露していました(毎試合これくらいのパフォーマンスを見せてくれるならレギュラーになれると思うんですけどね... 後半はショートパスにせず意図あるロングボールも使えていたことにより前半よりのペースで試合を運べたように映りました。 また、ブレイズがリードされて前からプレスに行かなければならない状況になったこともに有利に働いたでしょう。 しかし、この押し込んでる時間帯に追加点を奪えなかったはラカゼットが退いてエンケティアを投入したあたりから風向きが変わります。 近い時間帯にブレイズも選手交代をし4-3-1-2に変更していたようにも見えました。 これもブレイズ側に傾いた理由でしょう。 トレイラが蹴りだしたボールが相手に当たり自陣で相手にボールを渡した形になり、慌ててトレイラが飛び出すもかわされ、そのあとのスライドも追いつかずクロスを上げられ、最後はフレックが難しいボレーを決めて同点としてしまいます。 ・のこれからの課題 ・までボールを繋げない時どうするか 前半途中までがそうだったようににボールを繋げないと中々攻撃の幅が広がらないが、その後の時間は先制点や点にはつながらなかったもののマルティネッリへのスなどでのクリエイティビティやパスセンスでは頭一つ抜けておりがでボールを受けると期待感が違います。 ですので、に繋ぐための引き出しを増やすか、それ以外のでの崩しのバリエーションを増やすなどが必要でしょう。 ・自分たちの時間帯に追加点を奪えない 勝ちきれない原因の大部分を占めていますね。 こればかりは個人の技量や戦術の練度にかかってくるでしょう。 形はいろいろ作れているので最後の一押しが必要なのが現状です。 ・有効な交代策が打てない これはアルテタの問題というよりのの問題でしょう。 この試合交代カードを一つしか切っていません。 ですが、〇保監督と同じじゃないかと言ってはいけません。 あっちは打てる策があるのに打たないのであって、こちらは打てる策がないのが現実です。 同点にされる直前ゲンドゥージが準備をしていましたが同点にされこの交代カードは切られませんでした。 ゲンドゥージは人に強く行けるのと走れるので試合を終わらせるために投入したかってのでしょう。 また、エンケティアが悪いわけではありませんがその交代からプレスが聞きにくいのも事実です。 ラカゼット、 、 トレイラ、 ジャカ、 ダビドルイスとフィールドプレイヤーでセンターラインが替えの効かない存在でベンチに代わりになれる選手がいないので結果交代しないという策になってしまいます。 ・最後に アルテタ就任後公式戦2勝1敗3分と思うように行きませんが内容は明らかに向上しています。 ですので長い目で見ていきたいですね。 いずれ結果はついてくると思っています。 (あとは我々FAに嫌われてませんかね) ・雑記 ここからは試合とは関係なくで先日見かけた記事に関して思うところがあったので戦術どうのこうのと言ったところの自分の考えを書いていきます。 自分は今までゴールとかがボール持った時とか局面的にしか楽しめてませんでした。 そりゃあ戦術とか知らなかったら後方ンビルドアップの時間とかは魅力に欠けるでしょう。 ですが、戦術を知ると90分フルで楽しめます。 それはピッチで起きてることがどうしてそうなるのかに理由づけができるからだと思います。 現地ではそんな小難しい言葉が使われていないとありましたが、向こうは文化に根差しており経験と肌感覚でどうすればいいかが見えているのと現地のスタジアムなどで熱狂しながら見ていれば90分熱狂できるでしょう。 以前読んだウルトラスの体験記の記事を読んでいてもスタジアムと一体になり熱狂しているのが伝わりました。 ああいう楽しみ方も一つですし素直に憧れました。 その記事のリンクを貼っておきますので良ければ読んでみてください。 今日は長々とお付き合いいただいきありがとうございました。 次はンドンダービーのマッチレビューでお会いしましょう。 この記事は皆さんの拡散や口コミが大きな力であり、中の人のモチベーションにもつながるので拡散や感想楽しみにしています。 coffee20001113.

次の

アーセナルがシェフィールド・Uと対戦!今夜の注目試合まとめ(2019年10月21日)|BIGLOBEニュース

シェフィールド u 対 アーセナル

前半7分 ゴール!!!マルシャル(9)がゴールを決める。 前半44分 後半1分 選手交代、ムセ(22)がアウト、マクバーニー(9)がイン 後半1分 選手交代、ノーウッド(16)がアウト、ベルゲ(32)がイン 後半19分 選手交代、マクゴールドリック(17)がアウト、ツィブコビッチ(30)がイン 黄ショー(23)が警告を受ける 後半22分 ゴール!!!マルシャル(9)がゴールを決める。 海外サッカー 本田圭佑「言論の自由どこへ?」処分受けた監督擁護 []• ブンデス [6月28日 7:32]• オランダ [6月28日 6:50]• ブンデス [6月28日 0:23]• スペイン [6月27日 23:27]• スペイン [6月27日 23:08]• フランス [6月27日 18:38]• ブンデス [6月27日 18:38]• スペイン [6月27日 18:14]• 海外サッカー [6月27日 18:12]• プレミア [6月27日 11:59]• セリエA CロナPK決め3点絡む ユベントス快勝2位に4差 []• セリエA [6月27日 7:29]• セリエA [6月26日 13:49]• セリエA [6月25日 12:42]• セリエA [6月25日 8:56]• セリエA [6月25日 7:15]• セリエA [6月23日 18:00]• セリエA [6月23日 11:23]• セリエA [6月23日 8:47]• セリエA [6月23日 8:34]• セリエA [6月22日 9:57]• セリエA [6月22日 9:56]• セリエA [6月21日 8:47]• セリエA [6月20日 12:32]• セリエA [6月19日 12:38]• セリエA [6月18日 8:17]• ブンデス 鎌田2点に絡み白星締め 長谷部は手術で帰国 []• ブンデス [6月28日 7:32]• ブンデス [6月28日 0:23]• ブンデス [6月27日 18:38]• ブンデス [6月22日 13:46]• ブンデス [6月22日 10:53]• ブンデス [6月22日 10:08]• ブンデス [6月21日 12:16]• ブンデス [6月21日 8:47]• ブンデス [6月21日 7:56]• ブンデス [6月21日 1:23]• ブンデス [6月18日 10:25]• ブンデス [6月18日 9:29]• ブンデス [6月18日 7:26]• ブンデス [6月18日 7:26]• ブンデス [6月18日 6:18]• プレミア 南野V一夜明け「実感ない。 いずれ貢献して優勝を」 []• プレミア [6月27日 11:59]• プレミア [6月27日 10:01]• プレミア [6月27日 7:37]• プレミア [6月26日 18:00]• プレミア [6月26日 17:11]• プレミア [6月26日 11:43]• プレミア [6月26日 11:04]• プレミア [6月26日 10:37]• プレミア [6月26日 10:36]• プレミア [6月26日 9:17]• プレミア [6月26日 9:16]• プレミア [6月26日 8:48]• プレミア [6月26日 8:44]• プレミア [6月26日 8:07]• プレミア [6月26日 7:16]• スペイン 久保建英8戦連続フル出場も見せ場なくチームは敗戦 []• スペイン [6月27日 23:27]• スペイン [6月27日 23:08]• スペイン [6月27日 18:14]• スペイン [6月27日 11:05]• スペイン [6月26日 21:24]• スペイン [6月26日 21:15]• スペイン [6月26日 10:36]• スペイン [6月26日 8:57]• スペイン [6月26日 7:55]• スペイン [6月25日 20:28]• スペイン [6月25日 10:53]• スペイン [6月25日 10:52]• スペイン [6月25日 10:34]• スペイン [6月25日 9:04]• スペイン [6月25日 7:35]•

次の

マンチェスターU対シェフィールドU

シェフィールド u 対 アーセナル

順調に回復しており、すでにフル・トレーニングを再開している。 月曜日に行われるシェフィールド・U戦でスカッド入りするかの判断は近日中に行う。 プレー可能。 ホームでのスタンダール・リエージュ戦から変わらず。 11月中のフル・トレーニング復帰を目指す。 この試合で怪我人などは出ていない。 なお、代表招集された何名かの選手は金曜日まで戻らないため、戻り次第、月曜日の試合でプレー可能かを確認する。 我々の試合日程は自分たちで決められない。 土曜日〜月曜日まで試合が組まれる。 我々は月曜日にマン・U戦があったし、今度は同じく月曜日にシェフィールド戦がある。 我々としては明日の金曜日まで(代表招集された)多くの選手が戻って来ないこともあり、(月曜日に試合が組まれていることで)試合へ向けた準備を行う時間が多くなる。 そういう事情もあって、月曜日に試合が組まれる方がベターな場合もある。 我々は土曜日か日曜日に試合を行うことが殆どだが、この場合はどちらでも殆ど変わらないかな。 なぜなら、我々のメンタリティは日々行われる試合に可能な限り万全を期すことだからね。 次回の代表戦ウィーク明けは土曜日に試合が組まれている。 我々はリーグが決めた日程でプレーするための準備が出来ている。 」 シェフィールド・Uについて… 「監督も含めて彼らのパフォーマンスは素晴らしいし、シェフィールドの雰囲気も良い。 彼らはチャンピオンシップから昇格してきて多くの試合をこなしているが、シーズン開幕以来、素晴らしいパフォーマンスを披露していると思う。 彼らは難敵だ。 今シーズンからプレミアリーグでプレーするという事もあってモチベーションも高いしパフォーマンも良い。 また、彼らはサポーターの声援を受けて我々を猛烈にプッシュしてくると思われるが、私達も準備は整っているし試合へ向けて出来る限りの準備を行っている。 全ての試合が3Pを獲得するためのビッグ・チャレンジだからね。 我々としてもサポーターに素晴らしい90分間を披露して試合に勝ちたい。 」 代表招集された選手の怪我について… 「今日は彼が我々とのトレーニングに復帰した初日だ。 彼はトレーニングを順調に終えたし、怪我の回復具合も良好のようだ。 明日、再びトレーニングに参加する。 その上で判断するよ。 まず第一に、彼がトレーニングに復帰したことが重要なのだ。 彼がこのまま我々と一緒にいられるかはその次だ。 我々と一緒にトレーニングを行った次の日の状態はどうなのか、彼の足首に他の問題が起きていないかなどね。 ただ、彼がトレーニングに復帰し、月曜日の試合でプレー出来るかもしれないというのは我々にとってポジティブなことだよ。 90分間プレーする準備が出来ているのか、それともベンチからになるのかはまだ分からない。 今後数日中にその決断を下すことになるが、彼がトレーニングに復帰したことが何より重要なのだ。 」 ティアニーについて… 「エジルにとって今年は厳しいスタートになっている。 プレ・シーズンではよくハードワークをしていたし試合でも良いプレーを披露していたが、セアドと共にトラブルに巻き込まれてからそれが中断してしまった。 そのあと1週間ほど体調も崩しており、しっかりと自分の足元を見つめ直すためのトレーニングもたくさん休んだ。 しかしながら、ここ2〜3週間は我々とのトレーニングで改善が見られるし、良い感じで取り組めている様に見える。 彼が必ずプレーするという約束はできない。 なぜなら、彼にその準備ができているかを確認したいからだ。 日々のトレーニングで状態の良さを見せてくれれば、彼もプレーすることが出来るだろう。 全ての選手をフル活用してプレーさせるというのが私のアイディアだし、彼もそのスカッドの一員だ。 彼は非常に素晴らしいスキルの持ち主であり、次の試合で我々が必要とするクォリティもある。 彼が日々のトレーニングで改善し続けていることに私も満足している。 」 監督は以前、エジルよりも他の選手の方がプレーするのに相応しいと言っていたが….

次の