プラス ティ ネーション。 花澤香菜 星空☆ディスティネーション 歌詞&動画視聴

プラスティネーション標本

プラス ティ ネーション

生き物は死ぬと、速やかに腐敗し始める。 宗教上の理由などから死体を保存したいと考えて来た人類は、様々な方法を研究、発見してきた。 もっとも古くからある技術は、ミイラ化することだ。 ミイラ化は、言い換えれば脱水保存で、現在のフリーズドライ食品などは食品のミイラ化である。 ミイラ化の利点としては、その保存が比較的容易であることだ。 乾燥状態さえ保てば数千年の保存が可能である事は歴史が証明している。 乾燥させない保存方法として、思い浮かぶのは、ホルマリンなどの溶液につけ込む液浸標本だろう。 これは、ホルマリンによって体のタンパク質を変質させ腐敗を止め、乾燥しないようにアルコールなどに浸すもので、組織が液体を保っているという意味で、ミイラ化と反対を行く方法と言える。 しかしこれは、標本の管理に手間がかかる。 これらの死体保存方法に共通していることは、体内の水分を除くというもので、つまりは、生きている間は欠かせない水分が、死んだ後は腐敗を呼ぶ要因ともなるのだ。 ミイラ化は、単純に水を抜く方法で、液浸標本は水の代わりにアルコールなどを浸透させるのである。 ミイラはそのまま置いておけ、液浸は形を保っている。 この両者の長所を合わせたような標本技術が、だ。 つまり、体内の水分をシリコーンに置き換えて、それを硬化させることで、外に置いておけ、形も保ったままにすることが可能になった。 この方法を考え、特許を取り、世界に広げたのがドイツのハーゲンス博士だ。 彼は、その技術を用いて人体標本を数多く作成し、その展覧会を世界中で開催して成功させた。 当然ながら倫理面で大きな物議を醸してもいる。 その理由の一つとして、その標本達のポーズがある。 彼らは、実にアクティブだ。 バスケットをしていたりチェスを指していたり、ダンスをしたり。 そうしながら、内臓を晒し、胎内の赤ちゃんを見せている。 ハーゲンス博士はいつもハットを被っている。 その姿から、ドイツのカリスマ的アーティストのボイスを意識しているのではないかとも言われる。 それが正しいかは分からないが、前衛的であることは確かだ。 死体にあのようなポーズを取らせ、切り刻んで見せるという、そのアイデアと実行力は、ドイツだから出来たというのもあろうが、ドイツでも良く出来たとも言えるだろう。 その標本達—かつては生きていた人たち—は、その生き生きとした姿勢によって、私たちが持つ死のイメージから免れさせられている。 腐らず、動いているのだ。 腐らずに永遠に存在し続け、その形に「命」を宿らせたい。 この欲求こそが、芸術の根源にあり、それを立体—つまりより実際に近い—に表したのが彫刻だ。 もちろん、石材やブロンズに命はない。 だから、その姿勢に命を感じさせるようにさせた。 私たちはその姿勢に永遠の命を見る。 作品に感情移入するには、それが相応に現実味を持っていなければならないという要求から、芸術家は解剖学を取り入れ、内部構造を正確に表そうとした。 ハーゲンス博士がここに表したものでは、作家は内部構造に苦心する必要は無いが、生き生きとした姿勢を取らせ、命を感じさせようとしている。 この意味において、これらは従来の芸術の列に乗っていると言える。 しかし、元来が無生命(木材もここではそう考える)である素材から作られた彫刻とは違い、標本達の存在は、かつて生きていたという絶対的事実を強調し続けるのだ。 生き生きさせるほどに際立つ死がそこにある。 その意味では、これらは芸術とは違う、生命を直に手触りしているような違和感が感じられる。 死体をいじるという行為への潜在的嫌悪感もあるのか、倫理的問題からの逃避があるのか、芸術系のメディアでは、ハーゲンス博士の仕事が取り上げられる事はほとんどない。 芸術のテーマは、人類の起源からいままで、手を変え品を変えつつも常に「いのち」に関係している。 にも関わらず、あまりに直接的にそこに触れられると、少し尻込みしてしまう。 死に直接触れるのには芸術家はナイーブ過ぎるのだろうか。 また、プラスティネーション標本は、立体として存在しているものの、それを彫刻とは呼べない。 彼らは、言わば、彫刻を模しているのだ。 彫刻のやり方に沿って存在している標本とも呼べるだろう。 細かく見れば、標本の筋は弛緩しているので生体のような収縮による緊張も見られない。 彫刻家が操る、動きに伴った量の移動なども表現出来ない。 まず体ありきである故に、表現に規制があるのだ。 プラスティネーションが芸術として見られるならば、これは壮大なコンセプチュアル・アートに区分けされるだろう。 体、個の人生、医学、芸術、それらを取り込んで、考えさせる門を開いているのである。 ともあれ、立ち上がり再び芸術に向かって振り返っているような標本たちは、人体観の新しいマイルストーンとして、歴史に刻まれたことは間違いない。

次の

人体の不思議展

プラス ティ ネーション

概要 [編集 ] 身体を構成しているとをプラスチックなどのに置き換え、レベルでの組織の構成をほとんど保ったまま、素手で触れることができ、を起こしたりを発生させたりすることもない標本を作り出すことができる。 こうした、生物組織の水分や脂肪球などの部分をに置換する技術そのものは、生物組織を硬化させた後にと呼ばれる状の機械によって削られた薄い切片を観察用標本(プレパラート)とするための技術として生まれ、古くから今日まで用いられているパラフィン切片法やセロイジン切片法から、さらには透過型電子顕微鏡による観察用に開発され、光学顕微鏡用にも転用されているなどのプラスチックによる樹脂切片法へ発展している。 この樹脂置換による顕微鏡用切片作成技術が、個体あるいは丸ごとの標本作製技法に発展したのがこのプラスティネーション技術であり、遺体や死体を解剖学用の標本としたり展示会で用いたりするために用いられている。 プラスティネーションの技術は、・のにより、に生み出された。 ハーゲンスは数か国でプラスティネーション技術のを取得し、その技術を紹介するべく、プラスティネーション処理を施された人体を展示する「 」を1995年より世界各国で開催してきた。 日本では1995年開催の『人体の世界』(国立科学博物館特別展) 、1996-1998年開催された『』にも関与した。 ハーゲンスはまた、大学のあるに「プラスティネーション協会」を設立し、指導・監督に当たっている。 プロセス [編集 ] プラスティネーション処理の過程は以下の通りである。 前提として、の始まる前(死後約2時間)に加工を開始する必要があり、弓を引く・トランプをするなどのポーズをとらせる場合も、死後速やかに遺体をポージングさせる必要がある。 プロセス9。 真空ポンプで負圧をかける• ホルマリン処理の済んだ遺体を氷点下25度に冷却したなどのに浸して密封し、冷凍置換で水分と脂肪分を抜いていく。 完全に脱水と脱脂が進んだ段階で常温のアセトンに移し、温度を常温にまで戻す。 処理が済んだ遺体が常温にまで戻ったら溶媒の中から取り出し、・・などの液体で満たされた浴槽に入れ、1日漬け込む。 樹脂が染込んだら硬化剤を加えてさらに2週間漬け込む。 シリコンが十分に浸透した遺体を密閉した容器の中に入れて1か月程度、で負圧をかける。 この過程で細胞膜内に残っていたアセトンまで完全に気化し、組織に樹脂成分が浸透する。 容器から遺体を取り出し、余分な樹脂を取り除いて珪酸ソーダを噴霧しながら3日ほど常温で乾燥させると、標本が完成する。 出典 [編集 ].

次の

ムービープラス 映画専門チャンネル

プラス ティ ネーション

プラスティネーション Plastination とは、人間や動物の遺体または遺体の一部(内臓など)に含まれる水分と脂肪分をプラスチックなどの合成樹脂に置き換えることでそれを保存可能にする技術のことです。 プラスティネーションの技術は、ドイツ・ハイデルベルク大学のグンター・フォン・ハーゲンスにより、1978年に生み出された。 ハーゲンスは数ヶ国でプラスティネーション技術の特許を取得し、その技術を紹介するべく、プラスティネーション処理を施された人体を展示する「BODY WORLDS」を1995年より世界各国で開催してきました。 『人体の不思議展』と言えば分かる人も多いかと思いますが、日本で1996-1998年開催された『人体の不思議展』にも関与したそうです。 そんなグンター・フォン・ハーゲンスが今年4月15日からケルンの動物園で行っっている「BODY WORLDS」の展示の様子です。 ラクダ 多少グロテスクなので閲覧には注意してください Sponsored Links 90年代までは小動物などに用いられてきた技術でしたが、技術が確立したため大型の動物などにもプラスティネーションを施すことができるようになったそうです。 しかし、この技術には手間がかかるそうで、キリンには3年の歳月を費やし、象には64000時間を要したそうです。 また、人間のプラスティネーションなどによって倫理的な論争を起こすなどしていますが、50以上の都市で『人体の不思議展』を開催しているそうです。 20の動物を展示しているケルンでの展示会は2011年9月の終わりまで開かれる予定です。 牛 ゴリラ ヒグマ サメとグンター・フォン・ハーゲンスの妻 ゾウ(体重3. 2トン)とグンター・フォン・ハーゲンス(左)と妻 去年の展示会 ゾウ 馬 2010年6月にメルボルンで開催された動物の展覧会のボディ世界選手権 犬 Sponsored Links• アーカイブ• 109• 120• 124• 112• 124• 124• 120• 124• 120• 124• 124• 120• 124• 120• 124• 115• 124• 124• 120• 124• 119• 124• 124• 118• 164• 175• 183• 166• 187• 186• 180• 185• 176• 186• 186• 179• 186• 180• 184• 168• 186• 185• 180• 187• 181• 186• 185• 179• 261• 299• 288• 316• 366• 365• 341• 339• 351• 435• 474• 437• 428• 365• 367• 325• 312• 314• 295• 302• 310• 275• 253• 255• 240• カテゴリー• 免責事項.

次の