スケール 除去 剤。 ダイナミックデスケーラー(スケール除去液)

【楽天市場】浴室ガラス 鏡のスケール除去剤 グラスパワー 200g 【北海道・沖縄・離島配送不可】:キャンペーン365

スケール 除去 剤

スケールは、とりわけ工場において深刻な影響を与える問題です。 食品工場では品質に問題が生じてしまいますし、地下水を利用する水の循環施設の場合には特に対策が必要になります。 ボイラ施設では熱効率の低下や燃料ロスを招きます。 ほとんどの製造現場では、スケールの堆積による稼働率の大幅な低下、メンテナンスの手間と費用に頭をかかえています。 水のpHを10以下にすればスケールの発生を抑えられることから、ph調整剤や脱酸素剤が「スケール除去剤」として使用されますが、脱酸素剤には健康被害の恐れがあります。 白錆とも呼ばれるスケール障害で無駄なコストや大きな問題を引き起こしてしまう前に、安全かつ効率のいいスケール対策を実行しましょう。 都市拡業では、スケール対策にセラミック水改質装置「ザ・バイオウォーター」の設置を推奨しています。 炭酸カルシウムやシリカ(二酸化ケイ素)が固着してできるスケールに対し、バイオウォーターの改質水がどのようにはたらくのかを解説します。 炭酸カルシウム シリカ(二酸化ケイ素) 水中の二酸化炭素がカルシウムイオンと化合し、炭酸カルシウムの結晶化が進みます。 シリカはゲル状の被膜を形成し、徐々に堆積して強固なスケールとなって固着します。 ザ・バイオウォーターを設置すると… 改質水においては、とけ込んでいた気体が気化しにくくなります。 また、スケールとして付着している炭酸カルシウムが、水中の二酸化炭素と化合・反応して水溶性の重炭酸カルシウムになります。 そのため、容易に剥離します。 そのためシリカの堆積やスケールの付着が起こりにくくなります。 都市拡業では、給水管を通る水をお送りいただくだけでスケール対策が可能か否かを見極めるラボ診断を行っています。 スケール対策の第一歩としてお役立てください。

次の

ボイラで発生する障害 ースケール障害一|水処理に関するご相談は【栗田工業】

スケール 除去 剤

そもそもスケールとは何ぞや? 口で説明するより見てもらった方が早いですね。 こんなヤツや、 こ~~~~んなのとか こんなヤツです。 でね、この白い奴は市販のお風呂用洗剤では基本的に取れないんです。 「じゃあそんな汚れが付かないように毎日掃除すればいいんじゃない?」 なんて言われそうですが、 毎日キレイにお掃除していても必ず付きます!逆にきれいな状態を維持すればするほど手ごわいスケールが付くのです。 (これに関しては時期が来ましたら詳しくご説明したいと思います。 ) ようは水を使用する場所には必ず付着していくのがこのスケールであり、これを落とすにはそれ専用の洗浄剤を使用するか、もしくは研磨してしまうしかないのですね。 研磨と洗浄剤どっちが良いの? 研磨とはこのスケールを削って落とす方法です。 お風呂の鏡で考えるならば、ダイヤモンドパッドとかで磨いてうろこ状のスケールを落としたりする方法ですが、現代はこれが一般的でしょうね。 もちろんそれが得意なプロの方においては綺麗に仕上がるのでしょうが、一般の奥様方におかれては仕上がった後に細かな傷がついていた…。 なんてこともあるのがこのダイヤモンドパッドだと思います。 それでは洗浄剤だけで落とす方法とは? これは清掃業者さんたちに鏡を研磨することが流行る以前の方法は、 こういった製品を使って こうやって落としていたわけです。 (古い資料を整理していたら20年近く前の写真が出てきましたので掲載しました。 一番上のタイルに置いてある写真は最近撮影。 ) こうやってこの程度の鏡でしたら全工程3分以内、鏡に洗浄剤を塗布している時間は30秒以内という猛スピードで仕上げていたわけです。 それでも仕上がりは こんな状態が こうやってきれいになってしまうわけです。 もちろん傷は一切入ってません。 っていうか、傷が入る要因はないわけです。 洗浄力だけで作業しているのですから…。 ただし、このやり方の一番怖いところは、ノロノロと作業していると鏡自体を溶かしてしまい…、 こうなっちゃうことなんです。 鏡にシミが出来てしまうのですね。 (このシミは私が作ったものではなく、以前の業者がつけてしまったものです。 ) まぁ好みは色々とあるのでしょうが、 素材に傷をつけたくないなら極力研磨は控えて洗浄力をもって落とすという方法を考えていった方が良いのではないかと私は思います。 ただ厄介なのが、このスケールを溶かす洗浄剤というのがあまり存在しないのです。 スーパーやホームセンターで手に入るスケールに有効な洗剤 このスケールを溶かす可能性があり、皆さんが普通にスーパーやホームセンターで買えるのはクエン酸とサンポールくらいだと思います。 先日の動画の現場も基本的にこの2つでスケールには対処しました。 (一部ケミカル商品を使用していますが、それも基本的にはこの2つの成分の範囲を超えるものではありません。 ) ただ、あの動画にはカットした部分があります。 クエン酸水とバスマッジクリンをつけ置きしたのちに床を洗い流していますが、茶色いスケールが残っていたのに気づかれた方は多いかと思います。 ここから40秒あたりくらいまでの間に確認できる茶色い汚れです。 このスケールをその後に一枚刃(スクレーパー)で素材に傷をつけないよう削りながら、サンポールでスケールを溶かしつつ、更に床材を傷つけない程度のナイロンタワシでこすり洗いしていたのですね。 所要時間は1時間ほど…。 そんなもの動画に撮っている訳にもいかないのでカットして終わりにつなげてしまったのですが…。 仕上がりの状態を見て頂ければ、これらでも時間さえかければ何とかなるというのが分かって頂けるとは思うのですが、いかんせん時間がかかりすぎますし、私だから1時間で済みましたが、奥様方でしたら一日仕事…、もしかすると数日間の大仕事になってしまうかもしれません。 いかにスケールに焦点をあてた洗浄剤が市販されていないかということはこれでお分かりいただけたかと思います。 そんな中だからこそ「茂木和哉」の存在がひときわ際立ってくるのです。 スケールを溶かしながら研磨するのが「茂木和哉」 先に「 素材に傷をつけたくないなら極力研磨は控えて洗浄力をもって落とすという方法を考えていった方が良いのではないか」と私は述べました。 それを実際に世に出したのが「茂木和哉」だと思います。 研磨力はダイヤモンドパッドの方が上だと感じるのですが、研磨剤はギリギリの線まで抑え、その分を洗浄力で補い事故の可能性を無くし、かつ作業時間の短縮も図ったという製品だと思うのです。 この考え方は実は鏡だけではなく、他の部分に付いてしまったスケールの除去にも有効な方程式なんです。 長くなってしまいましたので続きは次回に譲りますが、 最後にこの考え方を具体的に動画にしてみました。 「茂木和哉」を簡単にパワーアップさせる方法です。 清掃業者さんは簡単に手に入るものですので、ぜひやってみて下さい。 っていうか皆さん既にやってはいると思うのですが…。 (動画の最後の水拭き乾拭きは本来であればスクィージとファイバークロスあたりでサラッとやればそれらしかったのですが、車に積んでしまった後で撮影しましたものでプロらしからぬ映像になっていますが御勘弁ください。 ) タイム的にはフッ酸の2倍かかってますが、これだけ安全でこれしか時間がかからないなら迷う余地は無いと思います。 なお、清掃業の方に於かれては手に入るものではありますが、レブライト等のフッ酸を過去に使用して鏡を洗浄した経験があり、事故を起こさないだけの自信のある方のみにして下さい。 ちなみに上記動画のデータ-は以下の通りです。 平成15年築マンションユニットバス(築14年ほど) 鏡交換歴無し 過去にダイヤモンドパッド等の研磨歴あり 瞬間水あかクリーナー 2倍希釈 部材への瞬間水あかクリーナー接触時間6分 水養生等無し 清掃後水拭き乾拭きのみ(水洗い無し) 施工10日経過後確認、クモリ 変色一切無し(鏡の留め具にもサビ・変色の異常なし) フッ酸による洗浄経験者の方は上記動画に垣間見える鏡の状況及び上記データ-のみで違いは御理解いただけるものと思います。 tareo様 お返事が遅くなり申し訳ありません。 お問い合わせの件ですが製造販売者の茂木和哉さんに直接お聞きしましたところ、たしかに瞬間水あかクリーナーの後継商品は現在「青鬼」として販売しておりますが、基本的に清掃業者以外への販売はしていないとのことです。 身分を偽ってネット購入をすれば手にすることも出来ますが、その後の事故までも保証はしかねるゆえ販売者としては清掃業者以外には売りたくないというのが本音のようです。 実際に私も瞬間水あかクリーナーを現場で何度も使用してはおりますが、その鏡の状態や使用環境、製品の品質の相違により仕上がりには結構ばらつきが生じます。 またどんなに希釈して注意を払ったとしても酸焼けの事故を100%回避するのは非常に難しいものです。 世間では水垢除去に「フッ化アンモ」を使用するのがここ数年の流行りのようで、水垢落としを謳った製品の多くには「フッ化アンモ」が含有されている物が最近は多く出回っております。 しかしながら「フッ化アンモ」はその濃度やオープンタイム(漬けおき時間)によって酸焼けはもちろんのこと、いとも簡単に塗装を剥がしてしまったりして大変な事故を引き起こしてしまいます。 ゆえに一般の方は極力フッ化アンモを含んでいる洗剤は使用しない方がベターだと私は考えます。 鏡の酸焼けを起こしたくないならクエン酸やリン酸、もしくはスルファミン酸を主成分とする洗剤と鏡を傷つけない粒度の研磨剤のみで作業するべきかと思います。 最後にフッ化アンモを使用した際の大惨事を写真で添付いたします。 これは洗面化粧台の鏡ですが表面に曇り止めの加工が為されています。 そこにフッ化アンモ含有の洗剤(瞬間水あかクリーナーではありませんが、それに近い成分です)をかけてしまいコーティングが一気に剥がれおちてしまった瞬間です。 お風呂の鏡では同様の現象は起きにくいですが、逆に酸焼けのボケはかなりの頻度で発生します。 それでもやるというのなら私は止めませんが、すべては自己責任にてお願いします。 最近の投稿• 最近のコメント• に TETSURO より• に 匿名 より• に TETSURO より• に TETSURO より• に TETSURO より• に TETSURO より• に TETSURO より• に 匿名 より• に TETSURO より• に TETSURO より• に teinenpipipi より• に うーえだ より• に TETSURO より• に teinenpi より• に TETSURO より アーカイブ• 3 カテゴリー•

次の

ダイナミックデスケーラー(スケール除去液)

スケール 除去 剤

ガラスコーティングの必需品!? 姫路市から神戸市で活動中の 洗車・高級ワックス施工専門店 ディティールウォッシュ関西です! 今回は、 ガラスコーティングに必要不可欠な?雨染みを除去するための酸性クリーナー、イオンデポジット除去剤についてのご紹介です。 2020年4月17日追記 まず最初に、フッ酸についてネットで調べてみて下さい。 どれくらい危険なのか?ご確認頂けるかと思います。 その後、当記事をお読み頂ければと思います。 気軽に購入出来るけど非常に危険なものもある酸性クリーナー(スケール除去剤、雨染み除去剤、イオンデポジット除去剤))、、、。 人体に害もある、ガラスを溶かすなどのリスクもある酸性クリーナーなので、今回は参考になるように酸性クリーナーについて色々みていきたいと思います。 なぜ?酸性クリーナー(イオンデポジット除去剤)は必要なのか? 車にコーティングを施工しても必ず出来てしまう汚れが、ボディの雨染み、イオンデポジットの汚れです。 ボディの汚れと水分(雨、夜露、水道水など)が混ざり乾燥時に出来るシミです。 特に最近、 主流である硬化するコーティング、ガラスコーティングの場合には雨染みが出来やすい、固着し易い特徴がありガラスコーティング施工後、雨染み除去を適切に行わなければ、コーティング効果の低下、美観の低下に繋がるため車のコーティングにおいては雨染み除去は必要不可欠で、よく 用いられる 、効率よく雨染み成分を除去できるのが酸を用いた酸性クリーナーなのです。 雨染みの正体は? 雨染みと当店では分かりやすいので使用しておりますが、実は綺麗なボディに雨が降って乾いてもそんな酷いシミにはなりません^^; 雨も完全に不純物が無い訳ではないですが、ほぼ純水に近いような水分のため、綺麗なボディに雨が降って乾いてもシミにはなりにくいのです。 ただし、ボディに汚れ(砂埃、花粉、黄砂、排気ガス、その他汚れ)が付いていて雨と一緒になると、、、雨+汚れ=汚水となり、これが乾燥することでシミになります。 そして水分中のミネラル分が凝固し出来る輪っか状の雨染み、イオンデポジットということです。 シリカスケールとは? 雨染みとも言いますし、イオンデポジットなどとも言いますし、最近では、シリカスケールとも言われます^^業者間ではシリカスケールと呼ぶことが多いです。 シリカスケールとは、水分に含まれる硬さを持つ成分のケイ素が、空気と触れる、蒸発などを繰り返すことで出来るシミのことで、よく言われる雨染みの別名です^^ ガラスコーティングの場合、ガラスコーティング層の成分と、水分の成分であるケイ素が含まれており非常に強固に結びついてしまいます。 シリカスケール(雨染み)が固着しにくいコーティングは、ワックスやポリマーコーティングとなります。 全く雨染みが出来ない訳ではありませんが、強固に固着することは抑えれる傾向があるので、雨染みを気にされる、雨染みが出来やすい環境の場合には、ポリマーやワックスが効果的です。 雨染み(シリカスケール)を除去する方法は? 雨染み(ケイ素の汚れ)が出来てしまった場合には、シャンプーや水洗い洗車では中々除去できるものではありません。 発生直後であればギリギリ可能な場合もあります。 そんな場合には、 分解除去による洗浄が一般的です。 除去の場合には、 酸の力を借りるのですが酸と言っても非常に強い塩酸や硫酸ではケイ素は除去出来なく、雨染みの除去には ・フッ酸(フッ化水素酸)、フッ化アンモニウム等での洗浄 ・シリカスケールより硬度が高いものでの研磨 の2つしかありません。 酸であれば何でも綺麗に出来そうですが、塩酸や硫酸などではシリカスケール(雨染み、イオンデポジット)は分解、除去することが出来ず、フッ酸または、フッ化アンモニウムなどでしか反応せず分解除去、綺麗にすることは出来ません。 フッ化系のこわいところ フッ化系の酸、特にフッ酸を含むスケール除去剤・雨染み除去剤は濃度が薄いものでも長く使えば中毒症状(目、呼吸器、歯、骨、皮膚など)が心配されます。 現在市販されている雨染み除去剤(スケール除去剤、酸性クリーナー)でも濃度は薄いですが、フッ酸が含まれている商品が当たり前に販売されており非常に危険です。 分からない場合には弊社までお問合せ頂ければデータがあるものであれば回答いたします。 気になる事 最近、市販でも気軽に購入できる酸性クリーナー。 ケイ素(シリカ)を溶解、分解除去出来る酸は、 フッ化物系の酸だけで、フッ酸が使用されているものも確認しております。 プロがリスクを理解し使用法などを守り使用するのは問題ないと言えますが、一般の方がリスクを知らず、効能だけに注視し使用してしまっている現状があります。 ネットで一般の方が購入できるようになってまだ日は浅いです。 フッ酸を含む溶剤は、掃除業で昔から使われて来ましたが自動車業界で一般の方が簡単に変える使えるようになってからまだ日は経っておらず、この先どのようなリスクが実際に起こるか?まだ分からない点が非常に気になるところです。 雨染み除去ですが、リスクのあることなので心配な場合にはプロに任せましょう^^ ネット検索でもフッ酸が使われておりガラスまで溶かしたなど事例をアップしている方もおられますが、雨染み除去、酸性クリーナーは使用リスクの大きいものもあることを覚えておく必要があります。 弊社の雨染み除去剤は? 弊社では、フッ酸を含むものを使用する場合もありますが、基本的にはフッ酸より危険度の低い、酸性フッ化アンモニウム4%以下と中性フッ化アンモニウムを使用した溶剤を使用し出来るだけ人体にも影響が少ないものを採用しております。 また、軽度のシミであれば素手でも除去出来る溶剤もあります。 比較的新しいシミであればスッキリと除去が可能です。 一番の対策はなに? 危険なリスクのある雨染み除去剤(スケール除去剤、酸性クリーナー)を使わないで良いように維持するのが一番です^^ もちろん、完全に雨染みが0に出来るコーティングは存在しないのですが、大幅に雨染みが出来にくくする方法はあります。 それは高級ワックス、天然ワックスを使用したコーティング、塗装保護です。 一番の対策としては、ガラスコーティング施工車でも使用できるワックスで愛車を保護する、現在のコーティングの上に犠牲膜としてワックスを施工することです。 たったワックスの層だけですが、シミを抑えることができ、酸性クリーナーの必要性も低くなります。 是非、一度、高級ワックスをご検討頂ければと思います。 ワックスについては、下記にいろいろとまとめております^^ 電話又は、予約フォームよりご予約をお願いいたします。 電話: 受付時間:9:00~18:00 作業中等で出れない場合がございますが、着信がれば折り返しご連絡いたします。

次の