仕事 飽きた 1年。 【要注意】あなたが仕事に飽きる理由と利点【対策あり】

仕事に飽きた、つまらないから辞めるのは立派な理由!でもその前に考えたいこと

仕事 飽きた 1年

もう会社行きたくないなー」 って思ってますか? 仕事って、飽きますよね。 あ、飽きてない? じゃあなんでこの記事見てるんですか!笑 僕は仕事、飽きますよ。 それも何度も何度も飽きてます。 その度にやる気がなくなって、仕事がいい加減になっちゃって、周囲に迷惑かけて。。。 でも何とか対処していままで仕事を続けてきています。 いまもしあなたが 「仕事、飽きた。 つまらない。 辞めたい。 」 と考えているとしたら、僕はそれは立派な(?)退職の理由になると思います。 でも、だからと言ってすぐに辞めてしまうのはちょっと考えものですよね。 20代前半なら早すぎる退職は履歴書を汚します。 30代ならその後のキャリアを考えて辞めないと詰みます。 40代なら就職先はホントに少なくなるので、それまでの準備が大事。 この記事では、仕事に飽きてしまったあなたに、勢いで辞めてしまう前にしっかり考えてほしいことを書いてみます。 この記事の内容• 毎日同じ仕事をしていたら、飽きてしまった やっぱり仕事って飽きるじゃないですか。 僕なんてひどいもので、プロジェクトが数ヶ月になると、そのプロジェクト自体に飽きちゃって、どうにもモチベーションを維持できなくなっちゃうんです。 困った。 でも、基本的には何とか続けなきゃいけないわけです。 これ、ホントにつらいですよね。 毎日会社に行くモチベーションもまったく上がらないし、頑張って重い腰を上げて会社に向かっても、まったくやる気が出ない。 仕事が始まっても、昼休みと仕事が終わる時間が待ち遠しくて仕方がない。 仕事が終わればようやく少し気が晴れるけど、家に帰ってもいつも通りの生活で、すぐに明日の仕事がやってくる。 一番の楽しみは土曜日で、日曜の夕方になると憂鬱になってくる。 正直こんな状態は非常に不健康ですよねー。 僕は、個人的には 「仕事を楽しめたらそれだけで人生大成功」って思ってる方です。 趣味を仕事にできてしまっている人なんか最高ですよね。 だって自分が好きなことをしてたらお金をもらえて、好きだからどんどん上手になって、さらに大きなお金をもらえるようになるわけですから。 多分、本人たちは 「仕事はしんどいよ」って言ってても、ホントは遊んでるようなもんなんだろうなー。 だって大好きなことに集中してたってやっぱり疲れるじゃないですか。 例えば趣味で絵を書いている人とか。 模型作りだって絶対疲れますよね。 スポーツだってそうだし。 だからやっぱり 「仕事を趣味のように楽しめる人」ってホントに幸せだと思うんです。 でも、みんながみんなそうじゃないですよね。 僕は仕事自体はきらいじゃないんですけど、先程も書いたように、飽きてくるんですよねー。。。 飽きちゃった仕事に関わってるくらいなら、こうしてブログ書いてる方が楽しいです。 でも、例え飽きても、その環境が楽しければ何とかなっちゃうんです。 だから割と環境を変える方を選びます。 例えば、前職のときは大阪に営業所ができたときに真っ先に現地駐在メンバーに立候補したり。 やることは同じだったんですけど、やっぱり新たな気持で望めました。 でもそれって、どういうことなんでしょうか。 本当に仕事に飽きたの?それとも・・・ 本来、 「仕事」ってそんなに飽きないものだと思うんです。 もちろんベルトコンベアの流れ作業なんかだと厳しいのはわかります。 でも、そうじゃないものなら、毎日同じようなルーティンだったとしても、日々違うことが起きると思うんですよね。 で、僕が思うに、仕事に飽きることって、 環境に飽きることなんじゃないかと思うんです。 例えば、仮に同じ仕事をしていても、営業所間の移動が多ければそれはそれで毎回リフレッシュされますよね。 もし同じ職場に気になる異性がいたら、それだけで仕事は楽しくなりますよね。 いいところ見せたいから、張り切っちゃうし爆 そもそも仕事って、同じことを何度も繰り返すからこそ精度が高まっていくし、いい仕事が出来るっていう側面もあると思うんです。 それがその道のプロになるってことだと思いますし。 でも、• 営業所間の異動もない• 出張も少ない• ジョブローテーションがない• 気になる異性もいない という状況だと、そりゃー飽きるのもわかります。 でも飽きたらつらい。 出勤したくなくなっちゃう。 だから、飽きる前に飽きないようにすることが重要なんです。 「じゃあ一体どんな方法があるの?」 って思いますよね。 考えてみましょう。 飽きないようにすることが大事!モチベーションを保つ方法 仕事に飽きないようにするために出来ることって何があるのでしょうか。 僕が今までの社会人経験の中から有効だったものを挙げていきますね。 数字を使って仕事をゲーム化する やっぱり仕事って、何らかの数字が発生しますよね。 難しく考える必要はないんです。 単純なことでよくて、例えば営業マンだったら今日は 「客先を何件回った」とかそういうことでいいんですよね。 で、先月の自分と比較してどうだったかを考える。 考えて改善するにはどうすればいいかをまた考える。 いいんですよ、会社への貢献とか考えなくて。 単純に、対自分のゲームです。 僕もよくやってましたねー。 僕の場合は、ホントにゴミみたいな紙媒体の広告を作ってた時期があったんです。 それも毎日何本も何本も。 ゴミを生み出す苦痛の日々。 つらかった。 でもこれも、月単位で数を数えていくと、結構楽しかったですね。 「おー、今月はこんなに俺はゴミを作ったのか。。。 !」って苦笑 あとは、仕事とは呼べないかもしれませんが、このブログを更新することとか。 今月は何本更新できた!とかはやっぱり達成感有るし、過去の自分とのゲームなんで単純に成長を感じられるんですよね。 独立して自分の会社をやりだしてからは、やっぱり売上になりましたねー。 やっぱり売上を更新するのはうれしいですね。 営業さんだったらやっぱり売上もゲーム的に考えると楽しいと思います。 あ、他の営業さんと競っちゃダメですよ。 あくまで過去の自分とゲームして遊んでください。 そしたら、他人と比較して自分がダメ、とかそういう発想にならずにすみますからねー。 仕事をする理由をつくる 仕事をする理由をつくるってのも、割といいかと思います。 僕は独立して、広告の制作業務なんかをやってきました。 この仕事、結構支払いが大きいんですよ。 僕は外注さんもガンガン使って仕事してますから、月末に数百万支払うこともあるわけです。 いつも火の車です。 はい(汗) で、お客さんによっては支払いの周期がずれている場合があるんですよね。 いわゆる支払サイトってやつなんですが。 この支払サイト、通常の僕らの業界だと月末で締めて、翌月末に振り込まれるんですけど、たまに 「翌々月15日」とかいうところや、 「3ヶ月の手形」とかいうところがあります。 こういうお客さん相手に大きな売上があるとホントに大変で、一時的にキャッシュフローが回らなくなるわけです。 これで支払サイトのズレで、月末で締めて売上があって、利益も有るはずなのに、入金がなくて倒産することを 「黒字倒産」っていうんですよねー。 で、どうやってこれを乗り切るかというと、融資です。 僕は「政策金融公庫」ってところで数百万のお金を借りてます。 あと、会社員時代に組んだ住宅ローンもあるな・・・。 こういう借金ってのは、圧倒的な 「仕事をする理由」になってくれますよねー。 だって仕事して稼がなかったら、払えないわけですから(汗) 住宅ローンが焦げ付いたら、家取られちゃいますよ。 もう働くしか無いわけですねー。 基本的に収入を下げるわけにもいきません。 家族がいますし。 まあ、かなり重い話になっちゃってますが、 「やるしかねえ」ってのは割と気持ちよくて、あんまり余計なことを考えなくて済むようにはなりますね。 借金じゃなくても、貯金をするのでもいいですよね。 目的のない貯金じゃなくて、目的を持った貯金を。 海外旅行に行くとかでも良いと思うんですけど、僕のオススメはやっぱり投資の原資づくりですかねー。 単純にお金が増えてくのって楽しいじゃないですか。 そして、ある程度のお金が貯まったら、お金に稼いでもらうんです。 もちろんリスクを取る投資より、はじめはある程度安定感がある方がいいですね。 お金があると、結構いろんなことが楽しくなると思うんですよね。 仕事中は割り切って無になり、プライベートにかける これはちょっと上級者向けですね。 僕はやったことありませんが、出来る人は良いんじゃないかと思います。 僕の友人で一部上場企業に就職している人がいるんですけど、マジでやる気のないクズ社員なんです。 会社ではホントに役立たずで、正直そこに所属するためだけに会社に行ってます。 でもその友人、副業で月に500万以上稼いでるんですよ・・・・。 でも、サラリーマンの立場は捨てたくないって。 もちろんバカバカしくなることも有るみたいなんですよ。 上司の年収を二ヶ月弱で稼いじゃうわけですから、小言なんか言われようものなら、そりゃーたまったもんじゃないです。 でも、僕も独立してるからわかるんですけど、サラリーマンってやっぱ気楽でいいですよ。 何にも考えなくても適当に仕事してても給料日にお金が振り込まれるんですから。 最低限適当に仕事してても簡単に解雇できないですしね。 友人のように月に数百万ってのはレアケースだと思いますが、投資系の副業とかは割と悪くないと思います。 サラリーマンの特権を持ちつつ、別の収入源を得る。 プライベートでそこそこ稼げてたりしたら、会社の仕事もそんなに苦にならないと思うんですよね。 そこそこ稼げてきて、会社がホントにイヤになっちゃったら、やめちゃえばいいですしね。 お金があれば、割と大胆な行動も取れますからねー。 思い切って上司に飽きていることを打ち明ける 最後は、仕事がつまらない事自体を何とか仕様とする、一番真面目な方法です。 もう、思い切って上司に 「今の仕事飽きちゃったんで、何か他のことやらせてください」 って言っちゃう。 これは正直両刃の剣です。 あなたと上司の関係に寄ります。 あと上司の権限がどのくらいあるかにもよるし、上司の理解の有無に大きく左右されるでしょう。 僕が上司だったら・・・ もしあなたが一人前の仕事をしていたら、真剣に考えます。 自分の何とかできる範囲で、別の仕事を与えるなどします。 自分の仕事を引き継がせて、自分も次のステップを踏んだりできますからね。 これは良い方のパターンですね。 でも、もしあなたが上司に仕事ぶりを認められていなかったとしたら。 その場合は 「アホか!自分の仕事一人前に出来るようになってから言え!」 って言います。 もうちょっと口調は優しくすると思いますけど笑 まあこれは、今までに紹介した幾つかの方法が実現できなかったときに試してみてくださいね。 試して社内での立場が悪化して、会社に居づらくなっても僕は責任持てませんので苦笑 それでもやっぱり飽きた!そのときの対処法 さて、今まで提案してきたことをひととおり試したり、検討してみても、やっぱり「飽きた!」と思っちゃったとします。 そしたら、もうやることは一つですよね。 そうです。 転職活動です。 転職は、仕事も環境も変えることになるので、「飽き」に対して正反対に位置する行動です。 また、もし同業に転職する場合でも、環境が大きく変わりますので、飽きたとか言ってられない状況になるでしょう。 まあ一番手っ取り早いリセット方法ですよねー。 もちろんそれなりにキャリアがあれば、そのキャリアを活かして転職して年収を上げることだって可能かもしれません。 また、人間関係もリセットされるので、職場に気になる異性が出来たりすることも無くはないですね。 安易な転職はおすすめしませんが、その時のために転職サイトなどで準備しておくのは、悪いことではないですよね。 今は転職エージェントなんかもあるみたいですし、登録して話を聞くだけでも、自分のことを客観的に見てくれるので、改めて職場の良さを再認識できるかもしれませんしね。 結果的に転職せずに留まるのだって、悪い判断ではないですからねー。 すべては自分が納得できているかどうか、というか。 でも、 「飽きた!つまらない!」と思っている状況だけは、打破したほうが良いですよね。 「つまらないから辞める」も立派な理由! 僕は、 「つまらない、飽きたから辞める」っていうのも立派な退職の理由だと思います。 飽きたってことは、その仕事の枠に収まらなくなったっていうことの裏返しですからねー。 もちろん転職するなら慎重になる必要があります。 勢いで会社を辞めずに、次の転職先だけは見つけてから辞めましょう。 でも、自分が納得したら、転職したって会社に留まったって、どちらも正解ですからね。 いちばん大切なことは、自分が納得して仕事ができているかどうかです。 どうせ仕事はし続けなければいけません。 宝くじで3億当たったからって仕事を辞めたら破滅が待ってます。 基本的に。 だったら、どうせなら納得できる環境で仕事をし続けることが大切だと思うんですよねー。 もちろん、自分が納得できるかどうかは、人によって本当に様々。 だからこそいろんなことを試して、結論を出してみてほしいのです。 転職を考えるならエージェント登録が低リスクですよ こういった時に簡単に外の空気感を知ることができるのが、転職エージェントですよね。 いくつかあると思いますが、僕が知っているところのリンクを貼っておきますので、よかったら見てみて下さい。 登録するだけなら無料ですし、アドバイスを貰えたりもしますよ。 まず紹介するのがリクルートエージェント。 まあ業界最大手でしょう。 実は僕も転職を考えていた時にお世話になりました。 色々アドバイスを貰ったり 「サトウさんならこんな企業でマッチしそうですよね」といったことも言ってもらえましたね。 あと、セミナーとかも充実してましたねー。 海外勤務もできるかもしれません。 まずは外の世界に目を向けてみましょう。 最後に この記事では、いま「仕事に飽きた。 つまらない。 辞めたい」と思っている人に向けて、僕のそこそこ長い社会人経験を元に書いてきました。 どうせなら、納得して仕事をしてほしい。 つまらないなーと言って時計を見ている仕事人生はなるべく避けてほしい。 そんな思いからこの記事を書きました。 あなたの仕事がこの記事を読んで少しでも充実したものになることを願っています。 Webを中心としたマーケティング全般に携わっています。 IT・Web・ガジェット大好き。 キッズにお金がかかる今は「安くて上質」をモットーに。 女性としてもママとしても楽しい人生を送っていけるよう、節約しつつほどよく消費して、いい感じの30代を送っていけたら幸せです。 カテゴリー• 112• 131•

次の

「仕事に飽きた」は転職のサイン、今の仕事を10年後も続けられますか?|サイコな転職

仕事 飽きた 1年

仕事に飽きる原因• 仕事に飽きた際の対処法• 仕事に飽きた人がやるべきこと• 【厳選】仕事が飽きた人におすすめの副業 先に当記事の内容をまとめると、 仕事が飽きてしまう原因は仕事がつまらないかったり、もともと飽きやすい性格だからです。 また、仕事に飽きた際の対処法は、気分転換&副収入のメリットがある「副業」を始めるのがベストです。 副業を始めれば気晴らしになりますし、本業以上に稼げる可能性もあります。 では、どんな副業がおすすめなのか?というと、スマホを片手に作業ができる「スマホdeマネー」です。 「スマホdeマネー」に必要なものはスマホだけなので、仕事に飽きてきた時はすぐに取り組むことができます。 後ほど詳しく紹介しますが、既に興味を持った方は公式ページをチェックしてみてください。 10年目になってしまったから• 性格が飽きやすいから• 仕事がつまらないから 10年目になってしまった 10年以上も同じ仕事をしていると、さすがに飽きてしまうこともあるでしょう。 その道のプロになっていく人がいる一方で、仕事に上手く馴染めずに飽きてしまう人もいます。 10年は1つの節目になるので、1度自分と向き合って考えてみると良いかもしれません。 性格が飽きやすい 仕事が飽きてしまうのには 性格も関係している可能性があります。 人の性格は人それぞれなので、同じ仕事を長期間続けられる人もいれば、仕事にすぐ飽きてしまう人もいます。 実際に、同じ作業を毎日続けてやることに対して、苦痛を感じる人がいるのも事実です。 自分にあった適切な仕事を選んで行った方が良いでしょう。 仕事がつまらない・しんどい そもそも仕事がつまらないか、しんどいからです。 毎日同じ作業を行うルーチンワークや、単純作業の繰り返しに飽きてしまう、しんどくなってしまう人は多いでしょう。 特に、工場のライン勤務などはひたすら同じ作業を繰り返すだけなので、途中で飽き飽きしてしまうかもしれません。 と思っている人向けに対処法が書いてある記事もあるので、合わせてご一読ください。 そういった場合は、「スマホdeマネー」のような副業を始めてみるのも1つの手ですよ。 転職する• 異動を願い出る• 副業を始めて将来的に退職する 転職する 1つ目の対処法は、 転職することです。 仕事に飽きてしまうとモチベーションを維持するのが難しいので、仕事のクオリティもみるみるうちに下がってしまいます。 社内での評価が下がったり、周囲の人に迷惑をかけてしまうくらいなら、転職を考えた方が良いですね。 自分に合った職業に転職できれば、毎日をエキサイティングに過ごせるかもしれません。 異動を願い出る 部署の異動を願い出るのも1つの手です。 他の部署に異動できれば、そこで行う仕事も始めてのものが多くなります。 すると、慣れない作業に一生懸命になるので、今までの飽きた気持ちを解消できる可能性があります。 現在の部署に心残りがないのであれば、上司に相談してみると良いでしょう。 副業を始めて将来的に退職する 副業は安全に稼ぐ方法として最もおすすめです。 なぜなら、本業の収入があるので失敗したとしても失うものはほとんど無いからです。 それに、冒頭でも触れた「スマホdeマネー」のような副業は、無料で始められるので初期費用は必要ありません。 副業で稼いだお金をコツコツ貯金し、将来的に会社を辞めることも可能です。 「スマホdeマネー」はちょっとした空き時間に取り組めるので、この機会に始めてみると良いでしょう。 副業はすぐ変えられるから• 副業が気晴らしになるから• 正社員として就職すると、その会社で継続的に働かないといけませんし、仕事もすぐには変えられません。 しかし、副業は気軽に始めることができ、仕事を変えようと思えばすぐに変えられます。 飽きることも少なくなるので、今の仕事が飽きてしまった人にはピッタリです。 本業だけの仕事をやっていると、どんな仕事であれ少しは飽きてきますし、モチベーションが保てなくなることもあるでしょう。 そんな時にいつもとは違う仕事をすれば、良い気分転換になります。 様々な副業をやってみることで、今の仕事の良いところを見つけられるかもしれません。 気分転換しながら稼げる副業は、一石二鳥の効果があります。 本業の給料にもよりますが、月収が20万円〜30万円程なら、副業に全力で取り組むことで、その額以上稼ぐことが可能です。 特に、先ほどから紹介している「スマホdeマネー」などの副業アプリは、時間を効率的に使って稼ぐことができます。 会社での休憩時間などに努力して取り組めば、それなりの報酬を得られるかもしれません。 「スマホdeマネー」は登録費や利用料がいっさいかかりませんので、興味のある方は無料登録してみると良いでしょう。 \FXを始めるなら!/ 【まとめ】仕事に飽きた際の対処法 この記事では、仕事に飽きる原因や仕事が飽きた際の対処法について解説してきました。 仕事が飽きてしまう原因としては、 「仕事がつまらないから」「もともと飽きやすい性格だから」といったことが挙げられましたね。 また、仕事に飽きた際の対処法は、気分転換&副収入のメリットがある「副業」を始めるのがベストでした。 そこで、誰でもお手軽に始められる副業として、先ほども紹介した「ス マホdeマネー」をおすすめしたいです。 「スマホdeマネー」はスマホ1つで作業できるため、仕事に飽きた時はすぐに取り組むことができます。 登録費や利用料はいっさいかかりませんので、仕事に飽きてきた人はこの機会に無料登録を検討してみてください。

次の

資材調達・購買の仕事に飽きた時の対応方法【心の声に向き合おう】

仕事 飽きた 1年

悩みから始まった運命の職との出会い 「そろそろサークル活動にも飽きてきたな…将来の就職先も考え始めて行動しないと…」 大学1年の春休み。 私は、某大学に進学し、平凡なサークル活動に精を出して1年が経とうとしていた。 知り合いの先輩達は春休み開始を境に目の色を変えて就職先を探し始め、「A社の内定を得た」だの「B商事の最終面接が決まった」だのと会うたびに大学1年生の自分には全く自慢にもなっていない自慢をしていた。 しかし、そんな彼らの自慢話を聞いている内に、ムクムクと 自分の中で漠然と「このままでいいのだろうか?」という不安が大きくなっていった。 そんな春だった。 「xx大学 就職先」 自分は可もなく不可も無く大学時代を全うすればどこの企業に入りうるのか。 そんな疑問を胸に、いつの間にかインターネットで自分の先輩たちの就職先を眺めていた。 会社名と就職者数が羅列されているリストの中に、 自分のその後のキャリアを形作る会社の名前は記されていた。 「xxxコンサルティング:x名」 先人のお陰で、当時は既に「コンサルティング業界」を目指す先輩も多かった。 しかし、大学1年の自分にとってコンサルタントの仕事は「詐欺のニオイがする怪しい商売」以外の何物でもなかった。 これが私が コンサルティング業界との「馴れ初め」である。 漠然と、「将来どうしたらいいか」と悩み始めている大学1年生、もしくは院進が決まった大学生は多いのではなかろうか。 そんな方に、同じ事を悩んでいた当時の自分を想定して、簡単にコンサルタントという職業、その面白味についてご紹介したいと思う。 コンサルタントとは「企業の医者」 患者である企業の業績を良くることが役割となる コンサルタントとは「企業の医者」だ。 簡単に言い過ぎかもしれないが、本当にそうなのである。 この世のコンサルタントの源流を辿れば、不採算工場の再建を果たした1人のエンジニア、フレデリック・テイラーに行き着く。 彼は1874年に工場のエンジニア見習いとして入社し、工場長まで出世した。 そして工場業務改善を行い、業績不振に陥っていた工場の再生を成功させた。 その実績を元に、幾つかの工場再建を手がけ、その名とその再建手法である「科学的管理法」の名を世に轟かせていった。 ある案件を成功させ、その成功体験やそこで得た知見を水平展開し、世の企業に貢献する。 現代のコンサルタントの営業方法の一種にこのような手法があるが、100年以上変わっていないというのも驚きだ。 ともあれ、彼は企業という患者の具合(業績)を良くする医者であった。 まさにコンサルタントとはそういった仕事を担う人間達を指すのである。 マッキンゼー・アンド・カンパニー マッキンゼー ボストン コンサルティング グループ BCG ベイン・アンド・カンパニー ベイン 彼らの殆どはアメリカで生まれた企業であり、半世紀ほど前より日本に上陸し、科学的なアプローチによって国内企業の経営・事業戦略についてアドバイスを行ってきた。 生意気で知的な若者達が国内企業の現状を分析し、戦略を描く助けをしてきた、というのが国内の戦略コンサルティング業界の私の理解だ。 聞こえは「カッコ良い」かもしれないが、裏ではアウトプットのクオリティへの拘りや膨大な作業量による長時間にわたる過剰労働等、非常にタフな業界である。 「深夜3時までに作業したら4時に上司からレビューが来て、結局完徹してしまったよ」 そんな笑い話も度々聞くような職場だ。 答えは、「疑いようも無くyes」だ。 底意地が悪いようだが、本当のことだ。 「徹夜で受領した企業データを分析し、何か面白い事は無いかと考える。 経営者が考えもしなかったような「いい事」を言う。 それを聞いた経営者は自分達が今まで何故考えられなかったかを恥じ、コンサルタントの話に感心する…」 そんな経験を一度でも体験してしまうと、この仕事の面白さにやみつきになってしまう。 「良い答えをして、先生をアッと言わせた学生」を見たことはあるだろうか。 まさにアレをやろうというのが、この仕事の面白さであり、モチベーションの源泉である。 間違ってもお金ではない。 (給料は業界的には悪くはないが、時間換算すると平凡以下にもなり得るためお金を重要視している人間は金融等の別業界を見た方が良い。 ) 「キャリア上の腰掛」ではなくコンサルティングを楽しめる人間こそ入るべき 仕事の中身を理解し楽しめるかを考える 何故か最近コンサルティング業界は新卒学生達から非常に人気のある業界の一つとして捉えられているようだが、もし 「成長のため」にコンサルティング業界を目指すのであれば止めた方が良い。 「汎用的なスキルが身につき、成長出来る」「ブランドが得られる」等の理由を耳にするが、「コンサルティング自体をやってみたい」という話は殆ど耳にしない。 そういった学生は仕事内容を無視して、入社する会社を決めようとしているということに等しいのだ。 もし貴方がコンサルティング業界を考えつつもそうした点が志望理由になっているのであれば黄色信号であろう。 もう一度自分が職業に何を求めるのかを紙に書き出して考え直してみてほしい。 世の中にはまだまだ素晴らしい仕事が山ほどある。 まとめ(編集後記) 「コンサルタント」は企業の医者であり、キャリアの腰掛になるようなものではない。 昨今のコンサル人気の過熱に、秋田さんのような現役社員達が思う所もあるのかもしれません。 次回は就活生・転職志望者向けに「コンサルティングファームに入るべきか?」「他業界とコンサルティング業界、どちらを選ぶべきか?」等の点で秋田さんのコンサルタントのキャリアを回想します。 お楽しみに!.

次の