ポケット戦国。 ポケット戦国 攻略 wiki

ポケット戦国 攻略 wiki

ポケット戦国

今回もパワポケ4同様、野球人形を作ってお金で能力アップしていく方式である。 前作と同様に、本家パワプロに登場した選手をサクセス選手として登録することが出来る。 今作から裏サクセスの主人公が違う衣装で登場するようになった。 今回はゲーム開始時に特徴の異なる3つの里があり、選んだ里によって仲間になるキャラやストーリーなどが変化するようになっており、裏サクセスで異なるシナリオが選べる最初の作品である。 クリア条件は120日目までに本拠地の城を落とされずに3つの球を集めること。 あらすじ この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 あらすじの書き方を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(ネタバレも含めて)、著作権をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2015年9月)() まだ日本が色々な国に分かれていた時代。 その中のある国のお姫様が「野球をする人形、野球人形とやらが見てみたい」と言い出した。 困った大名は人形を手に入れるため忍者を使うことを決め、忍者の国である「風賀の国」に依頼書を携えた3人組の使いを出した。 しかし道すがら、3人は些細なこと(道端に落ちていた二色パンの分け前)で喧嘩を始めてしまい、それぞれが別の里、「水虎」「火竜」「月光」の3つの里に依頼書を届けてしまう。 程なく3つの里の頭領達はその事に気づき激昂、3つの里は野球人形作成の任務完遂と自分たちの里の威信を賭け、壮絶な戦争をすることになった…。 野球人形に必要な3つの球を集めて、野球人形を完成させるのは、どの里か? 勢力 ゲーム開始時に水虎、火竜、月光の3つの里の中から1つ選んでプレイすることになる。 選んだ里により物語と仲間になる人物や開始時の領地の数などが変化してシナリオが異なる。 この3つの里に加え、中立勢力として妖怪の勢力が存在する。 水虎 頭領は教頭斎。 メインカラー青。 青い体の珠を所持。 最初から選択できる里。 下忍の鉄忍(回復の術を使う)と砲忍(鉄砲と水遁の術を使う)の性能が高い上に敵のレベルが低めに設定されているため初心者でも簡単にクリアできる(また、主人公のレベルを1のままにすると敵のレベルが一定レベルから上がらなくなる)。 また、はまぐり村の訓練所を利用することで金を消費することなく主人公を鍛えられるという点もある。 一方で3つの里の中で基本領地収入が8両と最も少ないので資金難に陥りやすくパーツも購入しづらいため、強力な選手を作成するには不向きである。 下忍は下忍、水忍、森忍、砲忍、鉄忍。 初期の仲間は外藤のみだが根呂と平山と村上をすぐ仲間に出来る。 敵勢力で登場する場合は固有の砲忍、鉄忍に加え、十字手裏剣忍者、水蜘蛛忍者、不意打ち忍者、とげとげ忍者、カエル忍者が敵キャラクターとして登場する。 火竜 頭領は任月。 メインカラー赤。 赤い技の珠を所持。 初期から治めている領土面積が一番多く、領地収入は12両と普通。 下忍の爆忍と速忍の性能が今一つな上に初期の仲間が1人もいないので序盤は苦労する。 候補としては百番村の大神、ようろう村のイルが強力。 領地に重税を課しているという設定のため、たまに領地の反乱を鎮圧することになるイベントが発生する(失敗すると妖怪の領地になる)。 下忍は下忍、水忍、森忍、爆忍、速忍。 敵勢力で登場する場合は固有の爆忍、速忍に加え、極悪忍者、火炎忍者、毒忍者、ミイラ忍者、女王様が敵キャラクターとして登場する。 月光 頭領は野々村。 メインカラー黄。 黄色い心の珠を所持。 初期から治めている領土は少ないが、領地収入は16両と1番多い。 敵は3つの里の中で最も強く難易度は高いが、領地収入の多さにより強力な選手を作成しやすい。 すぐ仲間に出来る小山や下忍の影忍、月忍が強力。 他の勢力と違い、城をうろついた際に仲間のHPを回復させることができない。 下忍は下忍、水忍、森忍、影忍、月忍。 最初から存在するキャラクターは愛と倉刈と水木。 敵勢力で登場する場合は固有の影忍、月忍に加え、風車忍者、凧忍者、銃忍者、ルーズ、忍犬が敵キャラクターとして登場する。 妖怪軍団 頭領は亀田幻妖斎。 メインカラー灰色。 共通の敵対勢力であり、初期勢力としては選択不可能。 初期状態では里の3分の1程度を制圧している。 風賀のあちこちに存在する妖怪を取り纏める勢力。 妖怪を纏める妖怪四天王は妖怪ではなく4人全員人間。 幹部には同じ妖怪四天王の「野球仮面」「曽根村」「アンヌ」がいる。 伝説の十八鬼神もこの組織に所属しているらしいが、具体的な地位は不明。 天狗、鬼、河童、牛鬼、海坊主、古おうぎ、かまいたち、市松人形、市松わらし、べとべと鳥、紀伊国屋、越後屋、めたりんこが敵キャラクターとして登場。 加えて重要拠点の防衛部隊として通常より強力な敵である獄門鳥(ごくもん塔)、金平鳥(こんぺい塔)、右魂鳥(うこん岳)、白雪鳥(白雪山)、南蛮商人(南蛮街)、田螺牛鬼(たにし村)、ヘソおうぎ(へそ村)、死じみ河童(しじみ沼)、虎池坊主(とら池)が登場する。 ゲームシステム プレイヤーは妖怪を除く3つの里から所属を決める。 各村などをうろついて仲間を見つけ(に当たる下忍はコマンドで雇用する)、各領地に攻め込み勝利することで陣地を広げる。 戦闘はパワポケ4と同様のコマンド式。 1日が終わると自軍の勢力から領地収入が入り、賃金を払う。 賃金が払えない場合を除き仲間キャラの・が回復する。 と同時に敵も回復する(ただし、味方よりも回復量は少ない)。 戦闘では敵が全員逃げるか倒されると勝利となり、攻めている場合は領地を獲得する。 全員が逃げるか死亡する(HPが0になる)、もしくは主人公のHPが0になると敗北。 攻められている場合は領地を失う。 城を攻め落とすとその勢力の領地をすべて入手する。 野球人形献上直前の最終決戦に敗北してもペナルティはなく、勝てば能力パーツが手に入る。 経験値は攻め込んだ者のうち、逃亡者を含めた生存者で分配される。 主人公以外のキャラは死亡しても復活はできないが、同種の下忍は再雇用できる。 妖怪(中立)以外の勢力の領地が本拠地の城と連結されずに分断された場合、分断された領地は妖怪が支配する中立地になる。 主人公含め各キャラの最高レベルは30。 主人公にも術を使うためのMPが設定された。 レベル16になると術、妖術(前作の魔法)が全体攻撃になる(敵が2人以上残っている場合のみ)。 様々な能力補正がある。 各キャラクターには得意な地形が設定されている場合があり、得意な地形では3レベル分能力が上昇する(HPだけは例外)。 町および城では、レベル分防御側の能力が上昇する。 関所でも防御側全キャラの能力が4レベル分上昇する。 軍師(三鷹か服部)を雇っていると、能力に1レベル分のボーナスが加わる。 これは軍師を戦闘に出さなくても加わる(作中でも三鷹と服部に説明される)。 主人公は得意な地形の設定はないが、同様の効果を得られるアイテムが存在する。 仲間は主人公含めて12人まで加えられる。 もできるが、下忍以外を解雇すると次の戦闘で敵として登場する。 仲間キャラは通常の敵に比べ倒した際に入手できる金額が多いため、不要な仲間を即座に解雇して敵にし、軍資金にするという手段もある。 敵キャラにもレベルが設定されており、各領地の敵は一部を除き最初に攻め込んだ時の主人公のレベルに依存する。 そのため、町や塔などの強敵が守る場所はレベルの低い時に偵察隊を送り込み、レベルを上げてから攻め込む方法が有効であると外藤がゲーム内で語る。 今作では回復薬、爆弾などの特定アイテムは3つまでしか持てなくなった。 登場人物 登場人物の名前か登場人物の名前の括弧書きの振仮名後の括弧書きの名前が表サクセスでの登場人物の本名で括弧書きの数字が本作まで登場した登場人物の表サクセスの登場作品で未表記はオリジナル。 主要人物 主人公(しゅじんこう) 本作の主人公。 前作では表サクセスの使い回しだったが、本作以降は裏サクセス用の立ち絵が用意されるようになった。 里の頭領から野球人形の作成を命じられる。 全権を委ねられており、忍者の雇用や解任も行える。 最初に選んだ勢力に所属する忍者で、里ごとに服の色が各勢力のメインカラーに変わる。 各ステータスはトップクラスに高いが、その分レベルアップも遅い。 得意地形は全勢力共通でついていないが、使える術は里によって変化する(水虎だと「水遁の術」、火竜だと「火遁の術」、月光だと「かまいたちの術」になる)。 凡田(ぼんだ)【凡田 大介(ぼんだ だいすけ):『2』『5』】 主人公の会計係として同行する忍者。 戦闘能力は極めて低いため戦闘には参加しない。 主人公と違い、服の色は薄紫で固定。 教頭斎(きょうとうさい)【教頭先生(きょうとうせんせい):『1』】 水虎の頭領。 女言葉で喋る。 火竜と月光では攻め込むと、カラクリの極悪戦車に乗って登場する。 3人の頭領の中では体力、攻撃力、防御力に優れており、「爆弾」「水遁の術」も使うため火力が高い。 水虎でゲームを始めた場合、水虎城をうろつくとゲームの解説を行ってくれたりと割と面倒見が良いが、他の勢力では私利私欲で部下を殺害するなど任月同様最低な性格をしている。 任月(にんげつ)【任月 高志(にんげつ たかし):『2』】 火竜の頭領。 息子のカケルを大事にしており、「下忍は消耗品」と言うなど、人望はあまりない。 水虎と月光では攻め込むと、秘密兵器である竜に乗って登場。 頭領の中ではバランスのとれた能力で、MPを消費しない「炎吐き攻撃」も使う。 カケル【任月 駆(にんげつ かける):『2』】 任月の息子で、火竜の跡継ぎとして育てられている。 城の外に出してもらえず、主人公に様々なもの(カブトムシやカエル等)を持ってくるよう頼む。 ランダムイベントでパーツを割高で勝手に購入して無駄遣いすることがある。 野々村(ののむら)【野々村 耕造(ののむら こうぞう):『2』】 月光の頭領。 他の頭領とは違いまともな性格をしており部下の人望は厚い。 だが、頭領で在りながら内職を行うなど懐の貧しさが伺える。 水虎と火竜で攻め込むと部下の影忍と月忍を引き連れ登場する。 風賀の国の里の頭領の中では唯一生身で戦闘を行う。 素早さが非常に高く攻撃が中々当たらず「回復の術」「かまいたちの術」「爆弾」も使う等、厄介な相手。 仲間 外藤(がいどう)【外藤 狭二(がいどう きょうじ):『1』『2』『3』】 水虎の中忍頭。 水虎では主人公の下につくことになり、初めから仲間になる。 他の里で始めた場合は仲間にはできず、水虎城を攻め込むと教頭斎に身代わりとして殺される(しかし、変装させる前に主人公たちが来てしまったため無駄死にとなってしまった)。 素早さは低いが攻撃力と防御力に優れ、「水遁の術」を使う。 愛(あい)【野々村 愛(ののむら あい):『2』】 月光の当主、野々村の娘。 月光以外で始めても水木の面会に応じれば仲間にすることができるが、その場合は主人公たちがいないうちに当主を倒そうと考えている(面会を断った場合は混乱に乗じて主人公の命を狙ってくる)。 素早さが高く、「かまいたちの術」「回復の術」を使える。 倉刈(くらがり)【倉刈 仁志(くらがり ひとし):『2』『3』『5』】 月光で初めからいる。 昔は火竜のいろは村に住んでおり、そこから逃げ出して来た。 彼から娘についての話を聞くと、エンディングでその娘と再会するアルバムが登録される。 月光以外だとイベントで水木に殺されるか、敵として登場する。 能力は可もなく不可もなくのバランス型で、「まきびし」も使う。 「火遁の術」を使えるが、MPが低いのが難点。 しかし給料が安いという利点もある。 水木(みずき)【水木 卓(みずき すぐる):『2』『5』】 月光で初めからいる。 月光のためというよりは、好意を持っている愛のために働いている。 月光にいるときには特にイベントは無いが、それ以外の勢力では仇討ちを狙う愛のために「月光の財宝が目当てだった」という理由で倉刈を殺害して愛を主人公に売り、裏切り者の汚名を被り何処かへ消える(アルバムでは愛とともに登場)。 なお、面会を断った場合は飲み込んでいた爆弾で自爆して果てる。 攻撃力に優れ、「水遁の術」を使う。 根呂(ねろ)(ネロ:『1』『3』) 『3』に登場した「ネロ」で、本作では漢字表記。 怪力が自慢で、はまぐり村の訓練所で特訓を受けているが、頭が悪いため一向に忍者らしくならない。 水虎の場合は実践で学ばせるために引き取る形で仲間にできる。 火竜と月光でははまぐり村が占領された後も訓練所に一人取り残されており仲間にできるが、「訓練所は移動した」と騙して追い払った場合は仲間に出来ない代わりに高価なパーツをくれる。 素早さが低く術は使えないが、攻撃力や防御力、HPが高い。 また、展開によっては曽根村と刺し違えることもある。 仲間にハガネがいると、彼と意気投合するイベントが起こる。 ハガネ【鋼 毅(はがね つよし):『1』『3』】 各地の村で出現する武芸者。 数多くの戦場を経験している古強兵で、忍者と戦うために風雅の里にやってきた。 仲間にするのを断っても敵としては登場せず、何度でも現れて仲間にするよう頼む。 素早さがやや低いがHPや攻撃力が高く、「致命的な一撃」を持つ。 イベントで根呂と意気投合し、このイベントを見るとアルバムが登録される。 村上(むらかみ)【村上 海士(むらかみ かいじ):『1』】 あわび村にいる元火竜の下忍で、上役の上忍を半殺しにし、追っ手七人を全員返り討ちにするなど、その実力は高い。 攻撃力と防御力が高く、素早さが低い。 「火遁の術」を使うがMPは1と低い。 平山がいると、イベントが起こる。 平山(ひらやま)【平山 紀之(ひらやま のりゆき):『1』『3』】 主人公の同期。 有名な大名に仕えていたものの、大名が主君に謀反を起こして失敗し斬られたため、フリーになってさざえ村で生活していた。 200両払うことで仲間にできる。 能力はあまり高くないが平均的。 「回復の術」「火遁の術」を使えるがMPが1と低い。 ランダムイベントで勝手に買い物をすることがある(ただし購入するパーツの価格は通常より安い。 なお、火竜の場合はカケルのイベントがあるため発生しない)。 村上にいろいろと言われ、自分の生き方を探し、選んだのは「草」の任務だった。 小角(おづの)【小角 雄二(おづの ゆうじ):『2』】 たにし村の忍者。 しじみ沼の主を倒すと仲間になる。 素早さが高く、「致命的な一撃」を持つ。 術も「水遁の術」を使え、HPの低さをカバーする「変わり身の術」も持つ優秀なキャラ。 おみっちゃん(パワポケ2の幸恵)が好きで、大神ともめる。 大神(おおがみ)【大神 博之(おおがみ ひろゆき):『4』『5』】 百番村でギヤマンの壺を買いにきて商人と揉めているところで主人公と会う。 その際の対応で大神に壺を買わせるか主人公が買って壺を貸すことで、後に発生するイベントで仲間に加えることができる(断った場合は代わりに人形のパーツを持ってくる)。 術は使えないがHP、攻撃力、防御力に優れ、「致命的な一撃」を持つ。 おみっちゃんが好きで、小角ともめる。 ランダムイベントで出現し、忍者として雇うことができる(破壊して部品を入手することもできる)。 防御力が高いが攻撃力と素早さは低い。 強力な「爆弾」を使えるがMPが低いのが難点。 平山と同じくランダムイベントで勝手に買い物をすることがある。 おみっちゃんが好きで、おみっちゃんと付き合っている大鉄を爆殺しようとするも、小角と大神に止められる。 イル【天本 玲泉(あまもと れいせん):『4』】 ようろう村に住み着いているはぐれ忍者。 『4裏』のイルと同一人物で本名イルだが、本作では天本 威流(あまもと いる)と名乗る。 しかしこの名前が書かれるのが主人公と初対面した時のみで、それ以外は本名「イル」と書かれる。 1000両払うことで仲間になる(所持金が100両以下の場合でも仲間になるが、この場合ランダムで資金を持ち逃げすることがある)。 綾華よりも強い。 能力はさほど高くないが、「ゴロの妖術」「ビューの妖術」「ナオルの妖術」と複数の術を使える。 綾華や曽根村などのイベントで役に立つ場面が多い。 また、死んでもランダムイベントで2回までなら復活するため酷使させやすい。 「おもしろそうやから」と綾華を別の世界に送る。 綾華(あやか)【浅上 綾華(あさがみ あやか):『5』】 むらさき村の代表で主人公と会う。 フルネームが「黒羽根 綾華」(くろばね あやか)。 正体は「黒羽根党」吸血鬼。 能力は倉刈と同じく平均的で、「サガルの術」を使える。 後に威流に別の世界に送られる。 送られた先は大正編とつながっているのか、7の裏サクセスで「黒羽根あやか」の名で吸血鬼として登場している。 ユイ【神木 唯(かみき ゆい):『4』】 ランダムイベントで出会う食い物泥棒。 村を荒らすイベントで二回発見すると仲間に加えることができる。 能力は素早さが高く「鉄砲」を使うため火力はある。 「回復の術」「サガルの術」を使う。 戦いが終わった後は、団子屋を経営する。 ひなこ【唐沢 ヒナコ(からさわ ヒナコ):『3』】 ランダムイベントで主人公のもとを訪れ、仲間にするよう頼んでくる忍者。 得意なことは掃除、洗濯、料理で、忍術には自信がない。 能力はあまり高くないが平均的で、「回復薬」「パ~の術」が使える。 「パ~の術」はボスクラスの敵にも問答無用で発動するため、運次第では非常に強力。 掃除をして見つけたパーツをくれたり、料理を作って仲間のHPを回復してくれる家庭的な忍者。 小山(こやま)【小山 高雄(こやま たかお):『4』】 月見村で木こりとして生活している。 勢力によって展開は異なるが、イベントを進めると忍者として雇うことができる。 水虎と火竜の場合、木材の差し出しに反対しているところで高圧的な態度を取ると即座に反乱を起こす。 HPが高く攻撃力と防御力に優れるが、素早さは極端に低く術も使えない。 イベントで森本と仲がよくなる。 エンディングではドミオと森本でチーム結成(?)する。 森本(もりもと)【森本 満(もりもと みつる):『4』】 いろは村を守る忍者。 「ましらの方」と呼ばれている。 素早さが高いが防御力が低く打たれ弱い。 「かまいたちの術」を使うが基本MPが1と低い。 展開によっては曽根村の策略で裏切ることも。 小山と仲がよく、イベントで協力する。 ランダムイベントで象に乗って登場し、その際に仲間に加えることができる(断ると主人公が象に踏み潰されて重傷を負う)。 素早さが低めだが攻撃力と防御力が非常に高く全キャラ中トップクラスのステータスを持つ。 また、「鉄砲」による攻撃や、「致命的な一撃」まで持っている。 だが、「あざけり笑い」で人公のやる気を下げることがある。 さらに、一定の確率で戦闘開始時に混乱状態になるため活躍できるかどうかは運が絡む。 様々な動物を使うが、その動物に殺されかけたりするなど変な人。 畑山(はたやま)【畑山 憲男(はたやま のりお):『2』】 白雪山に住む人さらい。 ダンジョンを攻略することで仲間にすることができる。 素早さがやや高いが攻撃力がやや低い。 「爆弾」を使うがたかゆきと同じくMPが1と低い。 とにかく女性にモテず、そのため女の子をさらうが、それでもモテない。 しかし、わんこには好かれる。 パーツを見付けたり洞窟を見つけたりと役に立つ。 給料が全キャラ中最も安い。 素早さが高く「変わり身の術」を持つ。 イベントで畑山になつく。 布具里(ふぐり)【布具里 珠男(ふぐり たまお):『4』】 めぐみの父の敵。 変化の術を使う。 三回倒すと捕まえることができ、敵であるはずの自分を許しためぐみの優しさに心打たれ改心し、仲間にできる。 防御力が高く「ゴロの妖術」「サガルの妖術」「パーの妖術」を使うが、「あざけり笑い」で主人公のやる気を下げるのが難点。 めぐみ【星野 めぐみ(ほしの めぐみ):『5』】 月見村で出現する忍者。 親の敵の布具里を追っていたが、捕まえた後に心が変わる。 ステータスがかなり低いが、爆弾」「回復薬」を使える。 恵理(えり)【白木 恵理(しらき えり):『5』】 正義の忍者を目指して修業中の忍者。 「七河郷赤辺谷」からギヤマン魔人の復活を阻止しに来た。 ギヤマンを所持する主人公に接触するが、結局復活させてしまう。 その後、ギヤマン魔人を封印すれば後にイベントで仲間に加わる。 素早さが高く「火遁の術」「水遁の術」「回復の術」と複数の術を使えるが、攻撃力と防御力は低い。 戦いが終わった後は、忍者学園の先生になる。 ひでこ【倉刈 日出子(くらがり ひでこ):『2』『3』『5』】 白雪山の人さらいに捕まっていた忍者。 ダンジョンをクリアした後にいろは村で仲間になる。 父親(月光の倉刈)を探している。 素早さが低いが防御力が高く、「かまいたちの術」「回復の術」を使う。 月光では仲間にならず、月光以外では倉刈が殺される可能性があるので、彼女から倉刈の話を聞いてもエンディングで再会することはできない。 月光で倉刈から話を聞いた場合、エンディングで再会する。 ミユ【西湖 美友(さいこ みゆ):『5』】 ランダムイベントで登場する食い逃げ少女。 防御力が非常に高いが素早さが極端に低い。 「水遁の術」「爆弾」を使えるが「あざけり笑い」でやる気を下げる。 イベントで主人公に食べ物を差し入れするが、ちゃっかり代金を払わせている。 アルベルト【アルベルト・安生・アズナブル(アルベルト・あんじょう・アズナブル):『1』『2』『3』『4』『5』】 南蛮街で商売を行っている南蛮人。 自称「野球のエースで4番で異端審問官で神父様」。 野球人形も販売していたが、既に売り払って在庫がなくなっていたため主人公は購入できなかった。 行方不明になっている娘のアンヌを探しており、主人公に自分を仲間に加えるよう頼む。 断った場合は「娘を捕まえたら連れて行く」という約束をし、捕まえて連れて行くとお礼にパーツをくれる。 『4』の時と違い戦闘能力はそれなりに高くなっている。 HPと素早さが高く「鉄砲」を使うため火力はそこそこだが、HPに関係なくランダムで逃げる厄介な特性がある。 イベントでは「金銭的な援助をする」と主張し、彼に計2回の投資を行うことができる。 1回目は投資額に関わらず必ず成功するものの2回目はランダムであり、失敗した場合は夜逃げしてしまう(その際主人公は「胸の肉1ポンド置いていけ」と怒り出すも、凡田に注意される)。 アンヌ【アンヌ・安生・アズナブル(アンヌ・あんじょう・アズナブル):『3』】 アルベルトの妹。 妖怪軍団の四天王の一人で序盤に資金調達のために各地の村を襲撃する。 2回目以降の襲撃時に条件を満たしていると捕縛でき、アルベルトがいると洗脳が解けて仲間になる。 彼女がいると、野球仮面が仲間にできる可能性がある。 野球仮面に好意を持っている。 全ての仲間の中で最も素早さが高いが、防御力が低い。 術は使えないが「変わり身の術」で攻撃を無効化することがある。 妖怪軍団に参加する前の記憶が無い。 中盤から活動を開始するが、暗殺などは気に入っておらず、正々堂々と勝負を挑んでくる。 アンヌを仲間にした状態で何度か撃退すると、アンヌに助けられて仲間に加わる。 払う給料は高いが、基本能力値は主人公と全く同じ(レベルアップに必要な経験値が高いのも同じ)であり、ドミオと並んで全キャラ中最強クラスの能力を誇る優秀なキャラ。 「火遁の術」「水遁の術」を使う。 美咲(みさき)【安達 美咲(あだち みさき):『5』】 うこん岳に住む薬師。 鬼の力を抑えるために研究中。 はじめは主人公の手助けをし、鬼の力のイベントが進むと戦いに参加するが、イベントが進み過ぎると主人公の手で殺さなければならなくなる。 服部(はっとり)【服部 国男(はっとり くにお):『3』】 ランダムイベントで城へ売り込みに来る軍師。 これまでに四つの国に仕え、軍隊を委任されるなど重用されていたが、思ったことを正直に言う性格であるために煙たがられていた。 給料が高く、仲間にしても三鷹がいる場合は「名将二人は凡将に及ばず」と言って身を引いてしまう(後で三鷹を仲間に加えた場合も同様)。 「火遁の術」「パーの術」「回復の術」を使うが、軍師のため能力は低い。 軍師ではあるが、三鷹よりもイベントで役に立つ機会が少ない。 三鷹(みたか)【三鷹 光一(みたか こういち):『1』『3』】 へそ村にいる軍師で、「臥龍の三鷹」と呼ばれる名軍師。 気まぐれな性格で、気に入った者の下でしか働かない。 素早さが高く「回復の術」を使うが、攻撃力が全キャラ中最低のため戦力にはなりにくい。 一定日数以内に仲間にしないと暇だからという理由で他の勢力に仕官に行ってしまう。 暗殺を行おうとしている曽根村を買収したり、敵里の間者の妨害を退けたり、ユイの居場所を見つけたり、洞窟を見つけたりとかなり役に立つが、その分給料も高い(全ての仲間の中で最高額)。 仲間にする際には彼の元を三度訪れる必要がある。 主人公のレベルが10以上の場合にイベントで出現し、一対一の勝負に勝てば仲間になる。 能力は術は使えないがやや攻撃寄りのバランス型で、HPが高い。 イベントでは二人で修行を行うことができ、経験値を稼げる。 今回は『4』と違い、経過日数に関わらず必ず最終決戦で登場。 野球人形を完成させ大名の城へと運ぶ主人公達を襲撃し、その場で正体を明かした後自身の目的が珠の回収であることを語り、Zガンダーゴーレムで戦いを挑んでくる。 ガンダー戦の勝敗に関わらず野球人形を奪うことには成功するも、回収した人形は主人公が用意した爆弾付きの偽物であったため珠の回収はならず、本物の人形は別働隊によって無事に大名の下へ届けられた。 『4裏』で登場したカメーダと同一人物で、この後のシリーズの裏サクセスでも度々登場する常連キャラ。 曽根村(そねむら)【曽根村(そねむら):『2』】 妖怪軍団の一味であり、妖怪四天王の一人。 暗殺を得意とする正統派忍者で、アンヌや野球仮面のことをよく思っておらず、亀田のこともあまり信用していない。 中盤に任務を開始し、特定の仲間に説得させるイベントを起こさない限り仲間が殺されていく。 らんだむで主人公を襲力ことあり、その時のみ曽根村と戦戦うことが出来る。 能力は平均的だがMPが非常に高く、「コワスの術」「パ~の術」を連発する。 展開によっては滅びた里の残党を配下に加え、再起を企むエンディングとなる。 その他 行商人(ぎょうしょうにん)【進藤 明日香(しんどう あすか):『1』】 各地で商売を行っている行商人。 本名不詳。 獄門塔のダンジョンをクリアすると、そこに店を構える。 ランダムイベントで出会うと買い物ができ、その際は商品価格が2割引きになる。 石田(いしだ)【石田 昭三(いしだ しょうぞう):『4』】 各地で登場する商人。 一族が里のあちこちで商売を行っているが、皆同じ顔で主人公には全く区別が付かない。 パーツや茶器、巻物などを売ってくれる他、浪人と商談をしていることもある。 佐藤(さとう)【佐藤 勇太(さとう ゆうた):『1』】 茶屋の店主として登場する。 こんぺい塔のダンジョンをクリアすると、そこに店を構える。 ようこ【沢井 ようこ(さわい ようこ):『1』】 いろは村でだけ登場する村人。 村の女性が次々とさらわれて、次は自分ではないかと心配している。 村人(むらびと)【主人公の父(しゅじんこうのちち):『4』】 各地の村で出てくる村人。 主人公に妖怪の掃討や資金援助などの頼み事をしてくる。 大名(だいみょう)【垣内 善治(かきうち ぜんじ):『3』】 娘の姫に頼まれ、野球人形の制作を依頼した大名。 野球人形の納入が間に合わなかった場合、直接南蛮から人形を買い付ける。 使者として風雅の里に向かうが、途中で喧嘩してそれぞれ別の里(金男が水虎、銀次が火竜、晴男が月光)に依頼を持って行ってしまった。 一定日数経過時に催促をしにくる他、茶器を買い取ろうとしてくる。 浪人(ろうにん)【火星カンパニー社員(かせいカンパニーしゃいん):『3』】 一部のイベントで登場する浪人。 商人と商談をしているイベントでは乗り込んできた主人公に何度も金を巻き上げられ、「自由経済未だならず」と言いつつ倒れる。 藤田(ふじた)【藤田 源五郎(ふじた げんごろう):『4』】 鎧兜を身に着けた3人の侍の用心棒の1人。 回転くじ引き屋に雇われ登場。 回転くじ引き屋(かいてんくじびきや)【今田 勝蔵(いまだ かつぞう):『2』『5』】 へそ村と南蛮街で回転くじ引きを行っている人。 服装は表サクセスと同様。 くじ引き台には当たらないように細工が施してあるが、主人公に一等を2回も当てられてしまう。 幸恵(ゆきえ)【山口 幸恵(やまぐち ゆきえ):『2』『5』】 ドミオのイベントで登場する茶屋の店主。 小角と大神、たかゆきが好意を抱いている人物で、3人のアルバムでも登場する。 バッタ妖怪(バッタようかい)【立花 ボボ(たちばな ボボ):『3』『5』】 ランダムイベントで登場し、イナゴを大量発生させ農作物を荒らす。 自分がこの世界で浮いていることを気にしている。 忍者(にんじゃ)【忍者(にんじゃ):『5』】 各地で登場する名前のない忍者でいわゆるモブキャラクター。 階級は下忍。 『5』では焦げ茶色の忍び服の忍者だけだったが、本作で緑迷彩忍び服の忍者が追加され全2人の忍者が登場。 主人公が水虎と火竜の際は120日目までに野球人形が完成出来なかった事で主人公と凡田を暗殺しに来る。 としおくん 野球人形納入時のZガンダーゴーレム戦で特定のアイテムをすべて所持していると主人公に召喚される怪物。 名前は主人公がその場で思いついたもの。 Zガンダーゴーレムに応戦するも瞬殺され、主人公からも存在をなかったことにされる(一応、Zガンダーゴーレムが通常時より弱体化するという利点がある)。

次の

ポケット戦国[iPhone]

ポケット戦国

城の防御力を高めたり、櫓や忍者屋敷などの施設を作ることも大切です。 不要な敵を作らないように、外交を行うことも欠かせません。 武将を雇い軍勢を整えたら、いよいよ隣国に攻め込んで下さい。 同盟国の援軍があれば、勝利は確実です。 収入額は人口や民の忠誠度、治安などに左右されます。 「新田開発」や「商業投資」を行って土地を豊かにし、「施し」を行って民の心をつかんで下さい。 民の忠誠度が下がると、一揆が発生して城を乗っ取ってしまいますのでご用心!「寺」を建設すれば、僧侶が近くの城の忠誠度を上昇させてくれるでしょう。 いくさで治安が悪化すると、盗賊が発生して周囲の城の治安を悪化させますが、そんな時は「奉行所」を建設!お奉行様に盗賊をやっつけてもらいましょう。 「大仏」を建設すれば、その城は参拝客が押し寄せる人気の観光スポットになるでしょう。 金山がある城では採掘所を建設!強力な軍隊を養い、戦争を継続するには、しっかりとした経済力が不可欠です。 友好が高まれば同盟を結ぶことも可能です。 同盟国は、自国が攻められた時に助けてくれる、とても頼りになる存在です。 同盟国に、攻略目標の城への援軍を求めれば、勝利は間違いありません!でも、八方美人にはならないようにご用心。 強力な大名が隣接している場合は、臣従して庇護を求めるのも良いでしょう。 盟主となった大名はあれこれと出兵命令を出してきますが、コツコツと命令をこなせば恩賞を与えてくれます。 逆に自国が強大な場合は、弱小大名を威圧して家臣にしましょう。 ポケット戦国では、大名も新参武将も、一人の武将が率いる兵は1000人。 大軍を編成するには、それだけの武将を雇用する必要があります。 部隊の兵科 兵の種類 には、「足軽」「侍」「鉄砲」「騎馬」の4種類があり、国ごとに兵の強さが異なります。 たとえば信濃の騎馬や、三河の侍は強く、逆に尾張の兵は弱いことに定評があります。 しかし心配ご無用!「道場」を建設したり、「訓練」を行ったりすることで兵隊の質は向上し、「政策」で兵隊の能力を高めることもできます。 合戦はリアルタイムに進行しますが、部隊へ命令する時には時間が止まりますので、ゆっくりと決断を下すことができます。 合戦では、何よりも「士気」 兵隊の"やる気" が重要です。 士気が下がると兵の能力が落ち、ゼロになると逃げ出してしまいます。 戦いで士気が下がった部隊は後方に下げて、適度に休憩を与えてください。 部隊には兵科に応じて得意な能力があります。 ・「足軽」は防御力に優れています。 槍衾を並べて、戦線を維持するのがお得意です。 でも、突破力がないのが悩みの種。 ・「侍」は攻撃力に優れています。 抜刀突撃で、敵の槍衾を突破するのだ! ・「鉄砲」は遠隔攻撃が可能です。 どんな敵でも、命中すれば一発でやっつけます!でも防御力はとても低いので、敵が近づかないように気をつけてネ。 ・「騎馬」の持ち味は、抜群の機動力!そして、すぐれた破壊力を持つ「突撃」です!敵の背後から突撃すれば、敵部隊を瞬殺するでしょう!足軽で敵部隊を防ぎつつ、背後からの騎馬突撃で敵を粉砕するのが勝利の黄金パターン!でも防御力が低いので持久力はありません。 一撃離脱と側面攻撃こそが、騎馬隊の本領よぉぉー! さあっ、用兵家としての君の手腕を存分に見せてくれっ!! さらに詳しい情報は、デベロッパWebサイトで見てね。 アプリの内容が詳しく分かるゲーム動画もあるよ! 【対応機種】 iPhone5以降 メモリ容量1GB以上の機種 【メイングラフィック】 蓮賀まさとき.

次の

戦国好きの開発者が情熱を持って作り上げたスマホの歴史シミュレーションに、「本能寺の変」を含む大型アップデートが導入【レビュー:ポケット戦国】

ポケット戦国

内政も外交も戦争が充実しており、リアルタイムでの戦略性が高いです。 製作者さんの歴史愛がひしひしと感じます。 ただ幾つか不満な点もあります。 ・人口や徴兵可能数の増加が高く、また戦闘も頻繁に起こる点が……まあゲーム性を考えてそちらの方が楽しいのでしょうが、一戦一戦が現システムの合戦のようだったら個人的には嬉しかったり。 ・包囲中の城を掻い潜って別の大名が威圧して来て、ストレスが溜まります。 ・政策が同時に行えず、正面強化や側面強化などの10レベルある政策が詰まり詰まりになって進行が遅れます。 ただ、これらは個人的に変えて欲しい点であり、変えたら変えたで別の不満が他のユーザーさんから出たりするのでバランス的にしかたないのかなあと。 これら抜きでも十分に楽しいです。 デベロッパの回答 、 せっかくポケット戦国をご購入いただき、お楽しみのところを、アプリが落ちるとのことで大変申し訳ございません。 アプリが落ちる不具合につきましては、最新バージョンで改善されておりますので、お試し頂ければと存じます。 品質の改善には今後も努めて参ります。 これからも末長くポケット戦国をご愛顧頂けますよう、よろしくお願いいたします。 とにかく、ゲームバランスがいい! こういうゲームは前半良くても、後半は作業ゲームと化してしまい、結局10ヵ国ほど勢力伸ばして飽きてしまう、というのが定番です。 このゲームはそうしたダラダラを解消するために、敵国の属国化システムを導入しています。 これがいい。 特に幕府を開いて全国の大名たちちが雪崩をうって属国となり、残ったまつろわぬ大名たちにピラニアの如く襲いかかっていくのを見るのは最高です。 気づくと、夢中で2時間とかやってます。 また私は殆ど課金しませんが、本能寺の変を課金してみました。 開発者に敬意を表する意味でも。 これがまた、面白かった! 光秀と真田、上杉辺りがお勧めです。 とくに光秀でプレイしたときに発生した、本願寺イベントと細川家イベントは、やるなあ、といった感じです。 興味ある方は、是非プレイしてみてください。 損はしないと思います。 信長の野望シリーズ、SHOGUNなど色々な戦国ゲームをやってきましたが、このアプリが一番奥深く、またテンポがいいなと感じました。 今までプレイしたゲームで間違いなく一番やり込んでいると思います。 個人開発でかなり苦労されていると思いますが、これからもアップデートを楽しみにしています。 〜厚かましいのは重々承知の上でおねだり〜 ・新シナリオ 関ヶ原や信長誕生以前のシナリオ。 プレイの幅がさらに広がると思うので是非欲しいです、ご検討のほどよろしくお願いします!.

次の