ジュナイパー 色 違い。 【USUM】ジュナイパーの出現場所と種族値&覚える技【ポケモンウルトラサンムーン】

色違いQRコード集アローラ図鑑全ポケモン|サン・ムーン攻略stwww.kayakfishmag.com

ジュナイパー 色 違い

どうもです クロバットVの値段釣り上がりすぎてて少しだけ焦り始めてるマシュマロです。 今回はもしJCSが開催されていたらどんな環境になっていたのかを考えてみたいなと思ったので書いています。 今回の記事は ・ムゲンゾーン以降の環境をざっくり知りたい ・JCSが開催されていたらどうなっていたのか ・ 確実にいませんが 僕の記事のファンの方 これらの方に向けた記事になっています。 ムゲンゾーン以前環境をおさらい ムゲンゾーン以前の環境のテーマとして "高速高火力で殴り切る" というのがありました 例:リザードンVmax、コズガ、ピカゼク、ザシアン Vmaxを主体にしたデッキが徐々に環境に増え始め、Tag teamでいい立ち位置にいたのは三神ザシアンとピカゼク、それらをまとめて高火力で片付けられる非Vにズガドーンがいるという感じのとにかく"高速高火力"で試合を進められるデッキが強かったように感じます。 ボスの指令やドラパルトVmaxが登場したことでLOデッキが大幅に環境から減ったこともこういった火力に振って小回りが利きにくいデッキが増えた要因だと思います。 ということでムゲンゾーン以前までの僕が考えたTier表は Tier1 ・ドラパルトVmax ・ピカゼク Tier2 ・リザードンVmax ・三神ザシアン ・コズガ Tier3 ・チラチーノLO コントロール寄り ・マルヤクデVmax ・カラマネロVmax Tier3近辺には変わり種もいますが、やはり火力で押し負けてしまうのでこの位置から上には進みづらいと考えていました。 ムゲンゾーン以降になって まず1つ目として、ムゲンダイナVmaxの登場は環境に大きな影響をもたらしたと言えます。 これにより弱点を突かれるドラパルトVmaxやダメージの範囲の関係からTag team全般がさらに立ち位置として厳しくなります。 さらにもう一つデッキを組む上で気をつけなくてはいけないこととして "ジュナイパーに詰む構築にしない" ことが重要になってきます。 ムゲンゾーンに登場したジュナイパーの特性:みつりんめいさい このポケモンは相手のGX. Vから技のダメージを受けない によって、ただ単に強いポケモンGXやV. Vmaxのみをアタッカーにするデッキはジュナイパーに詰んでしまうので ・非Vである程度攻撃できるカードを積む ・コズガなど、主体が非Vのデッキを使う ・LOなど、攻撃して勝ち切る方法以外での勝ち方を検討する などの対策が必要になってきました。 ムゲンダイナ以外のVmaxについても、イシヘンジンなど、今までエネルギー加速に乏しかったVmaxはローズによりかなり強化されたと言えます。 失った手札もローズタワーで補充できるのである程度リスクを背負うことなくローズ自体も使うことができます。 クロバットVの登場 クロバットVも環境に大きな影響を与えます。 比較されやすいポケモンであるデデンネGXとの違いを簡単に整理します。 個人的には両方1-1かデデンネ2のクロバット1くらいの配分の採用がいいかなと考えています。 理由としてはポケモンカードゲームの性質上序盤がとても大事であることを考えると、保険としてデデンネを1回切ることがあるからです。 しかしクロバットを採用しないと終盤の詰めの段階で使うためパーツを揃えるのに苦労します。 なのでこの配分が1番安定すると考えています。 もしJCSが開催していたら環境は? ここからはJCSが開催されていたらどんなデッキがどのような立ち位置にいたかを強い順に紹介していこうと思います。 Tier1 ・ムゲンダイナVmax 悪タイプという色によってドラパルトVmaxに強く、最大270ダメージが1度にエネルギー2枚で出せるという高火力高コスパな技でTag team に対してとても強いと思います。 苦手なコズガもアローラペルシアンGXを積むことで、ジュナイパーもミカルゲやマニューラなど多数のサブアタッカーを採用することである程度の勝率は担保されると思います。 クロバットVを自然に4枚採用できるため、そこまで事故率が高くないのもポイント高めです。 ・三神ザシアン プレイにブレが出づらく、先攻後攻どちらを取っても安定した試合ができます。 ジュナイパーに対してもオルタージェネシス込みのジュラルドンの下技で対処できるため、地雷枠や有象無象への隙のなさはずば抜けています。 ただムゲンダイナVmaxやピカゼク、コズガなどは2ターン目から三神を倒すことが可能な場合があるため、後攻を取らされてもいいように後攻1ターン目からオルタージェネシスを狙えるようにしたり、オルタージェネシスを切らずとも戦い切れるような構築にするなど、構築の段階での工夫は必要だと思います。 ・ピカゼク スピードが持ち味で、盤面差で相手を圧倒する戦い方が相変わらず強いと思います。 ムゲンダイナVmaxを相手取るときのプレイングが重要になってきますが、サポートカードやポケモンも充実しており、互角に戦えます。 対コズガに関してもクワガノンGXなどでロックをかけると止まってくれたりと三神ザシアン同様にかなり器用に立ち回れます。 ジュナイパーに関してもサンダーやカプ・コケコ🔸をアタッカーにすることで対処できます。 Tier2 ・ズガドーン ひのたまサーカス HPが高くても炎エネルギーをたくさん投げれば倒せます。 とにかく炎エネルギーを集めて相手を倒していける上、非Vのためサイドレースに強く、ジュナイパーにも強いです。 ただ初手で全てが決まってしまうほど勝率にブレが出る点や、終盤のリソースの使い方を間違えると負けてしまう点が大型大会に持っていく上で相応しくないと考えたためこの位置です。 ・リザードンVmax 300ダメージを出せることで大半のポケモンをワンパンしていけるのが魅力的です。 失ったエネルギーもトリプル加速エネルギーを使うことで技を連発できます。 ガラルジグザグマなどで細かい調整をすればVmaxも射程圏に落とし込める点も強いです。 ただ、序盤は溶接工が必須であることからやはり安定感はズガドーン同様あまり高くないと考えているためこの位置になっています。 Vを詰め込んだだけのデッキはこれを使えば完封できます。 アンチジュナイパーとして採用されるカードとしては ・三神ザシアンのジュラルドン ・ピカゼクのサンダー ・ そもそもメインアタッカー コズガ なので、それらを打ち返せるガルーラやアローラペルシアンGXなどで対処していきます。 結構いいカードだとは思いますがやはり2進化である以上安定性に懸念が生じるためこの位置です。 Tier3 ・タチフサグマ ブロッキング ヤミラミVやイベルタルGXをしっかり使えるとVmaxにもちゃんと勝つことができるので個人的に注目しています。 当然ピカゼクや三神ザシアン、コズガに対してはタチフサグマが技を打つことで完封が可能です。 ただ、ジュナイパーと同じく2進化でプレイングがかなり難しい点、ジュナイパーとは違いエネルギーが遅れてしまうと致命傷になる点が懸念点として挙げられるためこの位置にしています。 ・チラチーノLO コントロール ボスの指令が出たものの理論上最強です。 どのデッキと相手をしても必ず勝ち筋が存在し、5分以上の相性で戦えます。 問題は時間とプレイヤーです。 それ相応に上手でないとそもそも勝てません、時間の管理についてもです。 体に動きが染み込むまで練習しないと勝つのが難しいためこの位置にいますがプレイがわかっている人であれば間違いなくTier1だと思います。 ・ボーマンダVmax これも上手い人が使えばシリーズです。 打点の配分が難しいですが、綺麗に決まれば強いです。 ツインソニックの打点の振り分け方を練習すれば大体のデッキに勝てるようになるいいデッキだと思います。 弱点の関係で対ピカゼクがすこし重いためこの位置です。 ・ドラパルトVmax ムゲンダイナVmaxがかなり重いです。 ムゲンダイナVmax以外であればなんとかなるのですが、やはりJCSという大会の性質上、最新弾のカードのデッキの母数はかなり多いため、そこを無視して組むという勇気が僕にはないためこの立ち位置です。 終わりに いかがでしたか?もしJCSが従来通り開催されていたら、様々なデッキが群雄割拠して非常に面白い大会だということが想像できましたね。 開催されなかったのは昨今の情勢上仕方ないですが、ちょっと残念でした。 1人でこうやって考えるだけでも楽しかったので、皆さんも何人かであれが強いこれが強いと話してみるだけでも面白いかもしれませんね。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 今回はこの辺で それでは.

次の

【ポケモン剣盾】ジュナイパーの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ジュナイパー 色 違い

ギルガメッシュ:カイリューorレントラーorウインディorギルガルドorパルキアorレジギガスorフーパorニドキングorコイキング(色違い) 候補は多く上げられるが、意外とイメージにぴったりと合うものは少ない。 カイリューなら龍星群で「王の財宝 ゲート・オブ・バビロン 」からの一斉掃射を、破壊光線で「天地乖離す開闢の星 エヌマ・エリシュ 」を再現。 黄金律持ちなので、お守り小判を持たせるといい。 パルキアならばあくうせつだんで「天地乖離す開闢の星」。 レジギガスでは、圧倒的強さを持つが慢心(スロースタート)する様を再現。 フーパは映画で披露した召喚で王の財宝を表現し、フォルムチェンジで通常と小ギルと使い分けれる点で起用。 ニドキングは王という点で覚える技の種類の豊富さで「王の財宝」、つのドリルで「天地乖離す開闢の星」を再現。 色違いコイキングは金ぴかでキング 王 の一発ネタ。 ギルガメッシュ:カイリューorレントラーorウインディorギルガルド SN参照。 麻痺効果のある技で「天の鎖」、即死技で「天地乖離す開闢の星」を再現するのもいい。 CCCでは「天地乖離す開闢の星」の演出が星でも落としているかのようにパワーアップしているため、龍星群で再現するのもあり。 名前が似ているところでギルガルドも新候補に。 通常色ならば金色もあっている。 ボディパージで「AUOキャストオフ」できるのが利点。 てっぺきやリフレクターで「王律権キシャル」を、王の財宝による宝剣掃射は「せいなるつるぎ」で再現。 慢心王でいくならばキングシールドは封印してしまおう。 油断するとすぐに落とされることで慢心っぷりを表すのもいい。 ものすごく強い(という設定の)クラスなので、600族を惜しげもなく投入してもいいだろう。 あばれるかげきりんは必ず覚えさせたい。 フルアタ構成にして、相性の悪い相手でもひたすら殴るようなプレイスタイルにすれば、「力は強いけど理性を失っている」という特徴を表現できるかも。 コメント 名前: コメント:• 婦長:ハピナス まんま看護士かつピンクもかぶっている。 北米 イッシュ で活躍したことを鑑みればタブンネも良いかと -- 名無し 2020-06-21 02:48:11• 草案 Fate/Grand Order セイバー 蘭陵王:ダイケンキ ジル・ド・レェ:ギルガルド アーチャー エミヤ:アブソル アタランテ:キルリア インフェルノ:ルカリオ スマブラXのカラー 白 だとより似ている ランサー プラダマンテ:フラージェス しろいはな ライダー ゲオルギウス:バシャーモ エドワード・ティーチ:シザリガー キャスター 玉藻の前:マフォクシー 紫式部:ペンドラー 使い手のオクニ同様傘を持っているので アサシン 李書文:コジョンド カーミラ:クロバット きゅうけつ必須 加藤段蔵:ゲッコウガ バーサーカー 茶々:マニューラ -- ユリス 2020-04-21 23:56:39• Fate/Grand Order ・マンドリカルド:ストリンダー(ロー) 完全に雰囲気です。 ゲームでは癖のあるスキル持ちなので特性は「テクニシャン」 のが合うかも? ・織田信長(水着):ストリンダー(ハイ) 炎タイプのが合いそうだけどギターっぽさ重視で。 特性もちろん「パンクロック」 -- 名無しさん 2020-02-18 11:47:05• シャルロット・コルデー:キリキザン ナイフという刃物使うから刃物といえば -- 名無しさん 2020-01-03 15:18:01• プリヤ追加しました。 詳しいことはわからないのでどんどん追加していってください。 あと、紫式部はブルンゲルがいいと思います。 -- 名無しさん 2019-02-14 22:38:43• 草案 Fate/Grand Order セイバー アルトリア:シュバルゴ アルテラ:キュウコン(アローラのすがた) エリザベート:ハッサム ネロ・クラウディウス:フラージェス(あかいはな)orカラマネロ 後者は名前ネタ -- ユリス 2018-08-11 12:41:18• Fate Extra CCC パッションリップにテッカグヤは? 体重がほぼ同じ+巨大な腕+アレもでかい ので。 -- エレクトリン 2018-06-14 15:52:50• ジーク:ゼクロム ジャンヌ:レシラム ってのはどうでしょう?雷と炎というタイプも悪くないですし -- 名無しさん 2018-05-13 23:42:17.

次の

ムゲンゾーン〜JCS期までの環境を勝手に考察してみた|マシュマロ|note

ジュナイパー 色 違い

まえがき 今回は6月5日 金 発売の拡張パック「ムゲンゾーン」に収録される ジュナイパーについて考察をします。 前回の予告で新弾の注目カードを一挙に考察するとしていましたが、想像以上に長くなってしまったので、カード毎に分けて記事にしたいと思います。 注)あくまで個人の一意見であり、独断や偏見がムゲンダイナであることを前提に読んでいただけると幸いです。 カード単体の性能・評価 まずはこのカードの特徴を挙げると、、、 ・特性 「みつりんめいさい」 この特性によって V・GXポケモンからワザのダメージを受けません VMAXポケモンも含みます。 現在の環境上位にいるデッキの大半はアタッカーがV・GXポケモンで固められているので、同じ構築で臨むと簡単に詰んでしまいます。 ・ワザ 「スプリットアロー」[草無] 90+20+20ダメージで 130ダメージ相当の価値があります。 非Vポケモンでこのコスパはなかなか優秀です。 また、特性の効果でバトル場に長く居座ると攻撃回数も増えて、テキスト以上の価値を出せます。 ・ 2進化ポケモンである このカードの一番弱い点でしょう。 以前のフーパ 特性「バンデッドガード」 のように、デッキに1枚だけ挿してストッパーにする使い方は厳しいです。 カードパワーが非常に高いので、汎用性を落とした良い調整だと思っています。 ・ 草タイプである 草タイプは ネットボール・ ターフスタジアム・特性「たいようのめぐみ」に対応するので、場に展開するのが容易です。 ・ HP140&炎弱点 耐久力だけ見ると貧弱ですが、 そもそも特性でワザのダメージを受けないことを狙っているので特に問題にはならないでしょう。 ・にげるエネルギーが2。 ふうせんでコストを払わずに逃げられます。 ですが、基本的にバトル場に居座るポケモンなので、にげるエネルギーの数は重要視されにくいです。 過去のデッキから学ぶ 刺さるデッキと対戦するとこうなります。 特性「みつりんめいさい」の強さがピンとこない方は一度見てみてください。 対策の仕方 このようにジュナイパーは対策を取っておかないと完封される恐れもあるため、その対策方法を考えてみましょう。 また、ジュナイパー側はその対策方法を潰せる 対策の対策を考える必要が出てきます。 ・非V・GXポケモンで闘う これが一番単純明快です。 ジュナイパーの特性を貫通できるポケモンで戦えば良いわけです。 しかし、非V・GXポケモンはパワーやHPが低いため、ジュナイパーにも他のポケモンにも勝てるポケモンを探すのは簡単ではありません。 ・進化の道筋を断つ 1)グッズロックをして ふしぎなアメを封じる 2)ウオノラゴンの特性「げんしのおきて」で 手札からの進化を封じる などといった方法があります。 しかし、フクスローを介して順当に進化したり、 ポケモンブリーダーの育成やモクロー&アローラナッシーGXのワザ 「スーパーグロウ」などで切り抜けられるので、完璧な対策とは言えません。 ・ワザの効果を使う ジュナイパーはワザのダメージを無効化出来ても 効果は受けます。 例えば、ドラパルトVMAXのワザ 「ひきさく」+げんきのハチマキでジュナイパーを2回の攻撃で倒せます。 デッキ構築例 ジュナイパーに似た効果のカードは以前からずっと存在するので、それらのデッキタイプを踏襲することからデッキ作りを始めました。 基本的には ジュナイパーで見れない範囲を誰でカバーするかという話です。 ガルーラ型 このデッキは上記の動画で使用された フーパブラッキー スイクンテラキオン を基にした構築です。 ジュナイパーを倒しにくるポケモンはHP120程度であることが多いので、ガルーラで倒しにいきます。 デッキコード:PQQNLg-rQNn0i-PgiQgn メガニウムラグラージ型 2進化ポケモンが絶え間なく立つようにメガニウムの特性 「そうじゅくハーブ」を利用します。 V・GXポケモンに対してはジュナイパーで足止めして、それ以外のポケモンはニドクインで倒します。 デッキコード:NNggHQ-WSZmQU-9gnnNL ジュカイン型 現在の環境でジュナイパーを動かす上で、一番の壁になるのがズガドーン ワザ「ひのたまサーカス」 です。 その構築上の弱点を特性 「ネイチャーパワー」のジュカインでカバーする構築です。 デッキコード:FvfdVf-3aFw18-FkkFVf カプ・レヒレ型 この構築はジュカイン型の派生型として生まれました。 ジュナイパーの天敵はズガドーンしかいないと考えるのであれば、カプ・レヒレを多投すれば良いのではないかという考えです。 デッキコード:NnnLHn-ZThmlA-NQLgQg あとがき いかがでしたか?大会に持っていく全てのデッキが対策を強いられるので、環境や今後のデッキ構築に大きな影響をもたらすでしょう。 実際の大会ではどれほど活躍するか期待ですね! 次回は新弾のスイクンについて考察します。 お楽しみに。 最後まで読んでくれてありがとうございました!.

次の