ツイッター 動画 100。 浜辺美波 100万人突破のツイッター動画はこちら!インスタやFacebookは?

自民・甘利氏ツイッターが話題 親近感出し再生100万回

ツイッター 動画 100

弾き語りは、量 下手くそ弾き語り投稿『夜にうたおう』 昨年 2019 の夏頃からだったか、ツイッターに『夜にうたおう』とシリーズタイトルを付けて、弾き語り動画の投稿をはじめた。 どうしてやろうかと思い立ったかというと、ツイッター投稿のコンテンツとして、つぶやくとか、リツイーとばかりじゃ面白くないだろう、と言う考えからだった。 イラストとか、マンガとか、自分がやってることとか、ツイッターに投稿している人がいる。 それで、そのひとがどんな人だとかわかることになるし、そのひとのそんなツイートがそのアカウントの売りになるのだと思う。 自分の場合、ライブハウスのオープンマイクにうたいにいくことも近頃ほとんどなくなったし、それでもうたいたい気持ちはあって、浜にうたいにいったりしていて、じゃあ、弾き語りが投稿コンテンツとしていいんじゃない? ということになった。 絵とかイラストでもよかったかなあ、とは思う。 それでも弾き語りの投稿をやろう、と決めたのでやらないといけない。 はじめはぼちぼちとというペースだったのだが、昨年末辺りから投稿頻度が増して、ほぼ毎日投稿するようになっていった。 ツイッターでは、そのまま動画を投稿する場合、2分半まで、と時間が決まっている。 その長さを超える動画の場合、自分のサイトや動画投稿サイトなどにあげて、そのリンクを貼るとかのやり方がある。 なので、一曲通してやる必要がないので、YouTube に投稿することを思うと楽だったし、YouTube に投稿するときのような手続きもいらないので、気軽で、撮り溜めもできるし、なかなか楽しく投稿しつづけていた。 それでも、数が増していくと、うたいたいうたがなくなっていくので、そこが苦しいところだなあ、ということになって、100曲で、その投稿頻度をストップすることになった。 100曲達成後も、まだ続けていっているのだが、ペースは落とした。 で、100曲やって気づいたことがあるので、そのことを書いておきたい。 弾き語りをはじめたひとなんかの参考になればいいと思う。 ひとことで言ってしまうと、弾き語りは、量だよ、ってことになる。 YouTube に、『夜にうたおう』以前に弾き語り動画を上げていたのだが、どうも、かしこまって動画を作ったりで神経を使ったりするので、『夜にうたおう』以前はそんなに弾き語り動画を上げてこなかった経緯がある。 ツイッター『夜にうたおう』の投稿は、じゃんじゃんやれて、へたくそで良しとしているので、それはもちろん弾き語りのクオリティも大切だが、投稿頻度、量も大切なので、スピーディに進められた。 で、立ち止まることなく100曲に向かうというスタンスになっていったので、思いつくまま曲を決め、ちょっと弾いて、できそうだったらすぐ録音、というふうにやっていた。 一曲一曲の完成度をあげて録音、ということではなかったのだが、自分が歌いたいと思っている曲のすべてができるものではない、とやりたい曲とできる曲について考えることができたのがよかったと思う。 また、うたえるだろう、と思ってやってみて、この曲はやって面白くないな、と気づくこともできた。 曲と自分。 自分の好みと曲。 また、やりたいのだが自分の技術的に無理だった、なんて曲もあった。 100曲続けて、いろいろとわかった。 これまでだったら、この曲は、ここで決めのフレーズを入れないととか、バッキングのアルペジオができないと、とか思って、それができるようになったらやろう、とかいうことになっていたと思うのだが、そう思うことができるまでの時間、けっこう長くなりそうで、その練習をするのはよくても、できるまで立ち止まってるより、ボロい箇所が多くても、それも踏まえてやっていると、身につくことは多いので、どんどんやって、やりながらうまくなるってやり方がいい、って思えた。 あと、録音機材についても、自分の少しの機材だが、使い方の理解が深まったこともある。 弾き語りで悩んでいるひとがこの記事を読んでくれたなら、そのあなたに言いたいのは、とにかく量だよ、ってことを言いたい。 また、SNS や YouTube に録音して上げるのも、気づくことが多いので、やれば、ってススメたいです。 自分の Youtube サブチャンネル camera ohara に『夜にうたおう』の動画を10本づつまとめてあげています。 よかったら、どれだけへたくそなのか、見て確認してください 笑)。 153• 122•

次の

ツイッター動画の保存ツール!

ツイッター 動画 100

100日後に死ぬワニ 100日目 100日後に死ぬワニの100日目について中日スポーツが報じました。 漫画家きくちゆうきさんが昨年12月19日から自身のツイッターとインスタグラムでスタートさせた4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」(毎日更新)が20日に完結した。 19日の99回目は、桜の満開が近いことをワニが喜ぶという内容だった。 引用元:中日スポーツ|2020年3月20日 スポンサーリンク ツイッター 100日後に死ぬワニの最終回となる100日目が2020年3月20日に投稿されました。 漫画家きくちゆうきさんのツイッターがこちらです。 「100日後に死ぬワニ」 100日目 — きくちゆうき yuukikikuchi スポンサーリンク インスタ 100日後に死ぬワニの4コマ漫画を描いている「きくちゆうき」さんのインスタはこちらです。 投稿1396件でフォロワー数39. 5万人とワニ効果で急激に増加していきています。 でも今日が100日目の最終回なのでまた続編をやってほしいですね。 未来を予告されていただけに様々な憶測が飛び交い、久々に次作が楽しみと感じられる内容でした。 今を無事に生きれることは当たり前ではないのだと痛感した。 明日の7時過ぎになったらいなくなったことをもっと実感するのかな。 なにはともあれ私たちは無事に生きていることに感謝。 これを見ると「もうアイデアは出尽くした」とか「オリジナルより既存のもの」というのはただの言い訳だというのが分かる。 個人的には、初見『おしん』の明日で最終回にも喪失感がもうある。 しかし、誰もが他の物事への終わりを糧に生きて行くしかないのだろう。 11コマ目と12コマ目の間は少し時間が空いていて、携帯電話はネズミくんのもので、ひかれているワニくんを見て思わず落としてしまった。 12コマ目に写っている携帯電話の投稿が既読になってるから、投稿者の携帯電話。 コブラツイスターズの「サクラサク」という曲に乗せて読んだら、めっちゃしっくり来た。 まぁ、そんなことしてたん俺だけなんやろうけど。 スポンサーリンク 100日後に死ぬワニ 100日目のまとめ 100日後に死ぬワニがとうとう100日目を迎えてしまい日本全国で悲しみやワニロスが広がっています。 漫画家きくちゆうきさんのワニの4コマ漫画はインスタやツイッターで無料見ることができることが判明しました。 いきものがかりとのYouTube動画も公開されこれまでの100話のダイジェストとしてみることができるのでお勧めです。

次の

のぞき見ドキュメント100カメ「ツイッター社」再放送・見逃し配信動画 Twitter Japanにカメラが潜入!

ツイッター 動画 100

MLB公式サイトのコーナー「Cut4」がツイッターで動画を紹介 いつまでも選手の、そしてファンのロマンである豪速球。 現在の野球界では100マイル(約160キロ)を投げる選手も珍しくはなく、ヤンキースのアロルディス・チャップマン投手とカージナルスのジョーダン・ヒックス投手が記録した105. 1マイル(約169. 1キロ)となっている。 それが女性となれば、凄みは増すというもの。 MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」のツイッターでは、ある女性が100マイル?キロ?のボールを投じる映像を紹介。 再生回数が175万回を超え、反響が広がっている。 「Cut4」のツイッターは「100を投げる15歳が必要な人は?」として動画を紹介。 そこには黒髪の女性がゲームでボールを投げ込む姿が映されている。 その機械の左上部にはスピードガンが設置。 1球目の表示は「97」、そして2球目には「100」が表示された。 「信じられない!」 「何だって?」 「キロでしょ。 それかスピードガンが間違ってる」 「これってキロ? マイル? どっちでも凄いと思うけどね」 「Dバックス、サインしろ!」 「ホワイトソックスには高額すぎる」 「パイレーツ!」 「スコット・ボラス」 この表示がマイル表示なのか、キロ表示なのかは不明だが、動画は再生回数が175万回を超える大反響に。 おそらくは100キロなのだろうが、ファンからは驚き交じりのコメントが並んでいた。 (Full-Count編集部) 外部サイト.

次の