ギガライト。 【繰り越しはなし?】ドコモのギガライトのメリット|ギガライト2との違いまで徹底解説

ドコモのギガホ/ギガライトをわかりやすく完全解説

ギガライト

ドコモの現在の料金プランは「ギガホ」と「ギガライト」が基本となっていて、音声通話、データ通信、SPモードの料金を一体化した料金プランとなっています。 大容量データ通信ができる「ギガホ」は月額6,980円、データ通信をあましない「ギガライト」は月額2,980円〜5,980円となっていて、スマホ環境に合わせてプランを選ぶことができます。 ここでは、 ドコモの新料金プラン・「ギガホ」と「ギガライト」の詳細と従来のベーシックデータパックとの違いについて詳しく比較していきたいと思います。 なお、「ギガホ」または「ギガライト」を契約することで「Amazonプライム」が1年間無料となるキャンペーンも開始しています。 従来のIPS接続料金(SPモード)と音声通話は料金プランに含まれていますが、かけ放題をする場合は音声オプションを付ける必要があります。 ただし、「ギガホ」と「ギガライト 」は基本的に月々サポートや端末購入サポートによる端末割引がないので実際のトータルの金額はさほど差はありません。 (時期によっては端末割引がある場合もある。 ) iPhone 7(32GB)を購入した場合 オプション名 ギガホ(新プラン) ウルトラデータLLパック 基本料金 6,980円 データ:8,000円 シンプルプラン:980円 SPモード:300円 合計:9,280円 iPhone 7(32GB) 1,650円(24回払い) 1,100円(36回払い) 1,650円(24回払い) 割引 — -1,500円 合計 8,630円(24回払い) 8,080円(36回払い) 9,430円 ドコモのiPhone 7はApple Storeで買うよりも安い39,800円で手に入れることができます。 なので、ギガホとの組み合わせでも従来のプランよりも安くなる可能性が高そう。 旧プランのウルトラデータパックLLを使っているユーザーは今回の新プランにより通信料金を抑えることができそうです。 ドコモのギガライトの料金イメージ ギガライトは20GBのプランが廃止されてしまいましたが、60GBのギガホが6,980円なのでベーシックパックの7,000円より安く使うことができるようになっています。 こちらのプランも端末代金の割引を受けることができないので実際の料金は高くなります。 iPhone 7を購入の料金比較 仮にiPhone 7(32GB)を購入して5GBのデータ通信をした場合の料金を新旧プランで比較してみました。 iPhone 7(32GB)を購入した場合 オプション名 ギガライト(新プラン) ベーシックパック 基本料金 〜5GB:4,980円 データ〜5GB:5,000円 シンプルプラン:980円 SPモード:300円 合計:6,280円 iPhone 7(32GB) 1,650円(24回払い) 1,650円(24回払い) 割引 — -1,500円 合計 6,630円 6,430円 ギガライトとベーシックパックの比較だとギガライトの方が200円高くなってしまいました。 つまり、ドコモの新料金プランはデータ通信をたくさんするユーザーは安くなりますが、あまりデータ通信をしないユーザーは高くなる傾向があるようです。 データプラス:1,000円 データプラスはギガホ・ギガライトのデータ通信量をシェアすることでデータ通信をすることができるプランです。 つまり、iPadにデータパック(Xi)のSIMカードを入れて親回線のギガホまたはギガライトのデータ通信量を使って通信をすることができます。 新プランのデータプラスならプラス1,000円でギガホまたはギガライトのデータ通信をシェアすることが可能となっています。 iPhoneをドコモで契約しているならiPadは合わせて買ってしまった方がお得に使えるのかも。 特にギガホだとデータ通信量が60GBあるのでシェアもしやすいので良いですよね。 ケータイ向けの新プランは結構安くていいんじゃないでしょうかね? 家族割「みんなドコモ割」:500円〜1,000円割引 従来のプランはシェアオプションを組み合わせることで料金を安くすることができましたが、シェアオプションが廃止されるため家族割プランが復活します。 家族割の対象の料金プランは「ギガホ」と「ギガライト」の二つのみです。 みんなドコモ割 プラン名 月額料金 (2年定期契約の場合) 1回線 2回線 3回線以上 みんなドコモ割の割引金額 0円 -500円 -1,000円 ギガホ(Xi) 6,980円 6,980円 6,480円 5,980円 ギガライト(Xi) ~7GB 5,980円 5,980円 5,480円 4,980円 ~5GB 4,980円 4,980円 4,480円 3,980円 ~3GB 3,980円 3,980円 3,480円 2,980円 ~1GB 2,980円 2,980円 2,480円 1,980円 夫婦二人でドコモを使えば1回線あたりが500円の割引を受けることができるので合計1,000円安くなります。 お子さんの3人で使えば1回線あたりが1,000円の割引を受けることができるので合計で3,000円の割引となります。 例えば、夫と妻が〜1GB、子が〜3GBのギガライトを使った場合の料金はこうなります。 ただし、夫のスマホの端末割引は25ヶ月目で0円になるので3年目以降は13,080円となります。 夫 妻 子 基本プラン ギガライト 〜5GB:4,980円 ギガライト 〜1GB:2,980円 キッズケータイプラン:500円 音声オプション 5分かけ放題:700円 — — みんなドコモ割(2回線) -500円 -500円 0円 ドコモ光セット割 -1,000円 0円 0円 各回線の料金 4,180円 2,480円 500円 ドコモ光 5,200円 合計 12,360円 これを新料金プランのギガライトに変更して試算してみるとこうなりました。 キッズケータイプランは家族割の対象にはならないので2回線での試算となります。 ドコモの新プランの料金 24ヶ月以内の料金は旧プランの方が安くなりますが、25ヶ月目以降の料金は700円ほど安くなります。 月々サポートや端末購入サポートといったサービスが終了してしまうので端末代金込みで見ると最初の24ヶ月間は通信料金が高くなってしまうみたいです。 25ヶ月以降は端末代金の支払いが終了するので長く同じ端末を使うのであれば新プランの方が安くなりそう。 たった700円ですが、従来のプランのべーシックシェアパックだと親回線のデータ量をシェアし二人で5GBを分け合う形になっていましたが、新プランのギガライトなら各回線で5GBと1GBのデータ量を確保しつつ全体の料金を少しだけ安くすることができます。 ギガライトとベーシックシェアパックの比較(3回線) では、家族3人で使った場合の料金を比較してみます。 旧・ベーシックシェアパックでシェアオプションを組み合わせると最初の24ヶ月間は10,660円となり、25ヶ月以降は12,860円となります。 (端末代金は考慮してません。 ギガライトの料金(3回線) 夫 妻 子 基本プラン ギガライト 〜3GB:3,980円 ギガライト 〜1GB:2,980円 ギガライト 〜1GB:2,980円 音声オプション 5分かけ放題:700円 — — みんなドコモ割(3回線) -1,000円 -1,000円 -1,000円 ドコモ光セット割 -500円 0円 0円 各回線の料金 3,180円 1,980円 1,980円 ドコモ光 5,200円 合計 12,340円 うーん…。 新プランで安くなるシチュエーションがなかなか出てこないですね。 ギガライトとベーシックパックの比較(1回線) では、お一人様だとどうなるのかギガライトとベーシックパックで比較してみました。 旧プランはdocomo withで端末を購入した場合を想定しているので1,500円の割引を受けることができます。 ギガホとベーシックパックの比較(1回線) プラン名 ギガホ(新) ベーシックパック(旧) 基本料金 〜60GB:6,980円 データ〜20GB:7,000円 シンプルプラン:980円 SPモード:300円 合計:8,280円 割引 — -1,500円 合計 6,980円 6,780円 ギガホ(〜60GB)とベーシックパック(〜20GB)の比較だとギガライトの方が200円高くなります。 データ量が違うのでデータ通信をたくさんする人は新プランの方がお得になるのかもしれません。 ギガホとウルトラシェアパック30の比較(3回線) 大容量プランの場合はどうなるのか比較してみましょう。 旧プランはウルトラシェアパック30を契約してシェアオプションでデータ量を分け合うことができます。 全員で90GBのデータ通信が使えるようになりますが、こんなに使うのかな…。 ギガホの料金(3回線) 夫 妻 子 基本プラン ギガホ 60GB:6,980円 6,980円 6,980円 音声オプション 5分かけ放題:700円 — — みんなドコモ割(3回線) -1,000円 -1,000円 -1,000円 ドコモ光セット割 -1,000円 -1,000円 -1,000円 各回線の料金 4,980円 4,980円 4,980円 ドコモ光 5,200円 合計 20,140円 めちゃくちゃ高くなってしまいました。 ドコモは家族3回線で使った場合で安くなるって言ってましたが、どういうことなんだろう。 確かに妻と子をギガホじゃなくてギガライトにすれば安くすることができますが。 これは安いのかも。 ただし、iPad本体の端末割引がなくなるので実際は料金に差はないでしょう。 3年目以降も料金が安いまま維持できるのが新プランのメリットと言えそうですね。 長くiPhone 7を使うなら新プランの方がいいんかも? ちなみに、ので問題はないかと思います。 つまり、新プランになることで事実上の値上げってやつでしょうかね。 では、家族2人がiPhone 7を購入した場合はどうなるのか。 つまり、 新料金プランは家族で購入することができれば従来のプランよりも安く料金を抑えることができる…ということになります。 スマホおかえしプログラムについて 新料金プランに合わせて端末の購入方法も新たに36回払いを選ぶことが可能となっています。 さらに、24ヶ月後に端末を返却することで残り12ヶ月分の費用を免除してくれる「スマホおかえしプログラム」もスタートしています。 主にハイエンドスマホを対応としたプログラムとなっていますが、定期的に新しいスマホに機種変更していくという方にとっては頼もしいサービスと言えるでしょう。 詳しくはこちらの記事をどうぞ!.

次の

ドコモのギガホ/ギガライトをわかりやすく完全解説

ギガライト

当該期間内での解約は1,000円の解約金がかかります。 同一「ファミリー割引」グループ内で「ドコモ光ミニ」のみご利用の場合は、割引条件などが異なります。 ただし、ドコモ販売店での直近の購入機種(ドコモケータイ、らくらくホン(らくらくスマートフォンを除く)、キッズケータイに限る)18か月以上のご利用が条件。 当該期間内での解約は1,000円の解約金がかかります。 同一「ファミリー割引」グループ内で「ドコモ光ミニ」のみご利用の場合は、割引条件などが異なります。 ただし、ドコモ販売店での直近の購入(ドコモケータイ、らくらくホン(らくらくスマートフォンを除く)、キッズケータイに限る)18か月以上のご利用が条件。 【「ギガホ」「ギガライト」について】• 割引適用中回線の料金プランを変更する場合、割引は終了します。 「端末購入サポート」適用中の場合、所定の解除料が発生します。 この期間内は「docomo Wi-Fi無料キャンペーン」の適用により、無料となります。 なお、キャンペーン終了後は、無料でWi-Fiがご利用になれるdポイントクラブ会員向けの「d Wi-Fi」へのお申込みをおすすめします。 詳しくは、「」をご確認ください。

次の

「ギガホ2」「ギガライト2」って何?ドコモの更新月に新料金プランへ変更してみた。

ギガライト

ギガホ・ギガライト概要 ギガホ・ギガライトと既存プラン違い特徴 ギガホとギガライトと既存プランとの違いは、通話・データ通信・インターネット接続サービス これが 全部まとまったためシンプルな料金プランになったのです。 今現状のプランは 基本プランの場合、スマートフォンだけでも4種類 パケットパックの場合、1人と家族の場合は違ったり とひとつずつの種類、その人の置かれた状況によっていろんなプランがあり、さらにドコモ独自の毎月の使用料を抑えてくれる『月々サポート』や『docomo with』などがあったため、料金プランのマニアでないとよくわからない状態でした。 ココから、利用状況にあわせて通話や、タブレットなどのオプションプランをつけることができます。 オプションプランについては、ギガライトと一緒なのでこの後説明します。 ギガライトとは 毎月の利用しているデータ量に応じて料金が変動します。 上限がドコモ側で7GB設定されている料金プランです。 最低は2,980円から、最大5,980円で、利用データ量が7GBを超えた場合は最大128Kbps通信と速度が遅くなります。 おすすめな人 ステップ1 ~1GB ステップ2 ~3GB ステップ3 ~5GB ステップ4 ~7GB 割引き適用前 2,980円 3,980円 4,980円 5,980円 みんなドコモ割適用 1,980円 (-1,000円) 2,980円 (-1,000円) 3,980円 (-1,000円) 4,980円 (-1,000円) ドコモ光セット割 適用 2,980円 (-0円) 3,480円 (-500円) 3,980円 (-1,000円) 4,980円 (-1,000円) みんなドコモ割+ドコモ光セット割 適用 1,980円 (-1,000円) 2,480円 (-1,500円) 2,980円 (-2,000円) 3,980円 (-2,000円) この料金が毎月の基本維持費になります。 ココから、利用状況にあわせて通話や、タブレットなどのオプションプランをつけることができます。 みんなドコモ割・ドコモ光セットにすると毎月1,000円~2,000円割引きがされるためセットプランになるとかなりお得だというのがわかるのではないでしょうか。 割引きが無くても、1人で1GB以下のあまり使わない場合 ギガライトにすると2,980円に料金がなります。 ギガホ・ギガライトにつけれるオプション 上記のギガホ・ギガライトの基本料金に自分の利用状況に応じてオプションをつけることができます。 仕事関係で家族以外とも通話をする ギガホ・ギガライトの基本料金の通話は ・家族間通話無料 ・家族以外への通話30秒あたり20円 家族以外とも通話する方には、オプションをつけることができます。 ケータイやキッズケータイも家族間通話無料で使うことができます。 ・ケータイプラン:月1,200円~ ・キッズケータイ:月500円~ キッズケータイに関しては、対象機種や利用者が12歳以下、お申込み時に「ファミリー割引」グループに副子回線として加入することが必要だったりと決まりがあるため 詳しくはドコモの公式サイトを確認して下さい。 2019年5月22日(水曜)から、ドコモショップでは予約受付を開始しますが、ドコモオンラインショップでは予約受付は行っていません。 ドコモオンラインショップでの料金プラン(ギガホ/ギガライト等)の受付は、2019年6月1日(土曜)から開始です。 オンラインショップで、 機種変更をして料金プランをギガホ・ギガライトにすることができるため機種変更を考えている方は6月1日以降に購入をして下さい。 ギガホ・ギガライト変更受付の店舗は、全国のドコモショップどこでも受け付けてます。 ただし、ショップは来店予約制を導入していて新料金プランで混んでいる可能性が高いです。 予約無しで行くとせっかくお店に行ったのに予約受付しかしてもらえない可能性が高いため、行く前に来店予約をして下さい。 eビリング割引が対象外 毎月の利用料金の詳細をWEBで確認する「eビリング」を利用している場合のeビリング割引が対象外になります。 1回線あたり20円の割引がなくなります。 ただ、だからといって「eビリング」を廃止して書面で発行してもらうと、口座振替・クレジットカード払いの場合は100円、請求書払いの場合は150円かかります。 利用料金を確認したい場合は『My docomoの料金』で好きな時に確認することができますよ。 ギガホ・ギガライト家族それぞれの利用状況にあわせて料金プランを選択すると、 シェアや繰り越しをしなくてもお得に利用ができる料金プランになっているため、 新料金プランではシェアと繰り越しが廃止になってしまいました。 データ量が足りない、スマホとiPad(タブレット)を使うので今までのようにシェアパックが必要という方には2回線でシェアできる月額+1,000円の『 データプラス』があるのでそちらを検討してみてはどうでしょうか。 データプラスについては公式サイトをご覧ください。 docomo with(ドコモウィズ)とは、毎月使用料金から1,500円自動で割引きになるプランです。 対象機種の購入をすると自動的に、docomo withに加入されます。 5月31日で新規受付を終了してしまうので、新料金プランが6月1日からはじまりギガホ・ギガライト変更してしまうともうdocomo withの割引きプランを受けることができません。 docomo with の割引きプランを受けている方は、ギガホ・ギガライトにしたほうが良いのかよく確認してから申し込んで下さい。 月々サポート・端末購入サポートとは併用できない 今回発表されたギガホ・ギガライトプランは、現在の割引サービス 「月々サポート」「端末購入サポート」と併用はできません。 なので、「月々サポート」「端末購入サポート」契約中にギガホ・ギガライトプランに変更すると途中終了になるので注意が必要です。 分割払いの場合、残金は残るのに割引き額が無くなってしまいます。 端末購入サポートの場合は、一定期間使う約束があるため期間が終了していないと解約料金がかかってしまう可能性が高いです。 「月々サポート」「端末購入サポート」を終了させてまでプラン変更するべきかどうかは、ショップで相談してみると良いかもしれないですね。 WEBでのプラン見直しも可能です。 料金プランについて、ドコモの公式サイトでは ・新料金プラン ・既存の料金プラン 2種類の料金プランが簡単にシュミレーションをすることができます。 料金プランを変更する・機種変更をする方は一度シュミレーションをしてから変更をして下さい。 月々サポートで特に分割払いの場合、シュミレーションをした結果料金が安くなったと思っても、月々サポートが無くなっても分割払いの残金は無くなりません。 それなのに月々サポートの割引料金が消えるため結果、シュミレーションの場合そこまでの配慮の数字は出ないため高くなる可能性は高いです。 端末購入サポートの場合も、決められた期間使わないと途中解約料金が発生します。 少しでも安くなるとわかると変更したくなる気持ちもわかりますが、急いでして後から後悔しないために「月々サポート」「端末購入サポート」終了後にプラン見直しをするのも1つの方法です。

次の