臨床検査技師 人材紹介。 臨床検査技師の求人・転職・募集

【医療機器PJ】クリニカル・スペシャリスト(臨床検査技師、看護師、診療放射線技師等)|正社員の人材紹介・転職エージェントはアイデムスマートエージェント

臨床検査技師 人材紹介

臨床検査技師には、「派遣」という働き方もあります。 しかし、事務職などと違い、臨床検査技師の派遣の求人は限られているのが実情です。 臨床検査技師が、勤務時間などの希望条件に合った仕事を探す方法として、転職エージェントの利用も挙げられます。 派遣で働く仕組みや臨床検査技師の派遣の位置づけなどをまとめてみました。 そもそも派遣の仕組みや法律はどうなっている? 臨床検査技師がクリニックや病院などの医療機関、検査センターなどで、正社員や契約社員、アルバイトとして働くときは、医療機関や検査センターなどの企業と直接、雇用契約を結んでいます。 これに対して、派遣会社に登録して、医療機関などに派遣される場合には、派遣会社と臨床検査技師は雇用契約を結び、派遣先の医療機関と派遣会社が派遣契約を結ぶ形です。 業務の指揮命令は派遣先の医療機関から受けます。 派遣での就労には契約期間があり、契約期間の満了時には双方の合意で更新することもできますが、「課」といった同一組織単位で働けるのは、最長で3年です。 給料は派遣会社から支払われ、健康保険や福利厚生に関しても、派遣会社のものが適用されます。 派遣労働に関しては、「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律」という法律で規定され、「労働者派遣法」と略されています。 臨床検査技師の仕事を扱う派遣会社とは 派遣会社をタイプで分けると、「総合型」や「業界特化型」、「職種型」に分類できます。 「総合型」は大手の派遣会社に多い形態で、多くの業界の事務や営業、SE、CADオペレーターなどの幅広い職種を扱っています。 「業界特化型」はIT業界や建築業界、医療業界といった特定の業界に特化している派遣会社です。 「職種型」はたとえば、医療業界の中でも看護師だけを扱う派遣会社が当てはまります。 臨床検査技師の派遣の仕事は、「総合型」の人材派遣会社で扱っていることは少なく、医療業界に特化した派遣会社での求人が中心です。 臨床検査技師の派遣は単発?長期? 派遣での仕事は契約期間に基づいて就労しますが、一般的に契約期間によって、1日~数日程度の「単発」、数日~3カ月程度の「短期」、3カ月以上の「長期」に分けられます。 臨床検査技師の派遣の求人は、「長期」のものは医療機関での一般的な臨床検査業務は限られていますが、フルタイムや週3~4日程度のものまで、就労日数はさまざまです。 検査センターなどでの病理標本の作製といった仕事もあります。 また、企業での医薬品の安全情報を入力といったデスクワークや治験に関する仕事が目立ちます。 「単発」や「短期」の仕事は、巡回健診に関するものが多いです。 健診の需要が高い春先に数日間だけを選んで、就労できるといったものもあります。 臨床検査技師が派遣で働くメリットはある? 一般的には、派遣会社の営業やコーディネーターに希望条件を伝えると、スキルや条件に合った仕事の紹介が受けられます。 しかし、医療機関での臨床検査業務の仕事は、派遣での求人が限られているため、条件に合った仕事が得られるかどうかは、タイミングにもよる面が大きいです。 派遣で働く際に、勤務時間の希望に合った仕事をみつけやすいことがメリットの一つですが、臨床検査技師の場合にはそうとも言えないのです。 ただし、企業で働いてみたいと考える人には、適性を見極めるために、派遣で働いてみることは選択肢となります。 また、常時就労するのではなく、月に数日働きたい場合には、派遣登録をして仕事の紹介を受けると、自分で探したり、スケジュールの調整をしたりする手間が省けることがメリットとなるでしょう。 条件に合った仕事探しは転職エージェントにも依頼できる! で、業態や仕事の内容、勤務時間といった希望条件に合った就業先をみつける方法として、転職エージェントを利用する方法があります。 「転職エージェント」とは 転職エージェントは、正式には「有料職業紹介事業所」といわれるもので、「人材紹介会社」とも呼ばれ、厚生労働大臣の許可が必要です。 求人を希望する企業側から手数料を得て運営されているため、仕事を探している臨床検査技師などの求職者は無料で利用できます。 転職エージェントも人材派遣会社と同様に、「総合型」や「業界特化型」、「職種特化型」があります。 臨床検査技師の求人は、「総合型」の転職エージェントで扱うことは少ないですので、医療業界や臨床検査技師に特化した転職エージェントを利用しましょう。 臨床検査技師の転職で「転職エージェント」を利用するメリット 転職エージェントを利用すると、仕事の紹介を受けられるだけではなく、キャリアアドバイザーに面接日の調整や給料交渉、入職日の調整なども依頼できることがメリットです。 そのため、転職エージェントを利用すると、臨床検査技師として働きながら、次の仕事を探しやすくなります。 また、履歴書や職務経歴書の書き方、面接の受け答えの仕方などのアドバイスを受けることも可能です。 キャリアプランを見据えて正社員で働こう 派遣での就労は長期の雇用であっても、3カ月単位の更新となることが多く、一つの部署で働けるのは最長で3年と不安定な雇用形態です。 派遣社員として働いていても、管理職を目指すことは難しく、研修などの教育制度の対象外となることが多いです。 また、一般的に派遣社員として働いていた職歴よりも、社員としての職歴が評価されます。 臨床検査技師としてのキャリアプランを考えると、派遣で働くよりも正社員として安定的な立場で働く方が、メリットが大きいです。 まとめ 派遣で働くのは、フルタイムではなく、短時間の勤務や週のうちの数日、あるいは、月に数日といった働き方を希望する臨床検査技師にとってはメリットがあります。 また、企業で初めて働く場合に、期間を区切って就労してみたい場合にも働きやすい雇用形態です。 しかし、臨床検査技師としてのキャリアプランを考えると、正社員としての就労が望ましいです。 「残業がない仕事をしたい」といった雇用条件に関する調整が目的であれば、「派遣」という雇用形態ではなく、転職エージェントを利用することでも実現できます。

次の

臨床検査技師の需要・現状と将来性

臨床検査技師 人材紹介

の現状 「チーム医療」の考え方が進むなか、臨床検査技師は「検査」の専門知識や技術を持つ存在として医療現場で重要視されています。 しかし現在では検査機器やキットが飛躍的に発達していることから、医療機関における臨床検査技師の業務範囲は格段に狭まっており、採用人数も減少傾向にあります。 また、育児がひと段落した元臨床検査技師の女性を臨時職員として採用するなどして人件費を抑えるケースもあります。 そのような中でも、生理検査や細胞診など個人差のある検査・良性と悪性の境界線があいまいな検査には、やはり臨床検査技師の技術が必要です。 今後も臨床検査技師として病院勤務を続ける場合、そのような「人の手や目を必要とする」検査を担当し、臨床に当たる中で技量を高めていける人材であることが求められます。 臨床検査技師の需要 簡易化できる検査はとことん簡易化される一方、人にしかできない検査においては高い専門性を持つ臨床検査技師が求められるようになっています。 上述のように、人の手や目によってしかできない検査においてはいまだに臨床検査技師が求められており、経験や技術が高ければ高いほど需要は高くなります。 そのため、臨床検査技師の上位資格である「細胞診断士」や「超音波検査士」などの資格を所持することにより、通常より高い需要が見込めます。 また臨床検査技師の国家資格を必要とする職種として、 や などが挙げられます。 人によってはそのような新たな分野で国家資格を活かして働き、臓器移植や新薬開発などに貢献していく人もいます。 臨床検査技師の将来性 臨床検査技師は医療系国家資格が必要とされる専門職ではありますが、「国家資格を取ったから一生安泰」とはいかなくなっているのが現状です。 実際、厳しい状況にも前向きに立ち向かっていくために、上位の認定資格や「 」「 」などの関連資格を取得して強みを持とうとする人も増加しています。 また昨今では、動物の検体検査や実験動物の臨床検査に力を入れている検査センターが増加しています。 動物の臨床検査の場合は必ずしも臨床検査技師の資格が必須ではありませんが、資格の所持や該当する検査の経験があると歓迎されます。 このような動物に関する臨床検査の分野においてはいまだ未知の可能性が広がっており、臨床検査技師としての活躍の場を広げるものと考えられます。 臨床検査技師の今後の活躍の場 以前は臨床検査技師の勤務先として主に医療機関が挙げられましたが、検査が簡易化するとともに医療機関の検査室は縮小し、外注検査機関のニーズが高まりを見せるものと予想されます。 外注検査では、検体検査でも特異性が高く検査する頻度の低い物質の定量などを行うため、ここでも高い専門性を求められます。 医療機関においては緊急検査に対応できる最低限の人材が日中は生理検査や病理検査などに携わったり、パートや任期制の臨時職員を積極的に採用していくでしょう。 どちらにせよ、臨床検査技師にはより細分化・専門化した知識や技術が求められていきそうです。 また、資格を活かして医療機関以外の場で活躍する臨床検査技師が増加しており、今後もさらに増加の兆しを見せています。

次の

臨床検査技師の求人・転職・募集

臨床検査技師 人材紹介

の現状 「チーム医療」の考え方が進むなか、臨床検査技師は「検査」の専門知識や技術を持つ存在として医療現場で重要視されています。 しかし現在では検査機器やキットが飛躍的に発達していることから、医療機関における臨床検査技師の業務範囲は格段に狭まっており、採用人数も減少傾向にあります。 また、育児がひと段落した元臨床検査技師の女性を臨時職員として採用するなどして人件費を抑えるケースもあります。 そのような中でも、生理検査や細胞診など個人差のある検査・良性と悪性の境界線があいまいな検査には、やはり臨床検査技師の技術が必要です。 今後も臨床検査技師として病院勤務を続ける場合、そのような「人の手や目を必要とする」検査を担当し、臨床に当たる中で技量を高めていける人材であることが求められます。 臨床検査技師の需要 簡易化できる検査はとことん簡易化される一方、人にしかできない検査においては高い専門性を持つ臨床検査技師が求められるようになっています。 上述のように、人の手や目によってしかできない検査においてはいまだに臨床検査技師が求められており、経験や技術が高ければ高いほど需要は高くなります。 そのため、臨床検査技師の上位資格である「細胞診断士」や「超音波検査士」などの資格を所持することにより、通常より高い需要が見込めます。 また臨床検査技師の国家資格を必要とする職種として、 や などが挙げられます。 人によってはそのような新たな分野で国家資格を活かして働き、臓器移植や新薬開発などに貢献していく人もいます。 臨床検査技師の将来性 臨床検査技師は医療系国家資格が必要とされる専門職ではありますが、「国家資格を取ったから一生安泰」とはいかなくなっているのが現状です。 実際、厳しい状況にも前向きに立ち向かっていくために、上位の認定資格や「 」「 」などの関連資格を取得して強みを持とうとする人も増加しています。 また昨今では、動物の検体検査や実験動物の臨床検査に力を入れている検査センターが増加しています。 動物の臨床検査の場合は必ずしも臨床検査技師の資格が必須ではありませんが、資格の所持や該当する検査の経験があると歓迎されます。 このような動物に関する臨床検査の分野においてはいまだ未知の可能性が広がっており、臨床検査技師としての活躍の場を広げるものと考えられます。 臨床検査技師の今後の活躍の場 以前は臨床検査技師の勤務先として主に医療機関が挙げられましたが、検査が簡易化するとともに医療機関の検査室は縮小し、外注検査機関のニーズが高まりを見せるものと予想されます。 外注検査では、検体検査でも特異性が高く検査する頻度の低い物質の定量などを行うため、ここでも高い専門性を求められます。 医療機関においては緊急検査に対応できる最低限の人材が日中は生理検査や病理検査などに携わったり、パートや任期制の臨時職員を積極的に採用していくでしょう。 どちらにせよ、臨床検査技師にはより細分化・専門化した知識や技術が求められていきそうです。 また、資格を活かして医療機関以外の場で活躍する臨床検査技師が増加しており、今後もさらに増加の兆しを見せています。

次の