空母いぶき great game ネタバレ。 新連載『空母いぶき GREAT GAME』第1話を無料公開!!

[B!] 空母いぶき GREAT GAME【3話】最新話ネタバレ感想!負傷者を救出!

空母いぶき great game ネタバレ

空母いぶきグレートゲーム 第1ソーティ「北極海」 しらぬいという自衛隊艦が北極海にいた。 尖閣をめぐる戦いから5年。 この自衛隊艦の動きに日本政界は激震が走った。 何のための派遣なのか?周辺国に対して問題はないのか?など多くの問題を抱える。 野党の質疑に対して、女性である柳沢総理大臣はあくまで環境変動問題への危機意識ゆえのの派遣。 地球温暖化によって引き起こされる環境問題、この北極問題に日本も積極的に参画し、 どのように貢献できるのか、日本だけの国益追求ではないときっぱりと応えた。 横須賀の自衛隊基地では、群司令となっていた秋津をいぶきの艦長となった新波が迎えていた。 中国の動きを睨み、いぶきの搭載する戦闘機、ヘリの構成を話し合っていた。 そして、新波は来期のいぶきの人事について秋津に聞いた。 秋津はしらぬいの艦長の蕪木を推している。 蕪木には自らの判断で処理して動ける。 その力があるから推したと話した。 アルゼンチン籍の海洋調査船が何か怪しい物体を引き上げて調べようとしていた。 そして、その物体を引き上げてすぐに魚雷が発信されたことがわかり、救難信号を発した。 この救難信号を不知火が感知。 蕪木はある懸念を抱き、この報を横須賀へ報告。 横須賀は情報収集に努め、絶対に動くなと指示を出した。 調査船は撃沈は逃れたが期間停止。 さらに魚雷が発射されたとソナーが捉える。 蕪木はこの急報に人命を優先し、魚雷と調査船の間に割って入るとしらぬいの隊員に指示を出した。 隊員は驚きながらこの指示に従い、最大船速で魚雷へ向かった。 『空母いぶき』ビッグコミックをすぐに無料で読む 空母いぶきグレートゲームの最新話を紹介しましたが やっぱり漫画は絵がないとだめだという方は U-NEXTは、ビッグコミックオリジナルも電子書籍で今すぐ無料で読むことができますので ビッグコミックオリジナルを画像付きで楽しんでください。 U-NEXTは、1ヶ月無料お試し期間があり、 登録すぐに600ポイントもらえますので、ポイントを利用して読みましょう! また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください! 空母いぶきグレートゲーム【1話】ネタバレと感想 ソーティとは、軍用機の延べ出撃機数のこと。 尖閣での戦闘より5年後の世界が描かれている。 5年後もどうやら中国を中心に世界が動いているような印象だ。 そして新しい物語はいきなり急展開をみせる。 緊迫した空気感はたまらない。 次回、観測船に向かう魚雷。 それに立ち向かう自衛隊艦。 観測船を救うことはできるのか?そして、魚雷の主が明らかになる…。

次の

空母いぶきGREAT GAME 1

空母いぶき great game ネタバレ

空母いぶきGREAT GAME【10話】最新話ネタバレあらすじ 一の瀬記者は東都新聞社のデスクで、「ディオサ号」を守るために迎撃をした「しらぬい」の記事を検索しながらも、キングリッジ大将が柳沢首相と会談したことに注目します。 すると官邸官邸の動画サイトで柳沢が「しらぬい」が無人航空機の攻撃を受け、大きな被害がなかったことと、支援と保護のため「いぶき」と「ちょうかい」を北極海に明朝派遣することを決定したことを報告します。 これを聞いた一の瀬は、沢崎国家安全保障局長に連絡。 総理の決断はアメリカを蹴り、日本の独自の判断で「いぶき」を出撃させるのかと念を押し確信をします。 明朝、浦賀水道を通過する「いぶき」と「ちょうかい」。 ブリッジで賑やかな出航でない方が自分好みだと新波艦長は、ブリッジの隣に座る秋津第5群司令とこれまでの「しらぬい」の行動について検証を始めるのでした。 一方、キングリッジは横田基地から急ぎ母国に向かい、会談結果を大統領き報告すようと出発します。 そのころ、「いぶき」出動の報告を受けた米海軍第3艦隊の「ポートロイヤル」と「ハルゼー」は一路北極海を目指しています。 尖閣事変で中国軍空母「上海」の甲板を破壊した「いぶき」を強襲揚陸艦程度だと「ポーズロイヤル」のブリッジで意見が出る中、クルーからは無人航空機はロシアに違いないとの声があがります。 艦長のアームストロング大佐は、1000トンの「しらぬい」が「ディオサ号」を曳航する様子を面白いと観戦し、これから北極海横断を阻止するためにロシアの攻撃を予見します。 カテゴリー•

次の

空母いぶきGREAT GAME【1巻】最新刊のあらすじ・ネタバレと感想・考察を紹介!

空母いぶき great game ネタバレ

急転直下、実際には有りえない展開で話は終わってしまいましたが、最早、事実上の連載打ち切りでしょうかね。 其処にメッセージ性を讀みとるべきか否か。 此の様な条件での停戦は到底有り得ないだけでなく、「広東」の艦長は此の様な判断を下す前に政治將校の指示で逮捕されるはずです。 フィクションですから有りえない展開も結構ですし、敢えて其れをメッセージとして送りたい、という考え方もあるかも知れませんが、日本人が此の程度なら進攻しても大丈夫だという確信を持たせる様な事が無い様に祈るしか無いのでしょうか。 日本人は街頭電視の前で事の成り行きを眺める群衆で、一貫して自らは行動しない傍観者として描かれています。 いや、世論を通して参画しているという主張があるかもしれませんが、自衛隊への声援も支援する國民的運動も無い。 家族の姿も見えない。 優秀な自衛隊がとりあえず何とかしてくれる、という他人事的な態度で、マスメディアによる支配だけが描かれています。 憲法をはじめとする肝心の問題を一貫して避け、戦術レベルの話で終わってしまいました。 此の様な侵攻が起きない様にする事が一番大切なのに、今為すべき事を描いていません。 本作は肝心の部分を避けて通る事によって逆説的に問題の核心を見事に描いた最高傑作と謂えるでしょう。 創作物であっても中国からの苦情がきかねないから 笑 描写に至っては ・魚雷が追跡している艦船が、逃げ切れるのか ・魚雷を砲撃で仕留めることができるのか 当然、可能。 大戦中は機銃で仕留めてるし、回避もしてる。 ・艦隊防衛網を突破して空母上空まで到達できるのか 当然、可能。 いぶき艦載機のF35の性能自体がファンタジーなのだから 笑。 現行F35は原因不明に落ちる性能でしかないからね・・・。 ファンタジー要素は満載だよ? ・命を救われた中国人パイロットが感謝の気持ちを表す?? A。 ありえない ・中国兵士に英語が通じ、「おつかれさま」という A。 いうわけがないw 日本の政治家が戦闘中、飲み会等で退任に追い込まれない A. あるわけないw 総理も自衛隊も漫画の中の人物を見習ってほしいものだ・・・。 window. head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition.

次の