回線速度 目安 光。 光回線の簡単!ワンクリック速度測定(スピードテスト)

▷ インターネットのスピードテスト

回線速度 目安 光

インターネットの速度は 利用するサービスによって異なります! 結論から言うと、 ネット回線の 目安速度としては、 150〜300Mbps 程度だとまずは安心です。 この記事では インターネットの 速度の目安や速度が遅い場合の 対応方法等について 詳しく説明ています! 光回線の回線速度の 目安・平均は、どれぐらい? 光回線ごとに目安は違うの? 『フレッツ光』『ドコモ光』 『ソフトバンク光』など 光コラボレーションサービスの速度の目安 <出典:> 【ネット速度の目安】 速度プラン 実際の速度の目安 戸建て 1Gbps 150~300Mbps 集合住宅 1Gbps 70~150Mbps 100Mbps 20~30Mbps NTTの設備を利用したフレッツ光や光コラボレーションサービスに関しては、auひかりやNURO光と違って最大速度が1Gbpsのサービスを提供しています。 それに加えてこの NTTの設備を使ったサービス利用者はauひかりやNURO光よりも圧倒的に多いため、利用するプロバイダーによっては速度に大きな差が出やすいサービスになっています。 上記の速度の目安は、例えば『 ドコモ光』だとGMOとくとくBBといった速度に評判のあるプロバイダーを使った場合の平均値の目安ですが、だいたい上記のような速度になることが多いです。 auひかりやNURO光よりは遅いかもしれませんが、上記の目安ぐらいの速度が出れば普通にネットを使う分には十分かなと思います。 他の光回線よりも高速なことで有名な 『auひかり』や『 NURO光』の 速度の目安・平均 【auひかりの速度の目安】 速度プラン 実際の速度の目安 戸建て 1Gbps 200~300Mbps 5Gbps 500~600Mbps 10Gbps 800~900Mbps 集合住宅 1Gbps 100~200Mbps 100Mbps 20~30Mbps 上記のauひかりの速度の目安はいろいろな速度測定サイトやたくさんの口コミで得られた情報を平均にしたものですが、『 auひかり』は昔からインターネットの実測値が速いことで有名です。 auひかりでは7つのプロバイダーの中から使うプロバイダーを選択できますが、プロバイダーによって極端に速度が下がるということがかなり少ないです。 そのため、NTTの設備を利用したフレッツ光・光コラボと同じ最大1Gbpsのプランでも実測値は速い傾向にあります。 2018年に提供が始まった最大5Gbpsや10Gbpsに関しては、利用者の口コミや速度測定サイトの結果を見る限り500Mbps以上出ることが多いようで、まさに『超高速の光回線』といった感じです。 ただ、集合住宅の場合には1つの光回線を建物全体で共有するため、そこまで速度が出ないことも多くあります。 【NURO光の速度の目安】 速度プラン 実際の速度の目安 戸建て 2Gbps 300~400Mbps 6Gbps 600~700Mbps 10Gbps 800~900Mbps 集合住宅 2Gbps 300~400Mbps こちらも各速度測定サイトでの実際の計測結果や利用者の口コミなどを平均かした数字ですが、『 NURO光』も『auひかり』に負けないぐらい高速です。 『auひかり』と違って集合住宅でも最大2Gbpsの速度で利用できることが多いため、集合住宅でも速度は落ちづらい傾向にあります。 もともと『NURO光』は、一番速度が遅いプランでも最大2Gbpsで提供しています。 さらに2Gbpsでも実測値として300Mbps以上でることが多いため、あまり最大6Gbpsや10Gbpsを利用している方は多くないようです。 実測値として300Mbps以上出れば、どんな使い方をしても基本的に速度が遅くて困るということは起こりません。 インターネット光回線の 最大回線速度の違い 【設備ごとの最大速度の違い】 サービス名 最大速度 実際の速度 auひかり 1Gbps~10Gbps 速い KDDIの設備 NURO光 2Gbps~10Gbps 速い So-netの設備 「フレッツ光」「ドコモ光」 「ソフトバンク光」 「ビッグローブ光」 「OCN光」「ソネット光」 「ニフティ光」 などの光コラボレーション サービス全般 1Gbps 平均的 NTTの設備 光回線の最大速度は『光回線ごと』に違うというよりは、 『どの設備を使っているか』によって変わってきます。 光回線の最大速度が違えば当然、実際にインターネットにつなげた場合の実測値も変わってきます。 一番利用者が多いのはNTTの設備を使った光回線です。 これにはフレッツ光やドコモ光・ソフトバンク光などのいわゆる光コラボレーションサービスが、該当しますが、速度は最大1Gbpsの設備になっています。 それに対して、 KDDIやSo-net(ソニーネットワークコミュニケーションズ)が提供している『auひかり』や『NURO光』は、独自の設備を構築しています。 最大速度が10Gbpsと超高速になっています。 他には西日本の電力会社が提供している光回線(コミュファ光・eo光・メガエッグ・ピカラ光・BBIQ)もありますが、これもNTTと同じく最大1Gbpsです。 集合住宅にお住まいの場合には、建物の光回線の設備によっては最大100Mbpsしか出ない場合もあります。 【建物・光の設備による速度の違い】 設備 最大速度 KDDIの設備 戸建て 1Gbps~10Gbps 集合住宅 光配線方式 1Gbps VDSL方式 100Mbps LAN配線方式 100Mbps So-netの設備 戸建て 2Gbps~10Gbps 集合住宅 2Gbps NTTの設備 戸建て 1Gbps 集合住宅 光配線方式 1Gbps VDSL方式 100Mbps LAN配線方式 100Mbps So-netが提供しているNURO光の場合には集合住宅でも基本的に最大2Gbpsのサービスを利用できます。 KDDIのauひかりやNTTの設備を利用したフレッツ光・光コラボレーションに関しては、光配線方式の場合のみ最大1Gbpsの速度で利用ができます。 VDSL方式やLAN配線方式で設備を導入している建物は集合住宅全体の2割程度あります。 この建物にお住まいの方はマンションタイプではなく個別にファミリータイプを集合住宅に導入する以外、1Gbpsを超える速度では利用できません。 インターネットの使い方で 必要な速度・Ping値はどれぐらい違う? WEBサイトは、主に下記の3つで構成されていることが多いです。 SNSに関してはLINEやTwitter・Facebookなど色々とありますが、文字だけの情報や少しの画像をSNS上にアップする程度であれば 速度は2~3Mbpsも出ていれば全く問題ありません。 ただ、 SNSとはいってもSNS上で動画を再生するような場合は別です。 その場合には再生する動画の画質にもよりますが、 最低でも5Mbpsぐらい出ていないと動画が頻繁に止まってしまうようなこともあります。 20Mbps程度だと安心です。 WEBサイトのページを見るには、上記の3つを毎回ダウンロードして閲覧することになります。 文章だけのページでしたら 1Mbpsでも全く問題ありません。 画像が多いページであっても、 3Mbpsから10Mbps程度の速度が出ていれば全くストレスなく閲覧可能です。 (画像が1つのページに何十枚もあるようなページの場合は時間がかかる場合があります) ただ、次に説明しますが、 Youtubeなどの埋め込み型の動画をページ上で視聴したり、あとはそのページから動画ファイルそのものをダウンロードするような場合は動画の画質によって推奨されるネット速度が変わってきます。 7Mbps インターネットでYoutube等の動画を視聴する場合は動画の画質によってそれなりの速度が必要になってきます。 今はスマートフォンでもHD画質で視聴するのが当たり前になってきていますので、 動画を視聴する場合は最低でも5Mbpsぐらいは出ていないと少しきついかなと思います。 ネットの速度が例えば1Mbpsしか出ていないような場合には、HD画質ではなく低画質(SD画質)で再生することもできますが、出来ればキレイな画質の映像をみたいですよね。 また、4K画質の動画を視聴する場合は実測値で20Mbpsは出ていないと安定して再生できません。 ただ、4K画質で再生できる動画がまだ少ないということに加えて、HD画質でも十分にキレイな映像を視聴できるので、Youtube等の動画を視聴するには5Mbps以上出ていれば特に問題はありません。 オンラインゲームをする場合 (PS4やパソコンでのネットゲーム):20Mbps程度だと安心 こだわるならPing値も! インターネットを利用する上でもっとも速度が必要になる使い方の1つがオンラインゲームです。 オンラインゲームをするには下記の条件を全て満たしていないとストレスを感じてしまうことがよくあります。 【オンラインゲームに最適な条件】• ネットの速度が実測値で 20Mbps以上は出ていること• ネットが 途切れないこと• ping値がそれなりに速い値であること まずネットの速度に関してですが、オンラインゲームの種類によっては8Mbps程度で問題ないものもありますが、最近のゲームだとネット速度が 20Mbps以上は出ていたほうが快適にプレイできることが多いです。 それと 『ネット接続の安定性』という部分も非常に重要です。 よくWi-Fiでネットをつなげている方で「Wi-Fiが頻繁に途切れてしまう」という方がいますが、 ネットが頻繁に途切れてしまう状況下でオンラインゲームをやってもまともに楽しめません。 オンラインゲームをするなら、有線(LANケーブル)でつなぐのが最も接続が安定する為オススメです。 それと オンラインゲームをする上で欠かせないのが『ping値』です。 このping値が一定の基準以上になっていないと、例えばゲーム上で『A』という操作をした場合、それが実際のゲームに反映されるまでタイムラグが発生します(遅くなる)。 ping値は利用する光回線やプロバイダーによって左右される部分もありますが、LANケーブルで有線接続したほうが安定して速くなります。 Wi-Fiでネットに接続してしまうとping値が30m以上になりやすいため、その意味でもオンラインゲームをするなら有線で接続するのがオススメです。 実際のインターネット速度は簡単に測定できる! 速度測定にオススメのアプリや速度測定サイト 【アプリ:Speedtest. net】 <出典:> まだ実際のインターネット速度を計測したことがない方は、一度ご自身のスマートフォンやパソコンなどを使ってどれぐらい速度が出ているのか計測してみることをオススメします。 特に「ネットの速度が遅い」と感じている方は、利用している機器(スマートフォンやパソコンなど)に問題があるのか確認しましょう。 その上で、光回線などのサービス自体に問題があるのか?を把握するためにも、一度計測するのがオススメです。 スマートフォンやタブレットで『Wi-Fi接続』した場合のネット速度を計測される方は【Speedtest. net】というアプリが一番有名です。 このアプリは非常に簡単な操作でダウンロード・アップロードの速度を測れるだけではなく、ping値も計測することができます。 【Speedtest. netアプリ】 Android版アプリはこちら: iOS版アプリはこちら : スマートフォンやタブレットのアプリで速度を計測する場合は『Wi-Fi』でのネット速度を計測することになりますが、自宅の光回線自体がどれぐらいの速度が出ているのかを計測するには、 速度測定サイトを使うのが便利です。 速度測定サイトであれば【RBB SPEED TEST】というサイトがオススメです。 このサイトはインターネット速度を簡単に測れるだけではなく、地域ごとの速度測定結果なども見ることができます。 自宅の光回線自体がどれぐらいの速度が出ているのかを計測するには必ずLANケーブル(有線)で接続して計測するようにして下さい。 インターネットの速度は有線 ( LANケーブル)でつなぐのが一番早い。 無線( Wi-Fi)は速度が確実に落ちるが、 利用するルーターの性能や環境が重要 あくまでもインターネット速度に関する基本的なことですが、 インターネットはLANケーブルで有線接続するのが一番安定した速度が出ます。 無線(Wi-Fi)に関しては、 無線を飛ばすルーターから利用する機器(パソコン・スマホ・タブレット等)までの距離や障害物によってどんどん速度が落ちてしまうからです。 光回線を利用しているのに「速度が全く出ない」という方の大半がこの理由です。 そのため、無線(Wi-Fi)を使う場合には、自宅の広さや利用台数・ネットの利用用途に応じてある程度性能のいいルーターを購入することをオススメします。 目安として、集合住宅で3LDKぐらいで障害物が少ない場合、そこまで高性能な無線ルーターではない5千円前後のルーターでもWi-Fiを使うことは可能です。 ただ、 戸建てで2階建て・3階建ての場合は無線が届きづらくなるため、少し値段がはっても1万円前後の高性能なルーターを準備したほうが無難です。 インターネットの速度が 遅い場合の対応方法 夜間や多くの人がインターネットを 利用する時間帯だけ速度が落ちる場合 インターネットの速度が遅いという方の中には、例えば 『夜間などの特定の時間帯だけ速度が落ちる』という方が多くいらっしゃいます。 この場合、 原因はほぼ間違いなく利用しているプロバイダーにあると考えてかまいません。 特定の時間帯のみ速度が落ちるという場合は、ご自宅のネット環境(無線の環境や利用しているパソコンやスマートフォンなどの機器)に原因があるということは特に考えられません。 もしご自宅のネット環境自体に問題があったのであれば、特定の時間帯だけではなく1日中ネットが遅くなるはずです。 そのため、 『特定の時間だけネットが遅い』という場合はプロバイダーにいったん相談することをオススメします。 プロバイダー側で高速接続サービスの『IPv6プラス』に無料で切り替えてくれたり、何らかの対応を取ってくれることがあります。 仮に プロバイダー側で何の対応も取れずにずっとそのままの状態が続く場合には、プロバイダー変更を検討することをオススメします。 (今は光コラボレーションサービスのように光回線とプロバイダーが一体になっていてプロバイダーだけ変更が出来ないということもあるため、その場合には光回線ごと乗り換えが必要になる場合もあります) 有線でつなぐと速いが 無線にするとネットが遅くなる場合 有線でネットにつなぐと速いのに無線にすると遅いという場合、ご自宅で利用している無線ルーターや無線の環境に原因がある場合がほとんどです。 この場合はいくら光回線やプロバイダーを変更してもご自宅の無線の環境をどうにかしない限り改善されません。 もしこのような状況になっているのであれば、まずはいったん無線ルーターのすぐ近くでWiFi接続して速度がどれぐらい出ているのか確かめることをオススメします。 その状態でWi-Fi接続して速度が出るのであれば 単純にご自宅の中の無線の環境に原因がある可能性が高いです。 ただ、もし無線ルーターのすぐ近くでWi-Fi接続しても 全く速度が出ないという場合は、無線ルーターの故障が考えられます。 その場合は無線ルーターを修理に出すか・もしくは買い替えが必要です。 仮に無線ルーターのすぐ近くでWi-Fi接続して速度が出ている場合には、下記のことを実施することで速度が改善する場合があります。 【無線が遅い場合に一般的に行われる対応】• 無線を今よりも遠くまで速いスピードで飛ばせる高性能のルーターに変える• 無線の中継器を導入し、自宅全体に無線が届きやすくする ただ、これらを行っても自宅が奥行きと高さともにかなり大きい場合には改善しないこともあります。 その場合には 最終的に業者にLAN配線工事を依頼するという手もあります。 <出典:> LANケーブルでつながっている区間は、基本的にインターネットの速度は落ちません。 そのため、LAN配線工事を行って大元の機器から各部屋までLANケーブルでつなげてしまって、そこから無線を飛ばすようにすればまず間違いなく速度は改善します。 LAN配線工事はお使いの光回線の業者でも行っいることが多いですし、リフォーム会社や各電気工事会社でも行っていますので、どこが安いのか見積もりを依頼してみることをオススメします。 有線でつないでも 全くネット速度が出ない場合 有線でつないでも全くネット速度が出ない場合、ほぼ間違いなく光回線およびプロバイダーに原因がある可能性が高いです。 この場合で 意外と多いのが光回線の事業者からレンタルで利用しているONU等が故障しているといったケース。 そのため、大元のONU等と有線接続しても速度が全く出ないという場合には、いったん機器が故障していないか確認してもらうことをオススメします。 故障していないということであれば、光回線やプロバイダー自身が多くのユーザーからのネット接続を正常にさばけていないという可能性が高くなります。 この場合は、ユーザー側で出来ることはありませんので、光回線の事業者やプロバイダーで改善してくれるのを待つしかありません。 少し様子を見て全く改善する気配がないなら、思い切ってプロバイダー変更や光回線の乗換えも検討してみることをオススメします。 そもそも回線速度の Mbpsや Gbpsの単位って何? MB(メガバイト) GB(ギガバイト)の違い インターネット速度では、10Mbpsや100Mbpsなどの単位が使われます。 速度の目安【ビーピーエス】 Gbps・ Mbps・ kbpsとは 【速度の単位】 単位 換算 1Gbps 1,000Mbps 1Mbps 1,000kbps 1kbps 1,000bps インターネットの速度は【bps(ビーピーエス)】という単位で表されます。 その上で、• G(ギガ)• M(メガ)• キロ(キロ) といった単位に分けられています。 例えば、光回線の宣伝でよく見る『最大1G(ギガ)bps』というのはM(メガ)bpsに換算すると、約1,000M(メガ)bps出ていることになります。 容量の目安【バイト】 GB・ MB・ KBとは 【容量の単位】 単位 換算 1GB 1,000MB 1MB 1,000KB 1KB 1,000B ファイルの容量では【B(バイト)】という単位が使われています。 例えば、一般的な画像ファイルだと300KB~1000KBぐらいのことが多いです。 動画ファイルだと1GB(1,000MB)を超えるものも多くあります。 このファイルの容量で使う、 【B (バイト)】 という単位 【bps(ビーピーエス)】という単位 は、全く別のものです。 『どれぐらいの速度(bps)が出ていれば、1秒間にどれぐらいのファイル容量(B)をダウンロードできるのか』?ということを、計算することはできます。 速度別に 1秒間に ダウンロードできる容量の目安 【速度と容量の目安】 ネット速度 1秒間にダウンロード ・アップロード できる容量の目安 1Mbps 0. 125MB(125KB) 5Mbps 0. 6MB(500KB) 10Mbps 1. 25MB(1,250KB) 20Mbps 2. 5MB(2,500KB) 40MBps 5MB(5,000KB) 80MBps 10MB(8,000KB) 100Mbps 12. 5MB(1,250KB) ネット速度から1秒間にダウンロードできるファイル容量を計算する場合、基本となるのは 【1Mbps = 1秒間に0. 125MBダウンロード可能】 という公式です。 ちょうど 速度の数字(単位)を8で割ったものが、実際に1秒間でダウンロードできるファイルの容量になります。 125MB) 例えば、8Mbpsの速度が出ていれば1秒間にダウンロードできるファイル容量は1MBになります。 40Mbpsの速度なら、1秒間にダウンロードできるファイルの容量は5MBになります。 この公式をもとに、大きな容量のファイルをダウンロードしたりアップロードしたりする場合にかかる時間を事前に計算することも可能です。 この【bps(ビーピーエス)】と【B(バイト】の違いに関しては、ご自宅のインターネットの実測値を調べる場合や、インターネットを利用していく上で役に立つこともあると思いますので、あくまでもご参考まで。 参考: インターネット光回線速度の 目安平均/遅い際出来る対策まとめ.

次の

光回線の平均通信速度はどれくらい? 下り回線の快適な速度をケース別に解説

回線速度 目安 光

光回線速度|パソコンの平均速度 全体 下り:84. 06Mbps 上り:90. 82Mbps 1Gbps未満のプラン 下り:53. 03Mbps 上り:58. 52Mbps 1Gbps以上のプラン(光コラボをのぞく) 下り:108. 66Mbps 上り:113. 92Mbps 光コラボ 下り:83. 69Mbps 上り:96. 67Mbps 詳細はこちらの記事で。 06Mbps」ということです。 控えめに考えても「53. 03Mbps(1Gbps未満のプラン)」ですから、光回線を使っているなら 少なくとも「50Mbps」は出ていないとおかしい部類です。 まだ、お使いの回線速度を測っていないという人はこちらからどうぞ。 「10Mbps」もあれば、日常生活にはそれほど支障がありません。 もちろん、 「50Mbps~80Mbps」くらいあるに越したことは無いのですが、普通にインターネットをする分にはそこまでの「速さ」は必要ありません。 通信速度と用途の関係は次の通りだからです。 1Mbps未満• テキスト主体のWebサイトやメールを送受信する程度には使える。 画像の多いサイト、広告の多いサイトは重くて遅い。 閲覧に支障が出る。 動画は見れない。 1Mbps~2Mbps• メールはもちろん、Webサイトの閲覧(テキスト、画像関係なく)も支障はない。 動画も見れる。 ただし、ストリーミング再生が止まったり、うまく読み込めなかったりする。 2Mbps~• 日常生活にはほぼ支障がないレベル。 ただし、高画質な動画の視聴やオンラインゲームには不向き。 5Mbps~• 高画質動画ストリーミング(動画配信)も利用できる。 サクサク止まらずに視聴可能。 10Mbps~• オンラインゲームもラグなく楽しめる。 【レスポンス性を測ろう】ping値で「リアルタイム性」をチェックする 通信速度も大事なのですが、「ping値」も超重要です。 一方で、ping値を測ることで「どれだけの速さでサーバーからレスポンスが返ってくるか」が分かります。 この「ping値」が低ければ低いほど、それだけ速く通信が可能なので「レスポンスが速い」ということになります。 「動画を見る」や「Webサイトを見る」という行為は、データの受信がメインなので「レスポンス」はそれほど重要ではありません。 問題は「オンラインゲーム」の場合です。 こちらの操作を相手に伝え、それに対してさらに相手が反応するるというゲームの特性上、「レスポンス性」がプレイするうえで非常に重要になってきます。 一般的に、「ping値」は「50」を超えるとかなりレスポンス性が悪いと言われます。 「なんか遅いなあ」とか「ラグ(送れ)があるなあ」と言う場合、問題は「通信速度」ではなく「ping値」のほうに問題があるかもしれません。 ping値はだいたい「50未満」を推奨します。 以下簡易的な表です。 1ms~10ms 超速い! 神!• 11ms~14ms かなり速い• 15ms~29ms 速め• 30ms~50ms 普通• 51ms~99ms 遅い• 100ms~ かなり遅い ping値を測りたい人は、こちらからどうぞ。

次の

回線速度|光回線の平均速度は「下り:84.06Mbps」/ドコモ光なら「136Mbps」

回線速度 目安 光

ただ実際にどのようなものなのか……となると自信がない人もいるのでは。 そこで本題に入る前に、簡単におさらいしておきましょう。 bps(ビーピーエス/bits per second)とは 1秒間に転送できるデータ量を示したもので、例えば「100bps」であれば1秒あたり100bit(ビット)のデータを扱えることを意味します。 Bitとは、 デジタルデータの大きさを表す最小単位のことです。 理論上はbpsの前に表記されている数値が大きいほどインターネット回線の速度が速くなると考えておいて間違いはありません。 では1Gbpsの「G」は何を表しているかというと、こちらは単位表記を指すもので、 ・1kbps(キロbps):1,000bps ・1Mbps(メガbps):1,000kbps(100万bps) ・1Gbps:1,000Mbps となります。 スマホの通信速度をチェックする際に見かけたことがある人も多いでしょう。 つまり 1Gbpsは「1秒間に1Gbitのデータ量を送受信できる速度」を意味しており、1bpsの10億倍のデータ量を転送できることになります。 上記の数値はあくまでも目安。 利用環境や電波状況、時間帯に応じて数値は変わりますし、上り(アップロード/データ送信)と下り(ダウンロード/データ受信)でも、快適に感じられる速度は異なります。 例えば、Yahoo! 1Gbpsなら0. またストレージなどで、画像をはじめ大容量のデータをやり取りするという人も多いかと思いますが、1Gbpsの通信速度であれば1GBなら8. 6秒、5GBでも42. 9秒で完了します。 ただし 1Gbpsはあくまでも「最大」の数値。 1Gbpsに限らず、インターネット通信では残念ながら常時MAX速度を利用できるわけではありません。 これは「ベストエフォート」と呼ばれ、回線事業者が提示する最大限のスピードを表します。 あくまで最大限の努力目標=ベストエフォートですから、実際の速度は接続する環境により前後します。 隣の家でも速度が大きく変わるケースもあるため、なるべく高速・高品質な回線事業者と契約し、速度低下を防ぐことが重要なポイントと言えるでしょう。 その特徴は、大きく分けて以下の4ポイントあります。 1:高品質)NTT東日本/NTT西日本の最大1Gbps光回線を使用 接続回線とプロバイダーがセットになっているため、契約も簡単です。 2:高速通信)IPv6接続(IPoE方式)に対応 IPv4とIPv6の接続方式を同時に利用可能なので、従来のPPPoE方式接続のWebページも高速で読み込めます。 地域差や時間帯による影響も受けにくく、いつでもどこでも快適なインターネット接続が利用可能に。 3:お得)毎月のスマホ代が割引される特典も 「」など、契約しているスマホの月額利用料が割引になる特典も。 しかも家族全員が対象です。 4:広エリア)NTT東日本/NTT西日本が提供するフレッツ光回線エリアを利用 サービス提供エリアが日本全国なので、引っ越しなどの移転手続きも簡単&スムーズ。 オプションサービスや各種割引も、そのまま継続利用できます。 なかでもIPv6は、従来のIPv4とインターネットへの接続方法が違い、同じ回線を利用してもIPv6の方が快適にインターネットを使える環境を実現してくれます。 IPv6の詳細はこちらの記事「」なども参考にしてみてください。 より快適なネット環境を手に入れるべく、一度見直しを検討してみるのもいいかもしれません。 人気記事.

次の