ネット 誹謗中傷 怖い。 ソルリ法案も話題に。ネットの誹謗中傷の規制や罰則強化が進まない | ドラマのメディア

2ちゃんねるより怖い誹謗中傷サイト「爆サイ」

ネット 誹謗中傷 怖い

有名税という考え方がよくわからない ネット上の誹謗中傷が有名税だという発想がよくわからない。 リアルなら人の家に侵入しただけで犯罪なのに、ネット上なら土足で入り込んで好き放題してもむしろ不用心だと家主が咎められて侵入者はお咎めなしとか。 ボクは、ネット上のブログやユーチューブなどの個人で情報発信する媒体は、 インターネット上の家のようなものだと思っているので(独自ドメインを取得しているブログなどはとくに)、 まず人のブログなりユーチューブなりにコメントするのは、他人の家にお邪魔するような行為だと考えています。 そのうえで、 「いいお庭ですね!」 とか 「よく手入れがされてますね」 とかならともかく、 いいから帰ってー といっても居座り続けたら 多分、警察沙汰になっていくと思う。 ただ、おもしろいことに現状ネットだとそれがフツーのことのように扱われているわけです。 他人の家に土足で侵入しても、不用心なのが悪いでしょみたいな。 自由には責任が伴うもの 確か、学校の先生がそんな話をしてましたが、これは間違ってないと思います。 責任というのもそうだし、まあ、 リスクですよね。 自由に行動してもいいけど、あるラインを超えたら捕まるからね?とか罰金払ってね?とか。 そういう意味で(死ぬことすら恐れない)無敵の人にはもう何も言うことはできないから…まあ、怖いんだけどさ。 京アニとかの事件もそうだけど、 もう命すらどうでもいい、みたいな人間を止めることってすごく難しい。 制度が整ってくれることを常に祈っているんだけど、 こればかりは国が動いてくれない限り個人ではどうしようもないことなので。 なぜなら、自分の発言に責任を持っている人はだいたい本名か少なくとも何らかのハンドルネームを設けて、批判や苦情を受ける覚悟を持って発言しているので。 そういう覚悟のない人の発言には何の重みの感じなくていいと思うのです、だって責任負おうとしてない無責任な発言なわけだし。 あるコメンテーターが 「ネットの問題点は、 リングと観衆という構図が見えにくくなってしまうところ。 リングと観衆という構造を理解してないと、リングに上がってない観衆にやじられてるにすぎないのに、目の前で殴られているように感じてしまう。 」 ということを発言されていて、.

次の

ホスラブ問題を弁護士へ相談する|誹謗中傷対策が得意な事務所|IT弁護士ナビ

ネット 誹謗中傷 怖い

Contents• 誹謗中傷コメント|表現、言論の自由? まず、「」についてのコメントを集めてみました。 はめを外せば「表現の自由」がなくなってしまうということですね。 自分で、自分や他人の首を絞めないようにしたいです。 無軌道なだけ。 無責任な誹謗中傷は表現の自由ではない。 言論に責任がついて回るから自由な発言ができる。 メディアのしていることがこれを果たしていないから世の中の人も同様なことをする。 匿名による表現の自由も大事ですが、それよりも優先されるべきものがあるのでは。 馬鹿の一つ覚えはやめて欲しい。 批判はさせて欲しい。 しかもほんまにある会社の名前使うのは完全アウトやろ。 有名な方は名前を出す事に違和感はないし、誹謗中傷には厳しくして良いと思う。 受理したら官憲に渡す、電話で削除を命じる。 従わない場合、サイト運営者、スマホを含めた接続業者。 非協力的なら、全てのシステムを差し押え、回収し、捜査出来る法律でも作れ!! 投稿者を逮捕出来る法律を作れ。 捜査する側も一層慎重にならなければならない。 そして著名人が揃って訴えるぞ!って姿勢はちょと不気味。。 木村花さんの事をきっかけに、 政界に対しても誹謗中傷した者を罰する事が出来る事にしようとしている。 無能力者アベ。 アホウ太郎、あきれ婦人、バーコード菅等逮捕も有りうる? 「無意識的な差別」は無知故なので勉強して改める事もできる。 しかしそれをせずに傍観する、考えないようにするという事は暴力への加担であると自負するべき。 「ダサい」とか「不快」とかいう印象論ではなく。 良薬口に苦し。 正しい批判には相手を不快にさせる部分が必ずある。 相手を不快にさせ、傷付ける言葉を全部ダメにしてはならない。 人間に対する洞察力の欠如。 誹謗中傷しちゃいけないのはなんで??ダサいから??違うでしょ???って感じ。 ドートクキョーイク。 ただ、自分の意見をSNSをに発信するだけでなく、違う意見を持っている人たちの話し合いの場をつくるのがまず最初に行うことではないでしょうか、、、.

次の

ネットで誹謗中傷する人の特徴と心理状態【対策は簡単です】

ネット 誹謗中傷 怖い

なぜネット上での誹謗中傷がなくならないのか しかしこのネット上での匿名の誹謗中傷はなぜなくならないのでしょうか? これは常日頃から思っていました。 匿名だからという意見はよく聞きますがその通りでしょう。 この誹謗中傷は、匿名だからと言ってもさっさと逮捕されるような仕組みを整えて行くことが一番なのだと思います。 悲しいけど人間の本質はそんなもので、罰されるというペナルティがなければ自分のこととして考えられない生き物なのかもしれません。 誹謗中傷する人はなぜそんなことをするのか ただネットでの誹謗中傷がなんで起こるのかはいままでほんとに疑問だったのです。 だって普通に生きてきて、匿名だろうがなんだろうが他人のことを誹謗中傷しようなんて思ったことは自分自身ないからです。 だから誹謗中傷する人がどういった理由でそこまでの行動をとるのか本当に謎でした。 ただこの一件でいろいろな方が意見を表明しているのを見て、なるほどなと思ったことがあります。 それがこのひろゆきさんの発言です。 世の中には頭のおかしな人がいます。 普通の生活では出会わない1万人に1人のレベルの頭の残念な人が、ネットには数千人居ます。 無料で誰でも登録出来る場所には、頭のおかしな人が何度でも入ってきますよ。 世の中には本当に頭のおかしな人が一定数います。 ただその頭のおかしい人とリアルで遭遇する確率はかなり少ないです。 実際にその頭のおかしい人と遭遇してしまってトラブルに巻き込まれたら、運が悪かったと割り切るしかないでしょう。 しかしそれがネットの世界となると話は別です。 ネットはいい意味でも悪い意味でも物理的な距離の制約を取っ払います。 つまりリアルではなかなか遭遇しなかった1万人に1人いる頭のおかしい人が束になって、目立つ人に襲いかかってくるのです。 これはもう恐怖ですよ。 日本の人口を1億とすると、頭のおかしい人はやっぱり1万人はいるということになります。 その人たちがみんなネットをしているわけではないと思いますが、その中の何割かの人でも絶対数として相当の数になるからです。 リアルではなかなか遭遇することのなかった頭のおかしい人。 ネットではその人たちが目立った人に一斉に襲いかかってくると考えると、誹謗中傷をなぜする人がいるのか納得できた気がしました。 それはもう頭のおかしい人なので、「なんでそういうひどいことができるのか?」という理論は成り立たないのです。 だってリアルで頭のおかしい人に遭遇したら、なるべく近寄らないようにしますよね? それは話が通じる相手ではないからです。 ネット上の誹謗中傷がなくなるためにはどうすればよいのか そのためやはりネット上での誹謗中傷がなくなるようにするためには、さっさと罰則を強化するか、そういった頭のおかしい人たちが無料で書き込みなどができる環境から閉め出す必要があると思います。 後者はネットという世界の特性上難しいですから、やっぱり罰則を強化するしかないんでしょうね。 もっと簡単に匿名の書き込みなどに対して、悪質と思われる場合は本人特定ができて罰することができるようになることを望みます。 最後はこの言葉で締めましょう。 「撃っていいのは撃たれる覚悟がある奴だけ」.

次の