ネスプレッソ コスト。 コストコにある “スタバ製” ネスプレッソ互換カプセルってどうなの? コスパや味わいをチェック

コーヒー・エスプレッソマシン ネスプレッソ公式

ネスプレッソ コスト

スターバックス コーヒーカプセル|4,480円 80個入り|1個あたり56円 コストコで見かける 『スターバックス コーヒーカプセル』は4,480円(税込)。 カプセル式コーヒーマシン「ネスプレッソ(Nespresso)」で使える互換カプセルですね(「Compatible with Nespresso machines. 」と記載あり)。 ブランド的にはよりも、スターバックスコーヒー版のほうが気になる人も多いのでは? 銘柄は 『エスプレッソ ロースト』と『コロンビア エスプレッソ』の2種類。 各40個、計80個のセットパッケージで、1杯あたり56円。 純正カプセルは1杯70〜90円が主流なので、コスパ的に2〜4割ほど安い点も魅力的ですね。 あとはお口にさえ合えば……。 原産国はフランスです(純正カプセルはスイス製造)。 純正カプセルはアルミ製ですが、スタバの互換カプセルは安っぽいプラスチック製。 使い方は純正も互換も同じです。 そういえば、互換カプセルの場合、ルンゴ(Lungo)で抽出するとコーヒー粉も抽出されるような気がする……と指摘する人もいる模様です(そうかな?)。 それでは各カプセルをエスプレッソモードで抽出した場合の味傾向をチェックしてみましょう。 味わいをチェック 『エスプレッソ ロースト』の場合 『エスプレッソ ロースト』は、スタバ基準でもっとも深煎りのダークローストだけあり、濃厚な苦味を主体としたどっしり系テイスト。 でも、クレマ層がしっかりある分、口当たりはほんのりマイルドですね。 甘さのある香りに、スタバらしいピリッとしたスパイシーさをわずかに感じさせる味わい。 クセの弱い風味なので、ミルクや豆乳と合わせて飲むのにもちょうどよいですよ。 生豆生産国|ペルー、コスタリカ• 挽き方|中細挽き• ロースト|ダークロースト 『コロンビア エスプレッソ』の場合 『コロンビア エスプレッソ』は、スタバ基準で中煎り程度となるミディアムローストの銘柄。 結論から言うと、ルンゴ向きかと思います。 『エスプレッソ ロースト』と比べると、とくにふくよかな香りが好印象ですね。 やわらかい甘みを感じさせるフレーバー。 そして特徴的な酸味。 鋭く細い酸味が舌の奥で感じられます。 苦味が抜けたあと、オブラートに包まれていた酸味が溶け出してくる感覚ですかねぇ。 ルンゴなど湯量多めで(120ccくらい)飲むのがよさげ。 生豆生産国|コロンビア• 挽き方|中細挽き• 使用したエスプレッソマシンは、豆11gを極細挽きで抽出しています。 感想は以下のとおりです。 エスプレッソ ロースト …… 酸味の無い、コクはやや浅めのクリアな苦味。 スパイシー感あり。 生豆生産国はコロンビアとブラジルで、互換カプセル(ペルー、コスタリカ)とは異なるものの、ほぼ同じベクトルの味わい。 風味の強さはコーヒー豆のほうが上に感じられる。 ネスプレッソ用カプセルのほうが良バランスでおいしく感じられる。 豆を買うよりお得? コスパをチェックしてみる コーヒー豆「エスプレッソ ロースト」との比較 スタバでコーヒー豆「エスプレッソ ロースト」を購入した場合の参考価格は250g入りで1,240円(税込)。 ネスプレッソ互換カプセルは1杯56円なので、豆を買うよりやや割高ですね。 ただ、自宅でドリップやエスプレッソ抽出する手間が省けることを考えると、むしろ安いという認識でもよい気もします。 細かいハナシ終わり。 コーヒー豆「コロンビア」との比較 スタバでコーヒー豆「コロンビア」を購入した場合の参考価格は250g入りで1,140円(税込)。 1杯11gほど使うとして約23杯分、1杯あたりのコストは約50円(税込)。 1杯56円のネスプレッソ互換カプセル『コロンビア エスプレッソ』と比べるとけっこう割安感はありますね。 つまるところ、総合的に見れば『スターバックス コーヒーカプセル』は、スタバのコーヒー豆と比べて妥当なコスパ感だと思われます。 「コストコだから激お得」というほどの価格でもないですね。 これ以上お得に購入したい場合は、セール対象品のときにまとめ買いしておきましょう。 純正カプセルと比べればお得な半面…… ネスプレッソの純正カプセルとコスパを比べたら、スタバ互換カプセルは2〜4割ほどお得。 味わいは問題ないので、『スターバックス コーヒーカプセル』を基準にネスプレッソ生活を送るのも悪くないかと思います。 ただ、それだと『エスプレッソ ロースト』と『コロンビア エスプレッソ』の2種類をローテーションし続けることに。 それはちょっとツマラナイ。

次の

コストコでネスプレッソ購入。これは美味しい!

ネスプレッソ コスト

初めて投稿させていただきます。 7月にコストコに入会し、このサイトを知りました。 ネスプレッソマシンを欲しいと思い検索してみたら、エアロチーロとのセットで以前は10800円で売られていたみたいですが、最近は12800円のよう。 待てばクーポン等で値下がりする可能性があるのか、値段は待ってもかわらずなのか、またキャンペーンで購入時カプセルが安くついてくる時が買い時なのか、と悩んでいます。 コストコのHPをみてもロードショー(デモンストレーションのこと?)予定はなさそうなのですが、こういう時がオススメの買い時とかあれば教えていただけると嬉しいです。 また尼崎、京都、和泉でネスプレッソのお得情報があればあわせてよろしくお願いします。 ヤンマー• ネスプレッソに限らず、コストコで売っている家電は、多くが型落ち品と呼ばれる旧モデル品です。 ネスプレッソ低価格マシンの最新版はエッセンサミニ 2017年発売 かと思います。 以前10800円で売られていたのは、イニッシア 2014年発売 のバンドルセットだったかと思います。 現在はピクシークリップ 2015年発売 のバンドルセットとなり、12800円に変わりました。 ピクシークリップが2世代型落ちとなれば、数千円値下がって売り切りとなる可能性はありますが、まだ新機種情報は無さそうなので、難しそうです。 突発的なクーポンはあるかと思いますが、それがいつかは誰にも分かりません。 また、ネスプレッソのキャンペーンは毎年春と冬に行われているようです。 (冬は10月位から?) 純正カプセルで楽しみたい方は、キャンペーンの時がお得かと思います。 純正カプセルにこだわらないのであれば、現在カフェロイヤルのカプセルが大幅値引きとなっています。 私からお伝えできる情報はこれくらいです。 その他補足訂正の情報ありましたら、どなたかフォローお願いします! 夏でもグラスに沢山氷を入れた所に抽出してアイスコーヒーで楽しめますので、欲しいときが買い時かもしれません 笑 納得のお買い物が出来ますように。 上乃屋まむ かみのやま• デモスペースがありひたすら試飲と説明をされていて売り出されていました。 更にカプセル購入6,000円の特典もあったので90カプセルをその場で選び、こちらは後日代引で自宅に届きました。 選ぶ種類で値段が異なりますが、私は大体1,300円程で90カプセルを買うことができたので通常よりお得だったかなと思います。 デモのスタッフさんがいれば試算してくれますよ!結構いつも人気でお客さんが集ってるので、再検討ならフェードアウトもしやすいと思います 笑 アドバイスにならず、すみません。 こーしー• ネスプレッソユーザーです。 ただなせが春のがいつも優待される金額が良い気がします。 買い足す時に最大6000円 機種やセットによって金額が違います サービスねらってたのですが、冬春と4000か3000で諦めて次の冬に買いました。 その時は3000で、つぎの春が6000でした。 悔しいです笑 ただ私はコストコが年末のクーポンを冊子でやっていたとき ど忘れ。 オンラインウォレット?なんでしたっけ… に2台で16000円程で各3000円がついたのでお安かったです 1台は結婚祝いにあげたのでクーポンは1台分しかつかってないですけど なので増税前を狙うもよし、ネスプレッソのクーポンが高い時を狙うもよしです。 ただうちで壊れたと思った子が復活したので新品が1年ほど眠ってるので譲って差し上げたいくらいです笑... ちなみにネスプレッソ登録すると保証が3年なのでお得です!無料で登録できますので購入の際は是非に。 ピクシークリップも実は新しい機種というわけでなく前からあるシリーズです。 イニッシアの一年後くらい発売だったような こちら横のプレートを着せ替えることができるんです。 別売りですけど!笑 なので後継はどちらかというとエッセンサという感じです。 コストコが型落ちというよりイニッシアが売り切って在庫はけたからピクシーに切り替わった気がします。 ピクシーの良い所は電源ボタンと抽出ボタンが違うことです。 全モデルがそうかわからないので違ったらすみません イニッシアは抽出ボタンを2つ同時に押して電源をいれるんですがうまく押せないときもあります。 そしめ電源をいれて立ち上がりの問題か湯通しのボタンおしてもすぐ出てこないんですがピクシーだと先に電源ボタンをおして起動して少したってからだと抽出がすぐです。 朝起きて電源ボタンおす、歯磨きなどすると丁度良くストレスフリーです。 あとお水がすくなくなると本体の受け皿部分が赤く点灯します。 なので水が足りなくなって抽出できなかったってことが回避しやすいです。 イニッシアの良い所はスリムなところです。 余計な装飾がないので外側のお掃除も簡単です。 ピクシーより場所は取りにくい気がします。 小ささを求めるようでしたら ネスプレッソブティックでエッセンサを見ると良いかもしれません。 ちなみにコストコにはエアロチーノというミルクフォーマーがついてるのですが、私はこちらがお気に入りです。 ワンボタンであったかいミルクがつくれたり、冷たい牛乳だけど泡立てができたりと重宝します。 参考になるかわからない話を長々と書いてしまいましたが、ヤンマー様が納得できるお買い物ができますように!• ハチクー• それです!! オンラインパスポート!!すっきりしました笑 私もピクシーさんが壊れたかと思い買いたくてシェアを考えましたがおらず、そうだ!結婚祝いだ!と無理やりに押し付けました。 スターバックスの公式カプセルも気になってますが、デイリーに飲むのはお安いカフェロイヤルやカフェイタリーです。 ネスプレッソは時々カプセル何本買うとノベルティ付!などあるのでその時にデカフェかってます。 うちにはエプロンやシェイカーがあります。 あ!!返信の形でのコメントにかいちゃうのもあれかな?と思いますが伝えたいこと。 ネスプレッソ初心者さんに気をつけてもらいたいことがカプセルの入れ方です!! きちんと入ってないとカプセルにうまく圧がかからなくコーヒーでなく、カプセルが無駄になります… 最初にやらかしました。 なのでカプセル入れるときちゃんと確認したほうが良きです。 公式カプセルだと高いのでやっちゃった感半端ないので、ネスプレッソお考えの方は是非頭の片隅におぼえておいてくださいまし!!• ハチクー• パクチー様 上乃屋まむ かみのやま様 ありがとうございます。 つい最近新機種が出ていたとのこと、ネスプレッソのHPを見直したらレンタル機種なども変わっていました。 ますます買い時を迷いますが、上乃屋まむ かみのやま様 が最初におっしゃっていた欲しい時が買い時もそうだなと思いつつ、新機種が出たのなら安くなるかなぁと 電源ボタンなど実際使われる方の声も機種選びに大変参考になります。 ネスプレッソは以前から憧れていましたがランニングコストを考えると二の足を踏んでいました。 コストコで互角カプセルを知り購入に傾いたのですが、オンラインパスポートを見てコストコの面白さを少し垣間見れたような気になりました。 ありがとうございます〓• ヤンマー• 過日は貴重な情報ありがとうございました。 うだうだ迷い、9月末にアマゾンでタイムセールがあったのに決断出来ず、猛烈に後悔してました。 コストコでの購入にはなりませんでしたが、ここでキャンペーンの可能性や、過去のお値段等教えていただけ大変参考になりました。 ヤンマー•

次の

コストコでネスプレッソ購入。これは美味しい!

ネスプレッソ コスト

「ネスカフェ ドルチェグスト」の特徴 まずは「ネスカフェ ドルチェグスト」の特徴から見ていきましょう。 いろんな味のカプセルがある ドルチェグストの味はたくさんあります。 カフェオレからカプチーノ、ティーラテから宇治抹茶ラテまでまさにバラエティ豊富です。 普通のコーヒーだって5種類もありますし、エスプレッソだって飲めてしまいます。 もちろん全てのドリンクはカプセルだけで飲めるので、手間は一切かかりません。 フレーバーの豊富さが「ネスカフェ ドルチェグスト」最大の特徴といっても過言ではないでしょう。 ランニングコスト 気になるのが、ドルチェグストのランニングコストです。 果たして毎月どのくらいかかるのでしょうか。 通常 1個あたり 約60円〜120円 1日1杯 30日間 約1,800円〜3,600円 上記おおよその目安となる金額になります。 金額の幅はカプセルの種類によって生じるものです。 例えば宇治抹茶ラテのようなカプセルは入数も半分になり価格も高くなります。 もっとも普通のコーヒーしか飲まないという方なら最低額のコストで飲めるので決して高くありません。 定期便がお得 ドルチェグストの定期便は非常にメリットが多いです。 具体的には以下のようなメリットが挙げられます。 マシンの保証が最長で5年に• 毎回の送料が無料 定期便を利用した場合のランニングコストは以下の通りとなります。 通常購入との金額の差も比較してみましょう。 210円 約58円〜116円 定期便は3回以上の継続が条件です。 1日2杯以上飲まれる方は1回6箱以上のコースをおすすめします。 マシンが無料に 「ドルチェグスト」にはマシンが無料になるお得なコースがあります。 レンタルではありますが、使わなくなってしまうことを考慮すればマシンをわざわざ所有する必要はありません。 1ヶ月4箱の計算なので、1日1杯〜2杯飲めば消化できます。 1日1杯飲むかどうかわからない方は、2ヶ月で4個以上のコースを選びましょう。 いずれにせよ、マシンは購入ではなくレンタルがおすすめです。 使わなくなって捨ててしまうことも考慮する必要があります。 Amazonの情報を掲載しています 高品質のエスプレッソが飲める ネスプレッソのエスプレッソは非常に高品質で、まるでお店の風味が味わえます。 ただしあえて補足すると、エスプレッソのカプセルは種類がたくさんあるので、中には苦手な味もあるでしょう。 私はキャラメル、チョコなどフレーバー付きのエスプレッソがまずく感じました。 もちろん、それ以外のエスプレッソはどれも美味しくいただいています。 高品質なエスプレッソなら間違いなく「ネスプレッソ」と言っても過言ではありません。 ランニングコスト 高品質なものにお値段はつきものです。 ネスプレッソのランニングコストはやや高級になります。 1個あたり 81円〜108円 1日1杯 30日間 2,430円〜3,240円 送料無料まで 4,000円以上 ネスプレッソには、アソートセットが多数あります。 しかし最も安いアソートセットでも、1カプセルあたり81円となるので、特別お得になるわけではありません。 また昨今では、抽出量の多いカプセルも増えてきました。 ネスプレッソは抽出量の多いカプセルほど1カプセルあたりの単価が増えていく傾向です。 ドリップコーヒーのようにエスプレッソを味わいたい方は、新シリーズの「ヴァーチュオ」からカプセルを選びましょう。 ただしヴァーチュオは専用マシンが必要になります。 従来シリーズとの互換性は一切ありません。 「ネスカフェ ドルチェグスト」と「ネスプレッソ」を比較 「ネスカフェ ドルチェグスト」と「ネスプレッソ」を直接比較していきましょう。 両者の決定的な違いは2つあります。 それはランニングコストとドリンクメニューです。 ランニングコストの比較 両者のランニングコストの差は以下の通りです。 ドルチェグスト ネスプレッソ 1個あたり 約60円〜120円 81円〜108円 1日1杯 30日間 約1,800円〜3,600円 2,430円〜3,240円 どちらも通常購入の場合です。 コーヒーだけを飲むなら基本的にドルチェグストの方が安くなります。 しかしドルチェグストでもカプセルによっては割高になってしまいます。 宇治抹茶ラテのような1箱8カプセル入りの商品ばかりだとあっという間にネスプレッソのコストを超えてしまうので注意しましょう。 ドリンクメニューの比較 これはカプセルコーヒーメーカー購入にあたって決定事項になるでしょう。 「ネスプレッソ」はエスプレッソしか飲めません。 対して 「ドルチェグスト」は様々なメニューからカプセルを選ぶことができます。 いろんな味を楽しみたいという方は是非「ドルチェグスト」を選びましょう。 一方でコーヒーの味にとことんこだわりたい方は「ネスプレッソ」がおすすめです。 法人の方はネスカフェアンバサダーがおすすめ 法人や個人事業主の方は、CMでお馴染みの「ネスカフェアンバサダー」がおすすめです。 ネスカフェアンバサダーはマシンをレンタルできるサービスですが、ドルチェグストもネスプレッソも選ぶことができます。 何台借りても、費用は飲む分だけです。 オフィスでご利用される方は、ぜひ「ネスカフェアンバサダー」をご検討ください。 カプセルコーヒーメーカー共通のメリット これまで比較してきましたが、そもそも「ドルチェグスト」や「ネスプレッソ」のようなカプセルコーヒーメーカーは何がいいのでしょうか。 メリットをご紹介します。 お手入れ簡単 何と言ってもカプセルコーヒーメーカーはお手入れが簡単です。 カプセルということで非常に汚れにくいですし、汚れても簡単に取り外せて手洗いすることができます。 超面倒くさがり屋の私でさえ、洗っているのですから誰だって問題なく使用できるでしょう。 洗うのが大変だといずれかは使わなくなってしまうので、お手入れのしやすさは重要です。 どんなコーヒー器具よりもお手軽に扱えます。 美味しいドリンクがすぐに お手入れが簡単なだけでなく、楽に抽出できるのもありがたいです。 誰でも安定して美味しく淹れられるのはカプセルコーヒーだからこそでしょう。 他のコーヒー器具なんてもってのほかで入れる人によって味が全く異なります。 たとえインスタントだったとしても水の量で味が左右されてしまうわけですから、やはりカプセルコーヒーの安定感は評価せざるをえません。 他のコーヒーメーカーはペーパーフィルターが必須ですし、たとえ直接粉を入れるタイプでも清潔に保つのは難しいですし、何かと面倒です。 美味しいドリンクがすぐに出るのはカプセルコーヒーのまさに醍醐味といえるでしょう。 カプセルコーヒーメーカー共通のデメリット 続いて、カプセルコーヒーメーカーのデメリットを見て見ましょう。 機種が多すぎてややこしい カプセルコーヒーの機種の多さは非常に困惑してしまいます。 特にドルチェグストの機種はもう少し減らしても問題ないでしょう。 というのも機能に大した差があるわけでもなくデザインの違いが主な違いだからです。 製造中止になったマシンも未だにいくつか売られています。 なかにはカプセルコーヒーではありませんが、魅力的な「ネスカフェ バリスタ」というマシンもあり、もはやどれにしたらいいかわかりません。 ただし、無料で利用できるドルチェグストの機種は限られています。 無料で使えるに越したことはありませんので、ぜひ無料機種を選びましょう。 ぬるい カプセルから入れたコーヒーはぬるいと言われます 特にドルチェグストはぬるいと言われます。 しかしこれは使い手側に問題があることが多いです。 これから購入しようと考えている方に覚えてもらいたいことが二点あります。 湯通ししてマシンを温める• カップを温める これらはカプセルコーヒーメーカーだけに限らずコーヒー全般において言えることです。 それほどコーヒーは温度に敏感な飲み物ですから、是非意識してみてください。 たったこれだけでも風味の劣化が防ぐことが可能です。 美味しいコーヒーでもぬるかったらまずく感じてしまいます。

次の