日向 の さわ ちゃん 波 に 乗る。 「ひなたの佐和ちゃん、波に乗る!」宮崎県日向市が舞台のサーフィンドラマが9月より放送開始予定

田舎の佐和ちゃん波に乗る!

日向 の さわ ちゃん 波 に 乗る

【お知らせとおことわり】 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを ご利用いただきありがとうございます。 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の ダイレクトプリントができないようになっております。 ご了承下さい。 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが 本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか? 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。 写真のサイズと料金は次の通りです。 ラミネート加工は200円追加) L サイズ (8. 7センチ) 1枚 200円 LL サイズ (12. 8センチ) 1枚 800円 (ラミネート加工は200円追加) 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。 24日には同市お倉ケ浜海水浴場で取材会があり、主演の池間夏海さん、田中麗奈さん、玉山鉄二さんの3人が日向市の印象やドラマへの思いなどを語った。 安野正樹制作統括は「日向市の美しい自然や風情ある町並み、伝統が息づく暮らし、豊かな食、温かい人柄など、地域性をふんだんに盛りこんだドラマにしていくことができている」と順調な撮影の様子を語った。 主人公・是澤佐和役の池間さんは宮崎に来て29日間が過ぎたと言い、「完全に宮崎の子になってます。 初めてのことで緊張していたけど、景色もきれいで食べ物もおいしく、日向市の皆さん温かくて、毎日楽しく撮影しています」と笑顔を見せた。 佐和の母・佳子役の田中さんは、自身の役どころが現実主義者であることを紹介し、「実際に、私が16歳ごろ母親に『女優なんてできるわけないじゃん』て言われていた時と重なって感傷深い。 とても大事に演じていきたい」と話した。 父・中村卓役の玉山さんは宮崎の印象について「こんなビーチは見たことがない。 宮崎の宝だと感じた。 すごく居心地のいいまちです。 ドラマは祭りや郷土料理など魅力が詰まっている。 県外も県内の人にも楽しんでもらえる」と語った。 ドラマは、佐和がサーフィンとの出合いを通して成長していく物語。 実際に体験した池間さんは「楽しくて、逆に止められるぐらい練習していた。 ウエットスーツの跡ができてマネジャーさんに怒られた。 これからも続けたいと思ってしまった」と日焼け跡を披露した。 また、3人はロケ中にクルスの海を写真に納めたり、チキン南蛮やうどんに舌鼓をうつなど宮崎の魅力を満喫しているという。 安野制作統括によると、サーフィンのドラマを制作することが決まり、県内各地域を巡っていたところ、日向市細島の独特の歴史と暮らし、人柄から「宮崎県の全体的な魅力を伝えられると感じた」。 11日のクランクインから27日までオール日向市でロケ。 クライマックスは約300人のエキストラが参加するという。 放送は、BSプレミアムで9月11日午後10時〜同10時59分。

次の

ひなたの佐和ちゃん波に乗る/見逃し配信再放送|VOD鑑賞館

日向 の さわ ちゃん 波 に 乗る

子どもの頃からの夢にフタをしてきた女子高校生が、両親の離婚のきっかけとなったサーフィンとの出会いを通して自分の殻を破り、家族の絆を紡ぎ直していく姿を描く。 家族想いのバンド女子という主人公を演じるのは、連続テレビ小説「なつぞら」の出演でも話題を集めた17歳の池間夏海。 脚本は、映画「百円の恋」で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した足立紳。 キャスト 池間夏海,玉山鉄二,田中麗奈,立石ケン,川口ゆりな みんなの感想をまとめ あらすじ、みどころ あらすじからしてとても魅力的。 小さな港町ということは、海がすぐそばにあるけれど観光メインの街というわけではありませんよね。 そこで軽音バンドのボーカルをしている主人公は、海の似合う明るい性格に感じます。 クラスでもはつらつとした人気者なのではないでしょうか。 しかし、そんな彼女実は母子家庭。 シングルマザーとして奮闘している母親を支え、弟の面倒も見るという、なんとも立派な子ですね。 そんな真面目な子だからこそ、離婚した父親のこともどこかほっておけません。 親の離婚を経験してはいるものの、明るく前向きな女の子という非常に好感の持てる主人公ですね。 そんな主人公を演じるのは池間夏海さん。 夏の海という名前も今作にぴったり。 今CM美少女として非常に注目を集めている子です。 透明感があって、とてもキュート。 弾けるような笑顔なのですが、どこか育ちが良さそうな委員長タイプのようにも見えます。 まだ映像は見ていなくても、はまり役な感じがしますね。 母親役はなっちゃんでおなじみ田中麗奈さん。 個人的には玉山鉄二さんがピッタリ。 離婚した父親役で、サーフィン一途のちょっと不器用な男性を演じます。 この役柄が玉山鉄二さんにピッタリだなぁと思いました。 ロケ地は宮崎県 『ひなたの佐和ちゃん波に乗る』は日向市の港町を舞台にした、宮崎県発の地域ドラマです。 主人公は高校三年生の女子で、高校では軽音部のバンドのボーカルを務めているようです。 主人公はシングルマザーの母親を支え、弟の面倒も見、かつ、母と別れた父親の元をたまに訪れては世話も焼くというしっかりもの。 彼女の生活は充実していそうですが、現実的な母親との関係、楽天主義的な父親との関係、また、面倒をみている弟との関係はどのようなものなのでしょうか。 母親はや父親や弟は弟は主人公のことをどうみているのでしょう。 また、主人公は家族についてどう思っているのでしょう。 自分の夢に関することでしょうか、恋愛についてでしょうか。 それとも家族の関係についてでしょうか。 宮崎県の地域ドラマということで、宮崎県、日向市の魅力が伝わるように作られているのではないかと思います。 ドラマを視聴するのが楽しみです。 ドラマの撮影は 取材会の様子の中で、キャストの御三方が「居心地が良い」とおっしゃっていたのが印象的でした。 一般的に、ドラマや映画の撮影と聞くと大変であったり、苦労した背景を耳にすることが多いですが、このドラマは宮崎という舞台のもと、温かい雰囲気で行われていたのだろうと感じました。 勿論、撮影を作品を作っていく中での難しさはあったかと思いますが、それ以上に取材会の中でのどこか柔らかな雰囲気に親近感を覚えました。 また、主人公の佐和を演じる池間さんがお話の中で宮崎を感じられると仰っていたり、佐和の父を演じる玉山さんが、宮崎の郷土料理やお祭りについても触れられていたことから、私自身は宮崎県を訪れたことはありませんが、このドラマを通して宮崎県のいいところや魅力が感じられるのではないかと思います。 また、池間さんが、主人公の佐和について家族や友達思いの「すごくまっすぐな女の子」であると仰っていて、両親が離婚していて、自分がしっかりしなくてはいけないという思いや、ふらついている父親を見捨てずに世話を焼くその人柄に、ただハッピーなだけではない人間味、リアリティのあるお話なのだろうと想像できて見てみたいと感じました。 実際のシーンの映像はまだ見ていませんが、今から放送がとても楽しみです。 ネタバレ このドラマの見所は主に3つあります。 1つ目は、主人公の佐和が高校3年生で自分の進路を考えている青春真っただ中の時期であるということです。 主人公の佐和は軽音部に所属しており、将来は歌手という夢を持っているが、母親に現実を見なさいと反対され、今一歩将来に向かって踏み出せないという葛藤を抱いています。 この主人公がサーフィンを通じてどのように成長していくかという過程が見所だと考えます。 また主人公役の人がコメントしている通り、今現在高校生である人が夢に向かって歩みだす勇気を踏み出すには何が必要かというところも見所だと考えます。 2つ目は、宮崎の特色を全面に出してドラマを作っているという点です。 これは宮崎県に住んでいる人たちはどのような人たちかということと、宮崎県の郷土料理やお祭りなどを紹介しています。 このことで宮崎県を知らない県外の人も県内の知っている人もこのドラマを見ることによって、宮崎県の魅力が再発見できたり、観光するならばどこが見所かもこのドラマによって伝わることが魅力だと考えます。 3つ目は主人公の父親と母親が対極的であるという点です。 主人公の父親は不真面目だかサーフィン一筋でどこか憎めない父親、主人公の母親は真面目で現実を見ているしっかりものという印象を受けます。 この対極的な2人を見ながらどのように主人公が成長していくかも今後面白くなってくる点だと思います。 ひなたの佐和ちゃん、波に乗るドラマ 動画 池真夏海 池間夏海さんと言えば、最近大注目の若手女優さんですね。 私が池間夏海さんを知ったきっかけは、資生堂シーブリーズのCMに出演していたことですね。 輝くような明るい美少女という印象を受けました。 実際、世間では「あの美少女は誰だ!? 」と話題になったそうですから、私と同じ感想を抱いた人がたくさんいたということでしょうね。 映画『ニセコイ』では、ヒロインの小野寺小咲役を演じていていましたが、原作漫画のおっとりとしていて優しい性格の少女を上手く演じられていたと思います。 まだ17歳の若さということもあり、映画やテレビドラマへの出演回数はそれほど多くないのですが、演じた役柄では、いずれもなかなかの好評を博しており、今後に期待が持てそうです。 女優としての演技力というものは、実際に作品に出演して演技をすることを積み重ねることで磨かれてゆくものですから、池間夏海さんも今の人気のまま、順調に様々な作品に出演を繰り返していれば、自然と演技力は向上してゆくことでしょう。 生来の輝くような美貌に、磨かれた演技力が加われば、これはもう日本を代表するような若手女優の誕生と言ってもよいでしょう。 池間夏海さんの今後の女優としての将来に期待しています。 サイダーガールの2代目イメージキャラクターに起用されてからとても注目していました。 これはあまり知られていないですが彼女は沖縄県の出身で子役で芸能活動をしていて去年から東京の芸能事務所と契約をして本格的な活動をしている様です。 沖縄では『ロリポップ』というアイドルグループに所属していてダンスをしている姿は視聴していてとてもドキドキしてしまいます。 また最近では、注目の若手女優として活躍していてシーブリーズのCMの出演やマクドナルドのワッフルコーンのCM出演もしていて活躍が止まりません。 今年の春から高校生になり東京に上京しているそうです。 沖縄から東京に一人暮らしをし両親も大変心配をされていると思います。 一番私が楽しみで注目しているのが男の子なら誰しも読んだことがある『週間少年ジャンプ』で連載されていた『ニセコイ』実写版のクラスの優等生役で出演するそうです。 池間夏海さんと『ニセコイ』のどちらも好きなのでファンの私はとても楽しみです。 本人も『ニセコイ』のファンだったのでオファーが来た時びっくりしたと目をまん丸にして発言しているのをニュースで見かけました。 とても可愛かったです。 池間夏海さん全てが魅力の一つです。 ひなたの佐和ちゃん、波に乗るドラマ 動画 玉山鉄二 玉山鉄二さんは色んな役をしっかり演じることが出来るところとたまに見せる笑顔とセクシーなところがあ魅力だと思います。 真面目な雰囲気で演じる役も真面目な役だったり、寡黙な感じの雰囲気の役だったり、素っ気ない感じの役をやることが多いなと思うのですが、それでもたまに少し変な役とかやると面白くて、しっかり役になりきってきていて素敵だなと思います。 イメージも真面目という感じがあるので、たまに全然違う真逆の役を演じると違う一面を見ることが出来るような気がします。 また普段からバラエティなどにあまり出ないのですが、以前バラエティ番組に出た時に笑った笑顔がすごく素敵で魅力を感じました。 もともとイケメンなので、笑うと素敵なのですがクシャっと笑った顔がすごくキュートな感じでいいなと思いました。 いつもくすっと笑うイメージがあるので、クシャっと笑うと思わなかったのですごい魅力を持っているなと思いました。 また大人のセクシーさがあるところも玉山鉄二さんの魅力だと思います。 特に髪の毛をかき上げたた時の仕草と顔がすごくセクシーで役でもセクシーな顔だったり、仕草があると見ているこちらがすごくドキドキしてしまうくらいセクシーさがあると思います。 タマテツというあだ名もある有名な俳優さんですが、なんといっても魅力の一つは、クールなイケメンということではないでしょうか。 キリっとした目元と、純粋なイケメンなので、女性ファンは多いと思いますが、男性から見ていていても嫌なイケメンではなく羨ましいなと思う所が魅了だと思います。 又、なんといっても演技力が高いと思います 基本的にクールな役を演じられますが、言葉数が少ない役をこなせるという事は、持っているオーラや、雰囲気で演じる事ができるという事だと思うので、演技力が非常に高いと思います。 さらに、声も見た目と同じでイケメンボイスなところが、良いと思います。 その実力と共にですが、数多くの作品に出演されています 主演する作品は多くはありませんが確実にドラマや映画では準主役として登場しているのは、演技力が高くどの作新でも存在感を出せるというとこからからきているいう事だと思います。 そんな玉山鉄二さんも、もうすぐ40歳になるという事で、イケメンな事にプラスして男の渋みみたいなのがこれからドンドン出てくると思います。 そうなるとさらなる、魅力が出てくると思うので、今までも活躍されている俳優さんですがこれからさらなる活躍が期待できるのではないかと思います。 ひなたの佐和ちゃん、波に乗るドラマ 動画 田中麗奈 昔はCMばっかりでていましたけれど、最近はCMには出ていないようです。 たまに映画に出演したりして、結構演技力はあるようにおもいます。 彼女の魅力は1番はルックスの良さだと思います。 昔CMの出ていたころは、とてもかわいい娘だなと思いました。 もう今では30歳を過ぎていますが、かわいさは全然かわりません。 TVにもあまり出ていないようですが、とてもいい女優さんだとおもいます。 「なっちゃん」のCMが1番インパクトがあって、とても好感がもてます。 若い人たちにはわからないでしょうが、10代の頃が1番輝いていたと思います。 今はドラマか何かやっているのでしょうか?あの演技力があれば、どんな役柄でもやっていけると思います。 彼女の出身は福岡の久留米ですが、九州娘にはとても思えません。 垢抜けた感じで、東京でも上手くやっているのでしょう、福岡出身の芸能人はたくさんいますが 彼女は代表としてもいいのではないでしょうか。 またCMでもやって、心を和ませて欲しいものです。 同世代では「深田恭子」さんがいますが、この世代は歳をとらないですね。 今からは、30代の女優さんが、活躍するのではないでしょうか?是非テレビにも出て、見たいものです。 田中麗奈さんの魅力についてですが、まずはとても綺麗な美しい女性だということです。 田中さんが10代のころに『なっちゃん』の初代CMキャラクターでしたが、その頃はとても可愛くて、キラキラしていて、こんな可愛くてキラキラした子になりたいと思っていました。 そして30代のいまは、とても綺麗で着物などが似合う、オトナの女性だと思います。 大河ドラマなどでの着物姿はとても綺麗でした。 また目がとても印象的で、少しつり目のような…。 知的な印象を持ちます。 そして魅力のもうひとつですが、演技がとてもうまいことです。 『がんばっていきまっしょい』では新人賞など、さまざまな賞を受賞したそうですが、田中麗奈さんの演技は、ドラマや映画に引き込まれてしまうような、そんな演技だと思います。 田中さんの出演しているドラマはどれも好きなんですが、とくに好きなのは、『真昼の悪魔』という医療もののドラマなんですが、田中さんのミステリアスなところが怖くて、毎回続きを楽しみにしながら見ていました。 それから、『美しき罠』というドラマも、復讐をする田中さんが怖かったのを覚えています。 田中さんは目力が強いので、ミステリアスなちょっと怖い役はハマり役な気がしました。 まとめ そこそこ旅行をする方ですが、宮崎って数少ない行ったことがない県なんです。 なんとなくものすごい田舎とマンゴーのイメージしかないので、サーフィンだなんてハイカラなスポーツと結びつかないのですが、そういえばヤシの木が立っていて南の海と言う感じでしたよね。 そのくらいのイメージしかないので、宮崎の食べ物やお祭りを垣間見て宮崎の雰囲気を感じられそうなのが楽しみですね。 玉鉄が既にお父さん役と言うことにショックを受けてしまうのですが、あのなっちゃんだった田中麗奈さんがお母さん役なら納得です。 玉鉄はサーフィンなんて出来ないでしょうから撮影が大変だっただろうなと心配しつつ、かっこよくサーフィンしてる姿が見られるのが楽しみだったりします。 ぬるいダメおやじ役みたいだからそんなにかっこよい感じじゃないかもしれませんけどね。 池間夏海さんはシーブリーズのCMで見た綺麗な子だということしか知らないので、17歳と言うリアル高校生な若さでどんな演技を見せてくれるのかも楽しみです。 弟がいったいどんな事件を起こすのか、またそれをきっかけにやはり佐和ちゃんもサーフィンを始めるんでしょうか。 そういう若者の心の葛藤とか夢に向かって頑張る青春とかを感じさせる元気をくれるドラマになっているといいなあと思います。 違法動画について 違法動画があることによって、今後テレビ局が放送した番組のDVDやブルーレイなどでの売り上げが減少する恐れがあるかと思います。 そもそもテレビ局や正式に配信を許可されているサイトで視聴できるのに、わざわざ違法動画を見る必要がないと思います。 公式サイトで広告などやテレビでもリアルタイム視聴でスポンサーが提供するコマーシャルが流れることによって無料で見えているわけですが違法動画でも広告が流れることがありますが、これは違法動画を配信している犯罪者が得をして権利者に一切お金が渡らないのは問題かと思います。 違法動画への誘導リンクも同じようなことが言えると思います。 テレビ局などの大本の配信元が得られる利益を奪っているので、違法動画を配信する側だけではなく違法動画を見る側も問題があって、需要があるからいいねが欲しいから不正にとった動画を流して利益や優越感を獲ようとする輩が生まれるのだと思います。 昔と違って今は、見逃し配信や有料でも過去の動画を見られてたりするので、そちらを利用すべきです。 今は簡単に子供でもインターネットができるので、きちんと子供のうちから違法動画を見ないように指導すべきです。 最近はユーチューバーなどになりたいという子も増えてきているので小学生のうちから犯罪者にならないように指導したほうがいいかと思います。 総評 九州系列では福岡放送が良くドラマ作っているのはよく目にしていたが、宮崎放送がドラマを作ると言うのは見た事がないのでどんな感じに仕上がるのか気になります。 主人公佐和の母親役が田中麗奈で高校生と中学生の子供を持つシングルマザー役で、ああ田中麗奈もこういった役をするようになってるのだなあと感慨深く思いました。 もしかしたら初恋の相手が武瑠で、再開で再燃して武瑠がサーファーを目指しているので自分もサーフィンをやる予感がします。 タイトルに佐和ちゃん波に乗ると言うのも、サーフィンに挑むと言う意味の可能性が高い感じです。 離婚した父親もサーフィンやってるから、これは主人公の家族と絡んでくるのか、それとも武瑠と佐和の話が主体となる展開なのかと言う点もどうなるのでしょうか?ただこのドラマほぼ一時間なので、あんまり詰め込みすぎると訳が分からなくなるだろうし話の展開はある程度絞って物語が進んだ方が視聴者に優しいと思っているのですが。 しかし、音楽がジブリの『ゲド戦記』やった人だったとは思わなかったので、そこも気になってます。

次の

「ひなたの佐和ちゃん、波に乗る!」宮崎県日向市が舞台のサーフィンドラマが9月より放送開始予定

日向 の さわ ちゃん 波 に 乗る

【お知らせとおことわり】 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを ご利用いただきありがとうございます。 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の ダイレクトプリントができないようになっております。 ご了承下さい。 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが 本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか? 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。 写真のサイズと料金は次の通りです。 ラミネート加工は200円追加) L サイズ (8. 7センチ) 1枚 200円 LL サイズ (12. 8センチ) 1枚 800円 (ラミネート加工は200円追加) 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。 24日には同市お倉ケ浜海水浴場で取材会があり、主演の池間夏海さん、田中麗奈さん、玉山鉄二さんの3人が日向市の印象やドラマへの思いなどを語った。 安野正樹制作統括は「日向市の美しい自然や風情ある町並み、伝統が息づく暮らし、豊かな食、温かい人柄など、地域性をふんだんに盛りこんだドラマにしていくことができている」と順調な撮影の様子を語った。 主人公・是澤佐和役の池間さんは宮崎に来て29日間が過ぎたと言い、「完全に宮崎の子になってます。 初めてのことで緊張していたけど、景色もきれいで食べ物もおいしく、日向市の皆さん温かくて、毎日楽しく撮影しています」と笑顔を見せた。 佐和の母・佳子役の田中さんは、自身の役どころが現実主義者であることを紹介し、「実際に、私が16歳ごろ母親に『女優なんてできるわけないじゃん』て言われていた時と重なって感傷深い。 とても大事に演じていきたい」と話した。 父・中村卓役の玉山さんは宮崎の印象について「こんなビーチは見たことがない。 宮崎の宝だと感じた。 すごく居心地のいいまちです。 ドラマは祭りや郷土料理など魅力が詰まっている。 県外も県内の人にも楽しんでもらえる」と語った。 ドラマは、佐和がサーフィンとの出合いを通して成長していく物語。 実際に体験した池間さんは「楽しくて、逆に止められるぐらい練習していた。 ウエットスーツの跡ができてマネジャーさんに怒られた。 これからも続けたいと思ってしまった」と日焼け跡を披露した。 また、3人はロケ中にクルスの海を写真に納めたり、チキン南蛮やうどんに舌鼓をうつなど宮崎の魅力を満喫しているという。 安野制作統括によると、サーフィンのドラマを制作することが決まり、県内各地域を巡っていたところ、日向市細島の独特の歴史と暮らし、人柄から「宮崎県の全体的な魅力を伝えられると感じた」。 11日のクランクインから27日までオール日向市でロケ。 クライマックスは約300人のエキストラが参加するという。 放送は、BSプレミアムで9月11日午後10時〜同10時59分。

次の