リンドウ 育て方。 りんどうの育て方・お手入れ方法

リンドウの育て方|ヤサシイエンゲイ

リンドウ 育て方

この記事のもくじ• リンドウはリンドウ科の多年草で、日本や世界中に自生している花です。 日本では秋に咲く花としてリンドウは定着しており、切り花としてもよく出回っています。 そんなリンドウの育て方や気をつけたいポイントについて、この記事でご説明します。 リンドウの特徴について リンドウは草丈が15cm〜100cmほどで、品種によって高さに違いがあります。 鉢植えに向いた草丈の低い品種ではイシヅチリンドウなどが有名です。 花は大きくなく3cm〜6cmほどの小花を茎の先にたくさんつけます。 色は薄い紫が多いですが、他にピンクや白があります。 また日本では母の日のカーネーションのように、敬老の日にはリンドウの花を贈るのが定番となっています。 リンドウの育て方スケジュール リンドウは秋に咲く花で、開花時期は9月から11月です。 種まきは春になって気温があがった頃が最適ですが、種が非常に小さいのと発芽も時間がかかるため苗を購入して植え付けたほうが育てやすいです。 種まき 3月 植え付け 3月・11月 開花 9月〜11月 リンドウがよく育つ土の性質 リンドウは酸性で水はけの良い土を好みます。 地植えの場合 地植えの場合は腐葉土を混ぜて通気性をよくしてください。 酸性を好むので苦土石灰は混ぜなくて大丈夫です。 鉢植えの場合 鉢植えなどに自分で土を作る場合は、赤玉土6:鹿沼土4の配合の酸性寄りの培養土を作ってください。 リンドウに必要な肥料 生育期間の春以降は月に2回ほど液肥を与えると、よく育ちます。 リンドウを植える時のポイント タネを植える時 鉢や育苗箱に種まきをし、土を被せたら乾燥に気をつけて発芽させます。 発芽まで1ヶ月以上かかることが多いので、根気よく育てましょう。 発芽して本葉が6枚くらいまで育ったら、庭や鉢に植え替えて定植します。 苗を植える時 地植えで植え付ける場合は間隔を20cmほどあけておきます。 根鉢は崩さず、そのまま植え付けてください。 リンドウを育てるのに適した場所 リンドウは日当たりの良い場所を好むので、午前中から午後にかけて日のよくあたる場所で育ててください。 生育中に日当たりが悪いと、花つきが悪くなります。 リンドウの水やりの頻度 植え付けて根付くまではしっかり水やりをしてください。 花に水がかかると花が痛むので、水やりをする時は株元にそっと水やりをするのがおすすめです。 そのため雨のかからない鉢植えのほうが花がきれいな状態を保ちやすいです。 地植えの場合 地植えの場合、根付いたあとは基本的に水やりは不要です。 夏の期間は土が乾燥しやすいので、雨が降らず乾燥が続く場合は水やりをしてください。 プランター・植木鉢の場合 プランターや植木鉢の場合は土が乾燥しやすくなっているので、土の表面が乾いているのを確認してからしっかり水やりをしてください。 咲き終わった花はこまめに摘んでいく リンドウの花が咲き終わってしおれてきたら、こまめに花がらを摘んでおきましょう。 咲き終わった花は種を作ろうとして栄養を奪うので、摘んでおくことで次に咲く花に栄養がいきやすくなります。 リンドウは冬に切り戻しをする リンドウは冬になると、地上部分が枯れるので株元のあたりで短く切り戻しをしてください。 あまり寒さが厳しくなければ冬越しもしやすいですが、寒さが厳しいようであればワラなどで株元にマルチングをすると寒さ予防になります。 鉢植えの場合は2年に1回は植え替えをする 鉢植えで育てたリンドウは根詰まりを防ぐために、2年に1回は植え替えをしましょう。 植え替えをする時期は3月が最適です。 必ずひとまわり大きな鉢に植え替えて根が育つようにしてください。 秋に似合うリンドウの花を育てよう 薄紫の小さな花を咲かせるリンドウは、秋の雰囲気にぴったりの花ですね。 和風・洋風どちらの雰囲気にも似合う見た目をしているので、どんな庭や鉢植えでもなじみやすいと思います。 ぜひ秋に向けてリンドウを育ててみてはいかがでしょうか。

次の

小町リンドウの育て方・栽培

リンドウ 育て方

ツルリンドウ リンドウ科 北海道から九州までの山地に自生 樹林下に生えるツルリンドウ しています。 山では樹陰下の腐葉土 の上などにぽつりと生えているのを 見ることがあります。 株から細い茎を伸ばして近くの枝 に巻きついたり、あるいは地面を這 って生長します。 夏の頃、薄紫色で筒鐘形の花をつ けます。 そして秋には大きな赤い実 をつけます。 鉢植えのツルリンドウ まるで宝石のような赤い大きな実はよく 目立ちますから、山を歩いていてもこの 実からツルリンドウを見つけることがあ ります。 ツルリンドウが好きで数年前から鉢植 えにして栽培を楽しんでいます。 花は2, 3日と短い寿命ですが、たくさんつぼみを つけるので次々に咲いてくれます。 そして咲き終わった花の後に実が膨らんできます。 この大きな赤い実がつい たツルリンドウの草姿は中々風情があってよいものです。 つぼみの時から花が 咲き、実ができるまでの長い間楽しめるのもツルリンドウの特徴です。 実がなり始めた様子と赤い実 栽培は4〜5号の浅鉢に植え、朝顔支柱に絡ませた行燈づくりにするのが良い でしょう。 また、枯れ枝などに絡ませても野趣に富んで乙なものです。 自生地では樹林下の日陰地に生えています。 暑さには弱いようなので、鉢の 置き場所は遮光率50%のダイオネットで年中遮光した棚に置いています。 植え 替えは2,3年に一度でよいでしょう。 赤玉土、日向土、鹿沼土の等量混合培用 土に少量腐葉土を加えた土に植えます。 市販の園芸培養土でもよいでしょう。 肥料は春に緩効性の化成肥料を与えます。 ふやし方は5,6月頃、茎を切ってさし芽をします。 用土は小粒の赤玉土か鹿 沼土、あるいはその等量混合土が良いでしょう。 その時に切口に発根剤をつけ ると発根率が良くなります。 初めのうちは霧吹きで噴霧したり、ビニールで覆 うなどして鉢の周りの空中湿度が高くなるようにするとよく活着します。 また、本には種を蒔いて増やす方法が書いてありました。 秋の終わりごろに赤い実を揉んで中から種子を取り出して蒔きます。 1つの実 には30粒ほどの種子が入っているそうです。 用土は小粒の赤玉土を用います。 春になると発芽しますが遅いのは夏ごろに芽を出すものがあるようです。 苗には規定の濃度よりも薄めた液肥を時々与えます。 順調に生育すると秋に は5? ほどにも生長するようです。 翌春、4〜5号の大きな鉢へ植え替えます。 すると茎を伸ばして花を付けるまでに大きく成長します。 まだ種を蒔いたことがないので、今年はこの方法で播種にも挑戦しようと考 えています。 薬用部分は全草、秋ごろに掘り取り乾燥して用います。 黄疸、関節痛、回虫 駆除などに効果があるといいます。

次の

リンドウ(竜胆)の育て方|仲間のオヤマリンドウ、エゾリンドウ、園芸品種のリンドウの詳細

リンドウ 育て方

リンドウ(竜胆) 2011年11月15日 撮影 栽培品 和名 リンドウ(竜胆) 別名 ササリンドウ 学名 Gentiana scabra var. buergeri 科名・属名 リンドウ科 リンドウ属 分布 本州、四国、九州 花期 9~11月 特徴 山野に生える高さ30~100cmの多年草。 葉は対生し、長さ3~8cm、幅1~3cmの卵状披針形で先は尖り3脈が目立ちます。 茎の先や上部の葉腋に紫色の鐘形の花を開き、花冠は長さ4~5cmで先は5裂します。 裂片の間には副片があり、内側には茶褐色の斑点があります。 根の乾燥したものを薬用にし、漢方ではこれを竜胆(りゅうたん)と呼びます。 育て方 赤玉土、硬質鹿沼土、軽石少量の混合用土にマグァンプK などの緩行性肥料を、根に触れないように入れて植え込みます。 水を好むので、乾かさないようにし、良く日に当て、暑さでむれないように風通しの良いところに置きます。 植え替えを怠ると株が老化し、生育が悪くなり、下葉が焼けがちとなるので毎年株分けをかねて花後か、春の芽だし前に植え替え、用土は全部新しくします。 真夏と冬を除いて1ヶ月に2~3回水肥を水代わりにやり、定期的に病気・害虫から守るために薬剤散布をします。 草丈をコンパクトに抑えたい場合は生長している芽の先を2度ほど切り落とします。 5月中旬頃に下の方の葉を4枚ほど残して茎を切り落とします。 そこに脇芽が出てくるのでそれを同じように切り落とすとコンパクトに咲かせることが出来ます。 時期が遅いと花が咲かないことがあるので気を付けます。 切り落とした茎は挿し芽に使うことが出来秋には花をつけます。 春の芽が出る時期と秋の花が咲き終わるまでは、できるだけよく日の当たる場所で、管理しますが、高温多湿には弱いので、夏は風通しの良い明るい日陰で涼しく育てます。 水は表面が乾いたらやり、真夏は夕方に、鉢と鉢のまわりにたっぷりやって、夜間温度を下げるようにします。 それ以外の季節は朝にやります。 乾きやすい時は朝もやります。 株分け、挿し芽の他、種からも殖やすことが出来ます。 わが家が2003年3月に播種で、2004年11月8日に開花しています。 野山で写したリンドウ(竜胆).

次の