ムンジェイン 家族。 文在寅(ムンジェイン)は北朝鮮出身のスパイ?若い頃がイケメン?

ムンジェイン(文在寅)韓国次期大統領の年齢や経歴は?妻や子供についても

ムンジェイン 家族

タグ 2002年日韓ワールドカップの誤審 金沢港クレーン破損 韓国の国家債務 韓国の国家不渡り 韓国の半導体関連 韓国の半導体輸出 韓国のあり得ない対応 韓国のあり得ない反応 韓国のGDP 韓国のFTA 韓国が日本をWTOに提訴 韓国から日産撤退 韓中首脳会談 開城団地・金剛山観光の制裁免除 金正恩重体 韓国の家計債務 金正恩死亡 臨時レポ機構 脱北者団体の詐欺 米韓首脳会談 米韓為替スワップ 米韓合同軍事演習 米朝首脳会談 米国大統領選挙の韓国人の選挙妨害 米中貿易戦争 米中戦争 竹島領土問題 犬食文化 韓国の外貨準備高 韓国の山火事 東海・日本海併記問題 韓国市場の動向 GSOMIA破棄 G20 ASEAN+日中韓通貨スワップ 黒人暴行抗議デモで韓国系逮捕 韓米通貨スワップ 韓国食品 韓国軍の爆笑兵器 韓国車炎上 韓国自動車危機 韓国総選挙 韓国経済の実情 韓国産の赤貝 韓国大統領府国民請願 韓国の景気見通し 韓国冷遇 韓国人の火病 韓国人の入国制限措置 韓国人のパクリ自慢 韓国人のあり得ない反応 韓国ネットの反応 韓国へG7招待 韓国のCPTPP参加 韓国の輸出 韓国の航空会社危機 韓国の経済成長率 韓国の海外建築 韓国の格付け 瀬取り 最低賃金引き上げ FCレーダー照射事件 サムスン電子の凋落 ムンジェノミクス ムンの時代 ヘル朝鮮 ブラック睡眠部屋 フェイクニュース バリアオプション「KIKO] ノーベル症 トルコと通貨スワップ デフォルト危機 ダイナミックコリア セルコリア ジム・ロジャーズ サムスン電子の不祥事 モルゲッソヨ コリア・プレミアム ゲイポップ ギャラクシーフォールド キャンドル革命 カカオ株 アカデミー賞 うどんの起源 いちごさん LG電子のロゴ隠し LG系列の工場で有毒ガス漏れ K防疫 KOSPI、ウォン、サムスン電子株 G20 ムンディール ライダイハン 日韓関係 慰安婦詐欺ビジネス 日韓通貨スワップ 日韓旭日旗騒動 日韓慰安婦合意 日韓WTO紛争関連 日本製品不買運動 日本の入国規制強化措置 日本の入国制限 新型コロナウイルス【武漢肺炎】 新型コロナウイルス 文大統領家族の海外移住 文在寅大統領 政治的パフォーマンス 徴用工問題 ルノーサムスン撤退危機 左翼メディアの実態 対イラン輸出 家計債務 天皇陛下への謝罪発言問題 外国人献金 在韓米軍駐在費交渉 在韓米軍駐在費 在韓米軍撤収 反中国経済ブロック構想(EPN 南北首脳会談 北朝鮮の韓国攻勢 北朝鮮が電話に出ない 北朝鮮から銃撃 K防疫 韓国政治、〔ムン君を信じよう〕文大統領支持率が3週連続下落、55%に~不支持理由の最多は「北朝鮮」 記事要約:4月の韓国総選挙で与党が圧勝して、ムン君の支持率は7割を回復したわけだが、どうやら北朝鮮の韓国攻勢で、支持率をどんどん落としているようだ。 でも、3週連続で下落なら、北朝鮮だけじゃないだろう。 どう見ても、ゲイバー大規模感染からのK防疫とやらのメッキ剥がれじゃないのか。 では、最新の支持率を確認しておこう。 >世論調査会社、韓国ギャラップが19日に発表した文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は、前週より5ポイント下落した55%だった。 不支持率は3ポイント上昇の35%。 支持率は3週連続で下落した。 最新の支持率は55%、不支持は35%。 50%以下だと危険水域だが、55%ならまだ大丈夫だ。 そもそも、不支持が50%以下だったことなんて選挙前はずっとそうだっただろう。 >文大統領を支持しない理由は、「北朝鮮関係」(29%)が最も多かった。 これまで不支持の理由は「経済・生活問題」が10週連続で1位だったが、北朝鮮が開城にある南北共同連絡事務所を爆破した今週は「北朝鮮関係」がトップになった。 支持しない理由の29%が北朝鮮関係。 これって少ないよな。 ソウルが火の海にされる危険性を認識しているのは3割以下ということになる。 >一方、政党支持率は進歩(革新)系与党「共に民主党」が前週比1ポイント上昇した43%で、保守系最大野党「未来統合党」が19%、革新系「正義党」が5%、中道系「国民の党」が3%、革新系「開かれた民主党」が3%と続いた。 ムン君の支持率は落ちても与党の支持率は上昇中。 意味、わからないがそういうことだ。 まあ、1%なら誤差程度か。 そして、問題は次だ。 実は支持率についてはそこまで取り上げるつもりはなかったのだ。 ただ、これには韓国人の愚かさがよくわかった。 >北朝鮮脱出住民(脱北者)団体による北朝鮮批判のビラ散布を政府が規制すべきだとの主張には、過半数(57%)が「共感する」と答えた。 「規制してはならない」と答えたのは29%だった。 なんと例のビラは政府が規制するのに57%が共感するそうだ。 一歩、間違えれば言論弾圧の動きに自ら賛同しているという。 本当に北朝鮮批判だけのビラで終わるとでも?管理人がムン君なら、この機会に政府批判に対するビラについても規制するように動くな。 ビラ批判なんてとってつけたただの口実だということに気付かない。 木を見て森を見ずとういうやつか。 韓国政治、〔ムン君を信じよう〕文大統領支持率が3週連続下落、55%に~不支持理由の最多は「北朝鮮」 【ソウル聯合ニュース】世論調査会社、韓国ギャラップが19日に発表した文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は、前週より5ポイント下落した55%だった。 不支持率は3ポイント上昇の35%。 支持率は3週連続で下落した。 調査は16~18日に全国の成人1001人を対象に実施された。 同社の調査で支持率が60%以下に下がったのは、4月第3週以来9週間ぶり。 文大統領を支持しない理由は、「北朝鮮関係」(29%)が最も多かった。 これまで不支持の理由は「経済・生活問題」が10週連続で1位だったが、北朝鮮が開城にある南北共同連絡事務所を爆破した今週は「北朝鮮関係」がトップになった。 一方、政党支持率は進歩(革新)系与党「共に民主党」が前週比1ポイント上昇した43%で、保守系最大野党「未来統合党」が19%、革新系「正義党」が5%、中道系「国民の党」が3%、革新系「開かれた民主党」が3%と続いた。 北朝鮮脱出住民(脱北者)団体による北朝鮮批判のビラ散布を政府が規制すべきだとの主張には、過半数(57%)が「共感する」と答えた。 「規制してはならない」と答えたのは29%だった。 政府がビラ散布を規制すべきだと答えた割合は、6年前の同じ調査(48%)に比べて9ポイント上昇した。

次の

ムンジェインは北朝鮮出身?生い立ちと反日の理由【南北統一へ】

ムンジェイン 家族

net 【ソウル=名村隆寛】韓国の 文在寅(ムン・ジェイン)大統領の長女と家族が 昨年7月に東南アジアに移住したことが明らかになり、 移住の背景や現地での警護費用などをめぐり波紋が広がっている。 保守系の最大野党・自由韓国党の議員が明らかにしたもので、文氏の長女は昨年4月、 夫からマンションの贈与を受けたが、3カ月で売却し7月に夫、息子(文氏の孫)と東南アジアに移住。 息子は現在、現地の国際学校に通っている。 マンションは本来、文氏から購入したものだという。 sankei. html 野党議員は「夫が勤めていた企業に韓国政府から不当な支援金があった」 「資産差し押さえ逃れのため急いで贈与、処分した」などの情報があるとし、大統領府に対し移住した理由や現地での 警護費用などの情報公開を求めた。 また、文氏の孫が通っていたソウル市内の小学校の書類も提示した。 韓国大統領府は「子供の教育は移住の理由ではない。 事実と異なる」とし、 「学校関連の書類公表は個人情報の侵害で、相応の措置を取る」と反論した。 文氏の長女一家の海外移住は法律には抵触しない。 ただ、韓国メディアによると、 大統領在任中の家族の海外移住は初めてという。 小学生に海外で教育を受けさせることに加え、不動産の贈与や売買の情報もあり、 「何かの事情があるように思われ、国民としてその理由が気になる」(朝鮮日報)との報道もある。 国家元首の娘と孫の海外移住は現在のところ、政権攻撃の好材料にされている。

次の

文在寅(ムン・ジェイン)の妻や家族と経歴!公約と対日本政策は?

ムンジェイン 家族

ムンジェインは従北だなんてよく言われていますが、その理由がよくわかっていなかったのですがその理由が両親にあったとは…そして、私は大きな誤解をしていたこともわかりました。 ムンジェイン、実は両親が北朝鮮出身だというのです。 しかし、韓国の報道ではこのことについてはあまり積極的には報道されていません。 は今の大統領選挙の前にムンジェインの家族について詳しく書いています。 咸鏡南道フンナム出身の父と1950年に慶南コジェに逃げてきた失郷民(故郷を出て故郷に帰れなくなった人々)であった。 1953年生まれであったムン候補は戦争の記憶はないが死ぬまで故郷を懐かしがっていた父の姿ははっきりと残っている。 この、「にげてコジェに移った」というのがによれば、朝鮮戦争の間に戦火を免れてアメリカの軍事物資船にのって逃げてきたのだと記述しています。 実際にムンジェインの両親がアメリカの軍事物資船に乗ってきたのかは不明ですが、朝鮮戦争の戦火を免れるために南に移ってきたのは間違いないでしょう。 (ニューデイリーはムンジェインの父は反共主義者だったと書かれていますが、実際はすでに亡くなられている人なので分からない、というのが正しいのかなとも思います。 ) ニューデイリーの主張としては、敵である共産国家の国民を逃し自由の国へ送ったのがアメリカなのだから自分をこの世に産ませてくれたアメリカと韓国に感謝をすべきなのに、従北主義なのは父親を裏切る行為だというものです。 ニューデイリーは韓国軍に従事していたある医師の言葉を引用します。 当時10軍団民事部の顧問であった若い韓国人医師ヒョンボンハクは、軍事作戦であるから民間人をのせることはできないというアルモンド司令官に訴えました。 このかわいそうな人々を放っておかないでください。 このままでは彼らは共産党に殺されます。 彼らを助けてください。 助けなければならないのです。 彼らは共産党がいやで自由を求めている人々です。 彼らを助けてください。 この引用を読むと、南に逃げる人々すべてが共産主義を嫌がっていたかのように感じます。 ムンジェインの父もそうではなかったのか?と。 そしてなぜ父親はそのような思いなのにムンジェインは従北なのか?と疑問を持つことになります。 また一方で、人と言うのは故郷を簡単に捨てることができない生き物です。 ましてや 朝鮮戦争によって分断国家となり、故郷に戻れなくなってしまった両親にとって、韓国に来てそれなりに生きれるようになったとき、思い出すものは簡単に戻ることのできない故郷ではなかったのか、というのもまた一つの人の心であるともいえます。 ムンジェインの父は1978年に亡くなっていますが、母親は健在です。 母親の離散家族に会うためにも年をごまかしたり(このことについてはまた違う機会に。 )と、北にいる家族のためにいろいろ権力も使っているようです。 北にとっても権力がある人間が北とつながっているというのは歓迎することであるということ…. ムンジェインは心境的に北に近い人間であるというのはもう否定できないでしょう。 そしてその理由が家族にあるとなればなおさらです。 百歩譲って北朝鮮体制そのものについてはどうこう思うところがあったとしても、 故郷としての北朝鮮は憎めないというのがムンジェインの思想なのです。 まして北からも歓迎されているとなれば相思相愛… 今の韓国のトップがこのような考えを持つというのは休戦中ということを考えれば国民にとっては苦しい大統領だと思います。 しかし支持率は80%を超えるという、本家北朝鮮もなかなかやるではないかとほめてくれそうな数字です。 もちろん韓国の過去には親北政権としては金大中もいましたし、丸め込まれた廬武鉉もそうでしたがムンジェインの親北と言うのはなかなかどっぷりだなと感じました。 親北政権と言うのを本当の意味で理解できていなかったな、と、ムンジェインの家族のことを調べながら、再び震え上がってしまいました。

次の