プロ フォーマ イン ボイス。 【テンプレ付き】インボイスとは?5分で覚える貿易実務

コマーシャルインボイス(Commercial Invoice)とプロフォーマインボイス(Proforma Invoice)の違い

プロ フォーマ イン ボイス

インボイスとは、商品の単価、購入数などを記載する書類です。 別の物に例えるのなら、スーパーなどで受け取るレシートです。 あなたが外国の商品を輸入場合、 外国で発行されたインボイスを受け取り、日本税関に提出します。 一方、あなたが輸出をするときは、 あなたが自身がインボイスの作成と送付をします。 この場合の 相手とは「輸入者(貿易相手)」はもちろんのこと「相手国の税関」も含まれます。 日本と同じように相手国の税関においても、関税の計算のために、インボイスを活用するためです。 ただし、インボイスには、次の2つの種類があることに留意する必要があります。 コマーシャルインボイス• プロフォーマインボイス どちらも同じですが、若干、意味合いが違います。 通関で提出するときは「コマーシャルインボイス」を使います。 なぜか? この理由が、プロフォーマインボイスとコマーシャルインボイスの違いにもつながります。 インボイスは、商品の価値を示すものです。 外国へ商品を送る人、販売する人は、商品と一緒にインボイスを送ることで、相手国税関での手続きができます。 インボイスには、コマーシャルインボイスとプロフォーマインボイスの2種類があります。 コマーシャルインボイスとは「コマーシャル= 商業用」のインボイスのことです。 一方、プロフォーマインボイスとは「プロフォーマ= 仮」のインボイスのことを言います。 以下でこれらについてもう少し細かく説明していきます。 コマーシャルインボイス 実はインボイスには、コマーシャルインボイスやプロフォーマインボイスの他に、カスタムインボイスなどもあります。 ただし、貿易の通関という意味においては、コマーシャルインボイスとプロフォーマインボイスの2つだけを覚えておけば問題ありません。 コマーシャルインボイスは、別名「商業送り状」や「仕入れ書」とも言われています。 この中に商品名、金額、数量などが記入されており、誰から誰にそれが販売されたのか?などがわかるようになっています。 貿易取引で言うと、商品を販売した人が購入者に向けて発行します。 コマーシャルインボイスは、商品の売買契約の内容を正式に示す書類です。 契約書の取り交わしなどが終わった後に、販売者から購入者へ向けて発行されます。 よく勘違いしやすいことで「インボイスは税関用に発行する書類」というのがあります。 しかし、これは間違いです。 あくまで、コマーシャルインボイスは、 販売者から購入者に向けた仕入れ書類のことです。 税関への証明は、このインボイスを「利用」して行っているだけです。 書類としての意味合いを主従関係でいうと、主が「購入者向けの書類」であり、従が「税関向けの書類」です。 関連: プロフォーマインボイス プロフォーマインボイスの「プロファーマ」を訳すと「仮」です。 つまり、プロフォーマインボイスは、仮のインボイスのことです。 仮ということですから、あとから発行される前提になっている書類であることがわかります。 では、なぜ仮に発行しなければならないのでしょうか。 その答えは、 契約書の発行時期にあります。 外国の相手と商品売買を始めるときは、やによって、いくつかの交渉を重ねます。 この交渉がうまくいくと「契約書の取り交わし」に至ります。 しかし、商品によっては、この正式な契約書を作成するまでに相応の時間がかかる場合があります。 このようなときに「プロフォーマインボイス」を発行します。 これは合意した内容を正式な契約書に落とし込む前に、仮のインボイスとして記録する書類です。 要は合意したのだから、合意したことを忘れないうちに「仮の形でもいいから書面にしておく」狙いがあります。 これがプロフォーマインボイスができあがる理由です。 その後、正式な契約書を取り交わしてから、コマーシャルインボイスが発行されます。 プロフォーマインボイスとコマーシャルインボイスの違い コマーシャルインボイスと、プロフォーマインボイスには「正式」と「仮」の部分で大きな違いあります。 それでは、もう少し細かい部分で、2つのインボイスの違いをご紹介します。 主な違いとしては「1.積み込み日時の有無」と「2.商品数量の記載」の部分にあります。 1.積み込み日時の有無 正式なコマーシャルインボイスには、積み込み日時が記載されています。 インボイスのフォームによっても違いますが、右上などに「Date」として記載されているはずです。 通常、この部分の日付は、正確な船積みの日時が記入されます。 しかし、プロフォーマインボイスのときは、この日付が「月」単位で記入されていること多いです。 ちなみに、銀行を通してお金のやり取りをする「」は、この部分の日時がとても大切です。 2.商品数量の記載 正式なインボイスには、商品名と金額、数量が確定情報として記載されています。 しかし、プロフォーマインボイスの場合は、この数量と金額の部分が「アバウト」に記載されていることがあります。 これは、最終的な船積み時期がわかるまで、どれくらいの数を出荷できるかわからないときに作られるためです。 商品名と数字の部分は、とりあえずでOK。 でもその他の部分は、合意した内容を盛り込んで作成するというイメージです。 プロフォーマインボイスが発行される2つの理由 1.外国の輸入者が輸入ライセンスを取得するとき 先ほど説明した通り、プロフォーマインボイスは、正式な契約書が出来上がるまでの間、とりあえず書面上に落とし込む書類だと説明しました。 しかし、実はこれ以外にもプロフォーマインボイスを発行する理由があります。 それが「 輸入ライセンスを取得するとき」です。 一部の国においては、ある特定の貨物を輸入するときに「輸入許可:Import License」が必要なところがあります。 例えば、日本の盆栽をベトナムに向けて輸出するときがそれにあたります。 この場合、ベトナム側の輸入者がベトナム政府から「盆栽の輸入許可」を取得しないと、日本から輸出ができないことになっています。 そして、ベトナムの輸入者がベトナム政府へライセンスの申請をするときに、日本側の輸出者とやり取りをしたことを証明する「プロフォーマインボイス」を提出することが求められることがあります。 要は、ベトナム側の輸入者が、ベトナム政府に対して、次のようなお願いをするときに必要です。 「 今度、日本の〇〇という会社から盆栽を輸入します。 このとき、輸出者は輸入者に対してプロフォーマインボイスを作成します。 まとめ プロフォーマインボイスとコマーシャルインボイスの違いは、正式書類と仮書類の違いにつきます。 仮のインボイスを発行する理由は、正式な契約書に関係してきます。 正式な契約書の発行に時間がかかるときに、合意した内容を仮のインボイスとして記録するために「プロフォーマインボイス」を発行します。 通関に提出するのは、基本的にコマーシャルインボイスです。 なぜなら、プロフォーマは、金額部分を含めて仮の可能性があるからです。 ただ、プロフォーマインボイスも使い道があります。 輸入者側で輸入ライセンスが必要なときに、このプロフォーマインボイスを使って申請をします。 その他の輸入書類もチェックしておきましょう! ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の

Windows 10 の「ボイスレコーダー」を使い、音声や音楽の録音を行う方法

プロ フォーマ イン ボイス

プロフォーマインボイス(Proforma Invoice) 「見積送り状」や「仮送り状」と呼ばれ、通常、見積書と同じ役割を果たします。 また僕の実務経験上、「Pro-forma」や「Pro forma」と表現するネイティブもいます。 見積書としての位置づけになりますが、後述するコマーシャルインボイス(Commercial Invoice)が発行される前段階のプロフォーマインボイスに基づいて支払いを実行することもあります。 また、見積書としてはプロフォーマインボイス以外に「Quote」や「Quotation」という形式で書類を発行してくる相手もいます。 コマーシャルインボイス(Commercial Invoice) 「商業送り状」や「送り状」と呼ばれます。 通常は請求書としての役割がメインですが、納品書や出荷案内書としても用いられています。 一般的に、単にインボイスと言った場合には、このコマーシャルインボイスを指すことがほとんどです。 貨物の通関手続きのときに必ず必要になる重要書類です。 シッピングインボイス(Shipping Invoice) 「船積み送り状」と呼ばれています。 正式には積荷の代金請求書とされているようですが、実際的には納品書や出荷案内書としての役割に近く、パッキングリスト(Packing List)と同じようなものとして発行する会社もあるようです。 (パッキングリストに関しての) カスタムズインボイス(Customs Invoice) 「税関送り状」と呼ばれています。 一部の国で海外から入ってくる物品に対して輸入通関時に必要となる、税関用のインボイスとなります。 カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどの国で必要となってくるインボイスです。 通常は日本からこれらの国々へ物品を輸出する際に用意する書類になりますが、僕は実務上でオーストラリアとニュージーランドの会社から輸入したときに、このカスタムズインボイスが入っていたのを見たことがあります。 スポンサーリンク タックスインボイス(Tax Invoice) こちらのインボイスはあまり目にされた方はいないのではないかと思います。 現在取引きをしている相手先で1社だけ、オーストラリアの会社が発行してくるインボイスが毎回こちらのインボイスです。 日本で言うところの「領収書」に近いものになるようです。 コンシュラーインボイス(Consular Invoice) 「領事送り状」と呼ばれるインボイスです。 僕はこのインボイスを見たことはありませんが、アフリカや中南米の一部の国で使用されるインボイスです。 輸入国に駐在する売り主側の国の領事が、インボイスの内容をチェックするために使用されるインボイスだそうです。 まとめ 単にインボイスと言っても結構種類があるものですよね。 インボイスは国によって、そして会社によって発行される種類はさまざまです。 1つの取引先だけでプロフォーマインボイス、コマーシャルインボイス、シッピングインボイスと3種類のインボイスを発行してくる相手もいれば、コマーシャルインボイスだけという会社もあります。 いずれにしても、コマーシャルインボイスだけは絶対に入手するようにしておけば、実務上困ることはないと思います。

次の

インプロ,ワークショップ,演技

プロ フォーマ イン ボイス

日本の企業については「」をご覧ください。 豚肉、牛肉などの産地を証明する為、や税関に提出を義務付けられている売買契約書の写し。 日本での意味は業種・企業・団体・業界で異なるが、なんらかの物品やソフトウェアの購入につき、産地や、購入元が権利を持った企業であることを証明する書類、そのコピーのこと。 自由販売証明書の必要書類。 明細書(厳密にはパッキング・リストや検量リスト等も揃わなければ明細書とは言い切れない)と請求書を兼ねる書類。 基準以上に高額な贈与品物や無償提供の商品見本、本邦外地間の本支店間もしくは支支店間での物資の無償提供など、金銭その他による決済を伴わない貨物(NO COMMERCIAL VALUE)の輸出入にも通関に際しても、本邦外地の各税関によってはコマーシャル・インボイスという用語にてその提出や貨物への添付が要求されるので、を兼ねる。 見積書なので、通関で使用したり、の公的な証明(査証)を受けることは出来ない。 英語では、しばしばの目的に使用されるとも書かれているが、Proforma Invoice(プロフォーマ・インボイス)をこの様な目的に使うことは日本発のにおける通関ではまず見られないが、日本着のにおけるでは、の後日提出が前提となる。 ただし、用語そのものとしては、請求書の色合いはよりは濃くなるか同程度(いわゆる納品書)で、(INVOICE)やコマーシャル・インボイス(COMMERCIAL INVOICE)よりも遥かに薄まる。 そのため、取引相手によっては単なる出荷案内通知かせいぜい通関用書類程度にしか受け取らないので、決済用書類と理解すると危険である。 輸出国において発行される書類。 輸入国のでを賦課する為の資料や輸入品についての原産地・商品分類・数量等の統計資料になるもの。 輸出国で輸出者が作成した、特定のフォームあるいは通常のに、輸出国に駐在する輸入国のがするもの。 輸入国でする際に要求されることがある。 このインボイスは輸入国側に立ち信頼に値する者(領事)が、商品や価格など含めた正当な貿易(取引)であることを輸入国および輸入者に証明する意味を持つ。 脚注 [ ] 出典 [ ].

次の