楽天モバイル 転出。 楽天モバイルの通話SIMを解約・MNP転出方法と注意事項|楽天モバイルで簡単節約!年10万貯金を増やそう

【図解】楽天モバイルのMNP予約番号の発行手順を解説するよ!|SIMっちゃお

楽天モバイル 転出

楽天モバイルのMNP手続きは、 店舗・電話での手続きができません。 会員サポートページのメンバーズステーションから手続きを行ってください。 MNP転出にかかる手数料 楽天モバイルからMNP転出を行う際に、 MNP転出手数料として、3,000円がかかります。 MNP転出手数料は、電話番号1つにつき1件かかるので、家族でまとめてMNP転出手続きを行っても 安くなることはありません。 楽天モバイルに限らず、他社の格安SIMであっても、MNP転出手数料とMNP転入手数料(事務手数料)はかかってしまうので、乗り換えで必要な出費と考えてください。 MNP予約番号を取得できる日数 楽天モバイルでは、MNP予約番号発行手続きを行った時間帯によって、MNP予約番号を取得できる時間が異なってきます。 楽天モバイルでMNP予約番号を取得するのにかかる時間は、以下の通りです。 MNP予約番号発行手続き終了時刻 MNP予約番号発行時刻 当日10時までにMNP予約番号申請 当日12時にMNP予約番号発行 当日10時以降にMNP予約番号申請 翌日12時にMNP予約番号発行 参照: 「」 MNP予約番号を申請した当日中に発行してもらうには、午前10時までに申請する必要があります。 そのため、予め余裕を持ってMNP予約番号発行申請を行うのがおすすめです。 MNP予約番号を申請する時間によって、MNP予約番号が発行される時間が異なることだけ覚えておけば問題ありません。 MNP予約番号を確認するには? MNP予約番号が発行された後に、MNP予約番号を確認するには、 楽天モバイルのメンバーズステーションの「MNP予約番号発行・確認」から確認が可能です。 MNP予約番号だけでなく、MNP予約番号の有効期限も確認できるので、MNP予約番号がわからなくなったら、メンバーズステーションから確認しましょう。 楽天モバイルから格安SIMへ乗り換えるときの注意点 楽天モバイルから他社の格安SIMへ乗り換えるときの注意点を紹介します。 乗り換える前に予め注意点を頭に入れておくことで、スムーズに楽天モバイルから乗り換えできますよ。 MNP予約番号の発行は乗り換え直前に行う MNP予約番号を発行するのは、楽天モバイルから他社へ乗り換える直前に行いましょう。 MNP予約番号の有効期限は15日間です。 乗り換える先の格安SIMによって、MNP転入の手続きにかかる時間が異なります。 そのため、乗り換える直前にMNP予約番号を発行手続きを行い、MNP予約番号が発行されたら速やかに乗り換えるようにしましょう。 ただし、 MNP予約番号の有効期限が切れてしまっても、MNP予約番号は無料で再発行が可能です。 SIMカードは返却する必要がある 楽天モバイルを解約した場合、楽天モバイルで使用していたSIMカードを返却する必要があります。 SIMカードの返却にかかる配送料は、契約者の負担になるのを頭の片隅に入れておいてくださいね。 楽天モバイルのSIMカード返送先は、以下の通りです。 最低利用期間に満たずに楽天モバイルを解約してしまうと、解約金がかかってしまいます。 楽天モバイルの料金プランごとの解約金は以下の通りです。 (2019年10月1日以降の申込みなら解約金と最低利用期間が撤廃されています。 ) 料金プラン名 解約金 最低利用期間 Rakuten UN-LIMIT 0円 なし 新「スーパーホーダイ」 新「組み合わせプラン」 2019年10月1日以降に申し込み 0円 なし スーパーホーダイ 2018年6月14日20:00以降に申し込み 9,800円 12ヶ月 24ヶ月 36ヶ月 スーパーホーダイ 2017年9月1日~2018年6月14日19:59以内に申し込み 9,800円〜29,800円 12ヶ月 24ヶ月 36ヶ月 組み合わせプラン 9,800円 12ヶ月 コミコミプラン 12,000円 24ヶ月 買いテキ!通販ツウ特別プラン 9,800円 24ヶ月 プラス割 データSIM 9,800円 6ヶ月 参照: 「」 解約するタイミングによっては、解約金がかからないタイミングを待ってから解約した方が損をしない場合もあります。 乗り換え先の料金プランと楽天モバイルの解約金を比較検討して決めましょう。 日割りではなく1ヶ月分の料金を支払う 楽天モバイルの契約は月単位の契約となるので、日割りには対応していません。 そのため、 締め日を1日でも過ぎてしまったら、翌月の通信費が全額かかってしまいます。 楽天モバイルの締め日をまとめておきました。 サービス名 締め日 通話SIM・データ専用SIM 毎月15日 オプション・サービス 毎月25日 参照: 「」 楽天モバイルでは、SIMの締め日とオプション・サービスの締め日が異なります。 楽天モバイルを解約する場合は、乗り換える月の15日より前に楽天モバイルを解約するのが良いですよ。 乗り換えにおすすめの格安SIM 乗り換えにおすすめの格安SIMを紹介します。 楽天モバイルから乗り換えるにあたり、おすすめの格安SIMは以下の2社です。 2社の特徴を見ていきましょう。 BIC SIM まずは、BIC SIMの代表的な料金プランを簡単にまとめてみました。 データ通信SIM SMS機能付きSIM 音声通話機能付きSIM ミニマムスタートプラン 3GB 900円 900円〜 1,600円 ライトスタートプラン 6GB 1,520円 1,520円〜 2,220円 ファミリーシェアプラン 12GB 2,560円 2,560円〜 3,260円 参照: BIC SIMは、大型家電量販店ビックカメラグループの格安SIMです。 ビックカメラグループの対応店舗に行けばBIC SIM専門のスタッフが丁寧に対応してくれるので、契約時はもちろん、契約後のアフターサービスにも定評があります。 BIC SIMの最大の魅力は、家族でデータ通信容量を分けあえる ファミリーシェアプランです。 お父さんやお母さんはデータ通信量をあまり必要とせず、息子や娘はデータ通信量を多く必要とするケースが多いかと思います。 家族間でデータ通信量をシェアすることによって、結果的に必要な人が必要な分だけデータ通信量を使えるので、 通信用量が最適化され、結果的に家族全体の通信費も安くなります! BIC SIMは、家族で使うのにピッタリの格安SIMです。 UQモバイル UQモバイルの代表的な料金プランは以下の通りです。 プランS プランR データ容量 3GB 10GB かけ放題 月額1,700円の24時間かけ放題プランを別途契約 月額700円の1回10分かけ放題プランを別途契約 月額500円の1ヶ月60分間利用できる通話パックを別途契約 月額料金 通常 1,980円 2,980円 UQ家族割 適用時 1,480円 2,480円 参照: UQモバイルは、格安SIMの中でも通信速度が速くて、評判の良い格安SIMです。 格安SIMだと通信速度が遅くなると言った不安の声をよく耳にしますが、 UQモバイルはauのサブブランドとしてサービス提供しているので快適な通信速度でネットを使用できます。 また、月額の料金が安いだけでなく、通話の頻度に合わせて通話料金のサービスが異なります。 頻繁に電話をする人は、有料オプションの10分かけ放題。 あまり電話をかけない場合や1回の電話が長い場合は、60分間の無料通話が利用できる有料オプションの通話パックを選ぶのがおすすめです。 スマホを1人でも安く使いたい人にピッタリの格安SIMです。 楽天モバイルでMNP予約番号を取得するには、楽天モバイルの会員サポートページの「メンバーズステーション」で手続きを行う• 当日10時までにMNP予約番号発行手続きを終えれば、当日12時にMNP予約番号が発行されるが、10時を過ぎてしまうと、翌日の12時にMNP予約番号が発行される• 楽天モバイルでMNP転出を行うと、MNP転出手数料として3,000円の手数料がかかる• 楽天モバイルの料金プランによっては解約金が発生してしまうので、解約金と乗り換え先の料金などを比較検討してから、乗り換え時期を決めるのが良い• 楽天モバイルから乗り換えるなら、BIC SIMかUQモバイルがおすすめ 投稿者名: saitama 格安SIM.

次の

楽天モバイルで名義変更する方法をパターン別に全解説

楽天モバイル 転出

まずは、楽天モバイルのマイページ的なところにアクセスします。 申し込み履歴より、電話番号を確認し「転入を開始する」をクリック。 クリックすると切り替えに当たって、実施できる時間がでました。 深夜にやろうと思う人は注意です。 「転入を開始する」をクリックすると開始しますと画面に表示されました。 この段階で、前に使っていたiPhoneのモバイル通信が使えなくなりました。 ステータスが「有効化進行中」となりました。 このまましばらく放置です。 無事開通しました! かかった時間ですが、2014年4月17日 12時45分~15時45分と約3時間かかりました。 MNPは初めてなので普通なのか遅いのかは何とも言えませんが、個人的な感想としたらめっちゃ長かったなーという印象です。 スピードテスト 楽天回線なのかauのパートナー回線なのかはいまいち不明ですが、スピードテストをしてみました。 OCNモバイルONEのヨワヨワ制限に比べたら圧倒的な速さ!.

次の

Rakuten UN

楽天モバイル 転出

目 次• 1楽天モバイルのMNP手続き方法と諸費用 楽天モバイルでのMNP手続き方法と諸費用について案内します。 MNP予約番号の発行 楽天モバイルの場合は、ウェブ(楽天モバイル メンバーズステーション)でMNP予約番号の発行手続きができます。 ウェブ以外からはMNP予約番号の発行はできないので、注意してください。 メンバーズステーションには、SIM電話番号とSIM番号 DNからはじまるもの 、もしくは楽天IDとパスワードを入力してログインします。 SIM電話番号とSIM番号は購入時にSIMカードが入っていたカードの裏面に記載されています。 画面下部の「MNP予約番号の発行をする」をクリックすると、MNP予約番号手続きは完了です。 他の携帯電話事業者同様、MNP予約番号の有効期限は15日間です。 MNP転出にかかる諸費用 楽天モバイルでも、MNP転出の際に諸費用が発生します。 <必ず発生するもの> MNP転出手数料(3,000円)・・・MNP手続きの事務手数料として発生します。 <契約内容によって発生するもの> 解除料(9,8000円)・・・契約プランにより解除料の金額はまちまちです。 楽天モバイルの場合は、キャンペーンプランが非常に多いので手続き前に確認する必要がありますが、電話機能付きの契約の場合は多くのユーザーが1年以内の解約時に9,800円の解除料がかかる契約内容になっています。 携帯電話割賦残金・・・楽天モバイルで端末を割賦購入した場合には、その割賦残金の支払いがあります。 クレジットカードで支払いをされていると思いますが、解約後も代金完済まで分割払いが継続されます。 MNP時の注意点 MNP時に以下注意点があります。 ・楽天モバイルには日割りがない 楽天モバイルの請求金額には日割り計算がありません。 また、締め日が毎月15日と決まっており、16日以降の解約の場合は翌月分の料金も請求されます。 解約手続きの完了はMNPの乗り換え先の登録が完了した時点ですので、15日までに乗り換えの登録が完了しないと翌月分の支払いが二重に発生することになります。 ・楽天モバイルは解約 MNP 時にSIMカードの返却が必要 解約(MNP)手続きが完了すると、楽天モバイルにSIMカードを返却しなければなりません。 返送にかかる送料は、負担しなければなりません。 また、申し込み種別(契約時期・方法)によって返送先が異なることにも注意してください。 考えうる理由を想定し、ドコモにMNPすることでどのよう改善されるか見ていきましょう。 音声通話量が高くついてしまう 楽天モバイルでは5分以内電話し放題のプランはありますが、それより長時間の通話し放題プランはありません。 5分経過後は30秒につき10円の通話料が発生します。 対して、ドコモではカケホーダイプラン(2,700円/月額)で24時間通話し放題です。 データパックの料金など総合的に検討することが必要ですが、長時間の電話が多いユーザーはドコモに変更することにより月々の料金が安くなる可能性があります。 (au、ソフトバンクでも同様に2,700円の通話し放題プランがあります) キャリアメールが使用できない 楽天ではキャリアメールの使用ができないため、メール機能を利用したいときにはgmailなどのフリーメールを利用するしかありません。 金融機関などに会員登録を行う際に、信用度の問題からフリーメールでは登録ができずキャリアメールのみ対応可能となる場合があります。 ドコモではもちろん、キャリアメールが利用できます。 au、ソフトバンクも同様です。 カスタマーサポートの体制に不満がある 楽天モバイルのカスタマーサポートの体制に不満を感じているユーザーが多く見られます。 問い合わせをしようと電話をしたのに電話が全然つながらない。 不親切な対応をされた。 スマホが壊れたので問い合わせたらメーカーの電話番号を伝えられ、その後メーカーでもいろんな部署をたらいまわしにされてしまった。 などの不満が多く見られます。 特に、故障や紛失などで不安やストレスを感じている際に、親切な対応をされないと不審につながる場合が多いようです。 ドコモの場合も、回線が混みあってしまいつながりにくくなることは当然あります。 大きく異なる点としては、修理や紛失のサポートがワンストップで完結すること、長年の実績があるのでマニュアルが整備されており的確な案内を受けられることかと思います。 この点に関しても、au、ソフトバンクでもドコモと同様です。 最新の端末を購入したい そもそも、格安スマホ事業者では最新の端末が販売されていないため、アップルストアなどから割引されていない価格で購入する必要があります。 ドコモなら月々サポートの適用や端末購入サポートの適用を受けて安く購入できる可能性があります。 ドコモにこだわっているわけではなく、従来キャリアの携帯電話を安く買いたい方には、ソフトバンクのウェブ販売店がオススメです。 benefon. 通信速度に不満がある 楽天モバイルでは通信速度の改善にたいする取り組みがはかられていますが、実測値を見る限りまだまだ従来の3キャリアにはスピードで劣っています。 特にランチタイムや夕方の混雑時にはストレスを感じるユーザーの方が多いようです。 従来キャリアではこのような不満はほとんど聞かれません。 3まとめ 楽天モバイルの転出方法と、ドコモなどにMNPをした場合にどのように現在の不都合が解消されるかを見てきました。 格安モバイルの最大のメリットは安さですのでうまく利用するにはある程度犠牲にしなければならない部分もありますが、やはり従来のキャリアに戻した場合にはそうした不都合は解消される見込みが高いことが確認できました。 そして、せっかくですので従来キャリアでもできるだけ安く購入してお得に携帯電話を使用したいものですよね。 そんな方は、「」までぜひご相談ください。

次の