サトシ 準優勝。 RAGE Shadowverse World Grand Prix JCG予選大会 │ JCG Shadowverse

サトシのポケモンリーグ優勝に「XYで優勝してほしかった」と批判殺到 アニポケ新シリーズで主人公変更の懸念も|おたぽる

サトシ 準優勝

人物 「ポケモンマスター」を目指す10歳の少年。 ・マサラタウン出身。 は「俺」。 母親は。 元気で明るい性格。 調子に乗りやすい、負けず嫌いといった短所もあるが 基本的には周囲に対して優しく柔軟に接している。 また正義感が強く、一つの事に向かって突き進む真っすぐで純粋な心の持ち主でもある。 初期はこれらの短所や知識不足が目立っていたが、数々の出逢いと別れを経て心技共に成長を重ね、各地方の大会で実績を残すまでになる。 人間・を問わず、仲間のことをとても大切に思っているため、いざとなれば自ら危険な場所へ飛び込んだり、身を挺して仲間を守る場面も多い。 そうした面が指示を聞かなかったポケモンや出会った人々の心を動かすきっかけになっている。 一方、恋愛に関してはかなり鈍感で、仲間たちに呆れられることもしばしばある。 を志すようになったのは、幼い頃に野生のポケモンを探しに入った森で迷子になり、突然降り出した雨をやり過ごすために野生のポケモンたちと木陰で雨宿りした時に、「ポケモントレーナーになって、ポケモンたちと一緒に冒険したい」という夢を持ったからである。 ポケモンバトルが大好きで、バトルでは「攻撃は最大の防御」をモットーとしている。 バトルフィールドを活かした、速さと勢いのある戦術が持ち味。 反面、速さが無く攻撃を受け止めて反撃するバトルは苦手とし、そうしたポケモンでの勝率は悪い。 かなりの食いしん坊であり、食べることを最優先する時もある。 好きな食べ物は。 超人的な身体能力の持ち主であり、『』2016年2月4日放送分のアニメ版ポケットモンスター20周年記念企画でもサトシの超人ぶりがピックアップされた。 『』では、(人生的な)道を間違えそうになるに対して、ベテラン的発言とアドバイスをするようになった。 詳細は「」を参照 各シリーズ カントー・オレンジ諸島編に登場。 ジョウト編に登場。 アドバンスジェネレーションに登場。 ベストウィッシュに登場。 XYに登場。 テレビアニメ第7シリーズに登場。 そして、らに見送られながらピカチュウとともにマサラタウンを旅立つ。 初めはピカチュウとの仲はうまくいかなかったが、の大群に襲われたことがきっかけで互いに心を通わせる。 その時、頭上を伝説のポケモン・が飛んでいく。 その後、ポケモンリーグ出場に必要な8つのジムバッジを手に入れるため、各地のポケモンジム巡りをはじめるとともに、オニスズメに追われている途中で出会った、ニビジム で出会ったと3人で旅をすることになる。 ジムを巡り8つのバッジを獲得した後、ポケモンリーグ・セキエイ大会に出場する。 4回戦まで勝ち進み、続く決勝トーナメント1回戦でに敗退。 ベスト16の成績を残す。 オレンジ諸島 オーキド博士のお使いで、から不思議なであるGSボール(ジーエスボール)を受け取るために、タケシ、カスミとともにオレンジ諸島へ旅立つ。 ウチキド研究所に残るタケシと別れた後、マサラタウンに向かっていたが途中でトラブルに遭遇する。 辿り着いたボンタン島でと出会い 、カスミ、ケンジと3人で旅をすることになる。 オレンジ諸島でのリーグの存在を知った後は、出場に必要な4つのバッジを手に入れるためオレンジ諸島各地のジムを巡る。 ジムを巡り4つのバッジを獲得した後、オレンジリーグ・ウィナーズカップに出場。 に勝利し、オレンジリーグ名誉トレーナーの称号を得る。 ジョウト地方 マサラタウンに戻り、とジョウトリーグの存在を知る。 オーキド研究所に残ったケンジと別れ、再びカスミとマサラタウンに戻っていたタケシとともにジョウト地方に旅立つ。 その後、8つのジムバッジを獲得しジョウトリーグ・シロガネ大会に出場。 出場選考会や予選を勝ち抜き、決勝トーナメント1回戦のシゲルとのバトルに勝利。 そして2回戦でとのバトルに敗れ、ベスト8となる。 ホウエン地方 ジョウトリーグ終了後、カスミやタケシと別れマサラタウンに戻る。 ピカチュウ以外の手持ちポケモンをオーキド研究所に預けて、に旅立つ。 ホウエン地方ではやと出会い 、さらに追いかけてきたタケシと合流し、4人で旅をすることになる。 マグマ団やアクア団の悪事に巻き込まれながらも立ち向かい、その陰謀をチャンピオン・とともに打ち砕く。 ジム戦にも勝ち続け、ホウエンリーグ・サイユウ大会に出場。 大会を勝ち進み、決勝トーナメント2回戦でに勝利。 次の試合でに敗れ、ベスト8となる。 カントー地方・バトルフロンティア 仲間達と別れマサラタウンに帰る途中、トキワシティでと出会い、の存在を知る。 マサラタウンにやってきたハルカやマサト、タケシと新たな旅を始め、バトルフロンティア制覇を目指す。 制覇後、同時にバトルフロンティアの候補者となる。 シンオウ地方 ピカチュウとエイパム以外の手持ちのポケモンを預け、へ旅立つ。 シンオウ地方ではタケシと偶然再会し、その後と出会い 3人で旅をすることになる。 リッシ湖では半透明な姿の伝説のポケモン・に出会う。 旅の途中でギンガ団の起こす事件に巻き込まれながらも、チャンピオンのや湖の伝説のポケモンの協力もありその陰謀を阻止する。 シンオウリーグ・スズラン大会に出場。 1回戦でを、3回戦でを倒し、準々決勝ではと対決し勝利する。 準決勝ではタクトとのバトルに敗退し、ベスト4となる。 イッシュ地方 ピカチュウ以外の手持ちのポケモンを預け、オーキド博士の旅行に母ハナコと共に同行しを訪れる。 元々旅をする予定ではなかったが、イッシュリーグ出場を決意したため旅に出る。 その後、やと出会い、3人で旅をすることになる。 ジムバッジを8個をゲットして、イッシュリーグ・ヒガキ大会に出場。 大会では予備選でシューティーに、3回戦でに勝利する。 そして4回戦でに敗退し、ベスト8となる。 大会後はカノコタウンへと戻り、そこでアララギ博士から伝説のポケモン・にまつわる「白の遺跡」の話を聞いて興味を持ち、再びアイリス、デントと共に旅立つ。 旅の途中で謎の青年・と出会い、プラズマ団との抗争に巻き込まれていく。 白の遺跡でレシラムの復活を目論むプラズマ団と戦い、ポケモンコントロールマシンを破ってプラズマ団の野望を食い止める。 デコロラ諸島 白の遺跡からアララギ研究所へ戻った後は、アイリス、デントと共に船でデコロラ諸島を巡りながらカントーへの帰路に着く。 途中でカロス地方出身のポケモンルポライターのと出会い一緒にマサラタウンへ向かう。 カロス地方 ヤマブキシティで仲間達と別れた後、マサラタウンへ戻りポケモン達と再会。 オーキド研究所でパンジーからの事を聞く。 ピカチュウ以外の手持ちポケモンをオーキド博士に預け、カロス地方へと旅立ち、カロスリーグ出場を目指す。 途中、ミアレシティでと、ハクダンシティでと出会い、4人で旅をする事になる。 ヒャッコクジムで7つ目のバッジを手に入れ、エイセツシティへ向かう途中、ユリーカのポシェットにジガルデ・コア(プニちゃん)が迷い込んだことで、フレア団との争いに巻き込まれていく。 サンペイ達の忍者村で手持ちのゲコガシラがゲッコウガに進化し、そこで初めてキズナ現象からなる「サトシゲッコウガ」を発現させる。 カロスリーグでは準決勝でショータに勝利。 決勝ではアランとのバトルに敗れ、準優勝となる。 しかしその後フレア団の計画が始動し、アランら仲間やカロス地方のジムリーダーらとともにフレア団の野望を食い止める。 アローラ地方 が商店街の福引きでアローラ地方旅行を引き当て、ハナコ、ピカチュウ、バリヤードとともにアローラ地方へに行くことになる。 出発の前、オーキド博士からアローラ地方のポケモンスクールにいるに届け物をするよう頼まれる。 アローラ地方に到着しポケモンスクールを訪れた時に、、、、、と出会う。 その後、ポケモンスクールでZワザを目の当たりにしたことや島巡りの話を聞いたこと、さらにはと出会いZリングを授かったことからそれらに興味を持ち、アローラ地方に残ってポケモンスクールに通うことを決める。 スクールでの歓迎会の時に、再びカプ・コケコとバトルしたことで島巡りに挑戦することを決意。 その後、スクールの生徒たちと学校生活を送りながら4つの島でそれぞれの試練に挑み、すべての試練に合格。 島巡りを達成する。 アローラ地方にリーグが設立された後、アローラリーグ・マナーロ大会に出場する。 予選と決勝トーナメントを勝ち進み、決勝でに勝利。 初のリーグ優勝を果たす。 後に行われたククイとのエキシビションバトルにも勝利し、名実ともにアローラのチャンピオントレーナーとなる。 テレビアニメ第7シリーズ アローラ地方から帰還後のストーリー。 カントー地方のクチバシティでルギアに出会った際、同時に と初対面する。 それをきっかけににリサーチフェローとして任命され、スマホを託される。 そしてリサーチフェローとしてゴウとともに各地方へ赴き、様々なポケモンと出会うことになる。 しばらくしてポケモンワールドチャンピオンシップスとダンデの存在を知り、ダンデとポケモンバトルをしてポケモンワールドチャンピオンシップス内での再戦を誓う。 その後、正式にポケモンワールドチャンピオンシップスの選手となった。 ポケモンワールドチャンピオンシップスの順位は第25話時点で921位。 杯 準優勝 BW2第6話 - 第9話 マリンカップトーナメント 優勝 BW2DA第3話 ホタチキング決定戦 失格 BW2DA第4話 ミノリ島・ポケモン相撲大会 優勝 BW2DA第12話 ロイヤルドーム・バトルロイヤル 不明 SM第63話 バトルフロンティア・ビードロカップ 優勝 PM2第7話 コンテスト 順位 放送話数 トネリコタウンお祭りコンテスト(非公式) 優勝 AG第191話、第192話 ポケモンコンテスト・コトブキ大会 ベスト8 DP第11話、第12話 ミクリカップ ベスト8 DP第77話、第78話 その他 順位 放送話数 ポケモンレース 優勝 PM第33話 消防グランプリ 1回戦敗退 PM第149話 自然公園・虫取り大会 優勝 PM第163話 アズマオウ・フィッシング大会 不明 PM第170話 ポケモン気球大会 優勝 PM第204話 ポケモンライド大会 優勝 PM第230話 からくり屋敷大会 不明 AG第39話 ポケリンガクロスゲート大会 優勝 AG第80話 ポプリ島ポケモンオリエンテーリング大会 不明 AG第159話 ポケモンなりきり大会 最終審査 DP第33話 ヨスガコレクション 特別賞 DP第86話 ポケリンガウインドタウン大会 優勝 DP第118話 ポケモンピンポン・タツナミ大会 1回戦敗退 DP第124話 ツバキタウン・ポケスロン大会 準優勝 DP第160話 ポケモンスカイリレー大会 準優勝 XY第77話 メレメレ島ポケモンパンケーキレース 準優勝 SM第13話 デンヂムシレース・コケコカップ 優勝 SM第41話 ラナキラマウンテン・ポケゾリジャンプ大会 記録なし SM第60話 エキシビジョンバトル 勝利 SM第141話 - 144話 劇場版 順位 放送作品 アルトマーレ・水上レース 失格 水の都の護神 ラティアスとラティオス オルドラン城・バトル大会 優勝 ミュウと波導の勇者 ルカリオ フウラシティ・ポケモンゲットレース 準優勝 みんなの物語• 記載されている略号• PM :編 KT 、オレンジ諸島編 OS 、編 JT• AG :編 HT 、編 BF• 第1期 BW1• 第2期(シーズン2) BW2 :エピソードN BW2N 、デコロラアドベンチャー DA• PM2• 『』回想シーンに登場した幼少期のサトシは松本が声を担当している。 声優は(英語版・1998年 - 2006年)、(英語版・2006年以降)。 第2話でアローラリーグで優勝したトロフィーなどが飾ってある。 『』で優勝したのはホウエン地方のバトルフロンティア。 ポケットモンスター公式HP. 2020年2月14日閲覧。 2020年1月10日閲覧。 畠山けんじ・久保雅一 『ポケモンストーリー』 日経BP社、2000年、17頁。 ポケットモンスター公式HP. 2020年2月14日閲覧。 『ホウエン地方』編ではゲンジ、『バトルフロンティア』編ではジンダイにその点を厳しく指摘され、『ベストウィッシュ』編ではアロエに見抜かれて苦戦を強いられた。 コロコロオンライン. 2019年9月29日. 2019年11月18日閲覧。 ORICON NEWS. 2020年2月14日閲覧。 ポケットモンスター公式HP. 2020年2月14日閲覧。 ポケットモンスター公式HP. 2020年2月14日閲覧。 ポケットモンスター公式HP. 2020年2月14日閲覧。 ポケットモンスター公式HP. 2020年2月14日閲覧。 ポケットモンスター公式HP. 2020年2月14日閲覧。 ポケットモンスター公式HP. 2020年2月14日閲覧。 ポケットモンスター公式HP. 2020年2月14日閲覧。 ポケットモンスター公式HP. 2020年2月14日閲覧。 ポケットモンスター公式HP. 2020年2月14日閲覧。 コロコロオンライン. 2019年9月15日. 2019年10月30日閲覧。 テレビ東京 ポケットモンスター. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京 ポケットモンスター. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京 ポケットモンスター. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京 ポケットモンスター. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京 ポケットモンスター. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京 ポケットモンスター. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京 ポケットモンスター. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京 ポケットモンスター. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。 テレビ東京. 2020年2月14日閲覧。

次の

【速報】サトシ選手、22年目にして初優勝

サトシ 準優勝

アニポケシリーズの主人公・サトシとは? 「ポケットモンスター」は、同名のゲームシリーズを原作としたアニメシリーズ。 1997年に放送が開始され、2019年 現在も放送が続けられています。 劇場版作品は1998年に公開された『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』を始まりとして既に20作品以上公開されています。 サトシは、 アニメシリーズでおなじみの主人公。 カントー地方にあるマサラタウン出身のポケモントレーナーで、 「ポケモンマスター」を目指して旅を続けています。 一番の相棒とも言えるポケモンは ピカチュウ。 ポケモンのこともポケモンバトルも大好きな 真っ直ぐで優しい心を持った少年です。 そんなサトシではありますが、20年以上の長きにわたり主人公を続けてきたことによる 「リセット」が実は問題視され続けているんです。 以下ではそのことについてご紹介していきます! 関連記事をご紹介! サトシの「リセット」とは? サトシの「リセット」とは、サトシが リーグ優勝を果たすことを出来ないまま、シリーズごとに 年齢や実力などがリセットされながら20年以上主人公を続けていることを指します。 新シリーズの始まりでは その弱体化と言える状態が顕著で、サトシがシリーズごとに成長してはリセットされることが問題視され続けているのです。 既に5つのシリーズを終えていますが、第1シリーズのオレンジリーグでの 「名誉トレーナー認定」を除くと、まだサトシは 一度もリーグ優勝をしたことがありません。 その理由は、もしもサトシがリーグ優勝をするほどの実力を身につけてしまえば、次のシリーズの主人公として続投させるのが難しくなるからだと思われます。 今やサトシとその相棒のピカチュウ、悪役であるロケット団のムサシ・コジロウ・ニャースは一定の人気を誇る存在。 商業的な意味で、サトシには主人公交代をする機会がなくなってしまったのでしょう。 以下では、サトシのたどってきた歴史を追ってみましょう。 サトシの「リセット」の歴史! 『ポケットモンスター』 『ポケットモンスター』は、1997年に放送が始まった第1シリーズ。 ピカチュウとの出会いを果たしたサトシは、ニビシティジムリーダーの タケシ、ハナダシティジムの4人姉妹の末っ子の カスミとともに旅をしていくことになります(オレンジ諸島編では、旅のメンバーがタケシからポケモンウォッチャーの ケンジへと交代しています)。 サトシがピカチュウとともに旅に出た初めての作品。 初めは仲が良くなかった ピカチュウと徐々に分かりあっていく過程や、なかなか言うことを聞いてくれない高い実力を誇る リザードンと心を通わせていく過程などが描かれ、サトシのポケモントレーナーとしての成長が描かれました。 この時のサトシはポケモンリーグのセキエイ大会で ベスト16、ジョウトリーグのシロガネ大会で ベスト8の成績を収めています。 ジョウトリーグでサトシはハヅキというポケモントレーナーに敗れたのですが、その時に彼が繰り出したのが まさかの新作品に登場するポケモンのバシャーモで、多くの視聴者が驚かされたのでした。 『ポケットモンスター アドバンスジェネレーション』 『ポケットモンスター アドバンスジェネレーション』は、2002年から2006年まで放送されたシリーズ。 ホウエン地方を舞台に、サトシは、 タケシ、ポケモンコーディネーターを目指すことになる ハルカ、その弟の マサトと一緒に旅をすることになります。 このシリーズ以降、サトシは基本的にピカチュウのみを連れて新しい地方へと旅立つようになり、新しくゲットしたポケモンを一から育てるようになります。 ここでサトシはホウエンリーグのサイユウ大会で ベスト8の成績を収めました。 この時サトシは、長靴を履いたニャースをパートナーとしたポケモントレーナー・テツヤに僅差で負けたのですが、彼がリーグ優勝を果たしたので実質的には 準優勝クラスの実力があったと言えるでしょう。 リーグとは違いますが、サトシはバトルフロンティア編の方では 全施設制覇を成し遂げました。 シンオウ地方を舞台に、サトシが タケシ、ポケモンのトップコーディネーターになることを夢見る ヒカリとともに旅をすることになります。 ここでサトシはシンオウリーグのスズラン大会で ベスト4の成績を収めるのですが、その負け方については大きく批判されています。 サトシはリーグ優勝に輝くポケモントレーナー・ タクトに負けたのですが、彼がバトルで繰り出してきたのは、 ダークライとラティオスという伝説のポケモン。 成長したサトシを優勝させないためだけに用意されたキャラクターだと批判が集まり、視聴者の一部からは「伝説厨」と揶揄されることになったのでした。 『ポケットモンスター ベストウイッシュ』 『ポケットモンスター ベストウィッシュ』は、2010年から2013年にかけて放送されたシリーズ。 イッシュ地方を舞台に、サトシが、竜の里出身のポケモントレーナーの アイリス、ポケモンソムリエの デントとともに旅をすることになります。 サトシの「リセット」の代名詞とも言えるシリーズで、シリーズの初めでサトシが新人トレーナーに敗北して馬鹿にされてしまったり、ポケモンを弱らせてから捕まえるべきことを忘れてしまったりするなどのリセットが起こっており、サトシのポケモントレーナーとしてのベテランっぷりがかなり薄れた内容となっています。 イッシュリーグのヒガキ大会では、成熟したとは言えないポケモントレーナー・コテツに敗北して ベスト8という結果に終わっており、そのコテツもリーグ優勝に輝くバージルに完全敗北を喫しています。 シンオウリーグよりも低い成績で終わったということもあり、サトシの「リセット」が特に目立ったシリーズだったのでした。 『ポケットモンスターXY』 『ポケットモンスター XY』は、2013年から2016年にかけて放送されたシリーズ。 カロス地方を舞台に、ポケモンパフォーマーを目指すことになる セレナ、ミアレシティのジムリーダーの シトロン、その妹の ユリーカとともに旅をすることになります。 今回は 人物面でのリセットはほぼなし。 ポケモントレーナーとしての実力も安定していて、 サトシにはベテランとしての風格があります。 カロスリーグのミアレ大会でも、 準優勝という今までのシリーズの中で一番高い成績で終わることになりました。 サトシがカロス地方でのライバルの中で唯一サトシに勝ったことのある アランに一度も勝てなかったことや、タイトルが 「カロスリーグ優勝!サトシ頂上決戦!!」だったにも関わらずサトシが優勝できなかったことには批判が集まりましたが、シリーズ全体では ハイレベルな内容のバトルが多く、評価も高かったのでした。 本シリーズでは 初めてサトシが学校に通うことに。 アローラ地方を舞台に、サトシがポケモンスクールの仲間たちや新たなポケモンたちと交流する様が描かれます。 サトシのビジュアルに大きな変化があったものの、 サトシの人物面・実力面に関してはあまり変化がありません。 XYの頃の大人びたサトシに比べれば、年相応の子どもらしさが出てくるようになりましたが、ポケモンに対する接し方やバトル時の実力に関してはこれまでの経験が引き継がれているように感じられます。 実際、このシリーズの監督を務める 冨安大貴さんも雑誌の中で 「これまでの冒険があったからこその少年として描いているつもりです」という発言をしています。 サトシは「ポケモンマスター」になれる日はくるか?今後に期待! ここまでサトシの「リセット」に関してご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか? サトシは 「ポケモンマスター」を目指している少年ですが、 その「ポケモンマスター」とはいったい何なのかについて実はほとんど言及されたことがありません。 「最高のポケモントレーナー」であることは間違いないのですが、それがいったい何をすればそうなれるものであるのかがいまだに不明瞭なのです。 現在放送中の「サン&ムーン」以降のシリーズでそのことについて触れられ、サトシの「ポケモンマスター」への道筋が明確に見えてくる日がきたら、その時こそサトシがピカチュウとともに旅をする物語は終わっていくのかもしれません。 そんなサトシのこれからの旅や成長に期待したいところです。 関連記事をご紹介!.

次の

ヒカリ

サトシ 準優勝

特徴 DP編のヒロイン。 を野生のポケモンと間違え、ゲットしようとしたところを反撃されて自転車を壊されてしまう。 やとは異なり弁償は求めず、後にサトシに対し「もう気にしていない」と言っている。 から旅立った、新人コーディネーター。 パートナーのとともに、を目指す。 母親のはトップコーディネーターであり、その影響が大きい。 口癖は「大丈夫」や「だいじょばない」(大丈夫じゃないの略語)。 に追われるを保護してトレーナーのを探しに行った縁でサトシ達と一緒に旅をする事になる。 基本的に明るい性格。 おしゃれが大好きで旅立ちの日も、スーツケース一杯に服を入れて持っていこうとしたほど。 髪がくせ毛になりやすいらしい ではのでくせ毛を直していた。 甘いものが好きで、方向音痴。 しかし、母親から教わったのか新人の割にポケモンやバトルに詳しい。 歴代のヒロインの中でも、と特に近い感性がある。 咄嗟の閃きに優れる点や、恋愛沙汰に疎く、ケンゴやコウヘイの態度の本質にまるで気付かない点などが、その最たる例である。 ただし流石に、当時のサトシよりは恋愛に理解はある。 サトシとは基本的に仲はいいが意見が合わなければ口喧嘩をしたり張り合ったりする。 に対しては「お前、誰? 」「覚えてない」という言動に激怒し、それ以来サトシに対する彼の言動に対して物申したり呆れたりする。 幼馴染であるケンゴに対しては基本的に親しくしつつも、ポケッチのアプリを自慢したり、バトルを申し込むなど対抗意識を持っている。 普段はポジティブだが、根が真面目なせいか自分を責めやすく落ち込みやすい。 悩みや迷いを長期間抱え込むなどという一面も持つ。 またパニックになったときなど自分のことで手一杯になりやすく周りやポケモンの様子が見えなくなることがあるが、その反面ポケモンの一大事には冷静に対処する責任感もある。 (マンムーが怪我をしてしまった時は、トレーナーの不安がポケモンに伝わらないよう明るく前向きに看病した。 )落ち込んでしまった時はサトシやなどに励ましてもらい、立ち直ることがある。 口癖の「大丈夫」を言うときは、本人は大丈夫だと思っているが、他人から見れば大丈夫じゃない時がほとんど。 幼稚園時代からの口癖らしく、幼馴染のの口癖が移ったという可能性もある。 幼馴染はとユモミ。 ケンゴはヒカリのライバルでもあるが、ゲームのとは異なる。 ダイヤモンド・パールのライバルの姿をしたキャラに、がいるが、ヒカリとは特に関係がない。 幼少期の思い出には、本人にとって不名誉なものがやたらと多い。 その一つに、ケンゴやユモミから「ピカリ」と呼ばれることがあるが、本人はかなりこのあだ名を嫌っており、絶対に由来をしゃべらせようとはしない。 あだ名をつけられた理由はで明かされ、ヒカリが幼稚園児だった頃、ケンゴ・ユモミと共にポケモン係を任され、との世話をすることになり、2匹を抱えた所を2匹が発した電気でヒカリの髪型が弾けるように光ってしまった。 それを見たケンゴに「ピカリ」と名付けられ、笑い物にされ、これ以降数年間もの間、プラスルとマイナンに対してトラウマが出来てしまった。 大会決勝のとの対決で例の髪型になったとき、マンムーとヒノアラシの励ましにより、トラウマを克服できた。 この他にも髪型をのようにしてしまったり、学芸会で大失敗をしたり、パジャマのまま幼稚園に来たりしたことがあるとの事で、幼少期の黒歴史に拍車をかけている。 一人称は「あたし」か「わたし」。 服装はノースリーブの服に丈の短いスカートを着ているが、チアガールやメイドなどの服も着ることもある。 付近への旅ではプラチナの女主人公と同様の赤いコートを着ていた(髪留めはピンクではなく通常の黄色)。 はピンク色で、は赤。 物語に直接影響はしてないが、服装のイラストが他のヒロインと比較して安定してない場面が度々見受けられ、着替えた訳ではないにも関わらず、前の場面と次の場面で服装が多少変わっている事がある 前の場面まではハイソックスを履いていたのに、次の場面ではニーソックスを履いている等。 モデルになったダイヤモンド・パール・プラチナの女主人公の公式イラストと見比べてみると、細かい違いがいくつかある(髪の色はゲームでは黒髪に対しアニメでは紺色。 マフラーも少し短く、ゲームではボストンバッグを持っているのに対しアニメではリュックを背負っている。 上述の通りコートを着ていたときも髪留めは通常通り黄色)。 」と言う。 のことを以前から知っており「ホウエンの舞姫」と呼び尊敬していたがでロケット団に食べ物を奪われ炎を上げて怒った姿を見て「ホウエンの舞姫のイメージが崩れた」と嘆いていた。 BW編では、からまで登場。 でサトシ達と合流し、とポケモンバトルをした。 図鑑はやのものと同じものに変わり、ポケッチはライブキャスターに変わった。 ポケモンワールドトーナメントジュニアカップでは2回戦でマンムーを使ってのと戦って敗北した。 ポケモンワールドトーナメントジュニアカップが終わった後はに参加するためにへ旅立った。 所持ポケモン• ポケモンサマースクール• 別れたポケモン• ご理解の上ご利用ください。 公式大会• ポケモンコンテスト大会準決勝敗退 に敗れる• ポケモンコンテスト大会優勝 を破り優勝• ポケモンコンテスト大会2次審査敗退 のエンディング• ポケモンコンテスト大会1次審査敗退• ポケモンコンテスト大会1次審査敗退• ポケモンコンテスト優勝 を破り優勝• ポケモンコンテスト大会優勝 を破り優勝• ポケモンコンテスト大会優勝 を破り優勝• ポケモンコンテスト大会決勝敗退 に敗れる• ポケモンコンテスト大会準決勝敗退 に変装したに敗れる• ポケモンコンテスト大会優勝 ウララを破り優勝• 準優勝 ノゾミに敗れる 非公式大会• お祭で行われた非公式のポケモンコンテスト 、2次審査敗退 に敗れる その他• ・ : ヒカリが描かれているカード.

次の