イテジュンクラス。 【公式】俳優チェ・テジュン&パク・シネ側、交際認める 「昨年末、友人から恋人関係に発展」│韓国俳優・女優│wowKora(ワウコリア)

EXO チャンヨル&チェ・テジュン&イ・ソンビンら、新ドラマ「ミッシングナイン」に出演確定

イテジュンクラス

俳優チェ・テジュンとイ・ソンビン、そしてEXOのチャンヨルが「ミッシングナイン」に出演する。 これで最強のキャスティングラインナップが完成した。 14日、MBC新水木ドラマ「ミッシングナイン」 脚本:ソン・ファンウォン、演出:チェ・ビョンギル 側は「イ・ソンビン、チェ・テジュン、チャンヨル、リュ・ウォンなどの合流が確定した」と明かした。 「ミッシングナイン」は、飛行機墜落事故と失踪した人々のミステリーを解決していくストーリーで、その中に隠された真実と、事故に対処する過程の様々な人間模様の本能を描く予定だ。 特に、事件の隠されたミステリーを暴いていく過程の中で繰り広げられる予測不可能な展開は、これまで見ることの出来なかったドラマの誕生を予感させており、イ・ソンビン、チェ・テジュン、チャンヨル、リュ・ウォンなどが繰り広げる活躍に注目が集まっている状況だ。 まず、イ・ソンビンはトップクラスの女優ハ・ジア役を演じ、お茶の間にやってくる。 イ・ソンビンは2014年のデビュー以来、ドラマとバラエティで縦横無尽に活躍し、人気スターとなっている。 無人島への墜落を描いた今回の作品で、どのような魅力を見せ、視聴者を魅了するか好奇心が高まっている。 ハンサムなルックスと格別な演技力を持つチェ・テジュンは、チョン・ギョンホと同じグループで活動したものの、解散後俳優に転向したチェ・テホ役を熱演する。 チェ・テジュンはチョン・ギョンホと対立し、事故で失踪した人々の間で生存をめぐり、葛藤を高める役で活躍する予定だ。 EXO チャンヨルもチョン・ギョンホと同じグループで活動したメンバーで、作曲能力を高め、ソロで成功したイ・ヨル役に変身する。 誰もが警戒するメンバーチョン・ギョンホに好意的な唯一のメンバーで、ドラマでどんな役割を果たすか、期待が高まる。 ドラマ「むやみに切なく」で視聴者に強烈な印象を残したリュ・ウォンは、無人島という閉鎖された環境から来る不安と怖さを表現し、ドラマをより豊かにするだろうと伝えられた。 「ミッシングナイン」は「アングリーママ」「愛するのは自分のため」などを演出したチェ・ビョンギル監督が演出を手がけ、「元カレは天才詐欺師〜38師機動隊〜」「バッドガイズ-悪い奴ら-」などを執筆したハン・ジョンフン脚本家がクリエーターとして、「ラストダンスは私と一緒に」を共同執筆したソン・ファンウォン脚本家が意気投合した。 韓国で2017年1月に放送される予定だ。 外部サイト.

次の

「ハイクラス~私の1円の愛~」イ・ヨウォン、AFTERSCHOOL ユイを救い危機に直面

イテジュンクラス

ハイクラス~私の1円の愛~(原題:不夜城) MBC 全20話 2016~2017年 演出: イ・ジェドン 脚本: ハン・ジフン 出演:イ・ヨウォン チン・グ ユイ(元AFTERSCHOOL) チェ・イルファ チェ・ミンほか 最高視聴率:7. 2%(TNmS) あらすじをチェック! 両親を事故で亡くし、育ててくれたおばのためにあらゆるアルバイトを掛け持ちして家計を支えるイ・セジン(ユイ)。 ある日、恋人代行の仕事でセレブの集まるパーティに出席したセジン。 父の後継者として育てられた実業家で、ギャラリーSの代表であるソ・イギョン(イ・ヨウォン)は、正体を偽っていると見抜いた上で、セジンに興味を持つ。 一度は誘いを断ったセジンだが、貧しさから抜けだそうとイギョンのもとで仕事を覚えていく。 一方、ムジングループの後継者パク・ゴヌ(チン・グ)は会社の危機を救うために奔走していた。 その背後にイギョンの存在があることを知ったゴヌ。 彼は12年ぶりにイギョンに会い、彼女の危険な計略を知り、破滅へと向うイギョンを止めようとする。 登場人物&キャストをチェック! ソ・イギョン ・ギャラリーSの代表 ・セジンの欲望を見抜き育てる PROFILE イ・ヨウォン 1980年4月9日生まれ/170cm/B型。 1997年、高校生のときに雑誌「フィガロ」でモデルデビューし、その後女優デビュー。 2003年、23歳という若さでプロゴルファーのパク・チヌさんと結婚し、現在3人のお子さんがいらっしゃるそうです。 いつもほんわかと柔らかい微笑みを浮かべたお顔立ちなので、内面の温かさがにじみ出るような印象。 ただその中には決してブレない芯の強さを秘めているようなイメージが強いです。 彼女の演技って声を伴って初めて完成するようなところがあって、声がヨウォンさん自身の声じゃなく、表情だけだと、なーんかいつも同じに見えるんですよ。 声がプラスされると、そんな風に感じないんだけど。 ま、あくまでも私の勝手な意見ですけどね(笑) __________ パク・ゴヌ ・ムジングループ御曹司 ・特別企画室室長 ・父の会社を守るため日本から帰国 ・かつてイギョンと心を通わせていた PROFILE チン・グ 1980年7月20日生まれ/178cm/AB型。 2003年、ドラマ「オールイン」でデビュー。 イ・ビョンホンさんの高校時代の役だったそうです。 子役出身かと思いきや、すでに23歳だという……(笑)お父様は映画監督(チン・ヨンホ)だそうです。 「太陽の末裔(2016)」で大ブレイクした印象ですが、私的には「純情に惚れる(2015)」のドンウク役がすごく好きでした。 そんなにイケメンの印象はなかったけれど、最近どんどんカッコよくなってますよね。 2009年、K-POPグループ「AFTERSCHOOL」のメンバーとして歌手デビュー。 2009年、ドラマ「善徳女王」で女優デビュー。 女優さんとしてのユイちゃんを初めて見たのは「美男<イケメン>ですね(2009)」です。 生意気な女優ヘイは、ほんとに憎たらしかった(笑)その後は「AFTERSCHOOL」としての活躍と、女優としての活躍を両面から見て来た感じです。 「AFTERSCHOOL」は2017年に脱退。 ユイちゃんのドラマは、その後「上流社会(2015)」「ホグの愛(2015)」など結構いろいろ見ていますが、私は断然「烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち(2011)」が好き!ユイちゃんの愛らしい魅力がひしひしと伝わる作品です。 __________ タク ・イギョンの忠実な部下 チョン・ヘイン __________ ソ・ボンス ・イギョンの父 ・日韓金融会長 ・日本で事業を成功させた ・幼いころからイギョンに実業家としての心得をたたき込む チェ・イルファ __________ チョ理事 ・イギョンの最側近 ・ボンスの元秘書 チェ・ミン __________ キム作家 ・天才ハッカー ・イギョンの事業をサポート シム・イヨン __________ チャン・スッキ ・セジンのおば ユン・ボギン __________ シン・ソンミ ・スッキの娘 キム・ゴウン __________ パク・ムイル ・ゴヌの父 ・ムジングループ会長 ・テジュンとはベトナム戦争時の戦友 チョン・ハニョン __________ パク・ムサム ・ムイルの弟 ・ムジン物産社長 ・兄からムジングループ会長の座を奪おうとする イ・ジェヨン __________ ムン室長 ・ゴヌの有能な秘書 ナム・ギエ __________ ソン会長 ・天下金融会長 ・経済界を牛耳る重鎮 ・勢力を伸ばしつつあるイギョンを警戒 チョン・グクファン __________ ソン社長 ・ソン会長の息子 ・天下金融社長 パク・ソヌ __________ ソン・マリ ・ソン社長の娘 ・わがまま放題 ・セジンに利用される イ・ホジョン __________ チャン・テジュン ・元大統領 ・城北洞のご隠居様 ・白松財団を資金源として絶大な権力を持つ チョン・ドンファン __________ ナム・ジョンギュ ・テジュンの秘書 ・白松財団理事長 ソン・ヨンギュ 相関図をチェック! クリックすると画像が大きくなります。 画像は公式サイトよりお借りいたしました感謝! __________ 以上、「ハイクラス~私の1円の愛~」のご紹介でした。 275• 325• 646• 129• 125• 384•

次の

「相続者たち」イ・ミンホ、試験問題からクラスの級訓にまで登場“人気を証明”: 韓国ドラマあらすじ、レビューstwww.kayakfishmag.com

イテジュンクラス

2019. カン・テジュンはデハン党の党内体表に出馬したソン・ヒソプ議員を代表にするための方法を模索、一票差でライバル関係にあるチョウ・カプヨン議員を抑え、ソン・ヒソプを代表の座に。。。 自宅に戻ったカン・テジュンは、恋人のカン・ソニョン(シン・ミナ)との時間を楽しみます。 ソン・ヒソプと対立するチョウ・カプヨン議員を指示するカン・ソニョンは、比例代表で当選した弁護士出身の議員。 党体表の選挙の際に不正があったことを訴え、ソン・ヒソプ議員の辞任を求める記者会見を開きます。 恋人のカン・テジュンに新たなインタビューが予定されていることを伝えるカン・ソニョン。 何か問題が起きた際に、すべての責任をカン・ソニョンに背負わせるチョウ・カプヨン議員の計画に、ソニョンはチョウ・カプヨン議員の記者会見情報をテジュンに提供します。 一方、テジュンはある資料を検察に送り、ソン・ヒソプ議員のスケジュールを調整し、嘘のスケジュールを記者にわざと流します。 体表の辞任を求める声が高まり、党は分裂する雰囲気の中、チョウ・カプヨン議員はソン議員の右腕、カン・テジュンをターゲットに動き出します。 一方、ワイロの疑いでテジュンの実家まで調査対象になったことを知ったテジュンは、警察から受け取った資料を検事に提出すると違法な手段で証拠を手に入れたことを指摘し、調べを辞めるよう求めます。 検察にテジュン関連の資料を送ったのは、カン・テジュン本人でした。 テジュンはチョウ・カプヨン議員の補佐官を尾行し、建設会社の体表と会っていることを確認すると、チョウ・カプヨン議員とチュ・ギョンムン代表の間に支援金が流れた可能性があることに気づきます。 インターンの面接に訪れていたハン・ドギョン(キム・ドンジュン)は、テジュンから支援金が流れた状況を調査するよう求められ、調べ始めます。 結果は7年前、支援金をもらっていた。。。 一方で、ソン・ヒソプ(キム・ガプス)を体表の座から引きずり下ろす計画だったチョウ・カプヨン議員陣営は、選挙に不正があったことを証明する準備を進める中、テジュンが送ったファックスを受信。 その内容は7年前、チョウ・カプヨン議員が受け取っていた支援金リストでした。 結果、チョウ・カプヨン議員は体表選挙を辞退。。。 ソン・ヒソプ議員を守ったテジュン。 第1話感想 スポットライトを浴びる政治家のかげでサポートする補佐官が主人公のドラマですが、主人公テジュンを演じるのは、「エア・シティ」などに出演したイ・ジョンジェ。 10年ぶりのドラマの復帰となり話題になりました。 ラブコメの主人公のイメージが強く残るシン・ミナがヒロインを演じていますが、予想した以上に、イ・ジョンジェとの相性もよく、弁護士出身の政治家のイメージともピッタリ。 政治の世界の表裏をリアルに描く内容となっているので、政治ドラマが好きな方は気になるドラマになりそうです。 第1話では、ソニョンとテジュンが恋人関係であることが描かれ、二人は対立する陣営の国会議員と補佐官の関係。 お互いが生き残るために助け合ったり裏切ったりする関係になるのでしょうか。 テジュンに片想いを寄せる秘書のユン・へウォンをイ・エリヤが演じています。 最新作「皇后の品格(原題)」では悪女を演じていますが、このドラマでは「ハムラビ法廷~初恋はツンデレ判事!?~(原題:ミス・ハムラビ)で見せたクールなイメージと重なるような気がしました。 それぞれの立場で対立する姿が描かれ、政治の世界がこんな風に動いているのか、緊張する第1話から描かれました。 政治家と補佐官との関係も理解しやすく描かれ、保守的なイメージの政治ドラマではなさそう。 補佐官に憧れ、インターンの面接に落ち続けていたハン・ドギョン(キム・ドンジュン)が、テジュンの任せた仕事を完璧にこなしたことで、インターンとして採用され、テジュンのもとで働くことになりました。 「輝けウンス(原題)」、「ブラック(原題)」や「アバウトタイム~止めたい時間~」などで活躍したキム・ドンジュンが演じるインターン、ハン・ドギョンの活躍も楽しみです。 対立するチョウ・カプヨン議員を辞退させることに成功したテジュンを、ソン・ヒソプが連れて行った場所は、元老議員の集まりであるサムイル会。 主人公チャン・テジュン(イ・ジョンジェ)の政治への野望が今後描かれることになるのでしょうか。 スタイリッシュな政治ドラマでありながら、程よい緊張感が持てる展開になっているので、今後が楽しみです。 daisySSさんより 第2話あらすじ チョウ・カプヨン議員側から回収したソン・ヒソプ(キム・ガプス)議員に関する資料が入ったUSBを処分することなく保管するチャン・テジュン(イ・ジョンジェ)。 ソン議員はデータの削除を確認し、テジュンはすべてを削除したと嘘を。。。 チョウ・カプヨン議員はソン議員への復讐のため、予定されている国政調査でチュジン科学のイ・チャンジン代表を出席させるため手を尽くします。 計画を知ったテジュンは、話題のニュースは新たな話題でカバーするため、下請け業者の労働者が作業中事故死したプガン電子問題を取り上げ、プガン電子の代表を国政調査の証人として呼ぶ予定。 しかし、プガン電子の代表は別の調査委員会に出席する予定で、日程が重なる中、テジュンはあらゆる手を使って、プガン電子の代表を出席させることに成功します。 事故調査委員会を担当していたイ・ソンミン(チョン・ジニョン)議員は、テジュンのやり方に不満を見せると、方法や過程よりも結果を重視すべきだと語るテジュン。 国政調査当日、テジュンの予想とは違い反撃をしてきたチョウ・カプヨン議員は、チュジン科学のイ・チャンジン代表を出席させない限り、国政調査に応じないと反対し、争いを始めます。 このまま国政調査が開かれない場合、プガン電子の代表を証人として再び呼ぶことができない状況。。。 一方、カン・ソニョン(シン・ミナ)が自分を裏切ったと疑うチョウ・カプヨン議員は、ソニョンの発言を妨害し、このままだと準備した質問等、プガン電子問題に関して全く発言ができないことから、ソニョンは、準備した資料と質問をイ・ソンミン議員に渡すと、助けを求めます。 労働者を守るべきだと、プガン電子問題を発言するイ・ソンミン議員は、注目の的となります。 一方、テジュンのアドバイスで、プガン電子へのデモを行っている場所に現れたソン・ヒソプ(キム・ガプス)は、わざと労働者たちから怒りを買う発言のパフォーマンスを披露し、テジュンの予想通り、成功。 国政調査で労働者のための発言をするソン議員と、注目の的になったイ・ソンミン議員。 一方、チョウ・カプヨン議員側にいられなくなったソニョンに、ソン議員がスポークスパーソンをやってみないかと申し出ます。 チュジン科学のイ・チャンジン代表は、テジュンとソン議員を訪ねると、イ・ソンミン議員をとめて欲しいと不満を表現します。 そして、、、その翌日イ・ソンミン議員の事務所があるビルの看板が転落し、通行人がケガをする事故が起きます。 ソン議員の命令でオ・ウォンシク(チョン・ウンイン)が移動してくることに。。。 第2話感想 テジュンの宿敵のような存在、オ・ウォンシク(チョン・ウンイン)補佐官がソン議員の命令で、事務所に加わることになるようです。 エンディングの短い登場でしたが、オ・ウォンシクの登場で、ハラハラする展開が描かれることになること、予想できますね。 警察学校を優秀な成績で卒業したテジュンが、警察になることを辞めてまで、補佐官を目指すことになったのか、少し彼の過去に関して描かれました。 権力を駆使できるのは権力を持つ者のみ・・・、など意外な名言が多く登場するところが、個人的には本格派政治ドラマを視聴している感じがして第2話も面白かったです。 チュジン科学のイ・チャンジン代表をソン議員が守ろうとする理由は、政治資金をイ・チャンジン代表から提供してもらっているから。。。 テジュンが当選するためにはイ・チャンジンのお金が必要だと語るシーンは、政治の世界のリアルさが出ているように感じました。 イ・ソンミン議員の事務所の看板が転落した事故は果たして偶然なのでしょうか。 それとも、計画されたものなのでしょうか。 ルールに基づいて行動しては、政治の世界では生き残れないことをこれまで描いてきたことから、今後も持った激しい対立や戦略が繰り広げられることになりそうです。 テジュンが持つ野望通り、スーパー補佐官から国家議員へと彼が権力を手にしていく過程を描いているようです。 これまでスポットライトを浴びることのなかった補佐官が主人公になると、政治ドラマの雰囲気がここまで変わるのかと、感心しながらみました。 テジュンのライバル的存在を演じるチョン・ウンインの登場で今後更に面白くなりそうです。 野望の全くない政治家イ・ソンミンを演じるチョン・ジニョンは「華麗なる誘惑(原題)」でも政治家を演じましたが、テジュンとは補佐官と政治家以上の関係のようで、過去に共通する何かがあるのか、二人の関係に関しては次の話で進んだ内容が描かれることを期待します。 ソン議員の秘密が入ったUSBを処分することなく保管するテジュンですが、いずれこのUBSの内容が明かされることになるのでしょうか。 ストーリーが本格的に描かれることになるようで、ますます興味を引くキャラクターたちの演技に、期待が高まります。 イ・ジョンジェ 이정재 チャン・テジュン役 出典: 生年月日1972年12月15日 — 俳優。 身長 180cm。 1994年の映画『若い男』で4つの映画賞から新人賞を受賞、1999年には『太陽はない』の演技が評価され、韓国で最も権威のある青龍映画賞の男優主演賞を史上最年少で受賞する。 主な出演ドラマ トリプル(2009年)シン・ファル 広告代理店A.

次の