消毒 液 の 作り方 エタノール。 消毒用エタノールを掃除や手指に!薄め方や使い方を徹底解説!

【簡単】無水エタノールと精製水で作る消毒液の作り方

消毒 液 の 作り方 エタノール

Contents• 無水エタノール消毒液の作る準備 いろいろ調べてみましたが、薬局系の公式サイトで紹介されている方法を参考にして作りました。 コロナウイルスに有効な消毒液として、手などの皮膚の消毒を行う場合には、消毒用アルコール(80%)が推奨されています。 とのことです。 無水エタノール消毒液の入れ物容器 消毒液を入れる容器を用意する まず、最初に容器を用意します。 間違った容器に消毒液を入れると溶けてくる可能性があるため注意が必要です。 使ってはいけない材質の容器 ・ポリエチレンフタレート(PET) ・ポリスチレン(PS) 使っても良い材質の容器 ・ポリエチレン(PE) ・ポリプロピレン(PP) ・ポリ塩化ビニル(PVC) このアルコール対応容器はホームセンターなどで手に入ります。 余談ですが、ウチの場合この消毒液を保存する容器は以前、洗濯物の柔軟剤の香りに寄ってくるハチの駆除対策として作っていたハッカ水を入れている容器を流用したのですが。 嬉しい誤算で、ハッカ水の香りが少し残っていてスースーするとてもいい香りの消毒液になっています。 コレが良いのかどうかは不明ですが、けっこう気に入っています。 完全に香りが無くなってきたらまた、ハッカの香りを付けたいくらいです。 薬局に行って必要な材料を購入する 次に薬局で必要な消毒液などを買ってきます。 と言っても、たくさん買う必要はありません。 ・無水エタノール ・精製水 これだけです。 注意 無水エタノールとエタノールはエタノール濃度が違います。 ・無水エタノール・・・エタノール99. 1~96. 水はミネラルウォーターや水道水でもできますが、できればミネラルなど余分なものが入っていない純粋な精製水がおすすめです。 スポンサードリンク 無水エタノール消毒液の作り方 500ミリの消毒液を作るのに ・無水エタノール:400ml ・精製水:100ml 作る量はまちまちでしょうから 4:1 とおぼえておくと良いでしょう! 保存する容器に直接注いで混ぜるだけで完成! カンタンでしょ! エタノールで作る場合 ・エタノール:415ml ・精製水:85ml エタノールの場合のほうがアルコール濃度が低いので、少しエタノールの量が多目になるということですネ。 無水エタノール消毒液の使い方 正しい消毒液の使い方として 大切なのは 「手に擦り込むこと」なのです。 通常、手のひらにワンプッシュづつして足りそうですが 実は、消毒液を塗って擦り合わせている途中で乾いてしまうと効果が半減してしまうそうです。 ですので、手が完全に濡れてしまうまでスプレーして手のひらにはモチロン手の甲、指と指の間まで さらには手首まで丁寧に擦り込んでください。 無水エタノール消毒液の保存方法 無水エタノール消毒液を作るために開封した無水エタノールや精製水の保存方法や消費期限などをしらべてみました。 開封した無水エタノールの使用期限 揮発性の液体なので、ふたをしっかり閉めておきましょう。 開封した無水エタノールでも正しい保管方法を守っていれば基本的には開封前の使用期限の日付と同じです。 ボトルの説明では遮光して火気を避け室温で保存と書いてあるので、流し台の戸棚の中で保存しています。 開封した精製水の使用期限 開封したら冷蔵庫で保存しています。 精製水も通常、余分なものが入っていないので普通の水よりは腐りにくいはずですが、使用して容器の余った部分から雑菌が繁殖してくる可能性がありますので、できる限り早めに使い切ってしまうことをおすすめします。 無水エタノール消毒液の使用期限と保存方法 あくまで私個人の意見ですが、上記の使用期限などから考えても作って1週間以内には使い切りたいと考えています。 たとえば、500ミリの消毒液を作ったとして半分とか3つくらいのスプレーボトルに分け 家用、外出用とか家族にそれぞれ持たせるとかして、なるべく早く使い切ってしまうことを心がけています。 作った消毒液の保存方法は なるべく早く使い切ることを心がけているので、使いやすい場所に置いておくことを優先にしています。 室内であまり直射日光や暑くならない場所に置いてあります。 まとめ 今まで、普通に使っていたジェル状の消毒液とかが無くなって初めて当たり前が、当たり前じゃないありがたさに気付かされました。 我が家では使い捨てしています。 そして自宅で洗ったマスクを使う前に、自宅で作った無水エタノール消毒液をかけて乾かしてから使っています。 どこまで、清潔で大丈夫なのかはまったく不明なのですが、やらないよりはやったほうがマシなのではないか? 自分の身は自分で守る意識でやっています。 この記事は自分のやり方なので他の方におすすめできる方法ではありません。 無責任なようで申し訳ありませんが参考にされるのであれば、あくまで自己責任でやってみてくださいネ。 でも、一番たいせつなのはこまめな手洗いやうがいを実践することなのかもしれません。 人気記事ランキング• 252件のビュー• 228件のビュー• 219件のビュー• 143件のビュー• 135件のビュー• 104件のビュー• 73件のビュー• 72件のビュー• 67件のビュー• 54件のビュー• 最近のコメント• に 管理人 より• に ホオノキダ アツシ より• アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

アルコール除菌スプレーの作り方!無水エタノール・消毒液

消毒 液 の 作り方 エタノール

新型コロナウイルスの感染拡大で、 アルコール消毒液が不足していることを受けて、厚生労働省は、 アルコール濃度が高い酒を 消毒液の代わりとして使用することを特例として認めることを決めました。 具体的には、 アルコール濃度が70%から83%の酒を対象とし、 これより濃度が高い酒は、殺菌効果が落ちるため薄めて使うよう求めています。 この濃度に該当する酒はウォッカなどで、酒造メーカーでは、消毒液の代わりとして使用することを想定した製品の製造も始まっているということです。 厚生労働省は「主に医療機関での消毒液の不足を解消するための特例措置であり、一般の家庭では、引き続き、手洗いの励行を続けてもらいたい」と話しています。 引用:NHKニュース 本来は飲料用の お酒は アルコール消毒液として認められませんが、 生産が間に合わないので 特別に 消毒液の代わりにアルコール高濃度の酒を認めた形になります。 そのため、使用する人は自己責任で使うよう書かれています。 75 98 80 22. 5 97 80 21. 25 96 80 20 95 80 18. 75 94 80 17. 5 93 80 16. 25 92 80 15 91 80 13. 75 90 80 12. 5 89 80 11. 25 88 80 10 87 80 8. 75 86 80 7. 5 85 80 6. 25 84 80 5 83 80 3. 75 82 80 2. 5 81 80 1. 4 98 70 40. 0 97 70 38. 6 96 70 37. 1 95 70 35. 7 94 70 34. 3 93 70 32. 9 92 70 31. 4 91 70 30. 0 90 70 28. 6 89 70 27. 1 88 70 25. 7 87 70 24. 3 86 70 22. 9 85 70 21. 4 84 70 20. 0 83 70 18. 6 82 70 17. 1 81 70 15. 7 80 70 14. 3 79 70 12. 9 78 70 11. 4 77 70 10. 0 76 70 8. 6 75 70 7. 1 74 70 5. 7 73 70 4. 3 72 70 2. 9 71 70 1. 4 スポンサードリンク 水は水道水で良い? 水道水は塩素や様々な不純物が入っているので、可能であれば 精製水が良いです! 精製水であれば純度100%の水なので、 たとえ、 コンタクトレンズ用でも 工業用でも問題ありません! まとめ 高濃度 アルコール 【お酒】からアルコール消毒液で効果あるのか、 アルコール消毒液の適切な濃度はどれぐらいなのか、 80%と70%のアルコール消毒液を作る計算式をお伝えしました! 厚生労働省からの指示があったように、• 医療機関等においてやむを得ない場合に限り、高濃度エタノール製品を手指消毒用エタノールの代替品として用いることが許されています。 医療機関等において高濃度エタノール製品を手指消毒に用いる際は、使用者の責任において使用する。 引火しやすいため火気の近くで使用しない。 このことには特に注意して下さい!.

次の

アルコール除菌スプレーの作り方!無水エタノール・消毒液

消毒 液 の 作り方 エタノール

無水エタノールとは?本当に「アルコール消毒液」が作れるの? 消毒用エタノールなど、アルコール消毒液が品薄になってしまいました。 感染が広がる中、消毒液がないと不安になってしまいますよね。 でも大丈夫!無水エタノールで手作りすることができます。 無水エタノールは希釈すれば「アルコール消毒液」になる 無水エタノールは、エチルアルコールと呼ばれる アルコールの一種。 5vol%と濃度が高く、「水拭きできない電子機器」や「電化製品」の洗浄などに使われています。 刺激が強いため、皮膚につけてはいけない。 すぐ蒸発するので、殺菌効果もない。 しかし「 70〜80%に薄める」と、なんと消毒用エタノールに大変身! 「 アルコール消毒液」として使うことができます。 <参考:「> 手指用・アルコール消毒液の作り方-「材料」 消毒液を作る材料は、この2つです。 消毒液の材料• 無水エタノール: 約1500円• 精製水: 約100円 (各500ml) 無水エタノールと精製水を合わせても、1600円ほどで買うことができます。 (エタノールの値段は店舗やメーカーによって変わります) 無水エタノールや精製水はどこに売っている? 両方とも、ドラッグストアや薬局で購入できます。 ネットショップにもあります。 ただし、「ミネラルなど不純物」が混ざっているため、精製水より長持ちしにくい。 早めに使いきるようにしましょう。 そのため無水エタノール80mlに精製水20mlを加えても、100mlに満たない。 「精製水を少しだけ多めに入れ全体量を100mlに調整する」と丁度いい濃度になるようです。 (参考:) 消毒液を入れる「スプレーボトルやプッシュ式容器」について 手作り消毒液を入れる容器は「 高濃度のエタノール(アルコール)対応」の商品を使用します。 パッケージを確認しよう 表に「アルコール可」となっていても、裏に「高濃度は不可」と小さく書かれている物もあるので気を付けて。 よく確認して使いましょう。 専用ボトルが無いときの入れ物 【主な注意事項】• 火のそばで使わない。 目や口などの 粘膜につけない。 フタをしっかり閉め、直射日光の当たらない涼しい場所に保管する• 誤飲しないようラベルを貼ったりなど配慮する。 もし目や粘膜に触れたら 「 大量の水で洗い流す」こと。 もし飲み込んでしまったら 「 水を飲ませて吐かせる」等の処置をし「 医師の手当て」を受けること。 もし皮膚に異常を感じたら 「 使用を中止」。 医師や薬剤師などに相談すること。 <消毒用エタノールの使い方> また、無水エタノールの容器には「消毒液」として使う場合の注意事項が書いてありません。 下方にパッケージの写真を載せますので、手作りする際にはお目通しくださいね。 買ってはいけないメタノール!買い間違えに注意 あと、買い間違えにもご注意ください。 無水エタノールと同じ陳列棚には、「 メタノール」というよく似た名前の商品もあります。 この 「メタノール(燃料用アルコール)」は有毒。 人体につけると危険なので、間違えて買わないようにしましょう。

次の